夏山合宿の締めくくりは、立川で途中下車。候補はいくつかあったのだが、豪勢に「うなぎを喰おう」ということでまとまり、それならば、と立川にある「しら澤」へ6名予約の電話を入れると、上手い具合にOKとのこと。駅から10分ぐらいかかるが、行ってみる。ネットによれば、立川では一番美味くて、しかもCPも高いとの評判である。立川では以前、「高砂湯」で汗を流した後、「たけ田」に2度ほど入ったことがあるが、それ以来だ。
青梅線と中央線の間に挟まれた住宅街は、「しら澤」がここに無ければ先ず、通ることは無い。街をぶらぶら歩いていたら、偶々うなぎ屋があったので入った、なんてことは、この場所では絶対にありそうにない。小生も15歳の頃から立川に通っているが、この地区に入ったのは初めての経験。逆に云えば、「しら澤」は何故こんな袋小路のような住宅街の真ん中にあるのだろうか。
うなぎ好きが高じて脱サラして自宅を改装、うなぎ屋を始めた、なんて話は、蕎麦屋じゃあるまいし聞いたことが無い。うなぎは「 串打ち三年、割き八年、焼き一生」と云われるくらいだから、年季がいる。蕎麦の様には行かないはずだ。ま、我々にとっては、安くて美味いうなぎが喰えさえすれば、どんな袋小路だろうが、全くの個人の家だろうが関係ない。
「しら澤」は、外観は必ずしも民家という訳でもないが、中に入ると三和土で靴を脱ぐスタイルなので、やっぱり民家風。応接間のような座敷に座り込む。ビールで乾杯した後は、さっそく注文。うなぎの注文は隊長が仕切り、きも焼き、う巻き玉子、白焼き、そして最後はもちろん、うな重。ふっくら感と香ばしさは申し分ない。さらっとしたタレも良い感じ。ここが人気な店であることは頷ける。きっとそのうち又、来ることになるだろう。
ところで、帰る途中、「四つ角飯店」の前には10人以上の行列が出来ていた。そう云えば今日は「5」の付く日、すなわち「焼き餃子が半額の日」だった。その手前、「北京飯荘」も気になる店、今度行かねばならぬ。

20150815_163447

20150815_164026_001

20150815_164751

20150815_165234

20150815_165521

20150815_171600

20150815_173626

20150815_173944

20150815_174119

20150815_174405