山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

うざく

三島と云えば何故か、昔から「うなぎ」が有名である。うなぎの生き締めには、富士山の湧水が具合良いとの謳い文句があるようだ。確かに、三島は湧水が豊富な街である。学生の頃、この辺りをうろちょろしていたことがあるが、学生の分際では三島のうなぎは敷居が高過ぎ。それ以降、ここに来たことが無かった。この頃は、「三島コロッケ」もB級グルメとして有名になって来ているが、やはり鰻とはちょっと格が違う。
せっかくだから何処かに入りたいと、駅前商店街へ出てみても、時間が中途半端だったせいか、何処の店も閉まっている。そこで駅へ戻り、駅前にある観光案内所へ。うなぎを喰いたいが最寄りは何処かと訊くと、すぐ其処に「源氏」さんがありますよ、と仰るが、閉まっていたのは既に確認済み。しからば、「すみの坊」の本町店だったらやっている、所在地はここから10分ぐらい、との情報を得た。
メインストリートを南下して暫く進むと、駅から少々離れたところが三島の中心街のようであり、目当ての店はその界隈にあった。小ざっぱりした外観、間口は3間程だろうか、それほど大きな店ではない。暖簾を潜って中に入るとテーブル席。2階へ通されると、手前がテーブル席で奥が小上がり。時間が時間なのか、先客は見当たらない。我々は登山靴を脱いで小上がりに着陸。ここは昭和33年創業とのこと。なんだか親しみが湧く。
さて、また少々歩いて喉が渇いたので、先ず生ビール(710円税込、以下同様)を注文。メニューをじっと睨んでみると、さすが、ここには様々なうなぎ料理があり、迷う。うなぎシューマイ、うなぎハムだってある。うなぎの南蛮漬けも喰ったことないな~。白むし(2,916円。ここでは、焼きではなく、蒸し)を喰いたい感じもあったが、さんざん悩んだ挙句、つまみには定番の、う巻き(1,404円)、うざく(1,512円)、うなぎ珍味盛り合わせ(1,620円)を注文した。珍味盛り合わせは、骨せんべい、きも焼き、蒲焼、佃煮が出て来た。そう来れば、やっぱり日本酒も必要なので、白鹿上撰(473円)をいただく。
そしてメインディッシュはうな丼。この店にはうな重というものが無く、全てうな丼。上(4,644円)と並み(3,240円)の違いは、上が1.5匹分、並みが1匹分ということらしい。ちなみに特上(6,048円)というのもあり、ご飯の上だけでなく、間にも1匹分、挟まっているらしい。そこで我々は、並うな丼を、Woodyさんと凸さんは一人前ずつ、他の者は半分ずつシェアすることにして、4つ注文。 
ひとくち頬張って感じるのは、脂の乗りが結構強いこと。焼きの前に、蒸しはしていないのか、気になるところである。でも、美味いことには違いない。タレは甘からず辛からず。比較的サラッとしていて良い感じ。念願叶って、三島のうなぎを食することが出来た。今回の山旅は極めて充実、満足度が高い。

DSC04710

DSC04701

DSC04702

DSC04703

DSC04704

DSC04705

DSC04706

DSC04707

DSC04708

DSC04709

DSC04711

DSC04712

DSC04713

DSC04714
 

年4回の病院通いのため、いつものように年休をとり、ついでに銀座で用事を済ませた後、カミさんと待ち合わせてランチ。途中、開業直前の「東急プラザ銀座」の前を通る。随分と斬新な外観だが、モチーフは江戸切子とのことである。相変わらず銀座通りは外国人の溜まり場となっているので、店に入るならば路地裏。今回は久しぶりにうなぎを喰うことにした。
入った店は、コリドー街の「大和田」。世の中に「大和田」の看板を掲げる店は多いが、ここ、コリドー街の店は明治26年創業の新橋店の支店らしい。ところが、外観はともかく中へ入ると、驚くほどモダンである。店員も若い。こんな鰻屋は見たことが無い。飲み物も日本酒や焼酎以外に、ワインも結構揃えている。「大和田」と云えば老舗だが、この頃のうなぎ屋もだいぶ変わってきたようだ。
いつものように一品料理を二つ、三つほど注文し、締めのうな重も一人前を二人でシェアすることに。先ずはビール。定期検診の後の、昼に呑むビールは何時も美味い。一品料理は、煮こごりと野菜サラダ、うざくにする。野菜サラダは南瓜や絹さやなどの温野菜も入っていて食べ応え十分。うなぎ屋で野菜サラダを褒めても仕方が無いが、なかなか美味い。これだけでも、この店は普通のうなぎ屋とは違うと感じさせる。
煮こごりには、ふんだんにうなぎが入っていて贅沢気分。これだけで酒が進む。うざくは、きゅうりの蛇腹切りがお見事。大喰いだったらふた口ぐらいで終わってしまうような量だけど、ちびちびやるにはこれで丁度良い。
そして最後にうな重、登場。シェアするには必要だろうと、ご飯茶碗も一緒に出てきたが、やはりうな重は、重箱のままで喰いたい。たれは比較的濃い目だが、少なめ。そのせいで、うなぎの艶がやや足りない感じ。ご飯全体に行き渡っていない感じがやや残念だが、味は申し分ない。
平日の仕事の合間だったら5分足らずで喰い終わってしまうが、今日は平日とはいえオフ。日本酒を舐めながらゆっくりといただくことが出来る。ありがたい。

20160325_123834

20160325_124233

20160325_124243

20160325_124334

20160325_124502

20160325_124821

20160325_125031

20160325_125851

20160325_130115

20160325_132125

20160325_132722
 

会社帰りに神田で寄り道。ほぼ1年ぶりの「うな正」訪問である。この店はとにかくリーズナブルなところがグッド。
一杯やりたいのであれば、やはり二階だ。仕事の後の生ビールは、山から下りた時に較べるとやや劣るが、それでもそれなりに美味い。その後は、やっぱり日本酒。それでも今日の主役はうなぎなので、淡麗な酒の方が良さそうである。
つまみはう巻き玉子からはじまって、きも焼き、白焼き、うざく、かば焼きと、うなぎのオンパレード。この店には、うなぎ以外の料理、例えば旬の魚の刺身など、結構バリエーションがあるのだが、やっぱりうなぎ料理が充実していると、どうしてもその強力な引力に敵わない。やはり今日もうなぎ三昧となる。
うなぎを食べるときの問題は、美味いのでついつい早喰いしてしまうこと。折角なのでこのひとときをゆっくり味わいたいところなのだが、それがなかなか出来ない庶民の悲しさ、結局、みるみるうちにうなぎは胃袋の中へ消えて行った。

ところで、今日の写真はデジカメ(DSC-RX1-R)ではなく、スマホ(GALAXY S6)で撮影。そのため、いつも通りであれば「鮮明さはご容赦願いたい」と書くところなのだが、以前のS3に較べると、S6は断然、画質が向上しているのに気が付く。色調もかなり良い。S3は光量が不足すると途端に粒子が荒れてしまうが、S6はそれほどではない。何故そんなに違うのか、その理由のひとつはレンズの明るさだろう。
S6にはF1.9のレンズが採用されている(S3はF2.6だった)。iPhone6だってF2.2。この頃のスマホは凄い。(そのせいか、S6はレンズ部分が本体から若干飛び出ている。気になる人には気になる。)その辺のコンデジでは、そんな明るいレンズは付いてない。DSC-RX1-RだってF2.0だ。コンデジが売れなくなってきているのは理解できる。この頃、「夜景に強い」などと云うCMが流れているが、まさしくその通り。
勿論、センサーの大きさが違うRX1-Rと較べること自体間違いなのだが、この程度であればもう、「鮮明」とは云えないものの、「ご容赦」を懇願する程では無くなってきている気がする。

20150629_194044

20150629_194024

20150629_183552

20150629_183658

20150629_183714

20150629_184030

20150629_190051

20150629_190336
 

↑このページのトップヘ