山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

餃子

笠取山の帰り、ちょっと喰っていこうと立川で途中下車。日曜日の昼下がりなので、「玉河」以外、居酒屋を思い付かないし、リュックサックの重さが足かせとなって、あまりふらふら歩きたくない(アルコールが入っていると、筋肉が弛緩しているせいか、意外に重さが堪える!)。そこで、以前から気になっていた中華料理屋「四つ角飯店」に狙いを絞り、行ってみることにした。創業は昭和2年とのことなので、老舗だ。北口再開発で立ち退きとなり、一時休業していたらしいが、昨年、復活したとのこと。ここのウリは餃子である。聞くところによると、立川は餃子激戦区なのだそうだ。たしかに北口、南口とも、うろうろしていると、「餃子」の二文字が目に入ることが間々ある。
「四つ角飯店」に入ってみると、2時半と云う中途半端な時間の割に、結構、客が入っている。入ってみて気が付いたことだが、5の付く日は焼き餃子半額(300円→150円)とのこと。今日は図らずも5日、日頃の行いのおかげである。餃子6個で150円はお値打ちだ。
餃子の味はと云うと、これも老舗らしく昔からある味、時代に媚びない、懐かしい味の餃子である。野菜多めでジューシー、焼き目もちょうど良い。これぞザ・日本の焼き餃子という感じだ。これをビールで流し込む。これぞ至福の時間。150円だけでは少々申し訳ないので、「肉と玉子の炒め」も注文。プリプリ大ぶりの木耳が入っていて、イケる。これもビールのつまみにバッチリである。
また是非、焼き餃子を喰いに、5の付く休日に来てみたい。一方、水餃子は毎週水曜日半額とある。さすがに水曜日にここに来ることは出来そうにないので、近所に在住又は仕事でおいでの方には是非、5の付く水曜日をお薦めしたい。凸さん、あひるちゃん、是非どうぞ。

_DSC8927

_DSC8929

_DSC8930

_DSC8931
 

焼き餃子を喰いたくなったので、両国へ行くついでに「亀戸ぎょうざ両国支店」に入ってみた。もう午後2時を回っていたが、店内は昼時の如くかなり賑わっている。一番入口寄りの小上がりが空いていた。店員に「餃子とビール」と告げると、「餃子は何枚にしますか?」と訊かれる。一瞬、逡巡し「とりあえず2枚」と答える。どうやらここは、餃子の皿を何枚も重ねる客が来るらしい。
ビールが出て来て間もなく、餃子もすぐ出てくる。見込みで焼いているのかも知れない。1皿5個、250円。東京ではまあまあ安い方の値段だろう。 ここの食べ方は醤油と酢以外に、ラー油ではなく、洋カラシを使う。つまり焼売と同じ。皮は薄く、パリッとして申し分ない。具は、あっさりしていて甘みを感じる。野菜が多めなのだろう。奇を衒わない真っ当な餃子だ。カラシも良く合う。いくら食べても食べ飽きない感じがする。
うーむ、個人的にここの餃子は、今までで一番、美味いかも知れない。少なくとも、今まで美味いと感じていた池袋の「東亭(ここはランチのみで、しかもビールを飲めないのが、玉にキズ)」といい勝負だ。「東亭」の餃子はとても巨大なので、2枚食べようなどとは思わない(しかも大変混んでいて、夫婦だけで切り盛りしているので、追加注文は基本的に無理)が、ここの餃子はそうゆう心配はいらない。どんどん、焼いている。
そんな風だから、客の回転は良さそうに思うのだが、意外に皆さん、じっくりと腰を落ち着かせて黙々と喰っている。我々より先に入っていた客は、我々が追加の餃子を食べ終わるまで、誰一人として立ち上がらなかった。皆、この店(餃子)が好きなようである。
ここ、両国支店は、餃子以外にもラーメンや焼きそば、野菜炒め、チャーハンなど、それなりにあるが、亀戸の本店は、餃子一本やりだそうだ。随分、強気だ。今度は、腹を空かせて亀戸本店に行ってみるか。 

_DSC8785

_DSC8789

_DSC8787

_DSC8788

_DSC8790

_DSC8791

_DSC8792
 

矢板で一風呂浴びた後は、大宮あたりで打ち上げと云う感じだが、今日はアユラシが池袋で待っているので、途中下車はなし。一方、このちゃんはこの後に用事があるため、それまでの少々の時間を利用して、宇都宮にちょっとだけ寄り道し、餃子を喰おうということになった。さっき「まことの湯」でも餃子を喰ったので、餃子をハシゴすることになった次第。
宇都宮には餃子を食べに何度か来ているが、今回寄った「宇都宮餃子館」は初めて。宇都宮周辺に9店舗を展開しているので、結構、人気があるようだ。たいていは西口に向かうのだが、今日は時間の関係で東口を出て直ぐの、イベント広場にある店をチョイス。
時間が中途半端なせいか、多くいる店員が暇そうにしている。みな中国系だろうか。席は選り取り見取り。やっぱり餃子を喰うからには生ビールなので、さっそく注文。餃子は、「ヨクバリ5種餃子盛り合わせ」(5種類×6個=30個で1,700円)を注文してみた。一般的な宇都宮餃子より値段高め(普通、40~50円/個ぐらいか?)。ここは変わり種餃子がウリのようである。内訳は健太餃子(この店のスタンダード)、お肉餃子、ニンニク餃子、シソ餃子、エビ餃子の5つ。
食べてみると思いの外、皮はパリッとしておらず、モチモチ感もいまひとつ。正直言って、皮と焼き加減は普通かなー。小生が焼く羽根付き餃子の方が上手いかも(云い過ぎました)。具材はバリエーションがあって結構、その違いを楽しめる。個人的にはニンニク餃子が良い感じであった。数多くの餃子を食べたい時には、このような盛り合わせが便利だろう。
そうこうしているうちに、このちゃんが乗る電車の時間になる。程なくして我々残りも店を出て、池袋に向かった。宇都宮にはまだまだ様々な店がある筈。今度、立ち寄るときには、また違った店で違った味を楽しみたい。

_DSC8435

_DSC8436

_DSC8437

_DSC8438

_DSC8439

_DSC8440

_DSC8443


_DSC8442

_DSC8444

_DSC8445
 

本仁田山を登り、「もえぎの湯」で汗を流した後、待ちに待った「天益」へやってきた。目当ては鹿肉竜田揚げ(700円)を賞味してみること。鹿肉とはもちろん、地元奥多摩産のジビエである。昨今のニホンジカによる食害はまこと惨憺たる状況であるが、この頃、奥多摩にも鹿肉処理場が出来たおかげで、僅かながら流通するようになった。奥多摩ではここ「天益」と、「丹下堂」で提供されている。これで、食害が減ると云う訳ではないが、小生も、ささやかながら奥多摩の環境保全と鹿肉産業(?)の発展に寄与したい(というのは表向きで、実態は単に鹿肉喰って酒を呑みたい)ので、機会があれば寄ってみたいと思っていた次第。
調べてみると、「とうきょう特産食材使用店」という都の登録制度があり、この店も東京産の鹿肉などで登録されている(「丹下堂」でも鹿肉が登録済み)。これに登録されると、東京都のHP等で、その店名を公表する仕組み。ただ、それだけではちょっと有難味というか、インパクトが薄いよね。地産地消をもっと大々的にアピールするためのひとひねりが欲しいね。
前回、昨年10月(レポはこちら)に来た際は、運悪く、鹿肉が品切れていたので、今回は予め、なおちゃんに鹿肉の在庫確保と、店の座敷の予約をお願いし、準備万端整えての入店となった。この店の女将さんは、いつも登山客を相手にしているせいか、顔を合わせて開口一番、今日は何処の山に登ったのか、雪の状態はどうだったか、まで訊いて、ちゃんと情報収集に余念がない。この店が、山やの情報交換の場になっている所以である。
いつもカウンター席なので、奥の座敷は初めて。10人は余裕で座れる大きさ。「もえぎの湯」に浸かったメンバーが三々五々集まり、ビールでスタート。さっそく目当ての鹿肉竜田揚げをいただく。初めて食べたが、「揚げ」というよりは、「ソテー」に近い感じ。でも下味がしっかり付いて、かつ肉も柔らかくジューシー。いけるね~。我々はつい鹿肉のことに話が偏りがちだが、実はこの店の看板料理は、昔から餃子である。ここの餃子は薄皮で美味い。ビールがすすむ。
ビールの後は、澤乃井純米吟醸生原酒立春朝絞り。これは、日本名門酒会に参加する全国の蔵元が、立春の日に合わせて上槽し壜詰するというもの(詳しくはこちら)。いわゆる日本酒版ボジョレーヌーボーのようなものか。これを目当てにする人も居そうだが、こちらは勉強不足で知らなかった。呑んでみた印象は、まことに爽やかで春を感じさせる。
美味い酒を呑んで美味い鹿肉と餃子を喰って1時間強、これで一人約2,000円だった。これは病みつきになりそうだ。そうなると、奥多摩に来たらなるべく簡単な山に登って早いところ「天益」に入ろうなどと、邪まなことを考えてしまいそう。今後の山行プラン立案に、少なからぬ影響が出そうな予感がする。

_DSC6439

_DSC6440

_DSC6441

_DSC6442

_DSC6443

_DSC6445

_DSC6447

_DSC6448

_DSC6449

アキレス腱がひーひー言う日蔭指尾根を登り、六ッ石山から水根に下りた帰り(山の記録はこちら)、汗を流すのは後回しにして、久しぶり(おそらくは第213回以来)に奥多摩駅前の「天益」に寄ってみた。奥多摩に登り始めた頃は、たぶん未だここには無かった店。駅から1分程度、立地条件は抜群である。電車待ちに寄るにはこの上ないが、カウンターに六席しかない(奥に座敷があるらしいが)小ぢんまりした店。狭いため、リュックサックはあちらにどうぞ、と云われて見ると外に簀が敷いてあった。登山者に優しい心遣い。今日は未だ15時過ぎのせいか、先客は一人だけだった。この店のウリは昔から餃子だが、メニューを見ると結構色々増えている。この頃は鹿肉竜田揚げも加わったそうで楽しみにして来たのだが、生憎売り切れとのことで至極残念。女将さんからは、予め電話してくれれば確保しておきますよ、と名刺をいただいた。
ともあれ、先ずはビールで名物餃子を賞味。そのあとは塩キャベツや茄子炒めを突っつきながら日本酒(菊水ふなぐち)をやる。飲みながら、女将さんからいろいろ話を聞く。山野井泰史さんも時々来る(色紙が飾ってある)とか、金邦夫さん(この本の著者)をはじめ、警察の山岳救助隊もよくやってくるらしい(この頃遭難が多いらしい)。さっきカウンターの端っこにいた人は、仙人小屋(仙人池ヒュッテのこと?)の主だよ、とも。暫く来ないうちに、この店は山屋だけでなく様々な山関係者が集まる店になっていた。我々だけで盛り上がるというより、いろいろな人の話を聞けるのがこの店の楽しみ方なのかも知れない。公共交通機関利用主義(帰路は酒浸り主義)としては、このような店は、どの登山口駅にもあって欲しい。今度はぜひ鹿肉竜田揚げも食べたいので、予め電話をしてから来よう。

_DSC4459

_DSC4461

_DSC4462

_DSC4463
 

↑このページのトップヘ