山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

車内・船内・機内

大宮駅9時26分発の「特急草津31号」に乗車。大宮で在来線下りに乗ることも珍しいが、特急に乗るのもかなり久しぶり。やってきたのは651系車両。かつて「特急草津」や「特急たにがわ」は、いわゆる踊り子号にも使われていた185系だったが、いつの間にか変わっていた。
この651系は以前、「スーパーひたち」として常磐線を走っていたので、会社の出張では随分と利用させてもらった。内装も、タキシードボディーと称された、すっきり外観もそのままだが、常磐線用に交流直流両用だった電源仕様は、高崎線・上越線・吾妻線用に直流専用に変更されていると思われる。
高崎線を進んでいる分には、左の車窓から遠くに秩父の山が見える以外は、基本的に景色は退屈だ。ビールを呑みながら読書をすることになるが、何の気無しに、各席のシートポケットに入っている通販カタログをパラパラと捲る。
毎度思うことだが、いったいこんなのを買う奴が世の中にいるのか、と思うほどくだらない商品が紹介されていたりする。しかも、何年も前から変わらずに載っていたりするので、意外に根強く需要があるのかも知れないなどと感心したりして、多少の退屈凌ぎにはなる。
列車は高崎を過ぎると、榛名山と赤城山が間近に迫ってくるので、くだらないカタログを見ている場合ではなくなる。相変わらず榛名山はごつごつ、赤城山はたおやかだ。渋川駅では偶々、SLみなかみ号が停車していて、乗客がホームに出て思い思いにスナップ写真を撮っている光景に出くわす。みんな、なんだか楽しそうだ。牽引するのはD51498号機。
吾妻川沿いにうねるように進むようになると、やがて中之条駅到着。車窓の山旅はここで終了。

20170521_092444

20170521_092623

20170521_092807

20170521_093954

20170521_094138

20170521_095738

20170521_095815

20170521_101803

20170521_104028

20170521_104053

20170521_104054

20170521_104055

20170521_104249

「ポッポ駅前屋」でのんびりしたあと、18時5分山北発の国府津行普通電車に乗る。車内は混んでいるということもないが、座席はほぼ埋まった状態。立ちんぼだが松田駅まではわずか8分。明神ヶ岳を眺めているうちに着いてしまう。松田駅18時13分着。
ここで降りる乗客はそれなりにいるが、彼らはほぼ全て小田急への乗り換え口へと繋がる地下トンネルへ向かう。我々はその流れに逆らって、西端の跨線橋を渡り、北口の改札へ急ぐ。あさぎり6号が発車する18時23分まで10分しか無いのでのんびりは出来ない。段取りが悪い駅員だと自発的にパニックを引き起こす可能性もあるので、なるべく悪戯にプレッシャーを与えないよう、気を遣っておきたいところだ。
窓口の駅員は、前回もいた方と同じ。今までは日替わりのように違った駅員が対応していたが、この頃は固定されたようだ。このひとがが常勤となったのかも知れない。我々のあとに、もう2組があさぎり6号に乗るため、同じく窓口で並んで待っている。少々イライラしている様子。やはり、まっしぐらに北口へやってきて良かった。
あさぎり6号への乗り換え時間が10分しか無いのは、我々だけであれば問題無いが、何人も並んでいる状態に遭遇したりするとかなり厳しい。10分というのはリスキーだが、御殿場線のもう1本前の普通電車となると山北駅発が17時33分。30分以上前になる。今日のように、「ポッポ駅前屋」でたっぷり呑んで喰った場合には、その電車でも構わないが、そうで無ければ少々悩ましい。ことほど左様に、このあさぎり6号はドラマが起きる可能性を常に秘めているのである。
しかし、今日も何も事件は起こらなかった。優秀な駅員が常勤となってしまうと、この乗り換えがややもの足りなく感じてしまうのは、少々残念だが、世はすべて事も無し。ありがたい、ありがたい。

DSC06251

DSC06252

DSC06253

DSC06254

DSC06255

今回は図らずも、行きも帰りもつい先月の21日に営業運転を開始したばかりの新型特急リバティに乗車することになった。リバティ(Revaty)は、VarietyとLibertyの造語とのこと、そんなことはどうでも良いが、やはり新しい車両は気持ちが良い。シートは江戸小紋のような藍色柄で和のテイスト、海外旅行客を意識しているものと思われる。
和尚は、東武日光駅前の土産物屋で、湯葉とヤシオマスを仕入れてきた。ヤシオマスは冷凍庫に入っていた土産用のシロモノだが、和尚が「電車の中で食べたい」と我が儘を云ったら、女将が「ようござんす」と請け合い、一生懸命解凍してくれた。
調べてみるとヤシオマスは栃木県水産試験場が開発した魚で、肉の色が県花のアカヤシオに似ているため命名されたとのことだが、さっきまで見てきたアカヤシオはピンク色掛かっているのに対して、こちらはどうしてもオレンジ系に見える。うーん、ちょっと無理矢理な感じ。そんなこともどうでも良いが、味は申し分なし。舌に蕩ける。
ヤシオマスはニジマスの三倍体。生殖能力がない分、大きくなり続けるため、食用としての価値が高くなる訳だ。長野駅前の「大久保西の茶屋」で喰った信州サーモンも、ブラウントラウトとニジマスの三倍体だった。一般に淡水の魚は小さいが、三倍体を使うことで商品価値も上がるということで、この頃の流行りなのかも知れない。
対して、小生が持参した酒は飛良泉山廃純米マルヒNo.77という、秋田の酒。かなり酸味が勝っているが、生酒のフレッシュ感も相まって、意外に呑みやすい。これならば、ヤシオマスや湯葉とも合う。今回は、滅多にないリッチな帰路となった。


P5130451

DSC_1646

DSC_1647

DSC_1648

DSC_1649

DSC_1650

DSC_1651

DSC_1652

DSC_1653

DSC_1654

DSC_1655

浦佐駅のコンビニ(NEWDAYS)で、車内で呑むための缶ビールを購入。流石に、ご当地ビールであるエチゴビールを売っていた。折角なので、レッドエール(IBU25)を購入。ピルスナーに比べると苦味がやや弱いが、香りは此方の方が高い。個人的にはかなりお気に入りのビールである。
コンビニでは、山菜も売っていた。この時期に越後の山に来るときの楽しみの一つは山菜である。今回も、4年前に六日町に来たときと同様(そのときの記録はこちら)、木の芽(あけびのつる)を買うことにした。これはなかなかの珍味だと思う。極めて季節限定なので、本当にこの時期しか手に入れることが出来ない。食べ方はシンプルイズベスト(こんなサイトを見つけた。次回はこれを試してみたい)。
今回は、湯掻いてからサラダドレッシングで喰ってみた。シーザースサラダ用ドレッシングとの相性はグッド。カミさんはちょっと摘まんで「苦い」と云ったきり手を出さなかったので、仕方なくというかこれ幸いと、小生が残りをすっかり平らげた。日本酒のつまみとして喰ったが、きっとキリリと冷やした白ワインとも相性が良さそうだ。もう来年が待ち遠しい。
浦佐駅13時55分発、E2系のとき322号に乗車する。5月5日ともなるとリターンラッシュかと思いきや、浦佐駅からの乗客は疎ら。今回は、事前に切符購入してあったので、指定駅車両へ。もちろん、指定席はそれなりに席は埋まっていたが、自由席車両がどうなっていたのかは判らない。
席に着いたら、さっそくレッドエールを開けるが、車窓の外はずっとトンネルの壁しか見えない。越後湯沢前後でちょっとだけ雪山が望めるだけで、その先は再びトンネル。上越新幹線は、眺めという点ではいまいち。そうこうしているうちに関東平野に出て、あとは単調な風景ですぐ飽きる。もうこうなると早く大宮へ着かないかな、今日は何処へ寄るかな、ということばかり考えてしまう。大宮の居酒屋に寄りたくなるのは、上越新幹線の単調さと因果関係があるかも知れない。

DSC06179

DSC06180

DSC06181

DSC06182

すっかり親しんだ入広瀬駅は極めて長閑な駅だが、ここの一日平均乗車人数は、いったいどのくらいなのだろう。ググって見ると、こんなサイトがあったので覗いてみた。62人とのこと。かなり少ないが、秘境駅というほどのことは無い。
このサイトを見ると、入広瀬駅の会津側の隣に柿ノ木駅という超秘境駅があったのだが、残念ながら2015年に廃止された。一日わずか2人というデータは、廃止直前だったのではなかろうか。察するにこの2人は学生だったが、卒業してゼロになったので廃止されたのかも知れない。
さらに隣の田子倉駅に至っては、そもそも辺りに人家がなかったので、いつ廃止されても可笑しくない運命だったに違いない。いずれにせよ超ローカル駅が存続するか否かの鍵は、乗り鉄達による知られざる人気度ではなく、通学生の存在が左右していると思うが如何だろうか。
宿の方に見送られて、入広瀬駅10時10分発の列車に乗る。このキハ48の2両編成ディーゼルカーは、2日前にやって来たときにも乗っているし、この2日間、何度か目にしている、最早馴染みのラッピング列車。「只見縁結び列車」というネーミングらしい。
入広瀬を出ると、まもなく田圃が広がり、小出駅に近づくにつれてそれが広範囲になる。何れの田圃にも水が引かれ、代掻きの最中。ここはいわゆる魚沼産こしひかりの産地。田圃の背後には雪山が聳えている。この界隈で山といえば、越後三山。田圃と越後三山を眺めつつ、昨日の残りの日本酒をちびちびなめた。

DSC06119

DSC06120

DSC06121

DSC06122

DSC06123

DSC06124

DSC06125

DSC06126

DSC06128

P5050349

DSC06129

IMG_0860見送りに出てきてくれた森田さん

DSC06130

P5050351

P5050353

P5050354

P5050356

DSC06131

DSC06132

DSC06134

DSC06135

DSC06136

DSC06137

P5050363

P5050364

DSC06138

DSC06139

「トロッコわっしー6号」は相老駅に16時54分着。できれば終点の桐生駅まで乗りたいところだが、そうすると東武鉄道に乗り換えるためには、かなり離れた新桐生駅までタクシーで移動しなくてはならず(歩いたら30分では着かないし、酒が入ったら全く無理)、「特急りょうもう」への乗り継ぎも上手くいかない。そこでやむなく相老駅で途中下車となる。
残念ながらトロッコ列車旅はこれで終了だが、列車旅そのものはまだ続く。相老駅で東武鉄道に乗り換え、17時4分発「特急りょうもう40号」に乗車。いつもながら、相老駅は寂しい雰囲気の駅だ。何故寂しいか。駅には改札口以外何も無いのである。
個人的な見解から云うと、まがりなりにも特急列車が停車する駅で、しかもわたらせ渓谷鐵道と東武鉄道の2路線が接続する駅で、売店も無いというのは全くいただけない。このことは前回チェック済みだったので、何とか対策を講じなくてはならないと思っていた。それを救ってくれたのは、「トロッコわっしー6号」車内の売店だった。
「特急りょうもう」に乗る頃には持参した日本酒はとっくに無くなり、「トロッコわっしー6号」車内の売店で買った、「辛口・赤城山」の口を開ける。わたらせ渓谷鐵道沿線の、みどり市大間々町にある近藤酒造が醸す酒。口当たりは爽やかですっきり、いわゆる典型的な淡麗辛口、飲み飽きないタイプ。
つまみには、「イカ天大王」が出てきた。これが、なにげに美味い。買った「辛口・赤城山」は300ccの小さいボトルなので、みんなでちびちび味わう。これで、浅草までの約2時間を何とか凌ぐことができた。

DSC05899

DSC05900

DSC05901

DSC05902

水沼駅温泉センターでまったりしているうちに、そろそろ「トロッコわっしー6号」がやってくる時。休憩処での名残惜しさと、トロッコ列車への期待感が交差する時でもある。温泉を出てすぐに列車に乗れることもここのメリットだから、かなりぎりぎりまでうだうだしてからさっと支度。
じつは、水沼駅前に「はやぶさ食堂」なる駅前食堂があり、昨年から気にはなっていた。今回も、つい手っ取り早い「わたらせ庵」に入ってしまったのだが、「トロッコわたらせ渓谷4号」の到着時刻から「トロッコわっしー6号」発車時刻まで1時間14分もあるのだ。我々にとってはさほど短い時間でもない。この次は、温泉を出てすぐに列車に乗れるメリットを少々犠牲にしてでも(「はやぶさ食堂は」ホームから見えるほど近いのであまり問題無い)、覗いてみたい。
それはさておき、「トロッコわっしー6号」が到着。前回同様、完全オープンの車両に乗るが、座席は半分が埋まっている程度。普通車両にどれほど乗っているのか確認しなかったが、こちらよりも多いことはないだろう。思った通り「トロッコわたらせ渓谷4号」と同様な乗客率。B班のくまちゃん、のんちゃんは事前の予約ではなく、車内で乗車整理券を購入したのだが、全く問題無かった。車掌は女性。
前回も書いたが、「トロッコわたらせ渓谷4号」との違いは風圧。体が冷えないようにちゃんとジャケットを着ることが必要。それさえできればあとは風に吹かれるまま、風まかせ。
この車両には売店もある。どんなものがあるか物色していると、女性車掌は女性店員に早変わり。そろそろ持ってきた酒が底をついてきたので、地酒を買うことにした。辛口・赤城山。これで安心。再び、風に吹かれることが出来る。

DSC05872

DSC05873

DSC05874

DSC05875

DSC05876

DSC05877

DSC05878

P4220142

DSC05879

DSC05880

DSC05881

DSC05882

DSC05883

DSC05884

DSC05885

DSC05886

DSC05887

DSC05888

DSC05889

DSC05890

DSC05894

P4220143

DSC05891

DSC05892

DSC05893

DSC05895

DSC05896

DSC05897

DSC05898

「列車レストラン清流」でまったりしているうちに、そろそろ「トロッコわたらせ渓谷4号」がやってくる時間だ。外へ出ると跨線橋には、列車と花桃を撮影しようと目論む観光客が鈴なり状態。こんなに長閑な田舎駅でも、花が咲き、トロッコ列車がやってくるととたんに華やぐ。
先ず下り線ホームに「トロッコわっしー5号」がやって来る。「レストラン清流」から従業員が総出で臨時の売り子となる。売り物は山椒味噌、ささげ、梅干、竹の子や山菜、アイスクリーム等々。それなりに下車する客がいるのは、近所(といっても歩いたら1時間)に富弘美術館があるせいか。そうこうしているうちに、今度は我々が乗り込むトロッコわたらせ4号が入線。
今日も乗客は意外に少ない。やはりゴールデンウィークか、夏休みあたりが稼ぎ時なのだろう。この列車は、基本的に4月15日から毎土日運転となり、3月以前はこの「トロッコわたらせ渓谷号」は冬季運転休止となる。従って今日は、今期の本格運転が始まってからまだ2週目ということで、「閑散期」みたいなものかも知れない。まさに今が狙い目なのだ。
勿論、我々にとっては空いているこの現状が好ましいのであって、あまり宣伝したくはないが、皆さん、この時期のトロッコ列車の魅力をご存じないとみえる。
やがて、手を振る売り子に見送られながら、ゆっくり発車。渡良瀬川の川面や、山の若葉を眺めつつ、持参した日本酒をちびちびなめる。きょうの酒は、松田の「肉八」で呑んだ「日置桜青水緑山特別純米」。この頃少々、「日置桜」に嵌っている。旨みと酸味のバランスが好み。
窓の外は、さしたる風光明媚な景色が続くわけでもないが、何となく外を眺め、風に吹かれながらゆったりと進むのは、列車旅の原点に触れられる数少ない体験だと思う。きっとまた来年も来ることになるだろう。

DSC05845

DSC05846

DSC05847

DSC05848

DSC05849

P4220129

DSC05850

P4220130

P4220131

P4220132

DSC05851

DSC05852

DSC05853

DSC05854

DSC05855

P4220133

DSC05857

P4220134

DSC05858

P4220135

DSC05859

P4220136

DSC05860

DSC05861

P4220137

DSC05862

ひとしきり蕎麦を手繰って満足した後、再び、ますむらひろし氏のラッピングバスに乗って米沢駅へ戻り、13時40分発「つばさ142号」に乗車。
米沢駅を発車すると、かのイザベラ・バードが「東洋のアルカディア」と称えた米沢盆地の眺めは忽ち潰え、狭い沢沿いの山裾へ分け入っていく。すると線路脇に残雪が現れ、進むにつれてその量が増す。米沢市街では欠片も見当たらなかったが、さすが板谷峠は違う。
昔からこの峠路は奥羽本線の難所中の難所(最大勾配が38‰)で、大正から昭和にかけては、珍しい5動軸タイプの4110形SLが活躍していたことで(ごく一部のSLファンの間で)有名。ここで使われていた4122号機(例えば、こちらの方のHPをご覧あれ)がその後、北海道の三菱鉱業美唄鉄道へ譲渡され、1970年代初頭まで使われていたので、当時の鉄道雑誌(「鉄道ファン」か「鉄道ジャーナル」)の写真で見た覚えがある(残念ながら、実物を見に行くチャンスは訪れないまま廃車となってしまった)。
かつては、途中にある4つの駅(大沢駅、峠駅、板谷駅、赤岩駅)がスイッチバックになっていた。線路(本線)が急勾配であることから、途中の駅を水平に保つためにスイッチバックを使って停車せざるを得なかったもの。中央本線の初狩駅も以前はそうだった。現在では、「つばさ」は苦も無く板谷峠を越えて行く。途中、スノーシェルターの様な「大沢駅」、「峠駅」そして「板谷駅」が車窓から視認できる。
スイッチバックと云えば、一切経山に登るために前日、姥湯温泉に泊まった時のこと。「峠駅」から宿の送迎車で姥湯温泉へ向かったのだが、途中が余りに急勾配なため、なんと車道がスイッチバックになっていた。現在は道路が改修されて無くなってしまったようだが、車のスイッチバックを体験したのは後にも先にもこの時だけだ。

DSC05737

DSC05738

DSC05739

DSC05740

DSC05741

DSC05742

石和温泉駅から帰る際は、「ホリデー快速ビューやまなし」に乗ることが多いが、今日は別。1週間程前のこと、何の気なしにJR東日本の春の臨時列車の案内を見ていたら、この期間限定で「お座敷桃源郷パノラマ号」が運転されることを知った。485系の、いわゆるお座敷ジョイフルトレイン「華」という列車で、全車グリーン車である。
しかも、今回の大栃山山行と合致する。石和温泉駅の発車時刻は16時42分で、立川には18時18分着。この間のグリーン券は980円。これは「あずさ」や「かいじ」の自由席特急料金の930円と同程度、指定席特急券1,450円と較べると遥かに安い。優雅に安く行くか、それとも金をかけて急いで行くか。そりゃオフだったら前者でしょ、と早速、山行参加者の同意を得て、「えきねっと」で予約を入れた。臨時列車だけあって、間際になっても指定が取れた。
1車両当たりの定員は24人で、6人掛けの堀り炬燵テーブルが4つ並んでいる。カラオケまで設置されているようだ。さすが、ジョイフルトレイン。3つのテーブルは同じ若者グループのようで、既に大層盛り上がっている。我々は、お独り客といっしょのテーブル。この方、乗り鉄でしょうなー。でも、ジョイフルトレインに独り客は似合わないですよ。
この列車は小淵沢始発で、山梨県内はいわゆる国中の韮崎、甲府、石和温泉、山梨市と停車し、塩山を出ると八王子まで停まらない。勝沼ぶどう郷に停めても良さそうな気はするけど、JR東日本的には桃源郷は塩山で終わり、と云う訳だ。
窓は大きくて、甲府盆地に広がる桃の花畑を愛でながら一杯やる。いい感じだ。勝沼ぶどう郷の桜も丁度見頃。石和温泉から立川まで、グリーン券980円はちっとも高くない。隣りのグループは典型的「花より団子」派の様子だが、それもまた佳し。
調べてみると、同じお座敷列車が「秋の山梨 お座敷ワイン号」でも使われているらしい。半年後が楽しみになってきた。 次回は先着6人(希望者が多ければ12人)限定で乗車してみたい。

P4080829

DSC05643

P4080830

DSC05645

P4080834

DSC05646

DSC05647

P4080835

DSC05650

P4080836

P4080837

P4080839

DSC05652

P4080840

DSC05653

DSC05654

DSC05655

DSC05656

P4080841

DSC05658

 

本厚木から新宿まで急行で帰ろうか、という気にもなったのだが、やはりアルコールが入ると気が大きくなるせいか、つい、もうすぐやって来る「特急さがみ90号」に乗ることにした。久しぶりに本厚木からロマンスカーでの移動。特急料金は670円。見ると車両はEXE30000形。
今宵の酒は日置桜の純米吟醸・特醸純米酒。辛口だが旨味も程良く感じられ、昨今流行りの濃醇タイプの日本酒とは一線を画すクラシックな味わいだ。日置桜は松田の「肉八」で知って以来、味わうのはこれが3回目。蔵元から直接購入したものだが、すっかり気に入った。
EXE30000形は、以前も取り上げたが小田急ロマンスカーで伝統の連接台車(車両の連結部分に台車が設置されている)が採用されず、かつ前面展望席も無いという点で、画期的と云うか「ロマンスカーよ、お前もか」というやや残念な気分にさせる形式。
ちなみにそのせいか、小田急の特急車両では唯一「ブルーリボン賞」(by鉄道友の会)を受賞していない、その点でも歴史的な車両である(一番最近受賞したのは2009年、我々にはとても馴染み深い60000形フェルメール・ブルー)。
でも小生は撮り鉄ではなく、どちらかと云えば乗り鉄、呑み鉄に近いので、外観にはあまり囚われない。むしろ重視したいのは内装の方。それなりにシートピッチ(EXE30000形は1,000mmあるので十分)があって、座席を回転させても使える、肘掛収納式テーブルがあれば特段の文句はない。この頃、EXE30000α形というリニューアルタイプが運行し始めたらしいので、是非、次回はそれに乗ってみたい。

DSC_1575

DSC_1576

DSC_1577

DSC_1580

DSC_1581
 

今宵もまた、松田駅18時23分発「あさぎり6号」に乗車。既に勝手知ったる我々は、速やかにPASMO・SUICAのカードをずらり改札口に並べ、駅員の発券作業を注視しながら待つ。しかし、今回は五人だったのにもかかわらず、つい二週間前の前回の様な事件は起こらず、平穏無事に発券完了。何も無いのは、なんだか期待外れというか拍子抜け。
夜の帳が降りる頃、時刻通りフェルメール・ブルー「あさぎり」がゆっくりと、松田駅あさぎり専用ホームに滑り込んで来る。ともかくも座席に着いたら、酒ボトルとカップを取り出すのはいつも通り。今宵持参の酒は会津喜多方の、峰の雪酒造「大和屋善内・純米生詰28BY」である。
さっそく口に含んでみると、ちょっとライチっぽい香りが鼻に抜ける。酸味と旨味はまずまずだが、やや甘さが優る感じか。この日本酒は、今季(2016年)のIWC(International Wine Challenge)という世界最大規模のコンペティションで見事、"Gold Medal"を獲得したとのこと。ちなみに、"Gold Medal"の中からさらに"Trophy"が選ばれ、その中から"Champion"が決まるので、"Gold Medal"は実質的には「銅メダル」と云える。
この「大和屋善内・純米生詰28BY」のIWCでの評価をみると、"Notes of rice, melon, banana and pear with an undercurrent of yoghurt, koji, anise seed, spice and hints of caramel. Well integrated nose and palate, balanced and intense, rounded texture with good acidity and dry finish."ということだった。つまり米とメロンとバナナと洋ナシの香りがして、更に仄かにヨーグルト、麹、アニスシード、スパイス(って具体的に何?)、キャラメルらしさまで感じられると云うのだから恐れ入る。審査員達の舌と鼻はいったいどうなっているのか。
なお、2016年のChampionは、「出羽桜・出羽の里・純米」だったそうな。次はこれを確認しなくてはならない。

DSC05571

DSC05572

DSC05574

DSC05575

DSC05576

DSC05577
 

「しんばし」の蕎麦を堪能した後は再び駅に戻り、コインロッカーからリュックサックを回収。大宮まで1時間足らずだが、もう手元に酒は残っていないので、ちょいとNEWDAYSでビールを物色。おや、ここには生ビールのサーバーまで置いてある!と驚いたが、ここはちょっと自重して缶ビール。ご当地地ビールのエチゴビールのうち、ビアブロント(360円)を購入。
越後湯沢13時8分発のMAXとき320号に乗車。我々は、2階建て車両の2階席。ほぼ満席状態。今日は3連休の中日だが、これだけ混んでいるのは久しぶり。行楽帰りとこれから東京方面へ遊びに行く客とが混在しているのかも知れない。
今回は、天候に恵まれ、雪のコンディションにも恵まれたおかげで、首尾良く平標山に登頂することが出来た。夏道だったら登り3時間ぐらいのコースを、スノーシューを履き、休みを入れて山頂まで約4時間。上出来だ。自家用車では無く、公共交通機関利用の場合、東京を朝出て、その日のうちに登って下りて来られる雪山としては、このくらいが限界だろうと思う。また来年も、越後湯沢界隈の山を目指すことになるだろう。
さて、エチゴビール・ビアブロントをいただく。かなりホップが利いている感じだが、香りも悪くない。この苦みは、一般的な日本のビールに比べてみるとかなり強めに感じる。試しに調べてみると、IBU(International Bitterness Units)という苦味を表す指標があり、このビールはIBU=26とのこと。ちなみに一般的なビールのIBU値を調べてみると、
 ・バドワイザー IBU=10
 ・アサヒスーパードライ IBU=16
 ・キリン一番搾り    IBU=21
 ・サントリーモルツ   IBU=21
 ・サッポロヱビス    IBU=25
ということで、やはり概ね感じた通りだ。苦ければ良いと云うことはないが、ビアブロントは気に入った。今後、贔屓にしたい。

DSC05463

DSC05464

DSC05465

DSC05466

DSC05467
 

「ポッポ駅前屋」を出た後、とりあえず山北駅から松田駅へ移動。Woodyさんは海老名から相鉄線なのでそこでお別れ。残りの4人は「特急あさぎり」の座席指定を入手すべく、いつものようにJR松田駅北口出札窓口へ。今日は見慣れない駅員。駅員次第なのだろうが、4人分の席を確保してもらおうとしたら、まだ10分ぐらいあるのに完全にパニックってた。
確かに小田急の硬券が無ければ(ついでに云えばPASMO・SUICAの処理が無ければ)、 もうちょっと時間的余裕が生まれ、多少冷静な対応が出来たのかも知れないが、結局、手に入れた指定券を確認してみると、新宿までの3名(なおちゃん、あひるちゃんと小生)は、6号車6番A~C席で、通路を跨いで横並び。新百合ヶ丘で下車するひろちゃんは、なんと5号車の11番D席。
試しに、スマホから小田急のネット予約システムに入って、空席状況を確認してみると、6号車の1Aから6Dまでの24席は、小田急のネット予約システムでは購入できないようになっていた。つまりここはJRの発券システムに割り当てられている訳だ。 
一方、新百合ヶ丘下車の場合、何故6号車ではなく、5号車11Dを指定したのか、謎だ。どうも、新宿駅まで乗車する場合とは、なにかしら条件が異なるとしか思えない。ともかくもこんな席の並びになってしまったが、大方空いているだろうと4人でボックスに座っていると、2度、我々が座っている席の指定券を持った方が現れ、リュックサックとコップとつまみを持って移動するハメとなった。
3人と1人を別の車両にするのは全く理解不能だが(悪意すら感じられるが)、3人を横一列でとるのも甚だ気が利かない。これはJR東海の駅員ベースで沸き起こりつつある一揆の火種で、そのうち「特急あさぎり」をJR松田駅に停車させない運動に発展する前触れかも知れない。

20170311_181654

20170311_181739

20170311_181845

20170311_182628

20170311_182149

20170311_182208

「だるま料理店」で日本酒に酔い、相模湾の魚に酔い、建物の雰囲気にも酔ったあと、通りへ出てふらふらと駅の方向へ。途中にある、「日栄楼」と云う名の中華料理店の外観がやけに渋い。こういう店構えが気になって仕方が無い小生としては、腹が減っていたら是非覗いてみたい感じだが、残念ながらもう入らない。せいぜい餃子2個ぐらい。またにしよう。
小田急小田原駅に戻り、窓口でロマンスカー特急券を購入(カミさんが窓口に並んで待っている間に、小生は売店でカップ酒をゲット)。発車まであと4分ぐらいしか無い「はこね90号」の座席が取れた。この頃、松田駅から乗る「あさぎり」ばかりだったので、このスムーズさが新鮮。松田駅のJR東海駅員がイラつく気持ちも、判らないではない。
カスタマー・サティスファクションには反するものの、いっそのこと、松田駅には「あさぎり」を停めない、という選択肢だってある訳だが(むしろ、JR東海はそれを願っているはず)、そうしないのは何故か。小田急が首を縦に振らないせいかも知れない。
飛び乗るようにして、「はこね90号」に乗車。車両はLSE7000形で、いわゆる展望車付きクラシックカー。座席は図らずも11号車、つまり先頭車だった。展望席(10列~13列目まで)ではなかったが(4列CD)、ちょっと伸び上がってみれば、先頭車両ならではの眺めが得られる。進行方向が明るいのは、やはり気持ちが良い。これだけで酒の肴になる。平日の上りロマンスカーはやはり空いている。次回は、10列~13列目までを狙ってみたい。

DSC05274

DSC05275

DSC05277

DSC05278
 

偶々だが、また今日も小田急ロマンスカーに乗ることになった。小田急から感謝状ぐらい呉れそうだ。今日の行先は箱根。山は完全オフで、温泉と喰い物と酒が目当て。日曜日だと云うのに、小田急新宿駅はかなりの混雑ぶり。皆さんも泊まりなのか、それとも日帰り旅行なのか。外国人が目立つ。
つくづく思うことだが、草津や伊香保は(近郊の山に登ることや、景色を眺めることは別にして)、基本的に温泉宿以外で時間を潰せる場所がない。湯畑なんて、見ていて直ぐに飽きるし、伊香保だって石段を上下するぐらい。その点、箱根は温泉宿以外にも楽しめるところは多いし、美味い食事処や甘味処(基本的には関心無し)もそこかしこにある。従って、箱根は何度来ても飽きない、とても優れた観光地だと思う。
まだ、朝だがやはりビールぐらい呑もうと、売店で缶を仕入れる。指定席に着くと、車内販売のメニューを眺める。缶ビールとつまみのセットを500円で販売している。つまみは、4種類の乾き物(ミックスナッツか、さきいか&柿ピーか、チーズ鱈か、小田原揚げ)の中からひとつを選べる仕組み。これら乾き物は売店でも売っているし、たぶん、もっと安上がりに済む筈だがそれはそれとして、このセットのキャッチコピーが「ごほうびの一杯を、おつまみと一緒に。」となっているのが気になった。
このコピーは、完全にターゲットをさらりーまん(またはOL)に絞っている。つまり、「ロマンスカー」ではなく「ホームウェイ」の乗客が対象だ。小田急の特急列車が、観光客相手ではなく、座って帰りたいさらりーまんを重視するようになったことを、このコピーが示している。この動きは、小田急に限らず、東武でも西武でも京成でも京急でも、今まで有料特急電車が無かった京王でも始まっているようだ。週末ぐらい、座って一杯やりながら優雅に帰りたい、というおやじ(またはおやじOL)心をくすぐる、憎い戦略だと思う。

20170226_082221

20170226_082906
 

「肉八」で桜鍋に舌鼓を打った後、JR松田駅から、毎度お馴染になった特急「あさぎり」に乗車する。いつものように、窓口で指定席特急券を購入。常々、指定券と共に硬券がホチキス留めされているのが不思議に思っていた。前回も、硬券の必要性についてなおちゃんが駅員に質問していたが、どうも要領を得なかった。
而して、こんなブログを見つけ読ませていただき、ようやく納得した。これでも鉄道シロウトにはなかなか理解し難いが、要は「あさぎり」の料金体系上、JR松田駅と小田急新松田駅は扱いが同じ、つまり松田駅はJRの駅なのだが、システム上、小田急の駅として扱われる、ということ。お陰で、JRの割高特急料金を払わずに済む。
一方、座席の指定はJRのシステム(マルス)でもできるが、特急券そのものの発券はJRとしてはダメ(なにせ、料金体系が小田急なので)。なので、小田急から硬券を手に入れて、指定券と特急券をセットにしてホチキス留めしている訳だ。硬券を手に入れられること自体、昨今では珍しい、いわゆるレア物なので、松田駅の特殊事情は、鉄道マニアの間では有名なようである。わざわざ、小田急の硬券を手に入れるだけのために、松田駅から「あさぎり」に乗る切符マニアもいるようだ。
蛇足だが、マルスでもできる、ってところに若干のミソがあるようで、予め、マルスで扱える座席と、小田急のシステムで扱う座席は分けてあるらしい、ということも判った(今度、無理を承知で「どうしても1号車じゃなきゃヤダ」とか云ってダダを捏ねてみるか)。そうなると、JRの駅で座席指定券を買った彼氏と、小田急の駅で買った彼女は、隣り合わせの席にはなれないということ。「あさぎり」は世にも稀な、ややっこしい電車である。

DSC05132
 

ヒューストンから成田まで、およそ14時間の長旅だが、日本の航空会社のフライトだと、搭乗しただけでちょっとホッとする。アナザースカイ(by葉加瀬太郎)を聞くと、ちょっと胸が熱くなる。機材はボーイング777。CAのサービスは、明らかにUAと違う。座席は一番後ろにした(プレミアムエコノミーも空いていたが、真ん中の席なのでやめた)。これで、小生の座席を後ろから蹴るやつはいない。
離陸してまもなく(アメリカ時間で)昼食。注文を取りに来た時に、洋食(ビーフ)は人気が高いので、和食(鰆)にしてもらえると助かります、と云われ、了解。その代わりに、到着前の食事(これも日本時間としては昼食)は優先的に選択できますとのこと(ラザニアにした)。
その間の食事(ヒューストンから見れば夕食の様な、成田側からすれば朝食の様な)は、サンドウィッチ。3回の食事では、其々ビールと白ワインと赤ワインをいただいた。眠くなるまで映画を見ることにした。見たのは・・・
・「聖の青春」:ちょっと退屈なシーンではうっかり寝てしまったが、はたと気が付いたところで巻き戻して、漏らさず鑑賞。マツケンの迫真の演技ではあるが、ストーリー的には盛り上がらない。
・「ミス・ペレグリンと奇妙な子どもたち」:これぞティム・バートンの世界。「アリス・イン・ワンダーランド」よりも破天荒。主演の(もしかすると主演はエイサ・バターフィールドかも知れないが)エヴァ・グリーン、ずいぶん目力が強いな。ティム・バートンが好みそうなキャラクターと感じる。
・「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」:ヒュー・グラントがずいぶん老けた感じを出していたが、きっとメイクのせいだろう。メリル・ストリープのオンチぶりは、聞いていて本当に気分が悪くなる。
・「オデッセイ」:孤高の主人公が良く似合うマット・デイモン主演。リドリー・スコットの映画は何となく結構見ているけど、これは見過ごしていたので丁度良かった。「アポロ13」の火星版、という感じがしないでもない。
・「ザ・コンサルタント」:ベン・アフレック、渋い。これが今回、一番面白かった。如何にも、続編がありそうな終わり方。シリーズ化に期待してみたい。
結局、まともに眠ることなく、成田への着陸態勢に入る直前まで、映画を見続けた。日本に戻ってきたら、もう春になっているかなと淡い期待をしたが、相変わらず日本は寒かった。 

20170211_123534

20170211_171111
 

久しぶりで海外出張。行先は米国テキサス州ベイタウン。テキサス州は全く初めて。同行者の都合で、ヒューストンへの往路はユナイテッド航空でのフライトとなった。成田出発は17時で、ヒューストン到着は同じ日の13時45分。気長に行くしかない。
これまでの僅かな体験から云うと、アメリカの航空会社のCAは、日本人に対して(というかアジア人に対して)扱いが粗略な印象があるが、今回は、それほど横柄ではなかった(勿論、愛想が良いということもない)。これまで無かったCA教育プログラム費用を、何処からか捻出したのだろうか(勝手な妄想です、無視して下さい)。
出発は、ユナイテッドがスターアライアンスなので、第1ターミナル南ウィング。成田発だから、日本人が多いのは当然だが、中国系も随分乗っている感じ。中国系旅行者は、世界のあらゆる場所を席巻している。
ベルト着用ランプが消えると、夕食タイム。鶏のから揚げのようなものがメインディッシュ。お世辞にも美味いとは云えないが、まあ何とか喰うことは出来る程度だった。
隣りの席が空いていたのでゆったりできて良かったのだが、すぐ後ろが中国系家族で、小さい子供が、前半ははしゃいでバタバタ動き回ったり、小生の座席を後ろから蹴ったり、後半は大音声でぐずって、ちっとも泣き止まず、煩くてちっとも寝られない。結局、ヒューストンまで11時間45分、うとうとぐらいしか出来なかった。まったく泣きたいのはこっちの方だ。もう途中からは、寝ることはすっかり諦めて、読書と映画鑑賞することにした。
映画は「マグニフィセント・セブン」を観た。いわゆる「荒野の七人」のリメイク。主演はデンゼル・ワシントンだった。これまで、デンゼル・ワシントンのカウボーイ姿なんて見たことが無かったが、意外に西部劇が似合っていると感じた。ヒロインは、ヘイリー・ベネットという、この頃売り出し中らしい若手女優。初めて見たような気がする。特に可も無く不可も無し、今後に期待しよう。 

20170207_182126

「梵の湯」でまったりしたあと(今日は美の山公園でも、1時間もまったりランチしたので、とてもゆるい一日だ)、タクシーで皆野駅に出て、御花畑駅で下車。
西武秩父駅へ行くための近道は、日帰り温泉施設工事中のため通れず、車道沿いに廻り道。西武秩父駅前に建設中の日帰り温泉施設「祭の湯」は、だいぶ外観が出来上がって来た様子(4月24日開業予定とのこと)。何だかパッと見は、高尾山温泉に似た感じがする。
高尾山口駅と同様、駅前にあって便利なので、開業した暁にはさぞや混むことだろう。話の種に、少なくとも一度は覗いてみる必要はあるが、秩父は春夏秋冬を問わずシーズンオフは無いので(冬でも祭やら、霊場巡礼などがあるので)、そのタイミングは難しい。何れにせよ、開業して暫くは静観していた方が無難だろう。
周りの温泉施設や飲食店は、多かれ少なかれ客を取られるだろうから、むしろそっちが狙い目。暫くご無沙汰の「駅前」は、そろそろほとぼりも冷めただろうから(何故、冷却期間が必要だったかは、こちらをご覧いただきたい)、そろそろ覗いてみるか。
15時25分発の特急ちちぶ32号に乗車。つい3週間前(そのときのレポはこちら)にも乗車したばかり。今宵は飯能に引っ掛かっていこうと云う魂胆なので、特急料金は400円で、乗車時間は40分。このちゃんが持参してくれたアヒージョを突きつつ、日本酒をちびちびやれば、飯能なんてあっという間だ。

P2040602

P2040603

P2040604

P2040605

 

↑このページのトップヘ