山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

鍋料理

また鍋の季節がやってきた。この頃は、鍋と云えば個人的に「鴨鍋」が先ず思い浮かぶ。昨年は結局、鴨鍋は食べず仕舞で、今年の1月に、越谷の「大花亭」に行って以来となる。
越谷には、知る人ぞ知る鴨場(埼玉鴨場。詳しくはこちら)がある。宮内庁が管理し、海外の賓客を接待する場になっているそうで、一般にはなかなか入るチャンスは無さそう。それでもその鴨場があることで、越谷は「こしがや鴨ネギ鍋」をご当地グルメとして大々的にPRしている。今回もその尻馬に乗って、越谷の店にやってきたという次第。
宮内庁が管理する、もう一つの鴨場(新浜鴨場)がある千葉・市川では、そんなPRはしていない様子。ちなみに日本には、宮内庁管理外の鴨場が、あと3つあるそうである。全くどうでも良い話だが、越谷の鴨場市川の鴨場をGoogle Mapで見較べてみると、引き堀の形状など、気持ちが悪い程、瓜二つである。話が逸れた。
以前、カミさんが呑み会に使ったと云う「鈴真」は、越谷駅から歩いて7、8分の距離。「大花亭」の看板が見えたら右に曲がり、暫く行った左側。辺りは全くの住宅街なので、極めて閑静。もうとっぷり暮れてしまったので、店の大きさは判り難いが、宴会も出来るとなれば、それなりに大きな割烹料理店の様である。入口が2つあり、手前を入るとカウンター席があり、そこが我々の席だった。気さくな女将さんが応対してくれる。
先ず、生ビール(中ジョッキ550円税込、以下同様)と共に、鴨ねぎ鍋(2,300円×2人前)を注文。鴨葱鍋以外に、すっぽんやあんこうの鍋もあるらしい。今夜は冷えるが、この中は暖かいのでビールが美味い。付き出しは、ふぐ皮の酢の物。こういうところが、普通の居酒屋とはちょっと違うなあ。プリプリだ。
鍋以外に、ホウボウの刺身(800円)、アンコウ胆和え(700円)、クワイせんべい(480円)を頼んでみた。あんこう胆和えは、あんこうの身の部分と、あんきもを味噌和えしたもの。いやー、美味い。こりゃ、ビールじゃない、酒だ。酒は、山梨の地酒「春鶯囀」(700円/一合)をいただこう。春の鶯の囀りも待ち遠しいかも知れないが、とりあえず冬の鴨の鍋だ。
ちょっと変わったのは、クワイせんべい。云わば、ポテトチップのクワイ版だが、クワイのホクホクさと苦味が程良い。クワイそのものは、正月料理用しか出回らないし、そもそも買う人も少ないので、取り寄せになる、と女将。その点では最早、これは珍味の部類。マレーシアに居たときは安かったので、山ほど買ってポテトサラダ風にして喰ったが、日本ではとても真似が出来ない。
やがて、鍋が出来上がり。この店の自慢は、鴨肉のつくねのようだ。ほぼ一年ぶりの鴨葱鍋。良い出汁が出ている。2人で2人前は十分過ぎる量。鴨葱焼きも喰いたいところだったが、ちょっと無理か。でも満足、満足。
何れ、越谷の「こしがや鴨ネギ鍋」をすべて喰ってみたい。次はどこへ行くか・・・

20161229_165844

20161229_165855

20161229_165906

20161229_165912

20161229_170054

20161229_170245

20161229_170317

20161229_170401

20161229_170411

20161229_170748

20161229_170913

20161229_171045

20161229_171716

20161229_172916

20161229_180445

鈴真のHP: こちら 

またぞろ肉を喰いに行こう、と云う声が出始めたので、今回は小生が企画をしてみた。事実上、いつもは八重洲の焼肉屋「昌月苑」(前回のレポはこちら)に決まっていたのだが、趣向を変えて今回は銀座4丁目にある「松尾ジンギスカン」。焼肉は焼肉でも、こちらは羊肉。つい昨年、トムラウシに登った帰り、新千歳空港のレストラン街にあった姉妹店に入ったことがある。東京では、ここ銀座店以外に、赤坂と新宿三丁目にもあるようだ。
場所は4丁目交差点からほんの僅か、三原橋の西詰という、抜群の立地条件にある店。中へ入ると、ちょっと照明が抑えめな大人の雰囲気。これならば、肉好きの顧客であったならば、接待にも使えるだろう。メニューを見ると色々とコースがあるが、今回は「特上ラムジンギスカン 食べ放題(100分)」(4,800円)にした。これに1,000円付けると飲み放題になるが、喰うのに専念すると、酒はそれほどいらないので別にした(でも結果的には1,000円以上呑んだ)。
先ず生ビールで乾杯したら、ほどなく店員が肉や野菜を持って現れ、調理方法を教えてくれる。新千歳店での場合と、やや説明が異なる部分があった(「タレが掛かった野菜は、火を通るまで食べないでください」と云う説明は無かった)が、概ね同じ。
たっぷりともやしを載せた後、真ん中を広げて肉を焼き始める。肉は先ず、特上ラム、味付けラム、マトンジンギスカンの3種類がノルマとして出て来る。食べ比べると良く判るが、其々に違いがある。やはり特上ラムは、実に柔らかく、且つ脂身は全くない。これをもやしと一緒に食べるととてもヘルシー。タレもしつこくないので、いくらでも喰えそうな気がする。
一方、マトンはやはり少々、歯応えがある。年を喰った人間に味が出て来ると同様、これはこれで味わい深いが、どちらでもどうぞと云われると、やはり特上ラムにしたくなる。5人の意見も一致したので、これ以降、ひたすら特上ラムを喰い続けることとなった。
通常の焼肉屋の食べ放題の場合、だいたい30分経つと箸の動きがとたんに止まるが、今回は100分が意外と短く感じた。なかなか理想的。でも、たぶん次回は、いつもの焼肉屋になるだろう。

20160913_183718

20160913_183829

20160913_200359

20160913_202037
 

この頃、埼玉県越谷市では鴨鍋(この界隈では鴨ネギ鍋と呼ぶ)がご当地料理になりつつあるらしい。日頃、越谷へ行く機会が多いカミさんが仕入れてきた情報で、実際に東武線越谷駅近くの店で、鴨ネギ鍋の宴会をしたことがあるとのこと。
社会人になってだいぶ暫くしてから、鴨鍋の美味さに気が付いて以来、機会がある限り鴨鍋を喰いたいと思い続けてきた我が身にとって、このような状況を見過ごす訳にはいかない。いつ何時、マガモが絶滅危惧種に指定され、鴨鍋が、うな重並みに高騰しないとも限らない。喰えるときに喰っておくしかない。
今回、越谷の鴨ネギ鍋を食すために訪れたのは、「大花亭」と云う料亭である。もちろん、料亭と云っても越谷のことなので(馬鹿にしているつもりは全くない)、比較的庶民的な店。日曜日に予約無しで行ったのだが、女将と思しき人が出て来て、基本的に日曜日は予約客のみです、とは云いながら、「鴨ネギ鍋(2,000円/1人前)」か、「鴨のお狩場焼き(1,200円)」でしたらご用意できますとのこと。それならば全く文句は無い、せっかくなので両方いただくことにする。
客間は個室ではないが、他にひと組が先に居ただけで基本的に静か。日曜の昼間の料亭がこんなものなのは、既に吉川の糀家で経験済み。まこと贅沢な時間を過ごせる。
ビールをちびちび呑んでいるうちに、先ず「鴨のお狩場焼き」がやってくる。鴨と葱を陶板で焼き、おろし卵をつけて食すシロモノ。こりゃ、日本酒だ。(車を運転する)カミさんに申し訳ないと思いつつ、日本酒リストにあった「花陽浴・純米吟醸・美山錦」をいただく。普通に「花陽浴」が呑めるのは、如何にも埼玉の料亭という感じだ。
そのうち鴨ネギ鍋も登場。鴨と葱以外に、鶏つみれ、油揚げ、絹ごし豆腐、椎茸、葛切り、セリも入っていてとても具沢山。締めにはうどんがついてきた。これはこれで大変美味しかったのだが、個人的に、鴨鍋の具材と云えば、カモとネギだけに限る、とあえて断言したい。「カモがネギを背負って・・・」とはよく云ったもので、この2つだけで鴨鍋が絶妙に美味い。あとは何もいらない。よく、通常の寄せ鍋の如く、様々な食材が入っていたりするが、全く不要と云うか、別のジャンルの鍋という気がする。
ちなみにこの日は夕食も家で鍋(ついでに云えば、翌日の朝食はその雑炊!)。馬齢を重ねるに連れて、益々鍋が美味く感じるようになってきたから不思議なものである。 

20160131_113852

20160131_113909

20160131_114141

20160131_114151

20160131_114537

20160131_114615

20160131_114739

20160131_115113

20160131_115850

20160131_120512

20160131_120517

20160131_122310
 

「松尾ジンギスカン」でジンギスカン鍋の味を覚えたあと、千葉(南船橋)にもサッポロビール園があると知り、アユラシと、北海道出身の和尚と行ってみた。和尚の会社のすぐ近くだった。気が付けば、小生のオフィスの窓からも見えていた(かなり小さいけど)。そもそも、南船橋にサッポロビール工場があるなんて知らなかった。
津田沼駅や新習志野駅から無料送迎バスがある。新習志野駅前のバス停の標識は控えめ過ぎて、素人には判り難いが、ジモピー和尚と合流できたので無事乗車。アユラシは津田沼駅から乗車。この時間、やはり乗客はさらり~まんが多い。殺風景な工業団地の中を暫く進むと、忽然とサッポロの★マークが現れ、ビール園の車寄せに送迎バスが停車。
既に早い時間から喰って、もう帰る連中がバスを待っていた。2階に上がると、ずらりとテーブルが放射状に並んでいる。一応、窓際の席に着いてみる。海に面している筈だが、夜なので全く外は見えない。
メニューを眺めると、実に様々なコースがあるのだが、120分食べ放題とか、牛肉や豚肉、シーフード、サラダ、カルパッチョなどなんていらない、ジンギスカンオンリーで良いので、90分ラム肉食べ放題+呑み放題をチョイス。結果的にこれで充分であった。ビールはそんなに呑めないので、途中からハウスワイン(サッポロポレールなんだろうな)に切り替える。
ラム肉は新鮮なのだろう、柔らかくてジューシー。タレの味も抑えめのようだ。それにしても鍋奉行の和尚は、基礎代謝量が下がっていないせいか(って云うか、身体がでかいせいか)、ガンガン焼いていく。ちょっとでも鍋に隙間が出来ると、新しい肉をどんどん並べていくので、焼き具合を見分けないとうっかり生肉を喰いそうだ。これが北海道流ジンギスカンの喰い方なのだろうか。北海道流がまだ判らない。そう云えば、和尚は「ジンギスカン」という言葉と「羊」は同義語として、つまり入れ替え可能な言葉として使っていた。脱脂していないウールのセーターは、「ジンギスカン」の臭いがする、と仰る。恐るべし、北海道。
ところでここ南船橋は、谷津干潟が近い。バードウォッチャーの方は、谷津干潟で鳥見をしたあと、至近のサッポロ千葉ビール園へ是非どうぞ(その気にならないと、歩いては行けないですが)。

20150825_185149

_DSC9613

_DSC9614

20150825_185414_001

20150825_185416

_DSC9615

_DSC9616

_DSC9617
 

トムラウシ山を登った翌日は、東大雪荘8:45発のバスに乗って新得駅へ。一昨日の往路はたった乗客5人だったが、今日のバスはなんと満席である。みんな、でかいリュックサック。トムラウシ山を越えてやって来たのだろう。皆さん、きっと長く歩くのが好きなんだろうな。新得駅10:15着。
今日の昼食は、新得駅前でゆっくり蕎麦でも手繰りながら一杯やろうという目論見だったのだが、その蕎麦屋へ行ってみると、まだ時間が早いせいか店が開いていない。おっと、これは計算違い。ならば、1つ前の特急に乗って、早々に新千歳まで戻り、そこでゆっくりしようということになった。上手い具合に10:40発「スーパーおおぞら4号」の座席が確保、再びキハ261系に乗る。一昨日は鉛色の空を見ながらの列車旅だったが、今日は良い天気。瑞々しい森の緑が延々と続く。
12時過ぎに新千歳到着。羽田行フライトのチェックインを済ませたらランチ。いつもながら、新千歳空港内のレストラン街は大層賑わっている。さて今日は何処に入ろうかと、うろうろして結局入ったのがここ「松尾ジンギスカン」だった。道内に店舗展開しているチェーン店だと云う(調べると、赤坂と銀座にも支店があった)。
実は何を隠そう、生まれてこの方、ジンギスカン鍋なるものを食したことが無かった。今回、有名なサッポロビール園でも行ってみようかと思ってはみたのだが、行き帰りに時間を取られるし、時間を気にしながら呑み喰いは忙しいと思い諦めたのだった(実はその後、知ったのだが、千葉の南船橋にも「サッポロビール園」があるそうだ。今度、行ってみるか)。
とりあえずビールでご苦労さん乾杯をした後、ランチセットを注文してみる。テーブルには既にジンギスカン鍋がセットされている。やがて具材がやってくると、ひと通り食べ方の説明がある。しゃぶしゃぶのような薄切り肉が出てくるのかと思ったら、 結構厚みがある。タレが掛かった野菜は、火を通るまで食べないでください、との説明。タレが生ってことですかね。もやしが随分、たっぷりだ。
そこそこ火が通ったところで肉を頂く。思ったより肉は柔らかい。それにしてもタレがなかなか美味いな。ビールに良く合うと思う。この店が東京まで支店を出している理由が何となくわかる。今度、銀座の店にも行ってみるか。
_DSC9238

_DSC9239

_DSC9240

_DSC9241

_DSC9242

冷たい西風が強い日曜日。カミさんの用事にからめて、3ヶ月ぶりにまた両国へ。昼飯は、この季節、やっぱり鍋でしょ、ということでちゃんこ鍋の店に入ることにした。実は、両国でちゃんこ鍋を喰うのは初めてである。
両国駅前には数多くのちゃんこ鍋店が並んでいる。そんな中から、伊勢ヶ濱部屋直伝の味と宣伝していた「安美」に入った。ビルの2階だが、エレベータホールまでの1階のエントランスが随分と長い。エレベータの扉には、安美錦の手形(余りに大きいので実寸大ではないだろう)がどーんとプリントされている。まだ11時半、先客は一組だけ。4人掛けテーブルが掘りごたつ形式でずらりと並んでおり、各々暖簾で仕切ってあって個室感がある。他にも色々席がありそうだ。店内には「は~どすこい、どすこい」と合の手が入る相撲甚句が延々と流れている。これだけで、ちゃんこ鍋屋の雰囲気が出せる、便利なBGMである。
ランチタイムなので「ちゃんこ定食」なるものもあるが、ここは普通にちゃんこ鍋を注文してみたい。ちゃんこは、「安美特製横綱ちゃんこ」や「伊勢ヶ濱部屋ちゃんこ」、「元祖ソップ炊きちゃんこ」、「三色つみれちゃんこ」など多彩。「坦々ちゃんこ」とか「カレーちゃんこ」、「豚のキムチちゃんこ」なんて変わり種もある。我々は「横綱ちゃんこ」(2,700円)を1人前と、半生ホタテとしそ海老天(800円)を注文。生ホタテの天麩羅なんて、変わっているなと思っていたら、食べた感じは、やや湿気た衣の中に海苔で巻いたホタテ刺身が単に入っているだけで、意外性は感じられなかった。
鍋の具は、つみれ2種類と鳥肉、あとはこんにゃく、豆腐、油揚げ、野菜(牛蒡、白菜、キャベツ、もやし、椎茸、ニラ等)といったところ。つみれは鶏と魚(いわし?)だが、量が半端ではない。これでほんとに一人前かと疑ってしまう。野菜の量も、ぱっと見、とても食べきれそうにない(と云いつつなんとか全部食べた)。汁は鶏ガラ+醤油系のようだ。塩味は控えめだが、しっかり出汁が利いていて、なかなかに優しい味で美味い。
酒は店の名前を冠した「安美」冷酒を注文。そういう銘柄がある訳でなく、酒蔵にオリジナルラベルを依頼したものと思われる。この頃余り呑んでいなかった、すっきり淡麗辛口。鍋にはこれでも良い。
もう腹一杯で、仕上げの雑炊とかラーメンは注文せず。1人前にしといて良かった。次回、両国でちゃんこ鍋を食べるときがあれば、別の店で味の違いを確かめてみたい。

_DSC6187

_DSC6172

_DSC6173

_DSC6177

_DSC6178

_DSC6179

_DSC6180

_DSC6182


_DSC6183
_DSC6184

_DSC6185

_DSC6181

_DSC6186
 
安美・両国総本店のHP:  こちら

↑このページのトップヘ