山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

外房線沿線

木戸泉酒造を出た後、駅方向に向かってふらふら。民芸品や小間物を売っている店で物色。さらに駅寄りに、魚屋があり、その2階が食堂になっていた。腹を空かせていれば間違いなく入っただろうが、残念ながらまだ満腹状態。
駅前通りとの角に、昭和堂というケーキ屋があった。勿論、たとえ空腹であったとしてもケーキに食指は動かないが、「伊勢えびロール」という貼紙に目が止まった。ロールケーキに伊勢エビを入れてしまう発想は、小生には理解出来ないが、堂々と売っているのでこれが目当ての客もいるのだろう。そのパウンドケーキ版で「伊勢エビ物語」というのもあった。その隣に「酒粕タルト」というのもあるが、この酒粕は木戸泉酒造で仕入れたモノの様である。これならばぎりぎりOKであるが、とりあえず今日は要らない。冷やかしは此の辺で止めて、駅前通りへ。
喉が渇いたので、喫茶店にでも入ろうか。と、良く見たら「レストラン・エンゼル」とあった。さっそく入ってメニューを見ると、残念ながら、ビールは見当たらない。レストランでビールを置いていないなんて理解出来ないが、仕方が無い。アイスコーヒーを注文。すると巨大なグラスで出てきた。半分も飲めずにギブアップ。アイスコーヒー好きにはお薦めの店である。
大原からの帰りは、特急「わかしお」に乗る。勿論、駅の売店(いすみ鉄道直営)で酒と肴を仕入れるのを忘れない。カップ酒は、木戸泉酒造の「大原裸まつり本醸造」。本醸造と云っても、添加アルコール以外は高温山廃仕込み。従って、独特の酸味が利いている。
酒を舐めながら、外房の海でも眺められたら良かったのだが、外房線と云っても、この辺りは海までは結構離れているので見えない。それでも特急の乗り心地は快適。「レストラン・キハ」との違いを楽しんだ。

DSC00357

DSC00362

DSC00360

DSC00361

DSC00359

DSC00358

DSC00363

DSC00364

DSC00365
 

キハ・レストランでイタリアンを堪能したあと、せっかくの機会なので、大原駅で少々散策。先ずは「木戸泉酒造」へ行ってみる。実は全く偶々なのだが、つい先日、六角精児の「呑み鉄本線・日本旅」(NHK-BS)で、いすみ鉄道編を視たばかりだった。とにかく、六角精児が朝からひたすら呑み続ける番組である。NHKも随分と大胆なことをやるもんだ。その番組の中で、この木戸泉酒造が出て来たので、是非訪れてみようと思っていた。
木戸泉酒造は、他の造り酒屋とはちょっと違ったことをやっている。そのひとつは高温山廃。普通、山廃仕込みは8℃くらいなんだそうだが、こちらはあえて目一杯高くして55℃。麹菌がこんな温度で生きていられるのかと不思議に思ってしまうが、たしかに殺菌効果は有りそうである。これによって、酸味が強めの酒が出来ると云う訳。
ふたつめは、一段仕込みによる濃厚多酸酒。乳酸発酵と酵母によるアルコール発酵を同時に行うことで、アルコール度数17~18%、日本酒度-30、酸度5~7の、超飛び切り濃厚多酸を実現。この造り酒屋では、「アフス」というブランドで販売している。もう一つは古酒。一般に日本酒は年を越して保存することはしないが、ここでは20年以上寝かせた日本酒もあるそうである。どちらも利き酒が楽しみだ。
場所は、駅からほんの数分のところ。判り易い。木戸泉酒造に近付くと、赤レンガ造りの煙突も目立つが、門に吊るされている巨大な杉玉が眼を惹く。こんな大きさは見たことが無い。門は開いているし、人影が無いのでずんずん入る。何処が売店なのか判らないまま奥へと進むと、建物の入口があった。
中に入って声をかけてみるが、だれも出て来ない。しばらくすると、外からひとり現れた。先日のテレビでは若旦那が六角精児を応対していたので、さしずめこの方は先代のご主人であろう。早速、利き酒させて欲しいと申し出る。どれでもどうぞ、とのことなので、お言葉に甘えて、狙い通り古酒の10年物と20年物、それに「アフス」をいただくことにした。
古酒は以前、伏見の月桂冠・大倉記念館で味わったことがあったので、風味に覚えはあった。20年物をいただくと、もう全く、これは日本酒ではない。香りも酸味も色も、もはや紹興酒に近い。唯一の違いは、日本酒のコクが残っていることか。今度は、「アフス」。口に含むと、やはりこれも日本酒ではない。まるでドライシェリーのようだ。製法を変えるだけで、こんなにも日本酒は変わるのか、と只、驚くばかり。勿論、どちらも買うことにした。

(利き酒に夢中となってしまい、酒の写真を撮り忘れた、残念!)

DSC00350

DSC00351

DSC00352

DSC00353

DSC00354

DSC00355
 
木戸泉酒造のHP: こちら 

ホキ美術館の無料入場チケットを手に入れたため(買うと大人一人1,800円也)、暫くぶりの絵画鑑賞。最寄り駅は外房線の土気(とけ)。はっきり云ってだいぶ田舎である(東京湾より九十九里浜の方が近い)。あすみが丘という巨大ニュータウン内の、昭和の森という公園の脇にある美術館。建物自体がアートしている。ここは写実絵画専門というちょっと変わった美術館。正直のところ、人物画は細密デッサン画教本のようで、あまり面白みを感じないが、風景画はなかなかユニーク。なかでも五味文彦や原雅幸の絵は印象的で、写真以上に(というか現実では在り得ないくらい超絶)リアルと感じた。
見終わった後は、併設されているイタリアンレストラン「はなう」でランチ。予約しないと入れないという人気ぶり。もっともそれは、この美術館の周辺には気の利いた店が無いため、美術館来場者(のみならず近所の有閑マダム達も含め)は必然的にこの店にやってくるせいかも知れぬ。12時に予約したのだが、11時50分に入ろうとして断られた。そこまで厳格にする必要があるのだろうか・・・。
建物と同様、細長い店内だが、半面はガラス張りで開放感がある。外の公園の木々が良く見える。ランチは基本、パスタ(又はハヤシライス)コースのみ(税込2,100円)。パスタの他にパン、サラダ、スープ、デザートとコーヒーがつく。パスタは、さんまとケッパーの実のトマトソース味スパゲッティにしてみた。さんまは煮て佳し、焼いて佳し、生で佳しの万能魚だが、トマトソースとの相性もかなりいい。身が崩れないよう軽く揚げてある。ケッパーの実がいいアクセント。この先、この店に来る機会があるかどうか判らないが、ゆったりとした時間が過ごせるレストランとして(勿論、写実絵画鑑賞のついでに)、少なくとももう1回ぐらいはわざわざ来る価値はあると思う。

_DSC4584

_DSC4586

_DSC4589

_DSC4588

_DSC4590

_DSC4591

この店のHP: こちら 

↑このページのトップヘ