山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

民宿

越後の山も、越後湯沢界隈であれば日帰りも可能だが、米山となるとそうはいかない。今回、米山登山のために、なおちゃんにチョイスしてもらった宿は「わすけ」という、上下浜にある民宿。この地区には他にも2、3軒宿があった。今日の泊まり客はそれほどいないようだったが、大広間では宴会が入っていた。
男部屋は2階の北向きの六畳間。畳敷きで床の間もある純和室。一方、女部屋は西向きの十畳間。我々の宴会場はこちらに決定。荷物を置いたらともかく風呂だ。風呂場(男湯)は、ひとりで入るには充分過ぎる大きさである。
風呂上りは十畳間でひとりビール。夕食は6時からということで、ちょっとだけまったり。やがて夕食タイム。場所は1階の個室。今日のコースのお品書きがあり、数えて見るとご飯まで含め全9品。ご飯は地元産コシヒカリだが、たぶんそこまでは辿り着けないだろう。
民宿なので、見栄えよりもボリュームとか味で勝負しているのかと思いきや(見縊って済みません)、見栄えも味も凄い。ここは立派に割烹宿なのだと判る。刺身だけでもボリュームたっぷり、6種類もある。せっかく大女将さん(?)の説明を聞いたが直ぐ忘れた。
煮魚の真鯛も大振りなので、刺身と煮魚だけでかなり腹にきた。もう食べるのに一生懸命。酒はなかなか進まない。大女将曰く、この宿の名物はイカスミコロッケなのだそうだ。これじゃあもう、コロッケは喰えそうもないと思っていたが、出てきたのはひとくちサイズだったのでなんとか喰えた。
地図を見れば、この宿は海までわずか300mぐらしか離れていない。折角だから海を見に行けばよかったと思ったが後の祭り。翌朝は、上下浜駅まで歩いて10分(車だったら2分)の距離なのに、わざわざ車で送って貰った。この宿が人気なのはとても良く判った。

DSC00891

DSC_0013

DSC_0014

DSC00892

DSC00893

DSC00894

DSC00895

DSC00896

DSC00897

DSCF7952

DSC00899

DSC00900

DSC00901

お食事の館・旅人の宿 わすけのHP

伊予ヶ岳と富山に登った後は、岩井駅から館山駅までたった3駅ながら各駅停車の旅。それにしても、15時20分発を逃すと次は16時45分まで無いので、危ないところだった。浜金谷や保田辺りほど海に近いところを走るわけではないが、いつも乗る中央線や青梅線とは違い、そこはかとなく南国ムードが感じられる眺めがいい。
駅に着いたらタクシーに乗って、今宵の宿「まるへい民宿」へ。釣宿になっているだけあって、海に至近の場所にある。今日は冷たい風が吹いていて、外にいると凍えてくる。こんな天気でもじっとアタリを待つ釣り人の気が知れない。小生は断然、喰うだけの方がいい。
部屋に案内されると、廊下や階段、洗面所、客室内、食堂内等、至るところに注意書きがある。就寝時の布団の敷き方や座卓の収納方法、ひいては鍋蓋の置き場所まで、懇切丁寧に説明がある。全部読むだけでひと苦労しそうであるが、書いてあることは基本的に常識的なことが多いので、斜めに読んでも問題なさそうである。廊下や階段には何故か、さかなくんの絵がいっぱい。訊けば、さかなくんとここのご主人は懇意なのだそうだ。
風呂は2つあるとのことで、男女各々同時に利用可能。しかし家庭風呂並みの大きさなので、少なくとも小生が入った方は一人ずつがお勧め。風呂上りにビールをやったあと、ちびちびと酒を呑みまどろむ。
やがて夕食の時間。刺身に始まって揚げ物、煮物までずらり。インドネシアも海洋国家なのに、何故か魚よりも鶏肉を喰う機会が多く、魚介類に飢えていたが、その鬱屈を一掃する魚介尽くし。量が気になったが、ご飯を除けば何とか喰い切ることが出来、満足、満足。それでも、2年前に泊った西伊豆「美晴荘」の圧倒的なボリュームと較べてしまうと、割高感は否めない。「美晴荘」を体験したせいで、我々の幸せの幅が狭くなってしまったようだ。
(まるへい民宿の食堂)

DSC09782

DSC09783

DSC_0651

DSC_0656

DSC_0652

DSC09784

DSC_0653

DSC_0654

DSC_0655

DSC09785

DSC09786

DSC09787

DSC09790

DSC09788

DSC09789

DSC09791

DSC09792

DSC09793

DSC09794

DSC09795

DSC09796

DSC09797

DSC09798

DSC09799

DSC09800

房総は東京に近い分、人気が集まるため値段が高くなるようだ。

途中、「舟平」でひと休みした後、そのまま、ちょいと酔い覚ましに潮風に吹かれながら、今宵の宿、「美晴荘」まで歩いた。今日は結局、そこそこ良く歩いた。「美晴荘」も「舟平」同様、民宿兼食事処で、1階に外来者用の食事処があった。今夜は、客室は満杯の様である。我々の部屋は3階。女子部屋は角部屋で広く、眺め良好。晴れていれば、海越しに南アルプスが見える。男子部屋はちょっと狭いが、山小屋を考えればまあ上出来。
荷物を整理し、ひと息ついたら汗を流すことにしようと、2階の浴室へ。男風呂は、先客無し。カランは3つ並んでいて、湯船もそれなりの大きさ。ひとりでは勿体ない。Woodyさんと凸さんは、部屋で寝ているのか。ちょいとノンビリし、さっぱりして風呂から出ると、女子陣は女風呂の前で、先客が出るのを待っている様子。女風呂は、かなり狭いので貸切にならざるを得ないようだ。
部屋に戻っても、皆さん未だ、風呂から上がってきていない状態。申し訳ないと思いつつ、勝手にひとり、湯上がりビールをいただく(洗面所の脇に缶ビールの自動販売機があった)。夕食まではまだ、多少時間もあるので、皆が持ち寄ったつまみもいただく。黄昏時の海を見ながら一杯やるのは、なかなか乙だ。目を凝らすと、南アルプスの白き峰々もまだ見えている。
夕食が出来ましたとの連絡があり、7人揃って2階の食事処へ。長い座卓が2つ並んでいて、その上に巨大な刺盛りが2つ、で~んと鎮座していた。刺盛りのメーンは立派なヒラメ。これ一匹だけで10人前ぐらいありそうだ。他にもタイやハマチ、マグロ、赤貝、イカ、甘エビ等々。刺盛りだけでも食べ切れるか心配になる。
料理は、他にもクルマエビの踊りや、もうちょっと大きめのエビ(種類は不明)の塩焼き、茹でズワイガニの片足分、焼きホタテ、オコゼの唐揚げが各々人数分、どんどん出て来る。そして最後にこれも巨大なキンメダイの煮付け(東京の店だったら、5,000円位は取られそうだ)が2皿。もう完全にギブアップ。そもそも、やっぱり刺身だけで満腹になってしまった。これじゃあ、育ち盛りの人間を、何人か連れて来ない限り、到底食べ切ることは不可能。勿体ないことをしてしまった。
これで1泊2食付き8,100円は驚くほどリーズナブルだ。この宿だけが特別なのか判らないが、やはり少なくとも年一回は、海に近い山に登るとしよう。 

DSC04644

DSC04645

DSC04646

DSC04647

DSC04648

DSC04649

DSC04650

DSC04651

20161224_170324_001

20161224_170327

DSC04653

DSC04654

DSC04655

DSC04656

DSC04657

DSC04658

DSC04659

DSC04660

DSC04661

DSC04662

DSC04663

DSC04665

DSC04667

DSC04670

DSC04671
 

鏡平から笠ヶ岳は、将に日本アルプスらしい稜線漫歩の気分が味わえ良い気分。一方、笠ヶ岳からの下り、クリヤ谷ルートは、他の北アルプスの登山道に較べると、利用者が少ないせいかやや荒れた印象だが、特段不明確な部分はないので、道迷いの心配は無い。笹に捉まりながら下りる部分は、上越国境周辺の登山道を彷彿させる。途中で、テントを担いだ単独行2人と行き違ったが、ここを登る根性は大したものだと感心する。
岩稜帯の下りや大小様々な石の乗り越え、沢の渡渉等、それなりに変化はあるものの、標高差約1,900m、下りだけで6時間余というのは、はっきり云って飽きるし、疲労で足の動きも次第に鈍くなる。誰も怪我無く(除、軽い打撲や擦過傷)下りられたのは、ともかく幸いと云うべきだろう。
途中、歩くペースの違いから二つの班に分け、A班の登山口到着時刻は15時49分、一方、B班は16時39分で、結果的に約50分のタイム差で済んだ。A班は、中尾高原口BSで15時59分発のバスに間に合ったとのことだが、B班を待っていてくれた。その間、ビールを探し回ってみたが、見つからなかったらしい。地元の商工会の方に云いたい。是非、中尾高原口BSに、缶ビールの自動販売機を置いていただきたい。レギュラー缶500円だって買うな、きっと。
中尾高原口BSから、今宵の宿「宝山荘」がある上栃尾BSまで、バスだとわずか8分だが、歩くと1時間。既に13時間余り歩いた後では、とても更に1時間歩く気にはならないが、宿の送迎は無く、辺りにタクシー会社も無いとのこと。つまり16時59分発のバスを逃すと、もう1時間待たなくてはならなかったので、その点でもB班の到着時刻は上手い具合だった。
「宝山荘」は上栃尾BSの直ぐ前。よたよたと玄関に辿り着く。仲居さんには暖かく迎えられるが、もうビール無しには何もしゃべれないし、何も出来ない。直ちに1階の自動販売機で缶ビールを購入し、部屋に入ったら着替えは後回しに、先ずはおつかれさん乾杯。うひ~、美味い。あ~、ほっとした。もう夕食の時間がせまっているので、そうのんびりもできない。さっと風呂(もちろん温泉)に入って汗を流したら、すぐに食事処へ。
料理は奥飛騨温泉郷にある宿らしく、基本的に地のものらしいメニュー。もちろん、高山名物の朴葉みそ焼きや、飛騨牛の陶板焼きも出てきて、十分に満足。酒は高山、平瀬酒造店の久寿玉。もう、なにも云うことは無い。めでたし、めでたし。

DSC02939

DSC02940

20160813-DSC02947

20160813-DSC02954

20160813-DSC02955

P8130553

2016-08-13-1

DSC02957

DSC02959

DSC02960

DSC02961

DSC02962

DSC02963

P8140555

P8140556

DSC02964
 

前日の斑尾山に全く雪が無かったので、鍋倉山もやや危ぶまれたが、なんとか雪が残っていて呉れた。あわよくば、ブナの芽吹きと根開きした残雪の両方に出会えるかも知れないと期待したが、芽吹きにはやや早過ぎたようだ(山の記録はこちら)。
ゲート手前の車道からの取りつき部は、かなり藪が出ていて少々躊躇する。踏み込めばすぐに残雪となり、今度は道形が判り難い。適当に沢沿いに進むしかない。夏道のように南へ大きくトラバースするルートは、かなりの急斜面、誰かが落ちても困るので、ちょっと行き難い。
さらに沢沿いに進めば、やがて見渡す限りブナの森。傾斜も緩やかとなって、なんとも心地良い領域。今日は風も無く、鳥の鳴き声と沢の音しかしない。もう稜線は目の前。日差しが強い。ゆるゆると尾根に上がれば、もう鍋倉山山頂は指呼の距離。ここはいわゆる、信越トレイルの一角である。山頂周辺も藪に覆われているため眺めは良くない。僅かに西側が開けていて、彼方に雪を被った山。妙高連山辺りが見えているようだ。山頂には二人パーティが山ごはんを調理中。いい匂いが漂ってくる。スノーボードを背負ってきたようだが、こんなところでもバックカントリースノーボードができるのだろうか。
黒倉山への道が判り難いが、適当に藪へ突入すると、すぐに夏道を見付けられる。この先、関田峠までは、雪が溶けている部分は夏道を辿ることが出来るが、残雪に阻まれると藪が薄いところを適当に進むといった作業を繰り返す。時々、藪漕ぎを強いられたり、気を許すとガボったり、はたまた雪に埋もれていた枝が目の前で突然跳ね上がったりと、なかなか進むのに難渋する。たっぷり残雪があれば、全ては雪の中で楽だったのだが、この中途半端に少ない雪では致し方ない。
それでもそれなりに、残雪の山を堪能したら、関田峠から車道をてくてく戻る。途中、道の両脇はフキノトウだらけ。それを見たあひるちゃん、のりちゃんたちはせっせとフキノトウ採り。ゲートまで戻ったら、宿の迎えを待つ間、路上で野点。駐車場には十数台の車が止まっている。山中では殆ど人に会わなかったので、この車の数に見合う程の人たちはいったい、何処へ行っているのだろう。
宿に戻り、まだ時間も早いので少々昼寝。暫し贅沢な時間をまどろみ、眠気覚ましに風呂に入ったら、ビールやワインを呑みつつ明日の予定を確認。そうこうしているうちに、夕食時。またまた色々な料理が並ぶ。そのなかに、さっき摘んだばかりのフキノトウの天麩羅もあった。エグみが仄かで、まさに採りたての味だった。

DSC00069

DSC00119

DSC00120

DSC00121

DSC00122

DSC00123

DSC00124

DSC00125
 

今回の山行では、先ず2泊で斑尾山と鍋倉山に登る計画を立てた。3日目は完全観光モードにするとして、2泊は何処に泊まろうか、と云うことになる。それによっては、山に登る順番も考える必要がある。この頃はすっかり堕落しているので、出来れば同じ宿に連泊したい、2つの山に登る際は、最低限の荷物にしたい、などと我儘なことばかり思い浮かぶ。
当初は、神楽坂で入った「酒蕎庵まろうど」の姉妹店で、斑尾高原にある「宿と蕎麦処 まろうど」に泊まろうかと考えていたのだが、1日目はそれでいいとしても、2日目の鍋倉山往復がかなり厄介である。ならば1日目に鍋倉山に登り、その足で斑尾高原まで戻ってくることも考えたが、やはりかなり強行軍。それに、足をどう確保するか、という問題もある。
あれこれ考えた末、やはり宿は鍋倉山に近い、戸狩温泉界隈に求めるのが妥当だろうということに思い至る。しかも、送迎付きであれば申し分ない。その条件であれこれ探した結果が「岸田屋」だった。勿論、風呂は温泉。それに、行ってみて判ったことだが、ここは旧国鉄時代の鉄道グッズが所狭しと展示されていて、鉄道ファンならずとも、なかなか楽しい。小生の部屋の扉には、「L特急あさま」のネームプレートが付けられていた。また、学生のスキー合宿の写真も其処彼処に飾られていた。
これも宿の人に教えて貰ったことだが、戸狩温泉にある民宿は何処も、自然体験教室、体験修学旅行、林間学校、移動教室、ファームステイ、セカンドスクールなどの学習旅行に積極的なのだそうだ。従って、スキーシーズンでなくても、結構、泊まる人があるという訳。それでも今回泊まった初日は我々だけ。広々とした風呂も一人きりでのびのび入らせてもらった。
夕食は、華やかさは無いが地の食材が使われており、それぞれちょっとした工夫がされた料理で、どれも美味い。女将さんと大女将は、料理上手のようである。また明日も楽しみである。

DSC00053

DSC00055

DSC00056

DSC00057

DSC00058

DSC00059

DSC00060

DSC00061

DSC00062

DSC00063

DSC00064

DSC00065

DSC00067

DSC00068
 
岸田屋のHP: こちら 

三斗小屋温泉から流石山、大倉山、三倉山と越えて下界に下りたら(山の記録はこちら)、無理すればそのまま家まで帰れるものの、折角なので地元の温泉に浸かり、地のものを食し、地酒も飲みたいのが人情。そうなると当然、宿に泊まるのが自然の摂理というものだ。那須の山に登って会津(福島)側に下りたのも今回初めてである。今が将に実りの時期、黄金色の田圃と真っ白な花を咲かせた蕎麦畑が広がっていて桃源郷のようだ。今回は久々、隊長と二人での山旅、湯野上温泉にある民宿「にしきや」に泊ってみた。外観は茅葺屋根の古民家そのものであるが、内装は意外とモダン。風呂もたっぷりの大きさで快適である。
そもそも、この宿に予約を入れたのは、1泊2食に地酒1合まで付いて税込9,180円というプランに惹かれたから。それにここは珍しく一人客でも受け入れてくれる(当初は一人での予約だったので)。夕食に出てくる地酒は一人1合のはずだったが、隣の席の方からのありがたいお裾分けもあり、都合、4種類の地酒を頂くことができた。内訳は・・・
「会津娘 純米」(会津若松/高橋庄作酒造店)・・・芳醇だが素朴で呑み飽きないタイプ。
「風が吹く 山廃純米吟醸生酒」(会津美里/白井酒造店)・・・旨味と酸味がバランスしていて、キレも適度にある。
「国権 道一筋 本醸造」(会津田島/国権酒造)・・・淡麗でスッキリ、呑み飽きないタイプ。ラベルが斬新。
「写楽 純米」(会津若松/宮泉銘醸)、フレッシュ感とコクがいいバランス。
この頃の造り酒屋では、製法や精米歩合だけでなく、酒米や酵母も様々に変えた多品種少量生産をウリにしているところが増えたが、この「風が吹く」や「写楽」もそうらしい。特に「風が吹く」は他の種類も色々試してみたい感じがした。隊長は「道一筋」が気に入った様子。もちろん酒だけではなく、会津名物「こづゆ」や、同じく会津名物らしいが、このところ何かと食すことが多い「馬刺し」も十分堪能した。「山から下りたら・・・」をそのまま具現化したような宿だった。

_DSC4069

_DSC4073

_DSC4075

_DSC4076

_DSC4077

_DSC4079

_DSC4081
 

↑このページのトップヘ