山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

八ヶ岳

白駒池からしゃくなげ尾根を下り、「稲子湯」に着いたのが午前8時45分。ほぼ狙い通りの時間。ログハウス調の落ち着いた外観は変わっていないようだ。ここは、立ち寄り湯は9時からということになっているが、そこは女性陣のパワーのお陰(?)で、すんなり入らせて貰うことができた。
フロント(よりも「帳場」と云う方がしっくりくる風情)で600円を払ったら風呂場へ。ここの湯は鉄分が豊富なせいか、湯船の周りは赤茶色に染まっている。冷泉なので沸かしているが、男湯は43℃くらいで、小生がせいぜい1分間入ることが出来る物理的限界。一方、女湯は45℃くらいあって、流石にうめない限り入れなかったそうだ。
風呂から上がったら、自販機でビールをゲットし、談話室へ。普通、旅館の談話室は宿泊客専用ってところが多いが、ここは大らかで、立ち寄り客にも開放してくれる。落ち着いた雰囲気で気に入っている。
ともあれ、湯上りビール。まだ朝だが、一応、3時間余り歩いてきた後の風呂上がりなので、問題ない。ゆったりソファーに身体を沈めてビールをぐびぐび。ビールが無くなったら昨日の残りの日本酒を取り出す。次のバスが10時10分発なので、ゆっくりとちびちび呑める。近年、ここ稲子湯は、「岳」のロケ地として有名になったそうだ。談話室に飾ってあるサイン色紙には、小栗旬や長澤まさみがあるはずだが、女子連は見つけられなかったようである。
やがて、バスの時間が迫ってきたので徐に片付けてバス停に行くと、結構な人数が並んでいる。我々のように、しゃくなげ尾根を下りてきたのではなく、中山峠から本沢温泉、しらびそ小屋経由で下りてきた登山者ばかりのようだ。そう云えば、本沢温泉にも暫く行っていないな。高慢高飛車な女性従業員(まさか女将じゃなかろうね)はまだいるのだろうか。
やがて小海町営バスがやってくる。乗るときに皆さん、何処まで行くかを申告。小海駅と松原湖駅は半々ぐらいだろうか。中には、「八峰(やっほー)の湯まで」という客もいる。最近出来た日帰り温泉の様だ。バスの車窓から見る限り、大きくて奇麗。
今どきは、渋い「稲子湯」なんかには行かずに、このような大型日帰り温泉施設にやってくるのが多いのか。個人的には1回ぐらい覗いてもいいが、たぶん「稲子湯」の方が性に合っている。そう云えば、「稲子湯」には何度か立ち寄りさせてもらっているが、まだ一度も泊まったことが無い。そのうち、計画してみるか。 

_DSC9757

P9060403

P9060343

P9060344

_DSC9758

_DSC9759

_DSC9760

 P9060402

P9060346

_DSC9762

今年2回目のテント山行。とは云っても、今回はタクシーを降りて僅か15分で到着する白駒池キャンプ場。いくらなんでも、ちょっと楽ちん過ぎる。尤も、我々軟弱山岳会は、テントを担いで縦走なんて、大それたことはそもそも無理。せいぜいベースキャンプまで担いだら、空身で山頂往復するようなことしかできない。しかも、テントは手段ではなく、目的化しているので、自ずと場所を選ぶことになるのは仕方が無い。
白駒池キャンプ場は、普通のキャンプ場とは違い、白樺林の中にテント場が点在する、一風、変わったところ。選定した場所は、ベニヤ板を張った高床式になっていて、フラット。これならば雨が降ってもきっと快適だろう(ただし、テント場代1人650円に加え、1張り当たり900円のエキストラチャージがかかる)。
水場は小屋(青苔荘)の横、すぐ目の前。トイレは小屋の奥にあるが、最近建て替えたらしく、真新しくって快適。ウォシュレットまでは付いていないが、ちゃんとした水洗式で、便座にはヒーターが付いている。勿論、男女別で、照明がセンサーで付くようになっており、省エネにも配慮されている。ここはテント場としては最上級、これ以上求めるのは、風呂ぐらいしかないだろう。
テントを張った後、時計回りで、にう、稲子岳、中山を登って高見石から下りてきた。特に稲子岳は、小生にとっては八ヶ岳連峰で唯一、未踏のピークだったので有意義な山行となった(山の記録はこちら)。青苔荘に戻ってきたら、やっぱりビール。でも呑んでいるうちに、段々寒くなってきたのでテントへ入る。テントに入ったら、夕食。今日もメインディッシュはすきやき。これで日本酒をぐびぐびやる。至福の時間。
ところで今朝、往路の途中、佐久平の駅で、とある女性から我々に対して、子供達が野辺山まで行くので、もしそこまで行くのであれば、子供達が降り忘れないよう声をかけてもらえないか、と頼まれた。残念ながら我々はもっと手前の八千穂駅で降りるので、ご希望には沿えられないと返答したが、少し後になって、その女性があの「フレスガッセ」の若女将だったと気が付いた。軽井沢から佐久平駅まで、子供の見送りに来たようだ。意外なところでの意外な方との出会いだった。 

_DSC9692

_DSC9693

_DSC9694

_DSC9695

_DSC9723

_DSC9724

_DSC9725

_DSC9726

P9050309

P9050310

P9050311

_DSC9727

_DSC9728

_DSC9729

_DSC9735

_DSC9738

_DSC9739

_DSC9740

_DSC9744

_DSC9745

_DSC9746

_DSC9747

_DSC9748

_DSC9749

P9060315

P9060318

P9060319

P9060321

P9060323

P9060324

P9060394

P9060396
 

半世紀近い登山歴をもつ兄が、なんと八ヶ岳の硫黄岳も天狗岳も登ったことが無いと云うので、1泊2日で行くことにした。ついでに、小生も泊ったことが無いオーレン小屋を予約し、更に未登の「峰の松目」(2,568m)にも登ることにした。
(1日目)
アプローチはタクシーで茅野から桜平へ(7,200円)。我々のタクシーが戻っていったあと、次々と別のタクシーがやって来る。ジャンボタクシーも来る。少なくとも小生の学生時代には桜平などという登山口は存在していなかった。いつ頃出来たのか定かではないが、主稜線に近いせいか(夏沢峠までコースタイム100分)、かなりの人気登山口になっているようだ。
はっきりしない天気で、霧の様な霧雨の様ななかを、沢沿いに登り始める。沢の水量が多いような気がする。程無く夏沢鉱泉に到着。多くの子連れの登山者が屯している。夏休み最後の思い出作りだろうか。更に登ると、オーレン小屋の発電小屋がある。いわゆる、昨今流行りのマイクロ水力発電。あとで小屋の主に聞いたところ、発電量は8kwあるとのこと。それだけあれば、少なくとも小屋の電灯分ぐらいは十分賄える(談話室にはコンセントもあって、ちゃっかりスマホを充電している奴がいた。小屋も公認か?) だろう。実際には、火災感知器・火災受信機の24時間稼動(押入にも煙感知器があるそうな)、水洗トイレ用浄化槽の運転、そして廊下、トイレ等の24時間照明に使われているようだ。タービン羽根も多少砂利が流水に混じっても破損しないよう、頑丈なものにしているらしい。導入したのは2002年とのこと、八ヶ岳の小屋は総じて環境問題への取り組みに積極的だが、オーレン小屋もかなり先駆的にエコに取り組んでいると思う。小屋の主はベンツより高かった、と言っていたが、きっと国の補助金も貰っているだろう(後で調べると、総事業費は2,200万円)。
11時25分オーレン小屋到着。ここにも子連れのグループが多い。受付を済ませ(1泊2食付き9,000円)、着替えや酒、つまみ等をデポしたら、先ず峰の松目を目指す。雨がパラついてきたので合羽を着装。苔むしたシラビソとコメツガの森を緩やかに登っていくと、鞍部に分岐を示す道標があり尾根道を右にとる。緩やかな登りは次第に傾斜が増し、一部、木登りのように急な部分をクリアしてほぼ平坦な道を暫く進めば、コメツガ・シラビソ林にシャクナゲが入り混じった山頂に到着(12時30分)。聞いていた通り眺めは無いが、八ヶ岳にしては実にひっそりとした頂である。
軽くレーションを食べたら引き返し、次は硫黄岳を目指す。オーレン小屋への分岐の標識を通り過ぎると再び登りに転じ、無心に登っていくと、やがて森林限界を越える。雨は上がったが、どちらを向いても真っ白ガスの中。右手、赤岳鉱泉からの道と合わさった処が赤岩ノ頭(2,656m)だ(13時30分)。二十人くらいの子連れパーティが休憩中だった。中には就学前の子供もいるようだ。硫黄岳はもう目の前。登る程にガスが切れ始め、次第に赤岳や阿弥陀岳が見え隠れするようになる。子供連れ大パーティは、硫黄岳山荘が今日の宿泊地らしい。硫黄岳は山頂を示す標識と三角点は随分離れている。三角点(2,760m)はだだっ広い山頂の東の端にあって、そこまで行くには断崖絶壁になっている火口の縁を通らなくてはならず、危険だからと行政が判断したのかも知れない。とにかくほぼ平坦で広いので余り違いは無い。
これ以上ガスは晴れそうにないので下山、夏沢峠までの間、登ってくる登山客と結構すれ違う。皆、硫黄岳山荘を目指しているようだ。夏沢峠はガスの中。やまびこ荘は営業中だが、ヒュッテ夏沢は、この時期でも雨戸が閉まっている。小型風力発電機がズラリと並んでいるが、ピクリとも動かない。ゆるゆると涸れ沢のような道を下っていくと、オーレン小屋に戻る(15時10分)。汗が引かないうちにさっそく缶ビール。小屋の前で子連れパーティが遊んでいるが、やがて赤岩ノ頭と峰の松目との鞍部に向かっていった。やはり硫黄岳山荘が宿泊場所なのかも知れないが、16時近くになって漸く登り始めるとは、随分と呑気ではないのか。雨がパラついてきたので、小屋の談話室に移動する。薪ストーブがガンガン焚かれている。小屋の主が約30分に1回、薪をくべに来て、周囲の登山者たちと一頻り話してから去っていく。11月3日で小屋を閉める訳は、主曰く「いくらストーブを焚いても暖かくならない」ほど寒くなるから、とのことだった。あと僅か2か月先のことだ。16時半頃、モンベルツアー(女性のみ対象?)の一団が雨をついて到着。ツアーにしては、ごゆっくりな行程だ。それにしてもこの小屋は女性客の割合が高い。7:3ぐらいだろうか。女性に人気な理由はいろいろありそうだが、やはりトイレ・洗面所が綺麗で男女別になっているところか。
17時30分に夕食。云わずと知れた桜鍋。肉はとても柔らかく、量も十分ある。これに蕎麦と天麩羅も付いているのだから豪勢だ。旅館の食事処のように、各テーブル(座卓)に、予約した人の名前が掲げられているところも細やかなサービスと云えよう。再び談話室に戻り、どちらも北海道出身という若者2人パーティと暫し歓談。就寝20時。夜半に激しい雨の音で眼が覚める。
(2日目)
4時30分起床。気温は10℃、フリースジャケットを着る程寒くは無い。外は雨は止んでおり曇のようだが、峰の松目が良く見えているのでガスはそれ程低くないようだ。5時20分過ぎに朝食。昨日とテーブル(椅子席)が違っている。小屋のスタッフも厨房で同時に朝食をとっている。さっさと食事を済ませ、支度をして5時50分出発。直接、根石岳へのルートをとっても良いのだが、一応、夏沢峠経由で登ることにする。樹林帯を抜け、根石岳の登りにかかると、辺りのガスは急に切れ始め、視界が開けて行く。先行していたモンベル・女子ツアーを追い越す。7時15分根石岳到着。ここからから東天狗岳までは指呼の距離。左手を仰ぐと、遠くに南アルプスや中央アルプス、御嶽山が良く見える。北岳の右側には塩見岳も顔を覗かしている。天気は急速に回復しているものの、むしろ南八ヶ岳の方がガスがとれるのが遅い。
7時40分東天狗岳到着。北海道ペアに追い付く。ここから、西天狗岳(2,646m)を往復する。彼ら二人は稲子湯に下山すると云う。モンベル・女子ツアーは東天狗岳で大休止、西天狗岳に行くつもりは無さそうだ。8時00分西天狗岳に着くと、南八ヶ岳のガスもすっかりとれていた。蓼科山はまだガスの中、北側の回復が遅いようだ。東天狗岳に戻ったら、天狗の奥庭を経由して黒百合ヒュッテに下る。昔乍らの佇まい。コーヒーでも飲みたいところだが先を急ぐ。11時15分渋の湯到着。茅野行バスは11時30分発なので、バスは諦めタクシーを呼ぶことにして、ゆったりと久しぶりに渋御殿湯に浸かった。

_DSC3825

_DSC3827

_DSC3828

_DSC3830

_DSC3831

_DSC3833

_DSC3836

_DSC3844

_DSC3846

_DSC3853

_DSC3854

_DSC3856

_DSC3860

_DSC3861

_DSC3865

_DSC3867

_DSC3868

_DSC3869

_DSC3874

_DSC3883

_DSC3885

_DSC3888

_DSC3893

_DSC3897

_DSC3908
 
オーレン小屋のHP: こちら 

↑このページのトップヘ