山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

山小屋

立山・室堂までやってきた。そもそもの計画では剣岳を登るつもりだったのだが、天気予報を見てさっさと諦め、その代わりに立山でも登るかと考えていたのに(山の記録はこちら)、バスターミナルの建物を出ると叩き付けるような土砂降り。これではせいぜい剣御前小舎の往復ぐらいが関の山、と諦め歩き出す。小舎までは3時間足らずの我慢だ。
幸い風はそれほど強くはない(≒飛ばされそうになるほどではない)が、豪雨で登山道は川のようになっている。雨具を叩き付ける雨音が煩い。ところが、「クライマーズ・ハイ」じゃないけど苛酷な環境になればなるほどアドレナリンかエンドルフィンがそれなりに分泌されるようで、大してめげることなくむしろこの状況を楽しみながら、思った以上に早く剣御前小舎に到着。
扉を開けて入ると中は静寂、ほっこり暖かい別世界。こういうときの小屋は心強い。登山客は見かけず、従業員も手持ち無沙汰な様子。荷物を整理し、濡れたものをさっさと乾燥室内にぶら下げたら、売店でビールをゲット、食堂で乾杯、グビっとやってまったりする。とても外が嵐とは思えない。
あとは酒をちびちびやりつつ、談話室で高校野球の決勝をのんびり見る。談話室は独占状態で、テレビもストーブも占有だ。明日は明日の風が吹くとばかり、今を楽しむ。甲子園の熱気と、外の嵐と、談話室ののんびりさとの対比が面白い。
やがて夕食の知らせ。結局、我々以外に9名がやってきたようだ。従業員数と大して変わらない。この天気にしては意外に多いというか、この時期にこれしか泊り客がいないというか。何れにしても、困難を乗り越えた先には恩恵が待っている。

008 室堂到着。土砂降り。

DSC_1701

DSC_1702

024 ここまででずぶ濡れ。

025 でもこれがあればチャラ。

DSC_1711

032 夕食の時間。

033 今日の宿泊者は我々を含め12名。

039 【第2日目】朝食は5人だけ。

040 雨は止んだが風は強い。

DSC_1715

3年前、八ヶ岳のキレット小屋に泊まってみたいと思い立ち、そのために、おそらく最短ルートだろうツルネ東稜を登ることにしたのだったが、悪天候で諦めて(その時の顛末はこちら)今回が再挑戦。バスを降りて暫くはちゃんとした径だったが、途中からは、土砂が洗い流され大きな石ばかり残った河原のようになって、甚だ歩き難い。
その後は地獄谷に出て、やはり巨石がゴロゴロしたところを縫って進む。ツルネ東稜に取り付くまでは10数回の渡渉が必要なため、沢の水量が一番の気掛かりだったが、結果的にはそれ程でもなく、1回も靴を脱ぐこと無く無事クリア。噂に聞いた出合小屋は左岸にあるとばかり思い込んでいたが、今回、右岸にあることを知った。
ツルネ東稜は想像通りに容赦のない登りだったが、ぐいぐい高度が上がるのを実感できる。天気は悪くとも、ガスの中に権現岳や大天狗などがちらりと見えると、気分は次第に高揚してくる。概ね予定通りの時間でツルネまで登り切り、明るいうちにキレット小屋到着。
小屋番一人だけで切り盛りしているのにちょっと吃驚。高見石小屋やくろがね小屋でもそんなことがあったが、それは積雪期のこと。今夜の宿泊客は我々以外に10人程度、うれしいことに我々には偶々(キャンセルがあったらしい)個室が与えられた。荷物を整理し濡れたものを干したら、さっそくビールをゲット。グビっとやれば、ツルネ東稜の苦労は忽ち報いられる。やはり毎年1回ぐらいは、登り堪えがあるところを登るべきだと実感。
夕食は釜炊きご飯のカレーライス。懐かしい味がする。同じテーブルに、単独行の女性がいた。訊けば旦那と二人、真教寺尾根を登っている途中、旦那がギブアップしたので置いてきたとのこと。旦那はそのまま家に帰って明日たぶん、迎えに来て呉れるはずという。なかなかドライな関係だといたく感心した。女王陛下としもべの関係だったらわかる。

DSC02188

DSC_1217

DSC_1218

DSCF9373

DSC_1219

DSC02189

DSC02190

DSC02191

DSC02192

DSC02193

DSC02194

DSC02196

DSC02197

DSC02198

DSC02199


昭和8年に釜トンネルが貫通して、梓川沿いに抜けられるようになる以前は、岳人だけでなく、高村幸太郎や芥川龍之介などの文人墨客だって例外なく、徳本峠を越えないと上高地には入れなかった。もちろん今は、わざわざそんなことをするのは物好きの謗りを免れないだろうが、それには構わず、やはりかつて先人達が通った徳本越えを自分もしてみたい、と思う輩はそれなりに居て、実は小生もその端くれだった。馬齢を重ねると、何故かクラシックルートが気になるようだ。
今回は、4年前の霞沢岳リベンジも兼ねた山行計画を立ててみた。新島々駅から朝一番のバスに乗り、島々から歩き始めた。約16kmの道程のうち、岩魚止小屋までの12km余りは沢沿いなので、大して高低差が無く楽チンと云えば楽チン。木道は滑り易いところもあったが、基本的に緊張を強いられるようなところは無い。
岩魚止小屋から徳本峠小屋までは高度差約900mの登りが待っているが、馬でも越えられそうに緩やかな九十九折になっているので、それほど扱かれもせずに歩き通すことが出来た。結局、休みを含め7時間半かかった計算だが、それ以上の充実感は得られる。小屋の前には数人が思い思いに過ごしていたが、どうやら皆、テント泊の様子だった。
さっそく小屋で缶ビールを仕入れて乾杯。間も無く、明神経由でやってきたあひるちゃんも合流し、再会を祝してまた乾杯。そうこうしている内に陽も陰り寒くなってきたので、小屋の中に入る。食堂兼談話室には誰も居らず、実に静かだ。
夕食時になって、今宵の宿泊客は我々を含め6人と判る。昨今は独りテントが流行りかも知れないが、ここまで来たら、山小屋として数少ない国重要文化財(他には室堂小屋とか)である徳本峠小屋に泊まってみるべきではなかろうか。

045 【第2日目】安曇支所前BS。7時22分。

046 ここから徳本峠越えが始まる。

055 まだまだ道はほぼ平坦。

061 川沿いは涼しい。9時ちょうど。

064 この先が二俣。

068 これから山径。

073 木製の桟道。
076 こんなに穏やかなところもある。

079 ここもいい感じ。

083 漸く半分を過ぎた。9時59分。

087 ちゃんとした石垣。9時20分。

090 左岸から振り返る。

092 左岸の桟道。

094 狭隘な瀬戸。

098 岩魚留まであと1.4km。

099 まだ、ほぼ平坦。

105 あれが橋で、あれが岩魚留小屋。

107 ビール500円の表示。

111 またまた右岸へ。

114 沢から段々離れる。

117 もう沢音は聞こえない。

119 歩き始めて6時間。

120 この水は最高に美味い。

125 峠の近さを実感。

DSCF9075

DSC01971

DSCF9074

DSC01972

DSC01973

DSC01974

DSC01975

DSC01977

出来るだけ早く出発しようと未だ真っ暗ななか、白根御池小屋に余計な荷物をデポして3時40分に出発。歩き始めてすぐ、思いもかけず残雪が現れたので慌ててチェーンスパイクを履いたが、ほんの100m程度だったのでほっと胸を撫で下ろしてまた、つぼ足に切り替える。
草すべりは一直線に登る、名うての急斜面なれど、上手い具合九十九折となっているので歩き易い。いつの間にか、お花畑に到着、昨年と比べると明らかに花が少ない。季節の移ろいは、年によってかなり違うことを改めて実感する。
稜線に出たら、小太郎山を目指して北上する。登山者が意外に多いし、小太郎山まで意外に遠い。結局、分岐から小太郎山までの往復に、休憩時間を入れて3時間38分も掛かった(コースタイムは往復2時間50分)。
小太郎山の眺めはそれこそ360度、そのなかで一番目立つのはやっぱり北岳、その次は仙丈ヶ岳。近々歩こうと思っている仙塩尾根が、やけに長く見える。一方、千両役者の甲斐駒ヶ岳は栗沢山、アサヨ峰に遮られてたいしてカッコ良く見えない。ともあれ、なんとかリベンジが出来たので、後ろ髪を引かれながらも白根御池小屋を経由して広河原まで戻る。雨には降られず、天気はこの時期にしては上出来だ。
稜線はそれなりに涼しかったが、下るにつれて気温が上がり、広河原山荘が見える頃にはだいぶのどが渇いた。さっそく、小屋の脇にある自動販売機で缶ビールをゲット、グビっとやった。今日は充実した山行だったので、この瞬間が堪らなくイイ。
この小屋は老朽化で、対岸のバス停脇に移転、建て替えが決まっている。ここでこうやってビールが呑めるのは、これで最後だろうと思うと感慨深い。

DSC01752

DSC01753

DSC01757

DSC01767

DSC_0934

去年、小太郎山にチャレンジして登れなかったため、今年もしつこくリベンジのため、広河原までやってきた。前回同様、開山式の日。去年と1日違い、到着時間もほぼ同じだったが、開山式のセレモニーは既に終了し、「振る舞い酒」ならぬ「振る舞い蕎麦」が始まっており、式の参加者のみならずバスでやってきた登山者が、我も我もと群がる。バスで隣にいた外国人(たぶんアメリカ人)集団も、混じって蕎麦を手繰っている。
そんな輩たちを横目に見て、我々はさっさと山に入る。今日の目的地も前回同様、白根御池小屋。この径はそれなりに急なところもあるが、総じて歩き易い。前回と同じく雨模様だったが、大して降られないまま、ほぼコースタイム通りに白根御池小屋に到着。我々の後からやってきてあっという間に抜き去ったアメリカ人の若者は、足は速いが休む時間が妙に長いので、結局、我々の方が早く小屋に着いた。入口で待ち受けていた従業員たちが、甘酒をどうぞと云うが、そんなんじゃ喉の渇きは癒せはしない。
チェックイン時に、今年も飲物のタダ券をもらい、迷わずビールと引き換える。このビールは、昨年の小屋締めから、この小屋で越冬したシロモノだということ。でも申し分なく美味い。我々が食堂でビールを呑んでまったりしていると、だいぶ後れてやってきたアメリカ若者達が、そのまま白根御池小屋に入るのかと思ったら、また出発して行った。こんな時間(とはいっても午後2時だが)から、あと3時間先の肩の小屋まで上がるようだ。どうも彼らとは時間感覚が違う。
泊り客は昨年よりも少ないくらいだったが、さすがに我々は二人だけだったので、別の二人組と相部屋。しかし夜中に気が付いてみるとその二人組は、いつの間にか(小生の鼾の煩さに耐えかねて?)別の空き部屋へ移動していた。ちょっと気の毒なことをしたようだった。

021 白根御池小屋に到着。

022 所要時間2時間20分はまずまず。

023 従業員がお出迎え。

024 フリーの甘酒はスルー。

DSC01716

DSC01717

DSC_0931

DSC01720

DSC01719

DSC_0932

DSC_0933

DSCF8732

DSC01721

DSC01722

久しぶりにテントを背負っての山行となった。昨今のソロテント泊トレンドに乗じた訳ではないが、だいぶ前に1人用のテント(ニーモ・ブレイズ1P)を衝動買いした(ってか、山用品は総じて衝動買いだ)のに、なかなか使う機会が無く、ようやく今回となった。目的は奥秩父、将監小屋から唐松尾山と飛龍山の登頂だ。
小生は1人用テント、Woodyさんは2人用テントをそれぞれ背負って、三ノ瀬から将監小屋まで登る。女子2人はシュラフも持たず軽装、小屋泊まりという三者三様のスタイルである。タクシーを降りた三ノ瀬から将監小屋までは約1時間半、意外に近い。塩山駅から大枚叩いてタクシー(料金10,360円)を使っただけのことはある。これならば4人用テントだって持ち上げられそうである。
将監小屋は初めて。テント場は思っていたよりも傾斜地だが、南向きなのでなかなか開放的でいい感じ。水場は目の前だし、トイレもバイオトイレで快適。取りあえずテントを張って荷物をデポしたら、雨の落ちてこないうちに唐松尾山をアタック。
目出度く登頂して帰ってきたら、ビールで乾杯した後、テント内で炊事タイム。今宵のディナーは女子お二人にお任せ。男子はちびちび呑みながら殿様気分で待つ。極楽だ。どこぞの団体ツアーがやってきて、皆、小屋泊まり。それなりに混んでいるようだが、テント場は我々以外、2張のみの状態。昨今はテント場の方が先に埋まると聞いていたが、今日は違うようである。
ニーモ・ブレイズ1Pはフロア面積1.7m2と、ひとりには充分過ぎる大きさ。これで重量約800gは凄いと思う。その代わり生地はペラペラ。外気が氷点下になる季節や、風が強い場合はちょっと厳しそう。それにしてもテント泊の場合、収容人数が多い方が一人当たりの分担重量は小さくなるので有利な筈だが、800gとなるともう一人用でも全然問題ない。シュラフ+シュラフカバーの重量と変わらないのだ。これで活動範囲が広がる気がする。次は独りでどこへ行こうか。

DSC01650

DSC01660

DSC01657

DSC01645

DSC01647

DSC01654

DSCF8584

DSC01649

DSCF8585

DSCF8586

今日は久しぶりに男3人組だけの山旅。目指すは乙女高原からの倉沢山と塩水山。静かな山であることは間違いない。しかしやや牧歌的過ぎるので、男組にはそぐわないがそれもまた一興。
凡そ2週間前、焼山峠まで栄和交通バスを予約しようとすると、なんと既に満席とのこと。慌ててタクシーを予約した。当日、塩山駅を降りると、駅前はタクシーで溢れていた。訊けば今日は山開きの日、大弛峠方面の林道が開通しただけでなく、乾徳山等に向かう予約も山ほど入っていて、塩山タクシーは完全に出払った状態だそうな。当日だったら全く捉まらないはず、危ないところだった。皆、そんなに山開きを待っているとは知らなかった。
焼山峠から乙女高原までは、そこここでホトトギスやらカッコウの鳴き声が聞こえ、絵に描いたような高原の雰囲気。グリーンロッジ前の写真案内を見ると、目の前の牧草地のような緩やかな斜面は、かつてスキー場だったらしい。
ここまでも殆ど人に会わなかったが、更に倉沢山へと向かう踏み跡に入ればもう全く我々だけの世界。踏み跡はちゃんとしていて、迷わずひっそりとした倉沢山に辿り着く。山頂からちょっと北へ寄ると、意外に金峰山が間近に見え、五丈岩もくっきり格好良い。
同じように静かな塩水山を踏んだら、あっという間に大弛へ向かう林道(県営林道川上牧丘線)へ出る。あとは車道をヘコヘコ下るだけ。塩水山山頂から約1時間で柳平の金峰山荘に到着。さっそくタクシーを呼び、その間を利用してビールを呑む。
山荘内で屯していた数名は、鳥か昆虫か植物が目当てか、何れにしても我々とは違う分野の集団のようである。なので、ひと仕事終わったらビールという感じではなさそうで、なんでこの人たちはそんなに美味そうにビールを呑むのだろう、ってな醒めた顔をして我々を見ている。こちらも大したアルバイトでは無かったので、待ちに待ったビールという感じではないけれど、ひと汗かいた後の一杯はやっぱり美味いのだ。判らないかなあ。

DSC01573

DSC01580

DSC01581

DSC01582

DSC01584

DSC01585

DSC01590

DSC01591

DSC01593

DSC01596

「金峰山荘」を夜明け前に出て、小川山目指して登り始める。暫くすると岩峰を登ったり巻いたりと、岩の弱点を縫うように登ることになるので、ちょっとしたフィールドアスレチック的気分が味わえる。やはりこの辺りは、奥秩父でも特異な場所である。
しかしそれも1時間ぐらいで、あとは鬱蒼とした如何にも奥秩父らしい登りが山頂まで続く。山頂付近は雪が残っていて、チェーンスパイクが役立つ。八丁平辺りまでは眺望も殆ど利かないが、それは勿論、織り込み済みなので誰も不満は口にしない。逆に、小川山山頂をちょっと越えた後の「シオサブ」という名前の岩峰では、期待以上に眺めがあって得した気分になれる。
「金峰山荘」の朝食は摂らず、代わりに弁当にしてもらった。開けてみると2段重ねの弁当だ。こんな豪勢な弁当も珍しい。やっぱり1泊2食付き6,800円はちょっと安過ぎると思う。もうちょっと値上げして川上村の財政に貢献すべきだ。
小川山山頂から瑞牆山への径と合流するところまでは、「山と高原地図」では点線となっているが、それは道標が乏しいだけで、踏み跡はちゃんとしている。しかし倒木が多いので、その度に進路を見誤る可能性はある。
瑞牆山への径と合流すると、途端に幅広でしっかり踏まれた径となり、頻繁にハイカーと行き交う。さすが、深田百名山は違う。裏路地から大通りに出た気分。富士見平小屋で大休止し、そのついでに小屋に寄って鹿肉三種ソーセージを買ってみた。いくら鹿肉でも(鹿駆除に貢献するとしても)、1,200円はちょっと高い感じがした。
富士見平から先は径は広いし木々も疎らなので、もはや夏の如く暑い。もうビールのことしか考えられず、走り下る。バス停には一橋大の山岳部(もしかして同好会?)がいて上級生女子が下級生男子を窘めていた。それを横目に我々は瑞牆山荘に滑り込み、テラス席で生ビールを一気に呷った。

098 金峰山荘の2段重ね弁当。

DSC01386

DSC01388

DSC01393

DSC01404

DSC01402

DSC01415

DSC_0160

DSC_0161

DSC01411

DSC_0162

DSCF8414

今回は、1泊で奥秩父の小川山に登る計画。個人的に、小川山は久恋の山だった。でもそれを登るだけで1泊はちょっと勿体無いので、1日目は西上州(というか南佐久というか東信というか)、御陵(おみはか)山と天狗山に登ることにした。天狗山に登るのはおよそ30年ぶり2回目だが、御陵山は今回初めてである。
登る途中でもそれぞれの山頂でも、否が応でも目を惹くのは八ヶ岳の姿とレタス畑。川上村のレタス畑の広大さにも驚くが、その担い手が若い東南アジア人(川上観光タクシーの運転手曰く、四百人以上いるとのこと)になっていることに吃驚。彼ら無しには、レタス栽培が成り立たないらしい。
偶々、川上村のメイン通り(洒落た店なんて皆無)を、当ても無く?ぶらぶら歩いている数人の集団を見掛けた。彼らの休日の過ごし方があれなのか。川上村に、彼らが楽しめるようなところは全く無さそうである。
当初予定通り、(天狗山山頂で、某氏の足が動かなくなる原因不明のハプニングはあったものの)首尾よく御陵山と天狗山を登った後は、朝と同じ川上観光タクシーに乗って川端下(かわはげ)にある今宵の宿、金峰(きんぽう)山荘へ。スイスアルプス的な洒落た建物だが、中は純和風で畳敷きの部屋になっている。
我々女5人と男2人は、それぞれ2階にある10畳の和室。Woodyさんと男2人だけで10畳は広過ぎる。荷物を置いたらさっそく風呂へ。清潔でそれなりに広いが、宿泊客だけでなく、廻り目平キャンプ場でキャンプ中の客も来るので、風呂場は結構、混み合っている。風呂から上がったら自動販売機で缶ビールをゲットし、部屋でグビっとやってまったり。窓から外を見回すと、この辺りは奇岩だらけだ。
夕食は1階の食堂で。ここは山小屋だと思っていたがどうしてどうして、ちゃんとした夕食が出てくる。これで1泊2食付で、6,800円はかなりお値打ちって云うか、安過ぎないか? この宿の周辺で、小川山以外に登るべき山がないか、じっくり調べてみたい。

DSC01351

DSC01352

DSC01353

DSCF8361

DSC01354

DSCF8364

DSC01355

DSC01356

DSCF8366

結局、雨の蝶ヶ岳に登るのは止めて、その代わりに日程を前倒しにして涸沢小屋まで行くことにした。歩程は大して変わらないが(夏道コースタイムで蝶ヶ岳まで4時間25分、涸沢までが4時間10分)、標高差は400mぐらい違うので気分的には大違い。勿論、雪崩の危険性は谷歩きの方が高いが、雨だったら表層雪崩にはならないだろうし、底雪崩は落ち切っているはずとの読みもあった。
横尾には長野県警山岳遭難救助隊の隊員が数人待ち構えていて、穂高へ登る登山者に注意を促している(実際、前日の28日にザイテングラード脇のアズキ沢を登って雪崩に巻き込まれ負傷した登山者がいたらしい)。有り難く拝聴するものの、そもそも登頂は我々にはてんでお呼びじゃないし、涸沢往復ぐらいが身の丈に合っている。
本谷橋から先は、夏道ではほぼ一貫して右岸の斜面をトラバースするように登るが、残雪期は谷のど真ん中。当然ながら眺望も利くので、すこぶるいい気持ち。この季節ならではの贅沢である。それに流石に谷が広いので、雪崩に対する緊張感はだいぶ薄い感じがする(もし目の前が雪崩れても逃げるチャンスは十分にありそう)。
やはり涸沢は人気の場所だけあって、次々と登山者が登ってくる。中でもテント装備を持った若者の登山者(リュックサックが大きいこともそうだが、割とウレタンマットを外に括り付けている人)が多い。宿泊装備を背負うよりお金を携えた方が楽な我々は、少数派である。
徳沢ロッジから5時間弱で涸沢小屋に到着。横尾から先、腐った雪の上を歩いた割にはまずまずのペースだろう。チェックインを済ませ、リュックサックを大広間の指定された寝床のそばに置いたら、売店へ走って生ビールをゲット。
残念ながら天気が悪くなってきたので、外のテラスで呑むのは寒すぎる、暖かい屋内の食堂でグビっとやった。ジョッキはマムートのロゴ入り。良く見るとこのちゃんのジョッキは涸沢小屋のネーム入り。売店のにいちゃんに聞けば「何かと世話になっている(贔屓にしている)ので」とのことだった。

DSC_0059

DSC_0060

DSC_0061

DSC_0063

DSCF8157

IMG_0349

IMG_0350

DSCF8158

DSCF8159

DSCF8162

DSCF8163

DSCF8165

DSCF8166

DSCF8168

DSCF8170

DSC_0064

IMG_0351

DSC_0065

DSC01207

DSC01213

IMG_0353

DSC01208

DSCF8173

DSC01209

DSC01210

DSCF8174

DSCF8176

IMG_0354

DSC01211

IMG_0355

DSC01215

IMG_0360

DSC01217

DSC01218

DSCF8182




かの手塚宗求氏が建てた「コロボックルヒュッテ」に泊ってきた。20代の頃に「邂逅の山」を読んで、そのヒュッテの存在を知ることとなったが、実際に訪れたのはそれから30年以上も経って今回が初めてになってしまった。しかしこれはこれで、自然な成り行きだった。
なにせ20代から30代の頃は正直(大抵の男子は水平よりも、なるべく垂直に近いほうを好む傾向ゆえ)、車山の如くゆったりしたアスピーテ型火山(この頃はこんな呼び方はしない?)には全く魅力を感じないものだが(男性でも偶にはそうでない方もいるだろうが)、馬齢を重ねると不思議とそんなことは大した問題ではなくなり、それなりの良さも感じるようになる。ましてや今回のようにスノーシューで登るとなると、このゆったり感が実にちょうど良いのだ。
「コロボックルヒュッテ」へは直接車でやって来られるし、風呂にも入れるので、もはや山小屋とは云えないかも知れないものの、周りに建物が無い一軒家なので俗世間とは隔絶されている。小屋の周りには鎮守の森の如く、大きな木々が植わっていて(これも手塚宗求氏の手によるもの)、車山周辺の何処から見てもそれと直ぐに判る。
小屋の主人は勿論、代替わりしていて、子息が経営しているが、実際には雇われ管理人夫婦(と犬)が我々を出迎えてくれた。客室は4つあるようだったが、今日は我々4人だけの貸切状態、有り難く2部屋使わせていただいた。
まきストーブがある1階の食堂兼カフェテリアもいい雰囲気だけど、2階の談話室に炬燵があって妙に居心地が良い。本棚には手塚宗求氏の著作が収まっているので、外を彷徨くのに疲れたら、ここで本を読みながら過ごすのも悪く無さそうである。
ニッコウキスゲが咲き乱れる頃もさぞかし良いだろうけど、ストーブの火を眺めたり、炬燵でぬくぬく寝っ転がりながらビールをちびちびやるのは堪らなく良い。また来るのはたぶん、スノーシューを担いでくる時だろうと思う。

070 ヒュッテに戻ってきた。

071 薪ストーブが温かい。

072 談話室にて寛ぐ。

DSC00700

DSC00701

DSC00703

DSCF7715

DSC00704

DSC00705

DSCF7668

DSC00707

DSC00708

DSC00709

DSCF7670

DSC00710

DSC00711

DSC_0192

DSC_0191

DSC_0190

DSC_0189

DSC00763

DSC00766

DSC00764

DSC00765

DSCF7719

DSCF7721

DSCF7722

天気もいまいちだし、先週の志賀山に登った際、右膝の脇の筋をちょっと伸ばしたので(古傷の再発のようなもの)、今週はちょっと軽めの山ということで、大菩薩連嶺に平行して連なる日川尾根に行ってみることにした(山の記録はこちら)。
この尾根は、いったん上がってしまえば殆どアップダウンが無く(なにしろピークらしいピークが無い)、しかもバス停がある上日川峠が終点なので、最後に麓へ下るようなことにもならない。まこと、膝の具合が悪い者にとっては好都合なところで、しかも人気が無いので静かなのが更に良い。
嵯峨塩館前からの登りも、ほんの一時間我慢すればもう尾根の上。あとはゆったり稜線漫歩。行き掛けの駄賃に、尾根上からほんの少々外れた「梅子婆」(仮称、標高1,540mぐらい)に寄り道。あとは忠実に尾根を北上する。途中、下日川峠の先で、相次いで二人の中高年男子単独行とすれ違った。こちらもそうだが、むこうも「こんな尾根を歩くなんて、酔狂な連中だなあ」と思ったに違いない。
今回の最高点は1,637m峰、地形図上の破線はその三角点を通るようになっているものの、実際の踏み跡は巻いてしまっている。こちらも、あえて三角点を踏むようなことはせず、淡々と先へ進む。
午後1時過ぎに、上日川峠に到着。4月に大菩薩嶺北尾根を登って以来、ほぼ半年振りにまた「ロッヂ長兵衛」にやってきた(前回はこちら)。こんな天気の割には、ハイカーでかなり賑わっている。やはり目当ては大菩薩嶺か。若者が多いようだ。やや肌寒いが、やっぱりビールを呑みたい。缶ビールにしようか、生ビールにしようかちょっと迷ったが、折角なので生ビール(600円)で、お疲れさんの乾杯。
建物の煙突から煙が出ている。あの薪ストーブの煙だろう。寒いのでストーブの前で呑みたい感じ。どうせならこのまままた、「ロッヂ長兵衛」に泊りたいところだ。......おっとあぶない、あぶない、そんな訳にはいかない、明日は海外出張の準備をしなくてはならない。しまった、ついうっかり現実に戻ってしまった。

DSC09503

DSC09504

DSC09505

DSC09509

DSC09508

DSC09510

DSC09511

DSC09512

白根御池山荘に泊まった翌朝は、4時過ぎに出発して稜線までは上がったものの、体調が優れない者がいたので小太郎山はさっさと諦め、下山に掛かる。ちょびっとだけ稜線の風を感じ、ガス渦巻く中に地蔵ヶ岳のオベリスクと、甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳もちらりと見え、多くの高山植物にも会えたのでまあ良し。
3,000mの稜線に上がるのに、1泊2日の弾丸ツアーは少々きつかったのかも知れない。鳳凰三山を眺めつつ、野鳥の囀りに耳を澄ませながら草すべりを下れば、いつのまにか再び白根御池山荘。もちろんビールが気になるところだが、ここで呑んでしまうとまた、もう1泊しなくてはならず(それも魅力的だけど)、ぐっと我慢して、デポした荷物を回収し、広河原を目指してさらに下る。
いくら標高が高いとはいえ、下るに従い段々暑くなる。暑くなるともうビール以外のことが考えられない。もどかしい時間が続く。やがて植生も変わればいつしか広河原の森の中。目の前に広河原山荘が現れた。その脇には自動販売機。ジュースだけでなく、ビールも並んでいる。ありがたや、ありがたや。さっそく頂こう。グビっと呷ればもう山登りは打ち留め。エゾハルゼミの大合唱が我々の無事帰還を祝福してくれる。
この小屋は昔からいつも登山道から横目に眺めるだけだった。この小屋が新築になった頃にも、只通り過ぎたことがあった。もう30年ぐらい前の話か。いつの間にかその小屋もだいぶ貫禄が付いてきた。声をかけたことは無いけれど、昔から顔だけは知っていたご近所さんみたいなものか。今回、漸く挨拶を交わすことができた。
調べてみると、近々、広河原山荘は野呂川の左岸へ移転し建て替えるらしい。3階建てにして風呂も作り、登山客だけでなく一般の観光客も泊まれる施設にするそうな。もう山小屋じゃあ無くなるわけだ。完成は2021年とのこと。山小屋の広河原山荘があるうちに、小太郎山をリベンジできるか。

DSC09028

DSC09027

DSC09029

DSC09030

随分以前から、小太郎山が気になっていた。個人的には、その隣にある北岳にはもう食指は動かないが、小太郎山だったら行ってみたい。しかし、なかなか機会が無くずるずると時が経ってしまった。漸くやってきたチャンスだが、今回のプランは1泊2日の弾丸山行。果たして首尾良くいくか。
広河原から白根御池小屋までは、ずいぶん久しぶりだが土地勘はある。急勾配ながら2時間だけ我慢すればあとは楽チン。登り始めから久しぶりの雨に降られたが、順調に白根御池小屋に到着。なかなか綺麗でいい小屋だ。
今回、元々はテント泊のつもりだったが、雨じゃ気分も萎えるだろうと、小屋泊まりに切り替えていた。でも、どこかの高校山岳部の大パーティーは雨をものともせず、既にテントを張って食事の準備中だった。馬齢を重ねるとどうも億劫になっていかんな、と吾が身を振り返る。
我々は8人部屋を5人で独占。この時期ならではの優雅さと云えよう。受付の際、引換券を渡された。タダでジュースかビールと交換できるという、素晴らしいサービス。ジュースと交換するなんて、有り得ない。荷物を置いたらさっそく食堂へまっしぐら。ほんとにビールをくれた。有難く、グビっとやる。皆が持ち寄ったつまみもなかなか豪華。他の連中も次第に集まり、食堂は賑やかになった。
でも暫くしたら、準備があるので出て下さいとの告知があり、退散。我々も食事の支度にしよう。炊事場のひとつは高校生に占領されているので、もうひとつのトイレ脇へ食材を持って移動。我々には主婦が4人もいるので、小生は手出し出来ず、辺りをぶらぶら。食堂を覗いてみると演奏リハーサル中。そう、今夜は偶々山崎泰之氏の横笛コンサートがあるそうだ。料理が出来上がったので部屋に戻ってディナー。コンビーフハッシュを使ったパスタはまずまずだった。
ディナーのあとは、皆さん食堂へ集合し音楽鑑賞。雨が上がったようなので、小生はひとりぶらぶら、ひっそり静かな御池の周りを、夕暮れの散歩と洒落込んだ。(山の記録はこちら)

DSC08968

DSC08967

20180623_135915

20180623_135745

20180623_140619

20180623_135738

20180623_140022

DSC08961

DSC08962

DSC08964

20180623_180218

DSC08963

DSC08965

DSC08974

DSC08969

DSC08971

DSC08972

DSC08966

DSC08973

DSC08975

DSC08976

DSC08977

DSC08979

DSC08980

DSC08981

DSC08982

DSC08983

DSCF4053

DSC08984

20180623_182848

20180623_184217

DSC08985

DSC08986

DSC08987

DSC08988

DSC08989

DSC08992

DSC08993

DSC08994

DSCF4046

北アルプスなどの雪と岩、沢に熱中している時期には、樹木や草花に目が向かないと同様に、栃木や群馬など地方の寂峰なぞには見向きもしないものだが、他の者達と較べると小生は10代の頃からそのような中高年的嗜好に合う山にも関心があった。庚申山もそんな山のひとつ。
庚申山は皇海山の前衛峰でもあるので、皇海山をアタックするときに是非まとめて登りたいと思っていた。ところが昨今、不動沢を詰めて皇海山をアタックする安直なルートが開拓されたため、庚申山を経由して登るルートは篤志家の世界になりつつある。百名山を制覇するがために、安直なルートを登って満足するような輩に同調するつもりは無いものの、庚申山からアタックする場合は庚申山荘に2泊する必要があり、この40年間ずっとなかなか同行者が現れず二の足を踏み続けていた。
最近になって、とりあえず1泊で庚申山だけでも登っておこうかと考えていたところ、この頃庚申山の東側に延びる中倉尾根が俄然注目されている。なんでも「孤高のブナ」なる木があるらしい。興味が沸いたので、それを組み合わせることで行ってみようと計画したのが今回の山行だった(山の記録はこちら)。
そのために先ずは庚申山荘に泊まる。事前情報どおり、随分立派な小屋である。避難小屋としては最大級だろう。トイレは外だが、発電機付きのバイオトイレなので問題なし。寝具としては、多少湿っている感じはするが、布団もふんだんにある。
入って左側はテーブルがあるのでダイニングルームのような感じだが、祭壇もあるので祈祷室のようなところでもある。その奥の部屋を寝床と決め、女子連はお山巡り。小生はWOODYさんと共に、ダイニングテーブルで一杯やり始める。女子連が帰ってきたら早速すきやき。山で喰うすきやきは美味い。ふと外を見たらシカが草を食んでいた。我々の後から宿泊者がどんどん増え、結局今日は40人ぐらいが泊まったものと思われる。
この次にここへ来るのは勿論、庚申山から鋸山を経て皇海山をアタックするときだ。

DSC08510

DSC08516

DSC08517

DSC08518

DSC08519

DSC08520

DSC08521

DSC08529

ゴールデンウィーク明けのこの時期、浄土平を越える磐梯吾妻スカイラインには路線バスは走っていない。5月に入ると運行されるようになるが、それも一日二便のみ。しかも、何故か一方通行で、浄土平から野地温泉方面へバスで行くには、一旦、福島駅まで出て次の便(次の日)の乗らなくてはならない。つまり、バスではその日のうちに野地温泉には辿り着けない(!)という、超ローカルな領域である。これじゃ、誰もバスを利用しないだろう。小屋番の高橋さんに云わせると、「便数を減らしたので客が減った」という負のスパイラルに陥った結果らしい。
そんな状態なので当然、我々は福島駅から浄土平までタクシーを利用するつもりだったが(事実、予約もしていたが)、前日になって小屋番の高橋さんから連絡が入り、福島に用事があるからその帰りに乗せてくれる!とのこと。まさに願ったり叶ったりだった。
東吾妻山に登って浄土平レストハウスでビールを呑み、ふらふらと吾妻小舎に戻った。今日の宿泊客は、我々以外にお二人の男性だけ。そのうちのひとりは喜多方の山の会の方で、他のメンバーよりも一日早く小屋にやってきたとのこと。一升瓶(喜多方の地酒「弥右衛門」)をどんとテーブルに置いて、「好きに呑んで下さい」と云い残したまま、微温湯温泉に入ってくると車で出掛けて行った。
流石に勝手には呑めないので、持参した酒をちびちび呑んでいるうちに夕食タイム。正直云って、ここの夕食は、山小屋にいることを忘れる程だ。確かに業務用車は小屋の前まで乗り付けることが可能だが、ここは全くの山の中。夜は、ここ以外、半径数km以内にヒトはいなくなる。こんな贅沢はなかなか出来ない。
夕食後は、他のお二人も含め「弥右衛門」をいただく。そのうち、高橋さんも仲間入りして、色々興味深い話を聞かせてもらった。朝起きたらちょっと胸やけ。良く覚えていないが、些か呑み過ぎたようだった。

DSC08012

DSC08014

DSC08015

DSC08016

DSC08061

DSC08062

DSC08063

DSC08064

DSC08065

DSC08066

DSC08067

DSC08069

DSC08070

DSC08071

DSC08072

DSC08073

DSC08074

DSC08075

DSC08076

DSC08078

DSC08079

今を去る43年前、高校山岳部で初めての冬山トレーニング山行が大菩薩嶺北尾根だった。午前中の授業を受けたあと、青梅線と西東京バスを乗り継いで丹波まで向かった。金のない高校生なので、終点から青梅街道を西へへこへこ歩き、三条新橋を経て北尾根に取り付いた時点で概ね夕刻。篠竹に覆われた藪尾根を漕いで、僅かに平らな部分に無理矢理テントを張った。その時点では、翌日は裂石まで抜けられるものだと何の疑いも持っていなかった(なにしろ一年生なので)。ところが次の日、登るにつれ急斜面の藪の上に雪が積もっている状態となり、藪漕ぎしながら一歩登って半歩ずり落ちることを延々と繰り返すはめに。気が付くと、いつの間にかまた夕刻。結局、山頂へ抜けられぬまま、またテントを張った。後にも先にも、ひとつの尾根に10数時間もがき続け、抜け切れなかったのはこの時だけ。篠竹の藪漕ぎは強烈な印象となった。
あれから時は過ぎ、大菩薩嶺北尾根のことはすっかり忘れていたが、ある時偶々目にした「静かなる尾根歩き」(松浦隆康著、新ハイキング選書)に、紀行文が載っているのに気が付いた。読む限りまだ篠竹はあるようだが、無積雪期だったら日帰りができると紹介されている。時代は変わったものだと思っていたら、この頃WEBを見ると、もうすっかり篠竹は枯れてしまったとのこと。この現象はこの尾根に限ったことではないが、これならば再び大菩薩嶺北尾根をアタックしてみようかという気になった。
結果、天気が危ぶまれたが、なんとか降られずに済んだ。三条新橋から大菩薩嶺山頂まで、休みを入れて5時間半。篠竹は殆ど見当たらず、あっても枯れた残骸だけ。踏み跡を見失うことは余り無く済んだ。43年前とは比較にはならないが、それでもたっぷり登り応えはあり、充実の山行だった(山の記録はこちら)。
山頂から下りたら、今宵は「ロッジ長兵衛」で一泊。着いたら何をさて置いても先ずビールをいただく。実は、ここに泊まるのは今回初めて。ログハウス調でなかなか趣きある雰囲気である。客は、我々以外に若者3人グループと、広島から来たという熟年単独行だけだった。風呂があって有り難いが、湯の出が悪くやや寒い思いをした。
暖房器具は1階にある薪ストーブだけなので、自然とそこに集まるようになる。夕飯は、地のものも添えられてバリエーション豊富。これで1泊2食付8,000円はお値打ちだと思う。またぜひ来たいが、まだ「福ちゃん荘」に泊まったことが無いので、とりあえず次はそちらだろう。

DSCF3224

DSC07832

DSC07834

DSC07835

DSC07836

DSC07837

DSC07838

DSC07839

DSC07840

DSC07841

DSC07842

DSC07843

DSC07844

DSC07852

DSC07845

DSC07846

DSC07847

DSC07848

DSCF3225

今回は、大弛峠から国師ヶ岳、北奥千丈岳を経て、石楠花新道をひたすら南下し、柳平まで下ることにした。大弛峠から柳平まで、バスだったら僅か30分の距離だが、山道&林道を辿ると約5時間の道程。それでも殆どが下りなので、それほどのアルバイトではない。鬱蒼としたシラビソの森。倒木を潜ったり跨いだりの繰り返しは、ヒトが未だ森と共に生きていた時代を彷彿させてくれる。
白檜平からの約2時間の林道歩きは退屈と思ったが、程良く紅葉した眺めもあって、飽きることは無かった。今年は紅葉の色付きが悪いとの評価が一般的だし、奥鬼怒も期待外れだったが、それに較べるとここ、奥秩父の紅葉はそれほど悪いことは無かったように思う。
林道を無心にへこへこ下ると、やがて柳平に到着(山の記録はこちら)。ほぼ予定通りの時刻、「金峰山荘」でビールを飲むぐらいの時間は十分確保できた。「ビール冷えてます」の幟旗がうれしい。
ここ、柳平の「金峰山荘」は初めての訪問である。大弛峠から塩山までのバス&乗合タクシーを利用するとなると、柳平でのんびりする時間が無いので、自ずから「金峰山荘」に立ち寄る機会も得られなかった。今回のコースは、そのために捻り出した、我乍ら会心のプランである。
信州側の小川山の麓にも「金峰山荘」と云う小屋があり、やや紛らわしい(但し、信州側の発音は「きんぽう」とのこと)。
ここを山小屋と呼んでいいのか微妙だが、造りは至って素朴だ。高床式になった食堂へ入ると、誰もおらず、照明も落とした状態なので、不安な気持ちになってきたが、そのうち若旦那(主人)が現れ、丁重に応対してくれる。とにかくビール(中瓶600円)を注文。生ビールはやっていないようだ。
ここは、カレーとバーベキューがメイン。何かつまみになるようなものはありますか、と若旦那に訊くと漬物を出して呉れた(サービス)。くまちゃんは、天然きのこ入り豚汁(200円)を注文。なかなか美味そうだった。
「金峰山荘」の宿泊は、1泊2食付きで6,000円と、超格安。ここをベースキャンプに、周辺の山を登るのもありそうなので、また次のプランを捻ってみたい。

DSC03685

DSC03686

DSC03687

DSC03688

DSC03689

DSC03690

DSC03691

DSC03692
 

別館2Fにて、炬燵に入りながら少々部屋呑みしていた後、夕食は、長蔵小屋(本館)の食堂なので、サンダルを履いて移動。メインの登山道までのエントランス道には、フットライトが設置されているので、ヘッドランプ無しでも歩ける。山小屋とは思えぬ心遣い。
本館の造りは昔の小学校の校舎の様な風貌、昔から変わっていない感じで、この地味さが尾瀬の景観に良く合っているような気がする。
まだ夕食の時間には早かったので、談話室を覗いてみる。ここには囲炉裏はないが、真ん中に薪ストーブがあって囲炉裏端の雰囲気。登山客は思い思いに、酒を呑んだり、山の本を読んだりしながら寛いでいる。
そのうちに夕食の支度が出来たとの声が掛かり、食堂へ。既に、グループ毎に席が割り当てられている。我々7名はほぼ真ん中の席へ。小生はお誕生日席。メインディッシュはハンバーグ(手造りのようだ)。付け合わせにはキャベツやトマト、ブロッコリにかぼちゃサラダと、野菜豊富。小鉢には、がんもどきの煮物。テーブルには、他に切干大根の煮付けや高菜炒めもあって、育ち盛りでなくても、おかわりが何杯でも出来そうな感じだ。
小生は、ご飯をかる~く一杯喰っただけだが、それでも満腹。腹ごなしに、サンダルを履いて大江湿原を散策。空が厚い雲に覆われていて、やや暗くなって来たが、まだ足元は十分見える。誰もいない木道を、ぶらぶら歩くのは気持ちが良い。明日はきっと一日雨なので、今のこの時を楽しもう。

DSC03417

DSC03423

DSC03429

DSC03430

DSC03431

DSC03446

DSC03447

DSC03438

DSC03439

DSC03440

DSC03442

DSC03443

DSC03444

DSC03445

20161008-DSC03449

20161008-DSC03450

20161008-DSC03451

20161008-DSC03452

DSC03448

DSC03460



 

今回は、尾瀬から奥鬼怒までのロングトレールを歩くプラン。先ず第1日目は、大清水から三平峠を越えて、長蔵小屋に到着。今日は曇一時雨の天気予報だったが、降られずに済んだ。しかし、低く垂れ込めた雲が、燧ケ岳の山頂を隠していて、眺めはいまひとつ。この天気では仕方がない。長蔵小屋に泊まるのは、隊長と二人で燧ケ岳に登った2005年の5月以来だから、いつのまにか11年も経ってしまった。長蔵小屋本館の外観は、以前と変わらぬ風情だった。 
さて着いたら、ともかく汗が引かないうちのビールを呑みたいところ。途中の、尾瀬沼山荘や、尾瀬沼休憩所で見掛けた「生ビール600円」の貼紙に、こころが揺さぶられたが、なんとか長蔵小屋まで我慢できた。本館で呑むのも悪くないが、ちょっと洒落た別館の1階で呑んでみることにした。
別館は、1階がカフェテリア、2階が客室という構成。カフェテリアはログハウス調で、ここ尾瀬の雰囲気によく合う設えとなっているが、これでも山小屋?と思う程、立派な内装。グランドピアノだってある。先客は、ソファーを陣取っているラブラブな若いカップルのみ。カウンター内の、バンダナを被った女性店員に「ビール下さい」というと、缶ビールが冷蔵庫に入っているので、ご自由に取り出して下さい、とのこと。そっか、てっきり生ビールが出そうな雰囲気だったが、違った。なんで生ビールにしないのかね、ま、いいけど。いくつかの種類があるので、キリン一番搾りのロング缶にする。リュックサックからマイカップを取り出し、慌ただしく注いで乾杯。は~、沁みる~。今日は天気が悪い割には気温が高く、2時間程度の登りでもたっぷり汗をかいたので、ひと際、ビールがうまく感じる。
ちょっとリラックスしたところで、本館へ受付に行くと、泊まる部屋はやはり別館とのこと。再び戻って、カフェテリアの中を抜け、靴を脱いで階段を上がる。2階の感じはもう、どこぞのプチホテル。尾瀬の山小屋は、ここまで進化しているのかと驚く。我々の部屋は角部屋、中には2段ベッドが並んでいて、炬燵もある。コンセントもあるので、スマホの充電にも有り難い。こんな山小屋に慣れてしまうと、南アルプスや中央アルプスにはまだ多い、古式ゆかしい山小屋にはもう泊まれなくなりそうだ。
荷物を整理したら、風呂の時間までしばし部屋呑み。晴れていれば、燧ケ岳を望みながらの酒になったのだろうが、それでも山頂の姿を思い描きながら呑むのも、それはそれで乙なものである。
(山の記録はこちら)

20161008-DSC03411

DSC03416

DSC03424

DSC03425

DSC03426

DSC03427

DSC03428

DSC03432

DSC03433

DSC03434

DSC03435

DSC03436

DSC03437

DSC03459

PA080872

PA080874

PA080876

PA080885


↑このページのトップヘ