山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

大糸線沿線

「東横INN松本駅前本町」に泊まった翌日は、完全観光モード。リュックサックを駅のコインロッカーへ預けた後は、大糸線に乗って穂高駅へ向かう。最初の目当ては「碌山美術館」。午前9時の開館よりちょっと早く到着。厳かに門が開く様を見学。もうだいぶ前に来たことがあるが、改めて荻原碌山の人となりを学ぶ。こういう美術館の学芸員は羨ましい。
その次は「大王わさび農場」。女子連はぶらぶら歩いていくと云うので(徒歩約40分)、とても付き合えず小生ひとり駅に戻り、タクシーで一足先に向かう。ところが「大王わさび農場」に着いて吃驚。他に行くとこないの?と思うほど大勢の観光客が、雨にもかかわらず押し寄せていた。農場内に食べるところはいくつかあったが、どこも大行列ができていて、とても並ぶ意欲が沸いてこない。ひと通りめぐった後は、駅前に戻って何処か店を探そうと提案する。
再びタクシーで穂高駅前へ戻り、近くにあった「一休庵」という蕎麦屋を覗いてみたが、だいぶ待つことになりそう。次に覗いた店は「麺元 田舎家」。実はこの店、学生時代から社会人になりたての頃まで2、3回やってきたことがあった。その頃、穂高駅前には他に選択の余地が無かったように思う。
当時、入口が茶室のにじり口ほどではないが低くなっていて(立川の「ずくなし」並みに低かったと思う)、「頭が高いと打たれる」的な人生訓を書いた貼紙があり、それだけでちょっとビビった。カミナリ親爺店主がいて、わいわいおしゃべりをしていると怒鳴られたり、挙句の果てには「出て行け!」と云われた客もいたようだ(我々はそこまで怒られず)。
30数年ぶりの入店、入口はすっかり普通になっていて、店主も代替わりしているようだった。ここの名物料理は「伝承みそ煮込みうどん」(900円税込)。腰が強い印象だったが、久しぶりに食べてみるとそうでもない。遠い記憶は曖昧なのか、それとも店主が変わって打ち方を変えたのか定かではない。

DSC01275

DSC01271

DSC01268

DSC01269

DSC01270

DSC01272

DSC01273

DSC01274

種池山荘に泊まった翌日は、恨めしい程の良い天気。柏原新道の下りでは、針ノ木岳や蓮華岳は、ずうっと目の前に良く見えていた。信濃大町行きのバスに乗るには、登山口から扇沢BT(バスターミナル)まで車道を登らなくてはいけないのが鬱陶しいので、奮発して大人のタクシーを呼ぶ。尤も、9人で2台に分乗すれば、料金は気にならない。でも、バスを待つ時間、一足早く扇沢BTの2階でビールを呑むことも可能なので、個人的にはやや悩ましいところ。
それはさておき、タクシーが来たら「薬師の湯」へ直行だ。ここは入浴料は通常700円だが、割引券があれば500円とお得。信濃大町温泉郷にある「薬師の湯」にやってきたのも、前回、針ノ木岳に登って以来。まだ午前9時前だが、ここはなんと7時からやっている。風呂場は新館「アルプス自然浴の館」と旧館「体験風呂の館」があり、未だこの時間は新館のみ。そう云えば前回は旧館だった。
新館はとても開放的な感じ。気持ちが良い。源泉は62.8℃とのこと。もちろん湯船には冷まして使っているだろうが、やっぱりお湯はやや熱めなので(ところが、みんなは「ぬるい」と云う。おかしいな)、さっと出て露天風呂に行ってみる。こちらは丁度良い感じだが、ぶんぶん、蜂が飛んでいるので落ち着かない。やっぱりさっと出る。食堂は11時開店ということなので、大広間へ。客は数人が隅っこに居る程度。こんな時間でもあるので、誰もビールなど呑んではいないが、気にせず、我々は缶ビールで乾杯。つまみ持ち込み不可とは書いてないので、堂々と広げる。窓の外は田園風景。日差しが強そうだ。農耕用トラクターが、ポツンと置りざりになっている。なんとも長閑だ。

P8150149

20150815_091001

22

P8150150


薬師の湯のHP: こちら 

雨の中、五竜岳登頂後、遠見尾根をずぶ濡れになってへろへろ下り(山の記録はこちら)、テレキャビン(片道950円+200円(荷物10kg以上))も使ってなんとか麓の「エスカルプラザ」まで下山。神城のペンション「ABBY ROAD」へは車で迎えに来てもらった。建物の外観はいかにも女性が喜びそうな洋館風。濡れ登山靴の処理やら、着替えやら、荷物の整理やら済ませ、ひと風呂浴びてさっぱりした後、談話スペースで酒を傾けつつ今回の山を回想(ペンション内に缶ビール自動販売機があったのだが、3本買ったところでなんと売り切れ。このペンションに酒飲みは、あまりやって来ないと見える)。
やがて夕食時間。我々8名以外に、二組の若いカップル(どちらも登山客ではない)が泊っていたのだが、共に夕食には現れず。うち、一組は何とカップヌードルで済ませたようだ。節約なのか、イマドキのスタイルなのか判らない。もう一組は外へ食事に行ったのか、持ち込んだ食べ物で済ませているのか定かではない。以前、夫婦で自宅にいて、夕食をスナック菓子で済ますという実例を聞いたことがあるので特段驚かないが、少なくとも、このような客ばかりではペンションとして旨味が無さそうだ。一方、若いカップルにとってはいっしょでいれば、別に缶ビールだの、ディナーだの、ペンションの外観・内装だのどうでも良いことかも知れぬ。ちなみに夕食を食べないと-3,200円(税別)である。
ともあれ、我々は当然、ワインと共にディナーを頂く。赤ワインはPascual Toso Cabernet Sauvignon 2010(アルゼンチン)、白ワインはPierre Laforest Mâcon Villages 2010(フランス)を注文。特に赤の方がコスパが良さそうだ。料理は、鮭と長芋のカナッペ風(小生は長芋とは相性が悪いのでパス)、和風オニオングラタンスープ、クロメバルのポワレ白ワイン風味、アビイロード風ローストビーフ、ビーンズサラダ、アイスクリームそしてコーヒーと、充分なボリューム。山から下りてきたばかりのせいか、もっとパンチが利いた味でも良いような気がしたが、それでも山旅の締めくくりには申し分ない。旅において食事も大事なファクターと感じるのは、どのくらいの歳になってからなのだろうか。

_DSC3769

_DSC3770

_DSC3771

_DSC3772

_DSC3773

_DSC3774

_DSC3775

_DSC3777

_DSC3779

ペンションABBY ROADのHPはこちら 

↑このページのトップヘ