山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

焼肉

「休暇村・岩手網張温泉」に泊った晩は、いつものようにまだ午後9時にならないうちに、いつの間にか爆睡。気が付いたらもう外が明るくなっていた。珍しく朝湯に入ってみて、のんびりまったりした。そのあと、大食堂で朝食ビュッフェ。
今日は帰るだけなので、お約束通りに観光三昧。この界隈では最も観光地らしい「小岩井農場」へ行くことにした。宿の送迎バス(乗客は我々だけだ)に乗って「小岩井農場」入口で下ろしてもらう。ここはやたらと広いが、それでも農場全体の10%を観光客向けに開放しているに過ぎない。とてつもない広さだが、話を聞けば乳牛飼育に必要な原料、資材も全て自らの農場で賄っているらしい。始めからそれを見越して農場を計画したようだ。
先ずはトラクターに牽引された客車(ファームトラクターライド)で「100年の森」へ行ってみる(参加料は800円)。「小岩井農場」で必要な木材も自ら育てている訳で、森林管理を専門とした社員が何人もいるらしい。次は「上丸牛舎ライナー」という名前が付いた、ちょっと長いゴルフカートのような電気自動車で「上丸牛舎」へ向かう。農場全体では牛が2,200頭いるそうだが、そのうちの300頭がここにいるとのこと。外にいる牛は、総じて巨木の日影に固まっている。その後は遊歩道を辿って「乗馬コーナー」へ移動し、女子3人組は夫々乗馬体験(500円)。小生はその間、読書タイム。
そろそろ昼飯時になったので、また徒歩で「山麓館農場レストラン」へ向かう。混んでいると思ったが、すんなり入れた。生ビールで乾杯した後は、BBQ。豚肉と牛肉と羊肉のミックスセット。どれも柔らかく美味だった。

127 小岩井農場まきば園に到着。

DSC04930

DSC04927

128 これに乗って「100年の森」へ行ってみた。

129 乗り心地は良くないが楽しい。

130 トラクターを下りて森に入る。

131 イギリス製の76馬力。

135 杉の森で解説を聞く。

137 牧草地と玉蜀黍畑。

140 やっぱり日影がいいみたい。

141 ここは見学可能。

DSC04923

142 中は意外と涼しい。

143 明治時代に作られたサイロ。

144 向日葵畑。

146 皆さん乗りたがり。

DSC04926

148 ここでランチ。

149 外は暑かったのでビールが美味い。

DSC04932

DSC04934

150 締めはジェラート。

せっかくスマランに来たので、明日はちょっとだけでも観光を洒落込んでみようと、しばし情報収集。スマランは、「地球の歩き方」には記載がないらしいが、かの"LONELYPLANET"にはちゃんと一項目挙げられて記述がある。曰く、過去と現在が混沌とした猥雑な街で、ソロやジョグジャカルタのような魅力はやや欠けている云々、とのこと。
実際、西欧人が求めるエキゾチズムとしては物足りないのかも知れないが、日本にはもう無いダイナミックスさがあり、街の活気を感じる。日本の60年代、70年代はこんな感じだったのかも知れぬ。スマラン市街の川や空地が塵溜め状態なのも(それは、プカロンガンでも全く同じ)、まるで昔の日本を見る思いだ。
「グマヤ・タワー・ホテル」にいると、中国系インドネシア人が目立つ。彼らはいわゆるインドネシア的な民族衣装を着ないし、女性も髪を隠すヒジャブを被らないのですぐそれと判る。特にここはスマランでも高級ホテルなので、黒塗りタクシーから、スパンコールドレスを着飾ったセレブ中国系女性(こんなのは、日本では芸能人ぐらいだが)が降りてくる姿も目にする。中国系が多いのは、ここスマランが商業の街だからに他ならないのだろう。
さてそろそろ夕刻。レストランも地元ならではの店に行きたいところ(同行者はインドネシア料理は苦手だけれども)。でも、ひと仕事終わった後に皆で行くことになった店は、「SEOUL PALACE」という名の韓国焼肉店。小生は特段、肉に飢えていないが、やはりみなさん、焼肉が大好きなようである。スマランに限らず、日本料理店以上に韓国料理店、特に焼肉店は多い。ヒューストンもそうだったし、クアラルンプールだってそうだ。「SEOUL PALACE」も、確かにそれなりに美味くって満足できたが、支払いはひとりIDR500,000(≒4,000円)。いつもの食事代とあまりに違うので、出すべき紙幣の枚数をつい、ひと桁間違えて皆の失笑を買った。

DSC_0070

週末、もともとソフトボールとBBQが予定されていたのだが、天候不順につき中止となり、その代わりに焼き肉屋へ皆で繰り出すことになった。総勢20人余りで州間高速道路10号線(Interstate Highway 10、通称:"アイ・テン")に乗りヒューストンへ移動。
この"アイ・テン"は、アメリカの最も南を走る州間高速道路で、西はカリフォルニア州サンタモニカ、東はフロリダ州ジャクソンビルまで、全長約4,000キロメートルに及ぶ高速道路。車線は広いところで片側6車線もあり、自動車大国アメリカを実感する。
ヒューストン中心街のやや西側にある韓国焼肉店の、その名も「Korea House」に入る。かなり大きな店。しかも客の入りも多い。人気の店のようだ。アジア系だけでなく欧米系の客もそれなりにいる。店内はオープンなスペースと、個室的に囲ったスペースがあり、どちらにもコンロと換気口が設置されている。
既に喰い放題コース(35.95$/人)を予約済み。メニューを眺める限り肉の種類はかなり豊富なようだ。メンバーが揃いビールで乾杯した後は、戦闘開始。ガンガン頼んでガンガン焼く。韓国式に大きな肉を丸ごと焼きながら、鋏でカットする喰い方。肉は柔らかくて美味い。
我々20人の平均年齢は30代。平均年齢を大きく引き上げている小生としては、ビールをちびちび呑みながら、唯々、皆のビールそっちのけの旺盛な食べっぷりを眺めるだけ。見ているだけで腹が膨れてくる気分だ。

20170715_213232

20170715_213155

20170715_190701

20170715_190903

20170715_190959

20170715_191057

20170715_191112

まだ忘年会の季節ではないが、何かと忙しい(除、小生)いつものメンバーで、年の瀬の焼肉の会ということになった。そして場所はいつもの八重洲「昌月苑」。多くの店を知っている訳ではないのだが、CP的に見てもこの店の呪縛からは逃れられそうにない。
前回までは4人だったが、今日はひとり増えて5人なので、4人掛けのテーブルを2つ使えるという贅沢さ(っていうか、この店には2人掛けや6人掛けのテーブルなんて無いのだ)。この店に来る場合、5人もしくは6人が丁度よさそうである。
今回も、いつものように予約を入れていたが、何故か今日は客の入りが少ない。忘年会シーズンの直前が、狙い目なのかも知れない。
毎度お馴染、5,000円呑み放題喰い放題コースをチョイス。肉では、カルビ、ロース、はらみ、レバ、鶏、ハツ、豚とろカルビ、ホルモンが対象になるが、相変わらずカルビとロース、はらみばかり喰う。この店で鶏肉と豚肉を喰ったことが無い。
野菜は、最初だけサンチュ、キムチ盛合わせ、野菜(玉ねぎ、にんじん、かぼちゃ、なす、ししとう、ピーマン、ねぎ)、ナムルが、各々一皿ずつ出て来るがそれだけ。食べたければ追加料金となるため(というか、肉を喰うのに忙しいので)、いままで追加したことがない。最初にビールを呑んだら、あとはハイボール。こちらの方が腹が膨れない(気がする)。
ライス、クッパ、カルビクッパ、テグタン、ユッケジャン、ビビンバも喰い放題なのだが、肉を喰うので精一杯なので、いままで味わったことが無い。しかし、40代の3人は、肉を散々喰った最後に、カルビクッパとビビンバを喰う。流石だ。あれだけ肉を喰っても、最後に炭水化物(米)を喰わないと、喰った気がしないのだそうな。ちなみに、4,000円呑み放題喰い放題コースの場合は、ライスを除き、ご飯物は入っていない。個人的にはそれでも全く問題は無い。
いつもながら、ここの肉は大ぶりで厚みがあって喰い応えたっぷり。いままでこの店へ、ランチを喰いに来たことは無いが、やはりCPは評判らしい。一度、試してみたい。
 
20161114_182910

20161114_182941

20161114_183222

20161114_183454

20161114_183606

20161114_183611

20161114_184034

20161114_184040

20161114_184046

20161114_184053

20161114_193555
 

またほぼ6ヶ月ぶりの焼肉(前回はこちら)。東京にやってくると、どうしたってネオンサインが眩しい。埼玉と千葉の往復には無い華やかさ。やっぱり偶にはこちらに来なくては、と云う気持ちによろめく。
今回は忘年会を兼ての焼肉の宴。考えてみれば、忘年会で焼肉と云うパターンは初めてかも知れない。普通の場合、ちょっと高くつくし、衣類が臭くなると女性に敬遠されることも理由の一つか。今回、我々の隣では総勢20人ぐらいで宴会(忘年会)をやっていた。肉食系女子も結構いる。今はそういう時代なのか。でもこの店だったら、4,000円~6,000円で呑み放題喰い放題できるので、女子でも参加し易いだろうと思う。
今日は半額サービスデーではない。従ってやはり、我々も呑み放題喰い放題(2時間)を選択することになる。ここには3種類のコースがあるが、最安値の4,000円コースだとタン塩や骨付きカルビが食べられないので、我々の選択はたいてい5,000円コース。これ等に加え、クッパやビビンバも選べるようになるが、牛肉で精一杯なので特段、不要。ちなみに6,000円だと、さらに和牛カルビや鶏肉、合鴨、磯焼き(イカ、エビ、ホタテ)が選べる。この店で牛肉以外は不要と思っているし、サシが入った和牛カルビは量を食べられないので同じく不要、と云うのが我々の一致した見解。何れのコースも、肉以外に、サンチュ、ナムル、白菜キムチが一皿ずつ付いてくるのが有難い(勿論、追加は有料になるので一切しない)。ホルモンは全てのコースに付いているが、もっと料金が安い店で喰うべき、と考えているせいか、ここで食べたことは無い。
今日の骨付きカルビは少々堅い感じ。一方、ハラミ(横隔膜)は相変わらず柔らかい。この頃、ハラミの美味さに開眼したかも知れない。所謂、もつ(臓物)の類なのだが、もつらしい臭みはないので、知らない人は普通の肉と勘違いするだろう。結果、本日はほぼ1時間半、粘れた。今までは、だいたい1時間以内でギブアップしたので、上出来だろう。ガツガツ喰うような喰い方は、漸く卒業のようだ。 
 
20151209_182749

20151209_183224

20151209_183234

20151209_183253

20151209_183458

20151209_184011

20151209_185445

20151209_203700

20151209_203906
 

どうやらだいたい半年ぐらい経つと皆さん、焼肉を喰いたくなるようで(小生はそれ程でもない)、またこの夏も昌月苑に詣でることになった。この暑い夏を乗り切るには焼肉が必要だ、ということらしい。今日は食べ放題は止めて、半額狙いでいこうと決まった。今日も、店は予約でいっぱいだ。
月、火、土、日は、ハラミ、厚切り塩ハラミ、和牛カルビ、骨付きカルビ、牛タン塩の4種類が、半額(1,300円→650円)になる。半額サービスと食べ放題は、両立できない。5,000円食べ放題の場合と較べれば、もはやそれに見合う程喰うのが、難しくなってきたという認識の表れかも知れぬ。 一人前650円の肉を8皿以上喰わないと、5,000円食べ放題では損をするという勘定だ。勿論、5,000円食べ放題には他にも色々な種類のものがついているが、ここで我々は豚肉や鶏肉を喰うことは無い。カルビかハラミばかり喰っているので基本、そう云うことだ。
今回、結果的に8皿は喰わなかった(喰えなかった)。選択は正しかった。
それにしてもこの店は、美味くてCPも高い。なかでもやっぱり和牛カルビは美味いと思うが、脂がのっているためどうしても食べ飽きてくる。その点、ハラミはいい。欧米人は牛ステーキを1ポンド、2ポンドの単位で喰うらしいが、それは脂肪の無い赤身肉だから喰えるのだろう。和牛霜降り肉を1ポンドも喰ったら身体に悪そうだ(財布も腹を下しそうだ)。 

20150727_183216

20150727_183239

20150727_183802

20150727_184156

20150727_184604

20150727_184814

20150727_184819

20150727_185653
 

昨年8月以来、またぞろ「肉が喰いたくなった~」という声が出てきたので、会社帰りに東京駅で降りて「昌月苑」へ。以前も述べたように、この店は予約なしには入れない程の人気店、今回もしっかり予約してからの入店。客の全てがさらりーまんで、そのうちの大部分が20代、30代の、いわゆるまだ基礎代謝量が落ちていない世代。この店の人気の訳は、安くて美味いこと。ただし、代謝量少なめの者でも、割引デー(火・木)でなければ、食べ放題メニューを頼んだ方がずっとお得である。ということで、今日は5,000円で二時間飲み放題・食べ放題コースへ突入。
骨付きカルビ、ロース、はらみ、タン、レバ、鶏、ハツ、豚とろカルビ、ホルモンが食べ放題となるが、我々にとって焼肉イコール牛肉、鶏や豚などには目も呉れず、ひたすら牛ばかりを喰うことになる。また、このコースでは、サンチュやキムチ、ナムル、野菜焼きは各々一皿付いてくるだけで、それ以降の追加は有料となるため、(金銭的にも腹の膨れ具合からも)勿体ないと結局、肉ばかり喰うことになる。ライス、クッパ、カルビクッパ、テグタン、ユッケジャン、ビビンバなどのご飯系は食べ放題なのだが、これらにも目を奪われることがない、まこと身体に毒な喰い方になるのが常である。飲み物はやっぱり炭酸系が良いので、ビールの後はハイボール。
肉は基本的に四人前ずつの注文だが、小生以外みな健啖家揃いなので、その皿の肉を一気に焼き網に並べてしまう。従って、焼き上がりのタイミングでは、いつも追い立てられるような食べ方になる。毎度ペースが速くてだいたい一時間でもう腹一杯になってしまうが、今日はだいぶ粘って一時間半程でギブアップ。しかし毎回毎回このような喰い方に付き合っていると早死にしそうなので、そろそろ焼き方の方針見直しを提案するか、チームから抜け出すことを考えなくてはならない、と思い始めている。 

_DSC5801

_DSC5802

_DSC5803

_DSC5804

_DSC5805

_DSC5807

_DSC5808

_DSC5810

_DSC5811
 

会社の帰りにまた東京駅に繰り出し、八重洲にある「昌月苑」に、ほぼ1年ぶりの入店。なかなか美味いので、会社帰りにこの店以外の焼肉屋に行くことは無い。月曜日と火曜日は和牛カルビ、ハラミ、タン塩が半額(1人前1,300円→650円)になる。この界隈では最も安価な焼肉屋だろう。そのため、予約無しの入店はなかなか困難である。4人で入って先ず和牛カルビとハラミを5人前ずつ、タン塩を3人前を平らげた後(小生はもう限界)、仕上げにミノとホルモンを1人前ずつ、若手同行者はさらにライスまで注文。さすがに基礎代謝量の違いを感じる。飲み物はやはりビール、チューハイ、ハイボールなど、炭酸系が必要になる。1人前の量の定義は焼肉店によってまちまちだと思うが、この店はかなり多めで、肉も厚切りだと思う(って、基礎代謝量が低い我が身にとっては、ほぼどうでもいいことである)。また暫くしたらきっと、(小生以外の肉好きの)誰かが「昌月苑へ行こう!」と言い出すに違いない。
(残念ながらスマホ(Galaxy S3)画像なので、鮮明さはご容赦願いたい)

20140811_183040

20140811_182624和牛カルビ5人前

20140811_183033ハラミ5人前

20140811_185830タン塩3人前

20140811_182630

20140811_193123

↑このページのトップヘ