山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

日帰り温泉

周助山から子の権現まで(前半だけプチバリエーション)を歩いた後(山の記録はこちら)、吾野駅と西吾野駅との間にある「こもれびの湯」に行ってみた。かつては「国民宿舎・あじさい館」だったのが、いつのまにか「休暇村・奥武蔵」となっていた。経営母体が変わって、立ち寄り湯の受付終了時間が、15時から16時に変わったのはHPで判っていたが、はたして中身がどれだけ変わったのかにも関心があった。外観は特に変化はないようだが、ロビーに入ってみると、土産物売り場やドリンクコーナー等が変わったなと感じる。
ともあれフロントで620円を支払って「こもれびの湯」へ。通路の右側に飲み物(含、ビール)の自動販売機があるのは以前と同様である。左側のかつての荷物置き場は、湯あがり休憩処となっていた。従って、リュックサックを背負ったまま脱衣所へ。他の立ち寄り湯ではロッカーの鍵を受付で渡される(つまり場所が指定される)場合が多いが、ここはロッカーは好きな場所を好きなだけ使えるのがいい。風呂は意外に空いていた。造りは以前と同じようだ。
ゆったりさっぱりした後、風呂上がりのビールを飲むため、館内を探索。「あじさい食堂」は準備中となっていた(昼の営業時間は14時30分まで)。カフェ「Café de 634」では残念ながらアルコールを売っていないし、二階にあるオープンダイニング「アガ フォレスターノ」は宿泊者専用で18時から。つまり、山から下りて立ち寄り湯に浸かった我々は、ビールを自動販売機で買ってロビーで飲むしかない。結局、これは「あじさい館」の頃と変わらない。ロビーは天井が高く開放感があって雰囲気は悪くないが、人が行き来する場所なのでややリラックスしにくい。立ち寄り湯客を大事にするのならば、今後「あじさい食堂」の営業時間延長をお願いしたい。
ついでにもうひとつ。今回、我々が秩父御嶽神社の入口に下りて来たのが14時頃。「休暇村・奥武蔵」へそのまま歩くにも、吾野駅に行くのも同じくらい時間(20分程度)がかかる。吾野駅に行ってもマイクロバスの送迎時間は14時40分まで無いので、やむなく「休暇村・奥武蔵」へ向かったのだが、願わくばマイクロバス送迎の頻度を増やし、且つ自由乗降システムを導入してくれると、我々の様な登山客にとっての利便性は一気に向上し、同時に「休暇村・奥武蔵」に対する評価はぐっと高まる筈、ぜひ、ご検討願いたい。
なお、15時25分にマイクロバスで吾野駅へ出発する際、「休暇村・奥武蔵」の従業員が真っ赤なハリボテ手形を持って、我々が見えなくなるまで手を振っていてくれた。これ自身、さして有難い訳でもないが、サービス向上の表れとして取り敢えず肯定的に評価しておこう。

_DSC5969

_DSC5970

_DSC5971
 
休暇村・奥武蔵のHP: こちら 

新年の山として天覧山と多峯主山を軽く登って、余り汗もかかず、身体が冷え切ることもなかったが、たっぷり時間もあるのでやっぱり立ち寄り湯へ。入間市駅で降りてタクシーで820円のところにある「いるまの湯」に初入湯、いわゆるここはスーパー銭湯である。広い駐車場はほぼ満車状態、結構な賑わいだ。休憩室や食事処はもちろん、風呂の数も多く、サウナや岩盤浴、アカスリエステ等、設備も充実していて、これで入浴料430円はお値打ちである。数ある他の立ち寄り湯を考えれば、この価格設定でやっているのが不思議にも思える。何処かにからくりがあるのだろうか。これでやっていけるのであれば、1,000円ぐらいの日帰り温泉は大儲けして笑いが止まらないか、とてつもなく放漫経営でコストを浪費していて世間の笑い物ということにならないか。 それとも温泉掘削のためのボーリング費用が重く圧し掛かっているのだろうか。
さっぱりした風呂上がりは「お食事処・蔵」へ。館内が賑わっている割に、ここは閑散としていて、9人で纏まって座ることも問題ない。食券を買ってカウンターで引き換えする方式。アサヒのエキストラコールド生ビール(570円)とイカげそ揚げ(390円)を注文。エキストラコールドビールが置いてある立ち寄り湯は初めてだ。さすがキンキンに冷えているが、泡立ちが少ないので見た目はいまいちか。イカげそは結構、大ぶりでプリプリ。三々五々みんなが集まり、暫しまったりする。さて時計は未だ午後2時、これから所沢へ移動して打ち上げ(≒新年会)だ。

_DSC5772

_DSC5773

_DSC5774

_DSC5775

_DSC5776

_DSC5778

_DSC5779

_DSC5780

P1040081
 

およそ2年ぶり(記録はこちら)に葭之池温泉に入湯(600円)。前回同様、杓子山の帰りである(今回の山の記録はこちら)。程良く鄙びた風情が相変わらず。かつては旅館だったと云う大正期の建物の佇まいは、癒し効果抜群である。ここの正式名称が「翠松閣葭之池鐄泉」というのは、今日初めて知った。
ところで、杓子山から下りて、ペンション鉱泉閣前から乗ったタクシーの運転手は、この葭之池温泉の存在を知らず、単に駅名だけがあると思っていたようだった。結局場所が判らないので、偶々通り掛かった地元の人に行き方を訊く始末。この運転手は地元じゃないの? なんで俺達の方が知っているの? ついでに云うと、我々が杓子山から下りてきたことを知っていた筈なのに、下吉田駅傍の高台にある忠霊塔から見る富士山は、大変立派なので是非行くべき、としきりに勧めていた。もっと高い杓子山から、遮るものが無く富士山が見えることはご存じではなかったようだ。タクシーの運転手たるもの、もうちょっと自分の地元のことを知っておくべきだろう。
閑話休題。今日は気温もさることながら、北風が時折強く吹いていて、体が冷えていたのでここのちょっと熱めの湯が丁度良い。でも湯船以外は、天井が高いせいか、そもそも湯船が小さいせいか、浴室と脱衣所が一体化しているせいか、裸でいると寒い。洗い場のカランからの湯の出方も少々省エネ過ぎる。もうちょっと何とかならないものか。そのぶん、湯船に長く浸かることになる。
のぼせる寸前まですっかり温まったら、帳場でビール(大びん600円)を仕入れて休憩室、というか大広間へ。地元のおばあちゃん達が炬燵で丸くなっている。ここのゆったり感は、他の立ち寄り湯では味わえない。窓からは富士山も望める。ビールを飲んでしばし、まったりする。個人的に、ここは日帰り温泉としてはぴか一。本当はこのままここに泊まっていきたいくらいだが(もちろん、泊まることはできないが)、それは叶わずタクシーを呼び三つ峠駅に向かう。今度はもうちょっと暖かい頃に来て、団扇を扇ぎながらまったりしてみるか。

_DSC5392
 
_DSC5394

_DSC5385

_DSC5386

_DSC5387

_DSC5388

_DSC5389

_DSC5391
 
葭之池温泉のHP: こちら 

一気に真冬がやってきたような週末、赤岩(松山)と二十六夜山に登ったあとは、当然ながらここ、「芭蕉月待ちの湯」に入湯(710円)。今日は38℃の湯船に入っても全然だめ、43℃の方で丁度良い。寒さで縮こまった身体がほぐれていく。さっぱりしたら休憩室へ。今日はなんだかやけに人が少ない(駐車場には結構、車があったけど・・・)。ここには何度か来ているが、休憩室がこんなにスカスカなのは初めて。これも寒気のせいだろうか。
山の中を歩いているときには「熱燗、飲みたい!」と思っていたのに、風呂上がりはやっぱりビール(生550円)。ここには焼き餃子が無いのでイカゲソ揚げ(380円)。注文後暫くして、揚げ立ての大ぶりで、ぷりぷりのゲソがたっぷり出てくる。皆が揃った後は、枝豆やタコ焼き、鶏つくね等を賞味。
それにしても二十六夜信仰といい、芭蕉の句といい、この辺りは「月」がウリ。それにあやかって、ここには「和みの月」という名の地元産古代米どぶろくがあるらしいが、今回はうっかり見過ごした。4月までの限定販売だそうなので、それまでになんとか来てみたい。

_DSC5194

_DSC5238

_DSC5239

_DSC5240
 

思親山からJR寄畑駅へ下るつもりが、二万五千分の一地形図に記載の破線は、実際にはまったく廃道となっていて想定外のバリエーション、道無き斜面を適当に下り、なんとかバスが通る舗装道に出ることができた。あとは、この2日間ですっかり馴染みとなった南部タクシーを呼んで「なんぶの湯」(大人800円)に直行。JR身延線内船駅からほんの2、3分の便利なところにある。東を振り仰ぐと、さっきまでいた思親山の山頂が良く見える。
駐車場には多くの車が止まっているので混雑が予想されたが、豈図らんや、大きな風呂場は湯船も洗い場も全くスカスカで、ゆったり、まったりできた(でもカラスの行水であることは変わらない)。湯は、「やまと天目山温泉」や「天空の湯」のようにアルカリ性が強い。
湯上りに、休憩室(大広間)へ行ってみると、殆どのテーブルが埋まるほど、多くの人が屯している。ざっと100人ぐらいは居るだろうか。半分ぐらいは、浜に上がったトドのように転がっている。起きているのは、きんさん、ぎんさんみたいなおばあちゃん達で、四方山話で盛り上がっている。地元のお年寄りの社交場がここらしい。風呂に入ることもさることながら、ここで日がな一日過ごす人も多いようだ。余所者がふらりとやってきて、ひとり生ビール(500円)を飲んでいるのはちょっと場違いに見えるようで、なんとなく落ち着かない。焼き餃子(350円)を注文する。
やがて皆もやってきて、無事下山を祝して乾杯。焼き餃子以外に、牛すじ煮込み(550円)、とりモツ煮込み(550円)、フライドポテト(300円)、枝豆(300円)なども注文し、皆でつつく。メニューには他にもピリ辛大根煮物、うな胆、おつまみメンマ、厚揚げ、イカげそフライなどもあり、居酒屋顔負けである。面白いのは、鯨大和煮、サバの味噌煮、いわしなどの缶詰もそのまま売っているところ。さながら酒屋の角打ちメニューのようで、センベロ呑べえには嬉しい。もちろん、酒や肴だけでなく、麺類や定食ものも豊富。まこと、日帰り温泉のおまけにしておくのは惜しい程の食事処である。

_DSC5033

_DSC5034

_DSC5035

_DSC5036

_DSC5037

_DSC5038

_DSC5039

_DSC5040

_DSC5041
 
なんぶの湯のHP: こちら 

篠井山を登った後、奥山温泉に立ち寄る。その名の通り、富士川の本流から随分、谷を分け入ったどん詰まりの山奥にある。このあたり住所は山梨県だが、タクシーの運転手も云っていたように、文化圏は完全に静岡県のようだ。駐車場には結構、車が止まっていたようにみえたが、風呂場は思いの外閑散としていて利用者にとってはのびのびゆったり。休憩室も同様で、風呂だけの利用では500円、休憩室も使うと800円との料金体系にもかかわらず、500円払っただけでも、空いているので休憩室を使っても良いですよ、と大らかな扱い。東京近郊の日帰り温泉とはやや様相が異なる。
建物は檜をふんだんに使ったりっぱな造りで気持ちが良い。風呂場も天井が高く開放感たっぷり。湯はアルカリ性が結構強いが、温めで肌触りは柔らかな感じ。休憩室では、多少、食事もできるようであるが、我々はこれから佐野川温泉に向かう都合上、ビールだけにした。それでも、篠井山に登らない限り、絶対来ることがないであろう温泉に入ることができたのは貴重だった。

_DSC5010

_DSC5011

_DSC5012
 

三頭山で紅葉を愛でた後(山の記録はこちら)、元々は奥多摩湖へ下りるつもりだったが、手っ取り早く数馬に下ることとし、十里木で途中下車、「瀬音の湯」に立ち寄った。ここは、あきる野市が中心となった第三セクターが運営している日帰り温泉。宿泊施設も併設されていて、この手の施設としてはかなり大規模だが、今日もかなりの人出、相変わらず繁盛している様子。洗い場もさることながら、湯船は内湯も露天風呂も大賑わいである。それでも汗を流して湯船に浸かるのは(たとえカラスの行水にしても)気持ちが良い。リフレッシュしたら奥のカフェへ。さらに奥にあるレストラン(和風だいにんぐ川霧)は、午後3時から5時までは中休みなので、だいたいいつも閉まっているところしか見ない。
カフェで席を確保し、生ビール(470円)を注文。グラスはここのオリジナル。ここはつまみになるようなものは、牛肉コロッケ(130円)、鶏唐揚げ(420円)、味噌おでん(330円/3本)、もろきゅう(310円)があり、飲み物もビール以外に、秋川沿いにある蔵元の地酒が置いてある。川に面したテラス席もあり、本当はここでゆったりしたい気分もあるが、だいたいいつもバスの時間を気にしながら慌ただしくビールを飲み干すことになる。いつか泊まりで来てのんびり過ごすのも良いかもしれない。

_DSC4851

_DSC4852

_DSC4853
 
瀬音の湯公式HP: こちら 

鼻曲山の下りで、落葉松の紅葉を堪能し、カモシカにサプライズ遭遇。いつものことながら、カメラを構える余裕なし。随分とコロコロした感じのカモシカだったが、この時期に肥えていないと冬はのり切れないだろう。その後、タクシーで長日向から、日帰り温泉(1,000円)がある塩壺温泉ホテルへ(山の記録はこちら)。湯川沿いの林道はなかなかの渓谷美。道中、シカとカモシカの区別が付かないと云うタクシー運転手に、このちゃんが一生懸命説明していたがなかなか旨く伝えきれず。切羽詰まって、カモシカは「毛深い牛」みたい、という形容を捻り出したが、果たして運転手の頭の中にどんな姿が去来したのか少々興味深い。
千ヶ滝地区入口の星野温泉「とんぼの湯」辺りは賑わっていて、道路も駐車場に入れ切れない車で大渋滞。さすが軽井沢、さすが星野リゾート。かたや、そのちょっと先の塩壺温泉ホテルは、宿泊客が既にチェックアウトした後のせいかひっそりとしていて、巷の喧噪が嘘のようである。12時ちょっと前の到着。ホテルと言っても、入口でスリッパに履き替えるシステムで、旅館のようだ。貴重品をフロントに預けてから地下階へ。大浴場はほぼ貸切状態(ひとりだけ後からやってきた)。湯は熱からず温からず。
さっぱりしてロビーに戻ると、奥に、ラウンジが見える。メニューが出ているものの、客も係員もいなのでフロントで訊くと、何のことはない、フロント係の人が注文を受けますとのこと。それでは、と生ビール中(850円、乾きもの付)をオーダー。入湯料もビールもちょっと高めだが、ここが軽井沢のホテルだと思えばまあ納得。他のみんなもすぐに合流し、鼻曲山登頂を祝杯。大きな窓の外は真っ赤なもみじがあってなかなかの趣、ちょっと得した気分が味わえた。

DSC_0840

DSC_0835

DSC_0838
 

当初とは違って、計画外で阿夫利山に登った(山の記録はこちら)ことで、初めて秋山ネスパ(一般720円、上野原市民510円)に寄ることになった。ここは、温泉以外に温水プールなどもあって、ちょっとしたレジャーランドである。入口の販売コーナーでは秋刀魚が一尾200円で売られていた。ここで夕食のおかずを買っていく人がいるのだろうか。風呂は、湯船も洗い場もまずまずの広さ。源泉は殆ど体温並みだが、大きな湯船は加温してある。ややアルカリ性でマイルドな肌触り。湯上りは2階へ。レストランと休憩スペースがあるが、休憩スペースはほんとに畳を敷いた「スペース」があるだけ。レストランに入ると注文を取りに来てくれる。こういった施設では、食券+セルフサービスが一般的なので意外に感じる。まずビール(460円)を頼んでからメニューを見てみると、おつまみ(鶏なんこつ唐揚げ、枝豆、及び冷奴のうち一つ選択)とのセットが680円となっているのに気が付く。すぐにセットに変えてもらい、つまみは鶏なんこつ唐揚げ(単品では360円)をオーダー。日帰り温泉併設のレストランで、このようなセットメニューは珍しい。これから立川に移動して一杯やる身には、これで丁度良い。一品料理(≒酒の肴)もかなり豊富なので、ここでとことん飲みたい人にも十分応えられるようになっている。なかなか左党に優しい日帰り温泉である。阿夫利山を登った後ぐらいしか、この日帰り温泉に寄る機会がないのが少々残念である。

_DSC4388

_DSC4389

_DSC4391

_DSC4392
 

夏山合宿直前なのでガチ登りは無しにして、柳沢峠から丸川峠までのユルい峠巡りとなった(山の記録はこちら)。丸川峠からはもう大菩薩嶺には向かわず(丸川荘の主に「あれ、登らないの?」と言われました。まぁ、晴れていたら考えたかも(^^ゞ)、さっさと裂石まで下ってそのまま大菩薩の湯に入湯。今日は台風の影響が出始めていまいちの天気のせいか、客の出足が悪いような気がするが、利用する側としてはゆったりとしていてこの上ない。ここの湯は、「やまと天目山温泉」や「ぶどうの丘温泉天空の湯」と同様、かなりのアルカリ泉。施設自体は甲州市の持ち物だが、運営はJR甲斐大和駅から上日川峠まで定期バスを季節運行している、栄和交通が受託しているとのこと(リサーチャーなおちゃんからの情報。やまと天目山温泉も同じとのこと)。考えてみれば、甲州市は、旧塩山市、旧勝沼町、旧大和村がそれぞれ持っていた日帰り温泉をそのまま3つとも引き継いでいるので、役所が自ら運営するのは大変なのだろう(ちなみに北杜市には10ヶ所もあるらしい。閉鎖されないうちに入っておくか)。今回はその併設レストランのレポート。
自動販売機で食券を買って、カウンターで受け取るシステムは、大体どこでも同じ。受け取った飲み物や食べ物は、レストラン内のテーブルでなく、休憩室(大広間)へ持ち出すことも可。こういうときはやっぱり座敷が良い。網戸を通して吹き込む風が心地良い。普段は、湯上がりに生ビールと持ち込みの乾きものぐらいで済ますのだが、今日は甲州B級グルメ、鶏もつ煮(600円)を頼んでみた。ビールには、きゅうりの漬物(塩麹漬け?)が付いてくる。鶏もつ煮は甘辛で程良く煮込んであり、ビールにも良く合う。その後、Woodyさんもソーセージ盛り合わせと豚もつ煮込み(どちらもかなり美味い)を注文、なかなか豪勢になった。我々は通常、(立川界隈まで戻って居酒屋で打ち上げる故)このような日帰り温泉に長居することは無いので、併設レストランの良し悪しには殆ど無頓着なのだが、ここは結構、ポイント高いのではないだろうか。地元の人々(特にご老人)にとっては貴重な憩いの場であり交流の場なので、より重要な問題だろうし、車で来て、風呂のついでに夕食までとる観光客にとっても、美味い併設レストランには敏感かも知れない。今後、機会があればチェックしてみたい。

DSC_0500

DSC_0502

 

 

先週は倉岳山の暑さに懲り懲りだったので、今週は大峠までタクシーを奮発し、黒岳に登って牛奥ノ雁ヶ腹摺山からペンションすずらんに下りた(山の記録はこちら)。名前は聞いたことがあったが、実際に訪れたのは初めて。建物のまわりを大きな虫捕り網を持った人たちがうろうろしている。ここは知る人ぞ知る、昆虫好きの宿だった。立ち寄り湯(500円)があるところが山屋には嬉しい。標高約1,370mにあるので、エアコンなしでも暑くない。風呂から上がったら真っ直ぐレストランへ。ログハウス調の内装で、なかなか洒落ている。早速ビールを注文、きゃらぶきや、さんしょの佃煮がサービスで出てくる。メニューを見ると、ライダー定食(山のきのこのバターライス)、虫屋さん定食(ベーコンピラフ)、釣り屋さん定食(ビーフカレー)、山屋さん定食(しいたけご飯)などがあって面白い(何故、山屋がしいたけご飯なのかは聞き忘れた)。その後、おつまみとして「しいたけのバター焼き」を注文してみた。かなり美味い。レストランにいると、次から次と子供連れがやってくる。併設の昆虫館(入館料300円)にはなんと20万匹の昆虫標本が展示されているとのこと。今度は泊まりで来て、じっくりと見学してみたい。

_DSC3526

_DSC3522

_DSC3523

_DSC3524

_DSC3525
 
ペンションすずらんのHPはこちら 

↑このページのトップヘ