山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

メトロ銀座線沿線

「モルチェ」を出た後、せっかくなので「スナック・モルチェ」に梯子してみた。
以前の「モルチェ」の入口右手には、カウンターと立席用のテーブルが二つ並んだスペースがあった。実はそこは、「モルチェ」とは料理も飲物も別メニューで、会計も別。カウンター内にいるバーテンダー(というか店員)に注文すると同時に金も払い、そこで呑み物やつまみの出来上がりを待つシステム。
立ち呑みだけあって、こちらはかなりリーズナブルだった。大人数のときや、文字通りじっくり腰を据えて呑み喰いしたい場合には「モルチェ」になるが、軽~くやりたい時には何度かこちらにもお世話になった。こちらのバーテンダーにも顔を覚えられる程度にかよった。
今回、ビル全体がリニューアルされるに伴い、「モルチェ」へのアプローチは随分変わったが、「スナック・モルチェ」は以前のとおり、地下鉄銀座線の京橋駅改札を出て、階段を上がった踊場付近に入口がある。勿論、エントランスはすっかり変わって「スナック・モルチェ」というシックな看板が掲げられている。厨房の奥は「モルチェ」とつながっているようだが、パッと見は目出度く独立したような印象だ。
バーテンダーは、女性に代わっていた。訊けば、以前のバーテンダーはリニューアルに伴いやめたらしい。店内の大きさは、以前と大して変わっていないようだが、立ち呑みスペースはだいぶ小さくなり、椅子席が増えた。
つまみのメニューも随分様変わりしたようだ。明治屋の「おいしい缶詰」シリーズが食べられるところがうれしい。もちろん明治屋系列の店だけあって、スコッチは、ホワイト&マッカイがシングルで300円と、リーズナブルさは変わっていなかった。

20170523_205100_001

20170523_200456

20170523_201212

今日は4人で京橋のモルチェにやってきた。今回も念のため予約を入れたが、7時を過ぎても客の入りは半分に満たない。天気が悪い訳でもないのにどういうことだろう。それはともかく、先ず生ビール(500円税込、以下同様)でちょっと喉を湿らせてから、料理を注文。
料理はオイルサーディン(680円)、チーズ4種盛り合わせ(400円)、ポークウィンナー(650円)、オニオンフライ(850円)、呑みものはANGAS BRUTというオーストラリアのスパークリングワイン(3,500円)を注文した。勿論このスパークリングは明治屋が輸入しているので、リーズナブルな価格で呑める。味はフルーティさもあるが、かなり切れ味がある。
続いてこの店の定番である、砂肝ガーリック(600円)、ジャンボハンバーグ(2,100円)、ジャンボカツレツ(2,100円)を注文。ジャンボハンバーグはその名の通り巨大で、目玉焼きも4つ乗っている。4人で喰うのに丁度いい。
ここまででもかなり腹に堪えるが、更に塩茹でパスタ(1,000円)とミックスピザ(1,100円)、若鶏の唐揚げ(580円)も注文。例によって、塩茹でパスタにはタバスコと粉チーズを、もうそのくらいで十分じゃ、と思う量の2倍ぐらい懸ける。
これらに合わせる赤ワインはパリーニ・ネロ・ダーヴォラ(2,500円)。ついでに白ワイン(銘柄忘れた!2,500円)もいった。今宵はかなり喰い過ぎだが、それでもこれで、一人あたま5,000円ちょっと。みんな大満足だった。

20170523_195920

20170523_195936

20170523_181802

20170523_182422

20170523_182610

20170523_182844

20170523_182940

20170523_183017

20170523_183810

20170523_183836

20170523_183928

20170523_184507

20170523_185208

20170523_191710

20170523_191739

「リバティけごん40号」は18時15分、黄昏時の浅草到着。とうきょうスカイツリー駅(かつての業平橋駅という名前の方が数段、粋だと思うが・・・)を過ぎて隅田川を渡ると、ああ、もう浅草に着いたか、と微かな旅愁を感じる。川面に屋形船でも浮かんでいると尚のことだ。この頃は、スカイツリーという大きな目印が出来たが、浅草の景色に馴染むまではまだ時間が必要だと思う。
今宵は早いうちから、浅草へ行くのであれば、ほぼ1年ぶりに「水口食堂」を覗いてみるつもりだった。もちろん、浅草には食事処は数多あるが、生粋の居酒屋は意外に少ない。そもそも「水口食堂」も居酒屋ではない。大衆食堂である。それでも、如何にも浅草らしい雰囲気を漂わせているので、個人的にお勧め。連れの3人も、浅草で呑むことは少ないだろうから、特に異論は出なかった。
1階はそこそこ客が入っていたので、2階へ通される。こちらはテーブル席も小上がりも疏らだったが、女性店員(エスパー店員はこの子だった・・・!?)が我々のなりを見ると、小上がりへどうぞ通され、有り難くリュックサックを置かせてもらう。
腰を落ち着かせたら、生ビール(中ジョッキ580円税込、以下同様)で乾杯。さてつまみは、何にしようか。ここ程、メニューが充実した店も少ない。少なくとも浅草では此所が一番。小生はまず、この店の名物である、いり豚(580円)を注文。皆さんもお好きなのをどうぞ、と云っても頼んだのは、栃尾の油揚げ焼き(380円)に厚焼き玉子(530円)。それって、普通の居酒屋と同じじゃん、ということで、その後に野菜炒め(580円)、揚げ出し豆腐(480円)、焼にしん(530円)、自家製ポテトサラダ(380円)、豚肉生姜焼(630円)、あじフライ(480円)なども注文。んー、それでも皆さん、なかなか普段喰っているものから離れられないもんだなー、と妙に感心した。

DSC_1656

DSC_1657

DSC_1658

DSC_1659

DSC_1660

DSC_1661

DSC_1662

DSC_1663

DSC_1664

DSC_1665

DSC_1666

DSC_1667

DSC_1668

DSC_1669

DSC_1670

「特急りょうもう40号」で浅草に18時55分着。もうとっぷりと日が暮れ、ネオンサインが目立つ時間。今宵は、半年ぶりに神谷バーに入店(前回はこちら)。神谷バーといっても、やはり1階は混んでいて入れそうに無かったので、前回同様、2階の「レストランカミヤ」へ入ることにした。こちらの方がまだ空いているはずだし、ゆっくりと呑むには、落ち着いた雰囲気のこちらの方がむしろ良いと思う。
それでも覗いてみるとテーブルが埋まっている状態で、数人が入口で待っている。確かにちょうど混む時間帯。仕方ない、我々も暫し待たされた。ちなみに、根岸に「レストラン香味屋」と書いて「こうみや」ではなく「かみや」と読ませる高級老舗洋食屋(カレーライスでも1,750円もする)があるが、そちらとはまったく関係が無い。
20分ほど待たされて漸く入店が叶う。テーブルに着いたら、先ずいつものように、デンキブラン(270円税込、以下同様)とチェイサー代わりの生ビール(中770円)を同時に注文。やっぱりこれでないと神谷バーに来た気がしない。断酒宣言したクマちゃんの前で堂々と呑むのはやや気が引けるが、呑み始めるとすっかり忘れてしまう。
料理は各自の思いに任せ、スパゲティ・ナポリタン(630円)、海老マカロニグラタン(730円)、メンチカツ(750円)、大皿ソーセージ(1,380円)、カニコロッケ(760円)、ビーフシチュー(1,250円)など、いかにも洋食屋風な料理を注文。どれも本格的でしかもリーズナブルな価格。これがやっぱりカミヤの真骨頂だ。
山から下りてレストランカミヤで喰って呑むのは、かなりリッチな気分になれる。東武特急で浅草へ帰ってくるときには、また是非寄りたい。

DSC05903

DSC05904

DSC05905

DSC05906

DSC05907

DSC05908

DSC05909

DSC05910

DSC05911

DSC05912

DSC05913

DSC05914

DSC05915

DSC05916

DSC05918

今日も会社帰りに、東京へ大幅な寄り道。およそ3ヶ月ぶりにまた、モルチェ訪問(前回のレポはこちら)。今回は3人。念のため電話予約をすると、馴染みのウェイターが応対。特段、予約するまでも無い様子だった。開店直後のご祝儀は一段落着いたようだ。
店に入ると、前回いなかったウェイターに、おひさしぶりですね、と挨拶を受ける。我々が如何にこの店に足繁く通ったのかを実感する。
さっそく生ビールで喉を潤したあと、料理を注文。「チーズの盛り合わせ」、「ソーセージの盛り合わせ」、「イワシの酢漬け」、「オムレツ」など、定番の料理を注文。以前と変わらない盛り付け。パスタも注文。メニューには載っていないが、塩味だけでプレーンなスパゲッティに、タバスコを振りかけて喰う。シンプルだが、これがなかなかイケる。これも以前と同じ。
最後に頼んだ「まるごとオニオンフライ」は、つい最近、米国ベイタウンにあったTexas Roadhouseで喰った、CACTUS BLOSSOM®とそっくりだ。
赤ワインは、Ch. Saintongey Rouge Vieilles Vignes 2014、白はスパークリングのFiore dell Amore Blanc de Blancsを注文。赤は、ボルドーにしては大人しい香りと味だが、まずまず。スパークリングは赤いバラの花束が瓶に印刷されていて(逆さにすると花束そのもの!)、直訳すればまさに愛の花束、オヤジ3人にはちょっと持て余すデザイン。
これでしめて、ひとり4,500円ぐらい。普段呑みとはいかないが、ときどき東京までやってきて、料理とワインを楽しむにはもってこいの店である。また、近いうちに来ることになるだろう。

20170309_183006

20170309_183102

20170309_183114

20170309_183254

20170309_183724

20170309_183913

20170309_190744

20170309_191922

20170309_192604
 

湯島から銀座へ移動し、ぶらぶら。結果的にウィンドーショッピングになった(カミさんはなにやら買っていた)。6丁目の好日山荘にも寄ってみたが、物欲を刺激するモノは見当たらない。いつも新機能のウェアには関心がいくものの、結局、これまでの素材との違いにはやや懐疑的になる。
例えば、買う前に無料でモニターをさせてくれることって、できないものか。1回だけ、実際に山行で試着することができて、気に入らなかったらそのまま返品できる(洗濯代も返送料も店持ち)なんてシステムは如何だろう。それだったら、多少の不安が残ったままでも、納得して買うことが出来そう。でも、洗濯代も返送料も店がOKと云ったとしても、1回使用した古着を安値で(アウトレットか何処かで)売りさばくのは、なかなか難しいかな。
ウィンドーショッピングの後、少々喉が渇いたので久しぶりに「ライオン」を覗いてみた。偶々、1階のビヤホールはリフレッシュ工事中だった(2017年2月末まで)。ここで呑めないのはかなり残念だが、店の案内係が2階のレストランへどうぞ、と云うのでそのまま階段を上がることにした。
一番道路側の席(と云っても窓がある訳ではない)へ案内される。ビールは、エビスのハーフ&ハーフにしよう。つまみはにしんの酢漬けにしてみた。なかなか脂が乗っているにしん、美味い。
周りには中国系の客がかなりいる。何かと姦しい。どうして大声でしか話せないのだろう。レジも中国系で大渋滞。中国語を解せないレジ係では、こういう店では務まらない時代なのだ。最早、「ライオン」は我々にとって、憩いの場所ではなくなってしまったような気がした。

20170127_142508

20170127_142455

20170127_142502

20170127_142316

20170127_135852

20170127_135819

20170127_140001
 

「宮戸川」ですっかり不完全燃焼を起こしたので、験直しにもう一軒入ることにした。その店は「赤垣」という古典酒場。吉田類の「酒場放浪記」にも出て来る。藍染めの暖簾と、ぶら下がった提灯にも「酒夏酒冬」という文字が見える。どういう意味だろうか(「春夏秋冬」の洒落のようである)。
創業は100年にもなるらしい。ということは、大正ノスタルジーの世界。そういう店ならば、客あしらいも馴れているだろうと、その点では安心して入れるが、ここは予約が利かない店なので、やはり恐る恐る暖簾を潜る。
間口が2間ぐらいしかない小ぢんまりした店、入口右手にテーブル席、奥がカウンター席になっている。既に先客は10数人いてほぼ満席だが、女性店員(もしかすると女将?)がすっとカウンターを指して「如何?」と眼で合図。上手い具合にカウンター席が2つ空いていた。
この時間でも、仲見世界隈は外国人観光客で溢れ返っていると思われるが、一歩この店に入ると別世界。耳に入って来る話し声のトーンも抑えめで、むしろ心地良い。若者がいないかと思うとそうでもない。若いカップルが静かに呑んでいる。年季が入った居酒屋ならではの雰囲気が、そうさせるのだろうと思う。常連客が多そうな感じだが、一見客でもとても居心地が良い。これぞ酒場。
付き出しはパスタサラダときゅうりの酢の物が、2人で1セット。この心遣いも粋に感じる。酒は高清水純米(500円税込、以下同様)にしてみる。つまみは、カンパチのカマ焼き(750円)、カキフライ(650円)、合鴨つくね(450円)を注文。当然かもしれないが、そろそろかな、と思う頃にちゃんと出て来る。しかも、美味い。あ~、救われた。

20170109_193713

20170109_184347

20170109_190157

20170109_190640

20170109_193106


赤垣のHPはこちら 

用事で出掛けていたカミさんと、浅草で待ち合わせ。ほぼ3ヶ月ぶりの浅草である。待ち合わせ時間までぶらぶらしてみたが、相変わらず外国人観光客は多い。伝法院通りはまだそれ程でもないが、仲見世辺りは凄い人混み、近付きたくもない。
今宵の目当ては、浅草寺の西参道にある「宮戸川」という居酒屋。このネーミングは、佐伯泰英の時代小説「陽炎の辻」に出て来る鰻屋をイメージしているのか。それとも、古典落語の演目に肖ってのことだろうか。この落語に依れば、隅田川のうち、浅草付近を「宮戸川」と呼ぶらしい。
メニューを見ると、なかなか面白い料理が揃っている。曰く、江戸下町料理とのこと。天麩羅串や、豆腐田楽、揚げ出し大根など、興味がある。とりあえずはビール、その後、刺身盛り合わせを注文。1階には客は我々だけだったが、2階に上がって行く客がやってくる。どうやら宴会の様子。店員も頻繁に階段を行き来する。
ビールの後は日本酒。桑乃都があったのでそれをいただく。唯一、八王子にある酒蔵が造る酒。妙に懐かしい。それにしても、料理がなかなか出て来ない。2階で宴会をやっているせいだろうが、1階の客は我々だけなのに、すでに厨房のキャパを超えてしまっているのだろう。ならば、宴会が入っている時は、入店を断るか、客に予め料理を出せる見込みぐらい、伝えることをすべきだろう。客扱いに慣れていないようだ。
30分以上待って漸く出て来た刺身(蛸、鮪赤身、鰤、鮭)は、なかなか美味かった。でも、もうこれ以上注文する気にはなれない。食べ終わったら直ぐに会計してもらう。店のコンセプトは悪くないので、極めて残念な接客だった。
カミさんはもう二度と来たくないだろうが、小生は結局食べられなかった料理をそのまま諦める気にもなれない。空いている(宴会が入らない)タイミングを見計らって、もう一度来てみたい。それまで店があれば、の話ではあるが。 

20170109_182814

20170109_182826

20170109_173655

20170109_173818

20170109_173931

20170109_174034

20170109_174106

20170109_174953

20170109_175820

20170109_180818

 

「景虎」で、流石に焼き餃子と牛すじ煮込みだけでは、呑み足りなかったし喰い足りなかったので、日本橋界隈をふらふら彷徨う。そのうちに、この店に入ってみようとなったのは「かっぽうぎ」という居酒屋。おふくろの味をウリにした店で、東京に20店舗ぐらい展開しているチェーン店である。この店も、昼間のランチ時には大衆食堂になるようだ。
その名の通り、割烹着を着たおばちゃんが店員。「いづみや」ほど貫録があるおばちゃんはいない。店内は、オヤジさらりーまんばかりと思いきや、OLや女子大生と思しき客もいて、老若男女が渦巻いている状態。結構な賑わいだが満席ではなく、5人がすっと入れた。虎ノ門の「升本」を彷彿させるような、長テーブルと背もたれが無い丸椅子がズラリと並んでいる。
さて2軒目なのでもうビールはいらない。店のおばちゃんが、「キャンペーン中なので一刻者(いっこもん)がお得です。通常2,800円(税別、以下同様)のところ、今なら1,850円なんです。」と勧めるので、じゃ、それでいこう、となる。「一刻者」の紫ラベルを呑むのは初めてだ。
手っ取り早く酔うことが目的であれば、やっぱり焼酎が一番CPが良い。酔うことだけに止まらず、焼酎そのものに拘りを感じるようになると、だいたい芋焼酎になるようである。それが更に高じると、麹も米麹ではなく、芋麹を使った焼酎に手を出すようである(芋焼酎でも、米麹を使ったものが結構ある)。この「一刻者」も芋麹が使われている。その先は、個別の銘柄に拘ることになるのだろう。小生は、せいぜい第2段階ぐらいで、「一刻者」は安くて美味いと思う。
今日は寒くないので、皆、焼酎はロックで呑む。付き出しは、4人分其々の種類が異なり、皆で突いて呉れ、ということのようだ。つまみは他に、烏賊わた焼き(480円)、バイ貝旨煮(380円)、鶏肝煮(280円)、ポテトサラダ(380円)、さんま塩焼き(380円×2)、おでん(560円)をもらう。どれも全く庶民的な料理で、庶民的な味付け、庶民的な価格設定である。ポテトサラダは、見掛けも食感もかなりクリーミー。居酒屋のポテトサラダらしくない。牛乳でも入っているのだろうか。
まわりを見渡すと、独り客も結構いる。こういう店は、東京へ単身赴任でやってくるさらりーまんには有り難い存在かも知れない。

20161207_192540

20161207_192738

20161207_192743

20161207_193005

20161207_194020

20161207_194156

20161207_194437

20161207_195805
 

会社帰りに時折、銀座線京橋駅で途中下車し、上野寄り階段を上がれば目の前の、明治屋の地下にある洋食屋「モルチェ」に行っていた。ここは明治屋直営の店。そのせいで、扱っているウィスキーやワインを安く提供してくれていたので、結構贔屓にしていた。営業時間も朝の10時から通しで開いていたので、何かと便利だった。
料理も、値段の割にはボリュームがあり、食欲旺盛な者を連れて行っても十分満足できる程だった。其の脇には立ち飲みの「スナックモルチェ」もあって、長居出来ない時には安く呑むことも出来てとても重宝していた。
ところが、老朽化した明治屋本社ビルの建て替えに伴い、休業することとなり、暫く待ち遠しい思いをしていた。そしてこの11月に、3年4ヶ月ぶりにリニューアルオープンしたと聞いたので、ワクワク、満を持して行ってみた。
以前は勿論、建物そのものが古風だったので、それに較べると随分洗練された雰囲気。入口には、まだ開店祝いの胡蝶蘭の鉢がずらりと並んでいる。それにしても、新しく生まれた「京橋エドグラン」の地下階には、「モルチェ」以外にも数多くの飲食店が入っている。競争がし烈になりそうだが、「モルチェ」の顔馴染みウェイター曰く、うちは常連さんが多いので楽です、とのこと。
リニューアルオープンでやってくる客の殆どは(我々も含め)、常連だそうである。我々が入った時間はまだ、多少、予約無しでも入れるテーブルがあったが、間もなく新たにやって来る客を断るようになった。人気の老舗にはアドバンテージがあるようである。
さて、やっぱりビールでいこう。ここはキリンのハーフ&ハーフ(650円税込、以下同様)で。その後はウェイターの勧めに従い、赤ワインとしてマセット・エノフィル・ハロウィン2015(2,500円)を呑んだ。明らかにハロウィンの売れ残りだが、その分、安くしてくれたものと思う。
料理は、ハム盛り合わせ(950円)、チーズ4種(400円)、スパニッシュオムレツ(800円)、スパイシーフライ(1,100円)を注文。そして仕上げは、塩茹でパスタ(700円)と、牛すじ煮込み(800円)を注文。このパスタと牛すじ煮込みは、元々この店の定番。新しいメニューにはまだ載っていなかったが、顔馴染みウェイターに云ったら、すぐ出て来た。塩茹でしたパスタに粉チーズを振りかけ、それに牛すじ煮込みをかけて喰うのが、この店にやってくる常連客の流儀。これが美味いんだ。

20161201_171210

20161201_171538

20161201_171627

20161201_171736

20161201_173043

20161201_173046

20161201_173051

20161201_173312

20161201_174523

20161201_180824

20161201_180827
 

特急「きりふり」で、終点の浅草で下車。北千住で下りずに浅草まで出るのは久しぶり。荒川鉄橋を渡って北千住に到着、という場合と、隅田川鉄橋を渡って浅草に到着する場合とでは、少々趣きが違う感じがする。
せっかく浅草に出て来たので、これも久しぶりの、浅草を象徴する「神谷バー」に寄ってみることにした。創業は明治13年、現在の建物は大正10年竣工で、国の登録有形文化財に指定されているという古いビルだが、内装は10数年前にリニューアルしてずいぶん奇麗になった。
1階がいわゆる「神谷バー」で、2階が「レストラン・カミヤ」という洋食レストラン、3階は「割烹神谷」という和風レストランになっている。もちろん、目当ては1階だ。ところが、いつものこととは云え、やっぱり「神谷バー」は混んでいたので、「レストラン・カミヤ」に入店。こちらはたいてい、空いている。メニューは大して変らない(神谷バーの方がやや豊富)のに、何故かいつも混み具合に差がある。
「神谷バー」には、ガヤガヤした客の話し声と、店員が生ビールや電気ブランのグラスを慌ただしく持ってくる時の、カチャカチャと響く音がハーモニーとなって、猥雑ながら不思議と居心地が良い雰囲気がある。一方、レストラン・カミヤは落ち着いた大人の雰囲気で、心なしか店員の動きも緩やか。どうやら「神谷バー」へやってくる客は、前者の雰囲気を好むようである(小生もどちらかと云えば前者)。
席に落ち着いたら、先ず頼むのはデンキブラン(270円税込、以下同様)。もちろん、チェイサー代わりの生ビール(中770円)も忘れてはいけない。ここはいわゆる洋食屋なので、料理もフレンチフライポテト(460円)、ポテトサラダ(470円)、舌平目のカツレツ(820円)、ピザ(780円)、カニコロッケ(730円)、魚のミックスフライ(900円)を注文。
ここのフライドポテトは細切りではなく、ひと口大のごろんとした大きさの素揚げ。いつもだったらジャーマンポテトの方を頼むが、ホクホク感はこちらの方が上。ポテトサラダはドレッシングが掛かっているタイプで、居酒屋では見掛けない。舌平目のカツレツはここの名物料理と云って良いだろう。辺りを見回しても、これを食べている客は多い。
3人ではこれだけ食べるのがやっとで、大満腹大満足になった。ここへ来ると呑み気よりも喰い気に走るのは仕方が無い。次回はなんとか1階にもぐり込みたい。

DSC03549

DSC03550


DSC03551

DSC03552

DSC03553

DSC03554

DSC03555

DSC03556

DSC03557

DSC03559

DSC03560

DSC03561

DSC03562

DSC03563

銀座3丁目の「板前バル」へ行くその途中、直ぐ近くで気になった立ち呑みの店を見掛けたので、「板前バル」で散々呑んで喰って満腹になったにもかかわらず、覗いてみることになった。その店は「銀座酒蔵検校」。検校と云えば、室町時代から江戸時代における、盲官(盲人の役職)の最高位の名称だが、何故そんな名前が付いているのだろうか。とても気になる。
ここは銀座3丁目だが、三原通りと昭和通りに挟まれているこの辺りは、意外と人通りは少なく、ひっそりとしている。そんな一角に、控えめながら存在感を示している「銀座酒蔵検校」。いちおう角打ちらしいが、銀座に似つかわしく、かなりおしゃれ。これでも角打ちと呼んでいいのか、と思ってしまうが、その名の通りここは酒屋なので、瓶ごと購入できるし、配達だってやるそうだ。 
日本酒はずらりと数10種類。どれにしようかと迷う。値段は5勺(0.5合)で300~400円程度と、酒販店直営と云えども、角打ちにしては高めだが、銀座だからこんなものか。銀座に来て、1軒目が高い店であまり呑めなかったので、帰る前にもう一杯だけ呑みたい、という時や、どうせ紋切り型の宴会でたいした酒が出て来ないので、その前にここで美味い酒を味わいたい、などという時には便利な店だと思う。

20160929_172444

20160929_201541

20160929_201659
 

会社帰りに、こんな店はどうだ?と云われて、銀座まで繰り出してみた。店の名前は「板前バル」だと。この頃、何かと「バル」や「バール」が付いた店が流行りだが、この店もそんなノリなのか、しかし「板前」とくっつけるのは随分と大胆だな。Web紹介サイトを覗いてみると、やっぱり和食。どの辺りが「バル」なのか、確かめてみようと、興味津々で店に入った。
まだ、時間が早かったせいで、まだ客は誰もいない。店員に案内されて一番奥のテーブルに着く。店内はかなり明るい。店の名前から、寿司屋のようなカウンター席を想像していたが、どれもテーブル席だった。ちょっと喉が渇いたのでやっぱりビール。スーパードライ・エクストラコールド(550円税別、以下同様)をいただく。
料理メニューを見ると、なかなか美味そうな料理が並んでいる。そのなかから、板前箱盛り刺身ミニ(1,100円)、鶏レバーの雲丹パテ(680円)、炙りへしこ鯖(480円)、新さんま塩焼き(780円)、秘伝豆(480円)、酒盗クリームチーズ(580円)、漬物盛り合わせ(450円)を注文。
板前箱盛り刺身は、「ミニ」で無ければ3~4人前なので、2人だけではちょっと大変と思い「ミニ」にしたが、正解。なかなか新鮮。鶏レバーの雲丹パテは、その名の通り、レバーパテの上に雲丹が乗っていて、これを一緒にカリカリブレッドの上に乗せて喰う。雲丹はそのままで喰いたい感じもあるが、鶏レバーとの相性は悪くない。
秘伝豆は、店員の実家(山形)から取り寄せた自慢の品とのこと(そんなことが出来るのは店長?)で、ならばと頼んでみると、出て来るなりテーブルに置かれた小鉢から、だだ茶豆のような香りが強烈に漂ってくる。口に含んでみると、味そのものはそれほど個性が強くない。
こんな料理だと、やはりビールじゃ物足りない。次は白ワインにしようと、バロン・ド・ロートシルト(3,500円)を注文。その後は日本酒に移行。店長(?)曰く、ここのお勧めは「初孫」とのこと。やはりこの店のカラーは、山形のようだ。ならばと、「初孫秋あがり」(700円)、「初孫もみじ浪漫」(600円)をいただく。最後には日高見(700円)、百十郎・黒面(800円)も賞味。
かなり呑んで喰って大満足。居酒屋ほど泥臭くないが、日本料理屋ほど気取った感じでも無い「板前バル」は、和食を存分に楽しめる店だった。

20160929_172341

20160929_172612

20160929_172719

20160929_173029

20160929_173104

20160929_173141

20160929_173922

20160929_174054

20160929_175101

20160929_175319

20160929_175523

20160929_175748

20160929_180349

20160929_181018

20160929_194748
 

またぞろ肉を喰いに行こう、と云う声が出始めたので、今回は小生が企画をしてみた。事実上、いつもは八重洲の焼肉屋「昌月苑」(前回のレポはこちら)に決まっていたのだが、趣向を変えて今回は銀座4丁目にある「松尾ジンギスカン」。焼肉は焼肉でも、こちらは羊肉。つい昨年、トムラウシに登った帰り、新千歳空港のレストラン街にあった姉妹店に入ったことがある。東京では、ここ銀座店以外に、赤坂と新宿三丁目にもあるようだ。
場所は4丁目交差点からほんの僅か、三原橋の西詰という、抜群の立地条件にある店。中へ入ると、ちょっと照明が抑えめな大人の雰囲気。これならば、肉好きの顧客であったならば、接待にも使えるだろう。メニューを見ると色々とコースがあるが、今回は「特上ラムジンギスカン 食べ放題(100分)」(4,800円)にした。これに1,000円付けると飲み放題になるが、喰うのに専念すると、酒はそれほどいらないので別にした(でも結果的には1,000円以上呑んだ)。
先ず生ビールで乾杯したら、ほどなく店員が肉や野菜を持って現れ、調理方法を教えてくれる。新千歳店での場合と、やや説明が異なる部分があった(「タレが掛かった野菜は、火を通るまで食べないでください」と云う説明は無かった)が、概ね同じ。
たっぷりともやしを載せた後、真ん中を広げて肉を焼き始める。肉は先ず、特上ラム、味付けラム、マトンジンギスカンの3種類がノルマとして出て来る。食べ比べると良く判るが、其々に違いがある。やはり特上ラムは、実に柔らかく、且つ脂身は全くない。これをもやしと一緒に食べるととてもヘルシー。タレもしつこくないので、いくらでも喰えそうな気がする。
一方、マトンはやはり少々、歯応えがある。年を喰った人間に味が出て来ると同様、これはこれで味わい深いが、どちらでもどうぞと云われると、やはり特上ラムにしたくなる。5人の意見も一致したので、これ以降、ひたすら特上ラムを喰い続けることとなった。
通常の焼肉屋の食べ放題の場合、だいたい30分経つと箸の動きがとたんに止まるが、今回は100分が意外と短く感じた。なかなか理想的。でも、たぶん次回は、いつもの焼肉屋になるだろう。

20160913_183718

20160913_183829

20160913_200359

20160913_202037
 

相変わらず浅草の仲見世通り界隈は、外国人観光客で溢れ返っている。毎日がお祭りのようだ。あまりの混雑ぶりなので、仲見世通りをそぞろ歩く気にはちっともならないが、単に通りを横断するだけでも難儀する。従って、浅草に来ることがあってもこの通りの傍には近づかないようにしている。浅草寺を参拝することも面倒だかなり大変である。
とは云ってもせっかくの浅草なので、最近、六区に新たな観光スポットとして開業したと云う「まるごとにっぽん」に行ってみた。入ってみて判ったが、平たく云えば、都道府県のアンテナショップの要約版みたいな施設。多くの市町村の特産品を、まとめて見ることができるという点では便利である。まだ開業間もないせいか、店員の接客がややぎこちない。4階の食堂街にある何れかの店に入ってみようかと思ったが、良さげな店は準備が整っていない様子だったので諦める。
ならば何処に行こうかと、「まるごとにっぽん」を出た後、近くに良い店が無いかと少々思案、久しぶりに「水口食堂」に行ってみる。扉を開けると、今日は中途半端な時間帯のせいか、客の入りは少ない。1階でも客は疎ら、殆どがひとり客。一番奥のテーブルに着き、ビールを注文。ここのビールはサッポロの「赤星」。最近の店では見掛けることは少ないが、老舗の食堂や居酒屋へ行くと出会うことが多い。ここ「水口食堂」以外にも、神田の「大越」や北千住の「千住の永見」でも呑める。
相変わらずメニューの多さに目移りするが、つまみには、今日もいり豚を頼んでみる。他に、厚揚げ焼き、ぶり照り焼きも注文。いり豚はビールに良く合う。
残念ながらエスパー店員(詳しくは前回をご覧あれ)は見当たらなかった。今日も2階を担当しているのか、それとも何処かにスカウトされたのか、定かではない。 

20160325_143408

20160325_143818

20160325_143916

20160325_145215

20160325_145231

20160325_145540

20160325_145559

20160325_150143

20160325_150149

20160325_150207

20160325_150436

20160325_150514

20160325_150625

20160325_150900

20160325_152012

20160325_152240

20160325_153646

20160325_153747

20160325_154546

20160325_155236
 

銀座から浅草へ移動。どっちだって、中心街は外国人だらけ。それでもちょっと離れれば思いの外、浅草の街は静かである。吾妻橋の袂から少しだけ江戸通りを南へ下ると、「ギャラリー・エフ」というカフェがある。猫好きのカミさんが見つけて来た店。ここから以前入ったカフェ・ムルソーは目と鼻の先。訊けば、銀次親分という名前のネコで有名な店らしい。この店のブログも「浅草・銀次親分日記」という名前である。
この店の手前にも「きゃらふ」と云う名前のネコカフェがある。カミさんは入ったことがあるらしい。店内には9匹も猫がいるそうである。何故かこの頃、猫カフェがブームなのだそうな。癒し効果があるかどうか知らないが、猫の素っ気無さに萌える方もいらっしゃるらしいので、とにかく猫がいれば何でも良いのだろう。
扉を開けると、内装は、抑えめな塗装を施した木造りで落ち着いた雰囲気。奥で店員が遅い昼食中。壁には「銀次親分物語」という本のポスターが貼ってある。なるほど親分らしく、ちょっと顎を突き出した感じが威風堂々である。ノラ猫だったらしいが、何故かこの店が気に入り住みついたようだ。まだいるのか訊いてみたところ、もう亡くなったとのことだった。残念。
ともあれ、窓際の席に座り、飲み物をオーダー。メニューには2種類のビールが載っていて、どちらも日本のビールではなく、聞いたことも無い。それではと、シュナイダーヴァイセを呑んでみることにした。TAP7は創業当初のスタイルを踏襲して製造したビールらしい。酸味に比べ苦味は少なく、ややフルーティな感じは、白ビールの特徴か。外の風景はともかく、この店の雰囲気にはマッチしたビールである。

20160325_135404

20160325_135614

20160325_135638

20160325_135704

20160325_135739

20160325_135847

20160325_141647
 

年4回の病院通いのため、いつものように年休をとり、ついでに銀座で用事を済ませた後、カミさんと待ち合わせてランチ。途中、開業直前の「東急プラザ銀座」の前を通る。随分と斬新な外観だが、モチーフは江戸切子とのことである。相変わらず銀座通りは外国人の溜まり場となっているので、店に入るならば路地裏。今回は久しぶりにうなぎを喰うことにした。
入った店は、コリドー街の「大和田」。世の中に「大和田」の看板を掲げる店は多いが、ここ、コリドー街の店は明治26年創業の新橋店の支店らしい。ところが、外観はともかく中へ入ると、驚くほどモダンである。店員も若い。こんな鰻屋は見たことが無い。飲み物も日本酒や焼酎以外に、ワインも結構揃えている。「大和田」と云えば老舗だが、この頃のうなぎ屋もだいぶ変わってきたようだ。
いつものように一品料理を二つ、三つほど注文し、締めのうな重も一人前を二人でシェアすることに。先ずはビール。定期検診の後の、昼に呑むビールは何時も美味い。一品料理は、煮こごりと野菜サラダ、うざくにする。野菜サラダは南瓜や絹さやなどの温野菜も入っていて食べ応え十分。うなぎ屋で野菜サラダを褒めても仕方が無いが、なかなか美味い。これだけでも、この店は普通のうなぎ屋とは違うと感じさせる。
煮こごりには、ふんだんにうなぎが入っていて贅沢気分。これだけで酒が進む。うざくは、きゅうりの蛇腹切りがお見事。大喰いだったらふた口ぐらいで終わってしまうような量だけど、ちびちびやるにはこれで丁度良い。
そして最後にうな重、登場。シェアするには必要だろうと、ご飯茶碗も一緒に出てきたが、やはりうな重は、重箱のままで喰いたい。たれは比較的濃い目だが、少なめ。そのせいで、うなぎの艶がやや足りない感じ。ご飯全体に行き渡っていない感じがやや残念だが、味は申し分ない。
平日の仕事の合間だったら5分足らずで喰い終わってしまうが、今日は平日とはいえオフ。日本酒を舐めながらゆっくりといただくことが出来る。ありがたい。

20160325_123834

20160325_124233

20160325_124243

20160325_124334

20160325_124502

20160325_124821

20160325_125031

20160325_125851

20160325_130115

20160325_132125

20160325_132722
 

今日も忘年会。蕎麦好きオヤジさん達との月いち呑み会は、この頃いつも新橋だったので、久しぶりに銀座にしてみた。店は云わずと知れたオールド・バー「BRICK」。銀座の並木通りにあって、普通のさらりーまんでもそれなりに良い気分になるまで酔えるリーズナブルなバーである。もちろん、隣りにドレス姿の女性なんてやって来ない。この界隈のそう云う店は、支払いがひとケタ変わる。
1階の扉を開けると、カウンター内のバーテンダーが、顔を見るなり「ご予約のお客さんですね、地下階へどうぞ」と云う。まるで顔に書いてありますよ、と言いたげな、随分と勘がいいバーテンダーだ。下ってみると、いつものように小生以外は既にスタートしている。ボックス席は我々だけ。
地下階は、やけに暗い。こんな闇の中で男6人が呑むのは、やや不思議な構図である。暗がりに知り合いが居たとしても、たとえ幽霊が居たとしても、気が付きそうにない。その意味で、ひたすら酒呑みに没頭することができる、呑んべえには有難いシチュエーションである。
今日は、マッカラン12年のボトルが6,000円で呑めるとのこと。そいつは豪気だ。普通は、ワンショット1,500円だから随分とお得だ。今日はビールも我慢して、もうこれ以外は呑まないことになった。
つまみは、それほど凝ったものは出て来ないが、チーズやクリームコロッケ、オムレツ、ソーセージ盛り合わせ、ピザ・マルガリータと、それなりにはある。これだけあれば、あとはマッカランを傾けるだけ。シングルモルトにしては口当たりがソフトなので、くいくいイケる。結局、6人でマッカラン12年を2本を平らげた。それでも一人当たりのウィスキー代は2,000円なので、蕎麦好きオヤジさんも含め、全く申し分ない。久しぶりに気持ち良くスコッチで酔った。

_DSC1314

_DSC1315

_DSC1316

_DSC1317

_DSC1318

_DSC1326

_DSC1319

_DSC1320

_DSC1321

_DSC1322

_DSC1323

_DSC1324

_DSC1325
 

銀座6丁目にある「ヴィラモウラ」へ入ろうとしたときに、あれっ、「しぇりークラブ」が直ぐ傍だ、と気が付いていたので、「ヴィラモウラ」を出た後、やっぱり寄ってみることにした。こういう時でもないと、なかなか来ることが無い。久しぶりの入店だ。初めて入ってから、なんだかんだ30年ぐらいは経ってしまった。
シェリー酒専門のバー(とは云え、ビールや普通のワインを置いてない訳ではない)はもちろんその頃でも珍しかったが、それは今でも同じ。この店で、シェリー酒は、超ドライから超スイートまで、実に幅広いと知ってからは色々と試してみたが、結局、今は超ドライ(いわゆるフィノやマンサニージャ。ティオペペもフィノのひとつ)しか呑まなくなった。
階段を上がると、店内の雰囲気は殆ど変っていないが、店員はすべて女性になっていた。営業方針を変えたようである。とは云ってもドレスを着ている訳ではない。皆さん、ソムリエスタイル。カウンター席に座っていた常連と思しき男性二人が、なんで日本ではシェリー酒ができないんだろう、と管を巻いていた。そのせいではないだろうが、今日は随分と空いている。テーブル席には誰もいない。前回は何年前か覚えていないが、かなり一杯だった。そう云えば、満員で入れなかったこともあった。 
我々はカウンター席ではなく、奥のテーブルへ。席に付いたら、テーブルに置かれたシェリー酒リストを眺め、気に入ったものをオーダーする。特に頼まなくても、シェリー酒と共にチェイサーも付いてくる。何となく銀座風。つまみには、からすみの盛り合わせとチーズを注文。からすみはボラだけかと思っていたら、タラやマグロのからすみがあるのを知った。
ちびちび呑んでいるうちに、若い女性集団がやってきた。これから女子会のようである。やはり、店が銀座にあってお洒落だから、というだけでなくシェリー酒は女性にもウケるということだろう。オヤジ居酒屋ではこのような光景は見ない。
だいたいこの店に来るのは2軒目が多く、なんとなく呑み足りない時に来る感じだ。しかし、そもそもシェリー酒とは食前酒。その法則に反した呑み方をずっとやってきたし、今日もそうだった。たぶん、次回もそうなるような気がする。

20151122_202941

20151122_202934

20151122_202923

20151122_193735

20151122_193813

20151122_193939

20151122_194105

20151122_194120

20151122_201652

20151122_203340


しぇりークラブのHP: こちら 

ポルトガル料理は初めてだ、なんて思っていたらカミさんに「2軒目だよ」と云われ、思い返してみれば、同じく銀座の「タスキーニャ・カラヴェーラ」に行って海鮮鍋を喰ったことに漸く気がついた(ところが、ネットで調べてみたら、なんともう閉店してた!ポルトガル料理はやはり、知名度が低いのか)。
今回、「ヴィラモウラ」 には一応予約してから行ったのだが、やはり日曜日は特段、予約は不要の様で、客の入りはせいぜい半分程度だった。表通りは大勢の中華系観光客が闊歩しているのに、コリドー街はやけに静かである。同じ銀座でも、人の出は場所によって随分まだらだ。
さて何を喰うか。もちろん、コース料理もあるが、とても喰い切れそうにないのでアラカルトで。ワインはポルトガル産をいただく。「ルイス・パト・キンタ・ド・リベイリーニョ・プリメーラ・エスコーリャ」という、何度聞いたってとても覚えられそうにない一品。濃厚だが、香りは意外にフルーティ。
ポルトガルと云えば、何故か干し鱈、らしい。干し鱈なんて、他に喰うものが無い北欧だったら判るが、多彩な海産物が獲れるであろうポルトガルで何故、好き好んで食べるのかとんと判らぬ。想像するに大航海時代、長い航海をする船乗りがやむを得ず喰っていた(長期保存可能なタンパク源)ものを、国に帰っても、その味を忘れられなくなってしまい喰ったのだろう。家族も仕方なくいやいや付き合って喰っているうちに、嵌ってしまったのかも知れない(勝手な妄想です)。 
その鱈を使った、タラとじゃがいものコロッケ(842円税込、以下同様)を頼んでみた。しかし喰ってみると、たしかに舌触りはじゃがいもだけでなく、干した魚の繊維を感じるが、味は殆ど判らない。サンマのオイル煮サラダ仕立て(1,300円)も頼んでみた。サンマがポルトガルでも獲れるのかどうか知らない。サンマは、オイル煮のせいか骨まで軟らかい。頭もあったので齧ってみると、何の抵抗も無く崩れる。こりゃ、凄い。どうやって調理しているのだろうか、興味深い。
他に、羊トマト煮(1,836円)、やりいかのガーリックオイル煮(1,026円)も注文。どちらも申し分なく美味い。これで暫くして、また忘れかかった頃に来ようとして、その間に閉店してた、なんてことが無いように願いたい。

20151122_192754

20151122_192741

20151122_181348

20151122_183135

20151122_182922

20151122_183316

20151122_184917

20151122_185845

20151122_185711
 

↑このページのトップヘ