山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

武蔵野線沿線

カミさんと、普段使いの寿司屋「喜悦家」で待ち合わせ。普段使いと云っても、年に2、3回ぐらいしか入らないが、一応常連の顔をしていられる数少ない店。小生はカミさんとしか来ることはないが、カミさんは市内に何かと知人が多いため来る機会は多く、小生よりも上客である。
今日は先客は無く、大将も女将も手持無沙汰だったようだ。いつものように、カウンターの右端に着席。いつものように、生ビールをもらう。会社帰りのこの一杯が、オンとオフの境界。ビールの後は日本酒(冷酒)をもらう。付き出しは、ウドとホタルイカの酢味噌和え。おー、春。
いつものように、刺身をもらい、焼き魚をもらうことにする。刺身は、小肌、赤貝、鰯をチョイス。小生はひかりもの全般、好きだがとりわけ小肌に目が無い。新子の方がもっと好きなのだが、まだ時期ではない。一方、カミさんはマグロ好き。今日の焼き魚は、カンパチのカマ。煮方、焼方は女将さんの担当。
カマを喰う時にいつも思い出すのは、まだ駆け出しさらりーまんの頃。先輩方に連れられて入った店でカマを喰っていたら、カウンターの奥から見ていた板長に「そんな上品に喰ってちゃ魚が可哀想だ。もっとバラバラにして喰え。骨は残らずしゃぶれ。」と叱られた。それ以来、「バラバラにして」、骨はしゃぶることを実践している。実際、そうやって喰った方がはるかに多くの身を喰うことが出来、かつ、はるかに美味いのだ。
概ねカマを平らげたところで、握ってもらう。この店に来始めた頃は最初からお好みで握ってもらったのだが、大将に「先ずはセットを1人前たべてから、足りないものをお好みで注文した方が経済的ですよ」と教えて貰い(確かにその通りだ)、そのアドバイス以降、そうしている。今回も、小肌や穴子は、お好みで頼むことにした。客は、店に教えられ成長するのだ。

20170330_190030

20170330_190233

20170330_192253

20170330_195213


朝から外出していたカミさんと待ち合わせて、近所にある普段使いの居酒屋「はらはま」に行くことにした。もう何度も入っているが、顔馴染みということはない。カウンター席が厨房の両脇に5席ずつあって、他に小上がりとテーブル席。全部合わせて30人ぐらいは入れそう。
午後5時開店で、15分ぐらい過ぎて入ったが、奥のテーブルでは地元のおばちゃんたちが、既に盛り上がっている。先客は他に3組ぐらい。女子率が高い。店員は4人程で、皆、若くて元気が良い。それにしてもこの店は客の出足が早い。
店員に二人だと告げると、いつもはカウンター席に案内されるのだが、今日は珍しく4人掛けの小上がりを勧められた。我々の後からも、次々に客がやって来る。この店は、会社帰りに寄るというよりも、仲間同士やご近所付き合いの飲み会、家族連れなどのパターンが多い感じ。今日は祝日なので、ゴルフ帰りらしい集団もいる。
ここは、基本的には焼鳥等の串焼きものがメインだが、 他の料理メニューも豊富。日替わりの一品料理だけでも目移りするぐらいある。生ビール(サッポロ黒ラベル中ジョッキ500円税込、以下同様)をぐびぐびやりながらあれこれ悩むのは、それはそれで悪くない。
結局、注文したのは、ワラサのカルパッチョ風(600円)、合鴨つくね(150円×タレ、塩1本ずつ)、キンメダイの開き焼(700円)、そしてスパム入りゴーヤチャンプル(650円)。気が付けば全て日替わりの一品料理だ。どれも安心できる味。ビールの後は、カミさんはサワー、小生は日本酒。ここは何故か新潟の酒がずらり。つい昨日に引き続き、また鶴齢・本醸造(600円)をいただく。やはり、普段使いの店は安心できる味が一番である。

20160407_173534

20170320_171451

20170320_172647

20170320_172758

20170320_173027

20170320_175830
 

まだちょっと時間が早かったので、もうお腹は十分だが、もう一杯位は呑めそうと、武蔵野線乗り換え組も3人で、新秋津駅前の店に入ることにした。西武池袋線の秋津駅からJR新秋津駅までは700mほど離れていて、朝夕はぞろぞろと乗り換え客が行き交う。週末はやはりリュックサックを背負った者が多い。
その途中には、居酒屋もそれなりにあって、なんだかんだ「立ち飲みスタジアムなべちゃん」や「一心水産」、「いなほ」などに入ったことがある。早い時間だと「ロートンヌ」という人気ケーキ屋に寄ることもある(勿論、小生がケーキを喰う訳ではない)。今回は、新秋津駅に近いところで、何処か空いていないかと店を物色。
偶々空いていた店は「にしだ屋」という居酒屋。ここも大した賑わいだったが、丁度、客の入れ替わりのタイミングで入ることが出来た。ここは焼き鳥がメイン。秋津界隈は総じて焼き鳥屋、焼きトン屋が多い印象で、何処もオヤジ達が群がっているが、ここは客層が少々違っている感じ。今どき流行りの店なのだろう。
メニューを見ると、おや、シャリ金があるじゃないですか。しかし、あるのはシャリ金生レモン、シャリ金生グレープとシャリ金トマトで、シャリ金のホッピーセットは無かった(ホッピーセットは普通の焼酎のようだ)。試しに店の女の子に訊いてみると、「大丈夫です」との返事。でも、いくらなのか聞かなかった。シャリ金ホッピーは、本厚木の「肉の佐藤」以来。そう云えば「肉の佐藤」は一時期、固め打ちしたけど、この頃とんとご無沙汰だ。また行くか。
ところで、「にしだ屋」で喰ったポテトサラダ(280円税別)は、玉子入りなのだがやや淡白過ぎ。もうちょっと頑張ってほしい。次回は焼き鳥各種を試してみよう。

P2040625

P2040626

P2040627

P2040628

P2040629

 

武蔵野線で帰る者同士で、ひろちゃんと朝霞台で乗り換え下車するついでに、打ち上げ(≒取材協力いただいた)。朝霞台界隈の店は殆ど知らないと云って良いが、武蔵野線のホームから見えるところに、呑み屋の看板がいくつかあって、この「もつ焼 松」はその一つ。
以前から、赤い看板が気になっていた。もちろん、看板は見たことがあったが入るのは初めて。店が地下だということも今回初めて知った。店はそれほど古びてはいないが、何となく居酒屋らしくない。かつて「喫茶マイアミ」だった店を、居抜きで居酒屋にしたような雰囲気がする(たとえが古い!)。
まだ17時前の入店(開店は16時)、かなり広い店内に客は数組程度。何処でも座れそうであるが、店員はここでお願いしますと、先客の並びの2人掛けテーブル。何やら端から詰めて行くのか、と云う感じだが、たしかに後から後から客がやって来て、1時間も経たないうちに粗方埋まってしまった。
それにしても、この店はオヤジ度が高い。女性は他に、ひとりかふたり。独り呑みは意外に少なく、大抵は二人連れのオヤジ同志。恋人同士じゃあるまいし、まさかこの店で待ち合わせなんてことは無いだろうから、何処からかの帰りだろうが、仕事の帰りか、競輪・競馬の帰りなのかは良く判らない。客層が気になると云う点では、大宮の「いづみや」と共通したところがある(店の雰囲気も、店員の貫録も全然違うが)。
「いずみや」との共通点で云えばもうひとつ、料理の種類の豊富さが良く似ている。その数、ざっと100種類以上。店の看板に「もつ焼」と入れてある以上、それが店のお薦めなのだろうが、他の料理の方が圧倒的に多い。肉と魚と野菜のバランスが良いように感じた。中華料理も豊富な「いずみや」とは違い、ここは徹底的に和食メニューだ。
飲み物は、先ずは黒ホッピーから(440円税込、以下同様)。その後は、スーパーニッカ水割り(300ml、710円)にしてみた。アルコール12%の水割り状態のボトル。こんなボトルあるんだ、となんとなく感心。
料理は、冷しトマト(310円)、ハツ(100円/本)、カシラ(100円/本)、ししとう(100円/本)、ホッケ(460円)、ポテトサラダ(360円)、春巻(410円)、ごぼう唐揚げ(410円)を注文。ホッケはこの頃高級魚になってしまったが、それにしてはリーズナブル。ポテトサラダは、マヨネーズ好きには物足りないかも知れないが、なかなかしっとり滑らかで結構イケる。
まだまだ試してみたい料理がたっぷり残っているので、この先何回かは来なくてはならないと思っている。

20161126_165857

20161126_170038

20161126_170309

20161126_170541

20161126_170732

20161126_171523

20161126_180745

20161126_181234

20161126_181330

20161126_190236

20161126_195828
 

寄居で鮎に舌鼓を打ったあと、今日はこれから新宿へ向かうことになっている。そのままだとちょっと早過ぎるので、東武東上線の朝霞台で途中下車。カミさんが何度か入ったことがあると云う、Caféに入ってみることにした。朝霞台駅(武蔵野線、北朝霞駅)の北口にあるその店は「セガフレード・ザネッティ・エスプレッソ(Segafredo Zanetti Espresso)」という名前。如何にもイタリアからやって来た感じの店名である。
基本はエスプレッソを飲ませる店らしいが、アルコールも出すので(でないと入らない)、いわゆるバールのたぐいだろう。店の装飾は赤と黒が基本で、オシャレではあるが決して落ち着いた感じではない。通常のファストフード店と同様、レジで支払ってから品物を受け取るしくみ。飲み物以外に、パニーニやパスタを出すところがいかにもイタリア資本の店という感じだ。
いちおうビールを注文。小腹が空いていれば何かアンティパストでも頼みたいところだが、残念ながら今日はそれどころではない。土日は朝8時からやっているようなので、今度もし、東武東上線沿線で、遅出の山登りの機会でもあれば、朝食に寄っていくのも良さそうだ。

20160922_153348

DSC03322

20160922_151454

DSC03321

DSC03320
 

久しぶりに、会社の帰りに西船橋で途中下車することになった。相手は、お互い職場が変わってしまったので、あまり顔を合わせることが無くなってしまった呑み仲間のひとり。西船橋と云えば、昔からオヤジ達が跋扈する街。昨今の居酒屋チェーンの店を除けば、ほぼ昭和の居酒屋がずらりと並んでいる。
今夜は何処にしようかと、武蔵野線の高架下をそぞろ歩き、ふと「きらく」が目に入った。ここも以前、何度かお世話になったことがある。2階に座敷もあって、居酒屋と云うよりは、ちょっと大きめな小料理屋の風情。かつての新橋の烏森神社界隈にもありそうな店。今の烏森だったら、見掛けることが少ないだろう。たまにはこんな店も良さそうだと、入ることにした。
入ると左手がカウンター席と厨房、正面に階段があって、右手がテーブル席。常連だったらまっすぐカウンター席に座りそうだが、こちらは何年振りだか思い出せないくらいなので、新参者と変わりが無い。若女将のような店員に、こちらで如何でしょうか、とテーブル席へ通される。
まず生ビールで喉を潤しながら、何を注文しようかと考える。やっぱりポテトサラダ(???円)をチェックしなくては。おや、くじら刺(550円税込、以下同様)なんて、珍しい、それもいこうか。そのあとは、手作りさつま揚(450円)、もろキュー(380円)、天ぷら盛り合わせ(600円)、お新香(???円)を一つずつ注文。どの料理もこの店の定番の様である。
ポテトサラダは、玉子入りのクリーミータイプ。塩加減も程々で、申し分なしだ。くじら刺は、何くじらだか判らない。近海ものか、はたまた調査捕鯨の流れものだろうか。柔らかくって、口に何も残らない。これで550円はお値打ちだと思う。天ぷらは、キスとメゴチが入っていて、江戸前風だ。サクッとしていて丁度良い。さつま揚げは、意外に外がカリッと香ばしく、美味い。ちゃんと手間をかけている感じが伝わってくる。やはり、こういうのが、在り来たりの居酒屋チェーンには無い味だと思う。
生ビール以外に、ホッピーセットを2順(≒ナカ6杯)呑んだ。 かなり良い気分になった。仕事の憂さは酒で流す、ということも無いが、会社帰りに一杯やる良さを、忘れていたような気がする。店の雰囲気や酒、料理と向き合うには、大人数では無理だし、話が弾み過ぎるのも問題。この店は、接客は良いし、料理も美味いので、宴会でどんちゃんやるには勿体ないと思う。 

20160825_205232

20160825_182224

20160825_190536

20160825_182323

20160825_183412

20160825_183504

20160825_184157

20160825_185248

20160825_191949

20160825_200823

20160825_201149
 

埼玉の場合、目ぼしいうなぎ屋の多くが浦和界隈にあるが、いろいろ探してみると他にも結構見つかる。これまで、我が家の近所となると、「うな百」ぐらいしか気を惹く店がなかったが、この「鰻樹」は最近、ネットを検索しているうちに見つけた店で、しかも我が家に比較的近いので、タイミングを見計らって、カミサンと行ってみることにした。
吉川駅の南口を出ると目の前の筈なのだが、何故か見つからない。ようく見てみると、不動産屋の2階にそれらしき看板を発見。かなり控えめである。階段の登り口には、「うなさし」と「ちまき」の看板。どちらも普通のうなぎ屋には無いメニュー。特に「うなさし」には興味津々である。
中へ入ると、カウンター席以外に4つのテーブル席。先客はひと組だけ。念のため予約を入れていたのだが、不要だったかなと思っていたら、その後、我々の後に客がやって来て、結局、テーブル席は塞がってしまった。
先ずはビールを注文。突き出しは胆の煮込み。ひと通りメニューを見た後、う巻き玉子(880円税別、以下同様)、白焼きハーフ(1,500円)、食べ比べうなぎ串(1,200円)、うなさし(1,300円)、蒸し鶏と豆腐の胡麻ドレサラダ(680円)、うな重(3,000円)を注文。
「うな刺し」初体験。思ったよりも歯応えがあって、それほど熟していない桃を齧ったくらいか。身は滑らかで上品な脂のノリを感じる。味も歯触りも、他の魚では例えようもない。何故、普通のうなぎ屋で出て来ることがないのかは、うなぎの血は「有毒」だから、だそうである。つまり、それを抜くには手間というか技が必要なのだろう。でも正直云って、珍しいから食べるのであって、蒲焼と二者択一を迫られたら、やっぱり蒲焼を選択しそうな感じはする。
う巻き玉子は文句なく美味いが、タレが掛かっているところは、あまり他の店では見掛けない。食べ比べうなぎ串は4種類の串が出て来て、甘めのタレ、白焼き、塩コショウ、醤油の効いたタレとのこと。たぶん、塩コショウは珍しい。他の料理もあるので、白焼きはハーフで丁度良いかもしれない。
ここまででだいぶ腹の具合はいい感じだが、やはり締めはうな重。これもタレの種類を選べるとのことだったので、醤油の効いたタレでお願いした。味は文句なし。この店には、他にうなぎのたたきとか、うなぎの西京焼きなど、余り耳に馴染みが無いメニューがまだまだある。次回がとても楽しみである。

20160522_171409

20160522_171435

20160522_171848

20160522_171854

20160522_171950

20160522_172014

20160522_173728

20160522_174224

20160522_174233

20160522_174706

20160522_181634

20160522_183311
 
鰻樹のHP: こちら 

ちょっと小腹がすいたので新三郷駅で途中下車。ららぽーと新三郷は、オープンしてからもう5年が経ったらしい。ふと気が付くと、いつのまにか随分と店は入れ替わっている。
数年前、クアラルンプール近郊の巨大ショッピングモールを足繁く通っていた頃(と云っても月いち程度)、店がどんどん閉店し、違った店に入れ替わっているのを目の当たりにしたことがある。マレーシア人は辛抱が足らんな~などと思ったものだが、変わり身の早さは日本でも大して変わらないな、とこの頃感じるようになった。いたずらに粘るだけで撤退のタイミングを失うリスクを恐れてのことなのだろう。石の上にも三年、という格言は流行り廃りには関係ないと思うのだが、もうそう云う意識は古いのだろうか。
ところでここ、「京鼎樓(ジンディンロウ)」という飲茶の店は、ららぽーと新三郷開業当初からある店。流行っているのか、必死になって粘っているのかはよく判らない。まがりなりにも5年やっているので、それなりには客がついているのかも知れない。特段、美味いのかもよく判らないが、少なくともこの界隈でちゃんとした小籠包を喰える店は他に知らない。同じ台湾で、小籠包の店として有名な「鼎泰豐(ディンタイフォン)」も「鼎(かなえ)」と云う字を使っているが、何か関係があるのだろうか、少々気になる。
黄昏時にはやや早い時間のせいか、客はまばら。お好きな席へどうぞ、と若い女性店員に案内される。店内は中華料理屋と云うよりも小洒落たCaféの趣き。先ずは小籠包。スタンダードなもの以外に、烏龍茶入りとか、蟹肉入りなどもあるが、やっぱりスタンダード。肉汁がたっぷりはさすが。しかし、それほど熱々ではない。火傷しそうなくらいが小籠包らしい感じもするが、ここには子供連れもやってくるようなので、子供に配慮したのかも知れない。よだれ鶏もなかなかイケる。廃れない味を持っていると感じた。

20160207_165428

_DSC1921

_DSC1922

_DSC1923

_DSC1924

_DSC1925

_DSC1926

_DSC1927


こちら

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお付きあいのほどお願い申し上げます。

----------------------------------------------------------------

越谷のイオン・レイクタウンで買い物をした後、時刻は午前11時過ぎ、昼食はレイクタウン内のレストランでも入ろうと思っていたら、どの店もすでに長蛇の列。空いているお好み焼き屋(名前忘れた)に入ろうとすると、並んでお待ち下さい、とのこと。店内を見ればテーブル席は随分空いているのに、なかなか店に入れてくれないので、左様ならばさようなら、と退散。3Fにあるフードコートに行ってみると、どのテーブルもすっかり埋まっている。凄まじい人々の渦。
仕方ないのでレイクタウンを離れ、いつも目の前を通り過ぎるだけだった、吉川の「糀家」を覗いてみることにした。この辺りでは有名な、なまず料理店である。
いままで通りに面した、間口4間ほどの建物の看板に「糀家」と書かれていて、そこが入口だと思っていたが、駐車場からまわってみると、まったく反対側(裏側)に門があった。門から玄関まで、気後れするほど、石畳のエントランスが長い。ここの創業はなんと1620年というから、江戸徳川幕府は2代将軍秀忠の時代である。建物だって、築250年だそうだ。ここの他に、400年近くやっている料亭なんて、少なくとも埼玉には無さそうである。
もっと驚いたことに、玄関脇のロビーや赤い毛氈が敷かれた廊下の壁には、葛飾北斎や安藤広重、与謝蕪村、谷文晁など、著名な画家の肉筆画(たぶん、版画でも複製画でも無い)が、何気なく飾られている。他にも東山魁夷や平山郁夫、中川一政、片岡球子など、著名現代画家も多数。絵画だけでなく、パブロ・ピカソ(!)作の水差しなんてのもある。その辺の美術館、顔負けである。でも考えてみれば、これらの画家が生きていた時代よりも、この料亭の方がずっと古いのだから、この店にやってきた画家本人から直接、手に入れたのかも知れぬ。我々庶民にはせいぜいそんな想像しかできない。
我々が通された部屋の床の間には、上村淳之(松園の孫)の大作「鴫」が掛かっていた。この絵の大きさは100号というから、普通の民家では到底、飾る場所が無い。そんな部屋にテーブルが4つだけ。客は我々のほかにもう一組の熟年夫婦のみ。他にもいくつ、こんな部屋があるのか判らない。
テーブルに着いた後、こんな料亭では、さぞふんだくられるのでは、と恐る恐るメニューを開く。ところが、コース料理は3,500円~と、まずまずという値段。特にランチメニューがある訳でもないが、定食は2,000円程度と、こんな店構えにしては、そこそこリーズナブルな価格設定、意外に良心的である。一品料理で、この土地の名物と云う「なまずのたたき揚げ」というものを喰ってみた。いわゆるすり身状態にしたものを揚げたシロモノ、仄かに淡水魚らしさは感じるが、淡白で美味い。それ以外に、うな丼(1,900円)となまず天麩羅御膳(2,200円)を注文。もちろん、ビールも(小生だけ)少々。まったく申し分なし。
少なくとも、越谷レイクタウン内のレストランで、長蛇の行列を腹を空かせて辛抱強く並び、ようやく混み合った店内に入り、目頭に皺を寄せたイライラ店員へ怖々注文し、ビュッフェ形式の昼食2,000円などを、がつがつ腹一杯喰って胃がもたれるよりも、巨匠の名画を鑑賞しつつ、北斎や広重が活躍した江戸時代に思いをはせ、値段が同程度のうな丼やなまず天麩羅御膳を優雅にいただく方が、遥かに良い気分になれるのは間違いない。

20151123_123824

20151123_123806

20151123_123648

20151123_123555

20151123_123448

20151123_121026

20151123_120802

20151123_115810

20151123_121352

20151123_121400

20151123_122154


糀家のHP: こちら 

会社帰りに、久しぶりに西船橋で途中下車することになった。「てる美」以来だ。今日は如何にも西船らしい店に行こうと、「まる福」を覗いてみる。外観からしてかなり渋い。若いOLは近寄りそうにない。看板を見ると「船橋加賀屋支店」とある。18時過ぎ、カウンター席は埋まっていたが、テーブル席はまだ奥が空いている状態。カウンター席は、ほぼ全てがひとり呑みの客の様である。この店は、中山競馬場から近いせいで、あらかた摩った競馬好き呑んべえでも、1千円ぐらいあればなんとかなる(センベロはちょっと無理かもしれないが)、そういう店なのだ。
ここは一応、もつ焼きがメインのようだが、魚系もかなりあって、料理のバリエーションは豊富。しかし、残念ながらポテトサラダもハムカツもない。ちょっぴり残念。つまりここは、昔ながらスタイルに拘っている居酒屋なのだろう。ポテトサラダやハムカツは、この店からすればイマ風であって、迎合してはいけない対象になっているのかも知れない。
まずは生ビールからスタートし、その後は日本酒。ここの銘柄は、「芳泉」とある。聞いたことが無いが、あとで調べると、キンミヤ焼酎で有名な三重・宮崎本店の日本酒を、「酒のこむろ」という酒問屋が自社ブランドとして販売している日本酒だった。いくらでも呑めるスタイルの酒。2合で390円と格安。ひとりで2合しばりは重たいかも知れないが、390円ならば腹も立たない。
焼きものも2本しばりなので、おひとり様ではなかなか頼み難いと思う。しかも結構、大ぶりだし。先週はシロとコブクロを喰ったので、今日はカシラとハツにしようか、なんてことになりそうだ。こちらは2名なので、コブクロ、シロ、カシラ、つくねを注文。併せて、モツ煮込み、厚焼き卵、刺身盛り合わせを注文。
もつ焼きは、あえてそうしているのかも知れないが、下処理で臭みを抜いていない、もつ本来の味わいがそのままだ。もつが苦手な人には、かなり抵抗がありそう。一方、モツ煮込みはとろとろになるまで煮込まれていて、美味い。
昔風の居酒屋に通ってみたい人には、この店は嵌ると思う。それもきっと、ひとり酒向きである。

20151110_201559

20151110_201610

20151110_180221

20151110_180339

20151110_180529

20151110_180618

20151110_181002

20151110_181519

20151110_185040

20151110_184119


 

折角のシルバーウィークは、とことん風邪をひいてしまい、長い間計画を温めていた霞沢岳も、待ちに待った「京亭」の鮎も、棒に振った。最終日になってようやく熱が下がったので、腹癒せに「越谷レイクタウン」に行って、しばしウィンドーショッピング(少々買い物も)、そのうちに腹が空いてきたので、レストラン街へ。
行ってみると、まだどの店も開いていない(早くても午前11時が開店)のにもかかわらず、すでに多くの店で行列が出来ている。こりゃ凄い。みんな、連休の最終日は外食の気分なのか。こちとらOLじゃないから、皆が並んでいると、自分も並んで見ようかなどという気は全く起きないので、比較的すいている(それでも4人並んでいた)、ベトナム料理にしてみた。
この店は以前、目に止まったことがなおので、この頃、新規開店したと思われる。有楽町は高速高架下のGINZA5にあって人気店という、「カンのベトナムキッチン銀座999」の姉妹店"Chiem"、だそうである。
メニューを見ると、フォーやビーフン(ベトナムではブン)、チャーハン、カレーなどがあるが、どれも千円以上、最低でも1,280円となっている。いくらなんでもフォーで1,280円は高すぎじゃないか、と思って良く見ると、ランチセットの料金だった。曰く、「本日のおかずからお好みのおかずを3種と、メニューの中からメインの料理を選んでください」とのことである。
なるほど、それならばまあ普通かな・・・。味はまずまずだし。この頃のベトナムの物価相場は知らないが、ひと昔前はケタが違う印象。かつてベトナムへ旅行したときは、ローカルの店に行けば(観光客相手の店だと倍半分以上違うが)、フォーは一杯数10円台、それも前半で食べられたと思う。今はどうか。2~3倍くらいになっているのかも知れない。それでもせいぜい一杯百数10円というところだろうか。
この店の場合、セット料金の半分がメイン料理とすれば、700円台。フォーが700円すると思うとやっぱり高い。この頃、ベトナム料理店には余り行っていなかったが、ベトナム料理の相場はそんなに上昇しているのだろうか。今度、以前入ったことがある池袋辺りの店を久しぶりに調査してみる必要がありそうだ。

20150923_100424

20150923_110730

20150923_111752

20150923_111856

20150923_112129

20150923_112655

20150923_113559

20150923_113630

 

西武池袋線秋津駅からJR新秋津駅(又はその逆)への乗り換えを利用する人には周知のことであるが、東村山市の端っこの街にしてはこの界隈、けっこう居酒屋がある。乗り換えに数分歩く必要があるため、その間の誘惑に負けるヒトがそれなりにいると云うことだろう。以前、隊長、たまちゃんとこの辺りの店に2、3回入ったことがある。今回は秩父からの帰り、このちゃんも秋津駅乗り換えということだったので、だいぶ久しぶりだが寄り道することにして、「立ち飲みスタジアムなべちゃん」に寄ってみた。立ち飲みなので、長居はできない。せいぜい2杯がいいところ。何処かでそこそこ呑んだあとの仕上げか、暫く移動して、少々乾いた喉を潤す程度が丁度良い。
この店の「スタジアム」というタイトルの意味は、入ってみると一目瞭然。誰かのバットやグラブ、ユニフォーム等が、壁じゅう所狭しと飾ってある。西武ライオンズの選手グッズが多いようだが、中にはイチローのバットもあった。いわゆるここは、スポーツバーの立ち飲み版という感じ。カウンターが2つ並んでいて、10数人は普通に入れる。メニューを見ると、けっこう料理の種類が豊富。居酒屋らしからぬ、ミートローフチーズ焼きなんてものもある。今回は、ハイボール(450円)とポテトサラダ(250円)を注文。意外と云っては失礼だが、ポテトサラダはクリーミーで美味かった。
この店にはもちろんテレビもあるので、さぞやプロ野球のシーズン中は、ファンで盛り上がるだろうと思われる。テレビ中継中は、ずっと立ちっ放しで観戦&飲食というつわものもいるかも知れない。ライオンズファンには勿論お薦めだが、ライオンズファンでないとアウェー感を味わってしまいそうなので、他球団ファンの方はシーズンオフに来た方が宜しいだろう。今回は常連の客が二人(どちらも一人連れ)いただけだったが、シーズンオフで立ち飲みのせいか、このちゃんキャラのせいか、自然と話が弾んだ。
この店の直ぐ隣には、いつのまにか「かぶら屋」という強力居酒屋ができていた。普通に呑みたい気分のとき、どちらも空いていたら、たぶん、椅子がある「かぶら屋」に入ってしまうだろうが、「なべちゃん」はチョイ呑みには悪くない。今度来るときもきっと秩父か所沢界隈で一杯やった後だろうし、その時にはポテトサラダ以外の料理も味わってみたい。

_DSC6081

_DSC6082
 

三郷に美味い鰻屋があるということは聞いていて、予め場所も(だいぶ迷った上で)確認していたが、実際には暫く入れないでいた。我が家に来るはずの義妹が生憎風邪をひいたため、急きょこの機会に行ってみることに。この「うな百」は、土地勘が無いと相当判り難い場所にある。最寄り駅は、JR三郷駅かJR新三郷駅、あるいはつくばエクスプレス三郷中央駅となるが、いずれの駅からもとうてい歩いて行ける距離ではないし(たぶん一時間ぐらいかかる)、最寄りのバス停(っていったい何処かな)から歩いてもかなりあるはず。周りにめぼしい建物が無いので、GPSナビがあっても迷いそうだ。
午前十一時半過ぎに到着。入口に暖簾が出ているが、準備中の札も出ている。中を覗くと、土間廊下の両側に座敷の個室がある。廊下を進み更に扉をあけると、右側の小上がりにテーブル二つが並んでいる部屋で、左側はカウンター席と厨房。店の主人が、こちらへどうぞと小上がりへ。
メニューを見ると、うな重(特上、上、ハーフ)と白焼き以外に、様々な焼き鳥やつまみ類もある。箸袋を見ると川魚料理と書いてある。ここはうなぎ専門店ではなかった。せっかくなので、うな重(上)以外に、カミさんに申し訳ないと思いつつ、我慢できず焼き鳥(しお)と熱燗を頼んだ。うなぎは注文してから三十分かかる、と断りが書いてある。ひとりで車で来た場合には、なかなか場が持てないだろうなあ。熱燗と突き出しのきんぴらごぼうが先ずやってきて、程なく焼き鳥も出てきた。肉はぷりぷりで塩加減も丁度良い。これを熱燗で流し込む。あー真昼間からごめんなさい。
やがてうな重が降臨。待ってましたと、さっそくかぶりつく。たれの味加減は甘からず辛からず丁度良い。うなぎも良い加減に蒸され焼かれているようだが、皮目には思いの外、パリパリ感が残っている。これはちょっと意外な感覚。でも悪くない。あっという間に平らげた。
ここは焼き鳥も色々な種類があり、他にも酒の肴がいくつかある。焼酎のボトルもキープできるようで、地元に愛されている店らしい。次に来るときは、例えばタクシーにでも乗って(ただ、運転手へ行き先を説明するのは難しそう)、しっかり呑むつもりで来てみたい。そのときは是非、白焼きも喰ってみたい。
満足して店を反対側の入口へ出ると、犬小屋があり、セッター(もしかするとポインター?)が飛び出してきた。おとなしいが、やたら人懐っこい犬で、初対面の我々にも腹を擦って貰いたがる。聞けば、ご主人はハンターとのこと、この賢そうな犬は猟犬だった。
もし空腹状態で三郷インターを通過するようなことがあれば、是非この店のことを思い出しトライしてもらいたい。

_DSC5991

_DSC5995

_DSC5996

_DSC5998

_DSC6000

_DSC5993

_DSC5992

うな百の位置(Googleマップ): https://www.google.co.jp/maps/place/うな百/@35.8325665,139.8555915

会社帰りに、久しぶりに西船橋で途中下車し一杯やることにした。西船橋駅は、総武線各駅停車、メトロ東西線、東葉高速線、武蔵野線、京葉線(支線)が交わる交通の要衝。あまり広くない駅構内は常に乗降客で溢れていて、乗換もさることながら、駅から出るのがひと苦労である。ところで、通常、武蔵野線の電車は東京行きか海浜幕張行きの直通運転が殆どで、西船橋で乗り換えることはない。しかし、かつては、事故等でどちらかの線に遅れが出ると、ただちに直通運転を中止してしまった。即ち、全て西船橋止まりとなってしまい、いちいち乗換しなくてはならず、しかも階段を渡って別のホームに行かなくてはならなかった。その際の混雑ぶりは尋常ではなく、階段も通路もホームも大渋滞となり、乗降客のイライラは最高潮、駅員も対応に大わらわとなる。そのため、事故の車内アナウンスを聞いただけで、とたんに憂鬱になったものである。さすがにJRもこの頃、知恵を働かせるようになり、多少の遅れでは西船橋止まりにならなくなった。なによりである。閑話休題。
北口を出ると武蔵野線のガード沿いにいくつか店が並んでおり、「てる美」はその一番手前にある。凡そ十年ぶりの訪問か。看板に「お気軽に」と書いてあるが、ちょっと入り難い店構え。暖簾を潜って引き戸を開けると、奥行きは意外に浅く、すぐ目の前がカウンター、右手が厨房、左手にテーブル席と小上がりがある、左右に長い店である。店の人は(馴染み客以外には?)あまり愛想がない。カウンター席に座り、ビールを注文、ここはサッポロ黒ラベルのみ置いてある。続いて角ハイボールを飲む。今日は蒸し暑いので冷たい飲み物が美味い。日本酒は伏見の富翁のみ。やっぱり冷酒を注文。短冊に書かれた料理メニューの中から、岩ガキ、牛モツ煮込み、う巻き玉子を注文する。どれも、ひと手間掛けた丁寧な仕事を感じる。味にも仕事ぶりが生きていて、ついつい酒が進むこと請け合いである。
(残念ながらスマホ(Galaxy S3)画像なので、鮮明さはご容赦願いたい)

20140714_180131

20140714_181618岩ガキ

20140714_181625牛モツ煮込み

20140714_184259う巻玉子

↑このページのトップヘ