山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

ラーメン

3ヶ月ぶりのジャカルタ、スカルノ・ハッタ空港、ANAがターミナル3に移ってから初めての到着となった。もうあのインドネシア感がたっぷりのターミナル1及び2を利用することがないかと思うと(バティック・エアとかライオン・エアなどの、LCC専用になってしまった)、ちょっと寂しい。
世界の新しい空港は確かに機能的なのかもしれないが、何処も似たり寄ったりで画一的、あまり特色を感じない。しかし、スカルノ・ハッタ空港のターミナル1及び2は、何処にも似ていない唯一無二の、誇れるデザインだと思う。日本の空港も、如何にも日本に来た、帰ってきたと感じさせるようなデザインが欲しいとつくづく思うが如何。閑話休題。
また、ターミナル3の国内線ターミナルでディナータイム。ぶらぶら店を物色していると、呼び込みに立っていた制服を着た若い(当然、インドネシア人の)兄ちゃんが、ニコニコしながら「いかがですか?」と声をかけてきた。店を見ると、「RAMEN38」との看板。ふむ、日本式ラーメンも悪くないか。初めての店だしせっかくなので、入ってみることにした。
この店は新しいと(前回来た時には無かったように)思うが、サンパチ・ラーメン自体はインドネシア・ジャカルタでは草分け的な存在らしい。イスラム色が強いインドネシアで、あえてとんこつラーメンを売ろうとするのは随分大胆なことだと思うが、着実に発展してきているらしい。
しかし、やはり豚なので限界はある。そこでハラルのラーメンとして昨今、鶏とんこつラーメンを開発したようだ。鶏なのに「とんこつ」であるはずが無いが、同じような味を出そうということだろう。食べてみると、確かにハラルのとんこつ味という感じがするスープ。
塩味が足りないのでいまいちだけれど、ちゃんととんこつの如く白濁してまあまあ旨味もあるので、出汁は悪くない。麺もまずまずのコシ。これでIDR56K(≒450円)は、日本人的には十分許容範囲。インドネシア人にはたぶん、日本人にとって1,500~2,000円ぐらいの感覚、いくら空港内のレストランが割高と云っても、ちょって手が出難いのではと感じた。

DSC_0235

DSC_0236

DSC_0237

DSC_0238

DSC_0239

正月明けの3日は、実家へ新年の挨拶。途中、府中で乗り換えるため、初詣をするでもなく大國魂神社の境内を通り抜ける。参道には露店が隙間無く並んでいて、初詣の厳かな雰囲気は全くなし、祭気分。露天の奥にはテーブル席が設えてあり、お神酒をやっていい調子になっている輩も多い。小生も仲間に入りたかったが、ここで管を巻くと、一日があっという間に終わるので(勢いを付け過ぎてしまうので)、泣く泣く自重。いつか、ここだけを目的に来てみたい。
今日は新年の挨拶以外に目的があった。以前持っていた冬山用シュラフ(「天山」という名のブランドで、ダウン以外にフェザーも混ざっていたせいか、矢鱈に嵩張るシロモノだった)はもう30年以上も使ったし、もうこの先使うことも無かろうと思って、何年か前に断捨離したのだったが、この頃になって考え直し、また冬用も欲しいと思うようになり、せっかくの機会だから越谷レイクタウンにカミさんを連れて寄ってみることにした。
とは云っても、厳冬期用である必要は無く(流石に冬の北アルプスや南アルプスに、しかもテントで行くチャンスも気概もないだろう)、ー2℃仕様ぐらいで十分だろうと、モンベルのダウンハガー800 #3をゲット。総重量600gは、たぶん「天山」の半分以下でとてもコンパクト。シュラフも進化しているなあと感じる。
このまま家に帰っても良いが、少し喉が渇いたので「日高屋」でちょい呑みすることにした。「日高屋」は云わずと知れたラーメン店だが、この頃は本家の大宮界隈の店に限らず、ちょい呑みのためのメニューも豊富。日本酒やホッピーセット、ハイボールなども普通にある。とはいえ、やっぱり呑みたいのは生ビール、それに合うのは焼き餃子。この黄金の組み合わせさえあれば、これから先も「日高屋」に寄る機会はいくらでもあるはずだ。

DSC_0736

DSCPDC_0001_BURST20190103194708077_COVER

DSC_0738

DSC_0737

DSC_0739

湯立人鉱泉でまったりしたあとは、珍しく今日は大月に移動して打ち上げ。実は、土日を連荘で中央線沿線の山に登ることにしたので、今宵は大月界隈で小生ひとり宿泊なのである。従って、夕食を兼ねた打ち上げも大月にさせてもらい、今回はなおちゃんが付き合ってくれた。
ちょっと暫くインドネシアに現を抜かしていたので、日本にいられる限り山に登っておきたい、という気持ちになり、だったら週に1日だけでは勿体無い、土日とも登ってしまおう、それならばいちいち家に帰るのはもどかしい、山の近くに泊ってしまおう、ということになった次第だ。
大月駅前には、昼間から呑める店がいくつかあって、我々のような山帰りにはありがたい。もう10年以上前になるが、隊長以下4人で花咲山に登った帰り(そのときも猿橋を観光し、やっぱり湯立人鉱泉で汗を流した!)、駅前の「正華」という中華料理屋で、フラフラになるまで呑んだことがあった。
その「正華」に久しぶりに入ってみようかと一瞬思ったが、未だ駅前で入ったことが無い店がいくつかある。特に気になるのは、ロータリーに面した「かつら」という店。暖簾に「古民家麺処」とあり、どうやらラーメン屋らしいのだが、外に掲示されたお品書きを見る限り、それなりにつまみもありそうなので、入ってみることにした。
暖簾を潜ると、既に店内はかなり客が入っている。皆、単にラーメン目当てでは無さそう。しかも、山帰り姿ばかりではない。地元にも人気の店のようだ。ちょうど奥の4人掛け席が空いていたのでそこに着陸。さっそく生ビール(500円税込、以下同様)をいただく。その後は日本酒にするのだが、ここには様々なカップ酒が置いてある。面白い趣向。折角なので、山梨県産を頂こうと谷桜(500円)と春鶯囀(450円)をチョイス。それでも足りなくなったら、七賢(???円)を小瓶でもらう。
つまみは先ずビールには餃子(480円)。ごくスタンダードな餃子だが普通に美味い。その後、豚肉ともやし炒め(580円)、卵と豆腐のサラダ(630円)、もつ煮(550円)を注文。どれもラーメン屋らしからぬ品揃えと味だった。ラーメンは喰わなかったが、そんなことはすっかり忘れる程、ここは普通に居酒屋である。

DSC09580

DSC09581

DSC09582

DSC09583

DSC_0545

DSC_0546

DSC_0547

DSC_0548

DSC_0549

日本食を喰いたくなったら(料理したくなったら)、ベイタウンではその思いを成し遂げるのは少々難しい。
そこで、日本食材を目指して、初めてヒューストンへでかけることになった。ベイタウンには皆無だが、ヒューストンには少なくとも2軒の日本食スーパーマーケットがある。
日系アメリカ人が経営する大道(DAIDO)は昔からある老舗らしいが、この頃、韓国系アメリカ人が経営する日本食スーパーSEIWAが出来て、そちらの方が価格が高めにも拘らず品揃えが豊富なせいで人気が高く、DAIDOでは閑古鳥が鳴いているとのこと。
先ず、DAIDOに行ってみた。店の大きさはコンビニぐらいだが、野菜コーナーや鮮魚コーナーもある。精肉コーナーもあって、地元アメリカ人向けスーパーでは置いていない、牛肉のしゃぶしゃぶ用とか豚の小間切れ肉や薄切り肉などが手に入る(地元スーパーでは基本的にかたまり肉のみ)。納豆などは冷凍庫の中にあった。
その後、SEIWAにも行って見ると、大きさは3倍ぐらいある。やや大きめなショッピングモールの一角にあり、隣にはすし屋もあるので、食事がてらに買い物(もしくはその逆)という客も多い。この店舗の並びにラーメン屋があったのでここで昼食。
ICHIという名前のラーメン店。今年の初めに出来たばかりとのこと。よくあるような、なんちゃって日本料理店ではなく、本格的な九州ラーメンが食べられる。その代わりラーメン類は最低$10(+チップ)と少々高め。それでも、真っ当なラーメンを喰いたくなって来る日本人はかなり多いようである。その点で、この店は日本人にとってのオアシスのようなものかも知れない。

20170618_114737

20170618_114750

20170618_121149

20170618_122156

20170618_122332

隊長が所属するJazz Big Band (Sugar Spring Jazz Band)がJAZZ in FUCHU 2014に参加し演奏するとのことで、府中に来た。府中本町駅からちょっと大国魂神社に寄り道。小雨の中、七五三のお参りに来た親子の姿がちらほら見られる。「けやきホール」とけやき並木通りでJAZZ演奏を堪能したら、ちょいとひとりブレイク。府中駅構内をぶらぶら歩いていると、焼き餃子と生ビールの看板。よく見るとそこはラーメン屋、このあとがあるのでここでラーメンを喰う訳にはいかないが、餃子ぐらいは良かろうと入ってみる。
「七匹の子ぶた」は埼玉・大宮を中心に展開するチェーン店らしい。コンセプトは酒も飲めるラーメン屋って感じだろうか。生ビールと焼き餃子(6個)を注文。すると、生ビールは直ぐに持ってきた方がいいか、それとも餃子と一緒の方がいいか、と聞いてくる。なかなかカスタマー・サティスファクションが判っている。当然、ビールが早いと、大抵の場合、ビールが飲み終わる頃に餃子がやって来るので、仕方なく(あるいは喜んで)もう一杯頼むことになる。しかし、飲むのは一杯だけにしようと決めている場合(あるいは必然的に一杯しか飲めない場合も含め)、ビールは餃子と同時の方が有難い。ラーメン居酒屋らしく、なかなか気が利いているもんだと感心した。
生ビール(サッポロ)と共にやってきた焼き餃子は、薄皮でジューシー、にんにくは入っていないようだが美味い。ここはラー油の代わりに、シュウマイのごとく洋辛子(自家製とおっしゃる)が出てきた。これはこれで悪くない。府中本町駅前には強敵「餃子の王将」があるので、府中駅界隈に来ることがあって、かつ時間があって、餃子を喰いたくなったらこの店にまた寄ってもいい。

_DSC4604

_DSC4605

_DSC4606

_DSC4632

_DSC4611

_DSC4638

_DSC4640

_DSC4639
 

兄と二人で利尻山に登るため、新千歳で利尻行きの便を待つ間、フードコートで昼食。ここは選ぶのに迷うほどの店があり、かつ多くのツアー客(中国系が目立つ)が来ていて大変賑わっている。後方羊蹄山に登った昨年と同様、「北海道ラーメン道場」に行ってみる(ちなみに昨年は「王華」でとんこつみそラーメンを食べた)。「えびそば一幻」には長い行列ができているが、他の店は何処も直ぐに座れる状態。今日は「銀波露」(ぎんぱろう)に入ってみる。本店は江別とのこと。「W魚介豚骨醤油」(880円)と「銀波露の肉ぎょうざ」(380円)を注文(同行の兄は「鶏しお白湯麺」(880円)と「銀波露の肉ぎょうざ」)。「W魚介豚骨醤油」には、れんげに入ったまぐろ節の魚粉がついてきて、好みで振り掛けるかたち。先ずはそのままでスープを飲む。豚骨はあっさりめな感じで、ちょっと醤油味が強め。豚背油がかなり濃厚。刻んだ玉ねぎが入っているので、全体としてややマイルドな印象。多少魚粉を入れてもあまり印象は変わらないが、全部入れると魚介豚骨系という感じになる。これも札幌ラーメン(または北海道ラーメン)の範疇なのか定かではないが、個人的にはどちらかと言えば九州ラーメンを彷彿させる。麺は中程度の太さの縮れ麺。餃子と一緒に食べると、量としては丁度良い感じだが、基礎代謝量が多い人にはかなり少なめ。880円はちょっと高いかも知れない。評価としては、特段のインパクトはないものの、普通以上に美味かった。次に新千歳に来た時は、さしあたり未だ入っていない店を優先するだろう。今度は、一幻か。

DSC_0252

DSC_0253

DSC_0254

DSC_0255


店のHP:銀波露 

↑このページのトップヘ