山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

メトロ千代田線沿線

実は、「鳥つね」に入る前、気になる店が、通りを挟んだ向かいにあった。看板には「がまぐちや」と書いてあるが、小間物屋ではなく、なんと喫茶店のようだ。かなり古びた店構えで、果たしてやっているのかどうかと訝しく思うが、豈図らんや、ちゃんと「営業中」の札がかかっている。2階の窓の両脇には、レリーフ(鏝絵か?)まである。
なにゆえ、喫茶店にこんな古風なネーミングをしたのか判らないが、何となく屋号のような気もしてくる。(後でググってみると、やはりかつては和風小物の製造・販売をしていた店だったらしい。湯島界隈がかつて花街として栄えていた頃には、芸者達が客だったのかも知れない。)
「鳥つね」を出た後、カミさんが入ってみようというので「がまぐちや」に入ることにした。残念ながらビールは置いて無さそうだが、偶にはそれもいいだろう。下町歩きの途中でひと休みするには、もってこいの雰囲気がする。
扉を開けると、右手にカウンター席、左手がテーブル席。典型的な喫茶店の雰囲気。ドトールやスタバばかり入っていると、そもそも喫茶店ってこうだったんだ、と眼が覚める思いがする。静かな時間が流れている。カウンターの中には女性マスター(女将と云っても良いかも知れない)。
テーブル席に座り、何を注文しようかとメニューを眺めると、今日の日替わりストレートコーヒーはコロンビア、とある。それにしよう。ストレートコーヒーを飲むこと自体、随分と久しぶりだ。ビールが無いので、なかなか足が向かないかもしれないが、そのうち山ではなく、下町歩きに精を出すようになったら、また寄ることになりそうな気がする。それまで、このまま変わらずにいてくれることを祈りたい。

20170127_121040

1485493375676

20170127_121248

1485493365002
 

毎度お馴染、3ヶ月毎の定期検診のため、年休を取って病院へ。午前中に診察が終わり薬を入手した後は、カミさんと共に湯島に出かけた。前日は休肝日にして、朝は食事も抜いて臨んだ検診のあと、直ちに呑み喰いに走るのは、ちょっとした楽しみである。
季節柄、本当は「梅園」で鴨鍋を喰おうかと考えていたのだが、何故かやっていない様子。少々当てが外れたが、気を取り直してすぐ隣りの「鳥つね」に入ることにした。手前にテーブル席、奥に座敷。2階もある様子。かなり客が入っているが、奥の座敷が空いていた。
ここは、夜は鳥尽しのコース料理が喰えるのだろうが、ランチ時は親子丼だけ。しかも上親子丼(1,500円)と、それにサラダ、揚げものが付いたセット(2,600円)のみ。一種類しかないのに「上」もないだろう、と突っ込んでみたくなる。ともあれ、上親子丼の単品を喰うことにした。他の客も、大半は単品の注文のようなので、客の回転は速い。どんどんやってきて、どんどん帰って行く。
注文して、間もなく丼が出てきた。注文を受けてから作り出したにしては早すぎる。恐らくは、見込みで作っているのだろう。客の回転も速い筈だ。早速、いただく。味は始め濃いめかと思ったら、そうでも無かった。まあ丁度良い。玉子のふわふわ感は、例えば「玉ひで」と較べると、やや少ない感じがする。一方、鶏肉はかなり柔らかい。まるでささ身のようだ。人によって、好みが分かれるところかも知れないが、小生はもうちょっと歯応えが合った方が好きかも知れない。しかしそれも、大した問題ではない。あっという間にペロリと平らげた。

20170127_115319

20170127_115329

20170127_120355

20170127_120405

20170127_115536

20170127_115747

20170127_115712
 

月いち居酒屋ツアー。今日は、7月の「新竹」以来の中華料理屋にしてみた。湯島にある「萬華」は、2時間食べ放題呑み放題でなんと2,980円(税別)という店。ここの料理の系統は、香港料理の様である。皆さん、基礎代謝はすっかり落ちていて、食べ放題なぞ全く無用の筈だが、何故か、好きなだけ喰えるという、幼少期から刷り込まれた魔法の力には、なかなか抗し難いようである。食べ放題と云っても、ビュッフェ形式ではなく、都度注文するスタイル。メリットは出来たてを喰えるところだが、勿論デメリットもある訳だ。
千代田線の湯島駅から至近なので、それほど遅れずに到着。小生以外の5人は既にがんがん呑んでいるが、料理がなかなか出て来ない、とぼやいている。この店は、テーブル席が壁で仕切られて、個室の様になっているためどれだけの客が入っているのか、良く判らないが、調理が滞るほど客が入っているのは間違いなさそうで、「料理はまだか」のつぶやきが壁の向こうからも聞こえて来る。
それにしても、なかなか出て来ないのは確かのようである。もしかすると、時間制なので、ゆっくり作る作戦に出ているのかも・・・、と邪推したくなる。給仕は、チャイナドレス姿の若い中国人女性がひとりだけだが、料理のペースを見れば、それでも何とかなるのかも知れない。
漸く出て来たのは、海老チリと豆苗炒め。海老チリはごく普通だが、豆苗はシャキシャキで味付けも程良い。とりあえず、なんとか落ち着いたが、その後がまた滞ることになり、酒を呑みつつ、じりじりするうちに残り時間半分が経過。
するとそれ以降、とたんに流れ始め、次々に料理が到着。牛肉ときのこ炒め、ピータン、クラゲの冷菜、小籠包、焼き餃子、豚角煮、海老マヨ、炒飯と、怒涛の料理攻撃。なかなか料理が来ないので、これでもかと頼んだものが一気にやってきて、頼み過ぎたのでは、と後悔先に立たず。喰うのに精一杯で、呑んでいる場合ではない。2時間の期限が来る頃には、もう満腹で何もする気が起きない。料理を残したら罰金、と脅されていたので、何とか平らげることができ、ほっとする。この店の戦略に、まんまと嵌ったのかも知れない。

20161005_184436

20161005_184656

20161005_184706

20161005_184811

20161005_185231

20161005_185321

20161005_191217

20161005_192517

20161005_192745

20161005_193812

20161005_194101

20161005_194620

20161005_203633

20161005_203701
 

初めて谷中をそぞろ歩きしてみた。ほぉ~、思っていたよりずっと観光地だ。谷中と云えば墓地か寺しかイメージできなかったが、商店街そのものが観光の対象になっている。歩いてみるとたしかに味がある。なかなか洒落た店もある。外国人もちらほら見掛ける。如何にも下町らしい風情は外国人にうけるのかも知れない。
昼食は、予てよりカミさんが狙いをつけていた、千駄木駅近くにある寿司屋「乃池」に行ってみる。事前予約は受け付けず、開店は11時30分ということなので、タイミングを合わせ11時20分に行くと、すでに女性一人が待っている。お持ち帰りだけとのこと。その後開店までの僅か10分間で、我々含め10名が列を作った。件のお持ち帰り客は、この列を見て、我々に「凄いわね~」と仰った。テレビに出てから人気が高まったらしい。
11時30分きっかりに暖簾が掲げられ、大将にカウンター席へ通される。勝手知ったる他の客は、席に着くなり(持ち帰りの客は立ったまま)さっそく、穴子にぎりや鯖の棒寿司等を矢継ぎ早に注文。勝手を知らないこちらは、おもむろにメニューを眺め、先ずビールと穴子にぎり(8かん、2,500円)、上にぎり(1,900円)、蛸やわらか煮(値段失念orz)を頼む。それからだいぶ遅れて鯖棒寿司(1,600円)も持ち帰りで頼むと、早くももう最後の一本だったようで、ぎりぎりセーフ。
お通しには穴子の煮こごりが出てくる。これだけで酒が一杯飲める。ということで酒を頼もうか。いくつか並んでいる中から、鷹勇特別純米を注文。すっきり辛口だが味わいもあって、如何にも寿司屋の酒に相応しい気がした。続いて、蛸のやわらか煮が登場。見ると、なんと小豆餡が乗っかっている。蛸は箸で切れるほど柔らかい。歯応えも、他に例えるのが難しいが、少なくともこれは蛸ではない。恐る恐る餡子を載せて食べるとこれが意外に合う。餡子もあまり甘くなく、むしろ多少塩辛いくらい。ふーむ、職人の技を感じる。
にぎり寿司上に続いて、穴子にぎりが出てくる。これぞこの店の名物、かつカミさんの狙い目。押し寿司ではなく、にぎりで8貫も出てくるとまこと壮観である。穴子好きは人後に落ちないつもりなので、この光景はなんとも神々しく、見ているだけでも蕩けてくる。もちろん、味わいが見た目を裏切ることはない。
この店の大将は、客と特に無駄話をすることもなく黙々と寿司を握り続けるが、かといって愛想が無い訳でもない。寿司を味わいに来ている客にとっては丁度良い距離感と云えよう。また穴子にぎりをたらふく喰いたくなったらこの店を思い出すはずだ。

_DSC5595

_DSC5596

_DSC5597

_DSC5598

_DSC5599

_DSC5601

_DSC5602
_DSC5590

_DSC5591

_DSC5592

_DSC5593

_DSC5605

_DSC5606

_DSC5608

_DSC5609

_DSC5611

_DSC5612

_DSC5613

_DSC5614

_DSC5615

_DSC5617
 
すし乃池のHP: こちら 

6月17日以来の「根津の甚八」訪問、もう半年経ってしまった。あのときは夏の到来を予感させるような陽気だったが、既に真冬。前回、店を目指してやってきたときの、赤い提灯の明るさの記憶がほとんどないが、同じ時間でも今宵は遠くからやけに目立つ。滑り具合がいまひとつの引き戸を開けると、ほっこり暖かい。女将に迎えられ、奥の座敷に通される。黒光りする柱や板壁に、白熱電灯の暖かい明かり。座布団に座った時に得られる、このくつろぎ感は他の居酒屋ではちょっと味わえぬ。
先客はカウンター席におひとりだけ。この店に溶け込むように静かに呑んでいる。この建物は冬は寒いですよ、と女将から聞いていたが、たしかに隙間風のようにすうっと冷気が通り過ぎることがある(女将が膝かけ毛布を用意してくれる)。でも、むしろ熱燗がちょっと進む程度のプラス効果とも云える。初夏の、一瞬の爽やかな涼気も悪くなかったが、この店ならば冬の隙間風も存外悪くない。前回はアユラシと二人だったが、今日はなおちゃん、りんごちゃんの女子二人を加えて、四人でプチ忘年会。
従って、ビールでちょっと喉を湿らせた後はひたすら熱燗をいただく。もちろん、酒は「太平山」一本やり。肴は鯖の燻製、鶏ささみ燻製と煮玉子、水餃子、さつま揚げ、クリームチーズのわさび漬けのせ、漬物盛り合わせ。それぞれが酒の肴にぴったり。特に鯖の燻製は前回もいただいたが、個人的にイチオシである。肴をつまみ、酒を流し込みながら、しばし雪国談義、山談義、テレビドラマ談義に花を咲かせ、瞬く間に看板となった。今度来るときはどの季節の風に吹かれてみるか。

_DSC5292

_DSC5293

_DSC5294

_DSC5295

_DSC5296

_DSC5297

_DSC5299

_DSC5300

_DSC5301

アユラシと二人で、およそ30年ぶりに「根津の甚八」に行ってみた。不忍通りから一本裏に入っただけで、とても静か。辺りに普通の民家が結構多い。30年前は年配の男主人が店を切り盛りしていたが、暫くして店を畳んだらしい。この男店主は閉店時間(たぶん9時だったように思う)になると何の前触れもせず、パシッと天井の照明を消すので、客はもう帰らざるを得なかったのを鮮明に覚えている。閉店後は5年ほどそのまま放置され、今の女主人が店を受け継ぎ再開、それから18年経つのだと聞いた。
カウンターは7席ほどで、奥に8畳の小上がりがある小じんまりした店。築100年以上という建物の歴史がもつ、独特の空間と時間の流れがここにはある。カウンターの照明は白熱電球2個のみ。折り紙などが飾ってあるところが、如何にも女性の店主らしい。エアコンはあるが、入口の引き戸を開けておくと、意外に爽やかな風が入ってくる。この建物は夏は結構涼しいが、冬は隙間風が入ってとても寒い、と店主は仰る。ビールはアサヒとキリンがあるが、日本酒は秋田の太平山のみ。他に焼酎(その名も「根津の甚八」)などもある。肴は美味しそうなのが並んでおり、そのなかから、わた入りイカ干し、鯖の燻製、鶏ささ身の燻製と煮玉子をいただく。どれも美味で日本酒に良く合い、ついつい酒が進む。
先客は何れも一人客で3名。その後、入れ替わりでもう1名。それぞれ酒にまつわる興味深い蘊蓄話を聞かせてくれ、何方も居酒屋に関して拘りと一家言をお持ちとお見受けした。この店にして、この客あり、といったところか。隣のお客から肴のお裾分けまでいただく。店主も、興が乗ると色々話を聞かせてくれる。ここ根津で店を始めるには様々な苦労があったらしい。根津という土地は京都のように、他人に対してはとても冷たいところだが、いったん知り合いになるととても温かいとのこと。隣近所と知り合いになるまで10年かかったとも。
大人数でワイワイやるのではなく、ここだけの空間と時間を肴に、ちびりちびりと酒を飲むことが、この店のなによりの贅沢だと思われる。
(残念ながら店内はスマホ(Galaxy S3)画像なので、鮮明さはご容赦願いたい)

_DSC3260

20140617_183809_Android

20140617_184714_Android

↑このページのトップヘ