山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

利き酒コーナー

日光の山に登るとき、決まって利用するタクシー運転手の横山さんは、話の種として、神橋の前を通るときにいつもこの修繕費用に幾らかかったのかを客に尋ねる。思い描いた数字に、さらにゼロを一つつけると正しい額になる、と仰る。なおちゃんも小生も常連なので、最早我々に同じ質問はしないが、今回は和尚も居たので嬉しそうに質問していた。正解は8億円。たしかに高いけど、世界遺産が8千万円じゃちょっと安過ぎる気もする。
「やしおの湯」で温まったあと、横山さんの車で東武日光駅前へ移動。駅に近い「米源」という酒屋で降ろしてもらう。ここは造り酒屋ではなく(かつてはそうだったらしい)、普通に地元の酒屋なのだが、地酒が無料試飲が出来るという有り難い店。
女将さんと思しき店のひとが出てきた。さっそく、「きざけ日光誉」、「純米吟醸東遊」、「柏盛生原酒」と、端から試飲させてもらう。女将さんは、接客に出てきた割りには無口で、酒の説明は一切なし。尤も、試飲している最中にくだくだ説明されるのも有り難迷惑。無口な女将の方が、利き酒の集中できる。
ひと通り呑んだ結果、「柏盛生原酒」が一番口に合う感じだったが、ちらりと値札を見ると四合瓶で3,250円と、ちとお高い。すると「柏盛原酒」の方が1,800円となっていたのが目に入り、「これも試飲させて下さい」と頼むと、「柏盛生原酒」に較べやや世間ずれした口当たりだが味はまずまず。これでも良さそうだと思い、「こっちをください」と云うと、やっと「1,800円です」としゃべった。
「米源」を出た後、皆さん思い思いに駅前の土産物屋を物色。小生の食指はもう動かないが、ふと見ると、いつのまにか和尚が「さかえや」の前で、ベンチに座ってお茶を飲みながらゆばまんじゅうを喰っていた。

DSC_1645

20170527_090103

DSC_1643

DSC_1644

「ももの里温泉」からタクシーでJR石和温泉駅へ。途中に点在する果樹園では、桃の花が良い感じに咲いていた。今日は、ダンコウバイに始まり、桜、桃と、それなりに春の花を愛でることが出来たので、まあ上出来だ。でも、お楽しみはこれからだ。
桔梗信玄餅工場の脇を通る。聞くところによると、ここ目当てにやって来る人気バスツアーがあって、そのウリは信玄餅の詰め放題なんだそうな。さすがに女性陣は甘いものの話題を良くご存じ。
少々時間が早いので、ちょっと駅前をぶらぶら。随分あか抜けた駅舎の1階に観光案内所があり、入ってみることにした。すると、看板に「ワインサーバ」なる言葉を発見。何のことかなと思って覗くと、中にいた女性係員(観光協会の係員であって、たぶんワイン係ではない)曰く、「全国で初めてとなる有料試飲用のワインサーバーです」と。昨年の2月にオープンしていたらしい。へー、そうだったんだ。迂闊にも今まで気が付かなかった。
ボトルを眺めてみると、笛吹市にあるワイナリーの銘柄ばかりなので(我々は、勝沼のワインだったら少々うるさい)、余り馴染みが無いボトルばかり。せっかくなので試飲してみよう。試飲用プラスチックグラス一杯当たり、だいたい200、300円。コインを入れて、ボトルの上の液晶パネルを押すと、ノズルからワインが出てくる仕組み。難を云うと、直感的にボタンを押すところが判り難いし、ノズルにグラスを引っ掛け易い(言い訳になるが、小生は実際、引っ掛けて、グラス内のワインを床に零してしまった。女性係員が直ちに掃除してくれて、ワインもタダでサービスして呉れた。酔っ払いは困るね(T_T))。
先ずはスズランワイナリーの「明野メルロー2016」をいってみる。なかなかイケるミディアムボディー。熟成が進めばいい感じになりそう。もう一つ呑んでみたのが「カベルネソーヴィニョン✕シラー」というボトル。良く見たら、これもスズランだ。こちらは少々ワイルドな感じで、フルボディーか。ヴィンテージが判らないが、やはりまだ熟成が足らない感じがする。
今日はまだ先があるのでこれで止めにした。なんだか石和温泉に来る楽しみが増えた感じでうれしい。これからちょくちょく寄らせてもらおう。

DSC05642

DSC05640

DSC05637

DSC05638

DSC05639

DSC05641

P4080828

 

平標山を登った翌日は、東谷山から日白山を目指そうかと云う声もあったが、天気予報通りに天気が悪く朝から雨となったので、きっぱりと登山は断念、観光モードとなる。
これまで、越後湯沢に観光というと、駅構内の「COCOLO湯沢・がんぎどおり」くらいしか思い浮かばなかったが、調べてみると湯沢町歴史民俗資料館「雪国館」なる施設があった。こんな機会ぐらいしか無いだろうと、入ってみることにした(入館料500円)。
館内の大方の展示は、いわゆるこの地方で使われてきた家具や道具。何だかんだ、様々な地域の展示館で目にしてきたものと大差無いように感じてしまうが、よくみればこの地方特有の形だったり、工夫が凝らされているはず。我々凡人にはそこまで想像するのがやっとだ。
ここ「雪国館」にはもう一つ、目玉がある。「雪国」と云えば、川端康成の「雪国」が思い出されるが、此処には川端康成直筆の書や、川端康成が生前愛用した品々が展示されている。また、ヒロイン「駒子」のモデルだったという「松栄」が住んでいた部屋を再現した展示まである。
さて、やっぱり越後湯沢駅に来たら、ぽんしゅ館に寄らない手は無い。3年ぶりの入店。賑わいは更に増している様子。 子供連れも結構いるが、流石にここにはオレンジジュースなど無い、子供は飽きるだろう。
今回は、緑川・本醸造、村松・吟醸、カワセミの旅・純米、夢・山廃純米、今代司・純米、長者盛・大吟醸と、都合6種類を賞味。中でもカワセミの旅・純米は、世界的なショコラティエ(らしい)、ジャン=ポール・エヴァンが「ショコラに最も合う日本酒!」と絶賛しただけあって、猛烈に甘くて小生の好みと全く合わないが、インパクト大。こんな日本酒もあるのだと感心した。

DSC05434

DSC05435

DSC05436

DSC05447

DSC05446

DSC05448

DSC05440

DSC05438

DSC05439

DSC05441

DSC05442

DSC05443

DSC05444

DSC05445
 

小嶋屋でへぎ蕎麦を手繰った後、同行者のご希望により、直ぐ傍にある越の室/利き酒コーナーに行ってみた。相変わらず今日も結構な賑わい。オジサン、オバサンよりも若者の方が多い。こちらはすでに小嶋屋でだいぶ酒が入っているので、4人で10種類の酒だけ賞味(1,000円分)。小生は、「麒麟山」純米、「天領盃」純米、「伝衛門」純米吟醸、「白瀧」生酛純米、「君の井」山廃純米吟醸を賞味。「麒麟山」は新潟淡麗辛口の代表格だが、深みも感じる。「天領盃」はコクが強い感じ。「伝衛門」はマイルドで芳醇。「白瀧」もマイルドで旨味強し。「君の井」はコクと旨味。何れもなかなかの逸品だと感じたが、中でも「白瀧」生酛純米と「君の井」山廃純米吟醸は、いつか取り寄せでじっくり味わいたい。どちらも、さっぱりした肴では負けそうな強さを持っている。この頃は旨味がちょっと気になる。この次も近くの山を登って、越後湯沢駅から新幹線で帰る際には、きっとまたここに来ることになるだろう。 

 DSC_0166

DSC_0167

DSC_0169

DSC_0170

DSC_0171

DSC_0172

DSC_0174


新潟の酒が好きな方には常識かも知れないが、JR越後湯沢駅構内の土産物売り場の一角に「ぽんしゅ館」という店舗がある。そこには酒の販売コーナーだけでなく、なんと酒風呂温泉(日帰り温泉)まであるが、その先には「テイスティングGALLERY越の室」なる、利き酒コーナーもある。実はつい先日、テレビでこの利き酒コーナーが紹介されていたのを偶々見たばかりだった。入口には、写真の如く、ドキッとするようなオブジェがあって、如何にも此処はのん兵衛の味方ですー、という雰囲気を醸しているようでもあるし、こうなるまで飲まないでねー、と釘を刺しているようにも感じられる。コーナーに入ってレジで500円を支払うと、専用コイン5枚とぐい飲みを渡される。ここでは、新潟にある全ての造り酒屋(95蔵あるらしい)の主要銘柄+お勧め22銘柄(=117銘柄)が自動販売器にセットされていて、ワンコインでぐい飲み1杯ずつ飲める、という有難い仕組み。ズラーッと並んでいて誠に壮観、あれこれ目移りしてしまう。偶々飲んで気に入ったのは、長岡・久須美酒造の「清泉」特別純米酒。とてもまろやかで、口当たりも喉越しも余韻も程良くサラッとしている(買って帰りたかったが、既に「高千代」の四合瓶と「八海山」の一合徳利瓶がリュックサックに入っていたので今回は断念)。500円程度ではあっという間に飲み干すと思っていたが、立ったまま何も食べず(但し、様々な味噌や塩も置いてあって、舐めることができる(つまり「利き味噌」、「利き塩」もタダでできる))カパカパ飲むと、直ぐに酔いが回ってきてしまい、結局ぐい飲み5杯で十分だった。これでは全ての銘柄の利き酒に、どれほどの年月が必要になるのか判らない。次回は、ポケットに乾きものでもこっそり忍ばせて行って、せめて1,000円分ぐらいは頑張ってみたい。

_DSC2517

_DSC2518

_DSC2519

_DSC2523

_DSC2521
 

↑このページのトップヘ