山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

上越線沿線

「酒風呂」には食事処はなく、上がったら手近な「小嶋屋」に集合と、示し合わせてある。従って、さっぱりしたら脇目もふらず直行。ここは「へぎそば」で有名な蕎麦屋で、本店は十日町。いずれ、本店にも行ってみたいと思っているものの、なかなか機会がない。
越後湯沢駅界隈には様々な店があるが、結果的に入るのはいつも蕎麦屋。「中野屋」しかり、「しんばし」しかり。結局、ランチタイム後の中休みが無い店となると、どうしても蕎麦屋になる。越後湯沢は立派に観光地なのだから、どの店も昼夜通しで営業していて欲しいものだが、なかなか実現は難しそうである。
今日もランチタイムは過ぎていることもあり店内の客は疎らだが、大体いつもこの店は混んでいて順番待ちする行列をよく目にする。越後湯沢駅構内のショッピングモール「CoCoLo湯沢」(「ぽんしゅ館」もこの中)に飲食店は何軒もあるが、だいたい皆混んでいる感じ。毎度来る度に、ここの集客力はたいしたものだと感心する。
とりあえず店に入ったら4人掛けテーブルを確保し、注文取りに来ようとしている女性店員に「生ビール(アサヒ・プレミアム熟撰、600円税込、以下同様)ちょうだい!」と告げる。そのあとちょっとメニューを見て考え、ビールがやってきたタイミングで川海老の唐揚げ(550円)を頼んだ。風呂上りのビールをグビっとやりながら、川海老を齧って暫し、ぼーっとする。
やがて後続の女子連が到着したところで追加を注文。頼んだのは鉄板の定番、合鴨の黒胡椒焼き(600円)、小嶋屋玉子焼き(500円)、野菜天ぷら(630円)である。ここの玉子焼きは、餡が掛かっている。酒は、地元の鶴齢(1合700円)をいただく。そして締めはやはり、へぎそば。3人なので大盛(1,000円)を1枚注文。今日もつるつる、喉越しは相変わらず良かった。

DSC00981

DSC00972

DSC00973

DSC00974

DSC00975

DSC00976

DSC00977

DSC00978

DSC00979

DSC00980

「猿倉山ビール醸造所」でまったりした後は、タクシーを呼んで五日町駅まで戻る。この時期の上越線各駅停車の旅は、守門岳から越後三山、巻機山、谷川連峰まで残雪の山が連なり、車窓から目が離せない。越後湯沢駅まで、あっというまに到着する。
今日は1時間程度しか歩いていない。摂取カロリー過多は間違いないが、偶にはそれもまた佳し。まだ昼飯時にはやや早いので、ひと風呂浴びることにする。越後湯沢にはまだ入っていない立ち寄り湯がいくつかある。
一番手っ取り早いのが、越後湯沢駅構内の「ぽんしゅ館」の一角にある「酒風呂 湯の沢」。今日はここにしよう。「ぽんしゅ館」は土産物を物色する上で毎度お世話になっている。この中に酒風呂もあるのは随分前から知ってはいたが、実際に入るのは今回が初めてである。
800円を支払って中へ入る。ここはバスタオルも自由に使える(つまり、入湯料のなかに含まれている)。風呂場には客が数人程度。尤も、それほど広くは無いので、このくらいが丁度いいかも知れない。ここの湯は勿論、温泉だが、その名の通り日本酒(酒風呂専用の日本酒とのこと、わざわざそれ用に造っているのか、それとも日本酒としては失敗作(?)だったものなのかは判らない)が入っている。
湯に浸かってみても、特に酒の匂いは感じられず。アルコールは揮発してしまったのだろうか。逆に、入れたての頃に入ると、酒に弱い輩は酔っ払ってしまうのか。はたまたそんなことが無い様、限りなく薄められているので香りも感じないのか。それでも何となく、肌がスベスベになったような気がしてきたが、もしかしてこれはプラセボ効果かも知れない、と思った。

DSC00969

DSC00970

DSC00971

米山ですっかり残雪と眺望を満喫した翌日は、もう朝から観光100%でも良かったものの、いちおう計画通りに六万騎山に登ることにした。上下浜駅から信越本線で犀潟駅まで移動し、ほくほく線に乗り換える。乗り合せた越後湯沢行きの列車には、ハイキングスタイルの地元中高年がぞろぞろいた。いったいどこへ行くのだろう。
六万騎山に最寄の駅は五日町駅なので、六日町駅で上越線に乗り換えるべきなれど、些か乗り継ぎが悪いし、且つ余計な荷物を持ったまま登るのも馬鹿馬鹿しいので、一旦、越後湯沢駅まで乗って荷物をコインロッカーにデポし、タクシーを掴まえて五日町駅まで行って貰う。
期待通り、六万騎山はカタクリで埋め尽くされていた。こんなにカタクリを見たのも、坂戸山に登って以来だ。どうしてこの辺りの山は、こうもカタクリだらけなのだろうか。往復僅か1時間足らずで登頂した後は、その足で「猿倉山ビール醸造所」へ向かう。「八海山」で有名な八海醸造が始めた地ビール。どんなものだろうかと興味があった。
緩い傾斜地に点々と八海醸造のテーマパーク施設がある。下の方にある土産物屋や蕎麦屋等の施設は以前、来たことがあった。今日目指すは斜面の一番上にある三角屋根のモダンな建物。結構、車で来ている観光客がいるが、アルコールを売り物にしている施設に車で来るのは如何なものか。他に、大型バスの団体も来ていた。
もちろん店内のテーブル席で呑むこともできるが、今日は風も無く穏やかな日和なので、外のテラス席がいい。巻機山をはじめとする残雪の山々は、この時期限定の絶景、眺めは申し分ない。ここの醸造所のブランド、ライディーンビール(600円税込、以下同様)で乾杯。つまみもビール向きの料理が揃っているのがうれしい。何度でも来たいところだが、六万騎山以上に都合が良い山が見つからないのが悩みの種である。

DSC00923

DSC00924

DSC00940

DSC00943

DSC00946

DSC00947

DSCF7981

DSC00948

DSCF7982

DSC00949

DSC00950

DSCF7983

DSC00951

DSC00952

DSC00953

DSC00954

DSC00955

DSCF7984

DSC00956

DSC00957

DSC00958

伊香保温泉2日目は、宿を出る頃から雪がちらつき出し、石段街の一番下まで降りる頃には本降りの雪。概ね天気予報通りになってきた。とりあえず今日は、水澤観音に行くことにして、石段街口からバスに乗り込む。1時間に1本しかないバス、乗れば僅か数分の距離だが、少なくともこの天気で歩くには途方も無い距離。
以前、ここには車で来た覚えがあるが、その頃にはまだ釈迦堂なる宝物館的建物なんか無かったような気がする。目の前には売店があって、地物野菜やらキノコなどが売っている。ちょっと食指が動いたものの、お土産はまた何処かで買えるだろうと、とりあえず見送り。
とりあえず参拝も済ませたら、門前のうどん屋に行こうと歩き出す。雪を突いて坂を下ると、両側に十軒ほどのうどん屋が並んでいる。何故、ここにうどん屋が軒を連ねているのか判らないが、何れかの店が参拝客相手にうどんを売り始め、それが評判になって店が増えていったのだろう。店の名前に「元祖」とか「始祖」とか「本舗」とか書いてあって、どこが先駆けの店なのかは判らないが、いちおう評判の「手打ちうどん始祖 清水屋」に入ることにした。個人的には2回目の入店である。
先客はゼロ。早速ここの店主が現れ、うちの店だけが「手打ち」ですと強調、よくしゃべる店主である。早速、日本酒を熱燗で注文した。店主がこれはどうだ、それもおすすめ、とか勧めるので、サンショウ味噌と酒粕の天ぷらをいただく。本当に酒粕だけの天ぷらだった。これは珍味、まさしく酒の肴。他の天ぷらも含め、衣が極めて薄化粧なのが良い。
もちろん仕上げは、もりうどん。つるつるしこしこの、実に喉ごしが気持ちいいうどんだ。他の店のうどんは知らないが、流石、水澤のうどんを名物にしただけのことはあると思う。しかし、次回、水澤に来る機会があれば、「清水屋」以外のうどんも試食しておきたいものだ。

20180321_103208

20180321_103856

20180321_103526

20180321_103951

20180321_103628

20180321_103719

20180321_110235

20180321_110440

20180321_114530

20180321_113727

20180321_112746

20180321_112024

20180321_112215

20180321_114717

今回、幹事を仰せつかって、伊香保温泉の宿を予約することになったのだが、宿を決めるための判定基準があるようなないようなで、これが難しい。各人の希望は微妙に(部分的には大きく)異なり、これらを満足する最大公約数的な宿は、有るようでなかなか無い。
当然、安いのに越したことは無いが、「大江戸温泉物語グループ」や「おおるりグループ」、「伊藤園ホテルズ」等の格安ホテルチェーンの宿にするのも気が進まない。ビュッフェスタイルで、カニとかローストビーフとか人気メニューに大勢群がっているところへ、割って入るほどの気概(≒アドレナリン分泌)は持ち合わせていない。できれば、もうちょっと優雅に夕食を取りたい。
とりあえずつらつら探すと、伊香保には「おおるりグループ」の宿は無いと判り、ひと安心。「伊藤園ホテルズ」は「金太夫」に泊まったことがあるので、ここは外すこととして、それ以外で何処か無いか、予約サイトを検索してみた。すると目に留まったのは、「古久家」のひとり一万円ぽっきり(税別)の期間限定格安プラン。通常期の価格は一万五千円とのこと。これならば苦情も出ないだろうと即、予約した。
ちなみに、途中で宿泊人数変更があったのだが、予約サイトで人数変更する場合、一旦、予約をキャンセルし、新規に予約し直す必要があり、随分厄介だ。しかも、一旦キャンセルした直後に、誰かに割り込まれる可能性だって無きにしも非ず。
「古久家」からは、以前泊まったことがある「金大夫」が目の前だ。反対側(客室)からは、赤城山が良く見える。夕食は食事処「湯山亭」へ。料理は先付からデザートまで全10品。しかし、量は程々だったので、ご飯(釜飯)を含めてもなんとか食べ切れる、基礎代謝が少なくなってきた者に良い具合だ。皆さんにも満足してもらえたと思う。肝心の温泉も、最上階(6階)にあるので眺めは申し分なし。もちろん、湯も如何にも伊香保らしい(尻が真っ赤になる)、いい湯だった。

20180320_143804

20180320_145232

20180320_152647

20180320_185404

20180320_185903

20180320_190103

20180320_190617

20180320_194554

20180321_070852

20180321_072524

20180321_072447

20180321_095819

20180321_090804

20180321_092029

20180321_090813

20180321_090906

20180321_091748

20180321_091632

20180321_091019

20180321_091617

20180321_091314

特急「草津」の車内で呑んだくれ、かなり良い気持ちになったところで渋川駅下車。我々以外の乗客はあまり降りない。ということは、殆どの若人は、草津か万座かで弾けるつもりか。もう昼どき。とりあえず駅を出て、蕎麦好きオヤジさんご推奨の蕎麦屋に行こうとしたが、いつの間にか雨は降ってくるが濡れるのは嫌だし、蕎麦屋までは徒歩15分ぐらい(酔っ払いはそれ以上)かかるが歩くのはかったるいし、有名なのに予約が出来ない店なので待たされる恐れが高い、待つなんて嫌だ等々の理由をこじつけて、もうバスに乗って伊香保温泉まで行ってしまおう、ということで全員の意見が一致した。行き当たりばったりのオヤジ5人旅、オヤジ達の判断は、常に易き方へ流れる。
伊香保バスターミナルに着いた後、先ずは荷物をホテルに預けたら、伊香保だったらやはり石段街だろうとふらふら移動。ちょっとの坂でも酔っ払いには堪える。石段街に出たところで、目の前にあった「睦庵(ぼくあん)」という店に入ってみる。
何故か1階は「処々や(ここや)」という、伊香保焼(たこ焼き的なもの)の店頭販売をしている店になっていて、我々は靴を脱いで2階へ上がる。そこが「睦庵」だった。店内は畳敷き。客はほぼ若者で女性率が極めて高い。オヤジ5人はかなり目立つが、酔っ払っているのでへっちゃらである。それにしても石段街が真正面なので、すこぶる眺めが良い。天気が悪いのが残念。
ググってみると、ここはかつては「叶屋旅館」という宿だったららしい。それが証拠に、ここには温泉があって、蕎麦を注文した客は無料で風呂にも入れたらしい(入浴のみの場合は500円だそうな)。
生ビールと天ざるを注文。手繰ってみると、つるつる、しこしこ。予想以上の香りが高く、エッジが利いた蕎麦だった。観光地の蕎麦屋を馬鹿にしてはいけない。

20180320_142304

20180320_141158

20180320_141154

20180320_141204

20180320_125630

20180320_125715

20180320_125726

20180320_125731

20180320_125811

20180320_130458

20180320_131337

「かのうや」のブログ: こちら

ぽんしゅ館で試飲をしてほろ酔いになった後、まだランチタイムまで少々時間があるので、「平標茶屋」の方に教えてもらった共同浴場の「山の湯」へ向かうことにした。その後、「しんばし」で一杯やろうという寸法である。しかし道中、「しんばし」に寄った前回には11時10分ぐらいに到着したのに(開店時間は11時)、30分余り待たされてことが頭をよぎったので、小生だけは「山の湯」へは寄らず、踵を返して「しんばし」へ直行することにした。
而して開店の約30分前に到着。さすがに誰も並んでいなかったが、間もなく何処からともなく人が集まり出し、開店直前には少なくても20人ぐらいは並んだ状態。開店と共に案内され、蕎麦打ち部屋の脇の席を陣取る。どやどやと客が入ると、忽ち満席だ。目の前で若旦那(?)がせっせと蕎麦を打ち、大女将(?)がせっせと天ぷらを揚げるが、我々が席を立つまで手を休めることは無かった。大した繁盛ぶりである。
さて、今日は陽気が良いのでビールを外す訳にはいかない、早速、生ビール(600円)で乾杯。その後の日本酒は、さっき「ぽんしゅ館」で利き酒した、高千代の「うまい助」純米生原酒(1,100円/300ml)があったのでそれをもらうことにした。
料理は、身欠にしん煮付け(850円)、天ぷら盛り合わせ(1,900円)、蕎麦屋の味玉(500円)、魚沼美雪ます風干し(1,000円)をいただく。前回、前々回と似てしまうが、其々美味いので致し方ない。天ぷらは、さっくさく、である。味付け玉子は酒の肴にぴったり、蕎麦屋では珍しいと思う。魚沼美雪ますは、最早、淡水魚を超越している。
肴に舌鼓を打ち、酒に酔ったらそろそろ締めますか。やはり、せいろにしよう(800円✕2)。コシがあって喉ごしは抜群だ。今回も雪山といい、温泉といい、酒と肴といい、蕎麦といい申し分なし、満足、満足。

DSC07483

DSC07484

DSC07485

DSC07486

DSC07487

DSC07488

DSC07489

DSC07490

DSC07491

DSC07492

DSC07493

日白山にガッツリ登った翌日は、また別の山に登ろうという意見は特に出ないため、然らばちょっと観光してランチをして帰るということになる。朝一番の路線バスに乗り、終点の越後湯沢駅で下車。とりあえず荷物をコインロッカーに預けて、帰りの指定券も取ってからさて、何処へ行こうか。
・・・というほど話し合うこともなく、手近な「ぽんしゅ館」に寄ることとなった。もうやっているのかと少々危ぶんだものの、ここの開店時間は午前9時、杞憂に終わった。それでも中に入ると、客は殆どいない。ほぼ我々4人の貸切状態、こんなにも空いているぽんしゅ館は初めてだ。さすがに9時から呑もうという輩は少ないということか。でも我々は、こんなにも広々としたところで、心置きなく酒を選べる幸せを味わう。これからは、ここへ来るのは朝に限る!と理解した。
ほぼ1年ぶりに来たせいか、呑んだことがない日本酒ばかりズラリと並んでいるような気がする。ともかく、500円を支払ってコイン5個を手に入れたら、どれにしようかとあれこれ悩む。先ず目に付いたのは、高千代の「うまい助」純米生原酒。春限定で、越後湯沢限定販売酒とのこと、こういうセリフに弱い。呑んでみると、もちろんフレッシュ感もあるが、高千代らしくなくマイルド、そして純米原酒らしく、結構深い。気に入った。
次に選んだのは高の井の「田友」特別純米酒。燗酒が美味い、と書いてある。見渡すと、セルフ燗付け器があった。湯豆腐を掬い上げるような道具に猪口を乗せ、燗をつける仕組み。2分ぐらい待つと、40℃になるようになっている。いい感じになったところでグイっとやってみる。ちょうどいい感じ。あー、炙ったスルメイカが欲しい。

DSC07480

DSC07470

DSC07472

DSC07471

DSC07474

DSC07475

DSC07476

DSC07477

DSC07478

DSC07479

日白山に首尾良く登頂を果たし、宿場の湯で温まった後は、路線バスに乗って元橋バス停下車、平標茶屋に移動する。バスには、意外に多くのスキーヤーが乗っている。いまどき、自家用車でやってくるのが普通だろうと思っていたが、聞くところによれば苗場スキー場からかぐらスキー場まで、スキーとゴンドラで移動し、またバスで戻るという客がいるらしい。
昨年、平標山に登った際、平標茶屋に泊まる予定だったのだが、宿泊客が我々だけだったため、同じ系列のホテル・エフに泊まって下さいと宿にお願いされ、宿泊が叶わなかったのだが、今回もしつこく予約を入れたせいで、やはり今年も我々だけだったが、上手い具合に泊まることができた。
1階に薪ストーブの土間と、一段上がったところに食堂、2階に客室という配置。以前は外国人が別荘として所有していたそうである。洋風の飲食店だったこともあるようで、それが証拠に、食堂にはいまでもスポットライトやミラーボール等が設えられているのだが、全体的には落ち着いたログハウス調である。
到着して荷物を整理したら、薪ストーブの周りに集まって夕食前に一杯やることにした。ビールが呑みたいと所望すると、「(ホテル・エフへ)取りに行ってきます」と云って車に乗って走っていった。ここで待たされるとは思わなかったが、まあいいか。薪の火を眺めているとそれだけで和める。外は寒風吹きすさぶ三国街道。
ビールがやってきて、改めて登頂を祝し乾杯。いい気分になっていると、すぐに夕食の準備ができたとのことで、食堂へ移動。今日のディナーはトンカツだった。そう云えば、昨年、ホテル・エフのディナーはカツカレーだった。やはりここは若者向けメニューである。ここ、平標茶屋にはスキー合宿の学生などは来ないだろうと思っていたら、将棋や囲碁サークルの学生がやって来るそうだ。学生のときからこんな宿に来られるとは羨ましい限りだ。

DSCF2991

DSC07444

DSCF2992

DSCF2993

DSCF2990

DSC07445

DSC07446

DSC07447

DSC07448

DSC07450

DSC07451

DSC07452

DSC07453

DSC07454

DSC07455

DSC07456

DSC07457

DSC07459

DSC07460

DSC07461

DSC07462

DSC07463

DSC07464

DSC07465

DSC07466

DSC07467

DSC07468

DSC07469


丁度一年前に続き、また今年もスノーシューイングで、越後の残雪の山を楽しもうというプラン。今回の山は日白山という、平標山の北、タカマタギの西に位置する山。ひと昔前まではその存在すら知らなかったが、昨今、人気が出て来たようで、ネットには毎年、何人ものレポートが出て来る。
余計な荷物(≒着替えと酒と肴)を宿にデポして、二居集落から歩き始め、東谷山を越えて日白山を目指す。登り始めこそややガスが懸かっていたものの、やがてスッキリと晴れ渡り、いわゆるピーカンの日和。霧氷が、晴天に浮かび上がって見える。
こんな天気は年に何度も無いだろう。昨年の平標山だって、それなりには良い天気だったが、風があって山頂には長居できなかった。今日はほぼ無風。山に囲まれていなければ、地平線まで見えそうだ。こちらから見る谷川岳は、意外としょぼい。偶々、山頂でお会いした単独行氏は、タカマタギを経由してやってきたとのこと、健脚だ。帰りは長釣尾根を下ると仰っていた。我々にはちょっとマネが出来ない(その方のヤマレコはこちら。写真74/89は小生がシャッターを押した)。
暫くぼーっと景色を楽しんだ後は、我々は同じルートを辿って下山。途中、踏み抜きしないよう(ガボらないよう)、スノーシューを付ける。下りは早い。忽ち、眼下に三国街道が見えるようになり、これから入る予定の日帰り温泉施設「宿場の湯」も視認できるようになる。(山の記録はこちら)
「宿場の湯」はかぐらスキー場に近いせいか、殆どはスキー客。洗い場や風呂場はゆったりとしていて、湯もいい感じだ。湯上りは休憩室へ。事前にHPを確認して、食事処が閉鎖していることは知っていたが、もしかするとビールの自動販売機ぐらい置いてあるのでは、と思ってみたもののそれは淡い期待だった。仕方がないので、清涼飲料水で我慢する。こんなことは、山の駅以来だ。食事処の再開は後回しでも構わないから、とにかくビールを置いて呉れないと「宿場の湯」にはもう来たく無い。頼みますよ、ほんと。

035 まだまだ余裕。

036 先達者が見えたような?

058 霧氷の世界その12。

069 霧氷と皆さんと苗場山。

071 霧氷が青空に映える。

077 霧氷の世界その22。

082 東谷山に到着。

098 東谷山がもう小さくなった。

20180317_125127

104 日白山山頂にて。小生の右肩の上が谷川岳。

121 ルンルンだ。

141 宿場の湯が見えた。

DSCF2988

DSC07442

DSC07443

20180317_165040

「しんばし」で日本酒を呑み、蕎麦を手繰ってすっかり満足した後は、駅に戻って「CoCoLo湯沢」で土産物を物色。カミさんは熱心に買い込んでいるが、小生は腹が一杯のせいかもう食指は動かず、買い物も特に見当たらない。
ひと通りカミさんの買い物が終了した後、「ぽんしゅ館」の前を横切るものの、これから試飲する気にもならない。しかし、「CoCoLo湯沢」内の暖房ががんがんに利いていたせいか(コートなんて着ていられない)、かなりのどが渇いた。まだ新幹線の時間まで間があるので、何処かに入ろうかということになった。
再び駅の外へ出ると、目の前に「味らく茶や」という名前の店があった。どうも蕎麦屋のようだが、呑みものだけで何とかならなりそうだと入ってみた。店内は、ほぼ満席状態だったが、入り口近くの8人掛けの囲炉裏が切ってある大テーブルには、昼呑みしているオヤジ二人だけだったので、こちらは対角線に着席。
フロア係の店員は、そこはかとなくやさぐれ感が漂う中高年男性。客の注文が厨房と上手く伝わっていなかったのが、大声で厨房の相手を詰っている。店の雰囲気は、店員の言動や立ち居振る舞いでかなり印象が変わる。客はスマホ等を相手に、なるべく見て見ぬふり。
ビールを呑もうかと思っていたが、何となく気が変わり日本酒。純米にごり酒で「冬将軍」という、冬季限定の酒が置いてあったのでそれを注文(800円)。小千谷にある新潟銘醸の酒。この酒蔵の代表的な銘柄は「長者盛」だ。ご飯茶碗の様な、巨大ぐい呑みに注がれて出て来た。口当たりはまろやかで、喉ごしはさっぱり。すいすい呑める、危ない酒だ。これを山菜を肴にちびちびやった。カミさんは紫蘇ジュース(400円)を呑んだ。

DSC06705

DSC06706

DSC06707

DSC06710

DSC06709

DSC06708

越後湯沢に着いたら時計は11時、ちょっと早いが昼食としよう。駅前にある「むらんごっつぉ」という名のレストランに入ろうとしたら、11時30分開店とのこと。待つ手もありそうだが、とりあえず他を当たろうと歩き出す。線路に沿って北へ向かうと、まだ開いていない店が多い。そのうち蕎麦屋の「しんばし」まで来ると、暖簾が掛かっているので入ってみることにした。
たった9ヶ月ぶりの訪問だが(前回はこちら)、店の中に入ってびっくり。外観は以前との違いを感じなかったが、店内はまったく違う造りに改装されていた。昔の蕎麦屋の雰囲気が残っていた以前の内装と較べて、新しい店はいわゆる和モダン。どちらがいいかは一概には云えないけど、若者受けするのは和モダンの方なのだろう。
改装されて一層客が増えた訳でもないだろうが、店内は既に満席で、待合スペースにも人が一杯。順番待ちのため名前を書くようになっていて、我々は4組目。何とかなるだろうと、待つことにする。その間にも、順番待ちをせずに入っていく客が何組かある。皆さん、予約組なのだろう。少々迂闊だった。
待つこと30分余り、ようやく席を案内される。お二人だったらこちらにどうぞ、とカウンター席。以前、小上がりがあったあたり。目の前では蕎麦を茹でている男性(大旦那か?)と、忙しそうに天ぷらを揚げている女性(大女将か?)。道路側では、硝子窓の中に黙々と蕎麦を打つ男性(若旦那か?)。注文取りは、若いあんちゃん。他にも若い女性店員が数人。全部で10人ぐらい店員がいそうだ。
先ずは瓶ビールを注文。メニューを見ると、料理は以前と同じようである。鮎の一夜干し(950円)、魚沼美雪ます風干し(950円)、味玉(500円)を注文してみた。変わらぬ美味さ。酒は、やっぱり鶴齢しぼりたて純米(750円)をいただく。締めは、へぎそばのせいろ(800円)。蕎麦は以前と同じく香りがあってコシもしっかり。安心した。

DSC06692

DSC06693

DSC06694

DSC06695

DSC06696

DSC06697

DSC06698

DSC06699

DSC06700

DSC06703

DSC06704

越後ワイナリーから浦佐駅までは、タクシーでワンメーターの距離に過ぎないが、もうしっかり良い気持ちになっているので、やっぱりタクシーを呼ぶ。車窓から、浦佐駅のすぐ手前に、とても立派な田中角栄の銅像が見えた。少々時間もあったので、わざわざ見に行ってみた。
説明によれば、約6.5mの台座に約3.4mの像が立っている。こんなにも台座が高いのは、やはりここが豪雪地帯で、田中角栄センセイの像が雪に埋まってしまうのは忍びないと、後援会の方々が考えたせいかなと邪推する。
しかしこの銅像にはもうひとつ、変わったところがある。屋根がついているのだ。それも、車のガレージのような、如何にも後からとって付けた様な屋根。屋根が付いている銅像は、たぶん初めて見た。少々、異様な光景。調べてみると、銅像が建立された後にかの娘の田中真紀子が、おとうちゃんの頭に雪が積もるのは可哀想だ、とごねたらしい。こうして、かくも珍しい銅像となった訳。
浦佐駅に着いても、まだ少々時間がある。こういうときは、出来れば何処かのカフェでビールぐらい呑みたいところだが、残念ながら駅の外にも中にも何にも無い。
浦佐駅を利用する客は、地元の人以外には、我々のように只見線を利用する観光客ぐらいなのだろう、駅構内はだだっ広さばかりが目立つ。利用客が多ければ、このようなスペースには土産物屋やレストランがあるはずだ。しかし、あるのはちっぽけなコンビニと待合室だけ。
やむを得ず、コンビニで缶ビールを買って、コンビニの裏にあったテーブル(荷物置き場?)で一杯やった。買ったビールは「新潟に乾杯」と書かれたキリン一番絞り。なんだかそのロゴが物悲しい。

DSC06171

DSC06172

DSC06173

DSC06174

DSC06177

DSC06178

昨日一昨日に引き続き、今日もまずまずの天気。只見線で小出駅に着いたあとは、上越線への乗り継ぎがタイムリーではないため、タクシーに乗って移動。車中から、常に越後三山、特に八海山がよく見える。今日はまったくの観光モード日。小生は、ただ付いて行くだけである。
もう、ゴールデンウィークも終盤。既に昼過ぎの上り新幹線の指定を取ってあるので、そんなに多くは時間が無い。目当ては浦佐駅に近い「越後ワイナリー」。新潟県にも少ないながらワイナリーが数ケ所あるが、ここはそのひとつ。この辺りはたっぷり雪が積もる筈なので、そんなところでもブドウ栽培ができるとは少々意外な気がする。
場所は公園の一角のような、閑静な場所。東側には田圃が広がり、その奥には越後三山が目の前に見える。辺りにはぶどうの木は少々あるが、畑というほどではない。どこか別の場所なのだろうか。わずかにある、垣根状に手入れされたぶどうの木の脇には、変わった形をしたアンテナのような柱が等間隔に立っている。もしかすると、これが雪囲い用に使われるのかも知れない。
建物に入ると、1階が売店、地下階が醸造所となっている。地下階には雪室が設えられていて、ワイン熟成庫に冷気が送られるようになっている。云わば、雪を資源として利用しているというわけ。同じような設備は、八海山の醸造所でも見たことがある。
ワインのテイスティングは無料。いくつか試飲したが、気に入って買ったのは、キュベ越後カベルネプライベートリザーブ2013(2,160円税込)。渋みと酸味のバランスが程よい感じ。
試飲のあとは、併設されているレストラン「葡萄の花」でランチ。そこそこ客が入っている。窓の外にはやはり越後三山。小生はやっぱり先ず生ビールだが、皆さんは最初からワインで乾杯。頼んだのは越後シャルドネ2013(3,000円税別、以下同様)。つまみは、きんちゃんハム工房のソーセージ盛り合わせ(1,200円)、越の鶏スモークチキンのサラダ(750円)、牛ハラミステーキ(???円)、イタリアンミックスピザ(1,100円)、ガーリックポテト(550円)、エスカルゴブルゴーニュ風(1,000円)を注文。さすがにどれも、ワインに良く合う。大満足の越後ワイナリー訪問となった。

DSC06140

DSC06141

DSC06142

DSC06143

DSC06144

DSC06157

DSC06158

DSC06145

DSC06146

DSC06147

DSC06148

DSC06149

DSC06150

DSC06151

DSC06152

DSC06153

DSC06154

DSC06155

IMG_0867

DSC06156

DSC06159

DSC06160

DSC06161

DSC06162

DSC06165

DSC06163

DSC06166

DSC06164

DSC06167

DSC06168

DSC06169

DSC06170


今年のゴールデンウィークは、越後の山旅。こちらの方に来るのは4シーズンぶりだが、なかでも只見線沿線の山に登るのは、個人的には凡そ30年ぶり。浅草岳に登って以来のことだ。
その頃はまだ、無人の田子倉駅があって、その近所にテント泊した。辺りには何の建物も無く、随分ワイルドなところだと思った。現在は駅そのものが無くなってしまっているので、ワイルドな状況はさらに深まっているのだろうと思われる。その当時、そもそもこんなところに駅があるんだ、と驚いた記憶がある。なにしろ周りに民家はまったく無く、駅を利用するのはここから浅草岳や鬼ヶ面山に登る、やや酔狂な登山客が偶にやってくるだけ。その頃は、国鉄も酔狂だった。閑話休題。
越後の山旅1日目は、ちょっと足慣らしに下権現堂山(標高897m)へ登ることにした。一旦、入広瀬にある宿に余計な荷物をデポした後、宿の送迎車で登山口の戸隠神社まで送ってもらう。これはとっても有難い(とは云っても、送迎代は有料)。
この時期の越後の山は、たとえ標高が1,000mに満たなくてもしっかり残雪があり、ブナの眩しいばかりの芽吹きがあり、様々な草木が一斉に花を開く、自然の息吹を実感するような眺めだ。山頂までは約2時間、ブナの森が気持ち良かった。山頂には、意外に多くのハイカーが屯していた。ここは、越後三山と浅草岳、守門岳の展望台。時間的に上権現堂山まで行けないことも無かったが、気分的はもう十分。
再び戸隠神社まで戻り、タクシーを呼んでゆ~パーク薬師へ向かう。ここは、ちっちゃなスキー場に併設された日帰り温泉。もちろん、この時期はスキー場はクローズしている。外のバーベキュー場では多くの若者たちで盛り上がっていた。
650円を支払って風呂場へ。内装は簡素だが、窓は大きくて開放的。大して汗はかいていないが、ひと風呂浴びるとやはり気持ちが良い。風呂上がりに休憩室へ行ってビールを注文すると、窓の外には新緑に包まれた下権現堂山と上権現堂山が仲良く並んでいるのが見えた。

037 気分は最高。

046 魚沼産コシヒカリの里。

047 箱庭のようなブナ林。

071 ブナ林と里山。

048 神々しい越後三山。

051 思ったよりも早かった。

055 左奥が浅草岳、右奥は毛猛山。

082 気分良く下山。

084 タムシバ。

DSC06034

DSC06033

DSC06031

DSC06030

DSC06032

ぽんしゅ館で少々ほろ酔い気分となったところで、そろそろ腹も空いてきたので再び駅の西口を出る。目当ては蕎麦屋。もちろん、東口には「中野屋」があるし、COCOLO湯沢にも「小嶋屋」があるのだが、今日は「しんばし」に行ってみようかと算段。
開店時間11時より少々遅れて入ったところが、もうかなりのテーブルは埋まっている状態。かなりの人出。こんな天気だが、スキー目当ての客が多い。どうやら危ないところだったようだが、我々は上手い具合に小上がりの座卓に着席できた。
早速やってくる注文取りは高校生のアルバイトだろうか、初々しさがいい感じ。メニューを覗いてみると一品料理が色々あって嬉しい。先ずはビール(大びん700円税込、以下同様)をいただく。つまみには、魚沼美雪ます風干(950円)と味玉(500円)、それに天ぷら盛り合わせ(1,850円)をいただくことにした。
「魚沼美雪ます」とは初めて聞くが、ググってみれば新潟県内水面水産試験場が、「ニジマス」と「アメマス」を交配し育てた魚沼独自の新品種とのこと。これって以前、大久保西の茶屋で喰った、長野県水産試験場が開発した信州サーモン(「ニジマス」と「ブラウントラウト」の交配種)と似たような感じだ。何処の水産試験場も、ご当地ブランドの開発に忙しいようである。
日本酒は、やっぱりまず鶴齢。最もスタンダードな純米しぼりたて(1合750円)を注文。お銚子とぐい吞みと小鉢が御盆の上に載って出てきた。キレがあるけど濃厚。あっという間に無くなったので、続いて超淡麗という酒米を使った鶴齢・特別純米(1合900円)を頼んでみる。するとまた、お銚子とぐい吞みと小鉢が御盆の上に載って出てきた。微妙な味の違いは頓着しないので、ぐい吞みが勿体ないと感じてしまう。次に、また超淡麗を使った湊屋藤助の大吟醸(1合900円)を注文。また新たなぐい吞みで、贅沢に味わった。
食べ終わって外に出ようとすると、入口付近は入店待ちの客がぞろぞろ屯している。この店は人気なのだ。

DSC05449

DSC05450

DSC05451

DSC05452

DSC05453

DSC05454

DSC05455

DSC05457

DSC05459

DSC05456

DSC05458

DSC05460

DSC05461

DSC05462

しんばしのHP: こちら
 

平標山を登った翌日は、東谷山から日白山を目指そうかと云う声もあったが、天気予報通りに天気が悪く朝から雨となったので、きっぱりと登山は断念、観光モードとなる。
これまで、越後湯沢に観光というと、駅構内の「COCOLO湯沢・がんぎどおり」くらいしか思い浮かばなかったが、調べてみると湯沢町歴史民俗資料館「雪国館」なる施設があった。こんな機会ぐらいしか無いだろうと、入ってみることにした(入館料500円)。
館内の大方の展示は、いわゆるこの地方で使われてきた家具や道具。何だかんだ、様々な地域の展示館で目にしてきたものと大差無いように感じてしまうが、よくみればこの地方特有の形だったり、工夫が凝らされているはず。我々凡人にはそこまで想像するのがやっとだ。
ここ「雪国館」にはもう一つ、目玉がある。「雪国」と云えば、川端康成の「雪国」が思い出されるが、此処には川端康成直筆の書や、川端康成が生前愛用した品々が展示されている。また、ヒロイン「駒子」のモデルだったという「松栄」が住んでいた部屋を再現した展示まである。
さて、やっぱり越後湯沢駅に来たら、ぽんしゅ館に寄らない手は無い。3年ぶりの入店。賑わいは更に増している様子。 子供連れも結構いるが、流石にここにはオレンジジュースなど無い、子供は飽きるだろう。
今回は、緑川・本醸造、村松・吟醸、カワセミの旅・純米、夢・山廃純米、今代司・純米、長者盛・大吟醸と、都合6種類を賞味。中でもカワセミの旅・純米は、世界的なショコラティエ(らしい)、ジャン=ポール・エヴァンが「ショコラに最も合う日本酒!」と絶賛しただけあって、猛烈に甘くて小生の好みと全く合わないが、インパクト大。こんな日本酒もあるのだと感心した。

DSC05434

DSC05435

DSC05436

DSC05447

DSC05446

DSC05448

DSC05440

DSC05438

DSC05439

DSC05441

DSC05442

DSC05443

DSC05444

DSC05445
 

今回の山旅は平標山。残雪期に日帰りで登れる山としては、アプローチの点から見ても最善の山ではなかろうか。尤も、雪質次第では途中で断念も十分ありえると覚悟の上。今回は山スキーを履いたグッチー師匠も参加していただいた(山行記録はこちら)。
登山口からは、「平標山の家」への夏道の左にある小尾根を登る。トレースは僅かにある。多少の緩斜面はあるもののほぼ一貫した鉄砲登りが続くので、極めて効率が良い。雪質は腐っておらずまずまずだが、堅雪の上に数センチメートルの新雪が乗った状態。たとえスノーシューを履いたとしても、小生が歩くとその新雪の分、確実に沈むが、女子はその上でミズスマシの如く、すたすたと登っていける。随分とハンデがある。
日中はほぼ良い天気。稜線上はそれなりに風が有ったが、意外と効率よく平標山に着いた。目の前に見える仙ノ倉山が、夏の景色とはまた違った風格がある。苗場山も良く見える。眺めに気を取られてじっとしていると、流石にジンジン冷えてくるので早々に下山。グッチー師匠は気持ち良さそうにすーっと下っていく。
今宵の宿は「ホテル・エフ」。元々は、もっと越後湯沢寄りにある「平標茶屋」に泊まる予定だったが、我々以外に泊まる客が無く、かつ経営が同じ「ホテル・エフ」での客対応が忙しいとのことで、宿にお願いされたため同意。「平標茶屋」は良さそうな雰囲気だったので、またの機会に来てみよう。
「ホテル・エフ」は苗場スキー場が目の前。外観も中身も典型的なスキー客向けの宿と云う感じだった。先ずはジャグジー風呂に入ってみたが、薄暗くて洞窟風呂の雰囲気も味わえる。夕食はビーフシチュー。生ビールの後に日本酒(高千代)も頼んでみたが、さすがにシチューとの相性はいまいちだった。タダで苗場スキー場の花火を眺められるのはなかなかだ。

20170318_122443

20170318_131040

DSC05431

P3190585

20170318_162224

DSC05400

DSC05401

DSC05402

DSC05407

DSC05429

DSC05430

P3190584

P3190586

P3190587

 

かねてより、山から下りたら簗に寄ってみたい、と思っていた。簗と云えば、もちろん鮎。鮎と云えば、シーズンは6月から9月。簗場の場合は釣りシーズンとはちょっとずれて、だいたい6月半ば以降オープンという処が多い。つまり、基本的に暑い頃となる。その頃の日帰りの山選びとなると、いつも云うけどこれがなかなか難儀だ。
もうひとつ、場所の問題がある。関東で、簗場はだいたい群馬県の利根川水系、栃木県の鬼怒川水系、茨城県の那珂川界隈と決まっている。那珂川は山と結び付けるのは少々難しいのでとりあえず除外すれば、残りは利根川か鬼怒川界隈。どの山と組み合わせるか、あれこれ考えた結果、山は十二ヶ岳&小野子山、簗は渋川にある「落合簗」にしてみた。どちらも標高がいまいちだが、やむを得ずそこは犠牲にした。
根古屋乃湯でさっぱりした後、タクシーでそのまま「落合簗」に向かう。所々街中で祭りの準備作業を見掛ける。タクシーの運転手曰く、お盆の頃に山車を引く祭りがあるらしい。普段はひっそりとした渋川だが、この時だけは盛り上がるようだ。
細い路地のどん詰まりに「落合簗」があった。渋川の市街地から見れば、利根川を挟んだ向かい側。「落合簗」から見ると、目の前を流れる利根川の先に聳える榛名山が望めると云う、絶好のシチュエーションにある。時折、鉄橋を渡る上越線の電車も見える。建物は簗らしく、板張りに茣蓙を敷いただけ、屋根もトタン板を被せ、その下の葦簀が剥き出しとなったままの安普請だが、それがいかにも簗場の雰囲気。屋根には水を流して、暑さを和らげる工夫もされている。
今日は膝のリハビリ中のくまちゃんが、わざわざ簗だけを目指してやってきた。既に先着していて、手際よく塩焼きは注文済みとのこと。流石である。まず揃ったところで、生ビール乾杯。料理はとにかく鮎尽し。付き出しの酢のものと、いきなりメインの塩焼きから始まり、生き造り、うるか、フライ、一夜干し、鮎の土佐煮、鮎飯をいただき、ちからいっぱい、鮎を堪能する。
ビールの後は日本酒。落合簗のラベルが貼られた冷酒は、高崎市倉渕(榛名山の西麓)にある牧野酒造の「大盃」という銘柄。創業は元禄三年、現在の蔵元は十七代目だそうである。口に含むと、すっきり辛口。鮎料理を喰うには、このような淡麗系の方が相応しいと思う。生酒をちびちびやりながら、鮎を齧っていると、「快速SLみなかみ号」が、汽笛と共に利根川鉄橋を渡っていった。

P7302322

DSC02724

DSC02692

DSC02694

DSC02695

P7302327

DSC02696

DSC02697

DSC02699

20160730-DSC02701

DSC02700

DSC02702

DSC02703

DSC02705

DSC02707

DSC02706

DSC02708

DSC02711

DSC02714

DSC02715

DSC02716

2016-07-30-2

DSC02720

DSC02722

P7302329

P7302330

P7302331

P7302332

P7302333

DSC02725

谷川岳を登った翌日は完全観光モード、リサーチャーなおちゃんが見つけ出した造り酒屋「大利根酒造」に行ってみる。日本ロマンチック街道に面しているので、尾瀬や金精峠に向かう際、何度もこの前を通っているはずだが、これまで気が付かなかった。そもそも、この酒蔵のブランド「左大臣」だって申し訳ないが知らなかった。
重厚な造りの建物に入ると、酒蔵の主と思しき男性がお出迎え。色々と説明していただく。見上げると、「國酒」と書かれた色紙が目に入る。「國酒」という云い方があるのを聞いたのも初めてだが、その色紙を歴代総理大臣が書いていたと知ったのも初めてだ。
あるWeb記事によれば、これを始めたのが大平元総理だそうだ。ここの一番右にある色紙は、まさしく大平さんの揮毫だった。ずらりと並んだ歴代総理大臣の色紙をぱっと見ると、民主党政権の方々は皆、下手っぴーである。野田さんのは、見ている方が恥ずかしくなる程ひどい。一方、自民党の歴代総理は総じて上手。大平さんの字もなかなかだと思うが、直ぐ辞めて有名な宇野元総理と、麻生現副総理は素人が見ても特に達筆である。安倍首相のは当然のごとく2枚あるが、1枚目の筆の運びがやけに自信無さげに見えるから不思議である。
その後は、しばし酒の造り方講義。興味深かったのは、酒造りでは洗米が決め手であるとの言葉。水の浸し具合によって麹菌の浸行具合を左右させるため、秒単位で時間管理するらしい。主は時間さえ許せば、いくらでも酒造りについて熱く語ってくれそうである。通常は主おひとり、最盛期でも近所から3、4人の応援を頼む程度で酒を造ってしまうらしい。杜氏は雇っていないそうである。勿論、造る量に限度はあるようだが、たったひとりでも造ることができるとは驚いた。
ひと通り説明を受けた後、待望の試飲タイム。巨大冷蔵庫から取り出された尾瀬の雫・本醸造、左大臣・純米、左大臣・本醸造、花一匁・純米吟醸、白貴・にごり酒を順々に賞味させてもらう。総じて淡麗辛口系だが、左大臣・純米と花一匁・純米吟醸は、少々複雑な味を持っていて、面白い。折角なので、純米吟醸をお買い上げ!

_DSC7972

_DSC7973

_DSC7976

_DSC7977

_DSC7978

_DSC7979

_DSC7980

_DSC7981

_DSC7984


大利根酒造のHP: こちら 

↑このページのトップヘ