山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

海鮮料理

今回は、「沼津アルプス」踏破のついでに、忘年会第2弾と称して海の幸で一杯やろうという魂胆。JR沼津駅から歩き始め、三津海岸にある今宵の宿まで、交通機関を一切使わず歩き通したので、安上がりな一日となった(山の記録はこちら)。
「沼津アルプス」は、途中、主だったピークだけでも7回上り下りするので、なかなかタフなコース。眼下に海を見ながら山道を辿っていると、香港の山旅を彷彿させてくれる(以前、シャープピークだけ登ったことがある)。
「○○アルプス」という山の連なりに対する呼称は、「○○銀座」と同様、安易に付けられている節があり、この頃至る所で見聞きするが、ここ「沼津アルプス」はその走りで(と云っても、学生時代には聞かなかったはず)、かつ確かにその名に恥じない程度に登り応えがある。何故か、登りも下りも直線的。真っ直ぐ登って一気に下る径の繰り返し。特に鷲頭山は雨だったら、イヤラシそうだ。
学生の頃、富士市にあった社会人山岳会に籍を置いていたことがあり、この鷲頭山のロッククライミングゲレンデには2、3度来た覚えがある。しかしその頃の細かな記憶は霞んでしまい、ゲレンデへのアプローチがどの辺りだったか、もうすっかり忘れてしまった。その山岳会にいた頃、大抵の山を夜行日帰りで登ってしまう(谷川岳や八ヶ岳だけでなく、笛吹川東沢もそうだった)ので、学生のノリとは随分違うな、社会人は大変だなと感心した記憶がある。
沼津アルプスから下りたら、多比の集落から海岸に沿って、何処かにビールを呑ませる店はないかと、よたよた歩く。その期待通り、途中「チェレステカフェ」という洒落た店があったが、中を覗いた渉外係のあひるちゃんが、入れそうだがちょっと狭そうとのこと。すると上手い具合に、もうちょっと先に「舟平」という民宿兼食事処が見つかり入ることに。お客はおらず、店のご夫婦が丁度、遅い昼食中のようだった。
折角夫婦でのんびり昼食を喰っている最中に、どたどたと6人の客がやって来て、小上がりの一番奥に上がり込んだ。皆、ビール、ビールと騒ぐ。ったく、なんて客だ・・・と思ったかどうか判らないが、開いていると判ればもう我が物顔でテーブルを陣取り、汗を拭きつつビールの到着を待つ。
こういう時は、やっぱり生ビール。グビッといった、最初のひと口がとにかく美味い。つまみになりそうなものはなにか有りませんかね、御夫婦で喰おうとしているそのおかずでもいいんですが・・・、などとぐずぐず云っているうちに、たこときゅうりの酢味噌和えと、たこといかの刺身が出て来た。ご主人曰く、「今朝、目の前で獲れた」とのこと。そうそう、これを楽しみに「沼津アルプス」を登りに来たようなもの。奥多摩や中央線沿線の山では、獲れたてのいかは喰えない。来た甲斐があった。

DSC04627

DSC04634

DSC04636

DSC04635

DSC04637

DSC04638

DSC04639

DSC04640

DSC04641

DSC04642

DSC04643

ちょっとやぼ用が有り、東京駅へ個人的出張(^^ゞ。そのままの流れで呑み屋、ということになったが、今日はあまりうろちょろせずに、八重洲界隈の店に入ることにした。別に行きつけの店も目当ての店も無いので、グランルーフの中にある店を端から物色し、適当に入ったのがここ、「北海道バル海」という店。
グランルーフでは以前、「旅する子ブタ」という店に入ったが、たぶんそれ以来だと思う。店内はほぼ全てさらりーまん。独りの客もちらほら。皆さん、出張の帰りにちょっと寄ってみました、と顔に書いてある。この店に入っている客のかなりの割合が、新幹線待ちのようである。
メニューを開いてみると、なるほど北海道に因んだものが並んでいる。ビールはもちろん、サッポロ。それでは先ず、黒ラベル生(580円税別、以下同様)をいただくとしよう。その後は、ちょっと日本酒にしてみようと、これも北海道では有名な男山(400円×2)をチョイス。同行した御仁が、次はウィスキーを呑みたいというので、最後はスーパーニッカ(380円×4)をもらう。北海道の酒をひと通り呑む仕儀となった。
料理もまた北海道尽し、カマンベールチーズフライ(600円)、釧路仙鳳趾(せんぽうし)産牡蠣フライ(500円)、刺身三種盛り合わせ(1,380円)、羅臼産ほっけ焼き(半身680円)、あんきもポン酢(680円)、オホーツクタコのザンギ(500円)、厳選ラムチョップ(480円×2)を注文。さすがに「北海道バル」と云うだけあって、北海道産をアピールした食材がずらりと並んでいる。
「仙鳳趾」という地名は聞いたことが無かった。2粒で500円とは、かなり高価な牡蠣フライだが、それなりに大ぶりで、確かにクリーミーな感じはする。「仙鳳趾」でググってみると、昆布森漁業協同組合のHPがあった。そこには「・・・年間を通じて水温が低いことから一年中牡蠣が食べられます。云々」の一文があった。ってことは、水温が低いので、産卵期が無いということなのだろうか。一般に、牡蠣はRが付く月しか食べられないというが、それは水温が上がることによって生殖巣が発達し「不味くなる」から。すると、この界隈では天然の牡蠣(例えば岩牡蠣)は存在しないのだろうか。釧路あたりは、元々の牡蠣の生息環境では無かったとなれば、人間の都合によって、そこで嫌々ながら養殖されている牡蠣が、何だか不憫に思えてきた。

20151209_182749

20161222_175222
 
20161222_175515

20161222_175520

20161222_175806

20161222_180430

20161222_181257

20161222_183634
 
北海道バル海のHP: こちら 

会社帰りに「ちょっと寄って行かない?」と声が掛かった。勿論、金曜日以外は断らないことにしている(金曜日は、翌日の山のため、基本的に断る)。折角のお声掛りなので、ならば毎度、海浜幕張ではなく、偶には門前仲町に寄り道しようかということになった。
海浜幕張は、街自体が新しいせいで、在り来たりの店しか無く、味がある店は皆無。常日頃から、門前仲町界隈のように、昔から呑んべえに愛されてきた、手作り感たっぷりの店が並んでいる街が、つくづく羨ましいと思っている。門前仲町駅までは、電車を乗り継ぎ小1時間かかるが、そんな面倒を掛けてでも、偶には寄ってみたくなるのだ。
今回、オヤジ3人で入った店は、地下鉄門前仲町駅から歩いてすぐの「富岡水産」という魚屋が経営している店で、その名も「富水」。だいぶ前に入ったことがあったが、店の名前は失念していた。今回、暖簾を潜り店内を見回してみて、そう云えば来たことがある、と思い出した。どうやら、近所にある「魚三酒場」と、記憶がごちゃごちゃになっていたようだ。
ここは、居酒屋というよりも、海鮮食堂という感じ。それが証拠に、隣りのテーブルでは、近所の(勝手な妄想)おばちゃん同士で、魚を喰いに来ている。うな重もあるので、それだけを目当てにやってくる客もいるはずだ。
席に着いたら、先ずは駆け付けエビス生ビール(700円税別、以下同様)。その後は日本酒をいただく。料理は、コハダ酢(700円、だったっけ?)、クジラベーコン(900円)、穴子白焼き(900円)、アジフライ(1,000円)、大根煮(400円)、サバ味噌煮(500円)、漬物盛り合わせ(300円)を注文。どれもこれも100円単位という大雑把さがこの店らしいところか。一見、ちょっと高めに感じるが、量もそれなりなのでCPは悪くない。特にアジフライは後悔するほど巨大、一人で一匹を喰うとかなり腹に堪える。サバ味噌煮は味噌味が良い。しかもかなり肉厚、脂ものっているので食べ応え十分である。
「富水」には別館もあって、 そちらの方はちょっと小粋な店構え。オヤジ同士で入るには勿体ない雰囲気である。門前仲町には魅力的な店が多いが、わざわざ行かなくてはならない場所にあるのが、少々悩みのタネである。

20160926_183639

20160926_184002

20160926_184141

20160926_184220

20160926_184448

20160926_184709

20160926_190558

20160926_191852

20160926_195309

 

南紀白浜2日目。一応、観光地に行ってみようと、海岸線に沿ってぐるりと巡る。先ずは「三段壁」。高さ数10メートルの断崖が連なっていて、荒々しい景観。東尋坊に似た感じ。その通り、ここも自殺の名所であるらしい。熊野水軍の秘密基地があったと云う、洞窟までエレベータ(1,300円もする)で行ってみると、確かに天然の船隠し場だ。エレベータが無い時代、どうやってここまで上り下り出来たのだろうか。
次は「千畳敷」。これは何処にでもありそうな風景。たしか三浦半島にもあったような・・・。次は「南方熊楠記念館」に行って見る。南紀白浜まで来たからには、ここに寄らない手は無い。途中、円月島という、まんなかにぽっかり穴が空いた島が見える。白浜のシンボル的存在らしい。「南方熊楠記念館」は、照葉樹が生い茂る岬の上に建っていた。南方熊楠の遺稿や遺品が所狭しと収められていて、天才の足跡が良く判る。こういう人間のことを、博学と云うのだろう。
その後、せっかくなので、紀伊田辺まで行ってみた。本当は「南方熊楠顕彰館」に行ってみたかったのだが、残念ながら休館日(月曜日)だった。ほぼ昼食時。では、田辺で美味いという店に行ってみようかと、「銀ちろ本店」に行ったら閉まっていた。外観はやけに立派で、料理屋というよりは料亭の様だ。車を止めていた有料駐車場の管理人に訊くと、駅前店だったらやっている筈、と教えてもらえた。
その店へ行く途中に感じたことだが、JRの紀伊田辺駅前辺りは、それほど大きくない街(田辺市の人口は約8万人)にしては、意外に多くの呑み屋、スナックが軒を連ねている。この界隈の人たちは酒好きなのか、それともこの港にやって来る漁師たちを相手にしているのだろうか。
はたして、駅前店はやっていた。店の名前は「銀ちろ」と云う。うつぼ料理が有名らしいが、ちょっと勇気が出なかったので、普通のにぎり寿司(900円)を喰うことにした。カミさんはさざなみ弁当。かま揚げしらすがご飯の上にたっぷり乗っていて、なかなか美味そうだ。ここはサバの棒寿司も名物らしい。今度来たら、田辺に泊まって、「銀ちろ」本店に入ってみたい。 

_DSC0037

_DSC0020

_DSC0021

_DSC0022

_DSC0024

_DSC0026

_DSC0027

_DSC0029

_DSC0030

_DSC0031

_DSC0033

_DSC0034

_DSC0035

_DSC0038

_DSC0040

_DSC0041

_DSC0044

_DSC0045

_DSC0047

_DSC0048

_DSC0049

_DSC0050

_DSC0051

_DSC0052

_DSC0053

_DSC0059

_DSC0056

_DSC0058

篠井山と思親山に登った後、この季節としては、ほんとは内船駅辺りで「新そば」でも手繰りたいところだったのだが、(このちゃんリサーチの結果)近所に蕎麦屋が無いことが判り断念。代わりに沼津へ移動して、新鮮な魚を喰おうということになった。JR沼津駅からタクシーで行ってみて初めて知ったのだが、この沼津港界隈は多くの飲食店が軒を連ね、それを目当てにやって来る観光客が引きも切らない状態だった。午後3時と云う中途半端な時間ですらこうなのだから、昼時はさぞや大混雑なのだろう。
タクシー運転手が推奨した、何れの店も行列ができているか、満席なのでやむなく素通り、次第に港から遠ざかる。ふと目に入ってきたのが、やや外れにある「海賊亭」という店。偶々、予めネットで見つけた店で、余り待たずに入ることができた。
また生ビールで乾杯した後、カリアゲ(300円/2尾だっけ?)、カサゴ唐揚げ(1,050円)、刺身盛り合わせ(4,000円)、金目鯛煮付け(2,100円)、マグロ赤身にぎり(700円/5貫だっけ?)を注文する。アジの干物を素揚げする食べ方を初めて知った。これを、ここ沼津では「カリアゲ」と云うのだそうだ。「カリアゲ」という言葉も耳慣れないが、アジの干物を素揚げにするという調理方法が新鮮で面白い。ご当地グルメになっているようだ。頭もヒレも尻尾も、香ばしくて全部パリパリ食べられるのが魅力。
刺身盛り合わせには、駿河湾の特産、生桜エビと生しらすを入れてもらった。どちらも甘くて美味。特に生桜エビは(山梨辺りの山ばかり漁っている我が身には尚更)なかなかお目にかかれない。他に、ヤガラの刺身などもあって、流石、港町の料理屋は違うと感じ入る。圧巻は、金目鯛の煮付け。身が柔らかく脂が程良くのっていて実に美味しい。ボリュームも文句なし。店員は、伊豆半島で獲れたものですと云っていた。わざわざ沼津で途中下車してやってきた甲斐があったというもの。たまには、山から下りたら、海に寄って帰るのも悪くない。

PB230313


_DSC5054

_DSC5055

_DSC5056

_DSC5057

_DSC5059

_DSC5060

_DSC5061
 

カタクリ目当てでカミさんと六日町にある坂戸山に登った後のこと。その日はやけに陽気が良かったので、日陰が無い薬師尾根を汗を拭き拭きふうふう言いながら下山、魚野川に架かる橋を渡って駅の方に向かうと、左手に「コースター」なるカフェを見つけたが、どうもビールは無さそうな雰囲気。残念ですーと素通りし、ここだったらビールが飲めそうだと見つけた店が「Little北海道」という六日町駅前通り商店街にある北海道直送海鮮料理屋だった。新潟だって旬の魚がいっぱい獲れる日本海が目の前なのに、敢えて北海道の魚に拘るのがよくわからんが、さしあたりビールさえ飲めれば問題なし。残念ながらクーラーは効いていなかったものの、さっそくビールを注文し、ぐびっとやれば、暑さを忘れさせてくれた。気が付けば、この店の客は家族連れが多いようだが、明らかにファミレスとは一線を画している。周りの人たちが食べているのは寿司ばかり。落ち着いたところでメニューを見て、昼飯は一応、山頂でたべたこともあり、ちょっとだけつまみを注文しようと、桜鯛の刺身と金目鯛のポン酢を注文。どちらも単なる居酒屋では食べられない鮮度と包丁人の技を感じた。今度来るときは、夜にしてみよう。

_DSC2485
 

↑このページのトップヘ