山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

山手線沿線

「玉川屋酒店」で角打ちを堪能した後、アユラシが行きたかったという「秋田屋」に入ってみた。都営地下鉄大門駅の直ぐ傍にある。この店の開店時間は15時30分で、閉店は21時という、健全(?)な店。黄昏時には、数多くの立ち飲み客が店の外に群がっていることで有名なもつ焼き屋である。小生もその光景を何度か目にしたことがあるが、これまで、その中に割って入る勇気が無かった。創業は昭和4年とのこと。
もう20時を回っていたせいか、外で立ち飲みしている客はいないので、この店らしさ感はいまひとつ。もっともこの寒空で外飲みは少々厳しいだろう。中のカウンター席とテーブル席がある店内スペースは、なんと扉が無く、ビニールシートの仕切りが垂れ下がっているだけで、ほぼオープン状態。覗いてみると、椅子に座っている客は皆、コートを着たまま呑んでいる。
我々二人は上手い具合にテーブル席を確保できた。と云っても、社員食堂の様な長テーブルを、他の人とシェアするかたち。狭い店内にギシギシ座る感じで、寒さ対策には丁度良さそうだ。外から風が入ってくるとは云え、外で立ちんぼとは大違いである。後からやってきた客は、店員の指図で階段を上がって行った。2階もあるらしい。やっぱり熱燗を貰おう。酒は高清水のみ。
メニューを見ると、もつ焼き以外にも、いろいろ焼きものがあるが、ここはやっぱりもつでいこう。ところが時間が時間なので、もつ焼きはもう、レバーとテッポウしかなかった。 何れも2本で320円だが、相当ボリュームがあるのでこれで十分。てっぽうは下処理は少ないのか、思いの外、歯応えがある。こんなてっぽうは初めて食べる気がする。
滞在時間は1時間足らずだったが、いつのまにか誰もいなくなり、店から叩き出されるまで呑んでいた。この店で立ち呑みをしたくなければ、もつ焼きの種類は制限されるかもしれないが、我々のように20時過ぎに来て、さっと呑んで喰って、さっと帰る(あるいは追い出されるまで粘る)のが狙い目のようである。

_DSC6530

_DSC6531

_DSC6532

_DSC6535

_DSC6536

_DSC6539

_DSC6540

_DSC6541

 

アユラシが浜松町をご所望だったので、予め調査しておいた「玉川屋酒店」で待ち合わせ。ここはいわゆる角打ちである。勿論、小生にとっても初入店。表側は素通しのアルミサッシュ扉なので、外から中の様子が良く見える。入って正面が、丸テーブル3つの立ち飲みスペースで、奥がレジ。左手に冷蔵庫とおつまみが並んでいる。まだアユラシは来て無かったのでひとりで入店、とうとう角打ちのひとり呑みに手を出した格好。
立ち飲みだけの店かと思っていたら、冷蔵庫とつまみ置き場の裏側に、簡易テーブル席(テーブルはビールケースの上に板が載っているシロモノ)と椅子が14~16人分くらいあった。つまり、立ち飲みは苦手、と云う人もここはオッケーである。
18時半入店ではまだ早かったのか、立ち飲みは2人連れが2グループと、簡易テーブル席に4人連れ1グループのみ。20時頃にはほぼ満杯になった。結局、ひとり呑みがいたのかどうか判らなかった。而して、ほぼ100%さらりーまん男子。地元の親爺ばかりの店とは違って多少入り易い雰囲気と云える。でもOL女子が一人で呑んでいたらやっぱり目立つことだろう。誰か是非チャレンジしてみて欲しい。
ビールやハイボールは、レジで注文&支払いするが、他の瓶入り飲み物やつまみ類は、勝手に冷蔵庫から出すとかして、レジで支払いをするしくみ。全てキャッシュ・オン・デリバリ。店側は、若夫婦と姑(たぶん)が対応してくれる。接客は、こういう店にしては極めて丁寧、判らないことは優しく教えてくれるので安心。
アユラシがやってきたところで、テーブル席の一番奥(道路側)に座った。石油ストーブは点いていたが、鉄製シャッターの直ぐ脇は、隙間風が入り込むため、コートを脱ぐ訳にはいかない。でも存外、居心地が良い。
つまみはポテトサラダ(160円)、松前漬のような数の子の煮物(?)、やきそば(280円)、牡蠣の燻製(袋入り乾きもの、値段???)、韓国のり(袋入り、値段???)、でんろく豆(袋入り、値段???)をゲット。なかでもポテトサラダとやきそばはバツグンに美味かった。飲み物は、生ビール(280円)、ハートランドビール(360円)、カップ酒(澤乃井、300円)だった。角打ちでハートランドに巡り会えるとは思わなかった。
生ビールの紙コップは、お代わりや瓶ビールを呑む場合には、使い回しをするのがこの店のルール。片づけも基本的にセルフ。かなりぜいたくに呑んで喰ったが、たぶん、ひとり1,300円ぐらいだろうか。この店が、会社の直ぐ傍にあったら頻繁に通ってしまいそうだ。あぶない、あぶない。 

_DSC6514

_DSC6515

_DSC6518

_DSC6519

_DSC6520

_DSC6521

_DSC6522

_DSC6524

_DSC6525

_DSC6528
 

昔から、神田駅の北口と西口とのあいだ辺りに、古びた洋風居酒屋があるのは気が付いていた。外観はぱっとせず、かなり入り難い雰囲気なので素通りばかりしていて、いつの間にかもう30年以上経ってしまった。今回は、「かんだ光寿」のあと、カミさんと、えいっと扉を開けて入ってみた。先客はテーブル席に2組(中高年男4人グループと、ヤング女2人グループ)と、カウンター席に青年男性2人連れ。店の人はマスターひとりのみ。
ここで洋風居酒屋と書いたが、何と表現して良いか少々迷う。外観と店内の配置はバーだが、メニューは全くバーらしからぬ。メインはやきとりである。従って、ここはバーというよりも、店のタイトルどおり、「洋酒の居酒屋」風の「酒場」と云うべきだろうか。店のネーミングは、直ちにホイジンガの著書を連想させる。ただ、カウンター席は歴史論の思索には向いているかも知れぬが、この店が「遊び」とどう結びついているのかは判らない(マスターに店名の由来を訊き損なった)。
カウンター席に座り、山崎ハイボールを注文。「鶉の玉子おろし」と「生キャベツ」という突き出しは、洋風居酒屋で出てくるものとしてはかなり変わっているが、ここがやきとり屋だと思えば全く違和感はない。
この店はだいぶ古そうなのだが、マスターにいつできたのか訊くと、「さー、私が来てから30年になりますが・・・」と仰る。でも、30年前だったら小生も存在だけは知っている。おそらくは、トリスウィスキーが流行ったという1960年代頃には、もうこの店はあったのではなかろうか。
やきとり(ねぎまのこと)とてばさき、つくね、そして串焼きソーセージを頼んでみる。ほんとは、ぼんじりを食べたかったが切らしているとのこと。突き出しの「鶉の玉子おろし」に付けて食べる。いける。これって、何処かで食べたことがある。国分寺南口のやきとり屋だったか。急に30ん年前を思い出した。
はっきり云って、依然として入り難い雰囲気ではあるものの、マスターも特に話し好きではなさそうだが気さくな人で、意外にリラックスできる店だと思う。ひとりでぼ~っとしてみたい時にも良いかも知れない。そのうち、ふと目に付いたときがあれば、こんどはもうちょっと軽く扉を開けられそうだ。

_DSC6393

_DSC6392

_DSC6387

_DSC6388

_DSC6389

_DSC6390

_DSC6391

 

予約が取り難い居酒屋の代表格だそうである。それくらい人気があると云うことだが、実際、数日前予約くらいでは箸にも棒にもかからない。今回は念には念を入れてひと月前から予約を入れ、満を持しての入店。入ってみて気が付くが、思いの外、こじんまりした店内。これも予約が取り難い理由のひとつだろう。ミシュラン東京2015では、ビブグルマンに選ばれているとのこと。ミシュラン★付き店なんてまったく縁が無いが、ビブグルマンだったら我々庶民にもなんとか親しめそうな感じがする。
外観も内観も、小奇麗な居酒屋然としていて、照明もやや抑えめ。我々はふたりなのでカウンター席に案内される。その椅子は、座っていないと(つまり席を離れると)背もたれが右90度回転する。ちょっとした気遣いだが、その方が座るときに邪魔にならないということなのだろう。コートを預かってもらい、バッグは足元の籠に入れ、席に着いて、さて、メニューを一通り眺める。酒の種類が豊富で、呑んだことが無い日本酒ばかり。何よりうれしい。どれにするか迷うが、とりあえずエビス生ビール(600円)でスタート。
間もなくお通し(1,280円)が出てくるが、なんと7種類の料理が小鉢で出てくる。これだけで肴は十分、と云う人も多いのではないだろうか。そして店員による料理の説明。きびなごに合わせるジュレが失敗して固まってしまったなんて、云われないと気が付かない説明も真面目に付け加える。必ずしも和食ばかりではない、和洋折衷のお通しである。
ビールを飲み干した後は日本酒。先ずは東一(あずまいち)(640円)と磯自慢純米吟醸(460円)。グラスに注いだ後、ボトルを置いていって呉れる。こりゃ取材に優しい(^^ゞ。そして、何も云わなくてもチェイサー(水)を出して呉れる。このあたりのちょっとした心遣いも憎い。東一は純米吟醸甲州ワイン樽貯蔵との表示通り、ボトルがワインそのもので面白い。ボトルに惑わされているのかも知れないが、たしかに白ワインの様な風味を感じる。磯自慢も、芳香が強い。
その後、店員が、サービスと称してクリームチーズの味噌漬けを持ってきて、感想を聞かせてほしいと仰る。もうちょっと漬ける期間が長い方が良いか、短い方が良いかと云う、客の嗜好を調べることも兼ねた、なかなか考えた演出だと思う。
続いて、風の森笊籬(いかき)採り純米大吟醸(640円)と義侠純米原酒(360円)を頼む。どちらも初めて。風の森はフレッシュで繊細だが、義侠はかなり武骨。続いて、東洋美人純米大吟醸(330円)と松の寿純米吟醸雄町(530円)。今日は吟醸系ばかり呑んでいる。お通しが無くなってきたので、料理を追加。ポテトサラダ(480円)とブリの西京焼(880円)にしてみた。ポテトサラダはいかの塩辛入りとのことだが、スモーク香がしっかり利いたベーコンの存在が強い。西京焼きは日本酒との相性抜群だった。
これでおひとり様4,000円強。値段は総じてやや高めだが、この店のなにが人気の理由なのか。思うに、料理が美味いこと、美味い酒をおいてあることもさることながら、呑んべえに対するホスピタリティーが高いことだろう。また、突き出し料理が入れ変わった頃を見計らってまた来てみたい。

_DSC6374

_DSC6375

_DSC6376

_DSC6377

_DSC6378

_DSC6379

_DSC6380

_DSC6381

_DSC6382

_DSC6383

_DSC6384

_DSC6385

_DSC6386


店主のブログ: こちら 

加入道山からの帰り、新松田から小田急に乗り新宿へ移動し、(怪我療養中なので)夜の部のみ参加のなおちゃんと合流。久しぶりに西口の思い出横丁にやってきた。「あがっしゃい」はたぶん、皆にとっても初めての入店だと思う。我々は7名の大人数なので、2階へ通される。先客は1階のみ、2階には殆どいない。
ここのやきとりは、「大山鶏」というブランド地鶏がウリの店のようだ。実は個人的に、前日に宴会(会社の送別会)があり、その席でも大山鶏を喰ったばかり(その時はとり鍋)。奇遇だ。というよりも結構ポピュラーになっているということなのか。大山と云っても、丹沢の大山(おおやま)ではなく、鳥取の大山(だいせん)のことである。ちなみにこの店の名前「あがっしゃい」は山形弁で「召し上がれ」の意味らしい。鳥取と山形との関係はいまいち判らないが、山形出身の店主が「やまがた地鶏」よりも「大山鶏」の方を贔屓にしているということだろうか。
初めての店なので、やきとり鑑定士(非公式)の、隊長による厳正かつ慎重な鑑定が行われた。結果はマル。やきとり各種、もつ煮込み、ポテトサラダ、肉どうふ、オムソバ等を注文。やきとりは、肉の歯応えがあるというよりも、ぷりぷり感が強い。ポテトサラダはスパイシー。B級グルメ的オムソバは普通に美味い。この思い出横丁にはディープな(アブノーマルという意味ではない)店が結構あるが、この店は極めてノーマルだし、誰でも安心して入れる店だと云える。
ところで先日、NHKの「クローズアップ現代」で、昨今、若者の間で大衆居酒屋がブームになっているとのレポートがあった。有名居酒屋目当てに、地方からわざわざ飛行機でやってくるつわものもいた。ここで云う大衆居酒屋とは、全国規模の居酒屋チェーン店とは一線を画した、地域に根差した家族経営的な居酒屋のこと。これまでは地元の旦那衆やブルーカラー労働者、年金生活者達のテリトリーだった場所。その番組のなかで、若者たちは大衆居酒屋の居心地の良さに、漸く気付き始めたのではないかと、かの吉田類も橋本健二も云っていた。その背景として、家庭でも無い、仕事場でも無い、第3の場所が息抜きのために必要なのだ、と橋本健二が解説していたが、そのような構図は別に今に始まった訳でもないし、女性にはそもそも既に「どこでも井戸端トーク」があるので、少々その分析が甘いような印象。ただ、何れにしても今は、そのような情報は直ぐに手に入る時代だし、誰でも情報発信できる(かく云うこのブログも末席をけがしております)ようになっているのは事実だろう。
でもたぶん、そのようなトレンド又はファッションを動かす原動力は若い女性だと思うし、青年男子はその女の尻を追いかけているのに過ぎないような気がする。これは昔も、そして未来も変わらないだろう。

_DSC6282

_DSC6283

_DSC6284

_DSC6285

_DSC6286

_DSC6287

_DSC6288

_DSC6289

_DSC6290

_DSC6291

_DSC6292

_DSC6293

_DSC6294

_DSC6295

_DSC6297

_DSC6298

子の権現から下りて(山の記録はこちら)「休暇村・奥武蔵」で温まった後、たまには池袋で打ち上げようと云うことで、リサーチャーなおちゃんが予めピックアップしてくれたいくつかの店の中から、「萬屋松風(よろずやまつかぜ)」をチョイス。実は、十数年ほど前に勤務地が池袋だった頃、何度かカミさんと通ったことのある店で、雰囲気は気に入っていた。センベロなど格安居酒屋がカオス的に多い池袋西口にしては、ちょっぴり高級な居酒屋。その外観もこの界隈には似つかわしくない、つまりケバケバしさも場末感も全くない民芸調である。若者には魅力的には映らないかも知れぬ。引き戸を開けて店に入ると、二階へ通される。先客は一組のみ。使い込まれて黒光りする柱や梁、前に来た頃と変わらぬ、陰翳礼讃の世界。
リュックサックを荷物置き場に置いて席に着いたら、喉が渇いたのでやっぱりビールからスタート。プレミアムモルツのハーフ&ハーフを呷る。この店は以前と同様、日本酒の種類が豊富だが、いまトレンドの日本酒銘柄とは一線を画した品揃い。思い思いに水芭蕉、雪の茅舎(ぼうしゃ)、石鎚樽しぼり、星自慢等々を味わう。肴も通常の居酒屋とはちょっと違って、酒好きには堪えられないメニューが多い。刺身おまかせ五点盛り、サバの冷燻製、牡蠣のオイル煮、おからのコロッケ、出汁巻き玉子、関サバ開き、じゃこと大根のサラダ、白子酢の物、レンコンはさみ揚げなどを注文。
以前は満席になるようなことはなかったが、この頃は名前が売れたのか、我々が帰る頃には大入り状態となった。それでも狭い処にぎしぎし詰め込まれるような店とはちょっと違い、隣のテーブルとの程良い距離が落ち着けるので、混んでもさして気にならない。これも魅力のひとつかも知れない。従って、みんなでワイワイやるのではなく、気心が知れたもの同志でゆったりと、会話と酒と肴と店の雰囲気に酔うにはもってこいの店と云えよう。

_DSC5973

_DSC5975

_DSC5974

_DSC5976

_DSC5977

_DSC5978

_DSC5979

_DSC5981

_DSC5982

_DSC5983

_DSC5984

_DSC5985

_DSC5986

_DSC5987

_DSC5988

_DSC5989

_DSC5990
 

昨年8月以来、またぞろ「肉が喰いたくなった~」という声が出てきたので、会社帰りに東京駅で降りて「昌月苑」へ。以前も述べたように、この店は予約なしには入れない程の人気店、今回もしっかり予約してからの入店。客の全てがさらりーまんで、そのうちの大部分が20代、30代の、いわゆるまだ基礎代謝量が落ちていない世代。この店の人気の訳は、安くて美味いこと。ただし、代謝量少なめの者でも、割引デー(火・木)でなければ、食べ放題メニューを頼んだ方がずっとお得である。ということで、今日は5,000円で二時間飲み放題・食べ放題コースへ突入。
骨付きカルビ、ロース、はらみ、タン、レバ、鶏、ハツ、豚とろカルビ、ホルモンが食べ放題となるが、我々にとって焼肉イコール牛肉、鶏や豚などには目も呉れず、ひたすら牛ばかりを喰うことになる。また、このコースでは、サンチュやキムチ、ナムル、野菜焼きは各々一皿付いてくるだけで、それ以降の追加は有料となるため、(金銭的にも腹の膨れ具合からも)勿体ないと結局、肉ばかり喰うことになる。ライス、クッパ、カルビクッパ、テグタン、ユッケジャン、ビビンバなどのご飯系は食べ放題なのだが、これらにも目を奪われることがない、まこと身体に毒な喰い方になるのが常である。飲み物はやっぱり炭酸系が良いので、ビールの後はハイボール。
肉は基本的に四人前ずつの注文だが、小生以外みな健啖家揃いなので、その皿の肉を一気に焼き網に並べてしまう。従って、焼き上がりのタイミングでは、いつも追い立てられるような食べ方になる。毎度ペースが速くてだいたい一時間でもう腹一杯になってしまうが、今日はだいぶ粘って一時間半程でギブアップ。しかし毎回毎回このような喰い方に付き合っていると早死にしそうなので、そろそろ焼き方の方針見直しを提案するか、チームから抜け出すことを考えなくてはならない、と思い始めている。 

_DSC5801

_DSC5802

_DSC5803

_DSC5804

_DSC5805

_DSC5807

_DSC5808

_DSC5810

_DSC5811
 

東京駅八重洲北口2F北町ダイニング内にある「THE OLD STATION」にて今年最後の忘年会。位置的には八重洲北口の近くだが、住所は丸の内1-9-1という、ちょっと紛らわしい場所。それにこの頃、東京駅の駅ナカや駅ソトに多くの飲食店街が出来ているおかげで余計判り難い。そもそも「北町ダイニング」などと云うエリアがあることすら知らなかった。Googleマップで見ても良く判らない。行ってみて、初めて黒塀横丁(B1F)の真上(2F)にあることが判った。名前の由来は江戸時代、この辺りに北町奉行所があった故とのこと。微妙。
店の名前は、まさに東京駅の駅ナカに相応しい名前であり、内装もその雰囲気を演出している。入ってみると、今日はクリスマスだと云うのに(自分達のことはさておき)、会社帰り又は出張帰りと思しきさらりーまんが多い。
乾杯はビールだが、そのあとはハイボールに切り替える。今日は飲み放題で6,000円というコース(でも、これまでの積み残し金があるので、今日は500円強で飲めた)。飲み放題メニューの中に、プレミアムモルツが入っているので少々割高らしい。料理は勿論、洋食で基礎代謝量が高い人向けの内容。炭水化物系がピザ、パスタにリゾットまで出てくる。こんな忘年会を連日やっていたらたちまちメタボ間違いなしだ。
でもこの店の雰囲気はなかなかいい。ハイボールとチーズぐらいでさくっと呑むには悪くないだろう。

_DSC5654

_DSC5643

_DSC5646

_DSC5647

_DSC5648

_DSC5650

_DSC5651

_DSC5652

_DSC5653

_DSC5655

_DSC5656

_DSC5657

_DSC5658
 
北町ダイニングのHP: こちら 

ほぼ2カ月ぶりにまた「鍵屋」の暖簾を潜った。今日はきれいどころ3人を含め6人で(何度目かの)忘年会である。最初はカウンター席だったが、さすがに今日は腰から下が冷えて酒を飲んでも暖まらない。そのうち、小上がり席が空いたので移らせてくれた。
女性のみの来店を断っているこの店のしきたりについて、我らの隊長が女将に問うと、女たるもの酒なんか飲むもんじゃない(菓子でも喰ってろ)、という昔堅気の先代の言葉を引き継いでいて、これは遺言ですと云うと皆、納得してくれるとのこと。先代はカウンター席に女性を座らせなかった(つまり小上がりだったらしぶしぶOK)らしい。フェミニストからの攻撃をどう、かわしてきたのだろうか。
女将も、この時代にそうゆう店の一軒ぐらいはあっていいんじゃないですか、と仰る(更に聞けば、東京にはもう一軒、そのような店があるらしい。興味がある)。たしかにこの頃、親爺御用達の場末の居酒屋にも、女子軍の進出が目覚ましい。立ち飲み屋だって女性一人で来る時代。親爺達は隅っこで小さくなっているしかない。この店はやがて親爺達の駆け込み寺になるだろう。
考えてみるに昨今、居酒屋のメニューのバリエーションが豊富になったのは、女性を意識しているのに他ならない。もつ焼きしか出さない店はたぶん、今後もどんどん減っていくだろう。そうゆう目でこの「鍵屋」のメニューを見ると、昔から変わっていないだろうし、女性を意識したような料理も少ない気がする。代変わりしても、是非この頑固さを引き継いでいって欲しい(と云っても、小生はフェミニストと戦うつもりはありません)。

_DSC5427

_DSC5428

_DSC5430

_DSC5431

_DSC5432

_DSC5433

_DSC5434

_DSC5435

_DSC5436

_DSC5437

_DSC5438

_DSC5439

_DSC5441

_DSC5442

_DSC5443
 

この頃番外編ばかりだね、というご批判はさておき、今日も全くの番外編(というか、「山から下りたら」を「山から下りているときは」と寛大に解釈してもらうと、ほら、問題ない)。凸さんから製品展示会の招待を受け、せっかくだからと(もちろん暇にかこつけて)半日休みをとって上京(なにせ仕事場は千葉なので)。時間がたっぷりできたので、先ず昼食。東京交通会館地下の「桃園」で長崎ちゃんぽん(800円;かなりインパクトあり。次回は皿うどんを喰ってみたい。)を喰った後、ついでに映画鑑賞。ほんの行き当たりばったりで「マダム・マロリーと魔法のスパイス」を見てみた。監督は「ショコラ」のラッセ・ハルストレム、製作はなんとスティーヴン・スピルバーグだ。
全く先入観を持たずに見たせいか、ストーリ性やコメディ性はさておき、モチーフ自体がなかなか良かった。ヘレン・ミレンが良い味出ている。初めて見たが、ハッサン役のマニッシュ・ダヤルもマルグリット役のシャルロット・ルボンも悪くない。今後に注目してみたい。ところで原題は"THE HUNDRED-FOOT JOURNEY"、直訳すれば「100フィートの旅」となり、邦題と比べると、受ける印象や視点がまるで違ってくる。日本での配給も同じディズニーなのに、こんなに変えちゃっていいのか?と思ってしまうが、原題の解釈をくどくど説明するとネタばれになってしまいそうなので止めておく。でも邦題には含蓄もひねりも全くないので(大女優を前面に出しての受け狙いか)、原題名の方に大賛成である。
ともあれ、映画館を出て展示会で暫し情報収集のあと、凸さんと秋葉原の居酒屋「殿(しんがり)」に入る。一見、立ち飲み屋風な店構えだが、中に入ればちゃんと椅子がある。ここは、天井からぶら下がっている籠に予め現金を入れておき、品物が出てくる度に店員が清算するシステム。金を使い過ぎない(喰い逃げをさせない)良い仕組みだ。生ビール(中400円)で乾杯の後は肴。
メニューをざっと見た限り、魚系も肉系もまんべんなく揃えた万能居酒屋の感じ。ポテトサラダ(250円)とハムカツ(350円)は外せないとして、もつ煮込み(250円)、島豆腐の厚揚げ(失念!)、炙りしめサバ(450円)、漬物盛り合わせ(300円)、オニオンスライス(250円)、いぶりがっこクリームチーズ(400円)、すき焼きコロッケ(失念!)を次々注文する。ここのポテトサラダはたまご入り。しっかり固めの舌触り、マヨネーズ控え目で美味い。ハムカツは、2枚の薄いハムの間にクリームチーズを挟んで揚げてある。いぶりがっこクリームチーズも面白い。いぶりがっことクリームチーズを交互にミルフィーユ的に重ねてある。組み合わせ自体、今ではかなりポピュラー化しているようだが、これは見た目がやけに洗練されている。何処ぞの食品加工会社の製品ではないかと勘繰りたくなる。すき焼きコロッケには、ソースは不要というか、かけない方が無難。良い具合にすき焼きの味がジャガイモに浸みている。
ビールの後は日本酒に移行。焼酎ほどの充実さは無いが、それでもいくつか珍しい酒がある。どれも500円。先ずは月の輪純米生原酒。岩手の酒。猪口に注がれて気が付くが、うすにごり酒である。口当たりが良く濃醇だがすっきり。次は白龍純米無濾過生原酒。同じ福井には有名な黒龍があるが、白龍もあるとは知らなかった。吟醸酒ではないが、すっと鼻に抜ける芳香族系の香りが少々強い。でもそれがマイナスではない。最後は舟出活性にごり。福島は白河の造り酒屋。いわゆるどぶろくだが、舌にぴりぴり、炭酸を感じる。清涼感たっぷりだ。
結構呑んで喰ってひとり3,500円だった。ここは総じて肴にひと手間かけたこだわり料理が多い。まだまだ食べていない料理もいっぱいあるし、珍しい日本酒も日替わり的に仕入れているようなので、次回が楽しみである。

20141210_160051

_DSC5303

_DSC5304

_DSC5305

_DSC5306

_DSC5307

_DSC5308

_DSC5309

_DSC5310

_DSC5311

_DSC5312

_DSC5313

_DSC5314

_DSC5315

_DSC5316

_DSC5317

_DSC5320

_DSC5321

 居酒屋「殿」のブログ: こちら

月一の蕎麦好きおやじさん主催、格安居酒屋ツアー。今回は久々新橋、「新橋応援団ワタル」以来かな。新社会人の頃から馴染みの街で、昔から安くて安心して飲める店が多いが、今夜は、そんな店が多い新橋の中にあっても安さがウリな「赤札屋」である。18時20分では一階は満席状態だったが、二階は思いの外、席が空いていた。店員は殆ど中国系のようである。
先ずは、通常の感覚で生ビール中ジョッキ(400円)を頼むが、この店では高級品。一杯にしといて、と釘を刺される。なにせチューハイは一杯100円である。他の者はトリスハイボール(190円)。でもかなり「薄い」らしい。いくら安くても、水で腹が膨れるのはいただけない。あとはみんな、日本酒熱燗(富貴純米2合徳利;380円)に切り替える。
肴はハムフライ(250円)、ポテトサラダ(390円)、かさご煮付け(300円)、刺身盛り合わせおまかせ5点盛り(1,000円)、しまほっけ(490円)、イカ一夜干し(430円)、スパゲティーナポリタン(380円)などを注文。ハムフライ(ここではハムカツとは呼ばない)は、他では見られない程薄いが、まあ250円なんで・・・。ポテトサラダはかなり黒コショウが利いていてスパイシー。ジャガイモは殆どマッシュポテト状態で、その他具材は概ねスタンダード。かさご煮付けは、よくこんな小さいかさごを見つけてきたもんだ、と思う程小さいが、何せ300円なので納得できる。刺し盛りもボリュームや鮮度の面では料金的に満足できるものの、盛り付けの仕方が素人くさい。しまほっけ、イカ一夜干しも十分なボリュームである。その観点からすれば、ナポリタンは「これで一人前?」と思う程大量に出てくる。良く見れば他のテーブルでも結構並んでいる。この店の人気メニューかも知れぬ。ひとり、ふたり連れで、迂闊に注文するのは危険である。代謝量が多い人にはもってこいだろう。 
かくのごとく、とにもかくにも安さがウリの店。これだけ呑んで喰っても計ひとり2,300円。でもセンベロが理想の蕎麦好きおやじさんにとっては予算オーバーで、やや不満が残ったようである。

_DSC5191


_DSC5181

_DSC5182

_DSC5183

_DSC5184

_DSC5185

_DSC5186

_DSC5187

_DSC5188

_DSC5189

_DSC5190

_DSC5192
 

久しぶりに男子三人連れで、会社帰りに居酒屋へ行くことになった。入った店は、神田駅西口から歩いて数分の距離にある「玄気」。野菜居酒屋と銘を打っているので少々興味があった。表通りに面したところは天然酵母パン屋になっていて、細い路地に入ったところに「玄気」の入口があった。神田にもこんな店があるのか、という佇まい。ここだけ周りの景色から切り離されている。入ってみると、更に感じる何とも摩訶不思議な空間。この店の主は独特の世界観をお持ちのようだ。階段があるので2階もあるらしい(3階もあるらしい)。我々は1階の奥のテーブルへ。
先ず生ビールを注文すると、突出しは、なんとケールの葉っぱのサラダ。しかし青汁で想像するような青臭さは全くなく、少々のドレッシングがかかっているだけで、ビールに合ってしまうから不思議である。出だしから期待をそそられる。メニューを見ると、様々な野菜を使った料理が並んでいるが、必ずしもベジタリアンオンリーと云う訳でもなく、メンチカツや海老、卵料理等もある。ビールの後は、各自、思い思いの焼酎お湯割りと日本酒を注文。
さて料理、先ずは「伝説のベーコン、レッドムーン、ひかりレンコンのポテトサラダ」(1,200円)なるものを注文してみた。口に入れてみると、ジャガイモ(レッドムーンと云う名の品種らしい)がやけに甘い。凸さんが「サツマイモじゃないの?」というくらいに甘い。付け合わせの青菜は何か良く判らなかったが、アシタバのようだった。これも味が濃い。ベーコンは何が「伝説」なのか判らないが、しっかり燻蒸されていて香り高い。いきなり出会い頭のパンチをくらったようなポテトサラダだった。
次に頼んだのが「ホワイトアスパラ、トムトムジャンボのネギ塩焼き」(1,200円)。出てきた姿から考えるに、「トムトムジャンボ」とはきのこの一種だ。とても大ぶりなのでエリンギかと思ったが、後で調べると、とあるシイタケの商品名だった。しいたけにしては、随分と大きくて歯応えがある。ホワイトアスパラも缶詰ではない、しっかりした食感。春が旬のはずだが、いったいどこから仕入れたのだろう。
次は「牛タン、アボカド焼メンチカツ」(1,200円)。牛たんとアボカドの姿が見えないのでミンチになっているものと思われる。メンチカツの上にタルタルソース的なものが乗っかっていて(食べてみるとかぼちゃと卵のミックスっぽい)、付け合わせにきのこ(たぶん、トムトムジャンボ)とかぼちゃ。このかぼちゃ、とても甘くほくほくしてきめが細かい。やけにインパクトがある。他の料理名から想像するに、これは「くり将軍」に違いない。メンチカツそのものは、意外にまろやかで牛タンは感じない。アボカドのおかげかも知れない。
「ばってんナスの辛味噌」(600円)を頼んでみると、生のまま出てきた。齧るとナスの香りが強く味が濃い。辛味噌がかかっただけでちゃんとした料理だ。
仕上げは「三豊ナス、ひよこ豆、刻みブロッコリーのチーズオムレツ」(1,200円)にしてみた。炒めたナス、ブロッコリーがサイコロ状になっていて、ひよこ豆を含め、それぞれがまたまた濃くて美味い。特にブロッコリーの味の存在感が大きく、がつんときた。
我々が、いちいち料理の味に感心しているうちに、店の主が、この店のお好み焼きの特徴を、隣の客に説明しているのが聞こえてきた。それによれば、この店のお好み焼きは、普通と違って生地が玄米、キャベツの代わりにベビーリーフ(!?)を入れるとのこと・・・。聞いただけでは、仕上がりの姿が想像つかない。ともあれ次回は、そのお好み焼きを喰ってみるしかない、ということで意見は一致した。
三人とも、それなりに酒も飲んで、食べ応えのある野菜を喰ったという充実感に浸る。会計を済ませ、静かな興奮が冷めやらないまま外に出ると、天然酵母パン屋(「玄気」との関係は良く判らないが、「玄気」が売店もやっている、ということだろう)の前で、我々を見送りに出てきた「玄気」の主から、「このパン、とてもおいしいですよ」という勧めに従い、凸さんがパンをいっこ、お買い上げ。是非、食べた感想をお聞かせ願いたい。

_DSC5108通り側にある天然酵母パン屋

_DSC5109

_DSC5110

_DSC5111この野菜メニューをご覧あれ!

_DSC5112

_DSC5113

_DSC5114

_DSC5115

_DSC5116

_DSC5117

_DSC5118

_DSC5119
 

せっかく広尾まで来たので、ついでにエビス・ガーデン・プレイスに来て、ビヤステーションに入ってみた。20周年アニバーサリーとのこと。おそらくは開業直後、会社の同僚と来て以来ということになる。
全体的に客は疎らな印象だが、ビヤステーションは意外に人が多い。昼間から人目を憚ることなく(ってあまり憚るつもりも無いけど)、堂々と呑みたいという人々の気持ちで繋がっている感じ。そのせいかどうか、店内は女性が結構目立つ。日本酒は裏通りの店で憂さ晴らしにちびちび呑むイメージが付き纏うのに対して、ビールは明るい日差しの下で爽やかに賑やかに飲む感じがするせいか(あくまでも個人的イメージです)。
外観は重厚な煉瓦造り風、中もニュートーキョーのビアホールらしく落ち着いた雰囲気だが、ウェイトレスに通されたのは、更に奥のテラス席。吹き抜け部分を見下ろすように大きな窓に面しているので明るく開放的。如何にも女性がビールを飲むに相応しい場所である(あくまでも個人的イメージです)。
先ずはエビス・ザ・ブラック(580円)を注文。その後は琥珀ヴァイツェン(630円)に切り替え。腹具合はまだかなりいい状態なのだが、バイエルンプレート(前菜盛り合わせ;650円)と若鶏唐揚げガーリック風味(780円)を頼む。どれもニュートーキョー定番の料理。そういう意味では何処のニュートーキョーでも同じでは、ということになるが、そこはやっぱりこのテラス席で食べるのでは、きっと一味違うのだ。

_DSC5095

_DSC5096

_DSC5097

_DSC5102

_DSC5103

_DSC5105

_DSC5104
 

初めて山種美術館へ行き、東山魁夷展を鑑賞した後、まず来ることがない広尾まで折角来たので、この辺りで昼食をとろうと、蕎麦屋「松玄」に入店。蕎麦屋らしからぬ、かといって居酒屋でもない雰囲気。強いて云えばダイニングバーの趣きだが、メニューを見れば明らかに和。蕎麦屋にしては一品料理がかなり豊富、申し分ない。
ビールで喉を潤したあと、酒は日高見・超辛口純米(750円)を注文。「超辛口」という割にはちっとも辛くなく、呑み飽きないが、むしろ米の旨みが生きていて自分好みと云える。宮城は石巻の造り手らしい。肴には、汲み上げ湯葉(700円)、焼き味噌(390円)、マコモ茸の炭焼き(580円)、自家製つくね(370円)、手作りポテトサラダ(550円)、丸干しゴロイカ(680円)を注文してみた。湯葉には、紫蘇の花が散らしてあってなかなか洒落ている。焼き味噌は、かなり寝かせた八丁味噌を使っている様子で、ほとんど真っ黒、味も濃厚。個人的に好きなマコモ茸を置いている店は、結構珍しい。もう旬の終わりか。ここのポテトサラダはかなり斬新、生クリームベースのホワイトソースが掛けてある。ちょっとぐっと来た。丸干しゴロイカは、わたも一緒に干したもので、酒が何杯も呑めてしまう。
締めの蕎麦は、もり(700円)と凛(いわゆる更科系そば;930円)。挽きは細かく切りの太さも均一なので、手打ちではなさそうだが、しっかり腰がある割に、つるんと喉越しは滑らか。この店は、全体的に、卒なく客が好みそうな壺を抑えていて、とても洗練されているように感じられるが、その一方で、不器用で頑なな蕎麦打ち職人が地道にやっているという雰囲気が無いせいか、ドライというか、やや上滑りな印象を受けてしまうのは、少々気にし過ぎだろうか。

_DSC5076

_DSC5077

_DSC5079

_DSC5080

_DSC5081

_DSC5082

_DSC5083

_DSC5084

_DSC5085

_DSC5086

_DSC5087

_DSC5088
 
松玄のHP: こちら 

「ふくべ」で一杯やりながら、だいぶ良い調子になっていた時のこと、店内の壁に懸っている、額に入った「日本橋のれん会」という古びた紙に目が止まった。「ふくべ」と並んで書かれている何れの店も古そうだ。店のお姉さん(女将?)に、このなかで今もやっている店はありますかと訊くと、紙を暫くじっと見て「・・・やぶ久さんですかね~」と仰る。早速Webで調べると、なんだ、目と鼻の先だ。で、はしごしてみた。(Webで調べた限り、蒲焼「はし本」も営業しているようだった。ここも直ぐそば。)
建物は、薄く切った羊羹のような鉄筋コンクリート造5階建てのビルだが、小粋な看板と黄緑色の暖簾が直ぐ蕎麦屋のそれとわかる。創業明治35年(西暦1902年)というから、優に100年を越えているが、結構モダン。中に入ると1階はテーブル席で、2階から上は座敷なのだろう。メニューを見ると流石、老舗だけあって一品料理が豊富だ。色々試してみたいが、時間が時間なので、焼き味噌と板わさ、そばがき、せいろをさっと注文。焼き味噌、最高。これさえあればいくらでも酒が飲める。板わさはぷりっぷり。そばがきは、更科風のように、色白でぷるんとした食感。これで酒が飲めるようになれば一人前と云えるが、もうちょっと修行が必要なようだ。
締めは、もちろんせいろ。ただし、この店のウリはカレー南蛮らしい。せいろ2枚を注文、そば猪口は3つお願いした。かなりの細打ちで喉越し感はやや物足りない気がしたが、ゆで加減、水切り加減は丁度良く、ボリュームも申し分ない。つゆも、如何にも「やぶ」らしい辛さ。この店も、宴会で使うのも良さそう。次回は、じっくり色々な料理をつついてみるか。

_DSC4881

_DSC4889

_DSC4890

_DSC4891

_DSC4892

_DSC4893

_DSC4894

_DSC4895
 
やぶ久の公式HP: こちら 

昭和ノスタルジー居酒屋訪問シリーズも第7回目。今回は日本橋「ふくべ」。メトロ日本橋駅に至近だが、住所は八重洲一丁目。昭和14年創業。看板には「通人の酒席」と書かれていて、呑んべえゴコロをくすぐる。
入口を潜ると目の前は渋いカウンター席。満席である。右手の奥がテーブル席となっていて、4人掛けが4つ、2人掛けが2つある。我々が席に着くと、4人掛けと2人掛けが一つずつ空いている状態。天井も壁も良い感じに燻されていて渋い。この空間は妙に居心地が良い。2階は座敷で、Max.12人まで入れるとのこと。ここで宴会するのも悪くなさそう。お品書きには、ずらりと日本酒の名前。将にここは酒席なのだ。何れも昔からの有名どころで、昨今名前が売れてきたような新興銘柄は全く見当たらない。年季が入った居酒屋に並ぶ日本酒は、やはり年季が必要と云うことだろう。酒も肴も一切値段が書いてないが、気にせずがんがん注文。先ずはビールと共にぬたから。
日本酒は「菊正宗樽酒」からスタート。杉の香りが強い。この頃この手の酒は呑まないので、ちょっと新鮮。その後、「男山純米」、「菊姫純米」、「住吉純米」、「桃川本醸造」、「司牡丹純米」をいただく。肴は、厚焼き卵、海鮮納豆、はんぺん焼き、あじ干物、しめ鯖、さつま揚げ(小さ!)、たらこ(小さ!)、かます干物などを注文、ばくばく喰う。どの一品も昔から変っていないのだろう。
そのうち、くさや独特の臭いが漂ってくる。この店はくさやを出すことでも有名だ。和尚は、生まれてこの方喰ったことがない(!)と云うので、その臭いに乗じてこっちも注文。裂いた状態で出てくる。久しぶりに喰ったが、自分で喰った方が臭いは気にならない。味は申し分なし。ほぼ2時間、3人で凡そ1升ほど呑んで、肴ももりもりばくばく喰って、結果ひとり4,000円也。この店ではきっと上客だっただろう。
 
_DSC4866

_DSC4867

_DSC4868

_DSC4869

_DSC4871

_DSC4872

_DSC4873

_DSC4874

_DSC4875

_DSC4876

_DSC4877

_DSC4878

_DSC4879

_DSC4880

_DSC4881

_DSC4882

_DSC4888

 

ほぼひと月ぶりに、昭和酒場「赤津加」入店。前日、店に電話すると、17時30分から18時30分までに入ることができれば予約可と云われ、18時30分に4人で予約。みんなが揃うまで、テーブル席に座って店内の様子を繁々見ていた限り、一階にある五つのテーブル席は、我々の席を含め全て予約で埋まっている様子。一人、もしくは二人連れだけが予約なしに入ってきて、偶々カウンター席が空いていればラッキー、という感じ。予約の大人数は二階へ上がっていく。でもこの店は、やっぱりカウンター席の方が良さそうだ。もうひとつ気が付いたことだが、この店の照明(特にテーブル席)は抑えめなので、f3.5程度のカメラレンズではフラッシュが無いとちょっと厳しい・・・。
みんなが来ないうちにばくばく喰う訳にもいかないので、ビールの肴に銀杏を注文。大粒で美味い。そのうち、先ず凸さん到着。おつかれさん、とビールで乾杯。鶏もつ煮込みを注文。土鍋に入って出てくる。もつも美味いが、特にスープが絶品である。のんちゃん登場。スマホMapを見ながら問題なく到着できたようだ。またビールでおつかれさん、おひさしぶり、と乾杯。最後に隊長到着し、改めて乾杯。鶏もつ煮込みを追加注文。他に鶏なんこつ、するめとニラ炒め、アナゴ照焼、厚焼き卵などを注文。するめとニラ炒めは如何にも赤津加らしい一品。厚焼き卵は大変、ボリュームがある。酒に切り替え、先ずは菊正宗・生酒、そのあとはひたすら燗酒。だいぶ出来上がった頃、アユラシ出現サプライズ。再び大いに盛り上がった。

PA290514

PA290519

PA290522

PA290523

PA290524

PA290525

PA290526

PA290527
 

銀座の帰り、乗り換えのついでに秋葉原で途中下車。先日入った「町役場」がある雑居ビルの地下にまた来て、今度は「南部や」に入ってみた。時間は平日の午後4時半、先客は年金生活者の定期会合と思しき一組だけ。店員は全て中高年男性。メニューを見ると、肴はだいぶ豊富である。その名の通り、ここは岩手をウリにしているのかと思いきや、酒(南部美人)以外、どれが岩手の郷土料理なのか良く判らない。ま、それはともかく、いくつか注文した肴のなかで、自家製さつま揚げは、独特な味付け(エスニック風?)で思いの外、美味。ポテトサラダは結構、舌触りが滑らかだが具材と味付けはごく普通。ブリ大根、鶏唐揚げも普通に美味い。
昭和の香りがするこの店の居心地はなかなかに良い。若者が大挙してやってきて大声で騒ぐような店とはまったく程遠い雰囲気なので、おっさんが(おばさんも)安心して静かに酒を傾けることができる。惜しむらくは、もっと岩手郷土料理をメニューに入れてくれて、さらに言えば男性ばかりの店員・調理人ではなく、看板娘の一人ぐらいは置いて欲しいものである。
(残念ながらスマホ(Galaxy S3)画像なので、鮮明さはご容赦願いたい)

20141023_163520

20141023_163548

20141023_163735

20141023_163921

20141023_164208

20141023_165140

20141023_165629

20141023_165742

20141023_165925

20141023_172434

20141023_173933

20141023_174221
 

「笹乃雪」でさんざん豆腐を喰った後、近いので「鍵屋」を覗いてみると丁度、カウンター席が二つ空いていた。もちろん、カウンターは初めて。突き出しの大豆の煮豆をビールでいただく。もうほとんど食べられないので、鰻のくりから焼きだけを注文する。よく見たら、カウンター席に笊があって、その上に並んでいるくりから焼きの串は生のようだった。鰻というと、先ずは蒸すものと思ってしまうが、ここでは注文を受けてから焼くだけのようだ。それでもあのふっくら感はどうだ。焼きだけでも十分ふんわり蕩けるような食感が出るとは思わなかった。このひと串だけでもちょっと幸せになれる。
もうひとつ、気がついたことは、カウンター席に座る客の殆どがひとり連れだということ。たしかに、居酒屋に一人で入ったことが無い小生にとっても、このカウンターは居心地が良さそうだ。カウンター内のオヤジさんに、会計をお願いしますと云うと「もうお帰りですか」とちょっとびっくりしたみたいだが、すぐさま「またどうぞ」とにっこり。これにまいってしまう人は多いのではないだろうか。

_DSC4429

_DSC4428
 

三か月に一回の定期検査の午後、根岸の「笹乃雪」に行ってみた。最寄駅は鶯谷なのだが、今回は浅草から都バスに乗って行ってみる。電車移動だと点と線の1次元にすぎないが、バスだと街並みが2次元的に見えてくる。直ぐ外の歩道橋から見ると、やや古びているものの鉄筋コンクリート4階建ての立派な料亭に見える。玄関を潜ると、下足番が現れる。こんな店は随分と久しぶり。予め料理のコースを予約していると個室に通されるとのことだが、我々は大部屋のテーブル席へ。他の客は二組だけだったが、どちらも中国系外国人。ロンリープラネットにも載っているのだろうか。仲居のおばちゃんが、素朴なジャパニーズイングリッシュで一生懸命説明している。でも豆腐はトーフ、湯葉はユバ。マレーシアに居たとき、たしか英語ではBean Curdとか云っていたが、トーフもユバも国際語になっているのかも知れない。
この豆腐料理店の創業は元禄四年、実に320年以上も昔からやっている老舗中の老舗である。大石内蔵助等が討ち入り後、預けられていた細川家屋敷に、この店の豆腐が届けられ食したという、歴史秘話があるのには恐れ入った。今が旬の柳原白蓮の色紙もさり気なく飾ってある。
生ビールを呷ったあとは、「綾」を頼んでみる。昨今、「屋守」で有名な(元々は「金婚」が主要銘柄の)、東村山にある豊島屋酒造の微発泡酒。仲居さんから、吹き出るから慎重に、と言われて慎重に開けたがやっぱり吹き出た。そのあとは金婚生貯蔵酒。料理は全部で10品あるものの、量は少なめで次から次へと出てくるので、あっというまに食べ終わってしまう。このうち、最初に出てきた白酢和えは、大きな器に素材が綺麗に並んでおり、これを自ら混ぜるようになっているところがちょっと面白い。それにしても、デザートに至るまでとことん豆腐尽しなので、余程の豆腐好きでないと少々飽きる。カミさんは途中で肉が食いたくなったそうである。

_DSC4409

_DSC4410

_DSC4411

_DSC4412

_DSC4423

_DSC4413

_DSC4414

_DSC4415

_DSC4416

_DSC4417

_DSC4418

_DSC4419

_DSC4421

_DSC4422

_DSC4424

_DSC4426
 

↑このページのトップヘ