山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

山手線沿線

今回の「オヤジばっかり月いち居酒屋ツアー」は八重洲にやってきた。酒の肴はイタリアン、而して酒もワインとなる。オヤジ集団には似つかわしく無いが、偶にはいいだろう。この界隈は基本的にさらりーまんかOLの世界。おばさん集団やら学生集団はほぼ見掛けないので、割と静かな繁華街である。
目当ての店はこの頃、すっかりご無沙汰の焼肉屋、昌月苑の直ぐ傍。外観も内装も小洒落た感じの店である。店内を見渡してみてもやはり年齢層は低い感じで、女性が過半数。それに釣られて若い男子さらりーまんがやってくるような構図が透けて見える。我々オヤジ集団は、若者たちの行動とは無関係で明らかに浮いているが、気にしない。
小生が到着した時点で、先行オヤジ4人はガンガン呑んでいる状態で既にだいぶいい調子になっている様子。喰い物も残骸というか切れ端しか残っていないので、勝手に注文させてもらう。ここはグラスから溢れるように注がれたスパークリングワイン(580円税込、以下同様)がウリらしいが、やっぱり先ずは生ビール(エクストラコールド550円)から。ここには各国のビールや日本のクラフトビールなど結構揃えてあるが、生ビールのあとは、ひたすらスパークリングワインばかり呑んだ。
追加の料理は、プロシュート&サラミ盛り合わせ(780円)と燻製ポテトサラダ(500円)、かきフライ(8P、1,480円)、クアトロフォルマッジョのピザ(980円)を注文した。
どれも味はまずまずで、酒(スパークリングワイン)も含め、コスパは良さそうだ。若者人気の店はボリュームはそれなりでも味は雑駁という感じが多いが、この店はそうではない。賑わっている理由は納得できた。

DSC_0790

DSC_0795

DSC_0791

DSC_0792

DSC_0793

DSC_0794

DSC_0796

今月の「オヤジばっかり月いち居酒屋ツアー」もやっぱり新橋。新橋には、昭和の雰囲気が残っている居酒屋街が多いが、それでもいつのまにか或る場所の店は入れ替わっていて、新しい店ができていたりする。そうすると、そこには以前、どんな店が有ったのかと思いをはせてみても、もう思い出せない。そうやって気が付かないうちに、新橋も徐々に変わってきている。
今回の「土佐清水ワールド」という店も、いつの間にか出来ていた。というかそれ以前に、この店が入っている雑居ビル「GEMS新橋」自体が、いつの間にか出来た。ちょっとググってみると、やはりこのビルも店も2018年9月25日(月)にオープンとのこと、まだ半年しか経っていない。
このビルは、1階から9階まで各階に1軒ずつ、全部飲食店だ。野村不動産が仕掛けた新しいコンセプトだと。「土佐清水ワールド」は2階なので階段で行こうとしたが、見つけられず、結局エレベータに乗る。出来立てなので、エントランスもエレベータもピカピカでモダン。新橋らしさが無い。
もう小生以外は揃っていて、呑みものと料理をガンガン頼んでいる。エビス生(530円税別、以下同様)で後を追う。この店はその名の通り、酒も料理も土佐。日本酒は先ず、久しぶりの酔鯨(780円)を呑んでみる。その後は久礼(780円)にした。他に、藤娘(680円)、土佐藩(480円)、豊能梅(780円)も味見した。
つまみは、あおさ入り出し巻き玉子(580円)、サバ一番火節(480円)、めじかの干物(580円)、四万十鶏の唐揚げ(680円)、四万十のりコロッケ(480円)、かつお藁幡多流たたき(1,280円)、豪快刺盛大(2,980円)、ブリかま塩焼き(680円)、鯛のかぶと焼き(580円)、フライドポテト(380円)、かつお酒盗(380円)を注文。頼み過ぎで、テーブルに乗り切らない。
なかなか他の居酒屋ではお目にかかれない料理が出てくるので興味深い。個人的には、かつお藁幡多流たたきが美味かった。会計は締めて合計21,700円(税込23,430円)。ひとりあたま4,700円だったが、これならば満足できると思う。新橋界隈には、他にも様々なご当地料理を喰える居酒屋があるので、まだまだ楽しみが多い。
ところで、良く見てみるとこのビルの4階には、仙台で入ったことがある、あの山形蕎麦の店「焔蔵」が入っているし、3階には蒲田で有名な餃子屋「ニーハオ」がある。今度は、どちらかにしてみよう。

DSC_0016

DSC_0017

DSC_0018

DSC_0019

DSC_0020

DSC_0021

DSC_0022

DSC_0025

DSC_0026

DSC_0027

DSC_0028

DSC_0029

DSC_0030

DSC_0031

これぞ居酒屋、という感じの「まるよし」ですっかりいい気分になったあとのこと。赤羽に来たのだからやっぱりここはハシゴしようと、アユラシに連れられてぶらり、近くの「いこい」に入る。ここは支店で、本店はやはり赤羽にあるらしい。営業開始はなんと、朝7時だそうだ。
丁度、テーブルがひとつ空いたところで、得たりとそこに座る、じゃなくて立つ。なにせ、ここは立ち呑み屋なのだ。テーブルと云っても、ビールケースを積み重ねて、その上に合板を乗せただけの粗末なテーブル。でもそれだけあればOK、オヤジを満足させるのは至極簡単だ。ビニルシートで囲われた店内には、程良く客が立ち並んで、黙々と呑んで喰っている。意外と静かなのは、独り客が多いせいだろう。
立ち呑み屋で独り黙々と呑むというのは、男の悲哀が漂う。なにやら、真っ直ぐに家に帰りたくない(帰れない)ような事情が見え隠れする気がする。やるせない自らの気持ちを慰めるために、酒の力を借りているように見えるのは考え過ぎか。
一方、女の独り酒も、居酒屋では滅多にあるわけではないものの、全く見掛けない訳では無い。が、女性の場合は悲哀というよりは、独りの時間を楽しんでいるように思える。「ワカコ酒」のイメージが強すぎるせいかも知れない。
それはともかく、さっきはホッピーを呑み続けたので、ここは日本酒にする。ざっと見渡して菊水(コップ1杯300円税込、以下同様)で再び乾杯。つまみにはポテトサラダ(110円)。さすが、立ち呑み価格。最安の日本酒(菊源氏)だったらなんと一杯200円。これだったらセンベロも現実的。
でも立ち呑みは、サクッと呑んでサクッと帰るところが身上。立ち呑みでへべれけになるのは粋じゃあない。ということで、我々も2杯呑んだところでサクッと帰った。いつか、この店に独りで来てみようと思う。

DSC_0326_1

DSC_0327_1

DSC_0328_1

DSC_0329_1

DSC_0333_1

DSC_0334_1

DSC_0335_1

DSC_0336_1

DSC_0337_1

2週間のインドネシア出張で、日本食に飢えた訳ではないが、日本酒にはちょっと飢えた。やっぱり日本酒が呑みたい。それに、どうせ呑むんだったら小粋なところで呑みたいものだと思い付き、アユラシと和尚を引っ張り込んで赤羽へ行くことにした。そういえば、このあいだ「まるます家」と「丸健水産」に行ったのも、インドネシアから帰って直ぐのことだった。
定時になったら直ちに会社を飛び出して赤羽にやってきたが、やっぱりそれなりに時間が掛かる。到着はすでに午後7時、しかし小生以外の二人はもう6時半頃には店で一杯やっていたようだ。店は、アユラシが選んだ「まるよし」。「まるます家」や「丸健水産」と並んで、赤羽では有名な居酒屋である。
開店は赤羽らしく14時半とのこと。さすがである。駅を降りれば、直ちにそれと判る黄色い看板が煌々と輝いている。店先の赤提灯と白い暖簾が正統派居酒屋の証しだ。
ここは予約が出来ない店なので、とにかく早い者勝ち。常にほぼいっぱいの状態のようだが、今回、アユラシと和尚が座っていたカウンター席になんとかもう一人、ねじ込ませることができた。店員さんも客も実に協力的である。周りを見渡せば、さらりーまん100%。インドネシアでは決して見ることが出来ない眺めだ。
この店のメインは焼きとん。どれも1本90円(税込、以下同様)とリーズナブル。他の料理もたいてい200~300円ぐらいだから、センベロは無理にしても、かなり安く呑める感じ。小生はホッピー黒セット(540円)を注文。ここは日本酒も1合330円(福徳長)とお手頃。
つまみは焼きトン以外に、ポテトサラダ(220円)、煮込み(220円)、イカげそ揚げ(300円)を喰ってみた。それなりに喰って呑んでひとり2,000円足らず。次回はもっと早い時間から一杯やってみたい。

DSC_0315_1

DSC_0316_1

DSC_0317_1

DSC_0318_1

DSC_0319_1

DSC_0320_1

DSC_0321_1

DSC_0322_1

DSC_0323_1

DSC_0324_1

DSC_0325_1

「十米 レンガ通り店」でしっかり呑んで喰ったのだが、偶々二人だけでもう一軒行きましょうとなった。もうそんなに呑めないが、前々からちょっと寄ってみたいと思っていたので、ここで如何でしょうか、と「立ち飲み 竜馬」へ入ってみた。
ここは新橋で人気の立ち呑み屋で、午後6時過ぎぐらいだといっぱいで入れないことが間々あるが、意外に空いていた。もう8時半過ぎなので、いまから立ち飲みしようかという輩(特にオヤジ)は少ないのだろう。こちとらも長居する気はまったく無い。
店内に居る客は、いままで残業してもう早く帰りたいけどちょっとだけ寄り道したい、という雰囲気を発散している一人客が目立つ感じ。複数人でとぐろを巻いているような連中はいないので、BGMさえ無ければ(演歌がかかっていた)かなり静かである。
日本酒はたっぷり呑んできたので、もう醸造酒系はいらない感じ。壁にはずらりと様々な焼酎ボトルが並んでいるがお湯割やロックで呑む気分でも無い。ということで炭酸系にしようと、ハイボール(350円税込、以下同様)にした。ここで店員から支払いのルールの説明あり。カウンターテーブルに置かれた笊に金を入れておいて、注文の都度、店員がそこから引いていくという仕組み。これはたぶん、凸さんと入った秋葉原の殿(しんがり)以来だ。判り易いシステムだと思うが、普及していないのは何故だろう。
付き出しで「かきピー」が出てきたので、もうつまみはいらない感じもあったが、せっかくなのでメニューをじっと睨み、ポテトサラダコンビーフのせ(430円)を頼んでみた。なかなかインスタ映えする一品。味は見た目通りに美味い。同行者はまだ日本酒が呑み足らなかったらしいが、店の名前に因んで「船中八策」や「酔鯨」など高知の酒にすると思いきや、静岡の「超辛口 日本刀(かたな)」(1合500円)を注文していた。味を見させて貰ったが、酔いも醒めそうなほどの辛口だった。ちなみにこの店で500円は最も高い飲み物である。

DSC_0180

DSC_0179

DSC_0175

DSC_0176

DSC_0177

DSC_0178

今月の「オヤジばっかり月いち居酒屋ツアー」も新橋。最近、ちょっとだけ仕事がバタバタしたので(それほどたいしたことでは無いが)、電話で店に予約を入れるのももどかしく、安直にネット予約ができる店を探した結果が今回の「十米」(じゅうべい)だった。
ネット予約は至極簡単だが、それが可能な店は新橋でもまだ少ない。ネット予約の普及がいまいちなのは、予約したのに無断キャンセルする輩が多いせいだろうか。可能な店は、たいてい企業が経営する飲食店チェーンであり、この「十米」という居酒屋も、新橋に3店舗あるのでやや紛らわしい。我々が向かうのは、レンガ通りにある店。
中に入ると、落ち着いたトーンの小洒落た雰囲気。洗練された感じに文句は無いが、ある意味、如何にも画一的で卒が無い、線形なイメージ。小生的に好みなのはどちらかと云えば、ゆるさ、ゆとり、無駄、遊び、混沌、猥雑などの非線形なイメージなのだが、贅沢は云えぬ。
ともかくも、席に付いたら生ビール(620円)でスタート。この店のウリは、新潟の酒と肴。肴は特に豚肉、妻有ポークなるブランド豚なのだそうな。でも誰の食指も動かなかったので、喰わず仕舞い。結局、頼んだのは珍味三種盛り合わせ(720円)、鯛かま焼き(540円)、カキフライ(680円)、栃尾揚げ(580円)、若鶏の唐揚げ(600円)、炙りしめ鯖(740円)だった。新潟らしいのは、栃尾揚げぐらいか。
でも日本酒は、新潟の酒ばかりじゃんじゃん頼んだ。呑んだのは、村祐 茜(580円、120ml以下同様)、清泉(640円)、菊水(520円)、高千代(680円)、緑川(680円)、鶴齢(650円)。どれも美味いが、料理との相性で云えば
高千代か鶴齢が良かったような気がする。
結果、4人で呑んで喰って合計11,880円。意外に安かった。店内の雰囲気を別にすれば(個人的な見解です)、なかなか悪くは無い居酒屋である。

DSC_0170

DSC_0168

DSC_0169

DSC_0171

DSC_0172

DSC_0173

DSC_0174

「ニュー新橋ビル」は、多くの居酒屋が渦巻く地下階にはよく行くが、1階は雨の日に東西南北に通過するための通路としてしか利用することが無いし(衣料品やパチンコ店、喫茶店、薬局等に用事がある人はその限りではない筈)、2階や3階となると殆ど近づかない。つまり、「ニュー新橋ビル」は良く行くが、実際にはごく一部しか知らないのだ。
今回の「オヤジばっかり月いち居酒屋ツアー」は、ニュー新橋ビル3階にある「博多蕎麦酒場・蕎麦屋にぷらっと・新橋本店」という店。酒やつまみが豊富な蕎麦屋というか、蕎麦も出す居酒屋と呼ぶべきか、少々悩む店である。
地下階や1階の喧騒さとは異なり、3階は客の通行も疎らな落ち着いた雰囲気で、ここも「ニュー新橋ビル」かとは俄かに信じがたい別世界。「博多蕎麦酒場・蕎麦屋にぷらっと」は、地下階だったら2軒か3軒の居酒屋分に相当する間口を持った大店である。
小生以外のメンバーはいつものように、既に一杯やっていて、メニューを吟味した結果、3,800円(税別)のコースを頼んだ方がリーズナブルとのことで、もう注文済み。更にはコースとは別注文で、鯖の生ハムと柿(518円税込)を頼んでいた。
こちらも急いでビールを頼んで追いかけねばならない、東京クラフト(大626円税込)で追撃開始。このビールはサントリーの武蔵野ブルワリー特製のクラフトビールだと。でも一気に呑んでしまったので、プレモルとの味の違いは良く判らず。
そうこうしているうちに、料理が続々と出てくる。献立リストを見ると、蕪と豆乳のすり流し、蕎麦粒とろろ、刺身3種盛り合わせ、天皇の蕎麦がき べっこう飴、鈴かぼちゃ海苔和え、おからとキノコの五目煮、必食!ぷらっとポテサラ、博多前天ぷら3種、茶美豚西京焼き、そして締めがせいろ。あわせて10品もあるが皆、ひと口サイズなので量的には食べきれないことは無い。料理は博多風なのかやや塩味控えめだが、そばつゆは関東風の感じがした。
ビールのあとはワインを注文。エラスリス白(4,104円)、エラスリス赤(4,104円)、イルボッジョ(4,104円)と、5人で3本を呑み干す。精算したらひとり7,000円(!)もいってしまったが、久しぶりなのでまあ宜しかったのではなかろうか。

DSC_0107

DSC_0108

DSC_0115

DSC_0111

DSC_0110

DSC_0113

DSC_0114

DSC_0116

DSC_0117

DSC_0118

DSC_0119

DSC_0120



矢倉岳に登った帰り道、ひさしぶりにアユラシと新宿で待ち合わせて、3人で打ち上げ(≒呑み会)。場所はアユラシにお任せにしたら、「日本橋 紅とん」だった。何故ここになったかは、アユラシが会員になっているフィットネスジム「ジェクサー」が近所にあるため。個人的に「日本橋 紅とん」はたぶん、新橋辺りで一回入ったことがある程度で殆ど馴染みが無い。
ここ南新宿店は、間口はせいぜい二間程度(云い方が古すぎ)しかないのに、奥がやけに長い京町屋形式である。新橋や神田辺りの焼きとん専門店だと、店全体が煙で燻されたように飴色に染まっていて、やってくる客もおやじばかりの印象が強いが、この店はやけに明るい雰囲気で、そのせいか女性客が目立つ。女性同士なんていう客もいる。女性同士が連れ立って焼きとん屋に来るとは、時代は変わったものだ。
(隊長がいないせいもあって)焼きとんを喰う機会そのものが減っていることもあり、山の会としての焼きとん屋は、もしかすると2年前の本厚木「肉の佐藤」以来かも知れない。
先ずは生ビール(465円税別、以下同様)で乾杯し、その後はホッピー(黒330円、ナカ200円)にした。焼きとんは、カシラ(140円)とてっぽう(140円)、ねぎまみれでハラミ(230円)とハツ(230円)を注文。他にハム玉(380円)も頼んだ。
焼きとんに、小口ネギを散らした「ねぎまみれ」はこれまで食したことが無い。久しく焼きとん屋に入らなかったせいで、この頃はこれが普通なのか判らない。小口ネギが乗っているため、ちょっとマイルドになって、女性に受け入れられ易いような気がする。
「肉の佐藤」と較べると全体的に価格が高めだが、むしろ「日本橋 紅とん」が普通で、「肉の佐藤」が安いということだろう。

紅とんにて(その1)。
紅とんにて(その2)。

DSC00096

DSC00097

DSC00098

DSC00099

DSC00100

DSC00101


インドネシア出張のせいで「オヤジばっかり月いち居酒屋ツアー」も3回ほど飛ばしてしまったので、久しぶりの参加、而して新橋も久しぶりである。今回チョイスしたのは、ニュー新橋ビルの地下にある「椿」という名の居酒屋。
ニュー新橋ビルは「雑多」という言葉だけでは片付かない。有象無象の酒場や怪しげなマッサージ店、ネイルサロン、整体等々が所狭しと並んでいて、そうかと思えばはんこ屋や合鍵屋、洋品店、郵便局など生活に密着した店舗、パチンコ屋やゲームセンターだってあるカオス的異次元時空といえるが、元々が戦後のヤミ市をベースにしているのだから、このカオスも頷ける。そこに跋扈するのは、これまた魑魅魍魎の如きオヤジさらりーまん達ばかりである。昨今、耐震性が懸念され、建て替えが予定されているとのこと。この異次元時空に浸れるのもあと僅かのようだ。
そんななかにあってここ「椿」は、場末の酒場などとは一線を画す、隠れ家のような店であり、単に「居酒屋」と呼ぶには申し訳ない感じすらある。この店は、魚が美味いと評判の店だが、それ以外の料理もきちんと仕事がなされていると感じるものばかりである。
この店にはコース料理もあるが、今回は単品の注文とした。付き出しは、煮こごり(ゼラチン寄せかも知れない)。中身は何がしかの魚の皮だが、よく判らない。でも美味い。鯛だろうか。ポテトサラダ(520円)も正統派だが、酸味と甘味と塩味のバランスが絶妙。もう、これだけで普通の居酒屋じゃない。
クリームチーズの酒粕漬け(550円)が、これまた美味い。これは日本酒抜きにはいただけない。その後頼んだ刺身盛り合わせ(???円)、出し巻き玉子(620円)、えいひれ(550円)、いかの一夜干し(650円)、うなぎ肝焼き(550円)など、ごくありきたりな居酒屋メニューだが、どれも逸品、食べていると自然と笑顔になる。ここは、今まで入ったことがあるニュー新橋ビル内の居酒屋とは格が違う(他の店、ごめんなさい)。是非、また来なくては。

DSC_0742

DSC_0743

DSC_0744

DSC_0745

DSC_0746

DSC_0747

DSC_0748

DSC_0749

DSC_0750

DSC_0751

神保町の「ランチョン」でいい気持ちになった後、カミさんの買い物に付き合って九段まで、靖国通りを西へ移動。多少なりともアルコールが入っていると、九段坂が結構堪える。なんとか坂を上り切れば、せっかくなので靖国神社の境内に入ってみる。
ここは花見の頃ぐらいしか来ることがなかったが、こんな時期に来ると参拝者はチラホラいる程度で、境内は如何にも広く感じる。作業服姿が多く感じたのは、おそらく初詣に合わせた準備が進められていると思われる。再び靖国通りに出て、ちょっとだけ西へ行ったところに、目当ての「ゴンドラ」と云う名の洋菓子店がある。1933年創業とあるので、かなりの老舗だ。小生は甘い物の世界には縁が無いので全く知らなかった。
買い物を済ませた後は、そのまま靖国通りを市ヶ谷まで歩き、都営新宿線に乗って帰る。岩本町から秋葉原まで歩いた後、乗り換えのついでに喉が渇いたのでちょっとだけ寄り道。つくばエクスプレスの駅に至近の「ポータル・カフェ(Portal Cafe)」に入ってみる。
この店が入っているターミナルビルには、「トリム」という名のショッピングモールと「レム(remm)秋葉原」というホテルが入っている。このホテルが開業した当初から、「よい眠り」にこだわるコンセプトが気になっていた。ベッドの硬さが調整できるとか、枕も選べるとか、マッサージチェアが各客室にあるとか、なかなか興味深い。しかし、何処でも枕が替わっても寝られるし、マッサージ嫌いの小生には不要な世界、と云われると返す言葉が見つからないので、未だに試したことは無い。
「ポータル・カフェ」はビルの2階。入ってみると、今日が平日のせいもあるが、さすがにビジネスマンが多い。中には商談中の客や、商談前の対策会議をやっていると思しきスーツ姿のグループもある。でも気にせず、ビールを注文しよう。
ここには常陸野ネスト・ビールが置いてあった。選んだのは、だいだいエール(600円/260ml、税別)。ちょっと、高いかな。それでも、喉の渇きを癒すにはやや苦味が強いものの、味わいと香りはなかなか良い。日本のクラフトビールは多彩になっている。

DSC_0647

DSC_0648

DSC_0649

DSC_0650


「フーターズ銀座店」を出た後、時間は午後9時過ぎ。普通だったらここでお開きになるところだが、今日は忘年会だし、まだ呑み足りない(又は家に帰りたくない)、という声が多かったので(小生は基本、朝型なのでなるべくなら早く帰りたかったけれど、折角の機会だからと引き摺られるように同行)、成り行きで新橋に流れて店探し。
口直しということでは無いのだが、2軒目に入るのならば、おやじが似合う昭和酒場が良いということで、暗黙の了解。新橋に居酒屋は、それこそ掃いて捨てるほどあるけれど、いざ入ろうとすると、やっぱり知らない店には入り難いし、知っている店に限って満席だったりして、意外に決まらない。
色々な店を覗いたり、出入りしたりしながら、流れ流れて新幹線ガード下の「ニュー加賀屋」に辿り着いた。新橋だけでなく「加賀屋」の名前を冠した店は数多あるけれど、ここは初めて。しかしイメージ通り、外観も中も極めて大衆居酒屋らしい店である。丁度、入れ替わりの客があったので、少々片付けを待ってから首尾よく入店できた。
テーブルを囲んだら、さっそく店員がやってくる。ひと頃、新橋の場末の安酒場は、中国系従業員が当たり前だったが、この頃は東南アジア系が目立つ。やってきた女性店員もそのひとりで、察するところフィリピン系のような気がする。
ややたどたどしい日本語なので、酔ったくらちゃんが見逃さずに突っ込みを入れている。皆もだいぶ良い調子(≒酔っ払い)なので、どうでもいい話が長いし詰まらないおやじギャグも飛ばすし、なかなか注文が定まらない。
結局、また生ビールを頼むことになり、そのあてには漬物の盛り合わせだけを注文。人数分のビールが来たところで乾杯、また次回会おうと約束した。

DSC_0607

DSC_0608

DSC_0609

DSC_0610

DSC_0611

DSC_0612

インドネシアから帰ってみれば、巷はすっかり忘年会シーズン。今宵は久方ぶりに「自称・暴飲暴食の会」に参加。インドネシアからの帰国がはっきりした時点で、日本にいるメンバーに開催をお願いし、ついでに「是非、鍋を喰いたい」と我が儘を云ったところ、今日は秋田料理の店になった。そう云えば、きりたんぽ鍋を喰うのは、1年半前のこの会だった。
海浜幕張からだと、東京駅はアクセスがし易い。KITTEだったらそのまま地下通路が直結しているので、雨でも傘を差す必要が無い。これまでKITTEには何度か入ったことがあったが、こんな秋田料理の店があるとは知らなかった。調べてみると、比内地鶏生産者がやっているらしい。つまり直営店。だったら安くて美味いのではと期待が高まる。
店内の天井には、いくつもの提灯がぶら下がっている。これは竿灯をイメージしたものだろう。店の間口はそれほどではないが、奥に長い。
先ずは生ビール(エビス生540円税込、以下同様)で乾杯。あとは各自、日本酒だったりそのままビールだったり。付き出しには、ぎばさの酢の物とポテトサラダが出てきた。
つまみは、燻りがっこ(378円)、燻りがっこクリームチーズ(518円)、比内地鶏鶏皮ポン酢(680円)、比内地鶏レバーパテ(810円)、秋田味噌もつ煮込み(518円)、焼き鳥盛り合わせ六本盛り(2,268円)、自家製秋田美人豆富(486円)を注文。燻りがっこクリームチーズはまるで「なると」のようである。この店で作ったオリジナルか、それとも商品として秋田辺りでは出回っているのか判らない。
そして締めはやっぱり、きりたんぽ鍋(比内地鶏きりたんぽ鍋一人前 2,592円)。6人いるので、3人前でいいかなと思って頼んだら、意外に鍋の大きさが小さい。これじゃ全然足りないと結局、鍋をもうひとつ、つまり都合6人分を頼むことになった。量はともかく、味は申し分ない。
店によって、鍋の大きさが様々なのは仕方が無いが、それにしてもこの店は一人前がやけに少ない。ということは、比内地鶏が割高なのだろう(きりたんぽそのものはたかが知れているし)。この店は秋田が本店のはず。秋田だったらいくらなのか、確かめてみたくなった。

DSC_0569

DSC_0570

DSC_0572

DSC_0573

DSC_0574

DSC_0575

DSC_0577

DSC_0578

DSC_0579

DSC_0576


「浅草うな鐵」を出る前、このあと上野にでも行こうかという話になる。上野の何処に行くかだが、カミさん曰く、そろそろシャンシャン人気も一段落ついたから、それほど並ばずに見れるはず、とのことだったので、じゃあ上野動物園にしてみようかということで決まり。「うな鐵」から稲荷町駅まで徒歩移動、焼け付きそうなほど暑い。慌てて逃げ込む地下鉄は、都会の避暑地のようだ。
地下鉄を出て、上野公園までも暑い。よたよたと動物園に到着。入園料は大人600円。こんな値段だっけ、さすが東京都、意外に安いなとなんだか感心。昨今、ちょっとした展覧会でもすぐ1,500円とか2,000円くらい取るから、上野動物園はなかなかすごい。入って直ぐ右がパンダ舎。少なくなったとはいえ、結構並んでいる。行列の半分以上はテントの下で日差しは遮られるが、耐えきれるか・・・。
結果的にはなんとか熱中症にならないうちに、パンダの目の前まで来れた。でも警備員が「立ち止まらないでください!」と喉を嗄らして連呼しているので、面の皮を厚くしてギリギリ粘っても30秒が限界。30分待ちで30秒をゲットしたことになる。シャンシャンを含め、3頭とも起きていたのでまあよかった。シャンシャン母子はお食事中だった。
パンダを見てしまったら、暑いので他の動物を見る気にもならず、さっさと退園。600円は、パンダ3頭だけでも安いと思う。しかしこの暑さ、もし1,200円払えば待ち時間が半分になると囁かれたら、かなり心が揺れたはずだ(そんなシステムは無いだろうか)。とにかく暑いので、他の美術館や博物館に入るのも悪くはないが、何処かで涼んでかつ渇きを癒したい。手近な広場には、スタバともうひとつカフェがあったはず。「スタバ」にはビールがないね、もうひとつのカフェにしようと、灼熱の広場を横断。
そこが「パーク・サイド・カフェ」だ。入口に掲げられたメニューにもビールの記述あり。いいねー。店内は避暑中の老若男女に溢れている。中はエアコン、ガンガンということもないが、程ほどに涼しい。このくらいの方がかえってビールが美味い。こりゃ、なかなか外に出られそうにない。今日は、この店の回転はとても悪そうだ。

20180713_144145

20180713_145232

20180713_150025

20180713_150402

20180713_151205

20180713_151217

20180713_151849

今月の「オヤジばっかり月いち居酒屋ツアー」は、珍しく日比谷。偶には和風居酒屋ではなく、ドイツ居酒屋にしてみようと、ガード下にある「JSレネップ」にしてみた。この界隈には他にもドイツ料理店があって、「バーデンバーデン」や「ホフブロイハウス」には入ったことがあったが、ここ「JSレネップ」は個人的に初めて。
入口には、ドイツ風ビアガーデンによくいるメイド姿の女性が客寄せパンダ的に立っていた(小生がカメラを向けると「恥ずかしい」と云いながら逃げてしまう。それじゃ客寄せの仕事を全うしていないことにならないか?)。
中に入ると、エアコンは効いているが賑やかで熱気ムンムンである。天井が低くて換気が悪いせいもあるかも知れないが、天井の低さもビアホール的雰囲気を感じさせる。天井は低いが奥行きは結構あって、居酒屋としては大きいほうだと思う。
もう小生以外は、ばくばくぐびぐびやっている。小生の分として、黒パンとパテが1枚残っていた。ならばと、ビットブルガー・ピルス(560円税別、以下同様)で追撃開始。つまみは、アイスバインボイル(2,780円)とソーセージ 盛合せ(1,680円)、牛肉のグーラッシュ(1,490円)、ブーレッテンのマスタードグリル(1,480円)でどうだ。ドイツ出張が頻繁にある方も、ここの味は太鼓判を押した。
次のビールは、エルディンガー・ヴァイスビール(760円)にした。これはいわゆるホワイトビールで、まろやかな香り。そのあとはもうビールはいい感じなので、白ワインにした。すいすい呑んで、結局3本も空けた。結果、しめてなんと29,532円。ひとり7,383円もいってしまったが、皆さん「偶にはいいんじゃない?」と太っ腹だった。いちおう、ご満足いただけたようである。

20180704_200500

20180704_183305

20180704_183658

20180704_183703

20180704_184415

20180704_185410

20180704_185452

20180704_190746

20180704_192101

20180704_192210

20180704_200342

今回の自称「暴飲暴食の会」は、やっぱり何かと土地勘があって居心地が良い新橋にした。つい先日、会のメンバー5人のうちひとりが、「料理がバケツに入って出てくる店がある」という話を披露したら、それならば「暴飲暴食の会」のコンセプトに合っているからそこにしよう、という話にすぐなった。
場所は、新橋駅日比谷口を出たら1分ぐらい。今日は本降りの雨で、なんとか傘を差さずに行こうとしたが、さすがに濡れた。着いてみると、雑居ビルの2階にその店はあった。階段を上がるとそこは、何となく湘南あたりの海の家を彷彿させる内装。メニューを見る前から、新橋らしからぬ店と感じる。
小生にとって最も新橋らしいと感じる店は、今は無き「均一軒」(たしか4年ぐらい前に閉店した)。名前だけ聞くと中華料理屋を連想する者もいるだろうが、れっきとした居酒屋である。L字カウンター席に10人も座れば一杯になってしまう、小さな店だった。酒は剣菱が基本。行く度に、絶品の鯵のたたき(いわゆる、なめろう)を頼んだ。職人気質だが腰の低い2代目店主は、小生よりもひと回りぐらい年が上だったと思うので、身体を壊したのか、或いはもう立ち仕事が出来なくなってしまったのかも知れない。3代目は継がないようだ。ずいぶん話が逸れた。
別に新橋には新橋らしい店じゃないと興ざめ、というつもりはないが、オヤジ連れでは何となく入りにくい雰囲気である。ともあれ、生ビール(サントリーモルツ500ml、680円税込、以下同様)でスタート。その後は白ワインにしようと、ラ・ナトゥーラ・インツォリア(3,500円)という、シチリアワインを注文。フレッシュな香りと味。呑口が良いのであっという間に無くなる。その後は専らホッピーにした。
料理は、生ハムといちじく(500円)、お刺身大漁バケツ盛り(1,500円)、鶏から揚げ(800円)、ムール貝とあさりの白ワイン蒸し(1,200円)、牛すじ煮込み(890円)、いかのアヒージョ(800円)、生牡蠣(1個400円)、カツレツ(1,200円)、シンプルサラダのバケツ盛り(890円)、鉄板ホルモン焼き(1,100円)、シャルキュトリー(1,300円)、本日のきまぐれピザ(1,300円)と怒涛の注文。バケツがドカドカとやってきた。値段は新橋的には高めだが、なかなか凝っていて美味い。やはり、いまどきの新橋の居酒屋はちょっと違う。

20180618_211059

20180618_184530

20180618_184953

20180618_185301

20180618_190102

20180618_190644

20180618_190743

20180618_191133

20180618_191221

20180618_191254

20180618_191647

20180618_191717

20180618_192027

20180618_195550

20180618_195723

20180618_201014

20180618_201021

以前から気になっていた新橋の居酒屋「美味ぇ津”」。とても人気の店なので予約せずに入ることは無理。しかも、その予約もなかなか大変。午後6時頃に電話を入れると、今は店の仕事が忙しく手が離せない、申し訳ないが午後10時頃に再度電話して貰えないかと、丁重に断られる。云われたとおりに10時に電話を入れ、なんとか翌週の予約を入れることが出来た。そこでも店主に注意事項を云われる。曰く、18時開店時間より30分以上遅れたら予約は自動的にキャンセルになります、と。少々ビビリながら、かつての職場の上司と二人で行ってみることにした。
場所は環二通り、通称「マッカーサー通り」に面している雑居ビルの1階。18時一寸過ぎに入ったが、14席しかないコの字カウンターはもうほぼ埋まっている。我々は左手の一番奥。かなり狭いので、一度入るとなかなか出難い感じ。カウンター内も店主ご夫婦と女性店員の3人で、かなり狭そうである。
入店順に注文を受け付けている。我々は最後から2番目の組。漸く順番が回ってきて、とりあえずビール(420円税込、以下同様)を注文。突き出しがすごい。鯖みそ煮と厚焼き玉子、鶏と里芋の煮物が出てくる。これだけでもう十分というヒトもいるだろう。
もちろん、我々はそれだけでは満足しない。ここの名物の芝浦牛煮込み(シロ、スジ、ハチノス、ホホ肉のセット、980円)を注文しない訳にはいかない。さらにポテトサラダ(420円)、さくらユッケ(580円)、牛ハラミのあぶり(1,080円)、牛タンのあぶり(1,180円)も注文した。ビールのあとは、赤ワインにしようと、シエン・イ・セロ・カベルネ・ソーヴィニヨン2017(2,500円)を頼む。何故かキンキンに冷えて出てきたが、店内は熱気でムンムンなので丁度いいかも知れぬ。
「究極の煮込み」というふれこみに誤りはなかったと思う。この煮込みの味は、森下の「山利喜」を髣髴させる。もちろん、ウリはモツ煮だけではない、牛ハラミのあぶりも、牛タンのあぶりも、実に美味かった。ポテトサラダもなかなかお目に掛かれない美味さ、ベーコンの香りが良い。開店と同時に満席になってしまう(というか、予約だけで満席になってしまう)だけのことはある。ちょっと呑み過ぎ、喰い過ぎ、ひとり5千円を越えてしまったが、ちっとも高いとは感じなかった。大満足である。

20180614_201342

20180614_201315

20180614_181015

20180614_181521

20180614_181938

20180614_182600

20180614_182902

20180614_183307

20180614_191602

20180614_194404

20180614_195930

今月の「オヤジばっかり月いち居酒屋ツアー」は、また新橋(と云うのは、小生以外の人の職場が主に新橋なので自然とそうなりがち)。「海斗」という名の居酒屋に予約を入れた。この店のウリは、魚介系の種類もさることながら、馬肉のようである。
新橋駅日比谷口を出れば、2~3分で到着する便利なところにある。勿論この界隈は、ほぼ呑み屋だらけ。呑兵衛だったらよだれを垂らしながらでないと歩けない場所である。店は1階と地下階に分かれていて、我々のテーブルは地下。
板場の料理人がキビキビと動き、何となく割烹的雰囲気も漂っていて、典型的な場末系新橋大衆居酒屋とは異なり、ちょっとだけリッチな感じはある。しかしメニューを見れば価格設定は極めて大衆的。それにバリエーションが豊富。「呑み気」よりも「喰い気」の方に力点を置いている雰囲気である。従って、オヤジだけでなく(と云うかオヤジよりも)、女性にウケる店と云えるかも知れない。
馬肉は部位だけでも、赤身、ヒレ、ハツ、ふたえご、タテガミ、下ガリなどがあって、目移りすると云うか目を白黒させる品揃え。生ビール(500円税込、以下同様)と共にとりあえず、ふたえご、下ガリ、ヒレの馬刺し盛り合わせ 3点盛り(1,280円)を頼んでみる。ふたえごとはバラ肉らしい。多少歯応えはあるが食べやすい。下ガリはいわゆるハラミのこと。これも刺しが入っていてとろけてしまう。
その後は日本酒に移行する。呑んだことが無い金龍山・樽酒(800円)を注文。他の料理は、うに入りいか塩辛(550円)、ずわい蟹と大根のサラダ(710円)、あじフライ(600円)、魚刺五点盛り(2,390円)、マグロとアボカドサラダ(???円)、馬すじ煮込み(680円)、お新香盛り合わせ(550円)まで頼んで、締めてひとりあたま約2,500円。この店のコスパはかなり高いと見た。

20180606_183809

20180606_183929

20180606_184058

20180606_184448

20180606_184708

20180606_185341

20180606_185318

20180606_190420

20180606_191141

20180606_192603

20180606_200451

20180606_204407

海斗のHP: こちら

特急「ふじさん6号」で小田急新宿駅に20時26分到着。この車両は、折り返し20時40分発の「ホームウェイ85号」片瀬江ノ島行となる。土曜日でも、仕事帰りにこれに乗って帰る客はそれなりにいるようだ。
もうだいぶ良い時間ではあるが(なにしろこの頃は、21時30分には寝る体勢に入るので(^^ゞ)、ちょっとだけ寄っていこうと、新宿西口を出て大久保寄りに向かう。今日も新宿駅界隈は大変な人ごみだ。インバウンドが随分目立つ。新宿をブラつくならば、夜の方が良いと判っているようだ。
暫くぶりに、思い出横丁でも覗いてみようかと思ったが、ふと思いついて「十徳」へ行ってみることにした。新宿西口にしては人通りが少ない道に面しているが、以前覗いた時には、けんもほろろに断られた店である。
今宵はどうだろうと階段を下りてみると、ちょうど帰った客がいたらしく、ひとテーブルが空いていた。良かった。店内には、欧米系の連中も一杯やっている。英語サイトの口コミなのか判らないが、結構、ディープな店でも見掛けることが増えたので、違和感が無いというか、如何にも新宿らしい風景と云える。
この店は、肴が美味いという評判をチェックしていたので、機会があれば入ってみたいと思っていた。しかし残念ながら、今日はもう酒も肴もほぼ満腹状態、殆どチェックすらままならないが、とりあえず喉が渇いたのでハイボール(ダブル650円税込、以下同様)を注文。
つまみには、自家製豆腐(450円)とアスパラガスの浅漬(550円)ぐらいだったらなんとかなるだろうと注文。豆腐もイケるけど、アスパラガスの漬物が意外に美味い。でも今日はこれが精一杯。この店は日本酒の種類も豊富のようなので、次回は日本酒と料理を目当てに来るとしよう。

DSC08304

DSC08306

DSC08307

DSC08308

DSC08309

今月の「オヤジばっかり月いち居酒屋ツアー」は有楽町。JR有楽町駅のすぐ目の前、「有楽町電気ビルヂィング」の地下(「ディ」でなく「ヂ」を使った名前に歴史を感じさせてくれる)には、10数軒の飲食店があるが、そのひとつに「ロッキーカナイ」という居酒屋がある。
ここは居酒屋と云いながら、とにかく肉、肉、肉の店。牛もつ、牛タンがウリの店のようだが、牛肉、豚肉、鶏肉、馬肉まである。肉好きだったら泣いて喜ぶ居酒屋である。18時30分過ぎに行ってみると、外観はまったくのオープン状態で、誰が呑んでいるか一目瞭然である。小生以外はとっくに到着済みでガンガン喰っている様子。
19時まではハッピーアワーなので、生ビールが393円(税込、以下同様)。早速注文する。小生の取り皿には鶏唐揚げが一個乗っていた。ロッキー鶏唐揚げ(755円)のなれの果て。出て来た時はてんこ盛りだったそうな。他に小エビのアヒージョ(539円)と牛モツ煮込み(538円)は喰い終わっていたようで、欠片も残っていない。
ならばと、インスタ映えしそうな馬肉のレッドカーペット(1,079円)と鉄鍋焼き餃子(431円)、牛タン大根(647円)、ハムカツ(862円)を注文。レッドカーペットは馬刺し好きには堪らない大きさである。ハムカツも、滅多にお目にかかれないほど分厚い。
生ビールの後はロッキーサワーがいいと勧められた。テーブルの上を見ると、それぞれレモン、グレープフルーツ、梅、生姜味のシロップが入ったプラスチックボトルが並んでいて、焼酎のナカを注文すれば、あとは客が勝手にシロップを加えて自分好みに仕上げる仕組み。面白い趣向だ。
腹はもう十分だが、最後にロッキーステーキ(3,239円)も注文。見栄えは迫力があるが、コスパが良いのかはよく判らない。会計はしめて14,050円。4人で割ればひとり3,500円強。最後のステーキを頼まなければひとり2,700円で済んだので、かなり安い店と云えるだろう。また来たい。

20180509_200833

20180509_183845

20180509_184227

20180509_184754

20180509_184911

20180509_184915

20180509_185519

20180509_191207

20180509_202146

「原美術館」を出たあと、品川へ出るにはまた御殿山BSへ戻る方が良いのかも知れないが、特に急ぐことも無いので、そのままJR品川駅までブラブラ歩くことにした。
バス通りを右に折れると、左手に高い塀と鬱蒼とした森に囲まれた広大な敷地が何処までも続く。ググってみると、ここはかつて伊藤博文の邸宅があって、それを岩崎弥太郎が譲り受けた土地らしい。敷地面積は約一万二千坪もあるとのこと。今は三菱グループの倶楽部・関東閣になっていて一般公開はされていないようだ。岩崎家が所有していた土地は、都内のいたる処で目にする。
やがて八ツ山橋の国道15号、いわゆる第1京浜に出る。道路の東側、京浜急行の高架下には何故かラーメン店が軒を連ねている。京急がプロデュースした「品達品川」という名のフードパークらしい。ちょっと寄ってみるが、ほんとにラーメン店ばかりなので、炭水化物は間に合っている我々には不向きだ。
そのまま何の気無しに品川駅へ。何となく喉が渇いた(≒ビールが呑みたい)。そういえば、もう3年前になるが(その時のレポはこちら)、「タミルズ」という小洒落たカフェがあったっけと思い出し、行ってみることにした。前回は朝に入ったが、夕刻まではまだ時間があるこの時間は、意外に客が入っている。巨大ハブ駅構内で、身の置き所に困った都会難民がやってくるようだ。窓際のカウンター席が空いていたのでそこを陣取る。
カウンター席からは、ガラス越しに駅のコンコースが良く見える。コンコースは、右へ左へと行き交う人の群れ。老若男女、日本人だけでなく中国系、韓国系、東南アジア系、欧米系。人の歩く様を眺めていると、まるで「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。 ・・・」の方丈記の一節を思い出す。「タミルズ」は喉の渇きを癒すだけでなく、都会の無常を感じられる場所でもある。

20180502_144445

20180502_141228

20180502_141646

20180502_142855

↑このページのトップヘ