山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

居酒屋

藤野の「風里」でかなり満腹になったのでそのまま帰宅でも全く良かったのだが、やはり途中下車しようと二人で、立川ではなく何故か、珍しく国分寺で途中下車してみた。今日、日中浴びた宇宙線が、偶々小生の前頭前野のニューロンに貯めこまれていた、国分寺に係る記憶を刺激したようだった。
特に当てがあった訳ではないが、改札口を出てから確かあんな店があった、こんな店に入ってみたいと記憶を呼び覚ましながら街を進む。結局のところ当てにしていた店は一杯だったので、だったら何処にしようかと更に店を物色し、目に留まったのが「立ち飲み処 半兵衛」という店。
名前は「立ち飲み処」とあるが、中を見ればテーブル席もあるので入ってみた。巷にあるチェーン店の「薄利多賣半兵ヱ」とは関係が無さそうである。わざと知らないふりをする「半兵衛」とも関係はないであろう(そんなことわざはもう誰も使わないだろう)けれど、あえて古風な名前にした理由はそれなりにあるのだろうが、つい訊きそびれた。
店内は、あえて安普請にしたような内装。それはメニューにも反映されていて、ちょい飲みセット(1,000円)というのがあったのでそれにしてみた。ドリンク2杯と、串焼き(焼き鳥、焼きトン)やおでんのうちから好きなものを5つ選べるというから、かなり魅力的だが、果たしてそんなに食べられるのかとやや心配になった。
小生は呑み物をホッピーにして、つまみは二人分でおでんは大根、がんもどき、さつま揚げ、ごぼう巻き、焼き物はネギ間と砂肝、ナス焼きにしてみた。おでんはあっさり関西風。焼き物はどれも可も無く不可もない。何れにしてもこれで1,000円はお値打ちである。

DSC_1057

DSC_1058

DSC_1059

DSC_1060

DSC_1061

DSC_1062

DSC01883

DSC01884

DSC01885

「多雲坊」でそれなりに満足したので、皆なんとなくそのまま駅に向かって歩き出すと、わざわざ大宮まで来て一軒で帰るのか?という(呑兵衛として至極真っ当な)動議が出されたので、それならばと間髪を入れず、手っ取り早い場所にある「いづみや第二支店」へすっと入る。
入口の目の前のちょっと大きめテーブル席には、いつも予約の札が置いてあるが、6人でドヤドヤと入れば、店のおかあさんがさっと予約札を取り去って、「どうぞ」と目で合図。このあうんの呼吸は、「いづみや本店」にしても「いづみや第二支店」にしても久しぶりの気がして小気味良い。
そのおかあさん、さっそく注文取りにきて我々を待つ。頼んだのは、やはり瓶ビール(サッポロ赤星、510円税込、以下同様)。それと同時に、日本酒(大穴、610円、高い割りに大して美味くない(失礼!))やら泡盛を注文。
さらに併せて料理は、もつ煮込み(170円、オヤジだったら無意識で注文する)、らっきょう(200円、普段、頼む人がいないので、食べるのは久しぶり)、野菜炒め(450円、万人受けする料理だがここでは高級料理の部類)、ハムカツ(300円、何故か居酒屋でしか食べられない)も注文。呑みものの後、更に料理の注文を4つも受け付けてくれた。
他の店では当たり前だが、ここは我々よりひとまわりぐらい上のおかあさん達が仕切る「いづみや」だ。これまでたいていのおかあさんは、3つ以上の注文は受け付けられない(覚えられない)場合が多いので、それに慣れた小生としてはちょっと感動すらおぼえる。
我々を相手にしてくれた(「いづみや」にしては)やけに愛想がいいおかあさん、新人かも知れない。それとも営業方針を変えたのか(新たに立てたのか)? この仮説を検証するため、近々また来てみよう。

DSC_1013

DSC_1014

DSC_1017

DSC_1018

DSC_1019

DSC_1020

DSC_1021

DSC_1022

今回の「オヤジばっかり月いち居酒屋ツアー」は久しぶりに山手線から外に出て、大宮でやることになった。久々、蕎麦好きオヤジさんが参加することになり、店も勧めていただいた「多雲坊」という居酒屋で決まり。以前、大宮東口界隈の店をリサーチしていた頃から名前だけは知っていたが、ネットを見た限りなかなか個性的な店のようで(悪い意味ではない)、ちょっと二の足を踏んでいたところだった。
個性的なのは料理。鹿刺(1,500円税込、以下同様)や鯨尾肉刺(1,500円)ぐらいは「おっ、珍しいね」という感じだが、ダチョウ刺身(1,500円)とかカンガルー刺身(1,500円)となると「え"ーっ!?」となる。他にもワニやカエルとかあるが、決してゲテモノ料理屋ではなく、「変わった料理もある」居酒屋という感じか。
店は袋小路のどん詰まり、西側からはアクセスできない。建物は古民家というか、看板が無ければ単なる荒ら屋である。大都市大宮の街中にこんな居酒屋があるとは、と少々吃驚する。総じて大宮の呑み屋街は普通の地方都市とは異なり、ゆったりした街並みでは無くカオス的にごちゃごちゃした感じだが、「多雲坊」はまさにそんな一角にあっても些か異色を放っている。
暖簾を潜ると三和土があり、靴を脱いで上がり込む。小生が一番客だった。女性店員に広間へ通され、ここでどうぞとテーブルをあてがわれたが、隣を見ると掘り炬燵形式のテーブルがひとつだけあったので、ここにして欲しいと女性店員に無理を云った。なにせ総じてオヤジは皆、身体が硬いので胡坐すら苦痛なのだ。
程なく皆が揃い、生ビール(600円税別、以下同様)で乾杯。その後は地酒。いろいろ置いてあったが、大七(800円)やら神亀(800円)やらを賞味。やはりいくつかある焼酎に切り替えた者もいた。つまみは、ポテトサラダ(500円)、自家製ザーサイ(500円)、卵焼き(500円)、まぐろ刺(800円)、太刀魚刺(???円)、大根煮(700円)、鶏竜田揚げ(800円)、へしこ焼き(800円)、鯖塩焼き(500円)と、まともな料理にした。
どれも申し分がない味だったが、特に大根煮は見掛けはギョッとするものの、味は実に優しかった。ポテトサラダは、極めてシンプルだがちゃんと美味い。他にもまだまだ料理はあるし珍味にも一切、手を付けていないので、また来ることになりそうだ。

DSC_0997

DSC_0998

DSC_0999

DSC_1000

DSC_1001

DSC_1002

DSC_1003

DSC_1004

DSC_1005

DSC_1006

DSC_1007

DSC_1008

DSC_1009

DSC_1010

DSC_1011

DSC_1012

この頃大宮駅で途中下車しても、特に考えもせず成り行きでいつもの居酒屋に入ることが多かったので、今日はちょっと心を入れ替え、偶には未だ入ったことが無い人気の居酒屋にしてみようと検討、高崎から乗った新幹線の中から予約の電話をしてみた。
一つめと二つめは満席で、三つめの店で漸く「お待ちしています」の返答を得る。その店は「雑魚や 基」という居酒屋。場所は、南銀商店街の一本東側の通りにある雑居ビルの地下階。店の中は意外に広い。我々はカウンター席に座ったが、他にテーブル席や小上がりもあるようだ。照明を落した店内はやや薄暗く感じるが、テーブルだけは明るくなっていて、料理の見栄えが良い。その分、料理に自信があると見える。
またビールが呑みたい気分だが、そうは呑めそうに無いので生小グラス(360円税込、以下同様)をグビっとやった。料理もそんなに喰えないが、先ずさわら刺身(???円)を注文。その後は、ちょっと珍しいなとイカスミさつま揚げ(600円)を頼む。人気料理らしい。イカスミが入っただけ更に美味い筈だが、その辺りはよく判らない。さわらはイキがいい。
ビールの後はやはり日本酒、ここは様々な地酒が置いてあってうれしい。今日の気分で選んだのは「鶴齢・純米超辛口」(???円)。目の前で、片口に注いでくれる。
追加で、鮭トバ入りポテトサラダ(500円)も注文。その名の通り、鮭トバが入っているので独特の味わいがある。これはなかなかだ。ここの店ではアジフライも名物らしいが、残念ながら今日はそこまでは手が出ない。次回の宿題としよう。

DSC01818

DSC01817

DSC01810

DSC01811

DSC01812

DSC01814

DSC01815

DSC01816

「奥村本店」で老舗蕎麦屋の味を堪能した後、まだ「特急あずさ」の時間まで多少時間があるので、もう一軒寄ってみることにした。甲府駅界隈には、午後5時以降であれば山ほど居酒屋が開いている。常々、山から下りたそのついでに、何処かに寄ってみたいと思っていたものの、どうしても帰りが遅くなるので二の足を踏んでしまう。それに、甲府駅に下りてくる山は意外と少ない。その少ないケースの中から挙げられるのは、今回のように広河原から戻る場合だ。
いつか機会が出来たら、寄ってみようといくつかリストアップしていた居酒屋のうち、今回は「七賢」という居酒屋をチョイス。駅に近くて便利。その名の通り、「七賢」を醸す山梨銘醸の直営店らしい。
開店時間の5時を少々回ったところで入店。我々は左手のカウンター席へ。右手にはテーブル席、奥には座敷もあるようだ。さっそくメニューを拝見。当然ながら日本酒は全て「七賢」だが、いくつかの銘柄が並んでいる。他にもビールだって、ワインだってある。
もうビールはいらない感じだが、それでもちょっと口を爽やかにしたいので、「山ノ霞」(360ml、1,500円税込)というスパークリング日本酒を頼む。スパークリングワインと同様、瓶内で二次醗酵させたシロモノらしい。口に含んでみるとだいぶ甘口だが、炭酸が和らげてくれるのでそれほど悪くはない。すかすか呑んでしまいそうな、あぶない酒だ。腹はかなりいっぱい状態なので、つまみはもう余りいらない感じ。それでも折角なので、かつおの刺身とアスパラベーコン巻きを頼んだ。
カウンター席は独り客か二人連れ、テーブル席は仲間同士、座敷は家族連れという感じで客層は様々。そのうちに、中高年の10数人の団体(「歩こう会」みたいな雰囲気)がやってきて、テーブル席の一角を占拠した。

DSC01776

DSC01777

DSC01778

DSC01779

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

****************************************************************************
久しぶりに会社の元同僚と仕事帰りが一緒になり、一寸寄ってみることになった。この頃は、予定外の寄り道は殆ど無くなったので何となく新鮮。場所は南流山。半年前の「ふらり」以来だ。南流山は、並びにある「皓太」も含めまだ2軒しか知らないので、せっかくなので入ったことが無い店にしてみたい。
ググってみる限り、南流山の呑み屋は駅の北側に多そうだ。そちらにぶらぶら向かってみると、先ず最初に目に付いたのは「大阪新世界 串かつ さじろう 南流山店」という居酒屋。串かつも偶にはいいかも知れないと、入ってみることにした。
ここは大阪にある串かつ屋の支店か、と思ったら違った。本店は、千葉の柏にあるらしい。しかし、オーナーが本場大阪の有名店「だるま」で修行したというから、きっと本格的なのだろう。店内が明るいのは、なんとなく大阪的。先客は2組だけだった。入口に「ソースと人生 一度きり」と貼紙があった。このギャグも大阪的。
先ずは生ビール(480円税込、以下同様)。付き出しは生キャベツ。これも、(勿論一度だけ)ソースに付けて食べるらしい。この店の名物は串かつ以外に、どて焼き(390円)と牛かつ(1,280円)とのこと。ならばどちらも頂こう。あとは、やみつき大根(290円)と、他に串かつも適当にいくつか注文。どれも普通に美味い。大阪特有の細かいパン粉が、腹に溜まらない感じでなかなかいい。きっとまた食べたくなるだろう。

DSC_0919

DSC_0920

DSC_0921

DSC_0922

DSC_0923

DSC_0924

DSC_0925

DSC_0926

青梅線の車内で「立川&餃子」で検索すると、出てくるのは既に殆ど入ったことがある店ばかり。同じ店でもいいけど、折角だから知らない店にしようと更に探せば、「小鉄屋」なる店があった。どうやら居酒屋らしい。餃子をウリにしている居酒屋も面白そうなので、入ってみることにした。
場所は「馬力」の斜向かい。以前はなんだったっけ、と云っても思い出せない(後で調べると、立ち食い蕎麦屋だったらしい)。かなりコンパクトな店で、まだ5時半だがすでにかなり客が入っている。果たして入れるかと危ぶんだが、先客が席を譲ってくれて、有り難く4人テーブル席に座れた。
また喉が渇いたので早速、生ビール(302円税込、以下同様)と餃子3枚(410円×3)を注文。今日3杯目のビールだが、山でしっかり汗を掻いたせいか、不思議と何杯でも美味い。やがて目当ての餃子が出てくる。しっかり焼き目がついていて美味そう。頬張ってみると、野菜が多めなあっさり系。これだったら何個でも喰えそうである。3枚の餃子は忽ちペロリと無くなった。
ビール&餃子の後は、ホッピー黒セット(529円、ナカは270円)にしてみた。料理は、ポテトサラダ(421円)、シロ(173円/本)、(お腹が空いていそうなWoodyさんのために)ソース焼きそば(529円)、水餃子(486円)、梅きゅう(421円)を頼む。
ポテトサラダにはなにやら緑色のソースが掛かっている。恐る恐る食べてみると、居酒屋らしからぬバジルペーストだ。あまりお目にかからないけれど、なかなかイケてる。水餃子は、焼き餃子と違ってもちもち。
締めて6,269円。餃子激戦区の立川に参入した「小鉄屋」、ちょい呑み、ちょい喰いには丁度いい感じの店なので、ひいきにしてみたい。

DSC01670

DSCPDC_0001_BURST20190609174148108_COVER

DSC01671

DSC01672

DSC01674

DSC01675

DSC01676

DSC01677

奥多摩駅界隈には飲食店が何軒かある。山ばっかりの、人口が5千人に満たない町にしては多いと思う。しかも、ランチタイムとディナータイムの間を休まない店が多いので、我々のような山帰りの者にはとてもフレンドリーである。さすが、「観光立国」ならぬ「観光立町」だ。
このところ、駅前で一寸呑むんだったら大抵「バテレ」か「天益」になる。今回も「天益」に寄ろうかと話していたが既に激混みだったので、じゃあ折角の機会だから入ったことがない店にしてみようとなった。
まだ入ったことがない店も結構ある。西東京バスの案内所と一体化した「氷川サービスステーション」(まるでガソリンスタンドのようなネーミングだが、れっきとした大衆食堂)しかり、「そば処おく」しかり(たいてい閉まっているか、蕎麦が売り切れと云われる)、「こうらく」しかり、「むら㐂」しかり。今回は、その中から「むら㐂」に入ってみることにした(最近、「氷川食堂」なる小洒落た店も出来たが、一杯やれる感じではない)。
暖簾を潜って扉を開けると、カウンターに常連客がお二人。我々4人でカウンターに座ることも出来たが、女将は「奥へどうぞ」と仰る。座敷が有るらしい。それじゃあと裏へ廻って上がり込む。座ってみると、座敷が微妙に傾いているみたいだが、呑んだら気にならないだろう。
メニューを見ると餃子があったので、ビールと一緒に注文。やっぱりビールには餃子だ。ついでに山菜天ぷらと冷奴も頼んでみる。ビールはキンキンに冷えていて美味い。さっきまで寒いと感じていたのに不思議だ。餃子も美味い。するとWoodyさんがぼそっと「餃子は好物」だとカミングアウト。えー、聞いてなかったよと話が盛り上がり、じゃあ、立川へ行って餃子を喰おう、ということになった。さてどこにするか。

DSCPDC_0002_BURST20190609150731750_COVER

DSC01666

DSC01665

DSCPDC_0001_BURST20190609152828319_COVER

DSC01667

DSC01668

「山忠」を出た後、麻生十番駅に向かってぶらりと歩く。途中、「浪花屋総本店」なるたいやき専門店が目に入る。ここはなんと「たいやき」発祥の店らしい。明治42年創業というから、既に100年を超えた老舗。たかがたいやき屋などと馬鹿にしていけない。右党でもあるアユラシと和尚はいそいそと店に入り、たいやき一つをゲットしてさっそく齧り付く。小生は左党一筋なので、食指が動かない。
その後、さらに商店街をぶらぶら進むと、立ち呑みバーがあった。でも店の名は「Bistroあわ」と書いてある。立ち呑みのビストロなのだ。なかなか良さそうだと外観だけで決めて入ってみた。結構賑わっているが、一番奥の大型TVモニターの前にあるテーブルを確保。スポーツバーでもあるのだ。
見渡せば、麻布十番らしく外国人の客も多い。皆、大使館職員か何かだろう。さすが麻布十番の立ち呑み屋は、赤羽や上野あたりの立ち呑み屋とはだいぶ違う。
店の名前が「あわ」なので、スパークリングワインをもらう。頼んだのは、デル・スールのスパークリング(1,900円)。たしかマレーシアで呑んで以来、懐かしい。付き出しは、ナッツやらチーズやらが出てきた。これだけでも結構呑めそう。しかしあとでレシートを見たら、しっかりチャージ(300円×3)を取られていた。スパークリングワインの後は、竹鶴のハイボールを呑む(ダブル700円)。
他につまみは、生七味のポテトサラダ(300円)に、スパニッシュオムレツ(300円)、シャルキュトリー3種(900円)、本日のアヒージョ(680円)の4つを頼んだ。生七味が掛かっているポテトサラダは初めてだが、そんなに辛くないのでワインに合わなくもない。でも、どちらかと云えば何も掛かっていないポテトサラダの方が美味いかも知れない。
立ち呑みなので1時間ほどで出たが、なかなか居心地が良かった。独りでも気兼ねなく入れそう。こんな店は何度でも寄ってみたい。

DSC_0804

DSC_0805

DSC_0806

DSC_0807

DSC_0808

DSC_0809

DSCPDC_0003_BURST20190606193312515_COVER

DSC_0811

DSCPDC_0001_BURST20190606205025022_COVER

DSCPDC_0001_BURST20190606205042196_COVER

DSC_0812

DSC_0813

DSC_0814

DSC_0815

DSC_0817

和尚が、仕事の所用で麻布十番(正確には三田)にいくので、夕方に来ないかと云う。然らばとアユラシと共に集まることにし、店はアユラシに決めてもらった。海浜幕張から麻布十番に行くのは結構大変だ。それだけに様々なルートが考えられ、何れも五十歩百歩。今回は新木場で有楽町線に乗り換えた後、月島から大江戸線で向かうことにした。
麻布十番駅に着いて地上に出たら、Google Mapで店の方角を定める。環状三号線から外れると、路地はどれも狭くてごちゃごちゃしている。飲食店は結構多い。そう云えばそもそも、麻布十番で呑んだことがなかった。なかなか楽しそうな街だ。
目当ての「山忠」に入ると、既に和尚とアユラシは着いていて一杯やっている。やさぐれていない、小粋な店だ。この頃はこういう店が少なくなってきた。新橋や神田辺りの場末な居酒屋とは違って、真っ当な居酒屋という風情である。置いてある料理も正統派だ。
聞けば既に予約客だけでいっぱいだそうで、駆け付け生ビール(中500円税込、以下同様)を呑んでいると、而して予約していない客が後から後からやってきたが、皆悉く断られていた。ここは人気の店のようである。
頼んだのは、ふぐ唐揚げ(850円)と、しゃこ(800円)、谷中しょうが(650円)。値段的にも場末感はない。寿司屋以外で、しゃこはなかなかお目にかかれない。料理からすれば、ビールの次はやっぱ日本酒を呑むしかない。銘柄は分からないが、呑み飽きないタイプの酒が出てきた。灘か伏見か。
とても居心地がいいが、こういう店には、長っ尻して管を巻いてはいけない。さくっと呑んでさっと帰るのがいい。是非、また来たい。

DSC_0797

DSC_0798

DSC_0799

DSC_0800

DSC_0801

DSC_0802

DSC_0803

下今市で「特急けごん44号」に乗り換え、北千住には19時2分に到着。会津若松の七日町にある「田事」でランチしてからもうたっぷり6時間、列車旅では酒とつまみがあったとは云え、さすがに腹が減った。ということで、北千住で寄り道することにした。
いつものように西口の呑み屋街へ。メインの小路よりももう一本西へ入ったところで、「あさり食堂」という店に入る。店の外観は古民家風で、中はちょっと素朴な西洋風居酒屋的。といっても純然たる居酒屋とはちょっと趣が異なる感じで、どちらかと云えば中身で勝負、だけではなく、雰囲気も重視するような店だと感じる。
ここは以前入ったことのある「萌蔵」(一軒置いた奥の店)の姉妹店で、そう云われれば良く似たところがある。何れにせよ、どちらもオヤジ独りとかオヤジ同士で入る店ではない。かなり女性を意識した隠れ家カフェ的雰囲気である。その証拠に、客は女性同士や若いカップルが多い。
席に着いたらやはり生ビール(キリン一番搾り600円税別、以下同様)で喉を潤す。メニューを見ると品数はそれほど多くはないが、やはり和洋折衷な品揃えのようだ。先ず最初に頼んだ料理は、この店の人気No.1と書いてある、牛すじと大根の赤ワイン煮込み(580円)。
牛すじはしっかり煮込んであって、ソースが良く浸み込んでいる。値段もリーズナブルなので、自慢しているだけのことはあると思う。さらには、あさりとアスパラのアヒージョ(680円)と、あさり食堂のボンゴレビアンコ(980円)も注文。どちらもなかなかイケる。もしここが締めでは無く一軒目であったならば、ワインをボトルで頼みたいところだった。

DSC01560

DSC01562

DSC01563

DSC01564

DSC01565

蕎麦屋「寿庵忠左衛門」で、酒と魚と蕎麦を堪能したあとのこと、もうすっかり大満足だったのだが、何となく勢いがついてしまったのか、はたまたちょっとだけ呑み足りなかったのか定かではないが(たぶん両方)、またしても立川で途中下車。
何も考えずにふらふらと南口に出てみたものの、余り食べられないのは間違いないので、ガッツリ系の店はスルー。そこで目に留まったのは「波平」。もう4年ぶりか。そう云えば、あの時も確か2軒目だったっけ。入ってみると、4年前の(前回)に較べて今夜は客がだいぶ増えた感じ。
いつもなのかどうかは判らないが、若者が多いような気がするし、山帰りの客が来るような店ではない。この店は1階と地下階があって、我々は前回同様、地下のカウンター席に通される。
「波平」と聞けば直ちに「サザエさん」を連想するが、その名の通り、メニューを開いてみると飲み放題付コース料理は、ワカメコース4,000円、カツオコース5,000円、サザエコース6,000円となっていて笑える。そしてやっぱり、魚介系がウリのようだ。
ビールはヤメにして、白州ハイボール(500円税別、以下同様)にする。ちなみにここのハイボールには、「バランタイン」と「フォアローゼス」と「白州」の3種類から選べるようになっていて、しかも全部500円。だったら常識的には、「白州」を選ぶしかないだろう。
付き出しは前菜三点盛りになっていて、これだけでもういいか、という感じでもあったが、この店は料理がいろいろある、折角なので他に白魚刺身(???円)と、波平流だしまき(780円)を注文。どちらもイケるが、もうこれ以上は喰えない。
前回に引き続き今回も結局、長居をせずさっと出た。次回は是非、腹を空かせてやってこようと思う。

DSC_0126

DSC_0127

DSC_0128

DSC_0125

令和初日を松本で迎えた翌日の、令和二日目、カミさんと近所の「やっちゃば」に行くことにした。三郷で手っ取り早く「魚で一杯やろうか」と考えると、この店が思い浮かぶ。一般的なファミレスぐらい大きな店だが、いつも混んでいる人気店、開店時間に合わせて入った。
ゴールデンウィークの真っ只中、皆さん、やっぱり三郷なんかで燻っておらずに何処かに出かけていると見えて、(前回)に較べると客の出足が鈍い感じだったが、そのうちにいつの間にか満杯となり、結局それなりに喧しくなった。
この店は、家族連れか近所の知り合い同士が多く、しかも団体が多い。大人数の場合は皆、小上がりが丁度いい大きさのようだ。小上がりは襖で締め切ることも出来るが、注文する度に店員を呼ぶ必要があるため(インターホン等しゃれたものは無いので)、何処も開けっ放しとなる。而して、小上がりの騒々しさも店内に拡散し共鳴することになる。
先ずは生ビール(中550円税別、以下同様)をグビっとやる。4月は震えるほど寒い日が続いていたが、ゴールデンウィークに入るとだいぶ気温が上がってきた。暑くも無い、寒くも無い、いい季節。ビールが更に美味い陽気になってきたのはやっぱりうれしい。
我々は今日もカウンター席。目の前の水槽にはアジの群れが泳ぎ回っているが、アジの姿造りを頼むと(頭がクチパクするせいで)カミさんが怯えるのでやめにして、刺身は初カツオ(???円)にした。他に、サバ味噌(???円)、エシャレット(350円)、アスパラ(400円)、ニラ玉(400円)を注文してみた。この店はメニューが豊富なので目移りしてなかなか選べない。特に刺身の種類がとても多いので、次回は刺身尽くしにしてみるか、といつも思うのだが、ボリュームがあるので毎度断念してしまう。この店はやっぱり大人数で来るべきなのである。

DSC_0078

DSC_0077

DSC_0074

DSC_0076

DSC_0075

蝶ヶ岳登頂を諦めて予定を前倒しにした結果、図らずも松本市街に泊まることになった。松本には何度も通っているが、泊まるのはいつ以来なのか思い出せない。たいていの場合、松本を夕方前に出る「特急あずさ」で東京へ帰るので、居酒屋とか、蕎麦屋の夜メニューにありつくことは滅多にない。
せっかくの機会なので、どの店に入ろうかと暫し思案し、泊まるホテルに至近な「信州ゴールデン新館」という居酒屋に入ってみることにした。駅からホテルに向かう途中なので、チェックインする前に直接寄ってみて、「あとで来ます」と予約。
何処にでもありそうな感じの大衆酒場だが、料理や酒の種類が随分豊富だ。何故か、沖縄料理も混じっている。先ず生ビール中(350円税別、以下同様)で無事を祝して乾杯。つまみには、串焼きでカシラ(150円)、とりもも(150円)、アブラ(150円)、ハラミ(150円)を頼む。
他に、揚げ餃子(480円)、ポテトサラダ(380円)、ゴーヤチャンプルー(700円)、信州サーモン(800円)、あつ玉子焼き(550円)、馬刺し赤身(880円)、ハムカツ(480円)、えいひれ(480円)、きゅうりみょうが(380円)、サバ缶おろし(450円)、焼きそば(880円)、ゆで落花生(380円)、ちくわ磯辺揚げ(400円)と怒とうの注文。初日は別にして2日間しっかり歩いたし、昼は大して喰わなかったせいで、皆さん、食欲が旺盛である。
ビールの後は日本酒。やっぱりせっかくなので信州の酒にしようと、北安・冷酒(580円)、高天・冷酒(480円)、岩波・冷酒(480円)、七笑・冷酒(480円)とじゃんじゃん呑む。ビール派は、ドライブラック生ビール(350円)やハーフ&ハーフ(350円)、サワー派は信州コンコードサワー(450円)などを呑んでいた。
一方、日本酒ばかり呑んでいた小生も、ちょっと喉が渇いたので炭酸系を頼もうかとメニューを見れば、キンボール(430円)が目に留まる。あれっ、これたしか上田で呑んだ、なんだこの店、同じ系列店じゃん、と気が付いた。勢いでハブボール(480円)も呑んだが、ハブらしさはよく判らなかった。

DSC01235

DSC01236

DSC01237

DSC01238

DSC01239

DSC01241

DSC01242

DSC01243

DSC01244

DSC01245

DSC01246

DSC01247

DSCF8203

DSC01248

DSC01249

DSC01250

DSC01251

DSC01252

DSC01253

DSC01254

DSC01255

DSC01256

DSC01257

IMG_0379

DSC01258

家の近所で、ちょっと気の利いた居酒屋へ行きたいと思ったら、この頃は「誠家」を連想することが多い。今日は金曜日なので、普通だったらたとえ呑みに誘われても(心を鬼にして)断って家へ直帰し、「チコちゃん」を見たら明日のための準備をして早く寝る(なにせ、三郷から山は遠いので・・・)、というパターンになる。
しかし今回は、このちゃんの要望により山行を日曜日からに変更したため、ゴールデンウィーク直前の金曜日にもかかわらず、久しぶりの「花金」(もう、死語か?)となり、而して早く寝る必要がない。こういう時に限って誰にも誘われないので、カミさんと待ち合わせて「誠家」へ行くことにした。
ドアを開けると、店主がお出迎え。こちらへどうぞと、いつものテーブル席へ着く。先客はカウンターに独り呑みの男子が二人のみ。うち一人は直ぐに帰ってしまった。残りの一人は小生よりもだいぶ上の方のようだが、相当きこしめているようで、酔うほどに愚痴愚痴と不満を女性店員にぶつけている。しかし店員の方も慣れたもので、柳の如く受け流している。そう、酔っ払いは駄々っ子を扱うが如く、まともに相手にしないのが得策だ。
先ずは生ビール(520円税別、以下同様)でのどを湿らせたら、今日はワインでも呑むかとイタリアワインの赤、ネリオ・ナルド・リゼルヴァ2013(Nerio Nardo Riserva, 3,780円)を注文してみる。意外に重厚な香りで酸味も感じる、値段の割りにかなりイケてると思う。
これに合うんだったら、牛すじ煮込み(???円)がいいなと頼む。しかし他に相応しい料理が見当たらず、真鯛刺身(???円)、銀だら西京焼き(???円)、ササミちょい炙りワサビソース(590円)、海鮮チーズチヂミ(620円)を注文した。やはり刺身にはミスマッチだが、銀だらとかチヂミとのマリアージュは悪くないと感じた。

DSC_0039

DSC_0040

DSC_0041

DSC_0042

DSC_0043

DSC_0044

DSC_0045

DSC_0046

DSC_0047

DSC_0048

DSC_0049

今月の「オヤジばっかり月いち居酒屋ツアー」もやっぱり新橋。新橋には、昭和の雰囲気が残っている居酒屋街が多いが、それでもいつのまにか或る場所の店は入れ替わっていて、新しい店ができていたりする。そうすると、そこには以前、どんな店が有ったのかと思いをはせてみても、もう思い出せない。そうやって気が付かないうちに、新橋も徐々に変わってきている。
今回の「土佐清水ワールド」という店も、いつの間にか出来ていた。というかそれ以前に、この店が入っている雑居ビル「GEMS新橋」自体が、いつの間にか出来た。ちょっとググってみると、やはりこのビルも店も2018年9月25日(月)にオープンとのこと、まだ半年しか経っていない。
このビルは、1階から9階まで各階に1軒ずつ、全部飲食店だ。野村不動産が仕掛けた新しいコンセプトだと。「土佐清水ワールド」は2階なので階段で行こうとしたが、見つけられず、結局エレベータに乗る。出来立てなので、エントランスもエレベータもピカピカでモダン。新橋らしさが無い。
もう小生以外は揃っていて、呑みものと料理をガンガン頼んでいる。エビス生(530円税別、以下同様)で後を追う。この店はその名の通り、酒も料理も土佐。日本酒は先ず、久しぶりの酔鯨(780円)を呑んでみる。その後は久礼(780円)にした。他に、藤娘(680円)、土佐藩(480円)、豊能梅(780円)も味見した。
つまみは、あおさ入り出し巻き玉子(580円)、サバ一番火節(480円)、めじかの干物(580円)、四万十鶏の唐揚げ(680円)、四万十のりコロッケ(480円)、かつお藁幡多流たたき(1,280円)、豪快刺盛大(2,980円)、ブリかま塩焼き(680円)、鯛のかぶと焼き(580円)、フライドポテト(380円)、かつお酒盗(380円)を注文。頼み過ぎで、テーブルに乗り切らない。
なかなか他の居酒屋ではお目にかかれない料理が出てくるので興味深い。個人的には、かつお藁幡多流たたきが美味かった。会計は締めて合計21,700円(税込23,430円)。ひとりあたま4,700円だったが、これならば満足できると思う。新橋界隈には、他にも様々なご当地料理を喰える居酒屋があるので、まだまだ楽しみが多い。
ところで、良く見てみるとこのビルの4階には、仙台で入ったことがある、あの山形蕎麦の店「焔蔵」が入っているし、3階には蒲田で有名な餃子屋「ニーハオ」がある。今度は、どちらかにしてみよう。

DSC_0016

DSC_0017

DSC_0018

DSC_0019

DSC_0020

DSC_0021

DSC_0022

DSC_0025

DSC_0026

DSC_0027

DSC_0028

DSC_0029

DSC_0030

DSC_0031

越後湯沢から大宮まで1時間足らず、一寸ウトウトしていたらもう着いてしまった。まことに速いものだが、上越新幹線は越後湯沢駅を出たら直ぐにトンネルまたトンネルで、上毛高原駅もほんの息継ぎの如く外が見える程度、ほぼ高崎に着くまで眺めが無い。
せっかくの上越国境の眺めは殆ど得られないので、はっきり云ってつまらない。上越新幹線はスピードを取った代償に、景色を失った。車窓の山旅はやはり、在来線(上越線)に限る。上越線には全国的にも珍しいループ線がまだ残っている。しかも、同じ上り線で新潟県内と群馬県内の2ヶ所にあるのは全国で上越線だけ。いつかまたドン行に乗って、久しぶりに味わってみたい。
大宮に着いてもまだ午後4時半、やはり途中下車して東口へ出る。何処へ入ろうかと少々考え、久しぶりに「三悟晶」を覗いてみることにした。暖簾を潜ると、今日はかなりの客入り。チラホラしかいなかった5年前の前回と時間は殆ど同じはずだが、だいぶ違う。何故だろう。でも何とか座れた。
昭和レトロが色濃く残る店、造りは変わっていないが、何となくちょっと小キレイになった感じ。少なくとも、お品書きと暖簾は新調したようである。それが客の入りが変わった理由とは思えないけれど。
小生は、ビールはもう新潟県内で散々呑んで来たので、ここではブラックニッカハイボール(370円税込、以下同様)にした。あてはポテトサラダ(370円)とラビオリ揚げ(370円)。図らずも5年前と同じものを頼んでしまったが、そうそう、この店にはラビオリ揚げがあるのだ。
何故、他の店ではラビオリ揚げがメニューに無いのだろう。不思議だ。ビールか炭酸系の呑みものだったら、間違いなく合うと思うのだが。この店で、ラビオリ揚げがメニューにあるのを見ると、毎度そう感じる。

DSC00982

DSC00983

DSC00984

DSC00985

DSC00986

DSC00987

DSC00988

DSC00989

これぞ居酒屋、という感じの「まるよし」ですっかりいい気分になったあとのこと。赤羽に来たのだからやっぱりここはハシゴしようと、アユラシに連れられてぶらり、近くの「いこい」に入る。ここは支店で、本店はやはり赤羽にあるらしい。営業開始はなんと、朝7時だそうだ。
丁度、テーブルがひとつ空いたところで、得たりとそこに座る、じゃなくて立つ。なにせ、ここは立ち呑み屋なのだ。テーブルと云っても、ビールケースを積み重ねて、その上に合板を乗せただけの粗末なテーブル。でもそれだけあればOK、オヤジを満足させるのは至極簡単だ。ビニルシートで囲われた店内には、程良く客が立ち並んで、黙々と呑んで喰っている。意外と静かなのは、独り客が多いせいだろう。
立ち呑み屋で独り黙々と呑むというのは、男の悲哀が漂う。なにやら、真っ直ぐに家に帰りたくない(帰れない)ような事情が見え隠れする気がする。やるせない自らの気持ちを慰めるために、酒の力を借りているように見えるのは考え過ぎか。
一方、女の独り酒も、居酒屋では滅多にあるわけではないものの、全く見掛けない訳では無い。が、女性の場合は悲哀というよりは、独りの時間を楽しんでいるように思える。「ワカコ酒」のイメージが強すぎるせいかも知れない。
それはともかく、さっきはホッピーを呑み続けたので、ここは日本酒にする。ざっと見渡して菊水(コップ1杯300円税込、以下同様)で再び乾杯。つまみにはポテトサラダ(110円)。さすが、立ち呑み価格。最安の日本酒(菊源氏)だったらなんと一杯200円。これだったらセンベロも現実的。
でも立ち呑みは、サクッと呑んでサクッと帰るところが身上。立ち呑みでへべれけになるのは粋じゃあない。ということで、我々も2杯呑んだところでサクッと帰った。いつか、この店に独りで来てみようと思う。

DSC_0326_1

DSC_0327_1

DSC_0328_1

DSC_0329_1

DSC_0333_1

DSC_0334_1

DSC_0335_1

DSC_0336_1

DSC_0337_1

2週間のインドネシア出張で、日本食に飢えた訳ではないが、日本酒にはちょっと飢えた。やっぱり日本酒が呑みたい。それに、どうせ呑むんだったら小粋なところで呑みたいものだと思い付き、アユラシと和尚を引っ張り込んで赤羽へ行くことにした。そういえば、このあいだ「まるます家」と「丸健水産」に行ったのも、インドネシアから帰って直ぐのことだった。
定時になったら直ちに会社を飛び出して赤羽にやってきたが、やっぱりそれなりに時間が掛かる。到着はすでに午後7時、しかし小生以外の二人はもう6時半頃には店で一杯やっていたようだ。店は、アユラシが選んだ「まるよし」。「まるます家」や「丸健水産」と並んで、赤羽では有名な居酒屋である。
開店は赤羽らしく14時半とのこと。さすがである。駅を降りれば、直ちにそれと判る黄色い看板が煌々と輝いている。店先の赤提灯と白い暖簾が正統派居酒屋の証しだ。
ここは予約が出来ない店なので、とにかく早い者勝ち。常にほぼいっぱいの状態のようだが、今回、アユラシと和尚が座っていたカウンター席になんとかもう一人、ねじ込ませることができた。店員さんも客も実に協力的である。周りを見渡せば、さらりーまん100%。インドネシアでは決して見ることが出来ない眺めだ。
この店のメインは焼きとん。どれも1本90円(税込、以下同様)とリーズナブル。他の料理もたいてい200~300円ぐらいだから、センベロは無理にしても、かなり安く呑める感じ。小生はホッピー黒セット(540円)を注文。ここは日本酒も1合330円(福徳長)とお手頃。
つまみは焼きトン以外に、ポテトサラダ(220円)、煮込み(220円)、イカげそ揚げ(300円)を喰ってみた。それなりに喰って呑んでひとり2,000円足らず。次回はもっと早い時間から一杯やってみたい。

DSC_0315_1

DSC_0316_1

DSC_0317_1

DSC_0318_1

DSC_0319_1

DSC_0320_1

DSC_0321_1

DSC_0322_1

DSC_0323_1

DSC_0324_1

DSC_0325_1

この頃の山の帰りには、日曜日の昼下がりに立川へやってくるのが多いような気がする。そうするとどうしても開いている居酒屋が少ないため、勝手知ったる馴染みの店を選びがち。北口だったらつい「玉河」になる。
偶には南口にしようとしても、結局、限られたカードから選ぶしかない。その貴重なカードの1枚は、云わずと知れた「だるま」だ。それでも昨年の5月以来だから、何だかちょっと久しぶりである。いつもの暖簾を潜って中を覗くと、なんとか入れそうだ。
店の雰囲気は、当初からまったく変わっていない。店員はいつの間にか、気配りが利いて愛想がいい兄ちゃんがいなくなったようで、代わりに若くて小柄な女性店員が入ったみたいだ。細長いうなぎの寝床的店内の、ほぼ真ん中に陣取る。
もうビールは良い加減なので、角ハイボール(400円税込、以下同様)を注文。併せて、シロ(135円/本)、カシラ(160円/本)、テッポウ(160円/本)、ネギ焼き(170円)、イカ刺し(???円)を注文。どれも何時もと変わらぬ味で、安心できるのがこの店の強みである。
ところで我々の席の隣には、昨日から(何らかの理由で)徹夜でハイになっていると自ら仰る、気さくでざっくばらんな奥さんと、強面だけど気が優しいご主人との夫婦が座っていた。奥方の方はすぐに誰とでも友達になってしまうタイプ(我々の身近にもこの類の方がいるが、酒に強くないので居酒屋の人気者にはなり切れない)で、現にここ「だるま」でも店員だけでなくお客の皆さんと顔見知りのようでかつ、とても有名人のようである。しかしお会いしたのは今回が初めてだ。良い調子になった奥方は、何かと我々に絡んでくるが、全く邪気が無いのでむしろ微笑ましい。ご主人は頻りに恐縮していた。

DSC00811

DSC00813

DSC00814

DSC00815

DSC00816

↑このページのトップヘ