山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

京浜東北線・根岸線沿線

週末の朝に大宮駅へ行くとなると、たいてい時間が早過ぎてKIOSKやNEWDAYS以外はまだ何処の店も開いていない場合が多いが、今日は山旅ではないのでゆっくりした時間。全てではないが、多くの駅ナカの店はもう開いている。
まだ列車まで多少時間があるので、ちょっとお茶にしようと、「エキュート」の上(「エキュート」は橋上の、プラットホームから見れば2階にあるので、3階または中3階)にある「パークサイドカフェ」へ入ることにした。
大宮駅の駅ナカ「エキュート」は、和洋菓子や惣菜・弁当の類を売る店についてはかなり充実していると思うが、軽く一杯やれる店となるとここ「パークサイドカフェ」以外には「ウィカフェ」ぐらいしかない。しかも、どちらも女性向けの内装とメニュー。オヤジ同士で入れるような雰囲気ではない。呑んだ呉れオヤジは、ターゲット客層として想定されてないのか。
大宮には日高屋がいっぱいあるのだから(なにせ本社もあるのだから)、「エキュート」にも一軒ぐらいあっても可笑しくない。そうすれば列車の乗り継ぎにオヤジ達が喜んでやってくると思うのだが、エキュートの品格にそぐわないとJRが出店を拒んでいるのかも知れない。
「パークサイドカフェ」に入ったのはまだ午前9時だが、コーヒーを飲むくらいだったら、ビールにしよう。完全オフなので後ろめたいことは全くない。若い女性店員に白い目で見られることも無い。さすがに朝っぱらは身体が乾いていることは無いので、グビグビとはいかず、ちびちびいただく。店の窓からはコンコースを行き交う客の動きが良く見える。何気にそれぞれの立居振舞を見ているだけで、これはこれで、ビールのつまみになるものだ。

20170521_091813

20170521_091803

20170521_091130

大宮駅15時02分到着。さて、いつものように途中下車。相変わらず大宮は人が多い。駅のコンコースを雑踏に揉まれながら歩いていると、ついさっき、魚野川流域の田園風景のなかに身を置いていたのが幻のよう。
こんな時間だと、やはり入れる店は限られている。今日は迷わず「いづみや」だ。そうとなれば、今日は4人なので「本店」の方に入って、一番奥のテーブル席に収まろうと考えていたら、生憎一杯だった。残念! しからば「第二支店」を覗くしかない。
こちらもそれなりに混んでいるが、丁度目の前の席が空いたところだった。ここはいつぞやも座ったことがある席。そう、「えびすや」のご家族の隣に座った時と同じ席。そう云えば、その時も今日と同じ5月5日だ。奇しくも2014年5月5日以来、丁度3年ぶりに「第二支店」に入り、しかも同じ席に座ることになった。5月5日は、今後「いづみや第二支店の日」として定着するかも知れない。
それはさておき、座ったら先ず飲み物を注文しよう。浦佐駅でも、新幹線でもビールを飲んだのに、今日はやっぱり陽気が良いので、またビールが呑みたくなる。それでも爽やかなので、入口が開けっ放しでも暑くはない。暑くもなし寒くもなしの丁度良い季節。
一年でこんな時期はあっという間に終わってしまう。もうすぐに最高気温が30℃ぐらいになってしまうだろうし、その後は鬱陶しい梅雨。今のこの瞬間は貴重。この頃、益々そう思うようになってきた。しかし、そんなことよりも酒だ。つまみだ。
つまみは、しゅうまい、ハムカツ、レバニラ炒め、梅きゅう等々、この店の定番メニューを注文。どれも安心の味。ここは俗世間のオアシスだ。

DSC06183

DSC06184

DSC06185

DSC06186

DSC06187

DSC06188

DSC06189

DSC06190

DSC06191

DSC06192

DSC06193

DSC06195

米沢からの帰り道、いつものように大宮で下車。今日はおよそ10ヶ月ぶりに「いづみや本店」へ入ることにした。アニ~が「いづみや」未体験とのことなのでご招待した格好。ここは若者にとっては、普段見慣れない新鮮な店と映るだろうし、年長者にとっては昭和ノスタルジーを再現できる店。つまりどの世代にとっても日常生活からトリップ出来る有り難い店だ。
暖簾を潜るとそれなりには混んでいるが、テーブル席は空いている。今日は4人だし、しかもリュックサックを背負っているのでこれを4つ、ビールケースの上に積み上げることが出来る、一番奥のテーブルかなー、と思っていたら一つ手前のテーブル席をあてがわれた。指図したのが、気働きにやや時間がかかるお姐さん店員だったのかも知れない。
ともかく、なんとかリュックサックをテーブルの下に押し込んで、丸椅子に着席。さて呑みものは、やっぱり生ビール(中ジョッキ600円税込、以下同様)にするか。つまみは先ず、〆サバ(330円)、ハムエッグ(450円)、鳥なんこつ揚げ(300円)、野菜炒め(450円)、げそわさ(360円)を注文。いつもの味で安心。
一頻り喰ったあとは、追加でシューマイ(330円)、もつ煮込み(170円)、お新香(280円)、キムチ(260円)を頼んだ。伝票を何気に見ると、いつものようにダートマグラフで数字(値段)と「ノ」の字が書き込まれていたが、今までと違うことに気が付いた。
お姐さん店員が持っているダートマグラフの色が其々違うのだ。最初のお姐さんはブルーだったが、追加注文した時のお姐さんはオレンジ色だ。つまりこれは、誰が注文を受けたのかが判るしくみ。想像するに、これはお姐さんの誰かが注文を受けたのにもかかわらず、それが厨房に伝わっておらず、客からクレームが付いたものの、当のお姐さんもすっかり忘れてしまい、収拾がつかなくなったのではなかろうか。書き込みで誰かが判れば、そのお姐さんの責任ということが明らかになる訳で、とうとうここ「いづみや」でも責任の明確化が強調されるようになったのかと、しみじみ感じ入った次第である(勝手な妄想なので、間違っていたら御免なさい)。

DSC05743

DSC05744

DSC05745

DSC05746

DSC05747

DSC05748

DSC05749

DSC05750

DSC05751

DSC05752

DSC05753

DSC05754

DSC05755

DSC05756

DSC05757

20170416_154223

越後湯沢から新幹線に乗り、14時2分大宮到着。日曜日のこんな時間だが、東口へ出てみる。久しぶりに「いづみや」を覗く手もあったが、とりあえず、他にも店があるだろうと大宮銀座通りへ。そこから、すずらん通り、さくら横丁、ウェストサイドストリート、一番街、住吉通りを順々に眺めて行くも、やはりこの時間で開いている店は見当たらず、結局、一番街の「アカマル屋」に入ることにした。
ほぼ2年ぶりの「アカマル屋」(前回の報告はこちら)。3連休のせいか、同じような時間に来た前回と比べるとかなり席が埋まっている。若者も多い。こんな真昼間から若い者が呑んだ呉れていていいんか、他にやることがあるだろう、と自らを棚に上げて少々気になってしまう。
「少年老い易く学成り難し、一寸の光陰軽んずべからず、未だ覚めず地塘春草の夢、階前の梧葉己に秋声。」身に沁みる。
それはそれとして、ハイボール(350円税別、以下同様)を注文。つまみは、わさぽて(320円)、焚き大根(120円)、豚ハラミ(100円)、豚シロ(120円)をいただくことにした。
わさぽては前回も喰った。その名の通り、わさびがたっぷり利いている、ありそうで意外にないポテトサラダ。やっぱりこれは、炭酸系を呑んでいるとより一層、ガツンと来る感じ。特に美味い!って訳ではないけど、何度も喰っているとそのうち病みつきになるかも知れない。焚き大根は美味いけど、やはり日本酒かな。ハラミとシロは何でも合う便利な串焼。
「アカマル屋」は、大宮東口で日曜の昼下がりでも開いている数少ない店。「磯丸水産」の喧噪に辟易している人、「いづみや」のシルバー店員は苦手だという人には、ここはオアシスに見えるのかも知れない。

DSC05468

DSC05469

DSC05470

DSC05471

DSC05472
 

今回も大宮で途中下車。今日は6人いるので、いづみやの「予約席」はちょっと無理だし、到着時間からすると、他の店でも飛び込みではなかなか入れそうにない。そこで、予め上毛高原駅での列車待ち時間(=待合室で、ちびちびやる時間)を利用して暫し検索。
大宮駅で途中下車するのは、基本的に新幹線での帰り路。そうなると大抵は泊まりで行った翌日の日曜日となるケースが多いが、今日は日帰りで土曜日。神田や新橋辺りと違って、土曜日が休みという店は少ないので、基本的には選り取り見取りということになる。
とは云っても、未だ入ったことが無くて気になる店(=個人的データベースに入っている店)はだいぶ少なくなってきた。そろそろ新たな情報を仕入れる必要がありそうだ。それはともかく、ここはどうだろうと「ほっかいや」に電話を入れると、なんとか入れますとの返事。では行ってみよう。
いつもの南銀通りを入り、左側の雑居ビルの中へ。以前入った、「三悟晶」の斜向かい。同じ雑居ビルの中に、「北海」というろばた焼き屋もあるので、少々紛らわしい。
店に入ると、店員たちの活気ある声が飛び交う。カウンター席とテーブル席があり、一見、寿司屋かな、というような雰囲気を感じる。実際は海鮮居酒屋。カウンター席と厨房の間には水槽があって、泳いでいる魚が見える仕掛け。魚の泳ぐ水槽の手前には、ホッピーとかハイサワーのボトルが浸かった水槽があり、勝手に取り出して焼酎を割っていいらしい(勿論、後で空ボトルを計算)。なかなか面白い配置である。
ともかく、席に落ち着いたら生ビールで乾杯。その後は思い思いの酒へ移行。お通しはガッツリ肉じゃがが出てきた。かなり大ぶり。この店の料理は、やっぱり魚介系がウリのようなので、刺盛りを注文。他にホヤ酢、ツナサラダ、アジフライ、焼き鳥、焼き茄子を注文。どれも普通に美味かったが、やはり刺身が美味い。特に、サヨリと白エビの生きが良かった。白エビはなかなか食べる機会が無い。この店は、日替わりで様々な刺身が出るようなので、これからも楽しみである。

DSC01905

DSC01906

DSC01907

DSC01908

DSC01919

DSC01909

DSC01910

DSC01911

DSC01912

DSC01913

DSC01914

DSC01915

DSC01916

DSC01917

DSC01918
 

15時14分大宮下車。さて何処へ、という話になるが、のりちゃんがまだ入ったことが無いというので、「いづみや」で決まり(逆にあひるちゃんは、大宮と云うと「いづみや」ばかりだそうな)。今日は4人なので、「いづみや本店」へ入店。ほぼ1年ぶり(前回はこちら)である。やっぱりというか、まるで図ったように、店の右奥(テレビの下)にある「予約席」に通される。
リュックサックを、ビールケースの上に積み上げれば準備完了。さて、飲み物はホッピーにしよう。ここは、ナカとソトが別々に来なくて、既に調整済みの状態でやってくる。すなわち毎度、お姐さん達が愛情込めて(?)作ってくれる仕組みである。
ひと頃に較べ、お姐さん達はだいぶ変わったが、まだ顔馴染みのお姐さん(と云っても、こちらが一方的に覚えているだけ)もいるのでほっとする。「いづみや」は、やたらに愛想が良い若者店員がいる店とは真逆と云って良いだろうが、ここにはここの良さがあるので、もし「いずみや」で愛想が良い若者を店員に雇ったら、幻滅して足が遠のくのは間違いない。
周囲を見回すと、客の大半はひとり酒かふたり酒の客で、ほぼ全て男性。いつもと変わらぬ風景。我々の様に、リュックサックを背負って団体でやってきて、しかも女性が多数派、という客は相変わらず殆ど見当たらない。先客は我々をどう見ているのか判らないが、さして他人に興味がある訳でも無さそうに、偶にテレビを見上げ、黙々と呑んでサッと居なくなる客が多い。「いづみや」で我々は、明らかに異邦人である。
グッとひと息やったら、次は料理選び。思い付くままに注文すると、ポテトサラダ、モツ煮込み、枝豆、ハムカツ、〆サバ、焼き餃子と、不思議とだいたいいつもと同じ料理になる。これほど料理の種類が多い「いづみや」であっても、そんなには必要ないってことか。でも次回はもっと、他のものも注文してみよう。

DSC00169

DSC00170

DSC00171

DSC00172

DSC00173

DSC00174

DSC00175

DSC00176

DSC00177

DSC00178

DSC00179
 

大宮駅14時47分着。山から下りて汗を流し、しかもこの時間に大宮に着くことが出来るのは、やはり新幹線のおかげだろう。今日はいつもの東口ではなく、珍しく西口へ。別に東口の居酒屋に行き尽くした訳ではないが、今日は目当ての店が西口にあるのだ。
TBSテレビ番組の「マツコの知らない世界」で「ポテトサラダの世界」を見て、それを紹介しているポテトサラダオタク(自称、ポテサラ男爵)が、個人的に第3位と云っていたのが、ここ「四十八漁場」の「サバの薫製ポテトサラダ」。どんなものか興味があったので行ってみた次第。ちなみに何れ、第2位と第1位にも、機会があれば寄って試食してみようかと思っている(第2位はたぶん、番外編になると思う)。
雑居ビルの4階、まだ開店の直前だったが何とか入れてもらえた。もう飲み物は最初から日本酒。ここには結構、いま流行りの銘柄がある。呑んだのは飛露喜(520円税別、以下同様)、新政No.6(650円)、天吹バナナ酵母(650円)、百十郎桜(650円)。どれもジューシーだが、驚くのは天吹バナナ酵母。これも日本酒か?と思う程、バナナの香りが際立つ。もしかすると、誰もが知っているバナナ本来の香りはバナナ自体ではなく、それに寄生している酵母が造り出す香りなのかも知れない、などと想像してしまう。
いきなり、土鍋に入った生わかめが出てきた。これにお湯をかけると鮮やかなグリーンに変わる。食べてみると、スーパーで売っているわかめとは違ってシャキシャキだ。これがお通しとは洒落ている。しかし後でレシートを見れば、これで一人あたま460円。安くはない。つみみには、目当てのサバの薫製ポテトサラダ(560円)以外に、海苔のりアボカド(520円)とじゃこネギ豆腐(450円)を注文。
サバの薫製ポテトサラダはすぐ出てきた。早速いただくと、サバの燻製香が先ずやってくる。番組でマツコ・デラックスが「これはポテトサラダですか?」と云っていたが、たしかにその通りだ。これはこれで美味いが、サバの燻製とポテトサラダを別々に喰ってもいいんじゃないか、と思ってしまうのは、小生だけではないだろう。

_DSC2590

_DSC2589

_DSC2591

_DSC2592

_DSC2593

_DSC2594

_DSC2595

_DSC2596

_DSC2597

_DSC2598

_DSC2599

_DSC2600

_DSC2601

_DSC2602

_DSC2603

2年ぶりの「横浜中華街」、そして2年ぶりの「北京飯店」である。「恵びす温泉」から歩くと、中華街を端から端まで縦断することになる。相変わらずの賑わいぶりだが、良く見れば中国系観光客らしき姿は見当たらない。それはそうだろう、小生だって海外に行って、わざわざ日本街(ってそんなところ、あるかな)に行きたいとは思わない。少なくとも数日間の旅行では、日本食が恋しいとはならないはず。
マレーシアのクアラルンプール郊外に長期出張中、時々中心街にある「パビリオン」や「ミッドヴァレー・メガモール」と云う名の巨大ショッピングモールに行くことがあった(クアラルンプールはショッピングモールだらけである)。それはたいていの場合、食事をするか(含、ビール呑み)、地下のスーパーマーケットで食材を仕入れるのが目的だった。
食事の場合、平日の昼間だったらローカル食、平日の夜や休日の昼間であれば、ヨーロピアンスタイルの店でビールとパスタかピッツァという感じで、個人ではまず、日本レストランには行かない。時々、日本から出張者が来る場合には何故か皆で「和民」で夕食。酒でも呑もうかとなると、やはり共通認識として日本の居酒屋を思い浮かべるらしい。同様に、出張者を含め何人かで昼飯を喰おうということになると、日本式のラーメン屋に行くことが間々ある。短期出張者にかこつけて、偶には日本食を喰ってみたくなるようだ。閑話休題。
「北京飯店」は前回と同様、2階の席。まだ時間が早いせいか、客は我々だけ。常連Woodyさんの威光で窓側の円卓につく。「恵びす温泉」では我慢したビールで乾杯した後は、いつものように料理はWoodyさん任せ。その後、Woodyさんの奥さんもお目見え。ビールが無くなったら、紹興酒へ移行。
始めに出て来た料理は「A菜の炒め物」。A菜なんて初めて聞くが、台湾などではポピュラーな野菜らしい。茎の断面がAの文字に似ているせいで、そんな名前が付いたようだ。シャキッとしていて、レタスに近い食感。その後は海老チリソース、小籠包、鶏肉とカシューナッツ炒め、酢豚、おこげと定番料理が続き、締めに出て来たのは、やはり今回もカレーライス。蕎麦屋のカレーライスの如く、とても優しい味がする。
結果、なんだか、ひとりだけぐびぐびやって、これでみんなと同じ3,000円では、まったく申し訳ないですよ、Woodyさん。

_DSC2475

_DSC2476

_DSC2477

20160305_164859

_DSC2478

_DSC2480

_DSC2481

_DSC2482

_DSC2483

_DSC2484

_DSC2486

_DSC2487

_DSC2489

_DSC2490

_DSC2491

_DSC2492

北鎌倉から洋光台まで、思いもよらぬロングコースで、(途中でビールを呑んだりする自分のせいなのに)やや扱かれた感が漂い、よたよたと石川町駅で下車。元町のお洒落な街並みは横目で見て、「恵びす温泉」に入る。パッと見、銭湯らしくない。ビルの2階がフロントと浴室になっている。ネーミングは「温泉」となっているが、実際は違うようだ。
ここにはラジウム原石を使ったラドン浴があるとのこと。難しく云えばラジウム-226がα崩壊してラドン-222ができる訳だが、いったいどれほどの放射性物質がこの原石に含まれているのだろう。この手の宣伝文句は、激しく眉唾である。人体に有益な影響(ホルミシス効果)が現れるほど含まれるのであれば、放射性物質の取り扱いはシロウトでは無理なような気がする。もっとも、ホルミシス効果はそれ自体、まだ仮説である。「放射能」という言葉には過敏なのに、ラジウム浴やラドン浴を有難がっているのは、いったい誰が世間を扇情した結果なのだろうか、気になる。閑話休題。
ラドン浴はともかく、ここにはサウナ以外に、超音波風呂、気泡風呂、電気風呂、座風呂、歩行浴、薬湯、ミスト風呂、水風呂と、実に多彩な風呂がある。風呂好きで、長風呂してものぼせない人であれば、かなり楽しめるのではなかろうか。簡単にのぼせてしまう小生は、ざぶっと気泡風呂へ入っただけでもう十分。
脱衣所には飲み物の自動販売機があり、なんとその中に缶ビールも並んでいた。心の中で喝采しそうになったが、他の銭湯と同様、やや騒然とした雰囲気の脱衣所なので、ちょっと呑み難い。何人か呑んでいる人がいればその気にもなるかも知れないが、そんな感じは無い。やっぱり自重した。
ビールでの時間調整を諦めたため、フロントの近くでみんなが出て来るのを待つ。その間、様々な客が出て行き、また新しい客がやってくるのを何の気なしに眺める。意外だが、カップル(夫婦又は恋人同士)で銭湯へやってくる二人連れが多い。しかも皆さん、サウナも利用できるようエキストラチャージも払っている。 
ここにじっとしていると、この二人はこれまでどういう人生を送って来ていて、今日はこれまでどう過ごして、これから何処へ行くのだろうかなどと、どうでもいい妄想をすることになる。

_DSC2465

_DSC2470

_DSC2466

_DSC2469

_DSC2468

_DSC2467

_DSC2471
 

「山家」で満足したあと、ぶらぶら。大宮銀座通りでフリーマーケットをやっていた。しかし、この手の市で、気に入ったものを見つけたためしが無い。で、適当に見て切り上げる。さて、どこかでお茶(含、ビール)を飲もうと、ルミネに入ってみることにした。レストラン街はルミネ2にあるようだ。
行ってみると、どの店も結構、賑わっていて、各々の入口には順番待ちの列も出来ている(さっき入った「山家」の支店もあった)。こっちはもう食べるのは十分なので、お茶が出来る店を探すと、偶々見つかったのが「ラナイハワイアン ナチュラルディッシュズ」と云う店。店名は長いが、要はハワイ料理店である。
この頃、「ナチュラル」なんとかと云うフレーズを標榜した店が増えているように感じるが、この店もそのたぐいかも知れぬ。正直云ってこのようなキャッチコピーは、個人的には当てにしていない。なにが「ナチュラル」な食品なのか、定義が非常に曖昧である。食材は全て有機肥料に拘ったとか、農薬は使っていないと云うのであればまだいいのだが(それが本当なのかも怪しいけど)、そのところを曖昧にしたままではかなり眉唾である。単に耳障りが良いというだけで飛び付く人の気が知れない。
この店は、一部がテラスになっていて、街が見渡せる。店員に中とテラスとどちらが良いか聞かれたので、外にしてもらった。テラスで呑むビールは美味い。ここは街中のオアシスと云っても良いだろう。店の名前にある「ラナイ」とはハワイ語で「テラス」のことだそうだ。
ビールを呑みつつ辺りを眺めて気が付いたことは、 ルミネ2は、大宮駅のプラットホームがずらり並んでいる、そのほぼどまんなかの真上だ。まさか、こんな場所に建っているとは思わなかった。ホームの真上に駅ビルが建っている駅なんて、他にもあるのだろうか。そこで、試しに立川駅を調べてみると、果たして「グランデュオ」は南武線とその南側の貨物引込線の上に建てられていた。北千住駅はどうかと云えば、常磐線快速線は確かにルミネの真下だ。構造的に難しいという、勝手な思い込みが強かったが、その気になればどうにでもなるようだ。勉強になった。

20151018_135201

20151018_145708

20151018_141354

20151018_141550

20151018_142932
 

今日もカミさんの用事に合わせて大宮へ出張(笑)。やはり日曜日の昼下がりは空いている店探しが難しいが、今回は13時待ち合わせなので、ランチタイム営業中の店ならばOK。色々と目移りするが、以前から気になっていた「山家本店」といううなぎ屋に入ってみることにした。大宮で創業明治5年と云う、老舗うなぎ屋である。うなぎ屋を検索してみると、大宮よりも浦和の方がずっと多い。何故か調べてみると、こんなHPがあった。
店に入ると、それなりに客が入っていたが、待たされること無く通される。1階以外に、2階にも席がありそうである。あとからぞろぞろ降りてきたところを見ると、大人数向けの大広間や個室のようだ。我々は1階のテーブル席。総じて客層は中高年という感じだが、なかには子連れもいる。小学生がうなぎを喰っているのを見るとつい、小学生の分際で・・・、と軽く嫉妬する。今はそういう時代なのかもしれないが、うなぎは昔も今も高級品。そう云えば、うなぎを初めて喰ったのはいつだったか、忘れてしまった。
席に着いたら、先ずビール。アサヒの「香りの琥珀」あります、なんて張り紙を見たのでそれを注文。こりゃもう、スーパードライじゃないね、サントリーのプレモルだ。サラダと、白焼きと、う巻き玉子を注文。すると、注文取りの女性店員が奥へ引っ込み、奥から厨房への注文の声が聞こえると思ったら、厨房(焼き台)は、我々のいるテーブルスペースからみて道路側(レジ)の裏にあった。つまり、奥から厨房へは、我々がいる席を飛び越えて、インターフォン(?)で伝えているようだった(まさか伝声管じゃないと思うけど)。指令を受けた焼方は、徐に焼き始める。
先ずやってきたのはサラダ。そのすぐ後に白焼。この早さだと、すでに1回、焼いてあったのか。わさび醤油でいただく。これに優る酒の肴があるだろうか。こりゃ、ビールじゃ役不足だ。日本酒が必要、ざっと眺めて「黒龍 純米吟醸」にした。さっぱりしているが旨みがある、申し分なし。ちびちびやっていると、次はう巻き玉子。玉子のあいだに、惜しみなくかば焼きが挟まっている。豪気だ。そして最後はうな重。もちろん、二人で一人前で十分。また至福の時間を過ごした。

20151018_125522_001

20151018_130250

20151018_130456

20151018_130613

20151018_132421

20151018_134814
 

カミさんの用事に合わせて、また大宮へ出張ってみた。午後2時に待ち合わせ。この時間となると、ランチタイムはほぼおしまいで、夕方まで仕込みの中休みに入る店が多い。通しでやっている店となると、すでに入ったことがある「いづみや本店」、「いづみや第二支店」、「アカマル屋」、「酒蔵 力 南銀店」、「酒蔵 力 東口駅前店」ぐらいしか思い浮かばない(って、結構あるな)。他に無いかと、予めこの界隈をウロウロしてみたのだが、やはり午後2時で中休みと云う店ばかりだ。
そこで、困った時の「磯丸水産」に行ってみる。云わずと知れた、24時間営業の居酒屋「磯丸水産」は、大宮駅界隈にも3軒ある。今回は、南銀通りにある店に入ってみた。
24時間営業と云うことは、朝からだって酒が呑めると云うことである。恐らく夜勤明けの人たちがやってくるのだろう。朝、学校へ行ってみたら、全ての講義が休講になっていた、なんて大学生だって行くかも知れない。朝、学校へ行ったらインフルエンザで学校閉鎖になっていた、なんて先生が行くかも知れない(そんな訳無いか)。何れにしても、日中に仕事が無い(あるいは無いことにした)呑んベエは、磯丸水産を贔屓にしている可能性がある。そうでなくては、24時間営業の居酒屋がこれほど店舗を増やす理由が見つからないが。
入ってみると、かなり広い。手前のテーブル席は客も疎らだが、奥のテーブルは結構埋まっていて、且つかなり盛り上がっている。男も女も話し声、笑い声がでかい。だいぶいい調子だ。どのテーブルにも、ガスコンロが置いてある。オーダーした生の魚介類を、自分で焼け、ということだろう。
先ずビールを頼むと、お通しでししゃも、鳥つくね、チーズ入りかまぼこ(?)が出てくるので、早速、焼くことになる。ついでに蟹味噌甲羅焼も頼んで、焼く。こういうスタイルが好きな人もいるだろうな、と思う。小生は基本的に面倒なことは嫌いだが、目の前にあるとついつい焼き具合が気になって、結局、目も手も離せなくなってしまう。結構、疲れるわけである。
それ以外に、ポテトサラダ、ハムカツ、ほっけ開き、ホッキ貝、鉄火巻も頼んだ。ポテトサラダもハムカツも、ごく普通。この頃の高級魚、ほっけは結構大きい割にリーズナブル(499円税別)。ホッキ貝(1個399円)も、アツアツを喰うのは美味い。鉄火巻き(699円)は、いままで見たことが無いほどの太巻き。この店は総じて、でっかいネタをガツガツ喰うような、基礎代謝量が高い人向きのようである。

_DSC9612

_DSC9603

_DSC9604

_DSC9605

_DSC9606

_DSC9607

_DSC9608

_DSC9609

_DSC9610

_DSC9611
 

久しぶりに激混みの新幹線で、上毛高原駅から大宮駅まで立ちっ放し移動。こういうときは、50分足らずの乗車時間が有難い。そう云えば以前、上野から山形まで新幹線で3時間、立ちっ放しだったことがあった。それに比べれば、楽ちんの部類である。とは云えこの頃、朝夕の通勤での正味乗車時間は約30分だし、ほぼ座って行けるので、久しぶりの立ちんぼは暫し我慢。
大宮で途中下車し、「いづみや本店」に入ると、お姐さん店員に指定されたテーブルは一番右奥。この店に入ると、たいていここの席である。予約席のプレートがおいてあるが、関係ない。このテーブルは、常に我々が来るのを待っている、我々のためにあるようなテーブルである(そこまで云うか!)。頭上にあるテレビは、箱根の大涌谷が立入規制されたことを報じている。黒玉子の店は大打撃だろうが、いままで大儲けしている(燃料費ただで、1個10円程度の玉子を、10倍の値段で売っていた訳だ)と思われるので、当分は問題なかろう。 
乾杯の後、2杯目に頼んだレモンハイがなかなか出てこない。忘れたのかと思って見回すと、さっきのお姐さんが作っているところだった。何かの拍子に思い出したのかな。そのまま見ていると、出来上がっても何故かこっちに持って来ず、直ぐ傍の客に渡そうとする。すると、違うと云われたのだろう、あたふたと数メートル移動し、別のお客に持っていくとまた断られたようだ。こっちだよ~、と手を振ると、ちょっぴりはにかんで「迷っちゃった」と仰る。自らの職場で迷うとはなかなか出来ない芸当だが、これでも仕事が務まるのだから大したものである。かくのごとくこの店は、お姐さんがいい味出している。
そのうちに、「わかめときゅうりの酢の物」(280円)を頼んだのに、出てきたのはどう見ても「たこ酢」(360円)だった。これもこの店の味のうちである。締めに、たぶん初めてチャーハンを喰った。思いの外、美味い。この意外さも、この店の味である。

_DSC7998

_DSC7999

_DSC8000

_DSC8001

_DSC8002

_DSC8003

_DSC8004

_DSC8005

_DSC8006

_DSC8007

_DSC8008

_DSC8009
 

カミさんが大宮に用事があると云うので、珍しく山の帰りではなく、大宮にやってきた。日曜日の昼下がりは、「いづみや」を除けば、空いている店は流石に少ないはず。そこで待ち合わせの時間までしばし、駅の東口界隈の居酒屋を探索してみる。今日は生憎の小雨模様だが、春雨なので濡れていける。大門町1丁目から宮町1丁目にかけては、細い路地に面して店が犇めき合っているイメージ。駅を出て左手に進むと大宮銀座通り、右手が南銀通り、我等が馴染みの「いづみや」は南銀通りの入口にある。大宮銀座通りに直行する路地は、南側から順に、「すずらん通り(アーケード)」「さくら横丁」「ウェストサイドストリート」「一番街(アーケード)」「住吉通り」と並んでいて、すずらん通りには、以前行った「酒蔵力大宮東口駅前店」がある。その向かいには、24時間営業で有名な「磯丸水産」。ラーメンチェーンの日高屋が結構目立つが、それもそのはず、ここ大宮が発祥の地だそうだ。「焼鳥日高」は一番街にもすずらん通りにもある。
一番街でふと目に留まったのが「アカマル屋」という店。聞いたことのない店だったので、ここに入ってみることにした。扉の外にもテーブルが並んでいる。今の季節だったら悪くないが、人通りが思い切り気になる感じなので、やはり中へ入る。
先ずは生ビール(420円)でスタート。そのあとはホッピー黒。つまみはちょっと変わっている。わさびのポテトさらだ(380円)は、わさびが結構(でも、むせない程度に)入っていて、インパクトあり。生かぶ(280円)は、大ぶりのかぶ一個分が出てくるのでボリュームがある。金山寺味噌(かな?)とマヨネーズがついてくる。こう云う食べ方をすると、かぶは、火を通さない方が美味いとつくづく思う。他に、オニオンスライス(180円)、ハムカツ(280円)、さば塩焼き(380円)、牛すじ焚(480円)、焼き物は鶏ねぎま(120円)、鶏つくね(140円)、豚はらみ(120円)、豚しろ(120円)を注文。「焚」なんて言葉を使うところが、関西をイメージしている風だ。
この店のコンセプトがどの辺を狙っているのか、ちょっと判らないが、ライバルは「かぶら屋」あたりか。名物は、煮込み、出汁煮込み、炭火串焼きとなっている。ちなみに、メニューで一番高い肴はホッケ焼き(520円)だった。ホッケは今や、高級魚になりつつあるようだ。他にもまだいろいろあるので、次回来た時に試してみたい。

_DSC7645

_DSC7632

_DSC7633

_DSC7634

_DSC7635

_DSC7636

_DSC7637

_DSC7638

_DSC7639

_DSC7640

_DSC7641

_DSC7642

_DSC7643

_DSC7644
 

上毛高原駅からの帰り道、日曜日とは云え、まだ早い(午後4時過ぎ)ので、なおちゃんに付き合って貰って大宮駅で途中下車してみた。やっぱり通い慣れた東口に行ってみる。心を鬼にして「いづみや」を2軒とも素通りし(笑)、南銀通りの南の外れ、「酒蔵 力 大宮南銀店」に寄ってみた。この時間の南銀通りはまだ半分眠っているような状態。ネオンサインに灯りが点いていないと、この通りは場末感が漂う。
店の南側が空き地になっていて、それに向いた側が大窓になっているので(偶々?)、明るく開放感がある。時間が時間だけに、席は選り取り見取りである。「酒蔵 力」は、半年ほど前、東口店に入ったことがある。客層も店員も若くてにぎやかだったが、昼下がりの南銀店は、この手の店らしからぬ静かな雰囲気に包まれている。閑散とした居酒屋も悪くない。
先ずはやっぱりホッピー黒でスタート。このような店は炭酸系が合っている。この店では、他の「酒蔵 力」姉妹店と違い、七輪によるホルモン焼きがあるらしいが、今日はとりあえず普通に串焼きを注文。生憎、テッポウは切らして無いとのこと、カシラとシロを頂く。もつ焼き鑑定士ではないので確かなことは云えないが、申し分ないと思う。もつ焼きの評価点は、個人によって違うかも知れない。臭みの有る無しでも違うはず。例えば、チーズなんかはその点で典型的。プロセスチーズ好きと、ブルーチーズ好きとで、同じ物差しでは評価し難い。
他に、ハチノス刺、ポテトサラダ、秋刀魚塩焼きを頼んでみた。ハチノス刺は少々珍しい。シコシコとモチモチの中間的食感。そのものは特段臭みも味も無いので、辛味タレでいただく。イタリア料理で出る、トリッパのトマトソース煮込みとは全く異なる食べ方だが、刺身で食べるのは悪くない。食べ続けていると、そのうち癖になるかも知れない。刺身では、他に牛ハツ刺や豚ガツ刺、豚コブクロ刺、馬ハラミ刺なんてある。ここは、肉(もつ)好きだったら興味津津の店だと思う。それで思い出したが、ジェイムス・ジョイスの「ユリシーズ」に出てくる主人公レオポルト・ブルームは、朝食で豚の腎臓(マメ)を喰っていた。朝から(酒の肴ではなく)喰うとは、アイルランド人は相当のもつ好きだ。日本人じゃ到底真似が出来ないと思うけど、誰か、そうでもないと云ってみますか?

_DSC7525

_DSC7526

_DSC7527

_DSC7529

_DSC7530

_DSC7531

_DSC7532

_DSC7533

_DSC7534
 

このところ大宮駅で途中下車することはあっても、隣の「第二支店」に入ったり、「いづみや」以外の店を開拓したりで、ほぼ一年ぶりの「いづみや本店」である。冬至の頃とは云え、黄昏にはまだ早い午後3時過ぎの訪問、我々が良く利用する一番奥のテーブル席が上手い具合に空いていた。リュックザックを置く(積む)には丁度良い場所。本来、4人掛けだが無理やり6人でテーブルに着く。見渡すと今日も一人連れの客が多い。我々のように大人数で来ているグループはほかに見当たらないが、かと云って特段、奇異な目で見られることもないのがこの店のいいところ。たとえ登山者姿の団体であっても、忽ちこの店の雰囲気に溶け込んでしまうらしい。
席に着いて、ハイボールやらチューハイやらで乾杯し、少々落ち着いたところで料理を注文。煮込み(170円)、厚揚げ(330円)、ハムカツ(300円)、卵焼き(350円)、ポテトサラダ(330円)、焼き餃子(330円)、焼きそば(550円)、肉うま煮(580円)、プレスハム(330円)、〆サバ(330円)をどどっと頼む。どれを注文しても、とびきり美味い訳でもないが、味的にも価格的にも、とにかく安心して喰えるのが良い。
ふと辺りを見回せば、見知った顔の古参軍曹的おかあさん連の姿が見あたらないことに気が付く。たった一年余りご無沙汰しているうちに、代替わりしてしまったのだろうか。そうであればやや寂しい気もするが、後を託されたおかあさん従業員の立ち居振る舞いは、この店にやってくる客の雰囲気も含め、既にこの店の一部となっている。そうやってこの店は歴史を積み重ねてきたわけだ。これからも客や店の人の顔触れが変わっても、この店らしさはきっと変わらないだろう。

_DSC5571

_DSC5572

_DSC5573

_DSC5574

_DSC5575

_DSC5576

_DSC5577

_DSC5578

_DSC5579

_DSC5580

_DSC5581

_DSC5582

_DSC5583

_DSC5584

_DSC5586

_DSC5587

_DSC5588
 

酒蔵 力(りき)は浦和、大宮界隈に複数店舗が展開する、知る人ぞ知る地元居酒屋チェーン。大宮には云わずと知れた「いづみや」があるので、ここを素通りするのはなかなか困難だが、今回は、鼻曲山を登って軽井沢からの帰りに大宮途中下車、なんとか東口駅前店に入店してみた。アーケード街の、「すずらん通り」に入って直ぐの左側、「いづみや」同様、駅から至近距離にあるので、途中下車組にはとても便利。14時開店とのことで、すでに結構賑わっていたがまだまだ余裕、すっと座れた。
イマドキの店らしく、店員は皆、若くて活気がある。「いづみや」のようにシルバー世代が醸す味はないが、それはそれで良い。飲み物のリストを見てみると、この手の店にしては珍しく日本酒もいくつか取り揃えているが、やっぱりここはホッピーで。つまみには先ず、ポテトサラダ(380円)、もつ煮(390円)、てっぽう(100円/本)を頼む。メニューを良く見ると、この店は基本的にもつ系、ハチノス刺(400円)、センマイ刺(380円)、バクダン(てっぽう入り辛味噌炒め;450円)、等々もあって、もつ好きだったらきっと泣いて喜ぶ品揃えである。
ポテトサラダは若者向けボリュームたっぷり。食材も味付けもごくスタンダード。もつ煮はじっくり煮込んであって、しっかり味が染み込んでいる。てっぽう(塩)には、東松山風に辛味噌が付いてくるスタイル。センマイ刺も注文してみる。さして美味という程ではないにしろ、独特の食感で新鮮さを感じる。新幹線で遠出して臓物系が喰いたくなったら、大宮で途中下車してここに寄る価値は十分にあるだろう。今度来るときには、是非、バクダンを試してみたい。

DSC_0856

DSC_0857

DSC_0858

DSC_0859

DSC_0860
 
店のHP: 酒蔵 力 大宮東口駅前店 

山の帰り、大宮で途中下車したら、殆どの場合「いづみや本店」か「いづみや第二支店」に入ってしまうが、今回は心を鬼にして素通り(笑)。日曜日の16時過ぎなので、開いている店は限られるものの、南銀通りは相変わらず賑やかだ。通りの左手、雑居ビルの1Fにある居酒屋「三悟晶(さんごしょう)」に入ってみる。草臥れた暖簾に味がある。店構えも店内も、見るからにオヤジ御用達的大衆居酒屋。敷居の高さを全く感じさせない安心感がある。所沢の「百味」を彷彿させる。かなり広い店内に客はちらほら程度でとても静か。飲み物はホッピーを注文するが(新幹線では日本酒一本槍だったので少々喉が渇き気味)、この店の日本酒は高知「司牡丹」がスタンダード。他にも数種類の日本酒が置いてあるようだ。大衆居酒屋らしく、ビールもサワー類、焼酎、ウィスキーなどの品揃えも豊富。料理も魚介系や串焼き系、野菜系等色々ある。その中から、ポテトサラダ、ラビオリ揚げ、肉豆腐を頼んでみた。ポテトサラダは何の奇を衒ったところのない正統派で、ボリュームもたっぷり。ラビオリ揚げは、炭酸系の飲み物に良く合うB級グルメ的一品、ディップとしてトマトケチャップがついてくるところがちゃんとしている。個人的には気に入っているつまみなのだが、置いている店はありそうでなかなか無い。この店は、体脂肪やプリン体を気にしているオヤジにも優しく、安心して良い気分になれそう。今度来るときは大人数でワイワイやるのも良さそうだ。それにしてもこの店のネーミングが気になるが・・・。

 DSC_0176

DSC_0177


DSC_0178

DSC_0179

DSC_0180

昨日、残雪期の月山に登った(山の記録はこちら)ことの余韻と、結果的にこの半年間、たっぷり雪の上を歩けた(2度の大雪は計算外だったが)幸せを噛みしめつつ、奇しくもおよそ半年ぶりにいづみや第二支店に入店(本店も覗いてみたが満席で入れず)。前回と全く同じ席が空いていた。先ずはホッピーでスタート。つまみは八宝菜にポテトサラダ、ハムカツ、ニラ玉、もつ煮込みなどの定番メニューを注文。そういえば、ここにはざっと100近くのメニューがあるというのに、我々の注文はほぼパターン化していて、何度も来ている割には未だ全体の1/3も注文していないだろうと思われ、いづみやのメニューを語れる程の資格をまだ有していない。とは言え、我々は、この店にしては大口顧客(min.3名、max.8名で訪問)なので、一人連れの客に比べたら、一度に注文する料理の数(=種類)はそれなりに多いはず。比較的多くの料理に触れるチャンスがあるので、その利点を生かしていつしか全てのメニュー(除、定食)を味わってみたいとささやかに願っている。もちろん、本店は本店で、第二支店とは若干メニューが違うので、いずれどちらも制覇してみたい。
やがて酒も進み、偶々テーブルが隣り合わせになった、北千住で鰻店を経営しているという、ご家族連れと意気投合し大いに盛り上がった。
 
 _DSC2701

_DSC2703

_DSC2707

_DSC2712

_DSC2719

安達太良山に登った帰り(山の記録はこちら)、大宮で途中下車して「いづみや第二支店」に入った(写真は本店です、すみません)。そもそも、東北新幹線か上越新幹線、長野新幹線で遠出した山の帰りには、大宮で途中下車することが多い。たいていの場合、「いづみや本店」か「いづみや第二支店」のどちらかに入りこむことになる(ちなみに第一支店に相当する店は日暮里にある)。何故に惹かれるのか。「いづみや」は言わずと知れた老舗大衆食堂兼大衆酒場で、昭和ノスタルジーそのものの雰囲気を醸しているが、この店(両方とも)の一番の魅力は、店内の雰囲気や料理、酒もさることながら、店員と客筋にあると思う。
入ったことのある人にはよくお判りのとおり、店員の殆どは、呼びかけるには「お姐さん!」か「お母さん!」か「おばちゃん!」が相応しい、人生経験豊富な女性シルバー世代である。みなさん、実に味がある。観察しているうちに、店員間に序列らしきものがあるように感じてくる。単に年功だけではなさそう。新入りの「お姐さん」にビシビシ指摘をする古株「お姐さん」もいる。新入り「お姐さん」の場合、あまり一度に多く注文すると、忘れられることがある(二皿か、せいぜい三皿が限界である)ので注意した方がいいし、なかなか料理が来なくてもイライラせずにゆったり構えた方がいい。この店のシステム上、注文を受けた料理の数を単価別に伝票へ書き込んでいくので、どの料理がいくらなのか(料理メニューの数はかなり多い)、頭に入っていなくてはならないし、出来上がった料理が、どのテーブルの注文なのか覚えておかねばならない(伝票には料理名は記載されない)ので、「お姐さん」方も大変なのである。
客筋も興味深い。一人の客が多い。そして多くは公営ギャンブル好きの方々のようである。我々のように最低でも4人、どうかすると今回のように8人で、しかもリュックサックを背負って入る客は稀であり、注目を浴びる。一人連れの客は長居せず、いつの間にかすっといなくなる。仕事の憂さを晴らしに来たのか、家庭が上手くいってないのか、ギャンブルの女神に見放されたのか定かではないが、何気なく客の背中を眺めていると、その人の人生が透けて見えてくるような気がしてくる。それらがこの店の味と言える。 

56

57

59 

↑このページのトップヘ