山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

蕎麦

塩水山・倉沢山の帰り道、塩山駅前の「七福」で呑んで、中央線の上り各駅停車高尾行きでもしっかり呑んだのだが、それで勢いがついてしまったのか、3人揃って高尾駅で下車して駅前の居酒屋蕎麦屋「たまの里」に転がり込んだ。
まだ5時半だが、相変わらず店内は山帰りのハイカーで相当盛り上がっている。ありゃ一杯か、と思ったら上手い具合にテーブルがひとつ空いていた。何はともあれ、今日は(男子3人だけだったので)山の上が一番静かだった。概ね、

山(我々だけ)<花かげの湯(休憩室は他にひとりだけ)<七福(先客が帰ったら我々だけ)<中央線(結構乗っていたが、酒で盛り上がっているのは我々だけ)<たまの里(我々以上に周りが盛り上がっている)

の順に賑やかとなってきた状況と云える。どちらも同じ登山基地なのに、塩山と高尾はハイカーが寄り付く店はケタ違い。今朝はあれだけいたのに、山から下りたら塩山駅前は閑散としていた。皆、我々のように最寄り駅では引っ掛からず、とりあえず東京に近い高尾駅までやってきてから一杯やっているのだろうか。
ともあれ、もうビールはいらない、酒をもらおうと、それぞれ船中八策(760円税込、以下同様)と七賢(950円)を注文し、ちびりとやる。つまみは海鮮サラダ(ハーフ530円)、冷奴(380円)、真鯛刺身(800円)にした。というか、もうこれ以上はいらない。
結局、今日も「たまの里」で蕎麦は手繰らず仕舞い。どうも皆さん(とりあえず自分のことは棚に上げて)、ここが蕎麦屋という認識が薄いようだ。

DSC01608

DSC01609

DSC01610

DSC01611

DSC01612

DSC01614

牧丘の「花かげの湯」でさっぱりしたあと、湯上りビールを呷ってすっかり弛緩したら、次は牧丘タクシーに乗って塩山駅まで移動。道中、ずっと下り坂なので(ガソリン代も節約できるだろうから、タクシー会社にとっては有りがたい客だろう)滑り降りるように塩山駅へ到着。
今朝知ったことだが、今日はたまたま大弛峠への林道が開通する「山開きの日」(金峰山荘のブログにもあったが、今年は雪が消えるのが早かったのに例年通り6月1日なのは、お役所的と云えばそうかも知れない)。ともかくすごい人出だった。従って、塩山駅前は何処の店も混んでいるだろうと推測し、迷わず「七福」へ向かう。2年前以来だが、そのときもアニーと一緒だった。
暖簾を潜ると、ちょうど先客の6人組が出るところで、他に客は無し。相変わらず薄暗い店内、落ち着ける。さっそくテーブルに着いたらキリンハートランドの生(648円税込、以下同様)を注文。ここはいつも、ビールジョッキがキンキンに凍らせてあるのがうれしい。
ぷふぁーっと、ひと息ついたら日本酒(霧筑波・冷酒864円)と一品料理を注文。まいたけ天ぷらを頼んでみると、先客が食べてしまって無くなったとのこと。ついでに山菜天ぷらも無くなった、本店に追加を頼んでいるところだとも。ならば仕方が無い、代わりに馬刺し(1,404円)と鶏もつ煮(864円)、牛もつ煮(864円)、ヤマイモのスライス(???円)を注文。長野や山梨の山に行く機会が多いので、必然的に馬刺しを喰う機会は多いし、山梨の鶏もつ煮もよく食べる。だから云う訳でもないが、この店の馬刺しは上等だし、鶏もつ煮も程よい味付けだと思う。
考えてみれば前回も今回も結局、この店の名物、ほうとうは食わず仕舞い。そもそもここは蕎麦屋のはずだが、その蕎麦は未だ一回も手繰ったことがない。次回は忘れずにどちらかを頼みたいところ。そのためには、もっと参加人数が多い機会を狙うとしよう。

DSC01599

DSC01601

DSC01602

DSC01603

DSC01604

「瀬音の湯」でうだうだしていたのにはちょっと訳があった。今回、御坂尾根+大岳鍾乳洞は当然ながら一つの目的だったが、実はもう一つの目的があり、それは武蔵五日市にある蕎麦屋「寿庵忠左衛門」に入って蕎麦を賞味すること。ここは5年前にも入ったことがあったが(前回はこちら)、その時はちょっと軽くつまんで呑んだだけで、蕎麦は手繰らずに出てしまったのだった。
その後、今まで何度かこの辺りの山へやってきたが、たいてい開店時間(いつしか午後4時半まで中休みとなっていた)よりも前に武蔵五日市へ来ることばかり。時間まで待てず、別の店へ入ることが続いていた。今回は何としても「寿庵忠左衛門」へ入ろうと、時間を調整していた次第。
ともあれ、首尾良く開店時間直後に入店、漸く願いが叶った。前回と同じテーブル席に陣取り、先ずビール(中瓶700円税込、以下同様)を注文。ここは単品料理がとても豊富で悩むが、やはり旬のものを頂こうと、こごみの天ぷら(680円)、そら豆の塩茹で(380円)、アスパラの味噌焼き(950円)、竹の子の味噌焼き(1,300円)を注文。天ぷらは岩塩でいただく。アスパラと竹の子の味噌焼きは、堪らない美味さである。
もちろん、これだけあればビールだけじゃ物足りない、日本酒にしようと久々、喜正生酒(2合1,240円)を頼む。つまみが美味いのか、酒が美味いのか分からないが(たぶん両方)スカスカ呑んでしまい、忽ち空となる。次は喜正純米旨辛口(1合700円×3)を頼めば、洒落たチロリに入って出てきた。これも、堪らんねー。
まだまだいこうと、蕗味噌などの小鉢三点盛り(1,200円)と桜海老と三つ葉のかき揚げ(800円)を頼むと、木の板や笊に載って、木の葉、花の小枝でデコレーションされ、やけにインスタ映えする盛り付け。板長が張り切っていました、と花番さん。こりゃ凄いと、暫し目で味わう。締めは漬物(420円)とせいろ(880円)。蕎麦は腰の強さ、喉越しとも全く期待通り、やっぱり美味かった。ともかく全ての点で大満足、また是非、来たい。

DSC_0106

DSC_0107

DSC_0108

DSC_0109

DSC_0110

DSC_0111

DSC_0112

DSC_0114

DSC_0113

DSC_0115

DSC_0116

DSC_0117

DSC_0118

DSC_0119

DSC_0122

DSC_0120

DSC_0121

DSC_0123

DSC_0124

「酒風呂」には食事処はなく、上がったら手近な「小嶋屋」に集合と、示し合わせてある。従って、さっぱりしたら脇目もふらず直行。ここは「へぎそば」で有名な蕎麦屋で、本店は十日町。いずれ、本店にも行ってみたいと思っているものの、なかなか機会がない。
越後湯沢駅界隈には様々な店があるが、結果的に入るのはいつも蕎麦屋。「中野屋」しかり、「しんばし」しかり。結局、ランチタイム後の中休みが無い店となると、どうしても蕎麦屋になる。越後湯沢は立派に観光地なのだから、どの店も昼夜通しで営業していて欲しいものだが、なかなか実現は難しそうである。
今日もランチタイムは過ぎていることもあり店内の客は疎らだが、大体いつもこの店は混んでいて順番待ちする行列をよく目にする。越後湯沢駅構内のショッピングモール「CoCoLo湯沢」(「ぽんしゅ館」もこの中)に飲食店は何軒もあるが、だいたい皆混んでいる感じ。毎度来る度に、ここの集客力はたいしたものだと感心する。
とりあえず店に入ったら4人掛けテーブルを確保し、注文取りに来ようとしている女性店員に「生ビール(アサヒ・プレミアム熟撰、600円税込、以下同様)ちょうだい!」と告げる。そのあとちょっとメニューを見て考え、ビールがやってきたタイミングで川海老の唐揚げ(550円)を頼んだ。風呂上りのビールをグビっとやりながら、川海老を齧って暫し、ぼーっとする。
やがて後続の女子連が到着したところで追加を注文。頼んだのは鉄板の定番、合鴨の黒胡椒焼き(600円)、小嶋屋玉子焼き(500円)、野菜天ぷら(630円)である。ここの玉子焼きは、餡が掛かっている。酒は、地元の鶴齢(1合700円)をいただく。そして締めはやはり、へぎそば。3人なので大盛(1,000円)を1枚注文。今日もつるつる、喉越しは相変わらず良かった。

DSC00981

DSC00972

DSC00973

DSC00974

DSC00975

DSC00976

DSC00977

DSC00978

DSC00979

DSC00980

いつもの病院の定期検診日。検査も診察も待ち時間は相変わらず長いが、検査と診察自体はあっと云う間だ。今回も「ちょっと***の値が高いですけど、まあ様子を見ましょう」的な診察結果で終わる。あとは薬局に行って薬をもらったら全て終了(それにしても、病院の周りに薬局がごまんとあるが、いったいどう差別化しているのだろうか。ちなみに小生は、気紛れ的に最初入った薬局へ、惰性的に通っているだけ)。
昼飯は久しぶりに、カミさんと銀座に出かけてみた。狙いの店は、銀座5丁目の雑居ビルの5Fにある「真田」という蕎麦屋。入るとJAZZのBGM。念のため予約を入れてあったが、行ってみると昼時だというのに半分程度の客の入り。一番安いせいろでも950円(税別、以下同様)と銀座価格なので、さらりーまんやOLが普段使いするにはやや敷居が高いせいだろう。昼のコースもいろいろあるが、我々はお好みで単品を頼むことにする。
ともかく先ずはビールだ、瓶ビール(サッポロ赤星大瓶900円)を注文。あてには、くらかけ豆(660円)と鴨たたき(980円)にした。メニューを良く見ると、くらかけ豆もそうだが、信州の食材が並んでいる。この蕎麦屋は、信濃の国を体現する店のようだ。
追加で、信州産生野菜の盛り合わせ味噌添え(1,500円)とアナゴと旬野菜の天ぷら(1,900円)も注文。この生野菜に付いてくる味噌がやけに美味いし、たっぷりと出てくる(持って帰りたいくらいだった)。こうなったらやっぱり日本酒だ。頼んだのは、上諏訪は、酒ぬのや本金の「本金 純米」(2合2,100円)にしてみた。すると、頼みもしないのに水も出てきて、「これは「佐久の花」の仕込み水」です、と仰る。随分ちゃんとしているし、しかも徹底的に信州だ。
仕上げは勿論せいろを二人で一枚。コシも申し分ないがツルツルだし香りも高い。ここ「真田」は、
ランチタイムであっても普段使いする店とは一線を画す、ちょっと気取って入るような、かなり粋な店であった。何だか軽井沢の「川上庵」に似た感じだが、気のせいか。

DSC_0001

DSC_0002

DSC_0003

DSC_0004

DSC_0005

DSC_0006

DSC_0007

DSC_0008

DSC_0009

DSC_0010

神楽坂の「九頭竜蕎麦」はいつのまにか、もう5年ぶり(前回はこちら)の入店。蕎麦の美味さもさることながら、越前の食材に大いに興味をそそられた記憶がある。特に「へしこ」は酒呑みにはうってつけのシロモノだと思う(一方、カミさんは「日本のアンチョビ」だと思っていて、時々調味料として料理に使っている模様)。
店の外観も内装も変わっていない感じ。到着は義妹夫婦とほぼ同時、先ずは4人揃ってビール(キリン一番絞り生)で乾杯してスタート。我々の後からどんどん客が入り、忽ち満席となった。相変わらず人気の店のようである。
料理のチョイスは小生にお任せとのことなので、さて何にしようかとメニューを睨む。何か、珍味が欲しいとの要望があり、汐ウニを頼んでみた。得も云われぬ美味さだが、これはビールじゃない、日本酒にしなきゃと、慌てて黒龍・純米吟醸を頼む。一升瓶から注がれる片口がなかなかいい形。この後、一本義、常山、花垣と、メニューにある銘柄を端から呑んだ。人数がそれなりにいると、色々な銘柄を呑めるのがうれしい。
次に頼んだ料理は鯖の刺身と竹田の揚げ焼き、薄切り野菜のサラダ。鯖はこの頃酢〆ではなく、生。たっぶり脂がのっていて蕩ける舌触り。竹田の揚げ焼きは前回同様、そのぶ厚さに驚く。薄切り野菜のサラダは、インスタ映えする盛り付け。これを、雲丹ひしおに付けて食べるのが「九頭竜蕎麦」流(それとも越前流か?)。
この後、板わかめ、出汁巻き卵、ソースカツ、野菜天ぷらも注文。板わかめは初めて食べた。本来、これは水に戻してから喰うのが普通なのかもしれないが、酒の肴にぴったりいい感じ。越前の食文化は深いなと感じる。
そして締めはざるそば。今回も越前流の大根おろしではなく、わさび(義妹のご主人が楽しそうに摺って下さった)でいただいた。やはりしゃきっとした、香り高い蕎麦だった。またの機会が今から待ち遠しい。

DSC_0202

DSC_0203

DSC_0204

DSC_0205

DSC_0206

DSC_0207

DSC_0208

DSC_0209

DSC_0210

DSC_0211

DSC_0212

DSC_0213

DSC_0214

DSC_0215

DSC_0216

DSC_0217

DSC_0219

「片倉館」で寛いだら、予てより狙いを定めていた「八州(やしま)」という、上諏訪温泉郷にある蕎麦屋に行ってみる。ところが営業開始は11時30分とのこと、時計を見るとまだ30分ある。女将さんに「近所に土産物屋さんがあるので、よろしければどうぞ」と勧められ、ならばと覗いてみることにした。
そこは「くらすわ(CLASUWA)」という洒落た店。調べてみると、かの養命酒酒造がプロデュースしている施設とのことで、土産物ショップ(やっぱり養命酒も売っていた)だけでなく2階にはレストラン、屋上には夏になればビアガーデンができるらしい。土産物は別にしても、なかなか魅力的だ。
一方、「八州」は店構えが立派な古式然とした蕎麦屋で、創業90年という老舗。11時30分過ぎに戻って入ってみると、まだ先客はおらず、我々が一番客。テーブル席もあるが、座敷が随分と広い。せっかくなので座敷の一番奥のテーブルに陣取る。
さっき「片倉館」でビールを呑んだので、ここは日本酒からスタート。メニューには信州、とりわけ上諏訪の地酒がずらり。やっぱり地酒にしようと「本金 太一・本醸造」(300ml、850円税込、以下同様)を注文。飽きの来ない普段着なお酒。
つまみになにを頼もうかと再びメニューに目を通せば、信州らしく、蜂の子(850円)があったので注文してみた。ご飯のおかずよりも酒の肴に合うような気がする。他に、うど酢味噌(500円)、わかさぎ天ぷら(650円)、天ぷら盛り合わせ(1,400円)、茄子の田楽(500円)、山吹の煮物(450円)、もつ煮(600円)も注文した。この店は、つまみが豊富なのでうれしい。
もちろんこれだけ頼むと酒も一つだけでは物足りない。追加で「真澄 純米吟醸あらばしり」(???円)を頼んだ。そして締めはざるそば(900円)。やや高めの印象だが、そもそも小食な我々は4人で2枚しか食べないので、それほど問題ではない。細打ちながらちゃんと腰があって、喉越しも軽い。老舗の貫禄を感じた。

DSC00779

DSC00783

DSC00784

DSC00785

DSC00786

DSC00787

DSC00788

DSC00789

DSC00790

DSC00791

DSC00792

DSC00793

DSC00795

DSC00797

「やよい軒・伊勢佐木町店」で風呂上りの一杯をやった後、リュックサックを背負って日の出町駅まで繁華街をそぞろ歩き。さすがに伊勢佐木町から関内辺りまでの界隈には、小洒落た店がそこここにある。時間があればちょっと寄っていきたいような、心惹かれる店もあるが、残念ながら今日はすっかり恒例となった「坂の上のそば屋 司」での宴がもうすぐ、ここは心を鬼にしてスルー。いつの日にか機会が訪れた時のために、情報収集する程度にとどめる。
京浜急行線を潜れば、毎度お馴染み心臓破りの急坂、これを半分ほど登れば、あとはちょっとの水平移動で「坂の上のそば屋 司」に到着。いつものように女将さんの出迎えを受ける。
今日は店に直行してきた3人(Woodyさんの奥さんにこのちゃん、アユラシ)を含め、8人での宴会となった。年1回しか来ない割には、何だかすっかり常連気取りにさせてくれるのは、気の置けない雰囲気の女将さんによるところが大きい。
先ずはビールで乾杯。料理は完全におまかせコース。毎度のことながら、次々と出てくる料理が店主のこだわりを感じさせる一品ばかり。これを酒も呑まずに喰うなんて勿体無くて出来ない。酒を注文しようかと思ったら、Woodyさんが差し入れを持ってきてくれた。
現れたのは桐箱に入った「水芭蕉・純米大吟醸」。香りも高いがまったく喉に引っ掛からないので、すいすい呑めてしまう。これはこれで実に勿体無い酒である。
美味い料理を突き、美味い酒を傾けながら、話はWoodyさんが受けた昨年秋の褒章授与式のことで大いに盛り上がった。


DSC00553

DSC00554

DSC00555

DSC00556

DSC00557

DSC00558

DSC00559

DSC00560

DSC00561

DSC00562

DSC00563

DSC00564

DSC00565

DSC00566

DSC00567

DSC00568

DSC00569

DSC00570

DSC00571

禊(≒下諏訪温泉入湯)を済ませた後は、諏訪大社下社秋宮を参拝。昨年訪れた上社本宮は荘厳な雰囲気を漂わせていたが、ここは下諏訪町の鎮守様という趣きで、うって変わって庶民的な佇まいである。参拝者も、遠来の観光客は少ないような気がする。上社本宮のご神体は山(守屋山)だったが、ここ秋宮はご神木(イチイの木)だそうだ。
女子連は例によって社務所へ、御朱印集めに精を出す。最近、流行りらしい。本人が実際に行って貰わないと価値が無さそうだ(ネットオークションで売買する様なシロモノじゃ無いだろう)から、子供の頃にやったことがある「スタンプラリー」となんだか共通点がありそう。まあ、「スタンプラリー」では参拝はしないし、金も取られないけど。御朱印は、「これでひと儲けできる!」と考えた寺社関係の賢い輩が流行らせたのかも知れない(勝手な推測です)。
小生はぶらぶらと境内をひと巡りした後、門前に出てみる。ここはちょっとした広場となっており、かつ高台で町を見下ろす位置にあるので、明るくて空が近い。
なかなか女子連が戻ってこないので、商店街をふらふらしてみる。観光案内所にも冷やかしで入ってみる(巨大オルゴール有り)。その後、スマホで近所の蕎麦屋をチェック。最寄はまさに門前にある「山猫軒」。他にもいくつかあるようだが、さっき通ってきた道にあった「山猫軒はなれ」が気になったので、覗いて見ることにした。
開店をちょっと待ってから一番客で入店。テーブルに着いたらさっそくメニューを見ると、つまみが全然見当たらず。こりゃ、あてが外れたかー。でもダメ元で頼んでみたら、他に客が少ないので、お任せでよければ何か作りましょうとのこと。そうこなくちゃ。他に、天ざるも頼んで、天ぷらだけ先に出して貰うように頼む。
先ずはビール(大瓶540円税込、以下同様)で乾杯。すると、天ぷら(単品821円)以外に3品(付き出しも含め4品)出てきた。その中にあったねぎま焼き鳥(1,000円)はなかなか美味。こうなればやはり日本酒。岡谷の「高天」(540円)と下諏訪の「真澄」(540円)を呑み比べ。やっぱり「高天」は辛口。締めはもちろん、もりそば(648円)だが、女子連は気になったそばちち(378円)も頼んだ。どうやら、そば粉を使ったプディングらしい(勿論、甘そうなので味見せず)。

諏訪大社下社秋宮にて
「山猫亭はなれ」にて

DSC00429

DSC00430

DSC00431

DSC00432

DSC00433

DSC00434

DSC00435

DSC00436

DSC00437

DSC00438

DSC00439

DSC00440

DSC00441

DSC00442

DSC00443

DSC00444

DSC00445

DSC00446

DSC00447

DSC00448

DSC00449

DSC00450

DSC00451

DSC00452

DSC00453


長野に着いたらもう昼食時、観光(善光寺参詣)の前に腹ごしらえをすることになる。昨年の秋、志賀高原の帰りに寄った「油や」をリベンジしてみようかとも思ったが(何しろ蕎麦を手繰ったかどうか覚えていないので)、まあせっかくだから未だ入ったことが無い店を優先した方がよろしかろうと、「ぼっち」という蕎麦屋に入ってみることにした。長野は、何かと気になる蕎麦屋が多い。
Google Mapを見て、店はホテルメトロポリタンの中かと誤解したが、よく見ればそのすぐ裏の小さなホテルの地下階だった。ランチタイムは予約が出来ないようなので、11時30分開店の17分前にやってきたら先客はおらず、一番乗りだった。店の開店を待つのも珍しいが、一番乗りはもっと珍しいことだ。
店の名前になっている「ぼっち」は、どういう意図で命名したのだろうか。「一人ぼっち」などに使われる「ぼっち」と「ダイダラボッチ」の「ボッチ」は、共に「法師」が語源らしい。一方、「高ボッチ」の「ボッチ」は「凹地」が由来のようだ。この蕎麦屋の「ぼっち」は、前者の意味のような感じはするが、定かではない。
我々の後から段々列が延びてきた頃、店主が「お待たせしました」と階段を上がってくる。案内されたのは小上がり。腰を下ろしたら、生ビール(470円税込、以下同様)で乾杯。メニューを開くと、蕎麦の種類も豊富だが、一品料理もかなりある。もうそれだけで嬉しくなってくる。
それでも結局頼んだのは、だし巻き玉子(600円)、大根と揚げそばサラダ(680円)、馬刺し(赤身、1,100円)、天ぷら盛り合わせ 大(海老2本付き、1,500円)と定番メニュー。それぞれたっぷりサイズだが、6人居るのであっという間にペロリ平らげた。
そして勿論、締めは十割そば(大盛1,550円)。ここは地元戸隠産のそば粉を使用。そのせいか、こし、喉越し、香りとも申し分ない。一番乗りして並んだ価値は十分にあった。

DSC00255

DSC00256

DSC00257

DSC00258

DSC00259

DSC00260

DSC00261

DSC00263

DSC00262

DSC00265

DSC00267

DSC00268

DSC00269

「ニュー新橋ビル」は、多くの居酒屋が渦巻く地下階にはよく行くが、1階は雨の日に東西南北に通過するための通路としてしか利用することが無いし(衣料品やパチンコ店、喫茶店、薬局等に用事がある人はその限りではない筈)、2階や3階となると殆ど近づかない。つまり、「ニュー新橋ビル」は良く行くが、実際にはごく一部しか知らないのだ。
今回の「オヤジばっかり月いち居酒屋ツアー」は、ニュー新橋ビル3階にある「博多蕎麦酒場・蕎麦屋にぷらっと・新橋本店」という店。酒やつまみが豊富な蕎麦屋というか、蕎麦も出す居酒屋と呼ぶべきか、少々悩む店である。
地下階や1階の喧騒さとは異なり、3階は客の通行も疎らな落ち着いた雰囲気で、ここも「ニュー新橋ビル」かとは俄かに信じがたい別世界。「博多蕎麦酒場・蕎麦屋にぷらっと」は、地下階だったら2軒か3軒の居酒屋分に相当する間口を持った大店である。
小生以外のメンバーはいつものように、既に一杯やっていて、メニューを吟味した結果、3,800円(税別)のコースを頼んだ方がリーズナブルとのことで、もう注文済み。更にはコースとは別注文で、鯖の生ハムと柿(518円税込)を頼んでいた。
こちらも急いでビールを頼んで追いかけねばならない、東京クラフト(大626円税込)で追撃開始。このビールはサントリーの武蔵野ブルワリー特製のクラフトビールだと。でも一気に呑んでしまったので、プレモルとの味の違いは良く判らず。
そうこうしているうちに、料理が続々と出てくる。献立リストを見ると、蕪と豆乳のすり流し、蕎麦粒とろろ、刺身3種盛り合わせ、天皇の蕎麦がき べっこう飴、鈴かぼちゃ海苔和え、おからとキノコの五目煮、必食!ぷらっとポテサラ、博多前天ぷら3種、茶美豚西京焼き、そして締めがせいろ。あわせて10品もあるが皆、ひと口サイズなので量的には食べきれないことは無い。料理は博多風なのかやや塩味控えめだが、そばつゆは関東風の感じがした。
ビールのあとはワインを注文。エラスリス白(4,104円)、エラスリス赤(4,104円)、イルボッジョ(4,104円)と、5人で3本を呑み干す。精算したらひとり7,000円(!)もいってしまったが、久しぶりなのでまあ宜しかったのではなかろうか。

DSC_0107

DSC_0108

DSC_0115

DSC_0111

DSC_0110

DSC_0113

DSC_0114

DSC_0116

DSC_0117

DSC_0118

DSC_0119

DSC_0120



小諸駅からしなの鉄道に乗り、終点の軽井沢駅で下りたら、もうランチタイム。人ごみの南口(プリンス・アウトレット側)へ行く気はしないので、北口の店に行こうと「フレスガッセ」を覗いてみたが、やっていなかった。軽井沢では有りがちなように、やっぱり冬は閉めているのだろうか。ならばと今度はタクシーに乗って旧軽井沢へ行ってみる。
ロータリーの目の前にある「川上庵」を先ず覗くと、すんなり入れた。しかし、我々が席に着いた直後からわさわさと客がやって来て、広い店内も忽ち満席、店の中だけでは収まらず、外にも席待ちの行列が出来上がる。この寒空に気の毒なことだし、待つ人の無言の目線に多少、プレッシャーを感じるものの、我々だって高峰温泉くんだりからわざわざやって来たこともあり、せっかくの機会なのでのんびりやらせていただくことにする。
気が付けばもう5年ぶり(前回はこちら)。それにしてもシーズンオフでもこの人出なのだから、避暑シーズンはどれほどの混みようなのか、想像するだけでゾッとする。少なくともランチ時は避けたほうが良さそうだ。
やっぱり始めは生ビール(中750円税別、以下同様)。そのあとはいつものように日本酒になるが、メニューをみると聞いたことが無い銘柄があったので頼んでみる。先ずは斬九郎・特別純米芳醇辛口(2合1960円)。酸が立っているが旨みも感じられ、深みがある。次は辛口五郎兵衛(グラス730円)にしてみると、こちらはスッキリタイプで口当たりがとても軽い。毎度そうだが、この店の酒の選び方にはセンスを感じる。
一方、料理は牡蠣オイル漬け(980円)、鴨焼き(1,440円)、出汁巻き玉子(900円)、下仁田ネギ辛子味噌(820円)、自家製ぬか漬け盛り合わせ(800円)を注文してみた。期待通りどれもこれも美味いし、日本酒に良く合う。特に牡蠣オイル漬けは絶品。素人が気紛れに作るのとは全然違う。腕が違うのか、素材が違うのか(たぶん、両方だろう)。そして締めは勿論、せいろ(880円)。これも全く文句の付けようがない。とても幸せな時間を過ごせた。

DSC_0090

DSC_0100

DSC_0091

DSC_0092

DSC_0093

DSC_0094

DSC_0095

DSC_0096

DSC_0097

DSC_0098

DSC_0099

万座温泉で元旦を迎えたあと、再び9時35分発の長距離バスに乗って軽井沢へ移動。今日も、単にバス移動だけでは勿体無いくらいの、超いい天気。途中、万座・鹿沢口駅で何人か降りた後は、暫く何処にも停まらずひたすら南下。目の前にどーんと、ほんのり雪化粧の巨大な浅間山が見え続けている。
「鬼押し出し」でも誰も乗り降りしなかったが、意外に多くの車が止まっているということは、こんな時期でも観光客がいるということだろう。何が嬉しくて元旦にこんな殺風景で極寒の「鬼押し出し」までやってくるのか判らない。
軽井沢には11時15分到着。まだ昼飯には早いが、元旦に空いている飲食店なんて、プリンスアウトレットぐらいしかないだろうと端から諦めて覗いてみたら、さすがに開いているのは開いていたが、何処の店もゾッとするほど行列ができていて、途端に目の前がだんだん暗くなる。
久しぶりに人混みのなかに紛れて長時間待つしかないか、と諦めかけた頃、一番端っこにあった蕎麦屋「やまへい」には僅かしか行列が出来ていなかったので、ここで覚悟して待つことにした。やはり家族連れだと、蕎麦よりもパスタや牛肉の方が好まれるのだろう。
ここはアーケード街にある多くの店とは異なり、単独の二階家なのでそれなりにキャパもある。そのせいか、さして待たされることなく、2階へ案内される。先ずはビール(軽井沢高原ビール、グラス中750円税別、以下同様)を注文し、その間にメニューを確認。
正月だからか、ランチタイムだからか分からないが、一品料理はてんぷら盛り合わせ(1,250円)、ソーセージ(950円)、和風サラダ(750円)、板わさ(400円)のみ。蕎麦屋でソーセージ、というのも変わっている。軽井沢ならでは、かな。ということで、ソーセージと板わさを注文。板わさは、正月らしく赤い蒲鉾だ。板わさにはやっぱり日本酒、佐久の「深山桜」純米(300ml、800円)を頼む。
締めのせいろ(750円)はまずまずの喉越し。今年も始まりは蕎麦だった。元旦のプリンス・アウトレットでランチするには、蕎麦がお勧めである。

DSC_0719

DSC_0720

DSC_0714

DSC_0715

DSC_0716

DSC_0717

DSC_0718

DSC_0721

DSC_0723

DSC_0722

DSC_0725

軽井沢駅9時49分着。ここで乗り継ぎの、万座行きのバスは14時10分発なので、時間はたっぷりある。当然、ランチだけでは時間を潰しきれないので、プリンスのアウトレットでもぶらつく必要がある。が、ともかく先ずは何処かでランチだが、さすがにまだ時間が早過ぎる。駅の待合室に行ってみるとポカポカ、ちょっとここで暫し読書タイム。
ひとつの目当ての店は、暫く入っていない「フレスガッセ」だったが、なにしろ今日は大晦日、只でさえ客足が疎らな店(失礼!)なので、さすがに今日はやっていないだろうと思い至り、確かめることもやめた。駅の界隈か、じゃなけれりゃそれこそアウトレットの中しか無いかも知れない。
10時半過ぎ、とりあえず北口に出てみると一転、寒風吹き荒ぶ状況だが、意外に客はうろうろ結構いる。どうやら皆、インバウンド客の様子。海外からわざわざこんな季節に、避暑地・軽井沢へ何しに来るのだろうか、理解に苦しむ。それはともかく、歩道橋の上から眺めてみると、目の前に蕎麦屋が見えた。軽井沢駅のまん前に、こんな鄙びた蕎麦屋があるとは知らなかった。大晦日なので、もちろん蕎麦はウェルカム。
近づいてみると11時の開店との貼紙。まだ少々時間がある。せっかくなので待ってみることにして、とは云え外で待つのは凍えそうなので、買う気がないのに隣の土産物屋に入ってうろうろ。商売っ気がない店のオヤジは無言のまま、椅子に座って我々を眺めている。そんな時間が暫く続いた後、そろそろ頃合かと思い、蕎麦屋「本陣」へ向かう。
丁度、亭主が暖簾を出したところで、我々を含め3組が相次いで入店。店内はほっこり暖かく、思わず顔が綻ぶ。どうやら花番は亭主で、奥方が料理番のようである。さっそく日本酒を注文。くろさわ特別純米(一合850円)をいただく。これは佐久の酒。つまみは、にしん煮付(550円)と天ぷら盛り合わせ(1,500円)にした。にしんは良い味、酒と良く合う。蕎麦は、二人でざるそば大盛(1,150円)一枚を注文。良い香りの蕎麦で大変満足した。この店は駅に至近なので、また利用させて貰うこともありそうだ。

DSC_0669

DSC_0667

DSC_0668

DSC_0670

DSC_0671

DSC_0672

DSC_0673

DSC_0674

DSC_0675

DSC_0676

湯立人鉱泉でまったりしたあとは、猿橋駅から上り高尾行普通電車に乗車し、そのまま高尾駅へ。久しぶりに、高尾駅前の蕎麦屋「たまの里」へやってきた。この頃、ヒューストンやインドネシアに行っていたせいか、個人的には2年半ぶり(そのときのレポはこちら)だが、その間にもアニ~やなおちゃん達はせっせと通っていたようで最早、皆さんは小生よりも遥かに常連と云って良さそうである。
暖簾を潜ると、今日も高尾山帰りのハイカーで大賑わい。このざわめきは蕎麦屋のというよりは、居酒屋のそれに近い。少人数ではなく、グループでやってきている客が多いせいもあるだろうが、皆さん、単に蕎麦を手繰っているだけでなく、大いにアルコールが入って良い調子の様子である。ここは駅前だし、中央線と京王線の分岐点でもあるので、利便性は高いはずだ。
店に入って左手奥の四人掛けテーブルが、上手い具合に空いていた。ここはもっぱら予約席として扱われることが多いそうだから、常連の我々に相応しい席と云えそうである(単なる思い込みです)。
先ずは生ビール(560円税込、以下同様)でまた乾杯。その後は料理を選ぶ。注文したのは、身欠きにしん(???円)、刺身五点盛り合わせ(1,380円)、海鮮サラダ(ハーフ440円)、てんぷら盛り合わせ(720円)、アジフライ(470円)とめざし(???円)。
インドネシア帰りの小生としては、無意識のうちに和食系の強いものを選びがちとなる。そして、肉よりも魚ということになる。インドネシアだって探せば干物もあると思うが、めざしのようなものはスーパーマーケットではついぞ見掛けることがなかった。ということで、めざしは日本に限る。日本酒を呑みながらめざしを齧れば、もうインドネシアは遥か彼方へ遠ざかってしまうのだ。

DSC09605

DSC09606

DSC09607

DSC09608

DSC09609

DSC09611

DSC09612

DSC09613

今回の最後の午餐は、東京へ帰る前に長野駅前で。なおちゃんがリサーチし予約を入れてくれたのは、「油や」という蕎麦屋。駅前ロータリーに面しているので、利便性は抜群である。今回は運良く、我々が志賀高原でふらふらのんびりしている間に、黒部峡谷・下ノ廊下を踏破してきたWoodyさんと、「油や」で合流することができた。
我々の席は、奥の個室のような小上がり。店は大層賑わっていて、すでに席が空くのを待つ客もいる。予約を入れてくれたのは大正解である。乾杯は、Woodyさんも含めたいていの者はビールだが、小生はもう、「特急ゆけむり」でしっかり呑んできたので、ここは日本酒でいこう。ぱらぱらとメニューを捲って、これにするかと選んだのは地酒、「松尾」白ラベル純米(1,100円/300ml税込、以下同様)。日本酒らしい口当たり。そのあとは、「西之門」生酒(1,100円/300ml)を呑んでみた。これも、長野の地酒。やはり昔風な味わいである。
この店は、一品料理が極めて充実していて、居酒屋も顔負けである。酒の肴には、若鶏から揚げ(470円)、揚げ出し豆腐(390円)、肉じゃが(480円)、エリンギ天ぷら(360円)、しめじと舞茸チーズ焼(400円)、馬もつ煮込み(540円)をそれぞれ2つずつ注文した。全般的にコスパはかなり高いと感じた。
ところがこの先、すっかり記憶が飛んでいる。最後に蕎麦を喰ったような気がするが全然覚えていない(日本酒を呑み過ぎたか)。証拠写真もないので、確かめようもない。折角、蕎麦屋に入って蕎麦を覚えていないのでは洒落にならないので、また長野に寄ることがあれば(無理矢理、プランするか)、何が何でも「油や」に入って確かめねばならない。ところで今更ですが、ちゃんと勘定、払いましたよね?

DSC09468

DSC09476

DSC09469

DSC09470

DSC09478

DSC09471

DSC09472

DSC09473

DSC09474

DSC09475

DSC09479

DSC09480

仕事中だが所用があり、銀座へ行くことになった。時間は特に拘束されなかったので、昼を挟んで往復することし、昼食は銀座でとることにした。平日の銀座は久しぶり、行きの電車の中で何処へ入ろうかとあれこれ悩む。
悩んだ結果は、やっぱり蕎麦屋。それでもせっかくのチャンスなので、ずっと入ってみたかった「泰明庵」を覗いてみることにした。昼にはちょっと早い11時45分頃に到着。問題なく入れ、花番に何処でもどうぞと云われる。
結構、一人客でも四人掛テーブルに座っているので、そいじゃ小生もそうするかと、入り口目の前の四人テーブルを占拠することにした。案の定、花番は何にも云わない。今日は陽気が良くて朝から暑い。汗を拭き吹き着席。すっかり喉が渇いた。でも、まだこれから仕事が残っているので、こころを鬼にしてビールは我慢。蕎麦は「もり」が基本だが、ビールを我慢した分だけちょっと奢ってやれと、「鴨せいろ」(1,150円)を注文。
小生の後からも、次々に客はやってくるが、空いているテーブル席に座ったり、二階へ上がったりと、相席を求められることもないまま、鴨せいろがやってきた。鴨汁の香りはいい感じだ。塩味はやや濃い目だが、江戸前は普通こんなもの。
しかし、蕎麦は意外にもコシはいまひとつで、のど越しもかなり弱い。有名な店だが、蕎麦そのものが有名なわけではなさそうである。鴨汁はたっぷりあったが、すべて蕎麦湯で割って飲み干した。大変美味。この店は、蕎麦そのものよりも酒の肴が豊富。是が非でも次回は、夜に来てみようかと思う。

20180712_114646

20180712_114014

「カフェ・ドローム」で寛いでいたときのこと、そろそろ昼時なので、富岡に来たついでにランチも喰って帰ろうということになり、さっそくネット検索開始。蕎麦屋だったら歩ける範囲に3軒ぐらいあると判る。こんな陽気なのでとりあえず、一番近い店に行こうということで決まり、向かった店は「仁べえ」という名前。
行ってみると、つい通り過ぎそうな店構えの店。入ってみると、小さなカウンターとテーブル4つだけの小じんまりした店。先客は熟年夫婦ひと組だけ。愛想がない熟年男性店員がメニューを持ってきて、昼はそばのセットだけとのこと。セットと云っても、そば2種類のセット(基本のもりそばと、好みのそばを注文できる)なので、天ぷらとか小鉢が付くわけではない。それで1,800円とは良い値段だが、まあ良かろう。それと、冷酒として三千盛(800円)を小さな声で注文。
出て来たもりそばは、超極細麺。素麺より細い。でもコシしっかり、のど越し抜群。こりゃびっくり、こんなの初めて。2枚目の胡麻だれは、麺は同じだが、つゆが美味い。単に胡麻とかえしだけではない。これも凄い。とにかくつゆがやけに美味かったので、全部飲み干した。ついでに胡麻だれも蕎麦湯で割って全部飲んだ。
ネットで、この店のことをもうちょっと調べてみると、驚くことが判った。ここの店主(さっきの熟年男性店員!?)は、修禅寺の有名蕎麦屋「朴念仁」の創業者にして、ミシュランガイドにも掲載された「仁行」のオーナーだった石井仁氏。もはや伝説上の人物と云ってもよさそうだが、まったく事前リサーチもせず、ひょんなことから富岡のひっそりとした路地裏にある蕎麦屋が、その人の店だった。どうやら富岡が生まれ故郷の様である。
偶然入った蕎麦屋だったが、とんでもない蕎麦屋だった。機会があれば是非、夜に来てみたい。

20180709_113222

20180709_115930

20180709_115924

20180709_113422

20180709_113711

20180709_114136

20180709_114946

20180709_114959

20180709_120001

今回は宮宕山に登り、「エリソン・ダン・ジュール」でまったりし、「天空の湯」でさっぱりのんびりしたあとは、「ホリデー快速ビューやまなし号」で18時16分八王子駅下車。ここで降りたのは、今夜、高水三山3人組と「まかど」で合流することにしていたためである。こちら宮宕山8人組は、用事がある方はここでお別れ、残り5人組となって駅を出る。
勝手知ったる路地を抜け、3ヶ月ぶり4回目の入店。まだ常連には程遠いが、店主にはそろそろ「来たことあるな」ぐらい覚えてもらっているかも知れぬ。全員が揃ったところで乾杯。5人組はビールかノンアルビールかハイボール、高水三山3人組はもうすっかり日本酒である。3人組はだいぶ前に着いていたようで、かなり食べて呑んでいる様子。灼熱地獄(?)だったと思われる、高水三山を踏破したのは大したものだ(河辺温泉「梅の湯」で汗を流してきたらしい)。
それに較べれば、我々の方は標高が500mほど高かったし、下りたら「ガーデンカフェ」で優雅に過ごし、あとはタクシー移動で一歩も歩いていないので楽チンだった。とは云え、少々腹が空いている状態なので、遠慮なく注文させていただく。
頼んだのは、もはや定番の「鴨のくんせい」、「豆腐明太子グラタン」と「一口餃子」。どれもビール・酒の肴としては申し分ない。そして締めはやっぱりもりそば。もっと腹が空いたWoodyさんは「カツ丼」を注文、さすがだと感心する。蕎麦屋のカツ丼なんて、随分久しく喰ったことがない。昼間に蕎麦屋へ来たら、ほぼ間違いなくもりそばを喰うし、夜は呑んでつまみを喰ったらカツ丼どころではない。子供の頃、熱を出して寝込んだときに、親が出前を取ってくれたとき以来だろうか。遥か昔の記憶がふと蘇った。

DSC09098

DSC09099

DSC09100

DSC09101

DSC09102

DSC09103

DSC09104

DSC09105

DSC09107

「バテレ」を出たあと、いつもだったらそのまま駅に向かい、ホリデー快速にでも乗って立川へ繰り出すところだが、今日は帰りの電車を「予約」しているため、まだ時間がある。でも、もうビールはいい感じ。ということで、もう一軒、ハシゴすることになった(家で愛犬が待つのんちゃん達とはここでお別れ)。奥多摩駅前でハシゴするなんて、今まであっただろうか。
先ずは、柳小路を南に向かい、これまで入ったことが無かった「おく」という蕎麦屋を覗いてみたが、残念ながら入れず。さらばと次に向かったのは、表通りにある「寿々㐂家」という、これも蕎麦屋だが、こちらの方は老舗。かつて奥多摩駅前と云えば、今は無き食堂「丸花」(と云っても、建物自体はまだ残っている)か、ここ「寿々㐂家」ぐらいしか店がなかった。
暖簾を潜ると、先客は二組だけ。こんな時間帯(午後五時前)だからなのだろう、もっと早い時間だったら混んでいて入れないこともあるはず。個人的には、ここに入るのは少なくても20年ぶりぐらいだろうと思う。腹を空かせた20から30代の頃は、時々寄らせてもらっていた。昨今、喰い気よりも呑み気になったせいか、とんと足が遠のいていた。
偶々、長テーブルが塞がっていたが、先客が気をまわして下さって空けてもらい、運よくまとまって着席。もうビールの気分ではないので、澤乃井冷酒(300ml瓶900円税込、以下同様)をもらう。つまみはギョーザ(450円)、もつ煮込み(450円)、肉じゃが(450円)を注文した。もつ煮込みも肉じゃがも、よく味が染みている。ギョーザは普通に美味い。ここにはやまめスモークがあったはずだが、メニューに見当たらない、季節じゃないのか。
腹が減ったWoodyさんは蕎麦を所望。我々残りも同調してもりそばを注文。この頃、つるつるしこしこの喉越しに拘った蕎麦ばかり手繰っているせいか、ここのもりは些か物足りない。でも昔ながらの蕎麦って、こんなもんだったのだろうかと、ふと30年ぐらい前を思い出そうとしてみた。

DSC08373

DSC08369

DSC08370

DSC08371

DSC08372

DSC08374

DSC08375

↑このページのトップヘ