山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

九州

屋久島滞在3日目、もう移動日。予約してあったフライトは昼過ぎなので午前中は観光でもしようかと話していたのだが、今日も天候はいまいちで欠航の恐れが有る(鹿児島~屋久島の航空便の危うさは1日目ですっかり骨身に沁みた)。
やっぱり東京へ帰れなくなるリスクは取りたくないので、再び高速船で鴨池港へ行くことにし、10時45分発の便に乗ることにした。結局、観光らしい観光は出来なかったが、紀元杉とヤクシカとヤクザルと屋久杉ぐい吞みで気分的には十分。それよりも何よりも宮之浦岳を登頂できたことで、マイナスポイントはみんな帳消し。
訊くところによると、前々日(我々が屋久島に到着した日)と今日は、天候不良のため淀川登山口への車道が通行止めになったとのこと。つまり我々はピンポイントで登頂できたということになる。運が悪ければそもそも屋久島にもやって来られず、指宿で砂蒸し風呂に入って黒豚を喰って芋焼酎を呷って帰るだけだったかも知れない(それはそれで良かったかも知れないが)ので、この差は歴然だ。
鹿児島までの外海は多少荒れていたものの、ジェットフォイルは極めて安定していてピッチングもローリングも殆ど感じない。水中翼は偉大な発明品だと思う。鹿児島湾に入ると、白波は無く穏やか。まさしくここは天然の良港だ。鴨池港には定刻よりやや遅れて到着。
再びタクシーを捕まえて今度は鹿児島空港へ。余裕をもって羽田便に間に合った。出発ロビーでの待ち時間、ちょっと小腹が空いたのでカフェ(Sky Shop 8G)でかき揚そばを手繰った。もちろん、そのついでにビールもグビッとやった。結局、屋久島からの便を待ち合わせることになり(屋久島空港は閉鎖しなかったようだ)20分遅れで出発。これで万事目出度く羽田に帰れる。窓の外はいつの間にか晴れ上がっていて、霧島連山が良く見えた。

DSC_0254

DSC_0255(1)

DSC_0256(1)

DSC_0257

DSC_0258

DSCF0277

宮之浦岳登山当日、残念ながら天気予報通りに早朝から雨。宿から淀川登山口までのアプローチは約25kmもありしかも真っ暗な中ながら、との~の卓越運転テクニックのおかげでスムーズに到着。午前4時半過ぎにもかかわらず駐車場にはちゃんと警備員がいて駐車をサポートしてくれる。でも単なる警備員ではなく、環境保全協力金を徴収する係員(こちらが主か?)でもある。
1人1,000円を支払って出発。淀川登山口(標高約1,400m)と宮之浦岳山頂との標高差は600m弱しかないのに、コースタイムで10時間オーバーなのは、それなりに距離もアップダウンもあるということなのだろう。心してじっくりと登る。それにしても湿度が高く、拭っても拭っても眼鏡が忽ち曇るのは難儀だ。
暫くはヘッドライトを照らしながらの歩き。細かなアップダウンがあるので時々道を外れそうになるが、道幅はしっかりあるので真っ暗でもなんとかなる。そのうちに明るくなると、周囲の植生が関東近郊と明らかに違うのが良く判る。
高度が上がるにつれ、いつの間にか高木が少なくなり、風化した岩を攀じ登るようなところもあるが、花崗岩なのでフリクションはとても良く効く感じだ。栗生岳辺りから宮之浦岳までは、寄り掛かれるほど密生した笹薮を縫うように登る。
山頂はやっぱり視界ゼロ、達成感にちょっとだけ浸り、証拠写真を撮ったらさっさと下山にかかる。結局、山頂まで往復9時間10分掛かったが(山行記録はこちら)、その割りに扱かれた感が無いのは、距離はあってもアップダウンはそれ程ではないということか。利尻岳やトムラウシ、後志羊蹄山などの方が、登った感は高かった印象。
車で宿へ戻る途中では、巨大な紀元杉を見学できたし、偶然、ヤクシカ、ヤクザルにも遭遇できたし(何方も人を恐れていない体だった)、お陰ですっかり屋久島を感じることができた。
宿に戻ってきたら、どうしたことか宿の人が誰もいない(カギは掛かっていないのに、この大らかさ!)。而してビールも頼めない。そこでとの~とWoodyさんは、酒屋(食料品店)へわざわざ出かけて行ってくれ、ビールを調達してきてくれたので、漸く祝杯を挙げることができた。ありがたや、ありがたや。

DSC_0259

DSC_0216

DSC_0221(1)

DSC_0223

DSC_0225(1)

DSC_0229(1)

DSC_0232(1)

DSC_0234(1)

DSC_0235(1)

DSCF0223

DSC_0238(1)

DSC_0239

DSC_0242(1)

DSCF0242

DSC_0244(1)

DSCF0244

DSC_0246(1)

DSC03220

DSC03221

DSC_0248

DSC_0249

DSCF0257

DSC03224

DSC03225

DSC_0251

DSC03226

DSCF0268

DSCF0270

DSC03227

DSC03228

DSC03229

DSC03230

DSC03232

DSC03233

DSCF0274

飛行機欠航のハプニングがあったものの、高速船に切り替えなんとか屋久島に渡ることができた。しかし到着が遅くなったせいで島内観光をする時間がなくなり、との~の運転で、ちょっとだけ近所の土産物屋を物色。
屋久杉を使った民芸品を売る店がそこかしこにある。樹齢千年を超える杉だけを屋久杉と呼ぶと聞いていたが、そんな屋久杉がふんだんに加工できる出来るほど採れるのだろうか。まさか生木を切り倒す訳ではないだろうけど。我々も、4人揃って屋久杉のぐい呑みをゲットした。
今回、実感することは出来なかったが、屋久島は島の南北で気候が違うとのこと。周囲およそ130kmあるらしいので、大雑把に直径は40km、たったそれだけで気候が違うというのは、やはり高い山、曰く「洋上アルプス」が隔てているせいだろうと想像できる。ちなみに、似たような島としてイメージする利尻島は周囲約60kmというから、実際にはひと回り大きさが違うのだと判る(面積で比較すると、利尻島182km²に対して屋久島は505km²)。
屋久島は一週間に十日雨が降ると聞いたことがあるが(誰が云ったのか?)、今日も雨模様。島の反対側の天気が気になる。ネットを調べた範囲では、林芙美子の「浮雲」に「......一ヵ月、ほとんど雨ですな。屋久島は月のうち、三十五日は雨というぐらいでございますからね……」という一節があるらしい。閑話休題。
仲良く4人共ぐい呑みを手に入れた後は宿へ。ナビに寄れば、島の周回道路のすぐ傍のようだが、実際にはかなり高低差があり、ワンループの立体交差になった道を下っていくと今宵の宿「旅人の宿 まんまる」に到着。庭にはハイビスカスが咲いていて、南国ムード。母屋と宿泊棟との間が廊下で繋がっている訳ではなく、露天ウッドデッキというのも何となく南国風。風呂場はさらに離れた別棟にある。今回はここに2泊する。いよいよ明日は本番、だんだん気分が盛り上がってきた。

DSC_0210

DSC_0211(1)

DSC_0212(1)

DSC_0213

DSC_0214

DSC03203

DSC03208

DSC03207

DSC03206

DSC03205

DSC03209

今回は屋久島まで足を延ばし、宮之浦岳を目指す。羽田を飛び立ち鹿児島空港には定刻通りに到着し、予定通り屋久島行きの乗り継ぎ便を待っていたらまさかの天候調査、そして欠航のアナウンス、呆然、唖然。そんなに悪い天気なのか。とりあえずリュックサックを引き取って、さてどうする?
「仕方が無いから指宿温泉で砂風呂に入るか」とか、「せっかくだから手近な霧島連峰でも登るか」とか、「阿蘇はどう?」とか、「黒豚でも喰うか」とか、「先ず屋久島の宿はキャンセルしなきゃ」とか、いろいろ意見が出る(実際、宿へキャンセルの電話を入れた)。
でもそのうち「飛行機は飛ばなくても、船は出るのでは?」という話が出て、実際、ネットで見る限り欠航とはなっていない。時間を見れば、今、空港を出てタクシーで行けば間に合いそう。とりあえず船が出る鴨池港へ行ってみる。タクシー乗車中に船会社に連絡を入れると、電話予約は出来ないが間違いなく乗れるとのことでひと安心。再び宿に連絡を入れて、キャンセルをキャンセルした(このあたりは、ツアコンなおちゃんが大車輪の活躍)。
暫しネットを調べてみると、屋久島空港には、計器着陸装置が設置されていないだと知る。つまり視界不良では飛べないのだ。イマドキ、そんな空港ってあるんだ!とちょっと吃驚。結果論だがそれを予め知っていたら、空路を選ぶのはかなりリスキーだと感じ、船を前提にした計画にしていたかも知れない。何れにせよ、船に敵わない飛行機なんてどうよ?と思ってしまうのは小生だけだろうか。
ともあれ船の乗船券を買ったら腹が減った。鴨池港の待合室に隣接したラーメン屋「平和食堂我流風(へいわしょくどうがるふ)」に入る。(レンタカーの運転手を買って出ていただいた)との~に失礼して、ビールをいただきひと息。さてどうなることやら、我々の行く先には文字通り暗雲が垂れ込めている。

DSC_0202(1)

DSC_0207(1)

DSC_0208

DSC_0203(1)

DSC_0204(1)

DSC_0205(1)

DSC_0209

DSC_0210

↑このページのトップヘ