山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

横浜線沿線

観戦したRWC準決勝は、南アフリカが順当が勝ち上がった。予想通りに地味な試合だった(バックスの展開はあまり無く,フォワード同士の肉弾戦に終始した)が、とは云えやはり生は違う、あっという間に終わった印象。興奮冷めやらぬまま、新横浜駅へ向かう人波に紛れゾロゾロと移動する。
このまま駅に行っても、この混み具合ではすんなり改札口を通過できそうにないので、途中の店にちょっと引っ掛かることにした。しかし何処の店も入口付近ででっかい欧米人達がおだを上げているので、なんとなく入り難い。比較的入り易そうな店が「茜鶏 もへじ」だった。
それでも客の半分以上は外国人。ここは焼き鳥屋なのだが、焼き鳥は既に(とっくに?)売り切れとのこと。代わりに鶏の唐揚げを頼んでビールを呑んだ。我々の後からも、ドヤドヤと欧米系集団が入ってくる。男も女も皆、ビヤ樽のような体格なので通路がやけに狭く感じられ、座っている我々にも常にプレッシャーが懸かる。
この頃、日本で目にする外国人となると中国系か韓国系が主、あとは東南アジア系という感じだが、今日の新横浜駅界隈に限って云えば、欧米系が圧倒的である。南アフリカ対ウェールズ戦だったので当然だろうが、かといって南アフリカ人やウェールズ人ばかりではなさそう(アイルランドやスコットランドのユニフォームを着ている輩も結構目立つのだ)。欧米系にとっては、ラグビーが文化の一部になっている気がする。
それはともかく、我々は横浜Fマリノスファンではないので、これまで横浜スタジアムに来ることはなかった。従ってこの店も、正直云ってRWCが無ければ一生入ることがなかった。今夜は一期一会の貴重な経験だった。

DSC_0124

DSC_0122

DSC_0123

今回、横浜にやって来たのは、ラグビーワールドカップ(RWC)の準決勝観戦が目的。ラグビー観戦は随分久しぶりだが、高校時代から早明ラグビーを見てきたので、40数年来の隠れラグビーファンなのだ。
今回、準々決勝で日本が南アフリカに勝っていたら、日本戦が観られたのにと思うとちょっと残念。どこのチームが準決勝に出てくるか判らない段階でチケットを買わされるのは、些か無常観が漂う。でも、やはりワールドカップは心が躍る。
横浜国際総合競技場(日産スタジアム)は収容人数約7万人。流石に大きいし、駅からスタジアムまで観客がぞろぞろ歩いて切れ目が無い。ちょっとゆっくり行ったつもりだが、それでも自分の席に着いたのは試合開始1時間前。手持ち無沙汰な感じ。席(2万5千円)は正面スタンドから見て左側ゴールラインの奥の方。周りは結構、欧米系が多い。全体の3、4割いる感じ。正面スタンド前ではなにやらセレモニーをやっているようだが良く見えない。そのうちに何故か、ニール・ダイアモンドの曲「スイート・キャロライン」が会場に流れると(特に外国人が)皆、合わせて歌い出した。これってアメリカの曲だし、しかもキャロライン・ケネディへのオマージュなのに、ラグビーと関係があるのか?世界的な名曲なんだっけ?(でも20代とか30代じゃ知る訳ないな)と思ったが、何はともあれこれで試合開始前の雰囲気が一気に盛り上がった。野球場のように、ビール売りの女の子が階段通路を上りながらやってきたので手を挙げてゲット。やがて試合開始。
今回の対戦は南アフリカ対ウェールズ。どちらもヨコ展開よりは、タテの攻撃(つまり体力任せ)に強みを持ったチームで、実際どちらも、バックスへ回すことは殆どせず、キックを使ってフォワードをラッシュさせるシーンばかり続く。それをタテ方向から見ることになるので、どうしても動きが乏しく感じる。
それに加え、ゴールラインまであとどのくらいまで攻めているのかも良く判らないので、反対側のゴールライン付近の攻防は正直、退屈である。やはりラグビーは(テレビ放映のカメラアングルのように)正面またはバックスタンドから見るに限ると知った。でも臨場感は半端ない。やはりラグビーは生で見るに限る。時間に余裕ができればまた、関東大学対抗戦とかトップリーグでも見に行くか。

DSC_0112

DSC_0113

DSC_0116

DSC_0118

DSC_0119

DSC_0115

DSC_0120

DSC_0121

DSC_0114


「たぬきや」行きを計画した際、それに見合った山選びと共に重要なのは、汗を流すところ。つまりプランニングに当たっては、
  「たぬきや」>「山」>「汗を流すところ」>「山から下りて喉を潤すところ」
のような順番で検討し、汗を流すところが見当たらなければ、山を見直す、というようなことになる。どうしてもしっくりした「山」が見つからなければ、「たぬきや」そのものを見直す事態に至るが、おかげでそのようなことにはならなかった。
最寄の「汗を流すところ」は「高尾山温泉」になるが、ふりだしに戻ってしまうし、かつ「たぬきや」から遠ざかることになるので具合が悪い。同じ理由で「さがみ湖温泉」も却下。より近いところとなると相模原の「下九沢温泉 湯楽の里」か、町田の「ロテン・ガーデン」。どちらも橋本駅から15分程度の距離。
利用料金は、前者が920円で後者が890円と、ほとんど同じ。決め手は、前者が飯能の「宮沢湖温泉喜楽里」と同じ系列の施設であることと、後者には送迎バスがあることだった。でも結局、タイミングの問題で送迎バスは利用せず(笑)、タクシーで乗り付けた。
「ロテン・ガーデン」は、見掛けは何処かの観光ホテルのようであり、中も日帰り温泉にしてはやけに広々としている(実際、廃業したホテルを居抜きで日帰り温泉にしたわけではなさそう)。ロビーから風呂場までもゆったり。風呂場に入ってみると、いくつあるのか数えなかったが、様々な露天風呂がある。でも夫々はそれほど大きくないので、結局入ったのは内湯だけ。ちょっと色が黒っぽい湯である。
食事処は、別館の3階と4階に一店舗ずつある。ちょっとメニューを一瞥し、つまみが充実していそうな3階の「竹」にしてみた。先客はほとんど居らず、店員が手持ち無沙汰だった様子。さっそく湯上りセット(生ビール+つまみ、800円税込、以下同様)を注文。皆が揃ったところで、冷やしトマト(450円)、ポテトのチーズ焼き(520円)、金目鯛の開き(980円)、ハムカツ(???円)を注文。珍しくいっぱい頼んだのは、次の「たぬきや」が、喰い物はショボいからである。

DSC09238

DSC09239

DSC_0024

DSC_0025

DSC_0026

DSC09240

DSC09241

DSC09242

DSC09243

DSC09244

ロテン・ガーデンのHP: こちら

このところ、久しく稲田堤の「たぬきや」で風に吹かれていないことに気が付き、一時帰国に合わせて行ってみようと思い立った。でもこの時期、山の帰りに寄るとなると、なかなか稲田堤に行き易い山が選び難い。漸く捻り出した南高尾山稜は、最高点の榎窪山でも標高420mしかない。普段だったら真冬に登るようなところで、残暑の折に登る山ではないが、今回は背に腹は替えられず苦渋の選択。
ようやく9月と云えどもさすがにまだ暑く、熱中症恐怖症の小生としては戦々恐々。しかし結果的には何とか耐えられた。基本的に樹木に覆われていて、直射日光に遮られていることが幸いしているのは間違いない。峰の薬師は、個人的に小学校3年生の遠足以来でとても感慨深い。山から下りて舗装道路を水平移動するところが今回の最大の難所(?)だったかも知れないが、偶々俄か雨に出合ったため、そのおかげでフライパンの上を歩くようなことにはならなかった(山の記録はこちら)。
なんとか熱中症になる前に転がり込んだのは、バス停の直ぐ傍にある「ガスト」。とりあえず手近な席に着いたものの、出迎えた女性店員が、我々の汗だくで火照った顔を見るに見かねたのか、あちらの方がエアコンの利きがいいですよ、と気を利かせてくれた。確かに、移らせてもらった席は2~3度涼しい感じ。山から下りて「ガスト」に入ったのは、文台山・尾崎山に登って以来、12年ぶりだ。そう云えば、あのときも9月の上旬でめちゃ暑かった。
とりあえず、顔を洗ってさっぱりしてから生ビールを注文。乾杯してグビっとやると、あっという間に呑み干した。沙漠に撒いた水のようだ。とても一杯では足りぬ。そう云えばまだ昼前だ。ここで腹ごしらえをするか、日帰り温泉でするか少々悩むが、まだ汗も引いていない。もうちょっとゆっくりしようと、追加ビールを注文。併せてサラダや鶏のから揚げなども注文した。

DSC09211

DSC09216

DSC09224

DSC09225

DSC09230

DSC09231

DSC09232

DSC09233

DSC09234

DSC09235

DSC09236

DSC09237

↑このページのトップヘ