山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

シンガポール

シンガポール3日目の朝、残念ながら今日はインドネシアへ帰る日。色々ハプニングはあったものの、やはりシンガポールは良かった。インドネシアに戻るのは憂鬱である。7時にタクシーを呼んで、一路、チャンギ空港へ移動。海岸線沿いのトロピカルな道はガラガラで、あっという間に空港到着。
出国手続き後、第3ターミナルをふらふらとひと巡りするが、特に買いたいものも見当たらない。ふとスコッチウィスキーでも買っていこうかと思ったが、どうせすぐに呑み終わってしまうだろうし、アルコールに飢える境遇に身を置いてみるのも悪くないと、あえて買うのは止めた。
シンガポール10時丁度発のGA825便に乗る。機材はいつものボーイング737-800。2時間弱の飛行時間だけれども、ちゃんと朝食のようなブランチのような食事が出る。出てきたシロモノは、キャビン・アテンダントは「ナシゴレンです」と云っていたが、見た目も食べてみても、明らかにこれは「ビリヤニ」としか思えない。しかも、かなり美味い。
いままで「ビリヤニ」が出そうなエア・インディアとか、ましてやパキスタン国際航空なんて乗ったことがなかったので、機内食で「ビリヤニ」を喰った経験が無い。マレーシアにもインド系が数パーセントいるので、マレーシア航空での「ビリヤニ」があるのかも知れないが、見たことも無い。
このガルーダ・インドネシア航空の「ビリヤニ」が、機内食の世界でどのくらい評価されているのか判らない。しかし小生が知る限り、ガルーダ・インドネシア航空の機内食としては、この「ビリヤニ」が今までで一番美味いと断言できる。
でも何故、インドネシアで「ビリヤニ」なのだろうか?と思って、そのあと調べてみたら、似たような料理で「ナシ・ケブリ」というものが存在すると知った。とすると、あれは「ビリヤニ」ではなかったのか?意外に、インド料理はインドネシア料理と近いのかも知れない。もっとじっくり調べてみたい。

DSC_0052

喰い気や呑み気よりも、ギャンブルをこよなく愛する同僚を置いてひとり「ホテル・イビス」に戻る。途中、何処かに寄ろうかと一瞬思ったが、やっぱり独りで夜、バーに入るのはちょっと物悲しいし、オープンバーは暑い。
それともうひとつ、スマホが故障しているままなので、「取材」する気力が沸いてこない。ということで、今夜もコンビニでアルコールを調達して、テレビを見ながら部屋呑みすることにした。こんなシンガポールの夜を二晩も続けたのは、これまで記憶が無い。
セブン・イレブンは到るところにあるので、最寄の店に入って一応、店内をぐるっと物色。この店は、昨日の店よりもアルコール類の販売スペースがずいぶん広い。ビールも何種類かある。つい、プカロンガンとシンガポールを比較してしまう。なんてシンガポールはいいところなんだろう。
ふと気が付いたが、「アンカー」とか「ハイネケン」などのロング缶はSGD6~8(≒490円~650円)ぐらいするのに、「キリン一番絞り」はなんとSGD5.8だった。そんなに日本のビールは人気が無いのかね。でもまあ、それはそれ、小生にとっては願ったり叶ったりの状況、有難く一番安い「キリン一番絞り」をゲットする。つまみはなんでもいいが、とりあえず目に留まった"SUN CHIPS French Onions"(SGD1.85)を買ってみた。
当然ながら、久々に呑んだ「キリン一番絞り」はやっぱり美味い。"SUN CHIPS French Onions"を摘んでみた。袋を見ると、アメリカのブランドらしい。味はまあまあだけれど、ポテトチップもやっぱりカルビーか湖池屋の方が上かなと感じた。

DSC_0051

チャイナタウンから戻って、ホテルで少々読書と昼寝。そんなこんなしているうちにもうパスポートが戻ってくる時間。ロビーで首尾よく受け取った後は、同僚と夕食を取りにいくことにした。行きたい店は、「マリーナベイサンズ」のカジノの中にある店だという。どうも聞いているうちに、シンガポールには長く住んでいた割りに、大して店は知らないようだと気が付く。彼にとって外食は、ギャンブルの付け足しでしか無いらしい。もちろん、小生はそんな世界のことは知らない。「取材」だけを目的に、付いて行くことにした。カジノは、かつてアユラシに連れられて、マカオのカジノを覗いたことがあったが、それ以来である。
数え切れないほどここへ通ったという同僚に連れられて、「マリーナベイサンズ」のカジノに到着。バカラだのルーレットだのスロットだのが並んでいるところの先に、その店はあった。
一人用スチームボートセット(SGD13.8≒1,100円)とウーロン茶(SGD2.0≒160円)を注文。流石に小生はこれにビールも追加した。1/2pint缶でSGD13.5(≒1,080円)もする。スチームボートは、やはり、わざわざ食べにくるシロモノではない。この店を目的にやってくるような輩はいないだろう。カジノの付け足し、スキー場のレストハウス的な店である。
食べるのも忘れてカジノに熱中して大枚稼いだとしたら、わざわざこんなチンケな店で腹を満たすというのも無さそうなので、稼ぎは可も無く不可も無く、でも腹が空いたからちょっと喰おうか、的な位置付けだと思われる。何れにしても、ギャンブラーの気持ちは判らないので、これ以上の妄想は膨らまない。でも少なくとも一回見学すれば十分、もう来ることはないだろう。
淡々と自分の分を喰ったあと、グッドラックと云って同僚と別れる。あとで聞いたところ、同僚は今回、スロットでSGD700も儲けたらしい。但し、その程度では過去の負債は到底クリアできないようである。

DSC_0048

DSC_0047

DSC_0046

DSC_0045

DSC_0044

"ORIENTAL WESTERN BISTRO"を出た後も、引き続き「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」園内をぶらぶら。熱帯植物(勿論、熱帯植物しか見当たらない)好きには堪らないかも知れない。コーヒーの木の花を初めて見た。意外に大きな花だ。
公園の南側にはオブジェも展示されているが、人気がないのか、この辺りは観光客が殆どいない。また暑くなってきたので、今度は「マリーナ・ベイ・サンズ」内のショッピングモールへ入って涼む。そろそろ昼飯時だが、どうもこのような処のレストランはお高く留まっている感じで、入る気が起こらない。
さて、独りで食事をするには何処がいいだろうかと、少々思案。やはりチャイナタウンがいいかなと思い、また地下鉄に乗車。途中、ダウンタウン駅から、さらりーまんやら、おーえるやらがドカドカと乗り込み忽ち満員状態。どうやら彼らも食事でチャイナタウンへ行くらしい。シンガポーリアンは地下鉄に乗ってランチを喰いにいくんだ、と妙に感心する。
チャイナタウン駅に着くと案の定、彼らはドカドカと降りる。何処へ行くのかと興味が沸いたので、彼らの流れについていくことにした。小生の目の前の集団は、地下通路を辿り"Chinatown Point"へ入っていく。どうやら地下のフードコートらしい。こちゃごちゃ人が集まっていて、大変な混み具合。そこに割って入っていく元気が出ないので、同じ建物にあった唐筵酒店(CHINESE CLASSIC RESTAURANT)に入ってみることにした。空いているだけあってちゃんとしたレストラン、料金もだいぶ高めだがまあいいだろう。
とりあえずタイガービール(SGD8.8≒720円×2本)を注文。すると頼みもしない茹でピーナッツ(SGD3.0≒240円)が付き出しとして出てきた。なかなか美味いので文句は云うまい。一緒にウェットティッシュも出てきたが、これもしっかり明細に入っていた(SGD0.3≒24円)。料理は、シュウマイ(4個SGD4.8≒390円)と干蝦と椎茸の伊府麺炒め(SGD13.8≒1,120円)にした。どちらも美味かったので満足。インドネシアからシンガポールに逃れて来れたことを漸く実感できた。

DSC_0029

DSC_0030

DSC_0031

DSC_0032

DSC_0033

DSC_0034

DSC_0035

DSC_0036

DSC_0037

DSC_0038

DSC_0039

DSC_0043

DSC_0041

DSC_0042

今日は午後5時にパスポートを受け取るまではフリー。誠に、これ以上無いほど楽な出張なのだが、同僚はパスポートが必要なカジノ以外に興味がないらしく、5時までホテルに籠るとのこと。他にやることはないのか、と云ってみたくもなるが、我が身を振り返ってみても、やはり暑い外を出歩くのは気が進まない。それじゃ、ギャンブラーと変わりがないので、殆ど枯渇したアドレナリンを振り絞って出かけることにした。
チャイナタウンもリトルインディアも行ったことがあるし、オーチャード通りを歩く気にもならず、それならば未だ行ったことがないところにしようと、「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」へ行くことにした。2012年に開園して以来、年間900万人も来園者がある超人気スポットになっているようである。
暫く来ないうちに、地下鉄もいつの間にか増えた。ホテルの最寄のブギス(Bugis)駅からダウンタウン線に乗り、2つ目のベイフロント(Bayfront)駅で下車。
案内板に従い、長い地下通路を渡って地上に出るとそこが「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」。噂に聞いた「マリーナ・ベイ・サンズ」は真上に聳えている。SGD28(≒2,270円)を支払えば、ドーム内の植物鑑賞やら空中ウォークウェイを歩けるが、そこまでしなくても公園内は散策できるので、そのままタダでひと巡り。シンガポールには観光するようなところは少なかったが、これでまたひとつ、名所ができたということだろう。当然かもしれないが、ここ、100%人工の「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」も国立公園である。
それなりに広くて、見応えもある。でも基本、暑いので優雅に歩くのは難しい。だんだん喉が渇いてきたので、何処かで涼みたい。掲示されている地図を眺めると、いくつか店が点在している。そのなかで、やはりシンガポールらしくフードコートがあったのでいってみる。
店はいくつかあるが、開いていたのは一軒だけ、"ORIENTAL WESTERN BISTRO"という雑駁な名前の店。店内に客は誰もいなかったが、店員はいたので入店。さっそく、Heineken Beer Draft 1/2pint(SGD7.0≒570円)をいただき、グビっと煽る。頭が痛くなるほど冷えていた。

DSC_0008

DSC_0009

DSC_0010

DSC_0011

DSC_0012

DSC_0013

DSC_0014

DSC_0015

DSC_0016

DSC_0017

DSC_0018

DSC_0019

DSC_0020

DSC_0021

DSC_0022

DSC_0023

DSC_0024

DSC_0025

DSC_0026

DSC_0027

DSC_0028

"ORIENTAL WESTERN BISTRO"のHP: こちら

シンガポール二日目の朝、ホテル代には朝食も含まれているのだが、せっかくの機会なので何処かのフードコートで朝粥を喰ってみたい、とホテルを飛び出した。午前7時前では流石に早いようで何処も開いていない。時間潰しに街をぶらぶら。このベンクーレン界隈は、あまりアパートはない感じ。それでもフードコートがあるのは、出勤途中で寄る店ということか。
今日は月曜日。ぶらぶらしても、ジョギングや散歩している者は見当たらない。まだ出勤の準備に忙しいのか、ギリギリまで寝ていたい輩が多いのか。見かけたのは、中国式の寺に参拝に来た敬虔な老若男女(どちらかといえば老男女)と、インターコンチネンタルホテルのドアマンぐらい。車の通りもかなり少ない。思いの外、静かな朝である。
頃合いを見計らってアルバートセンターフードコートに行ってみると、ぽつりぽつりと店が開き出して、独り、また独りと客が集まってきた。ひと通り巡っているうちに、段々客が増えてきた。さて何処に入ろうかと物色するうちに、ここはどうだろうと入ってみたのは、丽芳粥品(Li Fang Congee)という店だった。
もちろん、フードコートなので、店そのものは従業員が二人いるだけで一杯の大きさ。客は他の店と共通のテーブルに着く。メニューを眺め、どれでもいいけどチキンにしてみるかと、鶏肉粥(SGD3.5≒280円)を注文。すると店の親爺が、揚げパンも入れますか?と訊くので、入れてくれと答える。
その後、野菜はどうかね、生卵も入れると美味いよ、とか云うので、いいよ、いいよと太っ腹に全部OK。そしてSGD5.0札(≒400円)を渡したら、おつりが返って来なかった。結局、生卵、野菜、揚げパンのトッピングはしめてSGD1.5(≒120円)だったという訳。この頃、プカロンガンの相場に慣れつつあるので、「ちょっと高いな」と思ってしまうが、シンガポール的には高くも安くも無い感じだろうか。
食べてみた感じは、粘度が随分高めな印象。ということはまあ、良心的。味は、つい舌をヤケドしてしまったのでよく判らなかったけれど、胃にはやさしい感じ、酒を呑んだ翌朝はやっぱり粥が良いと思う。

DSC_0003早朝の散歩

DSC_0004揚げパン&生卵入り

DSC_0005うへっ、ピンボケ!

シンガポールには何度も来たことがあるが、ベンクーレン辺りに泊ったこととなると、せいぜい「インターコンチネンタルホテル」ぐらいだろうか。一番多いのはたぶん、チャンギ空港内にある「クラウンプラザ」。シンガポールを経由地にしてクアラルンプールやジャカルタ、ジョグジャカルタなどに行くことが多かったせいだと思う。
我々が今回泊まる「イビス」はいちおう、3つ星ホテル。1泊朝食付きで180SGD(≒14,800円)ぐらいだろうか(会社が直接支払っているので、いくらなのか判らず)。設備はやや古く感じられるかも知れないが、この界隈では標準的なホテルだと思う。
フードコートでチキンライスを喰ったので、取り敢えず腹は満たされたが、気分は満たされず。漸く禁欲の国からパラダイスに遁れてきたのだ、このまま寝るのはちょっと惜しい。かと云って、独り何処かのバーに湿気込む気分にもならない。
そこで折衷案として酒を買いに行くことにした。ここはシンガポール、日本と同様、酒はコンビニでも売っている(ちょっと高いけど)。その当り前さに慣れてしまっているので、アルコールに対して厳格なインドネシアのプカロンガン市からやってくると、ほっとする。ありがたや、ありがたや。
街中にセブンイレブンは、犬も歩けば棒に当たる的にいっぱいある。"The Bencoolen"というショッピングモールの1階にあるセブンイレブンに入り、タイガービール・ロング缶(SGD5.9≒470円)、白ワインボトル(Charmer Sauvignyn Blanc(SGD27.4≒2,200円))、スナック(Lays Baked Tomato&Cheese(SGD2.3≒185円))を購入。店番のお母さんは、「ありがとうございました。またお待ちしております。」と真っ当な日本語で声をかけてくれた。

20180812_172205

20180812_172222

20180812_172311

20180812_172323

DSC_0001

IMG_20180812_192157

今回は、シンガポール滞在が長かった同行者がいたので、きっと何処か気の利いた店に連れて行ってもらえるだろうと暢気に構えていたら、ホテルに着いた直後、今日は体調が悪いので一人で出掛けてくれと通告される。どうやら風邪を引いたとのこと。あれっ、そうきたか。こりゃまいった。
ならばと慌ててスマホでチェックを始めると、悪い時には悪い事が重なるもので、スマホが突然、再起動を繰り返すようになった。さらに慌てて、今度はタブレットでスマホの再起動事象について検索。メモリー不足が原因かも知れず、メモリーを開放しようにも再起動が終了したら間髪を入れずにまたシャットダウン、再起動が始まるので画面操作をする間がない。セーフモードで立ち上げようと試みても何故か上手くいかない。諦めて、タブレットで近所の飲食店を検索。
すると、同じブロックに"Food Repulic"という名のフードコートがあるようだ。さっそく出かけてみる。それほど大きなフードコートではないが、それなりに店はある。さて何を喰おうか。とりあえず思い付くのはチキンライス。やっぱりシンガポールへ来たからには、一度はチキンライスを喰わないといけないだろうと、その手の店を探す。
見つかったのは、"Sumber Ayam Halal Food Stall"という屋台。チキンライスセット(SGD8.8≒710円)を注文。スープと野菜(たぶん、カイラン)の炒め物とチキンライスがセット。シンガポールの相場観は判らないが、まあこんなものだろう。
味は、ちょっと塩加減が濃い感じもするが、結構イケてると思う。適当に入った割には良かったようだ。ビールも頼もうかと思ったが(ビールは別のStallで買う必要あり)、騒然としたフードコートで独りビールを呑むのは気が乗らず、やめにした。ところで、会社で支給されたスマホで写真を撮ったのだが、これでもスマホかと思うほど画質が悪い。ひと昔前のスマホってこんなにも画質が悪かったっけ?

20180812_194712

20180812_191829

DSC_0001(1)

ジャカルタ・スカルノ・ハッタ空港第3ターミナルにある、「Djournal Coffee Bar」でビールを一杯やって、ちょっといい気持ちになったあと、ふらふらと出発ゲートまで移動。表示を見ると、まだ、小生が乗る13時45分発のGA834便の一つ前の便の搭乗準備中。ならばと、待合スペースのベンチに腰を落ち着けて、しばし読書に耽る。
やがて搭乗開始のアナウンスを受け、ドヤドヤとボーイング737-800に乗り込む。皆がシートについた段階で見渡してみれば、この便もほぼ満席。ガルーダ・インドネシア航空はずいぶん儲かっていそうだ。
かつて、「安全性に問題がある」と難癖をつけられて、EU域内やアメリカへの乗り入れを禁止されていたこともあったが、昨今、機材の更新などを進めた結果、今は航空会社格付で、最高評価を得られるまでになっており、変われば変わるものだと感心する。しかし個人的には、「スターアライアンス」でも「ワンワールド」でもなく、「スカイチーム」に加盟しているので、あまり使い勝手の良さは感じられず、ましてやガルーダ・インドネシア航空のマイルを貯める気にはならない。閑話休題。
シンガポールまで1時間50分のフライト。普通にメシが出る。ただ、正直云ってあまり食欲がわくようなシロモノではない。ちょっと突っついてみるが、見た目通りの味で、フォークが中々動かず。CAの飲みもののワゴンが来たとき、ビンタンビールの缶がちらりと見えた。インドネシアの航空会社といえども、禁欲の地を離れた国際便となればビールはある。やったー、とさっそく頼んでプシュッとやる。やっぱりビール。でもやっぱりビンタン。これでちょっとだけ旅行気分。
そろそろシンガポール。ふと窓の下を覗くと、我々の機影が見える。それが段々大きくなる。高度がちゃんと下がっているのが良く判る。16時35分にシンガポール・チャンギ空港第3ターミナルに到着。久しぶりだ。

20180812_125201

20180812_144406

20180812_144956

20180812_154129

20180812_154736

20180812_154922

20180812_154951

↑このページのトップヘ