山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

磐越西線沿線

前回、東吾妻山&一切経山に登った(山の報告はこちら)帰りに会津若松に寄った際には、時間が無くて、末廣酒造に入っただけで七日町通りは殆ど歩けなかったので、今回は「田事」でのランチ前後はこの通りをぶらり散歩。
「田事」の開店時間前に七日町通りを歩いていたとき、交差点の横断歩道を渡ってこちらにやって来る、にんじんのゆるキャラ着ぐるみを発見。こんな暑い日にご苦労なことだ。こちらから問い掛けるより先に、その着ぐるみがしゃべりだした。聞くところによると、会津地方の名産「会津おたね人参(朝鮮人参)」非公認キャラ「おたねくん」だという(聞いたことはすっかり忘れたので、後でネット検索。こんなサイトがあった)。
朝鮮人参(薬用人参)のことを、「おたねにんじん」と呼ぶのは初めて知った。しかしそもそも何故、あえて「おたねにんじん」をキャラにしたのかは訊きそびれた。ちなみに「ゆるキャラグランプリ2017」では第407位だったそうである(ってか、そんなにたくさん「ゆるキャラ」がいるとは、それはそれで驚いた)。ゆるキャラとしては、ちょっと背が高過ぎて(たぶん2メートルぐらい)可愛げが無いのが災いしていると思われる。
次に、絵ろうそく屋を発見。「ほしばん」という店で、創業はなんと1772年(安永元年)。この街には100年超え企業はいっぱいありそうだ。花の絵を描いた絵ろうそく以外に、和菓子や寿司、うな重の形をしたろうそくもあって、笑える。あんな形でも、ちゃんと全部燃えるのだろうかと心配になる。
その後、ガラス工芸や漆器の店「鈴蘭」や、炭の店「ながい炭成館」などをウィンドーショッピングしてから、鶴乃江酒造に寄ってみる。ここは、かの「会津中将」を醸す蔵元。さっき「田事」で呑んだ「ゆり」もそう。ちょっといくつか試飲させてもらった後、やっぱり会津中将純米原酒(四合瓶1,728円税込)をゲットした。七日町商店街はなかなか楽しい。
(鶴乃江酒造で写真を撮り忘れました、悪しからず!)

DSC01518

DSC01517

DSC01531

DSC01532

飯盛山の参道の土産物屋でビールを呑んだあと、再び3人揃ったところで今度はタクシーに乗車。ビールは呑んだし、暑くてもう歩く気にはならない。目的地は七日町界隈で、そのあたりでランチをしようとの考え。特段のアイデアが無いので、いつものように蕎麦屋に入ることになりそうだったが、試しにタクシーの運転手に、どこか郷土料理を食べられる店はないかと訊けば、「田事」はどうか、と勧められる。
ならばとそのまま店に直行してみれば、何やら敷居が高そうな奥ゆかしい建物。料亭かと思ったが、料理旅館とのこと。店の従業員が準備をしているところで、開店は11時半からと告げられる。あと30分ほどあるので、七日町通りをうろうろ。
やがて11時半になったところで「田事」に戻り、上がらせてもらう。畳敷の大広間のような食事処にテーブル席が設えられてる。メニューを眺めて初めて分かったのだが、この店は「めっぱ飯」が名物のようである。でもご飯は後回しにして、さっそくプレミアムモルツ生(700円税別、以下同様)をいただく。
つまみには、会津天ぷら(800円)と子持ち鮎塩焼き(600円)を頼んだ。養殖らしいが、ここで鮎に出会えるとは思わなかった。それと会津名物こづゆ(350円)も頼み、最後に白魚めっぱセット(2,500円)を一人前頼んでシェアすることにした。
ビールの後は、やはり会津の日本酒にしよう。注文したのはゆり・純米吟醸(850円)と会津中将・特別日本酒(1,000円)。どちらもこの近所にある鶴乃江酒造が醸す酒。「ゆり」は女性杜氏が造った酒とのこと。確かに優しい口当たりだ。
小鉢で、にしんの山椒漬けが出てきたが、これも会津料理。日本酒に良く合う。締めにめっぱ飯を食べてみる。会津で白魚は意外かもしれないが、大葉と胡麻に良く合っていると思う。蕎麦も良いが、偶には飯も良いかなと思う。女将が、是非一度、泊まって料理を存分に味わってほしいと仰る。その通り機会があれば、何とか泊まってみたい。

DSC01516

DSC01515

DSC01519

DSC01524

DSC01520

DSC01529

DSC01521

DSC01522

DSC01523

DSC01525

DSC01526

DSC01527

DSC01528

DSC01530


磐梯山を登った翌日は、もう山には登らず観光100%。バスでJR猪苗代駅まで出た後、会津若松まで電車移動する。猪苗代駅では接続が悪く、電車の待ち時間が50分。しかし駅前には喫茶店やカフェなんかは無く(食堂はあったが、朝は開いていない)、しかも土産物屋もコンビニも無く、駅構内にKIOSKも無いので、缶ビールを買うことすらできない。なので大人しくベンチで読書。
今日もいい天気で朝から暑い。会津若松駅に着いてリュックサックをコインロッカーに放り込んだら、先ず目指すのは飯盛山。丁度都合がいいバスが無い。Google Mapを見る限り、駅前から真っ直ぐの道を辿るだけだし、わざわざタクシーに乗るまでもない距離だと思い、歩くことにした。
しかし、陽気のことを考えればこれは間違い。街路樹は日差しを遮れるほど背が高くないので、やけに暑い。直射日光を浴びつつ、汗だくになりながら坂を登る。辿り着いた飯盛山参道は結構、老若男女の観光客で賑わっている(ちなみに、鹿児島県(薩摩)や山口県(長州)から来た輩はここにいるだろうか?)。我々の様に、歩いてきた輩はいそうにない。
白虎隊で有名な飯盛山と、「さざえ堂」(正式には「円通三匝堂」)との関係はよく判らない。でもたいていの観光客は、両方セットで巡る。小生はもう「飯盛山」も「さざえ堂」も観光済みなので、なおちゃん、ひろちゃんコンビが戻ってくるまで、何処かで時間を潰すことにする。
時間を潰すには、ビールが欲しい。しかし、カフェとか飲食店が見当たらない。あるのは土産物屋だけ。でもよく見ると、中でビールを呑めるようだと気が付き、目の前の「大久保商店」に入ることにした。店の奥に座卓が4つほど並んだ小上がりがあって、一番奥の座卓を確保。さっそくビール(レギュラー缶500円)を頼み、グビっとやる。
殆ど客は入ってこないが、一人でやってきたおじさんが、なにやら様々な土産物を大人買い(店の女将が合計ン万円ン千円になります、と)。まとめて長崎まで送ってくれとそのお客(長崎から来たらしい!)。ずいぶん豪気な客だと、暇なので買い物行動の一部始終を観察した。

DSCF8527

DSC01514

DSC01512

DSC01513

DSC01511

DSCF8518

DSCF8524

DSCF8525

DSCF8526

五色沼売店でビールを呑んで、すっかり身体が弛緩してしまったが、今宵の宿「ペンション蛍」まではさして上り坂では無かったので、何とか辿り着くことが出来た。
途中の数百メートルの間だけでも、バス通りに面して小洒落たリゾートホテルがいくつもあり、更には別のペンション村へ続く道があったりと、この界隈には実に多くの宿泊施設があると気付く。裏磐梯全体ではいったい、いくつの宿泊施設があるのか想像もつかないが、宿泊客の獲得競争が激しいことだけは確かだ。この中で差別化するのはさぞかし大変なことだろう。
バス通りを左に入ると、我々が目指すペンション村。ここだけで5軒あるが、1軒は明らかに廃業している様子。「ペンション蛍」はその向かい側で、隣が温泉供給施設となっていた。立地は申し分ないと思う。建物はなかなか立派な洋館、なんとなく名前が地味過ぎる。
ゲストルームは9つある。小生の部屋は2階のツインルームで、女子部屋は10.5畳和室。荷物を置いたら早速、風呂。先客なし。ここは天然温泉100%掛け流しとのことで、ペンションとしてはかなり恵まれている。ちょっと贅沢気分を味わったら、缶ビールで部屋呑み。窓の外には丁度、磐梯山。これも贅沢な眺めだ。
和室で暫し部屋呑みをして寛いだら、やがてディナータイム。1階のダイニングルームへ行くと、結局今宵の宿泊客は我々3人のみと知る。今がシーズンオフだとは思わないのに、それでもこの客の入り。まったくペンション経営は大変だ。
またビールで乾杯したら、ディナーの始まり。せっかくなので、コート・デゥ・ローヌの赤ワイン "La Ferme du Mont Cotes du Rhone Premiere Cote 2015"を頼む。意外に濃厚でリッチな気分。手入れされた庭を眺めつつ、スープ、サラダ、魚料理、肉料理、デザートまで、ゆっくりと楽しむことができた。
これで1泊2食付8,500円(消費税別、呑み物別)+入湯税150円というからコスパも全く申し分ない(北アルプスの小屋の宿泊代10,300円より高いか安いかが個人的な判定基準)。なのに客が我々だけというのが、どうにも理解できない。

DSC01491

DSCF8495

DSCF8496

DSC01492

DSC_0190

DSC_0191

DSC_0193

DSC01501

DSCF8498

DSCF8499

DSCF8507

DSC01494

DSCF8500

DSC01495

DSC01496

DSC01497

DSC01498

DSC01499

DSC01500

DSCF8497

DSCF8508

DSCF8510

DSCF8511

DSC01503

DSC01504

DSCF8513

DSCF8514

DSC01505

DSC01507

磐梯山の登りは僅かな距離だったせいで余り感じなかったのか、長い下りになると今日はやけに暑い。それでも景色がとても豊かなので気は紛れる。初めての裏磐梯。地図を見ても、実際に磐梯山から見下ろしても、実に多くの池が点在していることが分かる。これらは全て明治20年の磐梯山の爆発的噴火(山体崩壊)が生み出したものだと、案内板に書かれているし「ぶらタモリ」でもやっていた。それにしても見事な景観だ。
下り続けていくうちに、その景色もだんだん森の中に隠れるようになると、下りに飽きてくる。パッと眺望が開けたところがスキー場のゲレンデ。日陰が無いので暑くて堪らない。やっと林道に出て我慢して更に下ればバス停がある「裏磐梯レイクリゾート」に到着。ここは立ち寄り湯もやっていて、和尚は汗を流して帰るとのこと、ここでお疲れさんと別れた。
残りの我々3人はこれから、全長およそ4kmある五色沼自然探勝路を辿る。この辺りだけでも大小合わせて30ぐらいの沼があるらしいが、名前が付いている主な沼は8つ。全体としては平坦なのだが、細かなアップダウンがあって、結構歩き甲斐がある。
普通の靴でやってきている観光客(主に若いカップル、偶におばさん集団)もかなり多い。しかし、辿るにつれて次第に減っていった。車を置いてあるので、途中で引き返す観光客もそれなりにいるということか。途中、茶店などは一切無いので、沼を眺める以外は黙々と歩くだけだ。
毘沙門沼まで来ると、だいぶ遠くなった磐梯山の眺めが良い。ここには貸ボート場もある。沼から少し上がったところに五色沼売店。なおちゃんが、目敏くビールの看板を見つける。まだ宿まで1kmぐらいはありそうなので、ビールを呑んでからそこを歩くのは難儀だと思ったが、誘惑に抗し切れず、やっぱり呑むことにした。さすがに美味かった。

DSC_0189

IMG_2367

IMG_2368

DSCF8493

DSCF8494

DSCPDC_0001_BURST20190525162605661_COVER

DSCF8492

今回は会津磐梯山に登る山旅。この頃、日帰りが基本の和尚も、久しぶりの参加。裏磐梯の立ち寄り湯に入ったら、その足で帰るとのこと。忙しいことだ。小生を含めた残り3人は、山から下りたら裏磐梯のペンションに宿泊して、翌日のんびり帰る予定である。小生は、磐梯山に登るのは初めてだし、裏磐梯に行くこと自体も初めてで、とても楽しみ。
磐梯山に登るのであれば、グランドサンピア猪苗代リゾートスキー場のロープウェイ(スカイシャトル)を利用して登るのが最も手っ取り早い。猪苗代駅からロープウェイ駅へ向かうタクシーの運転手が、「明日は山開きです」という。図らずも、山開きの前日に登ることになり、今日じゃなくて良かったと胸を撫で下ろす。
下から見上げても鋭く天を刺す磐梯山は、登っている最中でもそのかなりの傾斜を実感する。富士山などと較べると、やや粘性が高めの溶岩流だったのだろうか。ロープウェイ山頂駅から登るほどに、振り返ると猪苗代湖の眺めが印象的。周りの水田の水との境が良く判らないほど、田圃が発達している。「宝の山」と云われる所以はよく判らないが、この豊かな水田の眺めこそが「宝」なのではなかろうか。
山頂には多くのハイカーが屯していて、この山の人気の高さが窺える。これで山開き当日だったら、腰を下ろす場も無さそうだ。皆さん、ロープウェイ経由ではなく、車利用で八方台登山口からのピストン登頂らしい。
山頂からちょっと裏磐梯側へ下りたところにある弘法清水という水場には、茶屋が2つあった。そのひとつ、「弘法清水小屋」に入ってみる。ここは女将が切り盛りしている。日差しを遮られる中は思いの外涼しいので、ちょっとひと休みして、なめこ汁(400円)をいただくことにした。ほっこり、いい味だった。

DSC01457

DSC01458

DSCPDC_0002_BURST20190525120747426_COVER

DSC01459

DSC01460

DSC01461

DSC01462

DSC01463

DSC01464

「徳一」で美味い酒と美味い肴を味わい、そして美味い蕎麦を手繰ったあとは、再びタクシーに乗り込み、今度は鶴ヶ城の観光となる(小生は、基本的に今日はくっついて歩くだけ)。入場料410円を支払って天守閣へ。ここは内部が博物館になっていて、鶴ヶ城の歴史(というよりはほぼ会津藩の歴史)が判る。見処はやはり幕末の動乱。
薩長憎しの気運が今でも残るという会津。将軍家と盛衰存亡を共にすべしといった、藩祖保科正之の教えに従った、時の藩主松平容保以下会津藩の奮闘と苦渋は「京都守護職始末」(山川浩著、東洋文庫刊)に詳しいが、そのことは天守閣内の博物館を見学するだけでもある程度伝わってくる。鹿児島県人と山口県人は、ここの見学は少々居心地が悪いのではなかろうか。
最上階に登ると、展望台がある。ここから見渡すと、四方が山で囲まれていて会津が盆地であることが良く判る。目立つのは北東に見える会津磐梯山と、北西方向に雪を被った飯豊連峰だろうか。目を凝らすと博士山とか小野岳、大戸岳などの南会津の山々も見えて何だか楽しくなってくる。会津に住んで、近所の山々を巡ってみたい気持ちも湧いてくる。
歴史を学んだ後は、なおちゃんリサーチに基づく酒蔵訪問。会津若松市内に、造り酒屋は多い。数えてみると12軒もある。ひとつの市でこれだけあるのも珍しいだろう。今回はそのうちの一つ、末廣酒造に行くことになった。鶴ヶ城からぶらぶら歩いていくと30分ぐらいで到着。見てそれと判る建物で、なかなか貫録がある。嘉永三年(西暦1850年)創業とのこと。
さっそく売店で試飲させてもらう。いくつか味わってみたが、「嘉永蔵・山廃純米」が一番深いと感じ、買うことにした(四合瓶2,000円税込)。ここには杏(きょう)という名のカフェもあったが、そろそろ帰りの電車の時間が気になりだしたので、それはまたの機会にすることとした。

DSC08157

DSC08158

DSC08159

DSC08161

DSC08162

DSC08160

DSC08163

DSC08164

DSC08165

DSC08166

DSC08167

DSC08168

会津若松駅に着いたら、リュックサックをコインロッカーにデポし、タクシー乗り場へ急ぐ。先ずは蕎麦屋を目指す。今日、会津若松へ行くと決まってから、くまちゃんがわざわざ会津若松出身の友人から聞き出した蕎麦屋で、街の中心よりはやや外れた場所にある「徳一」まで乗車。個人的に、会津若松で蕎麦屋に入るのは「かみしろや」に続いて二軒目。会津は、蕎麦屋のポイントは高いと思うので楽しみ。
店には、11時30分の開店時間よりも少々早く着いたが、既に待っている客がいる。我々が付いた直後からも続々と客が集まる。なかなか人気の店の様である。我々も待ち人行列に仲間入り。陽気が良いので喉が渇く。ビールへ至るプレリュード。きっちり11時30分で開店。順番に客を中へいれていくが、待っていた客はとりあえず全て席に付けたようだ。店内もそれなりに広いということ。我々は囲炉裏テーブルを充てがわれた。
注文取りも、入ってきた順番で聞きに来る。そういうところを蔑ろにしないのも人気店の要件。なにはともあれ生ビール(600円(だった?)、くまちゃんはノンアルビール)で乾杯し、ほっとひといき。さて、料理。注文したのは手造りチャーシュー(700円)、ニシンの山椒漬け(650円)、ニシンと山菜の炊き合わせ(???円)、山菜の天ぷら(???円)、アスパラと海老の包み揚げてんぷら(???円)。ビールの後は地酒。色々あるようだが、喉の渇きを癒すには冷酒がいい。さっき、電車の中でも呑んだ名倉酒造の「名倉流・生酒」を注文。これもすっきり系だ。
どれも美味そうな料理だが、チャーシューは蕎麦屋らしからぬ一品。ニシンの山椒漬けは、会津若松の名物料理、酒がすすむ。アスパラと海老の包み揚げてんぷらは、いかにも春らしい。天つゆではなく、山塩でいただく。山菜の天ぷらもそうだが、ここの天ぷらはさっくさくで絶妙な揚がり具合である。もしひとりだけでランチならば、天ざるを注文するのが良さそうだ。締めはもりそば(800円)。つるつるで喉ごし抜群、香りも高いので、客が挙ってやってくる理由が良く判った。あっという間に時間が経ってしまうのが惜しい。

DSC08146

DSC08147

20180430_113951

DSC08148

DSC08149

DSC08150

DSC08151

DSC08152

DSC08153

DSC08154

徳一のHP: こちら

郡山駅に着いたら、磐越西線用ホームへ移動。9時38分発会津若松行の各駅停車が停まっていた。車両はE721系。嬉しいことに、セミクロスシートタイプの座席だった。やっぱり、こうでなくちゃ。ボックス席の座席間隔は、211系などと較べるとゆったりしているように感じる。窓際に、呑みもの用の小さなテーブルが付いているのは、呑み鉄にも優しい設えである。
この磐越西線は郡山から会津若松、喜多方を経て新潟県の新津までだが、会津若松から西は非電化区間なので、会津若松を挟んで全くの別路線の様である。郡山から新津まで通しで走る列車は無い。まだ会津若松から西へ行ったことが無いので(新津から東へ行ったことも無いので)、何れ呑み鉄として行ってみたい。できたら「SLばんえつ物語」号にでも乗りに行くか。
座席を確保したら早速、残りのつまみを取り出し、キオスクで仕入れたカップ酒(普通酒)を開ける。買ったのは、「名倉山」という会津若松の地酒。可も無く不可も無い味わいながら、ボックスシートに座って車窓からの風景があればもう十分である。
会津若松までの所要時間は1時間18分。カップ酒1本ではやや物足りないかも知れない。ちびちびやりながら、安達太良山や会津磐梯山の山容を眺める。会津磐梯山は随分尖っていてかっこいい山だと思う。磐越西線はロングレールを採用していないので、継目を通過する音が聞こえて来る。それが郷愁を誘っていいわと、女子達の話が盛り上がる。
ところで、この磐越西線(の電化区間)は以前2、3度利用したことがあるが、各駅停車に乗った記憶がない。たしか以前は特急列車があった筈だが、時刻表を見る限り各駅停車と快速電車しか走っていない様子。ググってみると、確かにかつて特急「あいづ」が走っていた。郡山~会津若松間では1時間足らずになってしまうので、わざわざ特急車両を走らせるメリットが無く、取り止めたのかも知れない。

DSC08142

DSC08143

DSC08144

DSC08145

↑このページのトップヘ