我々の間で有名と云うか、話題の店がある。それはガソリンスタンドと呼ぶべきか、コンビニと呼ぶべきか悩むところで、とりあえずコンビニとしておくが、たぶんどっちでもいい。アメリカのガソリンスタンドには、常にコンビニが付きものだからだ。何が話題かと云えば、やっぱりアメリカらしいのだが、その大きさ。はっきり云って全米一、おそらく世界一大きいコンビニだと断言しても良いだろう。このコンビニはテキサス発祥らしいが、他の州にもあるらしい。
店の名前はBuc-ee’sと書いて、「バッキーズ」と読むらしい。愛嬌のあるビーバーの顔が目印。この顔がでかでかと描かれたTシャツ(恥かしげも無く着れるのは、せいぜい20代まで)をお土産代わりに買って日本へ帰る輩も多い。アイスクリームやらチキンの唐揚げなどを売っているところは、いかにもコンビニらしいところで、結構、地元の子供たちが群がっている。
しかしこのコンビニ、店舗の大きさが半端じゃない。測った訳ではないがたぶん建物は、長さが100mぐらいあると思う。向こう側は霞んでよく見えない(誇張ではない)。ガソリンスタンドの長さは、その2倍くらいは十分にあるので、給油機は(数えていないけど)100台ぐらいは並んでいるはずだ。そこに車がずらり並んだシーンは壮観と云ってもいい。
個人的にはこの店の存在はどうでもいいのだが、とにかく話題にはなること間違いなし。ここはいかにもアメリカらしい。それにしても何故、こんなにデカくしちゃったのだろうか。それともうひとつ。何故かここの周りには、オナガムクドリモドキがいっぱい集まっている。子供たちが食べこぼすスナック菓子を目当てにしているのだろうか。

20171105_140029

20171105_140031

20171105_142313

20171105_142427