山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

東武東上線沿線

肉好き3人組で、ゴールデンウィークの最中の真っ昼間に新越谷に集まった。平日の会社の帰りだと、どうしても始まりが遅くなるし、それなりに混んでいる。ランチ時に営業開始時間から行ければ、それが一番良い、ということで意見が一致。各人の最大公約数的な位置にある越谷界隈の店を探すことになった。
もちろん選定の条件は、先ず昼間から酒も飲めることだが、もう一つ重要な点は、ランチ時であってもランチメニュー以外に、ディナーのメニューも注文できるという点。仕事の途中ならは、単にが腹ふくれたらさっさと帰るだけだが、完全オフだったらそれじゃつまらないし勿体ない。酒を呑みつつあれこれ喰ってみたくなるのは、なにも我々だけではないはずだ。
そして見つかったのは、新越谷駅に近い「肉酒場ビストロ 男前」という店。名前は今時の感じ。外観はビストロらしくフランス国旗が飾られていて、「肉酒場」とか「男前」という日本語とマッチしないが、まあいいだろう。
中へ入り、応対に出た若い店員に、予約している旨を告げると、右手奥のテーブルへどうぞと案内された。流石にまだ客は疏らだが、我々良い調子になってきた頃には完全満杯。なかなか人気な店のようである。
さて、席に着いたら注文だ。生ビール(エーデルピルス500円税別、以下同様)と共に、肉の前菜全部盛り!!全6種類(1人前980円×3)を注文。これがすんごいボリューム。そもそも前菜が全部、肉というのも豪気だ。ちょっと呑むだけだったら、もうこれで十分だろう。でも我々はこれでは終わらない。
和牛の赤ワイン煮込み(1,800円)、ブラックアンガズビーフステーキの"みすじ"(1,680円/250g)と"ザブトン"(1,980円/250g)も注文。そうなればもちろん、ワインも必要だ。赤は、オーシエール・ルージュ2015(3,800円)。かのラフィット・ロートシルト家が造り手。なかなかスパイシーで肉と良く合う。白は、ムロン・ド・ブルゴーニュ(2,800円)にした。
かなり様々な肉をがっつり喰うことができたが、これも霜降り和牛ではなく、赤身肉、いわゆるアンガスビーフならではのこと。欧米人が毎日肉を喰えるのも、赤身肉だから。和牛だったらこうはいかない。赤身肉の良さが見直されているのかも知れない。

20170502_113116

20170502_114614

20170502_115154

20170502_115613

20170502_115901

20170502_123016

20170502_123818


肉酒場ビストロ男前のHP: こちら

「鈴真」で鴨葱鍋を堪能した後、越谷駅に戻るが、折角なのでもう一杯だけ寄り道することになった。何れにせよ、越谷界隈は全く疎いので、全面的にカミさんが頼り。それで入ったのは、越谷駅の直ぐ東にある「越谷ワイルドダック」という、まさに鴨に肖った店。
ここはちょっと変わった店で、入って直ぐ右側は、和テイストの「鴨ねぎや」なのだが、そのまま奥へ進み右折すると、洋風カフェテリア「カフェココチーノ」。つまり、2種類の店が同居している感じなのが「越谷ワイルドダック」なのだった。たぶん、経営者は一緒なのだろうと思う。
「和」と「洋」どっちにしようか迷ったまま、店に入ることができるという、優柔不断な人間にはメリットがあるだけでなく、互いの店からはもう一方を見ることが出来ないので、フードコートの様な雑然とした感じは無い。しかし、「洋」の店に居たまま、「和」の料理を注文できるのか、更には「洋」の店の支払いを済ませないまま、伝票を「和」へ持ち越せるのかどうかは、判らない。
我々は、存分に「和」を味わってきたところなので、そのまま「洋」の「カフェココチーノ」へ着陸。何となく、フランスかスペインの田舎に有りそうな雰囲気が漂う店の内装。さっそくメニューを眺めてみると、鴨ネギピザとか、鴨スモークがあるので、鴨好きには気になるところ。しかし、我々はそれほど喰えそうにないので、涙を呑んで、「情熱のガーリック枝豆」(590円税別以下同様、バケット付き)にした。いわゆる、枝豆のアヒージョである。にんにくと枝豆の和洋折衷的取り合わせは、目にすることは少ないが、意外とイケる。
飲み物は、白のグラスワイン(ミシェルローラン・ミュスカデ・セヴルエメーヌ、480円)にしてみた。かなりライトでフルーティ。ミシェル=ローランは、ワイン業界では超有名人だが、このワインが本当にその人の手によるものなのかは、少々眉唾な気がするが・・・。
この次にこの店に来る時は、是非、鴨ネギピザを喰ってみたい。

20161229_182251

20161229_191934

20161229_182257

20161229_182928

20161229_183120

20161229_183200

20161229_183935


越谷ワイルドダックのHP: こちら

また鍋の季節がやってきた。この頃は、鍋と云えば個人的に「鴨鍋」が先ず思い浮かぶ。昨年は結局、鴨鍋は食べず仕舞で、今年の1月に、越谷の「大花亭」に行って以来となる。
越谷には、知る人ぞ知る鴨場(埼玉鴨場。詳しくはこちら)がある。宮内庁が管理し、海外の賓客を接待する場になっているそうで、一般にはなかなか入るチャンスは無さそう。それでもその鴨場があることで、越谷は「こしがや鴨ネギ鍋」をご当地グルメとして大々的にPRしている。今回もその尻馬に乗って、越谷の店にやってきたという次第。
宮内庁が管理する、もう一つの鴨場(新浜鴨場)がある千葉・市川では、そんなPRはしていない様子。ちなみに日本には、宮内庁管理外の鴨場が、あと3つあるそうである。全くどうでも良い話だが、越谷の鴨場市川の鴨場をGoogle Mapで見較べてみると、引き堀の形状など、気持ちが悪い程、瓜二つである。話が逸れた。
以前、カミさんが呑み会に使ったと云う「鈴真」は、越谷駅から歩いて7、8分の距離。「大花亭」の看板が見えたら右に曲がり、暫く行った左側。辺りは全くの住宅街なので、極めて閑静。もうとっぷり暮れてしまったので、店の大きさは判り難いが、宴会も出来るとなれば、それなりに大きな割烹料理店の様である。入口が2つあり、手前を入るとカウンター席があり、そこが我々の席だった。気さくな女将さんが応対してくれる。
先ず、生ビール(中ジョッキ550円税込、以下同様)と共に、鴨ねぎ鍋(2,300円×2人前)を注文。鴨葱鍋以外に、すっぽんやあんこうの鍋もあるらしい。今夜は冷えるが、この中は暖かいのでビールが美味い。付き出しは、ふぐ皮の酢の物。こういうところが、普通の居酒屋とはちょっと違うなあ。プリプリだ。
鍋以外に、ホウボウの刺身(800円)、アンコウ胆和え(700円)、クワイせんべい(480円)を頼んでみた。あんこう胆和えは、あんこうの身の部分と、あんきもを味噌和えしたもの。いやー、美味い。こりゃ、ビールじゃない、酒だ。酒は、山梨の地酒「春鶯囀」(700円/一合)をいただこう。春の鶯の囀りも待ち遠しいかも知れないが、とりあえず冬の鴨の鍋だ。
ちょっと変わったのは、クワイせんべい。云わば、ポテトチップのクワイ版だが、クワイのホクホクさと苦味が程良い。クワイそのものは、正月料理用しか出回らないし、そもそも買う人も少ないので、取り寄せになる、と女将。その点では最早、これは珍味の部類。マレーシアに居たときは安かったので、山ほど買ってポテトサラダ風にして喰ったが、日本ではとても真似が出来ない。
やがて、鍋が出来上がり。この店の自慢は、鴨肉のつくねのようだ。ほぼ一年ぶりの鴨葱鍋。良い出汁が出ている。2人で2人前は十分過ぎる量。鴨葱焼きも喰いたいところだったが、ちょっと無理か。でも満足、満足。
何れ、越谷の「こしがや鴨ネギ鍋」をすべて喰ってみたい。次はどこへ行くか・・・

20161229_165844

20161229_165855

20161229_165906

20161229_165912

20161229_170054

20161229_170245

20161229_170317

20161229_170401

20161229_170411

20161229_170748

20161229_170913

20161229_171045

20161229_171716

20161229_172916

20161229_180445

鈴真のHP: こちら 

「梅乃里」で酒と蕎麦をいただいた後は、バスの時間まで未だ少々あるので、直ぐ傍の「佐藤酒造店」に入った。ここで醸す日本酒は「越生梅林」という銘柄。個人的にお気に入りの一つである。
もう20年以上前だと思うが、先代(5代目)がやっていた頃から、何度か寄ったことがある。造り酒屋で日本酒を一升瓶で直接買った経験は、ここが初めて。最初はやはり、梅見に来たとき、「梅乃里」と同様、ふと目に付いたので入った。越生にはもう一軒、「来陽酒造」という造り酒屋があったが、残念なことに(一度も味わうことのないまま)いつの間にか廃業してしまった。
その頃の「佐藤酒造店」の小売店頭は、今の様に小奇麗な建物ではなく、昔ながらの町屋風の味のある店構えだった。そもそも店頭で買いに来る客も少なかっただろうと思う。今でこそ、埼玉の地酒と云えば、「神亀」や「亀甲花菱」、「花陽浴」、「鏡山」などを呑むことがあるが、それまでは、ここ佐藤酒造の「越生梅林」と神亀酒造の「ひこ孫」しか呑んだことが無かった。
どちらも呑み飽きない酒。特に「越生梅林」は、芳醇な割には、喉に引っ掛からずにするりと呑める。「ひこ孫」は近所の蕎麦屋で呑む時の定番で、比較的呑む機会に恵まれている。一方の「越生梅林」は、生産量が少ないのか、この越生や川越界隈でないとお目にかかれなかったが、今は通販の時代、その気になれば(配送料を気にしなければ)、いつでも手に入る。良い時代になった。
店に入ると、ズラッと並んだ銘柄をひと通り眺め、山廃純米と純米酒のどちらにしようかと少々悩んだ末、純米酒の四合瓶を購入。Woodyさんは前掛け(エプロン)を、のんちゃんは特別本醸造を購入。個人的には袢纏を買ってみたい気もしたが、何処で着たら良いのか判らないのでやめた。 
この酒造は現在6代目だが、将来の7代目は女性で、しかも既に杜氏をやっているとのこと。新たな酒が生まれるのか、楽しみである。実はここで試飲をしたことが無い。3月には試飲会があるそうなので、何とか機会を作って来てみたい。

20161126_151610
 

今回の山は、山行計画(目的地)を二転三転、変更したところからケチが付いたと云えるかも知れない。そのおかげで、何処かの山ノ神(大峰か、雁ヶ腹摺山の神か)の怒りを買ったらしく、結局、関八州見晴台から下りて(山行記録はこちら)、汗も流せず、ビールも呑めないまま、黒山BSから越生梅林入口BSまで悶々とバス移動。下りれば直ぐ目の前にある、目当ての「梅乃里」に到着。気付いてみれば、およそ4年ぶりの入店である。前回は、なんと10人でやってきた(前回の記録はこちら)。
今回はこぢんまり4人。先客は2組。この店は、通い出してかれこれ20年ぐらい経っている。最初は、梅見を目的に越生梅林までやってきて、何の前知識も無く飛び込みで入ったのがきっかけ。以来、忘れない程度には時々来るようになり、この頃は梅が咲いていなくても、この店目当てに来るようになった。やはり、中休みが無いのは、山から下りて入る店としてとても使い勝手が良い。
もちろん、山の帰りと云うことになれば、近所の山とセットで来る必要があるが、この界隈の山となると必然的に、真夏は避けることになる。いつかまた、梅見のついでに寄ってみたい。今回は、二日前に降った雪に触発されての訪問である。
ともかく山から下りたら、先ず喉の渇きを癒すべく、ビール(中瓶520円税別、以下同様)を呷るしかない。ふーっ。まったく、山から下りてビールまでの時間が長いと、精神衛生的に宜しくない。山でストレスを溜めるなんぞは、本末転倒も甚だしい(大げさ)。今後は何れにせよ、覚悟を決めて山から下りることになりそうだ。
さて、つまみをいただこう。焼き味噌(400円)と、だし巻き玉子(630円)と、かもの柳川(1,500円)が登場。ビールの後はやはり日本酒で。この焼き味噌があれば、何杯でも酒が呑める。今のところ、「こいけ」無き後は、ここに優る焼き味噌は見当たらない。ここに限らず、かもの柳川を喰うのは初めてだと思う。かもの柳川は有りそうで無い。酒にぴったりだし、ボリュームもたっぷりだ。
締めはせいろ。つるつるしこしこは健在だ。Woodyさんはつゆそばを注文。なかなか美味そう。麺は、せいろと違って、平打ちだ。
ともかく、「梅乃里」の存在は益々有りがたい。山から下りてここに来るまでの時間(さらには、ニューサンピア越生にある「梅の湯」で汗を流す時間も含め)、我慢するだけの価値は、ここにはある。

25 仕方ないので梅乃里へ直行。

20161126_134717

20161126_135225

20161126_135232

20161126_135521

20161126_140223

20161126_140332

20161126_140744

20161126_144750

20161126_144853

 

一昨日に降った雪は、思いの外少なく、積雪時にこそ歩こうと思っていた奥武蔵の尾根道には、残念ながら全くと云って良い程残っていなかった。それでも一応、Woodyさんらの希望を踏まえて、顔振峠と関八州見晴台からの眺めを楽しんだ後は、黒山鉱泉へ下山した。
ところが、目当てにしていた「東上閣」も「黒山鉱泉館」(2014年8月末)も廃業又は休業とのことで、黒山鉱泉に汗を流せるところが無くなってしまった。山から下りたその足で風呂に入れるのが、この界隈の山歩きとして優れた点だったのに、それがもはや叶わぬ夢となった。
どうして廃業・休業したのかは定かではないが、黒山三滝だけがセールスポイントだと、泊まらずに帰る客ばかりになってしまう。やはり、宿そのものに魅力が必要だ。その辺りを突き詰めて考えないと、廃業は致し方ないということになるのだろう。
ともかくも、こうなるとこちらに下りて来てから汗を流せるのは、黒山からバスで「ニューサンピア越生」にある「梅の湯」(越生梅林に近いので、そのネーミングで文句は無いが、ついつい銭湯を連想してしまう)へ行くしか無くなってしまった訳だ。
とりあえず風呂は諦めるとしても、ビールまで諦めることになるのか。「黒山鉱泉館」の傍に、「根っ子食堂」という看板があったが、三滝の方へ戻らなくてはならないようだ。どれほど先なのか判らなかったので(後で調べてみれば、僅か100m先だった!惜しいことをした!)、代わりに黒山BS前にあった「清水屋」といううどん屋へ入ってみることにした。うどん屋だったらビールぐらいあるだろうと思った次第だが、なんと、アルコール類を置いていないと云う。なんてこった!更に打ちひしがれ、もう後はただ、バス停でバスを待つしか無くなってしまった。今日は付いていない。
(ところで、これも後で判ったことだが、関八州見晴台から下りて来る林道を、黒山の方へは向かわず、麦原入口BS方面へ進むと、途中に「山猫軒」なるカフェと、更にバス停手前に「オクムサ・マルシェ」というカフェがあり、土曜日の昼下がりに、どちらでもビールは呑めたようだ。やはり、コンティンジェンシーを考慮した、事前のリサーチは怠ってはならない。)

22 東上閣は廃業していた!

23 黒山鉱泉館も休業中!
 
 

義母の誕生日のお祝いで食事会があり、小生もカミさんに連れられやってきた。店は「山屋」という料亭。蔵造り通りの一番街からちょっとだけ小路を入ったところの、街のどまんなかにあって、エントランスの空間や中庭の木々など、ずいぶん贅沢な設えとなっている。明治元年創業というから、もう150年近くやっている老舗料亭ということになる。
元々は、江戸末期の川越藩御用達の米穀商横田五郎兵衛の別邸(迎賓館)だったとのこと。横田五郎兵衛の名前は、これまで聞いたことが無かったと思うが(たぶん、川越市民だったら知らない人はもぐりかも知れぬ)、川越ではもちろん、江戸を除く武蔵国全体で一番の豪商だったようである。
そう聞けば、この建物の立派な構えはさもありなん、と頷ける。少々緊張気味に玄関を入ると、2階へ通される。それこそ披露宴でも出来そうなほど広い大広間に、7人だけの宴席とは贅沢。元々、日曜日のディナーは冠婚葬祭の席を除き、予約を受けないようだったが、そこを何とかねじ込んだようだ。
これだけの庭を眺めながらだと、料理も酒も、美味くない筈が無い。もう言葉もいらない。呼んで貰って良かった。このようなことでも無いと、この店に入る機会は無かっただろう。さすがは川越、奥が深い。

DSC04113

DSC04114

DSC04115

20161120_161841

20161120_162001

20161120_162007

20161120_162059

20161120_162116

20161120_162211

20161120_162229

20161120_162249

20161120_162355
 
山屋のHP: こちら 

「はすみ」を出て暫し、川越市街をそぞろ歩き。街中へは、喜多院を抜けて行くのが早い。一番大きな繁華街は「クレアモール」と呼んでいるそうな。それにしても、この通りは大した賑わいだ。地元の方々も買い物はここで、近隣や遠方からやってくる観光客もここに来るということなのか。これだけ人が集まる商店街も少ないと思う。
途中、「小江戸蔵里」という、統合型施設があり、覗いてみる。先日、山形で入った「紅の蔵」のように、お土産処と食事処、農産物直売所、展示スペースがセットになった複合型施設。「小江戸」と云えば川越、というほど、この頃ネームバリューが高い。この「小江戸蔵里」の中に、地元の日本酒、「鏡山」の販売コーナーがあった。試飲もできるようだが、有料だったので、二の足を踏んで止めにした。勿論、他に、川越名物さつまいもをベースにした和菓子も色々並んでいたが、基本的には関心が無いのでスルー。
「クレアモール」通りはそのまま、「大正浪漫夢通り」へ繋がっている。ここも、このようなネーミングをしたのはそんな昔ではあるまい。何年か前、義母、義妹と共に、この通りにある鰻屋「小川菊」(おがぎく、と読む)へ来た頃は、人通りも殆ど無い、うら寂しい通りだった。それが今や、洒落た名前になって、店も随分増えたようだ。その「小川菊」も、大正時代に建てられたという重厚な建物の風情は変わらないものの、なんだか小奇麗になっていた。
左へ折れると、一番街、いわゆる蔵造りが立ち並ぶ通りに出る。カミさんは亀屋という和菓子屋に入ってなにやら物色中。その間、外で待っていることにした。人通りが益々増えて、それこそ、うじゃうじゃいる。外国人も結構来ている。人の群れを見ているだけで疲れて来る。いまや、川越は一大観光地だ。
何処かに入って一休みしようと見渡すと、それこそ目の前に、昔の商家をそのまま利用したCaféがある。この頃、この手の店が流行りか。カミさんによれば、ついこの頃出来たCaféだそうだ。とりあえず、ビールを置いてあるのを確認した後、入ってみる。席は2階にあるようだ。階段を上がると、メイド風の装いをしたウェイトレスがいた。コエドビールを注文する。
外観はレトロな洋式そのままだが、中は蔵造りと云う感じである。調べてみると、大正4年に建てられた田中屋という輸入自転車を売る商店だったようだ。川越には、このような建物が意外に多い。できれば次は、このような建物で、ワインなど呑めるような店があれば入ってみたい。

20161120_135119

20161120_145152

20161120_145555

20161120_151043

20161120_151722

20161120_152037

20161120_160734
 

久しぶりに川越にやってきた。実家があるカミさんは時々やってくるはずだが、小生は昨年の正月以来だろうか。今日は、夜に川越で食事会があるので、そのついでに午前中からやって来て、何処かの蕎麦屋に入ろうと云う魂胆である。
これまで、川越では「百丈」と「鎌倉」に入ったことがあった。川越在住の義妹が云うには、駅の南側にある「あ・うん」がお薦めとのことだったが、今日は日曜日で生憎のお休み。それではと色々探した結果、行ってみようとなったのは「はすみ」という店だった。住宅街の中にポツっとある様で、カミさんも知らないと云う。
直前に川越駅から電話で予約を入れると、予約は出来ないが、待っている人はいないとの返事。ならば行くっきゃないと、タクシーで向かった。タクシーを降りると、建物の外観はほぼ普通の民家なのだが、鄙びた門が設えてあり、良く見ると飛石が石臼だ。
玄関を潜ると、中には数人の客が待っていた。ほぼ皆、中高年の夫婦か家族連れ。我々は4組目のようだ。しまった、タクシー移動中に、これだけの人がやってきたのかと、少々うろたえる。さりとて、ここで帰る訳にはいかぬ。辺りに代わりの店など無いので、覚悟するしかない。しかし、その後、後からやって来て、直ぐに部屋へ通される客もいた。予約は出来るのか。
待つこと四半時余り、漸く通されたところは、洋式テーブル席が2つ設えられた和室。なかなか風情がある。メニューを見ると、一品料理がかなり豊富で嬉しい。しかし、その割には日本酒は「白鹿」と「八海山」と「上酒」(?)しかないのは、やや残念(「上酒」が何か、聞きそびれた)。ビールカクテルがずらりと並んでいるのは、女性のウケ狙いか。
先ずはビールを注文。瓶ビール(600円税別、以下同様)はサッポロ赤星だ。つまみは、蕎麦豆腐(500円)、からせんじゅ(500円)、鴨味噌煮(500円)、鴨焼き(1,200円)を注文。「からせんじゅ」(鱈と鮫の卵を混合して練り上げ、燻製したもの)って、初めて喰ったが、なかなかイケる。からすみとの違いが良く判らない出来栄え。こりゃ、日本酒だ。
締めはせいろ(カミさんは二色そば)。つるつる、喉ごしが抜群だ。二色そばの柚子きりも、香りが良い。この店が人気が高いのは良く判る。今度来る時は、ちゃんと予約を入れられるか確認したい。

20161120_123026

20161120_124003

DSC04107

DSC04108

DSC04109

DSC04103

DSC04104

20161120_124425

20161120_124430

DSC04105

DSC04106

DSC04110

DSC04111

DSC04112

20161120_134032

20161120_134056

20161120_134100

20161120_134108

20161120_134117


はすみのHP: こちら

↑このページのトップヘ