山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

山形新幹線沿線

ひとしきり蕎麦を手繰って満足した後、再び、ますむらひろし氏のラッピングバスに乗って米沢駅へ戻り、13時40分発「つばさ142号」に乗車。
米沢駅を発車すると、かのイザベラ・バードが「東洋のアルカディア」と称えた米沢盆地の眺めは忽ち潰え、狭い沢沿いの山裾へ分け入っていく。すると線路脇に残雪が現れ、進むにつれてその量が増す。米沢市街では欠片も見当たらなかったが、さすが板谷峠は違う。
昔からこの峠路は奥羽本線の難所中の難所(最大勾配が38‰)で、大正から昭和にかけては、珍しい5動軸タイプの4110形SLが活躍していたことで(ごく一部のSLファンの間で)有名。ここで使われていた4122号機(例えば、こちらの方のHPをご覧あれ)がその後、北海道の三菱鉱業美唄鉄道へ譲渡され、1970年代初頭まで使われていたので、当時の鉄道雑誌(「鉄道ファン」か「鉄道ジャーナル」)の写真で見た覚えがある(残念ながら、実物を見に行くチャンスは訪れないまま廃車となってしまった)。
かつては、途中にある4つの駅(大沢駅、峠駅、板谷駅、赤岩駅)がスイッチバックになっていた。線路(本線)が急勾配であることから、途中の駅を水平に保つためにスイッチバックを使って停車せざるを得なかったもの。中央本線の初狩駅も以前はそうだった。現在では、「つばさ」は苦も無く板谷峠を越えて行く。途中、スノーシェルターの様な「大沢駅」、「峠駅」そして「板谷駅」が車窓から視認できる。
スイッチバックと云えば、一切経山に登るために前日、姥湯温泉に泊まった時のこと。「峠駅」から宿の送迎車で姥湯温泉へ向かったのだが、途中が余りに急勾配なため、なんと車道がスイッチバックになっていた。現在は道路が改修されて無くなってしまったようだが、車のスイッチバックを体験したのは後にも先にもこの時だけだ。

DSC05737

DSC05738

DSC05739

DSC05740

DSC05741

DSC05742

「東光の酒蔵」と「上杉神社」を観光したら、そろそろ昼時。ランチ場所として淡い期待を寄せていた「上杉伯爵邸」、「上杉城史苑」とも、混んでいて入れないので少々途方に暮れたが、そう云えば「東光の酒蔵」の傍に蕎麦屋らしきものがあった筈、なので行ってみようということになり、再び徒歩移動。今日はやけに陽気が良いので、歩く程に汗が滲んで来る。昨日の今頃は、中大巓付近で凍えていたかと思うと、随分遠い世界から帰って来た気分。
果たして、本町一丁目のバス停の手前に蕎麦屋があった。しかも道の両側に一軒ずつ。右手に「寿々喜家」、左手に「可祝屋(かしゅくや)」とある。どっちでも良かったが、なんとなく「可祝屋」に入ってみる。建物を外から眺める限り、割烹料亭の一部が蕎麦屋(兼ラーメン屋)となっているようだ。
店に入ると、正面が厨房で左手にテーブル席4つと、奥の小上がりに座卓が6つ。何れにも6人掛けの座卓はないので、3人ずつ分かれて着陸。早速メニューを眺めると、残念ながら一品料理は一切なし。後で調べてみると、「寿々喜家」も同様だった。米沢では、肴をつっつき酒を呑みつつ蕎麦を待つ、というのは流儀ではないようだ。店のメニューに糖質しか見当たらないのは、至極残念な気持ちになる。
ともかく、ビールでひとまず喉を潤したら、3人で天ざる(1,500円)と鴨ざる(1,000円)をシェアすることにした。あたりを見回すと、ラーメン(600円、いわゆる米沢ラーメン)を喰っている客が過半数。ここは蕎麦屋の筈なのに、どういうこと?
やがて天ざると鴨ざるが登場。蕎麦はなかなかシコシコでイケるし、汁もまずまず。天ぷらは少々しっとりした感じだが、不味くはない。鴨汁も香りが良い感じだ。
あとでネット記事をつらつら眺めている限り、この店に限らず米沢の蕎麦屋は、蕎麦屋というよりはラーメン屋として認知されているようだ。それほど米沢ラーメンが美味いのか。ならば我々も日本蕎麦にこだわることなく、米沢ラーメンを喰ってみても良かったのかも知れない。

P4160041

DSC05725

DSC05726

DSC05727

P4160042

P4160043

P4160039

P4160040

DSC05736

DSC05732

DSC05731

DSC05728

DSC05729

DSC05730

DSC05733

DSC05734

2日目は米沢市街に出て完全観光モード。ちょっと調べた範囲では、街なかでは意外に観光名所は少なく、主だった所は米沢城址にある上杉神社ぐらいか。そこで、いちおう上杉神社へ行くついでに、「東光の酒蔵」という小嶋総本店の展示館へも寄ってみることにした。
駅前でリュックサックをコインロッカーへ預け、左回り循環バスに乗る。バスの外装には、ますむらひろし氏(米沢市出身とは初めて知った)が描く「アタゴオル」と云う漫画のカット絵がラッピングされていた(こちらをご覧あれ)。こんなところで「ヒデヨシ」に出会うとは思わなかった。
大門一丁目BSで下車すると、酒蔵の煙突が見える。入口で、310円支払って入館。売店(含、試飲コーナー)に直行するのであれば、別に入館料は不要なのだが、折角なので見学。なんだかんだ、この手の施設は結構見学しているが、ここは展示が大規模だ。もちろん、かつて使っていた設備を展示しているだけなのだが、かつて職人が働いていた頃の雰囲気が伝わってくる感じ。
この酒蔵は、慶長2年(1597年)創業と云うからかなりの老舗。関ヶ原の戦いは慶長5年、上杉家の米沢移封は慶長6年なので、それ以前からあることになる。
展示もなかなか見応えがあったが、試飲コーナーがとても充実しているのが特徴。高級な酒は200~300円と有料なのだが、それでも純米吟醸なども含め、ざっと10種類ぐらいは無料で試飲が出来る。全種類を呑むとそれだけでかなり酔える。ついでに云えば、漬物など、つまみになるものも試食が出来るのでとても有り難い。ここは呑ん兵衛にとってはパラダイス、これだけで入館料の元は取れる。ありがたや、ありがたや。

P4160034

P4160035

DSC05710

DSC05711

DSC05712

P4160036

P4160037

DSC05713

P4160038

DSC05714

DSC05715

DSC05716

DSC05717

DSC05718

DSC05719

DSC05720

DSC05721

DSC05722

DSC05723

DSC05724

西吾妻山で自然の力に阻まれ無残に敗退しても、宿に戻ればもうすっかり山のことは忘れて湯治客気分。今宵の宿は白布温泉「中屋別館不動閣」。白布温泉は、開湯から今年で706年とのこと。かつて中屋には、ちょっと離れたところに藁葺屋根の本館があったのだが、2000年に隣りの東屋と共に焼失してしまったため、現在は別館のみの営業となっている。ここのご主人はかなり話し好きで、我々をなかなか開放して呉れない。
我々の部屋は、黎明館というコンクリート造りの建物の2階。女子部屋は「柊」で、男子部屋は「楸」と書いてあった(この宿ではこれで「あき」と読ませるらしいが、実際になんて読むのか判らなかったので、調べてみると「ひさぎ」。木の名前で、アカメガシワの古名)。
デポした荷物を回収した後、「楸」の部屋に入り、長押に掛けたハンガーに濡れたウェアを干したら、先ず風呂だ。内風呂は、無闇矢鱈に細長い。オリンピック風呂と名が付いているのが頷ける。源泉は56.8℃もある正真正銘の温泉だが、湯船は丁度良い湯加減。冷え切った身体が、しゅわしゅわと融けていくようだ。
風呂上がりは部屋でビール。持ち寄ったつまみも広げて、皆で暫し敗退山談義。そうこうしているうちに夕食の時間になり、食事処「あづま」へ移動。我々の「楸」があるフロアが2階だとすると、食事処は地下1階に相当する。堀り炬燵式テーブルはずらり10数卓並んでいるので、結構、宿泊客がいるのだと判る。
最初の呑みものはやはりビールだが、予め地酒の利き酒セットも頼んでおいた。出て来た「羽陽富久鶴」も「東光」も、米沢の酒。「羽陽富久鶴」は初めて呑むが、蔵元は「雅山流」も醸す進藤酒造店。「「雅山流」」はフルーティで今どきの味だが、「羽陽富久鶴」は骨太な昔風の味わいだ。
料理は、食べ切るのがやっとのボリュームでどれも美味い。米沢牛かどうかは判らないが、ちゃんと牛肉の陶板焼きもある。派手さが無いのがかえって好ましい。給仕して呉れる女性も、如何にも山形の人情に溢れている感じで良い。これで1泊2食付9,000円は、はっきり云ってお値打ちだと思う。また、西吾妻山へリベンジしに来る際はここに泊まりたい。

DSC05697

P4160033

P4150015

P4150016

P4150017

P4160022

P4160023

P4150018

P4150019

P4150020

DSC05675

DSC05677

DSC05673

DSC05674

DSC05678

DSC05680

DSC05684

DSC05696

DSC05682

DSC05681

DSC05683

DSC05685

P4150021

DSC05686

DSC05688

DSC05689

DSC05691

DSC05692

DSC05693

DSC05694

DSC05695

P4160024

P4160026

P4160027

P4160028

P4160029

P4160030

P4160031

P4160032

DSC05698

DSC05699

DSC05700

DSC05701

DSC05702

DSC05703

DSC05704

DSC05705

DSC05706
 

今回の山は西吾妻山。残雪の頃に一度登ってみたいものだと思いつつ、なかなか機会が無かった山で、今回漸く計画してみた。天気予報を見る限りまずまずだったし、米沢駅から乗ったタクシーの中からも、天元台スキー場が良く見えた。
白布温泉に着いて、余分な荷物を宿にデポしてから、宿の車でロープウェイの山麓駅へ送ってもらう。ここからロープウェイと3つのリフトを乗り継ぐことになる。第二リフトを乗っている頃から雪がちらつき出し、第三リフトから先は吹雪状態。
それでも行ける所まで行こうと登るが、中大巓を登っている頃には猛吹雪で、自らの踏み跡をロストする恐れもあったため、さっさと敗退を決定。結局、今日のアルバイトは1時間で終わった。 (山行記録はこちら)
退却が決まったらさっさと下るだけ。じっとして乗っているだけのリフトは、とにかく凍える。第三リフトに乗っているうちに、一番下の第一リフトは強風のため停まっているとの放送が耳に入る。第二リフト付近からは雪では無く、霙から雨。第二リフトから降りると、係員が申し訳なさそうに、この先はゲレンデを歩いて下って下さいと云う。堂々とゲレンデを下れる機会なんて滅多にない。ついでにシリセードまでやった。流石にゲレンデは良く滑る。雨の中だが爽快だ。あっというまに麓のアルブ天元台まで下った。
その足でレストラン白樺へ。中はぽかぽか。ずぶ濡れの雨具とスパッツと手袋を外したら、とにかく生ビール(670円税込、以下同様)だ。グビッとやってひと息つく。アニーとトノ~はと見ると、スキー場だったらやっぱりカレーでしょ、とお疲れさんカレーライス(870円)を喰っていた。いずれにしても西吾妻山は、またリベンジに来なくてはならない。山形の山はリベンジだらけになりそうだ。

P4150004

P4150005

P4150006

P4150007

P4150011

P4150012

P4150013

P4150014

20170415_120120

DSC05672

 

アユラシに見送られて、18時01分発の「つばさ156号」に乗車。怒涛の3日間が過ぎ去った。最終日を除き天候に恵まれず、ちっとも山に登れなかった(正確には、2日間で合計1時間程度の山歩きで終了した)が、お抱え運転手付きの充実した「観光旅行」となった。 今まで行ったことが無かった場所、店に入ることが出来、良い経験となった。山形の街中をぶらついて、居酒屋に入れたのも良かった。これでとりあえず、山形で足を踏み入れたことが無い都市は、米沢ぐらいになった。次回も大いに期待したい。
「次年子」の蕎麦を喰って以来、ほとんど喰ったり呑んだりしていない割には、それ程腹が空いていないが、せっかくの最後の山形なので、ご当地駅弁を物色するため、新幹線ホームにあるKIOSKを覗く。何種類かある中から、やっぱりこれかなとチョイスしたのは「米沢牛わっぱ飯」(1,300円)。この3日間、牛肉は随分喰った筈だが、つい、また牛肉弁当にしてしまった。この弁当は、米沢にある「松川弁当店」が作っているシロモノ。「松川弁当店」のHPを見ると、様々な牛肉弁当が並んでいて壮観である。
この頃、駅弁は年々高級化していると思う。1,000円オーバーはもはや当たり前だが、何かと和牛、それもA4、A5ランクのブランド肉を売り物にした駅弁が目立つ。個人的には、深川弁当や鯵押し寿司などが、酒に合うし好みなのだが(崎陽軒のシュウマイ弁当もCP的に捨て難い)、この頃の流行りではないようだ。
ここ山形駅のKIOSKも、牛肉弁当が花盛り。一昨日、和尚が買った「牛肉どまんなか」しかり。牛肉以外では、「いも煮弁当」(1,000円)なるシロモノもあった(牛肉も入っている)。いも煮汁でご飯を炊いたと書いてあったが、なかなか大胆。しかし、いも煮をおかずにご飯を食べるのは、ちょっと気が進まない感じだ。
席に落ち着いて、列車が動き出した後「米沢牛わっぱ飯」を開けてみる。メインのそぼろ肉と小間切肉のしぐれ煮が半分ずつ。肉は勿論、ブランド牛の米沢牛。さすが豪勢だ。味付けはすき焼きのたれ風で、小生にはやや甘い感じだが、悪くは無い。キレがいい酒にはぴったりだ。結局、きれいにペロリと美味しくいただいた。
結局、山登りに来たが、観光にどっぷり浸かったおかげで、山のことをすっかり忘れた。山形の山よ、さよなら、ご機嫌宜しゅう、また来るときには是非、笑っておくれ。

DSC04031

DSC04032

DSC04033

DSC04036
 

「紅の蔵」でまた山形の食材と日本酒の知識を向上させたあと、銀山温泉へ移動する。ツアコン・アユラシが宿の送迎バスを予約済なので、大石田駅に13時30分までに着く必要がある。そこで在来線の時刻表見ると、一番都合が良い電車は次の様になっていた。
  ・山形11時30分発⇒大石田12時30分着:普通新庄行
つまり、1時間も前に着いてしまい、その後は山形13時33分発まで無い。一方、山形新幹線は、その間に以下の3本が連続している。
  ・山形11時52分発⇒大石田12時20分着:山形新幹線つばさ131号新庄行
  ・山形12時32分発⇒大石田13時01分着:山形新幹線つばさ177号新庄行
  ・山形12時46分発⇒大石田13時16分着:山形新幹線つばさ133号新庄行
つまり、つばさ133号に乗れば、在来線が大石田に着いた後に徐に出発し、かつ13時30分には余裕を持って到着する。これならば、新幹線(といっても在来線を走るので、通常の特急並みの速度しか出せないが)に乗るしかないではないか。
つばさ号が止まらない駅は、まったく悲惨な状況。これでは、列車で移動する地元の人はますます減るだろうし、それこそ駅の存在価値は、いずれ無くなる運命かも知れない。このダイヤを見ていると、そんなことしか頭に浮かんでこない。
ともあれ、我々は観光客なので、せっせと地元に金を落とすことにしよう。山形駅のホームにある売店で、秀鳳・つや姫の4合瓶と、出羽桜・吟醸酒のカップ酒をゲット。云わずと知れた「出羽桜」は、山形を代表するポピュラーな銘柄だが、このようなカップ酒を買えるチャンスはそうそう無い。今日も徹底的に山形の酒を味わうとしよう。車窓からは山形盆地が延々と広がるが、その奥に見える、薄っすらと雪を纏った山は、(村山)葉山のようだ。山形の山を眺めつつ、山形の酒をじっくりいただいた。

DSC03889

DSC03890

DSC03892
 

↑このページのトップヘ