小学生低学年の頃から、「もんじゃ」は駄菓子屋の片隅の焼き台(鉄板が埋め込まれたテーブル)で喰っていたので、それなりに食べ慣れた喰い物だった。ちなみに、生まれも育ちも八王子だが、八王子では「もんじゃ」のことを「おべった」と呼んでいた(聞くところによると、川崎や横浜でもそう呼ぶ処があったようだ)。「おべった」と「もんじゃ」が同類(具の量が、「おべった」<「もんじゃ」)であることを知ったのは、かなり後になってからだ。
「もんじゃ」と云えば、月島が有名だが、実はこれまで、「もんじゃ」を総本山たる月島で喰ったことが無かった。今回、いつもの定期検診のあと、満を持して月島にやってきた。
予約した店は「海鮮もんじゃ もへじ」と云って、「岸田屋」の直ぐ傍。老舗らしいが、かなり和モダンな店内。テーブルに着き、メニューを見る。さっき「岸田屋」で、想定外に喰ってしまったので、なかなか大変なことになりそうだが、先ずは、超強力炭酸角ハイボール(550円)でスタート(「超強力」かどうかが良く判らなかった)。この店は一品料理が豊富のようだが、脇目は振らずもんじゃに集中しよう。明太子シソもんじゃ(1,480円)にしてみた。
やがて、小鉢に入ってきたもんじゃは、崩れ落ちそうなほどうず高くキャベツの千切りが積まれていて、その上にどさっと明太子とシソ。しかし、いくら明太子がたっぷり乗っているとは云え、殆どはキャベツなので、これで1,480円はCP的に如何なものか。これが通り相場なのだろうか。さらに突っ込んで云えば、単なる「もんじゃ」は680円なので、明太子とシソだけで800円することになる。余程高級な明太子なのかも知れない。
ま、とりあえず喰ってみよう。ここでは調理もしてくれるみたいだが、やはりもんじゃは自らが作らないと気分が出ない。それにしてもこうも山盛りなキャベツは調理が大変。この頃、もんじゃを食べていなかったので、通常のキャベツの量がどんなものか忘れてしまったが、少なくとも覚えている限り、ここは最大だと思う。
ちょっと明太子とシソは除けておいて、キャベツを鉄板に落として土手造り。しかし、小麦粉の汁の量は相対的に少ないので、そのまま一気に混ぜても問題なかったかも知れない。汁を真ん中に流したところで、明太子とシソを戻し、程々の粘度になったのを見計らったら全体を混ぜ、そのあとは暫し、ハイボールを呑みながら待つ。
頃合い良しと見て、ヘラを構えて戦闘開始。キャベツと小麦粉のバランスが違うせいで、上手くヘラにくっ付かないが、まあいいだろう。さっぱりした味で、申し分ない。なかなかイケるなと思っているうちに、いつのまにかすっかり食べてしまった。なんだ、じゃあもうひとつ頼もう。

20161021_182830

20161021_174030

20161021_174429

20161021_172719

20161021_173251

20161021_173646

20161021_173817
 
20161021_174132

20161021_180129

20161021_180735

20161021_182823