山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

尾瀬

朝5時半に朝食をいただいた後、またも「ペンションてんとう虫」のご主人の運転するマイクロバスに乗り6時出発。今日の行程は鳩待峠から笠ヶ岳の往復。笠ヶ岳は尾瀬の山に端っこにあるので、気になっていたもののこれまで登ったことは無かった。今回は良い機会だとプランに組み込んだ(動機は別にもう一つあるが、それは後日)。
鳩待峠までのアプローチは、マイカーや路線バスだったら、戸倉から乗合バスに乗り換えるのだが、ご主人の車はそのまま鳩待峠に入れる。実にありがたい。ご主人は一旦、宿へ戻るのかと思ったら、このまま我々の帰りを待つと云う。エー、ほんとですか!?と訊けば、鳩待峠までのワインディングロードを往復するのは、一日一回でいいとのこと。でも宿に居れば、何かと女将に仕事を云い付けられるのだろうから、我々をダシにして外で羽を伸ばしたいのだろう、という外野の声も囁かれた。
例年、9月の尾瀬は、大方の花は既に散っているし逆に紅葉にはやや早いため、而して訪れる人が少ない。そのせいで、混雑が大嫌いな小生としては割と来る機会があった。今日はさらに天気がいまいちのせいもあり、人影は疎らだ。そのうちの大部分は山ノ鼻へ向かって降りてしまうので、至仏山を目指すハイカーはさらに少ない。
それらの僅かなハイカーも大方、オヤマ沢田代で右折して至仏山へ向かうため、笠ヶ岳へ向かう者はほぼ皆無。静かなる山は約束されたようなものだ。小生もオヤマ沢田代から先が未知の領域。径はぬかるんでいて歩くのが大変と聞いていたが、池塘が点在する上信越国境の山々は概してこんなものだ。折角なので小笠にも立ち寄る。小笠山頂の北面直下は意外に切れ落ちている。
笠ヶ岳直下までは常緑樹林帯の中を進むが、其処から先は低木と岩の間を縫うように登る。この辺りの岩はシロアリに齧られた材木の如く、不思議な形状の割れ目が無数に入っている。360度の眺望が期待された山頂は生憎ガスっていたが、暫くすると切れ始め、眼下の片藤沼や小笠、奈良俣湖などが時折見えた。静かな山頂を味わった後、来た径を戻る。途中、端正な姿の笠ヶ岳を仰ぎ見ることができた。
鳩待峠に戻ったら、ご主人が待っているのも気になりつつ、休憩所で缶ビールを買ってグビッとやった。

093 オヤマ沢田代の池塘。

097 岩の割れ方?が不思議。

114 残念ながらガスの中。

120 ここは激下り。

122 この辺りだけ岩っぽい。

127 小笠を振り返る。

135 またオヤマ沢田代。

139 見えているのは牛首あたり。

143 振り返ると何やら尖がった山容。

146 鳩待峠に戻ったら、全て差し置いてこれ。

DSC05366

DSC05367

DSC05369

DSC05370

別館2Fにて、炬燵に入りながら少々部屋呑みしていた後、夕食は、長蔵小屋(本館)の食堂なので、サンダルを履いて移動。メインの登山道までのエントランス道には、フットライトが設置されているので、ヘッドランプ無しでも歩ける。山小屋とは思えぬ心遣い。
本館の造りは昔の小学校の校舎の様な風貌、昔から変わっていない感じで、この地味さが尾瀬の景観に良く合っているような気がする。
まだ夕食の時間には早かったので、談話室を覗いてみる。ここには囲炉裏はないが、真ん中に薪ストーブがあって囲炉裏端の雰囲気。登山客は思い思いに、酒を呑んだり、山の本を読んだりしながら寛いでいる。
そのうちに夕食の支度が出来たとの声が掛かり、食堂へ。既に、グループ毎に席が割り当てられている。我々7名はほぼ真ん中の席へ。小生はお誕生日席。メインディッシュはハンバーグ(手造りのようだ)。付け合わせにはキャベツやトマト、ブロッコリにかぼちゃサラダと、野菜豊富。小鉢には、がんもどきの煮物。テーブルには、他に切干大根の煮付けや高菜炒めもあって、育ち盛りでなくても、おかわりが何杯でも出来そうな感じだ。
小生は、ご飯をかる~く一杯喰っただけだが、それでも満腹。腹ごなしに、サンダルを履いて大江湿原を散策。空が厚い雲に覆われていて、やや暗くなって来たが、まだ足元は十分見える。誰もいない木道を、ぶらぶら歩くのは気持ちが良い。明日はきっと一日雨なので、今のこの時を楽しもう。

DSC03417

DSC03423

DSC03429

DSC03430

DSC03431

DSC03446

DSC03447

DSC03438

DSC03439

DSC03440

DSC03442

DSC03443

DSC03444

DSC03445

20161008-DSC03449

20161008-DSC03450

20161008-DSC03451

20161008-DSC03452

DSC03448

DSC03460



 

今回は、尾瀬から奥鬼怒までのロングトレールを歩くプラン。先ず第1日目は、大清水から三平峠を越えて、長蔵小屋に到着。今日は曇一時雨の天気予報だったが、降られずに済んだ。しかし、低く垂れ込めた雲が、燧ケ岳の山頂を隠していて、眺めはいまひとつ。この天気では仕方がない。長蔵小屋に泊まるのは、隊長と二人で燧ケ岳に登った2005年の5月以来だから、いつのまにか11年も経ってしまった。長蔵小屋本館の外観は、以前と変わらぬ風情だった。 
さて着いたら、ともかく汗が引かないうちのビールを呑みたいところ。途中の、尾瀬沼山荘や、尾瀬沼休憩所で見掛けた「生ビール600円」の貼紙に、こころが揺さぶられたが、なんとか長蔵小屋まで我慢できた。本館で呑むのも悪くないが、ちょっと洒落た別館の1階で呑んでみることにした。
別館は、1階がカフェテリア、2階が客室という構成。カフェテリアはログハウス調で、ここ尾瀬の雰囲気によく合う設えとなっているが、これでも山小屋?と思う程、立派な内装。グランドピアノだってある。先客は、ソファーを陣取っているラブラブな若いカップルのみ。カウンター内の、バンダナを被った女性店員に「ビール下さい」というと、缶ビールが冷蔵庫に入っているので、ご自由に取り出して下さい、とのこと。そっか、てっきり生ビールが出そうな雰囲気だったが、違った。なんで生ビールにしないのかね、ま、いいけど。いくつかの種類があるので、キリン一番搾りのロング缶にする。リュックサックからマイカップを取り出し、慌ただしく注いで乾杯。は~、沁みる~。今日は天気が悪い割には気温が高く、2時間程度の登りでもたっぷり汗をかいたので、ひと際、ビールがうまく感じる。
ちょっとリラックスしたところで、本館へ受付に行くと、泊まる部屋はやはり別館とのこと。再び戻って、カフェテリアの中を抜け、靴を脱いで階段を上がる。2階の感じはもう、どこぞのプチホテル。尾瀬の山小屋は、ここまで進化しているのかと驚く。我々の部屋は角部屋、中には2段ベッドが並んでいて、炬燵もある。コンセントもあるので、スマホの充電にも有り難い。こんな山小屋に慣れてしまうと、南アルプスや中央アルプスにはまだ多い、古式ゆかしい山小屋にはもう泊まれなくなりそうだ。
荷物を整理したら、風呂の時間までしばし部屋呑み。晴れていれば、燧ケ岳を望みながらの酒になったのだろうが、それでも山頂の姿を思い描きながら呑むのも、それはそれで乙なものである。
(山の記録はこちら)

20161008-DSC03411

DSC03416

DSC03424

DSC03425

DSC03426

DSC03427

DSC03428

DSC03432

DSC03433

DSC03434

DSC03435

DSC03436

DSC03437

DSC03459

PA080872

PA080874

PA080876

PA080885


↑このページのトップヘ