山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

ドイツ料理

今月の「オヤジばっかり月いち居酒屋ツアー」は、珍しく日比谷。偶には和風居酒屋ではなく、ドイツ居酒屋にしてみようと、ガード下にある「JSレネップ」にしてみた。この界隈には他にもドイツ料理店があって、「バーデンバーデン」や「ホフブロイハウス」には入ったことがあったが、ここ「JSレネップ」は個人的に初めて。
入口には、ドイツ風ビアガーデンによくいるメイド姿の女性が客寄せパンダ的に立っていた(小生がカメラを向けると「恥ずかしい」と云いながら逃げてしまう。それじゃ客寄せの仕事を全うしていないことにならないか?)。
中に入ると、エアコンは効いているが賑やかで熱気ムンムンである。天井が低くて換気が悪いせいもあるかも知れないが、天井の低さもビアホール的雰囲気を感じさせる。天井は低いが奥行きは結構あって、居酒屋としては大きいほうだと思う。
もう小生以外は、ばくばくぐびぐびやっている。小生の分として、黒パンとパテが1枚残っていた。ならばと、ビットブルガー・ピルス(560円税別、以下同様)で追撃開始。つまみは、アイスバインボイル(2,780円)とソーセージ 盛合せ(1,680円)、牛肉のグーラッシュ(1,490円)、ブーレッテンのマスタードグリル(1,480円)でどうだ。ドイツ出張が頻繁にある方も、ここの味は太鼓判を押した。
次のビールは、エルディンガー・ヴァイスビール(760円)にした。これはいわゆるホワイトビールで、まろやかな香り。そのあとはもうビールはいい感じなので、白ワインにした。すいすい呑んで、結局3本も空けた。結果、しめてなんと29,532円。ひとり7,383円もいってしまったが、皆さん「偶にはいいんじゃない?」と太っ腹だった。いちおう、ご満足いただけたようである。

20180704_200500

20180704_183305

20180704_183658

20180704_183703

20180704_184415

20180704_185410

20180704_185452

20180704_190746

20180704_192101

20180704_192210

20180704_200342

万平ホテルのチェックイン(午後3時)まで時間があるので、ちょっと旧軽井沢までぶらぶら。途中にある軽井沢会テニスコートを覗きこむと、何組かがプレー中だったが、割とカラフルないでたち。ここはウィンブルドンの如く、白を基調としたウェアが決まりごとかと思っていたら、この頃はそうではないようだ。
テニスコート通りはいつもと変わらぬ雰囲気。しかし、気が付かないうちに店は少しずつ変わっていっているようである。「わかどり」と云う鶏料理店は、いつかは入ってみようと思うだけで、未だ一度も入っていない。この時間は中休みの様子。
銀座通りへ出たら右へ。今日は日曜日なのでかなりの人出。いつもセイ・ハシモトの絵が飾られているアルテギャラリー。立ち止まると絵を買ってみたくなりそうなので、そのままスルーして更に北へ。軽井沢写真館には客が集まっている。古い写真が飾られていて、単にそれを眺めるだけの冷やかしの客が多いが、なかには明治・大正ロマンのアンティークドレスを身に纏い、記念写真をとってもらう客もいる(撮影料として4,000~5,000円かかるようである)。更には、そのいでたちのままオープンカーに乗って、旧軽井沢内で野外撮影するツアー(?)まであって、若者には受けているようだ。たしかに、オジサン、オバサンではあまりサマにならないと思う。
南に下がって土産物店を物色。小生はプライベートな旅行で職場に土産物(菓子類)を買っていく習慣は無いが(出張だったらしぶしぶ買うが)、カミさんはせっせと日頃付き合う人達(含、仕事仲間)への土産物を買い集める。女は大変である。旧軽のロータリーにはこの頃、酢重正之商店や酢重レストラン、酢重ギャラリーなどが出来ている。いつのまにか随分手広くやっているようだが、売っているものもなかなか品が良い。今度、このレストランにも覗いてみるか。
そう云えばちょっと喉が渇いたし、小腹も空いたので、その並びにある「腸詰屋」に入ってみる。以前は、軽井沢会テニスコートの傍にもあったが、いつのまにか別の店になっていた。調べてみると腸詰屋の本社は、意外にも群馬県太田市にあった。軽井沢に直営店は3店舗あるが、ここ「腸詰屋軽井沢メッセ店」 はその一つである。
店内に入ると、テーブル席に着いている客は、ちょっと休憩中の、何処かのツアーを率いて来た、女性添乗員姿がひとりだけ。遅い昼食と云うことだろうか。さすがにビールは呑んでいない。一方我々は、当然、ビール(680円税込、以下同様)は頼むとして、ソーセージだけの注文が出来ないとのことなので、フランクフルトソーセージのサンドウィッチ(380円)でパンズ抜きで注文。ソーセージはいわゆるヴァイスヴルスト。久しぶりに喰ったがなかなか美味い。もうちょっと喰いたいところだが、夕食に差支えるので我慢した。

DSC02489

DSC02456

DSC02458

DSC02457

DSC02459

DSC02461
 

↑このページのトップヘ