山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

長野電鉄沿線

渋温泉街の観光のあとは、長野電鉄で長野駅へ移動。実は只の移動ではない。今回乗るのは湯田中駅 11時25発の「特急ゆけむり~のんびり号~」。かつて小田急ロマンスカーとして走っていた10000系HSEを、4両編成に改造したもの。ちなみに小田急10000系と違い、トイレは設置されていないので(つまり車両基地に汚水処理施設を持っていないので)、ビールの呑み過ぎには注意が必要である。
「特急」というからには、各駅停車に較べて停まる駅の数はたしかに少ないものの、同じくらいの所要時間でゆっくり走る観光列車。なので、「特急料金」もたった100円である。
湯田中駅に着いたら、さっそく車内用に生ビールを買出し。駅構内にある"GOEN DELI"という店でいただく。そのあと、すぐに乗車。先頭車の展望席はさすがに埋まっていたが、それ以外は好きなところに座れる状態だ。
動き始めると、すぐに車内放送で沿線案内が始まり、それは長野駅に近づくまで延々と続く。慣れない若い兄ちゃんが一生懸命やっている感じがあって、微笑ましい。
桜沢駅では、ちょうど北信五岳全部見えるとのことで説明があるが、残念ながら全部は見えていない。車内販売も2回来た。最初は、エリンギにぎり寿司(3個入り、350円)をいただく。エリンギはこの地方の特産なのか。意外に酢飯と合う。ぺろっと食べる。2回目の車内販売では、信州桔梗ヶ原井筒ワイン・メルロー2015(500円)を買うことにした。呑みきりサイズでカップ付き、まさしく車内で一杯やれるようになっている。
途中、千曲川の鉄橋の上でも含め、アカペラで2曲(しかもフルコーラス)、この地方にまつわる歌を披露して呉れたのだが、聴いている方がやや恥ずかしくなる。さすがは観光案内列車と云えど、地方鉄道社員もいろいろ大変だと思う。でもそのおかげで、この列車、特急料金100円はかなりお値打ちだと思う。

DSC09456

DSC09457

DSC09458

DSC09459

DSC09461

DSC09462

DSC09463

DSC09464

DSC09465

観光の第2章は渋温泉街の散策。ここは昔ながらの温泉街の雰囲気を残していて、その雰囲気そのものが観光資源である。タクシーで温泉街の入口に乗り付け、ちょうど目の前にあった観光案内所で、荷物を無料で預かってくれるというので、ありがたく身軽になって、石畳のそぞろ歩き開始。
ここの温泉街には、9つもの共同浴場があり、宿泊客は無料なので存分に湯巡りをすることができる(外来者は、9番湯「大湯」のみ500円で利用可能とのこと)。湯当たりが怖い小生は何処かに投宿したとしても、全ての湯を巡ることは未来永劫不可能。どれもこじんまりとしていて、鉄道模型のジオラマにもってこいの風情である。
木造四階建てで有名な、旅館「金具屋」の前に出た。さすが人気の宿、我々のように泊りではない客が、この辺りには多く彷徨いていて、ちょっとした撮影スポットになっている。宿代はちょっと値が張るが、一度泊ってみたい。もちろん四階建ての建物に、だが、足腰が弱くなったら四階まで上がり下がりするのは難儀するかも知れない。どうせ泊るのだったら、やはり今のうちか。
ひと通り歩いたところで、まだ時間はある。何処かでまたビールでも呑みたいところだが、その手の見せは無さそう。そう思っているところに、喫茶店を見つけた。しかも営業中のようだ。
外から見ても中に入っても超レトロな店で、なんとなく嬉しい。見掛けは純粋に喫茶店だが、そこはやっぱり温泉街の喫茶店。嬉しいことにビールも置いてあった。大瓶で1,000円と、まさしく観光地価格だったが、背に腹は代えられぬと注文。実はここのビール、くまちゃんに奢ってもらったのだった。くまちゃんが、ご事情により帰りの列車の時間を繰り上げることになったせいで、小生が予め買っていた指定席券のキャンセル料を払うことになった。そのお返しでビールを奢ると云われ、あまり押し問答しても仕方ないと、有難く承知したのだったが、ビール代の方が余程高く付いてしまって、まことに申し訳ない次第である。

DSC09454

DSC09453

DSC09438

DSC09439

DSC09440

DSC09444

DSC09445

DSC09446

DSC09447

DSC09448

DSC09449

DSC09450

DSC09451

DSC09452

志賀高原3日目は、完全観光モード。プロデューサーなおちゃんによる最初の訪問地は、「地獄谷野猿公苑」。露天風呂に入る猿はもはや世界ブランド、ここの正式英語名はその名も"Snow Monkey Park"である。女子連は、嬉々として公苑へ向かっていく。
小生は一昨日、膝の筋を少々伸ばしたので、なるべくなら余り歩き回りたくないし、特に階段は登り降りしたくない。「地獄谷野猿公苑」はパスして、とりあえず間欠泉の前までやってきた道を、一人でそのまま戻ることにした。「公苑」に入らなくても、そこらに猿はぞろぞろいた。すっかり慣れていて、人間を怖がらない。
小生の近くにいた猿が、何を思ったのか急に小生のすぐ脇を摺り抜けて歩き出す。次第にスピードを増してスルスルと、30メートルほど離れたところにいた中高年夫婦と思しき二人連れに向かっていく。見ると、ご婦人がレジ袋をぶら下げていて、中から何かを取り出そうとしている。『レジ袋を持ち歩かないこと』という注意書きを見なかったらしい。
あ、やられるな、と思ったその瞬間、くだんの猿が僅かに跳躍したと思ったら、ご婦人のレジ袋を叩く。そのご婦人の「きゃっ」という叫びと共に、レジ袋が手を離れ宙に舞った直後、その猿が上手にキャッチし、一目散に逃げ去る。ほんの2、3秒間の出来事。
小生がそのご婦人に注意を喚起する間もなく、ましてやその中高年夫婦にとっては突然、袋が宙に舞い、落ちたところに何故か猿がいた、ぐらいだったろう。一部始終を観察した小生は、まこと不謹慎ながら、的確で無駄の無い猿の動きに、ほとほと感服した。人ずれしているとは云え、さすがは野生動物。逃げ去った猿の後を、他の猿たちがお零れを頂戴しようと、キーキー云いながら追いかけて行った。
上林温泉の外れ、地獄谷野猿公苑へ通じる遊歩道の入口に「猿座(えんざ)カフェ」という洒落た店がある。開店は午前10時だが、着いて時計を見るとまだ9時45分。でも、ちょうど店から出てきた女の子に聞いてみると、「入れますよ」とニッコリ。ありがたく入店し、外のテラス席を確保する。頼んだのは地ビール、その名も「志賀高原ペールエール」(700円)。グビっとやって、観光地気分を味わった。

DSC09431

DSC09421

DSC09427

DSC09433

DSC09434

DSC09435

DSC09436

DSC_0220

2日目は岩菅山に登るため、蓮池BSから一ノ瀬BSまでバス移動。一番バスは思ったとおり、我々の貸切状態。空は、今にも泣き出しそうな雲行きだ。どこまで降られずに登れるか。昨日、右膝脇の筋をちょっと伸ばして痛みは残っているが、まあなんとかなるだろう。
歩き始めから、アライタ沢を渡るまでの用水路沿いの道はほぼ平坦で、丁度紅葉が見頃。那須の、峠の茶屋を越えて三斗小屋温泉までの水平歩道を彷彿させる。途中でちょっと腹ごしらえ。今日は宿の朝食は食べられなかったが、弁当は用意してくれた。それをいただく。
沢から離れ2つ目の急登に掛かった辺りで、とうとう雨が落ち始め、視界もゼロ状態。気温もどんどん下がる感じだ。こうなるとさすがの女子連も黙って登るだけとなる。必ずしも、天候が悪くて残念なことばかりではない。途中、30人余りの学生の集団が下りて来て、我々とすれ違う。彼らは雨でも賑やかだ。
やがて山頂に到着。眺望なし。寒いので山頂直下の避難小屋に這い込んで小休止。先客は1パーティーのみ。証拠写真を撮ったら、長居してもいいことは何も無い、さっさと下山。雨の中、下りも黙々と歩くだけと思ったら、登頂して気分は晴れたと見えて、女子連は忽ち姦しくなる。
あとの楽しみは、一ノ瀬で一杯やれるかどうか、だったが、下りてみるとホテルは数多く立ち並んでいるものの、ひっそり、ひと気が無い。バス停待合所で、各ホテル宛の新聞が並んでいるのを見れば、ホテルには誰かが居るようだとわかるが、営業しているところは見当たらず。バスがやってくるまで、悶々と時を過ごすだけとなった。
ホテルに戻ったら、今日も先ず風呂。今日もやはり貸切。風呂から上ればビールが待っている。ちょっと小腹が空いているので、昼の弁当の残りを摘まむ。しばらくまどろんでいると、もう夕飯の時間なので、食堂へ移動。今日の献立一覧をみると、昨晩と違うメニューになっている。これはありがたい。メインは虹鱒のホイル焼き。こういうので一杯やるのは最高だ。

DSC09379

DSC09383

DSC09388

DSC09391

DSC09392

DSC_0219

DSC09400

DSC09401

DSC09402

DSC09407

DSC09404

DSC09405

DSC09406

DSC09408

DSC09411

DSC09415

DSC09418

木戸池BSにやってきた湯田中行きバスは、小生を含め数人しか乗っていなかったが、下車した蓮池BSからは、入れ替わりに随分多くの中高年(主に女性)が乗り込んできた。何処かで紅葉狩り(というか紅葉を見ながらのおしゃべり)を楽しんで、もうお帰りということかも知れない。
スキーシーズンでないとこんなものかも知れないが、皆、車でやってきて、ちゃちゃっと紅葉を見たらおしまいじゃあ、ちょっと勿体ない。或る瞬間を眺めるだけでなく、夜明けから夕暮れまで移ろい行く光に照らされた紅葉の変化を堪能することこそが、ここへやってくる価値ではなかろうか。
そんな中高年集団を見送った後、宿に戻る。女子達はもう風呂から上がっている頃だろう。こちらも3階の部屋に荷物を置いて、さっそく1階の風呂場に直行。帰りに2階にある自動販売機でビールを買うために、500円硬貨1枚を懐に忍ばせる。思ったとおり、風呂場には誰もいなかった。
窓の外はさして眺めは無いが、視界を遮るのは色付いた葉っぱなので、それなりに風情は良い。ここの源泉は単純硫黄泉(源泉 61.0℃)というが、硫化水素臭は微かに感じられる程度。山の下りでちょっと脛に傷を負ったので(まあ、生傷は絶えないもの)、片足だけ湯船から出してゆったり浸かる。
部屋に戻ったら、さっそくビールをグビっとやる。は~~、いつものことだが堪えられない。窓の外を見ると、目の前に東舘山から赤石山までの稜線を彩る紅葉の或る部分が夕日に照らされて、申し分ない眺めである。そのうち女子達も集まり、ワインやら日本酒やらをいただく。
ここ「ホテル白樺荘」は、大きからず小さからずの、程よい規模である。シーズンオフなので、館内は閑散としている。夕食時になったので食堂へ向かうと、宿泊客は、我々以外に3組ぐらいのようだ。この時期の志賀高原は、紅葉の絶景が見られるのにも拘らず、ホテルは至って静かという、とても贅沢な時間を過ごせる場所である。

DSC09367

DSC09368

DSC09396

DSC09398

DSC09399

DSC09371

DSC09369

DSC09370

DSC09372

DSC09373

DSC09375

志賀高原の山歩きは初めてじゃないが、まだ志賀山には登ったことが無かった。今回は、四十八池湿原まで辿りついた後、女子連は「今日はもう山は十分、早いとこ温泉に浸かりたい」というご様子なので、独りで登ることになった。ここから先は、ヒトの気配はぐっと少なくなり、静寂に包まれる。
裏志賀山から見下ろすと、四十八池湿原はまさに箱庭のよう。志賀高原は地形が複雑、山の形も千差万別で様々な火山があり、そのおかげか大小の池がそこかしこに点在している。それが山歩きのいいアクセントになっていて、他では味わえない面白さがある。
めでたく志賀山にも登頂した後は、女子連に遅れること約1時間で、硯川へ下る。次のバスまで、まだ小1時間ある。当てにしていた「横手山レストハウス」は、残念ながら改修工事で休業中だ。「硯川ホテル」を覗いてみても、外来者にビールを呑ませてくれる雰囲気がなかったので、左様ならばと木戸池まで歩いてみることにする。途中、「平床」辺りで雲が切れて日が差すと、黄色く色付いた白樺林が浮かび上がって思わず足を止める。
およそ30分後、木戸池温泉ホテルに到着。フロントに居たオヤジ(もしかして支配人か、それとも宿の主か?)に、缶ビールの所在を聞くと、「あちらにあります」と指を刺す。汚れた靴で絨毯に上がるのは憚れたが、「構いませんよ」と心優しく了解を得たので、首尾よく缶ビール(300円)をゲット。外に出て木戸池を眺めながらグビっとやる。ちょいと肌寒いが、気分は最高。
木戸池温泉ホテルは源泉かけ流しの温泉宿。宿代も極めてリーズナブル。今回、志賀高原での宿を探している際、かなり迷ったのだが、バスの利便性を最優先したため、「ホテル白樺荘」にしたのだった。もし、奥志賀高原行きのバスが木戸池BS始発だったら、迷わずここに決めたと思う。それくらい、ここはいい感じである。

DSC09303

DSC09312

DSC09340

DSC09344

DSC09357

DSC09358

DSC09360

DSC09364

DSC09366

DSC09361

DSC09363

DSC09362

DSC_0217

DSC_0218

ひと通り、観光も利き酒も済ませたところで、さて昼食。やっぱり蕎麦を喰いたい、というのが皆の一致した希望なので、リサーチャーなおちゃんの力も借りて、ネット検索。
近くに「手打百藝おぶせ」や「手打そば処鼎」という蕎麦屋があったが、どちらもつまみのバリエーションがやや少ないのが難点。我々の場合、只、蕎麦だけを喰えば幸せ、というほどの蕎麦好きではないため、一品料理の充実度も重要なファクターである。
その基準に適ったのは「桜井甘精堂・泉石亭」。良く知られているように(右党ではない小生でも知っている)、桜井甘精堂は栗菓子で有名な菓子処であり、その直営店。とは云っても甘味処ではなく、栗ごはん(栗わっぱ)や蕎麦も出す真っ当な日本料理店という感じである。外観はかなり新しい(2013年9月にリニューアルオープンとのこと)。
店に入ると受付で名前を書くしくみ。既に我々の前に何組か待っている。流石は観光地である。しかしそう待たされることも無く、中へ通される。靴を脱いで上がった部屋は畳敷きだが、椅子席のテーブルである。庭園に面していて木々の緑が眩しい。見ていると野鳥もやってくる。なかなか手入れが行き届いた庭である。街をぶらついている観光客も庭を見にやってくる。
庭の緑を眺めつつ、さっそくエビス生ビール(580円税込、以下同様)で喉を潤した後、料理メニューを開く。
季節野菜の炊き合わせ(500円)、鴨のたたき(880円)、板わさ(440円)、栗わっぱ(680円)、厚焼き卵(550円)、天ぷら盛り合わせ二人前(1,650円)をいただくことにした。ここの日本酒は、先刻訪れた松葉屋本店が直ぐ隣のせいか、さっき利き酒したばかりの本吉乃川(1合470円)が出てきた。
そして締めくくりにはやっぱりせいろそば(810円)。しっかり細打ち、コシは程々といったところか。満足、満足。これで気持ち良く帰ることができそうだ。観光が充実するのも悪くは無いが、果たしてそのうち、登山と観光の比重が逆転する日もやってくるのだろうか。

DSC00162

DSC00163

DSC00151

DSC00152

DSC00153

DSC00154

DSC00155

DSC00156

DSC00157

DSC00158

DSC00159

DSC00160

DSC00161
 

女子連と合流した後、今度は「桝一市村酒造場」に行ってみる。知る人ぞ知ることだが、つい二年前まで、セーラ・マリ・カミングスという女性アメリカ人が取締役だったのが、この造り酒屋。もう十数年前のことだが、一時期、かなり有名になって、テレビや雑誌に時々登場したので、覚えている人もいると思う。欧米人で初めて利き酒師になったことでも有名。活動は造り酒屋の再建だけに止まらず、ある意味、小布施を現在のような一大観光地にしたのは、彼女のお陰と云っても過言ではないだろう。
直売店は外観も内装も重厚な造り。無駄な装飾は無い。店内はかなり賑わっている。松葉屋本店とは好対照だが、こちらは店内での無料利き酒は無し。店の一角にバーカウンターがあり、そこで金を払って飲ませる仕組み。ここ辺りでは、量り売り直飲、すなわち酒屋でコップ酒を飲むこと、云うなれば角打ちのことを「手盃」(てっぱ)と呼ぶそうだ。従って、カウンターではなく「手盃台」と云うそうである。
このちゃん、なおちゃんと手盃台に座り、さて手盃酒は何にしようかとメニューを拝見。7種類あるうち、白金(山廃)、雲山(原酒)、スクウェア・ワン(特別純米)を選んだ。その名の通り、スクウェア・ワンは「桝一」の英語読み。ハイカラなイメージが湧いてくるが、原点復帰と云う意味を込めたものらしく、味わいも至って武骨。昨今の流行りには流されない頑なさを感じる。白金も、山廃らしく酸味がしっかり。雲山は比較的呑みやすい。手盃台には荒塩が置いてある。越後湯沢の利き酒コーナーですっかり経験済みなので、塩を舐めつつ呑むのは堂に入ったものだ。
飲み比べた結果から、スクウェア・ワンの四合瓶を買うことにした。陶器製のボトルが洒落ている。

DSC00142

DSC00145

DSC00146

DSC00147

DSC00148

DSC00150
 

斑尾山と鍋倉山へ目出度く登頂した後の3日目。今日は完全観光モードで、小生はただ女子連の行きたい処の跡を辿るだけ。目的地は小布施にしたようだ。北斎の魅力か、栗の誘惑か。
宿の車で飯山駅まで送ってもらったら、先ず新幹線の切符を購入しておく。駅員(駅長?)のアドバイスにより、長野氏発の自由席に乗ることにした。その後、飯山線で豊野駅まで移動、そこからタクシーで小布施へ向かおうとしたら、駅前には1台しかいなかった。では先行組を乗せたあと、また豊野駅まで戻って来てくれるのか?と思いきや運転手曰く、何時になるか判らないので、別タクシーを今から呼んでおいてくれ、と譲らない構え。
そんなに小布施界隈の道が混んでいるのか、それともそのタクシー運転手は単に豊野まで戻りたくないのか定かではないが、ともかく後発組はタクシーがやってくるまで豊野駅前でぶらぶら。あひるちゃんはマンホール取材。のりちゃんは律義にタクシー待合所で待機。ふと気が付くと、何処からともなく小学生が現れて、小生の目の前を通り過ぎる時、「コンニチハ」と挨拶していく。躾がしっかりしている子供に出会うと気持ちが良い。その後、高校生か大学生らしき男子が駅にやってきたが、我々の前は無言で通り過ぎた。人間、なかなか純朴のままでいるのは難しい。
やがてタクシーがやってきて、岩松院へ向かう。葛飾北斎の「八方睨鳳凰図」をしばし鑑賞したあと、てくてくと町の中心街へ。かなり人通りが多く賑わっている。女子5人組は北斎館へ行くとのこと。ならばその時間を利用して、何処か造り酒屋にいってみようかと思い付く。小布施町には3つの造り酒屋があるようだが、徒歩圏内には2つ。先ずは松葉屋本店に行ってみる。高い煉瓦造りの煙突が目立つ。建物は落ち着いた外観。客は誰もいないようなので、やや入り辛い。
店内には女性の店員(女将だろうか?)がひとり。試飲をさせて欲しいと云うと「どうぞ」と仰る。どれでもOKのようだ。店頭に並んでいる酒をひと通り眺め、その中から「北信流純米吟醸」と「本吉乃川しぼりたて生酒」をもらうことにした。「北信流純米吟醸」はすっきり系で香りが高い。かたや「本吉乃川しぼりたて生酒」はずっしり濃醇の旨み系。やはり好みから云って後者が優る。ということで、「本吉乃川しぼりたて生酒」の四合瓶を購入。ところで「北信流」とは何のことか。調べて見るとこんな解説が見つかった(例えばこちら)。いわゆる、宴会の「中締め」の仕来たりという感じで興味深く感じた。

DSC00141

DSC00139

DSC00140
 
松葉屋本店のHP: こちら 

↑このページのトップヘ