山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

長野電鉄沿線

ひと通り、観光も利き酒も済ませたところで、さて昼食。やっぱり蕎麦を喰いたい、というのが皆の一致した希望なので、リサーチャーなおちゃんの力も借りて、ネット検索。
近くに「手打百藝おぶせ」や「手打そば処鼎」という蕎麦屋があったが、どちらもつまみのバリエーションがやや少ないのが難点。我々の場合、只、蕎麦だけを喰えば幸せ、というほどの蕎麦好きではないため、一品料理の充実度も重要なファクターである。
その基準に適ったのは「桜井甘精堂・泉石亭」。良く知られているように(右党ではない小生でも知っている)、桜井甘精堂は栗菓子で有名な菓子処であり、その直営店。とは云っても甘味処ではなく、栗ごはん(栗わっぱ)や蕎麦も出す真っ当な日本料理店という感じである。外観はかなり新しい(2013年9月にリニューアルオープンとのこと)。
店に入ると受付で名前を書くしくみ。既に我々の前に何組か待っている。流石は観光地である。しかしそう待たされることも無く、中へ通される。靴を脱いで上がった部屋は畳敷きだが、椅子席のテーブルである。庭園に面していて木々の緑が眩しい。見ていると野鳥もやってくる。なかなか手入れが行き届いた庭である。街をぶらついている観光客も庭を見にやってくる。
庭の緑を眺めつつ、さっそくエビス生ビール(580円税込、以下同様)で喉を潤した後、料理メニューを開く。
季節野菜の炊き合わせ(500円)、鴨のたたき(880円)、板わさ(440円)、栗わっぱ(680円)、厚焼き卵(550円)、天ぷら盛り合わせ二人前(1,650円)をいただくことにした。ここの日本酒は、先刻訪れた松葉屋本店が直ぐ隣のせいか、さっき利き酒したばかりの本吉乃川(1合470円)が出てきた。
そして締めくくりにはやっぱりせいろそば(810円)。しっかり細打ち、コシは程々といったところか。満足、満足。これで気持ち良く帰ることができそうだ。観光が充実するのも悪くは無いが、果たしてそのうち、登山と観光の比重が逆転する日もやってくるのだろうか。

DSC00162

DSC00163

DSC00151

DSC00152

DSC00153

DSC00154

DSC00155

DSC00156

DSC00157

DSC00158

DSC00159

DSC00160

DSC00161
 

女子連と合流した後、今度は「桝一市村酒造場」に行ってみる。知る人ぞ知ることだが、つい二年前まで、セーラ・マリ・カミングスという女性アメリカ人が取締役だったのが、この造り酒屋。もう十数年前のことだが、一時期、かなり有名になって、テレビや雑誌に時々登場したので、覚えている人もいると思う。欧米人で初めて利き酒師になったことでも有名。活動は造り酒屋の再建だけに止まらず、ある意味、小布施を現在のような一大観光地にしたのは、彼女のお陰と云っても過言ではないだろう。
直売店は外観も内装も重厚な造り。無駄な装飾は無い。店内はかなり賑わっている。松葉屋本店とは好対照だが、こちらは店内での無料利き酒は無し。店の一角にバーカウンターがあり、そこで金を払って飲ませる仕組み。ここ辺りでは、量り売り直飲、すなわち酒屋でコップ酒を飲むこと、云うなれば角打ちのことを「手盃」(てっぱ)と呼ぶそうだ。従って、カウンターではなく「手盃台」と云うそうである。
このちゃん、なおちゃんと手盃台に座り、さて手盃酒は何にしようかとメニューを拝見。7種類あるうち、白金(山廃)、雲山(原酒)、スクウェア・ワン(特別純米)を選んだ。その名の通り、スクウェア・ワンは「桝一」の英語読み。ハイカラなイメージが湧いてくるが、原点復帰と云う意味を込めたものらしく、味わいも至って武骨。昨今の流行りには流されない頑なさを感じる。白金も、山廃らしく酸味がしっかり。雲山は比較的呑みやすい。手盃台には荒塩が置いてある。越後湯沢の利き酒コーナーですっかり経験済みなので、塩を舐めつつ呑むのは堂に入ったものだ。
飲み比べた結果から、スクウェア・ワンの四合瓶を買うことにした。陶器製のボトルが洒落ている。

DSC00142

DSC00145

DSC00146

DSC00147

DSC00148

DSC00150
 

斑尾山と鍋倉山へ目出度く登頂した後の3日目。今日は完全観光モードで、小生はただ女子連の行きたい処の跡を辿るだけ。目的地は小布施にしたようだ。北斎の魅力か、栗の誘惑か。
宿の車で飯山駅まで送ってもらったら、先ず新幹線の切符を購入しておく。駅員(駅長?)のアドバイスにより、長野氏発の自由席に乗ることにした。その後、飯山線で豊野駅まで移動、そこからタクシーで小布施へ向かおうとしたら、駅前には1台しかいなかった。では先行組を乗せたあと、また豊野駅まで戻って来てくれるのか?と思いきや運転手曰く、何時になるか判らないので、別タクシーを今から呼んでおいてくれ、と譲らない構え。
そんなに小布施界隈の道が混んでいるのか、それともそのタクシー運転手は単に豊野まで戻りたくないのか定かではないが、ともかく後発組はタクシーがやってくるまで豊野駅前でぶらぶら。あひるちゃんはマンホール取材。のりちゃんは律義にタクシー待合所で待機。ふと気が付くと、何処からともなく小学生が現れて、小生の目の前を通り過ぎる時、「コンニチハ」と挨拶していく。躾がしっかりしている子供に出会うと気持ちが良い。その後、高校生か大学生らしき男子が駅にやってきたが、我々の前は無言で通り過ぎた。人間、なかなか純朴のままでいるのは難しい。
やがてタクシーがやってきて、岩松院へ向かう。葛飾北斎の「八方睨鳳凰図」をしばし鑑賞したあと、てくてくと町の中心街へ。かなり人通りが多く賑わっている。女子5人組は北斎館へ行くとのこと。ならばその時間を利用して、何処か造り酒屋にいってみようかと思い付く。小布施町には3つの造り酒屋があるようだが、徒歩圏内には2つ。先ずは松葉屋本店に行ってみる。高い煉瓦造りの煙突が目立つ。建物は落ち着いた外観。客は誰もいないようなので、やや入り辛い。
店内には女性の店員(女将だろうか?)がひとり。試飲をさせて欲しいと云うと「どうぞ」と仰る。どれでもOKのようだ。店頭に並んでいる酒をひと通り眺め、その中から「北信流純米吟醸」と「本吉乃川しぼりたて生酒」をもらうことにした。「北信流純米吟醸」はすっきり系で香りが高い。かたや「本吉乃川しぼりたて生酒」はずっしり濃醇の旨み系。やはり好みから云って後者が優る。ということで、「本吉乃川しぼりたて生酒」の四合瓶を購入。ところで「北信流」とは何のことか。調べて見るとこんな解説が見つかった(例えばこちら)。いわゆる、宴会の「中締め」の仕来たりという感じで興味深く感じた。

DSC00141

DSC00139

DSC00140
 
松葉屋本店のHP: こちら 

↑このページのトップヘ