山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

ファミレス

今年の初登山は簡単な山にしてみようと、富士急行線沿線の「都留アルプス」をチョイス。これまで各地のご当地アルプスを登ってきたが、比較的駅から近いところにあるケースが多い。この「都留アルプス」も、都留市駅からそのまま歩いて登れる。都留市街の裏山のような位置付けにあるので、都留市民だったらうっかり寝坊した休日、起きてみたら、しまった、いい天気だ!と思ったとしても、まだ余裕をもって縦走できる筈である。
駅から1時間ほど歩けばもう稜線に出られる手軽さだけど、その先は、〇〇アルプスと名前が付いたところの共通事項通り、やはりアップダウンが結構激しいので呑気に歩く感じではない。径はしっかりしている。所々、富士山の頭が見えたり、三ツ峠山や鶴ヶ鳥屋山、本社ヶ丸などの周囲の山々を望めるところもあり、市街地を見下ろしたりと、アクセントも利いている。
本来の「都留アルプス」は尾根の途中から十日市場駅方面へ下ってしまうので、それではやや物足りないと尾崎山に向かって逸れることにした。すると途端にワイルドな踏み跡になる。こちらを「都留アルプス」に組み入れなかったのは何故だろうと考えていたが、些か一般向けには相応しくない感じか。
尾崎山へやってきたのは2006年以来だ(その時の記録はこちら)。証拠写真を撮ったら、あとは最短コースを下るだけ。2006年の時はうだるような暑さで、フラフラになりながら「すかいらーく」へ倒れ込みビールを呷ったものだが、その「すかいらーく」も今は「ガスト」に変わり、それよりも手前に「バーミヤン」が出来ていたので、今日はこちらへ入店。
季節柄、汗は大して掻かなかったけれど、それでもやっぱりビールは呑みたい。それにせっかくの「バーミヤン」なので焼き餃子なども注文。汗が引かないうちのビールは、今年も止められそうにない。

DSC03726

DSC03727

DSC03729

DSC03731

DSC03735

DSC03739

DSC03742

DSC03747

DSC03755

DSC03760

DSC03765

DSC03769

DSC03775

DSC03776

DSC03779

DSC03786

DSC03787

DSC03788

DSC03789

DSC03790

DSC03791

湯上りビールが呑めない「大月総合福祉センター」に入る前に、集合場所は斜向かいの「藍屋」だと申し合わせた。5階に上がってから浴室へ入る前に、まさか缶ビールの自動販売機が新たに設置されていないだろうとは思いつつ、念のため周囲を確認。役所の施設なので、やっぱりそこは堅い。
風呂から上がったら、とっとと「藍屋大月店」へ向かう。前回、ここに来たのは勿論、「大月総合福祉センター」からだった。個人的にこういう機会でないと、「藍屋」に入ることはほぼ無い。っていうか、そもそもファミレスに入るのもなかなか無い。そう云えば、前回も冬だった。寒い季節でないと「大月総合福祉センター」に来ないのは、この界隈の山が冬向きだということだろう。
でも、今回も入ってから改めて気が付くが、「藍屋」には昼呑みする条件が概ね整っている。ファミレスなので中休みは無いし、ビール以外にも日本酒、ワイン、ウィスキー、焼酎、女性向けに梅酒、サワー系、ノンアルビールまで揃っているので、選り好みさえしなければ、たとえ湯上り時だけでなくても、それなりに楽しめる。
つまみ(一品料理)も思いの外、置いてあるので、飲み物に合わせた選択も可能だ。ちょい呑みセット(990円税別、以下同様)があるのも泣かせてくれる。でも、駅から離れている店なので果たしてわざわざバスかタクシーを利用してやってきて、ちょい呑みセットを頼む輩がどれほどいるのか、甚だ疑問だ。
先陣を切って店に入ると、レジ付近はオバサン集団に店員がかかりっきりになっていて、案内される気配がないので勝手に入って勝手に席を陣取る。そのうち目の前を小走りで横切ろうとする女性店員を捉まえ、生ビール(プレミアムモルツ中ジョッキ500円)を注文、漸くグビッとできた。やがて三々五々、皆が集まってきたので、大月駅行きのバスの時間を確認し、さて打ち上げはどうしようかと考え始めた。

DSC03503

DSC03499

DSC03501

DSC03502

このところ、久しく稲田堤の「たぬきや」で風に吹かれていないことに気が付き、一時帰国に合わせて行ってみようと思い立った。でもこの時期、山の帰りに寄るとなると、なかなか稲田堤に行き易い山が選び難い。漸く捻り出した南高尾山稜は、最高点の榎窪山でも標高420mしかない。普段だったら真冬に登るようなところで、残暑の折に登る山ではないが、今回は背に腹は替えられず苦渋の選択。
ようやく9月と云えどもさすがにまだ暑く、熱中症恐怖症の小生としては戦々恐々。しかし結果的には何とか耐えられた。基本的に樹木に覆われていて、直射日光に遮られていることが幸いしているのは間違いない。峰の薬師は、個人的に小学校3年生の遠足以来でとても感慨深い。山から下りて舗装道路を水平移動するところが今回の最大の難所(?)だったかも知れないが、偶々俄か雨に出合ったため、そのおかげでフライパンの上を歩くようなことにはならなかった(山の記録はこちら)。
なんとか熱中症になる前に転がり込んだのは、バス停の直ぐ傍にある「ガスト」。とりあえず手近な席に着いたものの、出迎えた女性店員が、我々の汗だくで火照った顔を見るに見かねたのか、あちらの方がエアコンの利きがいいですよ、と気を利かせてくれた。確かに、移らせてもらった席は2~3度涼しい感じ。山から下りて「ガスト」に入ったのは、文台山・尾崎山に登って以来、12年ぶりだ。そう云えば、あのときも9月の上旬でめちゃ暑かった。
とりあえず、顔を洗ってさっぱりしてから生ビールを注文。乾杯してグビっとやると、あっという間に呑み干した。沙漠に撒いた水のようだ。とても一杯では足りぬ。そう云えばまだ昼前だ。ここで腹ごしらえをするか、日帰り温泉でするか少々悩むが、まだ汗も引いていない。もうちょっとゆっくりしようと、追加ビールを注文。併せてサラダや鶏のから揚げなども注文した。

DSC09211

DSC09216

DSC09224

DSC09225

DSC09230

DSC09231

DSC09232

DSC09233

DSC09234

DSC09235

DSC09236

DSC09237

残念ながら「ニュー健康ランド佐久」で、湯上りビールを呑めないことが判明したので、手っ取り早いところで目の前にあった「夢庵」で待ち合わせすることにした。この頃、「ファミレスで、湯上りビール」は我々の山の会では合言葉になりつつある(そんなことはない)。「夢庵」の隣りに「ガスト」もあった。さらに、交差点を隔てたところに「佐久の草笛」という蕎麦屋もあったが、残念ながら気が付いたのは「夢庵」を出たあとだった。
この辺りの店には、新幹線の佐久平駅前という好立地環境にありながら、客のほぼ全てがマイカーか観光バス(さすがに観光バスでファミレスへはやってこないだろうけど)でやって来るように見える。考えてみれば不思議な話だ。どうせ車であれば、新幹線の駅に近くなくても良さそうなものだ。
それはともかく、車で来る客が大半であれば、ファミレスでビールを呑む輩は、自ずから非常に限られているはず。こと、ビールに関してはチョイ呑みしかしない我々でも、上得意客ではなかろうか。
ところが、この「夢庵」のハッピーアワー(このときは、生ビール499円⇒399円だったが、今は249円になっている!)は、平日の16時から18時に限定されている。いったい、このハッピーアワーの恩恵に与れる客なんているのだろうか。近隣住民で悠々自適の方が散歩の途中に立ち寄るか、こちらに仕事で出張してきた方が、新幹線待ちで立ち寄るかぐらいで、どちらの場合もかなり稀なケースだと思うが如何。ま、どうでもいい話だけど。
店内に入ると、意外に混んでいる。家族連れが圧倒的。そう云えば今日は三連休の中日。陽気も良くなってきたので、家族でドライブ旅行と洒落こんだのだろう。店員に案内されたテーブルに付き、メニューを眺める。今は、しゃぶしゃぶ食べ放題(大人1,980円)をキャンペーン中、大方の客もそれが目当ての様である。1,980円は「夢庵」の客単価からすればかなり高めだと思うので、ちからが入るのも無理は無い。
小生は生ビールに、コロッケ(199円/2個)を注文。698円でも結構寛げる。ところでどうでも良いついでに云わせてもらうと、コロッケは(例えば天ぷらの如く)竹細工の篭に入って出てきた。小生は普通、コロッケにはソース(中濃)をかけたくなる。でもこの場合、一応、コロッケの下に紙は敷いてあるものの、うっかりするとソースがテーブルへ溢流する恐れがある。コロッケを盛る容器は、お洒落にする必要は無いのでは?

_DSC2581

_DSC2582

20160320_141115

IMG_20160320_141251

20160320_142000

_DSC2583

_DSC2584

山から下りて、ファミレスはたぶん2回目。1回目のその時は余りに暑くて、温泉で汗を流すまで我慢できず、男三人で「ガスト」に飛び込んでビールを呷った記憶がある(記録はこちら)。今回は、もし「大月総合福祉センター」にビールが置いてあったならば、ここ「藍屋大月店」に入ることは無かった。個人的にも、「藍屋」に入るのはとても久しぶりで、それもランチが主目的(普通の方々は、たいていそうでしょう)。今回の様に、風呂上がりの一杯で入ったことは無い。
いつものように、烏の行水的に温まったら、真っ先に「藍屋」へ。ここは靴を脱いで上がるスタイル。入口に靴箱が並んでいるさまは、我々、銭湯や日帰り温泉をよく利用するものには見慣れた光景だが、ファミレスとしては少数派だろう。
店員に7人と告げるが、なかなか案内されない。その訳は、4人掛けのテーブルを2つ並んで確保するには少々手間取った様子である。ファミレスは、基本的にテーブルが固定されているところが多い。ここも同様、7人で座れるテーブル席を作ることは出来ない。従って、隣り合った2つのテーブルに分かれることになる。あまり我々のような需要は無いのかしらん。
先ず生ビールを注文し、その後、ゆっくりとメニューを眺める。酒の肴のメニューは意外に豊富なことに気が付く。この店は駅から離れており、徒歩でやって来る客は、我々の様な山帰りくらいしか無さそうだが、いったい誰が酒と肴を求めて「藍屋」にやって来るのだろうか、興味深い。ハッピーアワーは平日の15時から。なんとプレミアムモルツ生が249円と、半額である。ということは、誰もやって来ないので、このキャンペーンが成り立っているのかも知れない。何れにせよ、もし平日にこの界隈の山へ来る際は、「藍屋」の存在を心に留めておいた方がいいだろう。
今日の我々は、大月駅までまだ20分歩かなくてはならぬので、ビールはそこそこで止めておいた方が無難である。「大月総合福祉センター」の傍には「藍屋」の他に「ガスト」があり、さらに大月駅寄りには「竹馬」がある。そう云えば、「竹馬」はもうかれこれ10年くらい入っていない。この次は「ガスト」か「竹馬」になりそうだ。

_DSC1740

_DSC1741

_DSC1742

_DSC1743

_DSC1744

_DSC1745

_DSC1746

_DSC1747

_DSC1749

_DSC1750

_DSC1751
 

↑このページのトップヘ