山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

近畿

熊野古道をちょっぴり体感したあと、土産物を物色にまた「とれとれ市場」に。魚の干物など、仕入れた海産物は、クール宅急便で送ることにする。18時30分発羽田行の最終便までだいぶあるが、もう他に見たいところも買いたいものもないので、南紀白浜空港に戻る。夕食は、空港のレストランでとることにした。
まだ4時前。羽田行の第2便が飛び立って、もう3時間以上経っている。チェックインカウンターも、出発ロビーもまだ閉まったまま。係員の姿も気配も無い。まだ出勤していないのかも知れないし、休憩室で安眠中なのかも知れない。土産物屋もなく、あるのは唯一、「レストラン・スカイアドベンチャー」のみ。何れにしても、ひと気が無いのは殺風景だ。1日3往復しかないのだから仕方が無いか。
酒田の庄内空港に行ったこともあった。羽田線のANAが4往復だけだが、機材はA320なので乗客は約2倍。もうちょっと活気があった。食事処も2軒あった。一番寂しかった利尻空港は、1日2往復(うち、1往復は冬季は運休)で、空港内には喫茶兼軽食レストランがあっただけ。でもまわりは花畑で、利尻富士がどーんとあって、飽きない感じだった。南紀白浜空港は、離島並みといえるかも知れない。
ともあれ、唯一の「レストラン・スカイアドベンチャー」に入る。店の一角は土産物売り場になっていて、パンダのぬいぐるみなどが並んでいる。良く見れば、「アドベンチャーワールド」で売っていたものと同じだ。つまりここは、「アドベンチャーワールド」の直営店なのであった。空港を利用する客の何割が「アドベンチャーワールド」に行くのか判らないが、少なくとも南紀白浜に「アドベンチャーワールド」が無ければ、この空港の存在はかなり厳しいものになりそうな感じがする。在原業平の「世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし」という歌を思い出す。
店に入ったら先ず生ビールを注文。カミさんもようやく呑める。ビールのつまみに良さそうな、ソーセージ盛り合わせを頼む。まあ、競争原理が働かない店はこんな感じだろう。窓の外を見れば、滑走路も向こう側に、「アドベンチャーワールド」と白亜のリゾートホテル「エクシブ白浜」が見えている。
ビールとソーセージだけではちょっと物足りないのでラーメンを頼んだ。一応、和歌山ラーメンらしいが、何処が和歌山ラーメンの特徴なのか判らない。かまぼこ? 良く見ると、パンダが描かれている。海苔には、ホッキョクギマらしい。やはりここは「アドベンチャーワールド」とは切っても切り離せないようである。

_DSC0078

_DSC0079

_DSC0080

_DSC0081

_DSC0082

_DSC0085

_DSC0087
 

紀伊田辺で昼食を取った後、まだ復路フライトの出発時刻までだいぶがあったので、噂に聞いた世界遺産・熊野古道を覗きに行くことにした。紀伊田辺駅前にある、観光案内所で情報を仕入れる。熊野古道は、紀伊路、小辺路(こへち)、中辺路(なかへち)、大辺路(おおへち)、伊勢路と5本あるようだが、田辺にはこのうち3本が交わっている。このなかから、熊野本宮大社へと向かう、中辺路をチョイス。これだけで、全長105kmあるそうである。
いきなり田辺駅前から歩きだすことも可能のようだが、街中だけで終わっては面白くないので、ちょっと山中に分け入ってみようと車で、目印となる「熊野古道館」を目指す。しばらく富田川に沿って遡ると、次第に山が迫って来る。途中、「大塔」という地名(村?)があるが、後醍醐天皇の皇子、護良親王は、またの名を大塔宮と云ったはずだが、それと関係があるのだろうか。
大塔宮を巡る物語は、様々な場所に伝説として残っている。大塔宮の愛妾だった雛鶴姫が、大塔宮の子を産んだあと亡くなったのが、(JR上野原駅からバスに乗って終点にある)無生野のすぐ先にある、現在の雛鶴神社と聞いたことがある。実際、雛鶴峠へ登る途中で、雛鶴姫の像が建っているのを見たこともある。鎌倉から無生野まで逃げて来た、ということだろう。
富田川に石船(いしぶり)川が合流する地点に、「熊野古道館」と「滝尻王子」がある。住所は中辺路町。川の音が響く。「熊野古道館」は立派な観光案内所だが客はほぼゼロ。案内係の女性が、可哀想なほど暇そうだった。「滝尻王子」とは神社だが、この熊野古道には「**王子」という名前の神社が、道祖神の如く点々とある。「滝尻王子」から先は完全な山道。足拵えはまったく普通の靴(カミさんはサンダル)だが、せっかくなので熊野古道をちょびっとだけ歩いてみた。
いきなりの急登。後から単独行の外国人がやってきて、あっという間に抜かれた。その後、復路でも外国人夫婦と行違う。さすがここは世界遺産だ。ひと汗かいて辿り着いたところに「胎内くぐり」、その直ぐ先に「不寝王子」があり、ここで引き返すことにした。川の音は遠ざかり、深山の雰囲気。まだ、この先も登りのようである。
「滝尻王子」まで戻ると、直ぐ傍に「みずもと商店」という店があり、看板に「地ビールと鮎あります」とある。こりゃ、魅力的だ。中に入ると、この近所に民家なんか無さそうだが、数人の子供たちが屯している。なんとなく居場所が無いのでビールだけを購入し出ようとすると、女将さんが「まだ香りが足りないですが」と云いつつ、松茸はいかがですか、と。1パック3本1,000円はお値打ちかなと思い、お土産としてそれも頂くことに。
缶ビールを携えて、滝尻王子の入口にある無料休憩所でひと心地ついた。いつかそのうち、この中辺路を踏破してみたい気がしてきた。

_DSC0061

_DSC0062

_DSC0063

_DSC0064

_DSC0065

_DSC0066

_DSC0067

_DSC0068

_DSC0069

_DSC0070

_DSC0071

_DSC0072

_DSC0073
 

南紀白浜2日目。一応、観光地に行ってみようと、海岸線に沿ってぐるりと巡る。先ずは「三段壁」。高さ数10メートルの断崖が連なっていて、荒々しい景観。東尋坊に似た感じ。その通り、ここも自殺の名所であるらしい。熊野水軍の秘密基地があったと云う、洞窟までエレベータ(1,300円もする)で行ってみると、確かに天然の船隠し場だ。エレベータが無い時代、どうやってここまで上り下り出来たのだろうか。
次は「千畳敷」。これは何処にでもありそうな風景。たしか三浦半島にもあったような・・・。次は「南方熊楠記念館」に行って見る。南紀白浜まで来たからには、ここに寄らない手は無い。途中、円月島という、まんなかにぽっかり穴が空いた島が見える。白浜のシンボル的存在らしい。「南方熊楠記念館」は、照葉樹が生い茂る岬の上に建っていた。南方熊楠の遺稿や遺品が所狭しと収められていて、天才の足跡が良く判る。こういう人間のことを、博学と云うのだろう。
その後、せっかくなので、紀伊田辺まで行ってみた。本当は「南方熊楠顕彰館」に行ってみたかったのだが、残念ながら休館日(月曜日)だった。ほぼ昼食時。では、田辺で美味いという店に行ってみようかと、「銀ちろ本店」に行ったら閉まっていた。外観はやけに立派で、料理屋というよりは料亭の様だ。車を止めていた有料駐車場の管理人に訊くと、駅前店だったらやっている筈、と教えてもらえた。
その店へ行く途中に感じたことだが、JRの紀伊田辺駅前辺りは、それほど大きくない街(田辺市の人口は約8万人)にしては、意外に多くの呑み屋、スナックが軒を連ねている。この界隈の人たちは酒好きなのか、それともこの港にやって来る漁師たちを相手にしているのだろうか。
はたして、駅前店はやっていた。店の名前は「銀ちろ」と云う。うつぼ料理が有名らしいが、ちょっと勇気が出なかったので、普通のにぎり寿司(900円)を喰うことにした。カミさんはさざなみ弁当。かま揚げしらすがご飯の上にたっぷり乗っていて、なかなか美味そうだ。ここはサバの棒寿司も名物らしい。今度来たら、田辺に泊まって、「銀ちろ」本店に入ってみたい。 

_DSC0037

_DSC0020

_DSC0021

_DSC0022

_DSC0024

_DSC0026

_DSC0027

_DSC0029

_DSC0030

_DSC0031

_DSC0033

_DSC0034

_DSC0035

_DSC0038

_DSC0040

_DSC0041

_DSC0044

_DSC0045

_DSC0047

_DSC0048

_DSC0049

_DSC0050

_DSC0051

_DSC0052

_DSC0053

_DSC0059

_DSC0056

_DSC0058

アドベンチャーワールドから今宵の宿、「コガノイ・ベイ・ホテル」までは車で15分。岬の高台に建っているので、眺望は抜群に良い。ホテルの正面からは、南紀白浜空港の滑走路進入灯が、目の高さよりも上に見える。ここ白浜は、なにかとコンパクトに固まっているので、何処へ行くにも利便性が良い。
客室は9階。西洋式の城の様な、バブリー的建造物「ホテル川久」も目の前。海岸線が複雑に入り組んでいるので、どの辺りが紀伊半島の本体なのか、俄かに判別しにくい。それにしてもまさしく風光明媚。この眺めだけで、このホテルに泊まる価値があるだろう。
陽が傾き、腹が減ってきたら1階のメインダイニング「コンカドーロ」へ。客は随分少ないが、まだ時間が早いせいかも知れない(ビュッフェスタイルの朝食時には、結構客がいた)。料理は創作フレンチ懐石とのこと。其々の献立には、抽象的な言葉と、使った食材が書かれているだけで、料理名は判らない。
飲み物は、最初にスパークリングワイン。その後のワインはフルボトルにはせず、飲み比べセットにしてみた。
先ず始めに出てきた料理は、「紅のプランター」という。食材はサーモン、生クリーム、野菜。ウェイターが、料理の説明をしてくれたが、まったく覚えていない。とにかくぱっと見、サーモンのオードブル。プランターに見立てたサーモンの上に、野菜が育っているイメージを思い浮かべて欲しいらしい。面白い趣向だが、毎度これじゃ疲れてきそう。
次に出てきたのは、さつま芋のポタージュスープ。題名は「甘い収穫」、ふむ、もうひと捻りが欲しいね。
その次は「閉じ込める」と題した、ホタテときのこのパイ生地包み。かなり即物的なお題。もうちょっと想像力を掻き立てる題名にした方がよくないかな。
魚系料理として鯛のライスペーパー包みは、「透ける旬」。・・・疲れてきたのかな。
ソフトシェルクラブのフリットは「マングローブ」。えー、なんでかな。まさかマングローブ林に棲んでいるカニじゃないだろうね。
最後の肉は、牛肉グリルのかぼちゃソース掛けで「畑に育ち」ときた。はあ。
どれこもれも、味はまずまずなのだが、なんでこんなイージーな名前にしたのか悩んだりして、関心が違う方向に行ってしまいがち、だんだん疲れてくる。でも、普段目にすることがないディナーを食べた気にはなる。
そうこうしているうちに、外はとっぷりと日が暮れた。下の庭を見るとLEDで奇麗にデコレーションされている。これも、日頃見慣れない風景。これも含め、様々な非日常性を体験できるところが、このホテルの魅力と云えるかもしれない。

_DSC9977

_DSC9978

_DSC9979

_DSC9980

_DSC9981

_DSC9983

_DSC9984

_DSC9985

_DSC9988

_DSC9989

_DSC9990

_DSC9991

_DSC9993

_DSC9994

_DSC9998

_DSC0001


_DSC0002
_DSC0003

_DSC0004

_DSC0005

_DSC0008

_DSC0009

_DSC0010

_DSC0011

_DSC0012

_DSC0013

_DSC0018

_DSC0019
 

南紀白浜に来たら、やはり目当てはパンダということになる。それも双子姉妹の子パンダ、である。でっかくなったのは、取り敢えず上野にもいるので、態々ここまで見に来る必要は無い。
ここには7匹いるはずだが、結局6匹しか見なかった。それでもそれだけ見られるのは凄いことのようである。園内に掲示されたパネルによれば、中国を除けば、ここ「アドベンチャーワールド」のパンダ数は、世界を見ても断トツに多いことが判る。どうやってこの施設が、上野動物園などを差し置いて、そういう立場になりえたのか、興味深い(会社の人材育成? 飼育員の血と汗? それとも政治の力?)。
上野動物園のパンダのイメージからすると、パンダは寝ているか竹を喰っているかのどちらかだが、ここでは母親パンダ(良浜)と双子の一方(桜浜、桃浜の何れなのか判らない)は、かなり活発に遊んでいる、というか母パンダが子パンダを構ってあげている感じ。一方、父親パンダ(永明)はずっと寝たままで、死んだようにピクリとも動かない。双子のもう一方の子パンダは、まるでヒョウのように、木の枝の上で器用に寝ていた。パンダはどんくさいイメージがするが、意外にバランス感覚が良いようだ。
何時まで見ても飽きないが、キリが無いので引き上げ、他の動物をひと通り見て回る。観覧車だの遊興設備は特段興味が無いので素通り。それにしても今日は日曜日だが、その割にはパンダ見物客が少ないような気がする。上野動物園だったら、こんなに長い時間、パンダの前に居られないだろう。
喉が渇いたのでレストランへ。如何にも子供たちが好きそうなメニューばかり並んでいる。親爺が喜びそうなのは、唯一、ビールである。カレーもラーメンもみんな1,000円以上するのは、テーマパーク内の店では致し方ないところ。生ビールが600円はまだ良心的な方だろう。
400席あるという巨大レストランには、日曜日の割に、我々を含めて数人。中途半端な時間のレストランは、寂しいくらい空いている。

_DSC9913

_DSC9914

_DSC9916

_DSC9917

_DSC9918

_DSC9919

_DSC9922

_DSC9923

 _DSC9924

_DSC9926

_DSC9927

_DSC9928

_DSC9929

_DSC9930

_DSC9931

_DSC9932

_DSC9933

_DSC9934

_DSC9935

_DSC9937

_DSC9938

_DSC9939

_DSC9940

_DSC9941

_DSC9942

_DSC9946

_DSC9947

_DSC9948

_DSC9949

_DSC9950

_DSC9951

_DSC9952

_DSC9953

_DSC9954

_DSC9961

_DSC9963

_DSC9964

_DSC9965

_DSC9966

羽田10時30分発、南紀白浜11時45分着の便に乗る。南紀白浜にやってくる飛行機は、一日たった3往復、しかもJAL(正確にはジェイエア)の羽田線しかない。機材はエンブラエル170、max76人しか乗れない、いわゆるリージョナルエアクラフト。航空会社も空港管理会社も、素人目で見て、こんなんでやっていけるのか不思議である。空港係員も(きっと航空管制官も)ヒマだろうな、と思う。 
エンブラエル170に乗ったのは、久しぶり。たしか、ヨーロッパの国内線で乗ったような気がする。ちょっと長いバス、という感じ。座席シートは革張りなので高級感があるし、座り心地もなかなか良い。飛行時間は1時間15分、ビールの余韻でうつらうつらしている間に着いてしまう。
南紀白浜空港に着いたら昼時、先ずは腹ごしらえ。レンタカーに乗り、ガイドブックに載っていた「とれとれ市場」に行ってみる。ここは西日本最大級の海鮮マーケットとのこと。空港からは車でわずか10分の距離。ここには、いわゆる魚介類を売っている巨大マーケット以外にも、フードコート、「とれとれ酒店」、「とれとれ亭」(バーベキュー)、「とれとれ市場海鮮寿司」、「とれとれの湯」(日帰り温泉)、「とれとれヴィレッジ」(宿泊施設)などあって、食欲と購買意欲を満たすだけではない、一大レジャーランドと云っても良さそうだ。
とにかくここには色々食べるところがあるようだが、その中から回転寿司に行ってみることにした。「とれとれ市場」の建物とは、道を隔てた反対側にある。
中はかなり広い(100人以上は入れそうである)。待っている人たち(主にファミリー)がいるが、カウンター席はすんなり入れた。皿の値段は108円から551円まで7段階。生ビールは551円の皿と共にやってくる。ネタの種類は豊富、関東とそれ程の違いは感じられないが、クエとかトラフグは余り見ない感じか。鯖の押しずしも関西らしい。ちから一杯喰っても一人2,000円強。かなり満足できた。

_DSC9905

_DSC9906

_DSC9904

_DSC9895

_DSC9896

_DSC9897

_DSC9898

_DSC9899

_DSC9900

_DSC9901

_DSC9902

_DSC9903

_DSC9907

_DSC9908

_DSC9909

_DSC9894

_DSC9910

とれとれ市場のHP: こちら 
とれとれ市場海鮮寿司のHP: こちら 

↑このページのトップヘ