山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

京葉線沿線

「面白い店があるから行ってみない?」と誘われたので、会社帰りに3人で寄ってみることになった。場所は、アパホテル東京ベイ幕張の中。かつて幕張プリンスホテルだった頃も、アパホテルに変わってからも、建物に入ったことが無く、今回が初めて。
入ってみると、旧幕張プリンスホテルだけあって、内観はちっともアパホテルらしくない。目指す店は、建物の大きさ、ロビーの吹き抜けの高さから較べると、ちんまりしていて目立たないが、席数は25席とまずまずの大きさ。
この店がどう変わっているかというと、つまみが全て缶詰であること。以前、練馬にあって、今度覗いて見ようと思っているうちに閉店してしまった。ここ海浜幕張の店は、それと同じ系列だと思われる。
店員に、初めてだと云うと、ここのシステムを教えてもらう。棚にずらりと並べられた缶詰の中から、気に入った缶を選び出しレジに渡すと、開けられ温められて出て来るしくみ。様々な缶が並んだ棚を眺めるだけでも結構、楽しい。
まず小生が選んだのは、「たこ焼き」。缶詰としてはおよそ有り得ないシロモノなので、どんな姿で出てくるか、興味津々。ほかの人は、さば缶(これは普通)とチキンサンバル缶(インドネシア辺りにありそうだが、日本では見掛けない)をオーダー。
缶詰は本来、缶詰にする段階で調理される(例えば、さば缶では生さばと調味料を入れ、密封し加熱される)訳で、たこ焼きの場合「生」で缶詰に入れる訳にはいかず、既に調理済みのシロモノを入れて、再度調理されることになるはず。出てきたものを見てみると「たこ焼き」らしきものは3個入っていたが、案の定、2度の加熱(しかも2度目は必然的に圧力釜で煮るのと同じ処理)を経ているのでかなりぐずぐず状態、本来のたこ焼きとは似て非なるものが出てきた。流石に洒落が過ぎるようだが、話の種になるし、一応、つまみにもなる。
その後で頼んだ「出汁巻き玉子」は、形はちゃんとしているが、水浸しになった甘くないカステラのような歯ざわり。これも話しの種にはなるが、それだけのものだった。しかしなんだか、楽しいのは間違いない。次回は棚にあった、あざらしの缶詰でも喰ってみるか。

20170518_174959

20170518_175008

20170518_175018

20170518_175305

20170518_175524

20170518_175712

20170518_175907

20170518_181746

20170518_183344

20170518_190835

20170518_182037

20170518_185338

20170518_185349

普段、昼食は会社で450円也の「玉子屋」の仕出し弁当を喰うので、外へ出て何処かの店でランチすることは滅多にない。「玉子屋」弁当は食べ飽きた感もあるけど、不思議と長続きしている。大抵の皆さんもそうだろう。安いせいもあるが、配達数60,000食以上、廃棄率0.1%という驚異的な数字をたたき出すだけの理由が、それなりにあるような気がする。
今回は偶々、「外で肉を喰おう」と声が掛かったので、そんな「玉子屋」弁当を今日ばかりはキャンセルして、久しぶりに外食ランチ。行ったのは、アウトレットパーク幕張の3階にある「ザ ミート ロッカー ステーキ アンド カフェ」というステーキハウス。アウトレットパーク幕張には時々入りこむことがあるが、大抵はザ・ノース・フェイスやコロンビア、モンベルぐらいで、こんな店があるとは知らなかった。
かなり広いこのアウトレットで、3階まであるのはこの一角だけ。テラス席(ここは犬連れでもOK)もあって、明るいステーキハウスという雰囲気。少々フライングして出て来たのだが、もう既に結構入っている。ショッピングや観光で来たらしい客もいるし、場所柄、さらりーまんやOLもそれなりに多い。
この店のウリは、アンガス牛のステーキ。柔らかい赤身肉が特徴なので、この頃の赤身肉ブームに乗って売れているらしい。メニューを眺めると、最もスタンダードなサーロインステーキ200gで1,900円(ドリンク付き)。これにスープ、サラダ、ライス又はパンを付けると2,200円、結構な値段になるが偶にはいいか。
小生は、オーストラリア産ミックスカットステーキ+日本産ハンバーグのセット(1,600円+300円)にしてみた。ステーキは勿論ミディアムレアで。ハンバーグもそれなりにボリュームがあって食べ応えがある。ステーキははまずまずの柔らかさ。思ったよりもイケる。これで、ビールを呑めないのがかなり残念だ。

20170412_065541

20170412_065550

20170412_065600

20170412_125719

20170412_125723

20170412_120245

20170412_120634

20170412_121240
 
ザ・ミート・ロッカー・ステーキ・アンド・カフェのHP: こちら

米国出張帰りの翌日、偶々誘われたので呑みに行くことになった。この一両日、殆ど時差ボケを感じない。やはり米国滞在日数が短かったせいで、米国の生活リズムに慣れないうちに、日本に帰って来たからだろうか。実際、ベイタウン滞在中は、昼食後がやたらに眠かった。昼食に睡眠薬が入っていたのではと疑う位、猛烈な睡魔が襲って来て暫く仕事にならなかった。
ちなみにベイタウンでの昼食は、日中の滞在場所には食べるところがない(コーヒーサーバーぐらいしか無いが、このコーヒーが想像を絶する不味さ。これはコーヒーではない、と思えば何とか飲める)せいで、全て持参。1回だけ、スーパーで買ったサンドウィッチ(ハムが何枚も挟んであって、とても重い)を持って行ったが、後はホテルのビュッフェでパクッたパンとハムとチーズとバターで、手製サンドウィッチを作って持参した。食べられない味では無かった。話が逸れた。
今宵の目当ての店は、いつもの「鳥の一」。海浜幕張駅界隈だと、もう行く店はだいたい決まって来る。ここの女性店員はテキパキ小気味が良いが、中年男性店員(もしかして料理長?)の方はどよ~んと顔が暗く、こんな仕事は嫌いです、できれば注文取りなんてやりたくないです、あまり注文しないでください、はやく辞めたいと思っています、だから笑顔で仕事なんかできません感が滲みでている。何とか捉まえて注文を伝えるが、考えて3秒でも隙を与えると、逃げるように行ってしまう。だから、結果的に女性店員に注文することが多くなる。
生ビール(サントリーモルツ、518円税込、以下同様)で乾杯した後、七冠馬(486円/グラス)という島根の酒を呑む。辛からず甘からず、旨味も程々で呑み易い。他の人は、七笑(810円)、出羽の雪(777円)、銀盤(410円)などを呑んでいた。つまみは、おつまみキャベツ(378円)、枝豆と鶏唐揚げ(同行者がDYNACカードを持っていたので、ポイント還元で無料となったらしい)、焼き鳥5本盛合わせ(853円)、菜の花辛し和え(464円)、とり塩鍋(993円)、お新香(378円)、鳥天(518円)を注文。とり塩鍋と、鳥天はなかなか美味かった。やっぱり、日本の喰い物の方が美味いと、つくづく思う。アメリカに長期滞在している人は気の毒だ。できれば出張は国内の方が良い。

20170213_174019

20170213_174029

20170213_174336

20170213_175638

20170213_175645

20170213_180033

20170213_180555

20170213_181501

20170213_182103

20170213_191954

20170213_193044
 

海外出張帰りの人を肴に、オヤジ5人で急きょ、呑み会。かつて寿司屋があったところが、いつの間にか焼き鳥屋になっていて驚いた。それぐらい、この辺りには来ていなかったということ。とりたててどうこう云うような料理も無いのだけれど、ひとつだけ突っ込んでみたかったので、写真を撮った。

オヤジ達相手に、ハートのビール泡アートはやりすぎじゃないの?

TORITETU
 

また久しぶりに仕事帰りに声が掛かり、3人でちょっと寄っていくことにした。さて何処へ行こうか。うち一人が知っている店があると云うので、ついて行く。駅の北側、スークという名の雑居ビルの1階にある、「鳥光國」という店に入った。このビルに入ること自体、初めて。
店の内装も、メニューも、ついでに店員がもつ雰囲気も含め、正直云って海浜幕張周辺では良く見掛ける、典型的な焼き鳥屋。店としてはそれなりに努力はしているのだろうが、小生にはそれぞれの違いが良く判り難い。けっして不味い訳ではないけど、何度も来たくなる感じでも無い。そう感じるのは、何となく手作り感が薄い点か。
ともかくも、先ずはビール。エビスの生、琥珀というのがあったのでそれをいただく。一杯350mlくらいで、550円(税別)は少々お高いので、それ以降はサッポロ黒ラベルやハイボール、日本酒へ移行。都合、頼んだものは以下の通り:

お通し: 324円(税込、以下同様)×3
エビス琥珀(生): 594円×3
黒ラベル(生): 519円×6
玉乃光・純米吟醸・酒魂: 519円×8
角ハイボール: 382円×4
もも焼き: 162円×3
白レバー: 162円×3
冷やしねぎどり: 519円
そり: 216円×3
ふりそで: 216円×3
水茄子の刺身: 432円
月見つくね: 270円×3
村四郎のかまぼこ: 411円
おしんこ盛り合わせ: 627円

ということで、酒類10,776円(3,592円/人)、つまみ(含、お通し)6,039円(2,013円)となった。それなりに喰ったけれど、それ以上に良く呑んだ。冷やしねぎどりが印象的だった。全体としてまずまず、美味かったのは美味かったのだが、こんなものだろうなという、想定の範囲内かな。でも、誘われたらまた来ると思う。

20160620_175908

20160620_180325

20160620_180427

20160620_180742

20160620_180832

20160620_183635

20160620_184214

20160620_192327

20160620_201627
 

平日の夕刻、すなわち退社時、久しぶりに「一杯やろう」と云う声が掛かった。少々忙しいタイミングだったが、折角のお誘いなので寄っていくことにし、そうと決まれば仕事を放り出して明日頑張ることにして定時直後、会社を出た。
毎度のことながら、海浜幕張にある居酒屋は、ほぼ全てチェーン店である。従って、味わいのある店が無い。残念なことである。今回入った「鳥の一」もその点で例外ではないが、なんとなく店の「ユルさ」が気に入っていて、時々入ることがある。店内は昭和の雰囲気を演出した落ち着いた内装。18時前に限らず、この店は比較的いつも空いているが、今日は19時ぐらいになるといつのまにか、ほぼテーブル席は埋まった状態となった。この人気上昇の理由は何だろうか。
その名が示す通り、この店はやきとりがメイン。それでも、それ以外の料理もかなり豊富なので、やきとりを喰わずに済ますことだって全く問題ない。この店はランチもやっていて、鶏唐揚げ定食はライスだけでなく、なんと唐揚げも食べ放題だと聞く。育ち盛りじゃないとその恩恵には与れない。近隣さらりーまんのメタボ蔓延を助長しているような気がするが、なかなか太っ腹である。
先ずは生ビール。今日は喉が渇いたせいか、ジョッキで2杯いただく。料理はいつものようにポテトサラダと、若竹煮、桜エビのかき揚げを注文。そして、やっぱりやきとりも喰おうと、ねぎま、鳥皮、砂肝、つくねも頼む。やきとりは1本当たり160円と、高めな価格設定だが、味は文句無い。やきとりには辛味噌が付いてくる。
生ビールの後は、色々な地酒を升でいただく。ついつい調子に乗って、いつのまにか四合。支払いもひとり五千円をかるく超えてしまったが、気持ち良く酒が呑めたので申し分ない。やっぱり老後や年金の話なんかではなく、趣味や花鳥風月の話をすれば、酒は美味くなるものだと感じ入った。

20160414_180127

20160414_180959

20160414_181307

20160414_182130

20160414_182631

20160414_190904
 

仕事帰りに誘われて、久しぶりに海浜幕張の居酒屋で呑むことになった。
場所が決まらないまま駅前をふらふら歩いていると、居酒屋の店員風のあんちゃんに「店はお決まりですか?」と訊かれる。海浜幕張駅前にはこのような客引きが何人もいる。たいていの場合は、店が決まっていなくても、いちいちやり取りするのが煩わしいので、決まっているふりをするのだが、今日は流れに身を任せて、そのあんちゃんの勧めるままに店へ行ってみた。
連れて行かれた店の名前は「やきとり家すみれ」。アルファベットで「smile」と書いて、「すみれ」と読ませるのだそうだ。2014年10月29日オープンしたという、まだ開店後1年のフレッシュな店。こちらは二人なのでカウンター席にご案内。周りを眺めると、テーブル席は結構一杯である。 
ここの特徴は、大山(だいせん)鶏のやきとり。以前、新宿思い出横丁の「あがっしゃい」でも喰った覚えがある。
日本酒も島根の「王禄」を置いてあるところがこだわりか。
結果は以下の通り:

★飲み物: 小計5,376円
 ・生ビール(中): 313円(税込、以下同様)×3杯=939円
 ・ホッピーセット(白):  421円
 ・ホッピーナカ(ダブル): 356円
 ・大山どり・純米: 637円×2=1,274円
 ・國暉・特別純米: 680円
 ・王禄・丈径: 853円×2=1,706円
★料理: 3,898円
 ・お通し: 324円×2=648円
 ・ポテトサラダ: 389円
 ・やきとり3本盛り合わせ: 637円
 ・野菜串盛り合わせ: 745円
 ・恋豚バラ串わさび醤油: 356円
 ・恋豚つくね: 356円
 ・するめいか糀漬け: 389円
 ・浅漬けきゅうりののりクロのせ: 378円 

ということで一人あたま4,600円、 だいぶ良い調子で呑んだようである。海浜幕張にしてはまあまあ美味かったと云えるが、そのぶん、高くついたようだ。ところでこの店は、注文はiPADで出来るようになっているので、支払額がリアルタイムで判る仕組み。でもそんなの気にせず呑むと、こうなる次第。いいカモになった。

20151013_193444

20151013_175614

20151013_180707

20151013_181100

20151013_182050

20151013_182439


すみれ家のHP: こちら 

「松尾ジンギスカン」でジンギスカン鍋の味を覚えたあと、千葉(南船橋)にもサッポロビール園があると知り、アユラシと、北海道出身の和尚と行ってみた。和尚の会社のすぐ近くだった。気が付けば、小生のオフィスの窓からも見えていた(かなり小さいけど)。そもそも、南船橋にサッポロビール工場があるなんて知らなかった。
津田沼駅や新習志野駅から無料送迎バスがある。新習志野駅前のバス停の標識は控えめ過ぎて、素人には判り難いが、ジモピー和尚と合流できたので無事乗車。アユラシは津田沼駅から乗車。この時間、やはり乗客はさらり~まんが多い。殺風景な工業団地の中を暫く進むと、忽然とサッポロの★マークが現れ、ビール園の車寄せに送迎バスが停車。
既に早い時間から喰って、もう帰る連中がバスを待っていた。2階に上がると、ずらりとテーブルが放射状に並んでいる。一応、窓際の席に着いてみる。海に面している筈だが、夜なので全く外は見えない。
メニューを眺めると、実に様々なコースがあるのだが、120分食べ放題とか、牛肉や豚肉、シーフード、サラダ、カルパッチョなどなんていらない、ジンギスカンオンリーで良いので、90分ラム肉食べ放題+呑み放題をチョイス。結果的にこれで充分であった。ビールはそんなに呑めないので、途中からハウスワイン(サッポロポレールなんだろうな)に切り替える。
ラム肉は新鮮なのだろう、柔らかくてジューシー。タレの味も抑えめのようだ。それにしても鍋奉行の和尚は、基礎代謝量が下がっていないせいか(って云うか、身体がでかいせいか)、ガンガン焼いていく。ちょっとでも鍋に隙間が出来ると、新しい肉をどんどん並べていくので、焼き具合を見分けないとうっかり生肉を喰いそうだ。これが北海道流ジンギスカンの喰い方なのだろうか。北海道流がまだ判らない。そう云えば、和尚は「ジンギスカン」という言葉と「羊」は同義語として、つまり入れ替え可能な言葉として使っていた。脱脂していないウールのセーターは、「ジンギスカン」の臭いがする、と仰る。恐るべし、北海道。
ところでここ南船橋は、谷津干潟が近い。バードウォッチャーの方は、谷津干潟で鳥見をしたあと、至近のサッポロ千葉ビール園へ是非どうぞ(その気にならないと、歩いては行けないですが)。

20150825_185149

_DSC9613

_DSC9614

20150825_185414_001

20150825_185416

_DSC9615

_DSC9616

_DSC9617
 

↑このページのトップヘ