山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

ポテトサラダ

それではついに、第5位から第1位までの発表。第5位から第2位までは、やや不本意ではあるが、山帰りではない「番外編」から選ばれた。どれも個性が光るが、けっして奇抜さをウリにしていない、ちゃんとしたポテトサラダと云っていいだろう。

-------------------------------------

第5位 浅草/食事処・酒肴・浅草・水口(通称、水口食堂) (2014年7月27日入店)

_DSC3494

下町の老舗大衆食堂なのだが、思いがけず印象に残るポテトサラダ(380円)が出てきた。ポテトサラダが美味しい店に外れ無し、という格言があるかどうか知らないが、そんな言葉がしっくりくる。舌触りがなめらかでややゆるめなのは、マヨネーズが多めだからではなさそうだ。それが証拠に、味もとてもマイルドなのだ。マヨネーズそのものも、自家製のような気がする。これからも水口食堂には通ってみたいが、なにせここには膨大な一品料理がある。ポテトサラダばかり喰っていると、なかなか他に手が回らないのが悩み。大人数で押し掛ければ、様々な料理を賞味できるのだが・・・。


第4位 浅草/おか田 (2014年12月7日入店)

_DSC5286

地鶏炭焼きの店。ここは、クリーミーなのに深い味という、両立し難いイメージが見事に成り立っているポテトサラダ(480円)。この深みを出すために、いったい何を加えているのだろうか。もちろん、ここは在り来たりな焼き鳥屋とは違う。鳥も美味かった。たいていの客は、様々な鳥料理を喰うので、ポテトサラダには見向きもしないかも知れないが、ここでポテトサラダを喰わないのはとても勿体ない、そう断言できる味である。

第3位 広尾/松玄 (2014年11月24日入店)

_DSC5085

ここのポテトサラダ(550円)もかなり斬新なのだが、ともかく感動的に美味かった。生クリームと卵黄(かな?)を使ったソースが絶妙。もうこれはポテトサラダと呼ぶべきではないかも知れない。もうちょっと近所にあれば、頻繁に行きたいところ。できれば、奥多摩駅辺りに支店を出して呉れませんかね。四方津駅前でもいいけど。それはともかく、蕎麦屋で唯一のランクイン。そう云えば、蕎麦屋でポテトサラダって少ないかもなー。

第2位 神田/かんだ光壽 (2015年2月19日入店)

_DSC6384

「松玄」が洋のテイストを生かしているとすれば、ここ「かんだ光壽」のポテトサラダ(480円)は和の雰囲気。でも、具はベーコン以外何も入っていないと思う。塩味のベースは塩辛らしいが、あくまでも控えめ。刻みベーコンの燻製の香りも、決して全体の味わいのバランスを壊したりしない。品の良いポテトサラダと云えるが、居酒屋の肴らしく、しかし程良く濃いめの味付け。もう、これがあれば何杯でも酒が呑めるだろう。

第1位 立川北口/テンプラニージョ(Tempranillo) (2014年10月18日2014年11月15日入店)

_DSC4705

そして栄えある(?)第1位は、立川北口のテンプラニージョ。おっと、居酒屋じゃないね。そう、スペイン料理店のポテトサラダなのである。この店にはこれまで2回入ったが、ポテトサラダは1度目だけ。これがスペイン風ポテトサラダなのかどうかは判らない。シェフのホセ風、かも知れない。パッと見、マリネした赤パプリカが上に載っている以外は、ごく真っ当なポテトサラダに見える。ところが、口に含んでみると、マヨネーズは手作りの様(≒キューピーでも、味の素でもない味)だ。酸味は抑えめ(白ワインビネガーか)で、油はオリーブオイルを使っているようだ。もうこれだけで、そんじょそこらの居酒屋メニューとは一線を画している。具材はごく普通だが、味付けは、マヨネーズ以外にも何か入っているようだ。アンチョビやにんにくが入っているかも知れないが、はっきりとは判らない。とにかく、美味かった!という印象は鮮明。しかし、じっくり味わうレベルにはまだ達していない。もう1、2度、確認がしたい。人気店になっているかな。

-------------------------------------

以上、とりあえず順位を付けてみたが、なかなか悩ましいところも多かった。これらの店は時間が許す限り引き続きモニターしてみたい。また、まだ世の中、ポテトサラダをウリにしている店はごまんとあるだろう。また新たな料理と出会えれば、機会を見て紹介して行きたい。

突然ですが、第5位から第1位までの発表の前に(なんだかテレビでよくあるベタなパターンだ・・・)、ランク外とは云え、記憶に残るポテトサラダを少々紹介。人によっては、ここで紹介する方がランクインに相応しい、と思うかも知れない。

★番外その1 神田/野菜居酒屋 玄気(2014年11月25日入店)

_DSC5116

この店のポテトサラダを語らずして、このブログのポテトサラダ遍歴は語れない。その名も「伝説のベーコン、レッドムーン、ひかりレンコンのポテトサラダ」(1,200円)は、惜しくもランク外となったが、一度食べたら、忘れられない味。何度か食べると、病み付きになるかも知れない。とにかく、全ての食材が個性を主張している。特に、レッドムーンと云う品種のじゃがいもが、凸さんに「さつまいもじゃないの?」と云わしめるほど甘みがあって味が濃い。値段もインパクトあるが、さほど高いとは感じない。この店のメニューでは、インパクトの強さは、この料理に限る訳でもない。もっと云えば、ここの店主もこの店の内装も、実にインパクトがある。ここが神田であること、忘れること間違いなし!

★番外その2 秋葉原/殿(しんがり)(2014年12月10日入店)

_DSC5309R

玉子入りタイプで、胡瓜、人参も入ったごく標準的なスタイルだが、しっかり固め。マヨネーズを悪戯に多用していないところに好感が持てる。でも、ちゃんと美味い。料理人の技量を感じる、真っ当な一品である。もちろん、他の料理も其々美味い。

★番外その3 立川/青海(2014年6月28日入店)

DSC_0232R

この店のウリは日本酒の品揃えなのだが、負けず劣らず料理も種類が多いし美味い。ポテトサラダも、普通のものと、明太子ポテトサラダがある。「普通」と云ったが、実はちょっと普通とは違っていて、具材は人参以外に玉蜀黍がたっぷり入っていた。そのせいか、かなり甘めの印象。それでも日本酒にちゃんと合うから不思議だ。全体的にクリーミーに感じるのは、マヨネーズ以外になにか入っていそうだが、良く判らなかった。という訳で、また行く必要がある。

★番外その4 本厚木/肉の佐藤(2014年3月29日2014年5月25日2015年3月14日2015年3月28日入店)

_DSC2109R

_DSC3067R

_DSC6966

_DSC7227R

この頃、本厚木で途中下車する機会が多い。その際、ここ「肉の佐藤」に行くことも多いため、この1年余で4回も入った。その4回とも、ポテトサラダを味わっているので、店も馴染みだが、ポテトサラダにもとても馴染みだ。ここの特徴は、玉子入りで、じゃがいもが余り潰されずにゴロっと入っていて、かなりスパイシーな味付けというところか。肉屋のポテトサラダは美味いというイメージ通り、ここも美味い。

★番外その5 北千住/じんざえ門(2014年4月11日入店)

(残念ながら写真なし、失礼!イメージは、例えば勝手にリンクさせて貰ったこの方のブログ(酒リーマンのフードライフ)をご覧下さい。これは別館で出すポテトサラダなのだけれど、多分、量的には同じでしょう。)
ここのポテトサラダ(390円)は、味もさることながら、出されると、とにかく、思わず笑ってしまうくらい、量がハンパではない。2人ぐらいだと、頼んだ事を後悔することになるだろう。でも意外に、いつのまにかペロっと食べられるのは、飽きが来ない、食べ易い味付けということだ。腹を空かせて行く価値あり。でもまあ代謝量が少ない方ばかりであれば、最低4人ぐらいで行くのがベターだと思う。

お待たせしました。ではカウントダウンスタイルで、先ず第10位から第6位までご紹介。図らずも立川の店が4軒入っているが、なにせ立川で呑む機会が一番多いので、当然と云えば当然・・・。

★第10位 立川北口/やきとりの玉屋(2014年10月4日入店)

_DSC4476

ここはもちろん、やきとりが美味いのだが、単なるやきとり屋ではないところがこの店たる所以。他の料理も結構、手が込んでいる。ここのポテトサラダには、いぶりがっことカシューナッツが入っていた。意欲的で斬新であるが、ちゃんとポテトとマッチしている。いつも同じレシピなのかは、今度行って確かめてみたい。


★第9位 立川北口/菊松屋(2014年8月9日及び2015年4月18日入店)

_DSC7628

この店も全てが拘りの料理。ここは、玉子入りタイプのポテトサラダである。スタンダードと云えないこともないが、しかし在り来たりではない味で美味い。ただし、いつもメニューにあるのかはちょっと定かではない。ここは2回入ったが、1回目は(メニューになかったのか)食べていない。次回、確認しなくてはならない。


★第8位 立川南口/かぶら屋(2014年8月2日入店)

_DSC3531

「かぶら屋」は、云わずと知れた居酒屋チェーン店。でも、ここのポテトサラダは安いだけでなく、かなり美味い。ごく普通の具材なのだが、奇を衒わない直球の美味さである。正直云って、ここのポテトサラダが基準ベンチマーク、真っ当な居酒屋ポテトサラダだと思う。色々食べて、基準が判らなくなったら、ここに戻って来て確かめることをお薦めしたい。(褒めすぎか?)


★第7位 立川南口/立川やきとん(2014年6月14日及び2015年2月21日入店)

_DSC3241

_DSC6462R

名前の通り、やきとんがウリの店だが、他の料理もなかなかどうして美味い。ポテトサラダは、ひと言で云うと濃厚、酒に良く合うと思う。最初に食べたとき、チーズが入っているのかな、と思ったが、2度目の時はそれほどには感じなかった。こちらの舌が可笑しかったのか、いまひとつ自信が無いので、もう一度確認が必要と思っている。それでも、どちらも美味かったことには変わりは無い。


★第6位 浜松町/玉川屋酒店(2015年2月25日及び2015年4月27日入店)

_DSC6515

えっ、角打ちじゃん、と思うかも知れないが、その通り。従って、件のポテトサラダも、冷蔵ショーケースの中から客が勝手に取り出して、レジで支払いを済ませ、立って喰う類のもの。2回目の訪問では喰い損なった。極めてノーマルなシロモノで、かぶら屋・基準ベンチマークの延長線上にある感じ。何処かの惣菜屋から仕入れているのかどうかも定かではない。何れにせよ、もう1回じっくり食べてみたい。でもほんと、美味かったよ、これ。160円で得られる幸せ。

第5位からはまた次回。暫し、お待ちを。 

一部のご要望にお応えして、これまで「山から下りたら・・・」で入った店の中から、美味かったと思うポテトサラダのランキングを付けてみることにした。ポテトサラダはそれこそ店によって千差万別、決まったレシピと云うものが、あるのかないのか良く判らない、でも嫌いな人は少ない、という稀有な一品料理と云えるだろう。ちなみに、値段だけを云うとこれまで、下は100円(当ブログをご覧の方は、どこだか、お分かりですね?)から、上は1,200円(これももう、お分かりですね?)まで、同じ「ポテトサラダ」というカテゴリーでも、これ程まで差がある。
個人的に家で作る場合には、どうしても様々な食材を入れ、酸味強め且つスパイシーな仕上がりになることが多いが、うちのかみさんは、酢も油も塩も胡椒も全て控えめで、食材も全てノーマルでシンプルなものを好む傾向にある。ことほど左様に、個人的な価値判断基準がものを云うポテトサラダを対象とした今回のランキングには、小生の個人的嗜好が大きく左右していることを予めご承知おき頂きたい。それでも、ブログをご覧の各位が参考とする際の、一助となれば望外である。
只今、独断と偏見で選定作業中、Coming soon! Don't miss it!

↑このページのトップヘ