山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

ベーカリー

このちゃんが約1時間後に東武日光駅にやってくることになったので、それまで何処かの店でお茶でもしようか(まだ山に登っていないので、ビールというわけにいかないのが残念)、ということにはなったのだが、いざとなるとなかなか開いている店が見つからない。流石に観光地の午前8時台はそんなものか。マクドナルドでもあればいいのだが、そういう店はこの辺りにはない。
そうこうしているうちに、JR日光駅方面に向かってとぼとぼ歩いて行くと、パン屋の看板が目に入る。パン屋ならば早起きだろうから、開いているだろうと期待して近づいてみると、果たして店はやっていて、1階の奥が喫茶スペース(いわゆるイートインができる)となっていた。これでひと安心と入店。2階の喫茶は9時開店のようだ。 
せっかくのパン屋なので、珈琲だけでなくパンもいただく。
この店は様々な種類のパンを扱っていて、なかなか意欲的である。色々ある調理パンの中からコロッケパンを選ぶ。130円。観光地価格ではなく、地元価格がうれしい。近所には日光金谷ホテルのベーカリーがあるが、そちらはたぶん、地元の方々は買わないだろう。ここの店内では、よくみると菓子・スナック類も売っている。実に庶民的な店である。
イートインコーナーで、パンを齧りながら珈琲を飲む。この頃は、登山当日の朝にこうやってのんびり珈琲を飲むことが少なくなった。段々、集合時間が早くなってきていて、始発電車に乗っても、待ち合わせ駅で珈琲を飲む余裕が無くなって来ているせいかも知れない。集合時間が早くなってきているのは、目的地が次第に遠くなってきていることと無縁ではないような気がする。
山から下りたら、汗を流して一杯やろうということになると、自ずから下山時刻はだいたい決まってくる。そのような観点からすれば、ここ日光も公共交通機関利用での日帰りはほぼ限界。この頃は、いっぱいいっぱいの処に通うことが増えた。この傾向は、手近な山で済ませられる、冬季以外は続くような気がする。

DSC00233

DSC00234

DSC00235

DSC00236

うわさの「ハルニレテラス」へ、初めて行ってみた。なかなか車じゃないと行き難い場所(中軽井沢駅から歩けば20分くらい。軽井沢駅からもシャトルバス有)にあるが、随分と人気の様である。
平日、月曜日のせいか、駐車場のゲートは無料解放状態。それでも、まだ10時にしては結構客が来ている。飲食店はまだ開店時間ではなく、従業員達が開店の準備に精を出している。小間物やインテリア、食材を売っている店なのは既に開いていて客(主に若い女性)が入っている。小生の物欲を刺激するようなものは無い。
小川沿いのハルニレ林に、通路であるウッドデッキを連ねていて、それに沿って洒落た店が並んでいる。ウッドデッキは小川のすぐ傍まで伸びていて、ベンチに座っているカップルやら、小川の流れをぼうっと眺めている輩など、思い思いに寛いでいる。
軽井沢の雰囲気を生かして、かつ最大限効果的に演出しようと云う意図が見える。さすが、星野リゾート。
ぶらぶら端から端まで歩き、さて何処かに入ろうかと少々物色して決めたのが「沢村 ベーカリー&レストラン」。この店のウリは天然酵母パンのようだが、この後、昼食は別の場所を決めていたので、ここでは飲み物のみ。キリン・ハートランドビールがあったのでそれを注文。時折風を感じる、外のウッドデッキに設えられたテーブル席で、まったりしながら呑む。
直ぐ傍には、鬼押し出しへとつながる国道146号線、またの名を「日本ロマンチック街道」と云うそうだが(恥ずかしげもなく、良くもこのような名前を付けられるものだ、と思う)、車の通りはそれ程でもない。むしろ、駐車場からやってきて目の前を通り過ぎる、観光客の群れの方が多いくらいだ。今日は月曜日だと云うのに(自分のことは棚に上げて)なんでこんなに人がやってくるのだろうか、と思ってしまうが、良く見れば学生か年金生活者が殆ど。ここ「ハルニレテラス」は、どちらも惹きつけるものを持っていると云えるだろう。 

_DSC9061

_DSC9062

_DSC9063

_DSC9065

_DSC9067

_DSC9068

_DSC9069

_DSC9070
_DSC9073

_DSC9075

_DSC9076

_DSC9077

_DSC9078

_DSC9079

_DSC9080

_DSC9081


ハルニレテラスのHP: こちら
中軽井沢ハルニレテラス - ベーカリー&レストラン『沢村』公式HP: こちら 

↑このページのトップヘ