山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

バー

「面白い店があるから行ってみない?」と誘われたので、会社帰りに3人で寄ってみることになった。場所は、アパホテル東京ベイ幕張の中。かつて幕張プリンスホテルだった頃も、アパホテルに変わってからも、建物に入ったことが無く、今回が初めて。
入ってみると、旧幕張プリンスホテルだけあって、内観はちっともアパホテルらしくない。目指す店は、建物の大きさ、ロビーの吹き抜けの高さから較べると、ちんまりしていて目立たないが、席数は25席とまずまずの大きさ。
この店がどう変わっているかというと、つまみが全て缶詰であること。以前、練馬にあって、今度覗いて見ようと思っているうちに閉店してしまった。ここ海浜幕張の店は、それと同じ系列だと思われる。
店員に、初めてだと云うと、ここのシステムを教えてもらう。棚にずらりと並べられた缶詰の中から、気に入った缶を選び出しレジに渡すと、開けられ温められて出て来るしくみ。様々な缶が並んだ棚を眺めるだけでも結構、楽しい。
まず小生が選んだのは、「たこ焼き」。缶詰としてはおよそ有り得ないシロモノなので、どんな姿で出てくるか、興味津々。ほかの人は、さば缶(これは普通)とチキンサンバル缶(インドネシア辺りにありそうだが、日本では見掛けない)をオーダー。
缶詰は本来、缶詰にする段階で調理される(例えば、さば缶では生さばと調味料を入れ、密封し加熱される)訳で、たこ焼きの場合「生」で缶詰に入れる訳にはいかず、既に調理済みのシロモノを入れて、再度調理されることになるはず。出てきたものを見てみると「たこ焼き」らしきものは3個入っていたが、案の定、2度の加熱(しかも2度目は必然的に圧力釜で煮るのと同じ処理)を経ているのでかなりぐずぐず状態、本来のたこ焼きとは似て非なるものが出てきた。流石に洒落が過ぎるようだが、話の種になるし、一応、つまみにもなる。
その後で頼んだ「出汁巻き玉子」は、形はちゃんとしているが、水浸しになった甘くないカステラのような歯ざわり。これも話しの種にはなるが、それだけのものだった。しかしなんだか、楽しいのは間違いない。次回は棚にあった、あざらしの缶詰でも喰ってみるか。

20170518_174959

20170518_175008

20170518_175018

20170518_175305

20170518_175524

20170518_175712

20170518_175907

20170518_181746

20170518_183344

20170518_190835

20170518_182037

20170518_185338

20170518_185349

今日も忘年会。蕎麦好きオヤジさん達との月いち呑み会は、この頃いつも新橋だったので、久しぶりに銀座にしてみた。店は云わずと知れたオールド・バー「BRICK」。銀座の並木通りにあって、普通のさらりーまんでもそれなりに良い気分になるまで酔えるリーズナブルなバーである。もちろん、隣りにドレス姿の女性なんてやって来ない。この界隈のそう云う店は、支払いがひとケタ変わる。
1階の扉を開けると、カウンター内のバーテンダーが、顔を見るなり「ご予約のお客さんですね、地下階へどうぞ」と云う。まるで顔に書いてありますよ、と言いたげな、随分と勘がいいバーテンダーだ。下ってみると、いつものように小生以外は既にスタートしている。ボックス席は我々だけ。
地下階は、やけに暗い。こんな闇の中で男6人が呑むのは、やや不思議な構図である。暗がりに知り合いが居たとしても、たとえ幽霊が居たとしても、気が付きそうにない。その意味で、ひたすら酒呑みに没頭することができる、呑んべえには有難いシチュエーションである。
今日は、マッカラン12年のボトルが6,000円で呑めるとのこと。そいつは豪気だ。普通は、ワンショット1,500円だから随分とお得だ。今日はビールも我慢して、もうこれ以外は呑まないことになった。
つまみは、それほど凝ったものは出て来ないが、チーズやクリームコロッケ、オムレツ、ソーセージ盛り合わせ、ピザ・マルガリータと、それなりにはある。これだけあれば、あとはマッカランを傾けるだけ。シングルモルトにしては口当たりがソフトなので、くいくいイケる。結局、6人でマッカラン12年を2本を平らげた。それでも一人当たりのウィスキー代は2,000円なので、蕎麦好きオヤジさんも含め、全く申し分ない。久しぶりに気持ち良くスコッチで酔った。

_DSC1314

_DSC1315

_DSC1316

_DSC1317

_DSC1318

_DSC1326

_DSC1319

_DSC1320

_DSC1321

_DSC1322

_DSC1323

_DSC1324

_DSC1325
 

銀座6丁目にある「ヴィラモウラ」へ入ろうとしたときに、あれっ、「しぇりークラブ」が直ぐ傍だ、と気が付いていたので、「ヴィラモウラ」を出た後、やっぱり寄ってみることにした。こういう時でもないと、なかなか来ることが無い。久しぶりの入店だ。初めて入ってから、なんだかんだ30年ぐらいは経ってしまった。
シェリー酒専門のバー(とは云え、ビールや普通のワインを置いてない訳ではない)はもちろんその頃でも珍しかったが、それは今でも同じ。この店で、シェリー酒は、超ドライから超スイートまで、実に幅広いと知ってからは色々と試してみたが、結局、今は超ドライ(いわゆるフィノやマンサニージャ。ティオペペもフィノのひとつ)しか呑まなくなった。
階段を上がると、店内の雰囲気は殆ど変っていないが、店員はすべて女性になっていた。営業方針を変えたようである。とは云ってもドレスを着ている訳ではない。皆さん、ソムリエスタイル。カウンター席に座っていた常連と思しき男性二人が、なんで日本ではシェリー酒ができないんだろう、と管を巻いていた。そのせいではないだろうが、今日は随分と空いている。テーブル席には誰もいない。前回は何年前か覚えていないが、かなり一杯だった。そう云えば、満員で入れなかったこともあった。 
我々はカウンター席ではなく、奥のテーブルへ。席に付いたら、テーブルに置かれたシェリー酒リストを眺め、気に入ったものをオーダーする。特に頼まなくても、シェリー酒と共にチェイサーも付いてくる。何となく銀座風。つまみには、からすみの盛り合わせとチーズを注文。からすみはボラだけかと思っていたら、タラやマグロのからすみがあるのを知った。
ちびちび呑んでいるうちに、若い女性集団がやってきた。これから女子会のようである。やはり、店が銀座にあってお洒落だから、というだけでなくシェリー酒は女性にもウケるということだろう。オヤジ居酒屋ではこのような光景は見ない。
だいたいこの店に来るのは2軒目が多く、なんとなく呑み足りない時に来る感じだ。しかし、そもそもシェリー酒とは食前酒。その法則に反した呑み方をずっとやってきたし、今日もそうだった。たぶん、次回もそうなるような気がする。

20151122_202941

20151122_202934

20151122_202923

20151122_193735

20151122_193813

20151122_193939

20151122_194105

20151122_194120

20151122_201652

20151122_203340


しぇりークラブのHP: こちら 

「無彩庵 池田」からホテルに戻り、少々呑み足りない感じだったので、ひさしぶりにホテル内のバーに行ってみた。ここは「バー」と云う名のバーである。
クラシックホテルのバーは、何処も大変趣きがあって好きだ。勿論ここ、万平ホテルも例外ではない。街中にあるオーセンティックなバーも好きである。当然ながら、女性が隣りに座るようなバーではない。カウンター席が基本のバーで、バーテンダーが無口だと尚良い。
女性が隣りに座るようなバーは、鬱陶しくってよろしくない。その女性がなにか面白い話をしてくれるならばまだしも、たいていはこっちが話すのを待っている。それで金を取るとは一体どういう料簡なのか。つまらない話を女性に訊かせ(あわよくば女性のうけを狙おうと努力し)、金まで取られて平気でいる輩の気持ちが理解出来ない。
ともあれ静かなバーが好きである。基本的に、バーに音楽はいらない(勿論、異論はあるだろうが)。銀座の「ルパン」などは、客がまだ少ない時間帯は「しーん」という音が聞こえそうなほど静かである。旧交詢社ビルにあった「サンスーシ」も良かったが、残念ながら廃業してしまった。「クライスラー」も悪くないが、バーテンダーがやや饒舌である。こちらからの質問に、簡潔に答えるぐらいで丁度いい。「山の上ホテル」の、とっても狭い「ノンノン」も、なかなか行く機会がないが雰囲気が良い。「東京ステーションホテル」の「オーク」も良かったが、新装後は行ったことがない。「ホテルニューグランド」の「シーガーディアンⅡ」も重厚な装飾、調度品の感じが良い。
閑話休題。万平ホテルのバーには、カウンター席が6つあるのだが、既に5人が座っていたので、我々はソファー席へ。バーテンダーがやってきて「何にしましょうか」と問われ、久しぶりにギムレットを所望する。5人のうち熟年4人(男3、女1)はグループのようで、軽井沢在住あるいは別荘にやって来た輩らしい。なにか楽しいことがあったらしい。残りの中年1名は、ボトルを置いて黙々と呑んでいる。まるで近所のスナックで憂さ晴らしをしているようだ。ここは僅か数名しかいない空間なのだが、色々な人生が渦巻いているのを感じる。 

_DSC9023

_DSC9024

_DSC9025

_DSC9028

_DSC9027

_DSC9029

_DSC9030

_DSC9011

_DSC9044

_DSC9045

_DSC9046
 

↑このページのトップヘ