山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

2016年10月

今日は三連休最終日の祝日、さすがに浅草へ帰る客もそれなりにいるようで、指定席の確保がなかなか難しい状況。丁度良い時間の、定期運行の特急「きぬ」(100系スペーシア)だと、9人の席がバラバラになるとのことなので、ならば仕方なく臨時(季節運行)の特急「きりふり」の座席をとった。
「仕方なく」というのは、「きりふり」が鬼怒川温泉駅始発ではなく、下今市駅で乗り換える面倒があるためだ。それを除けば、特急料金が100系スペーシアで1,440円なのに対して、きりふり300系では1,030円とお得。もちろん、その分、車体は古びているし(このちゃんが、「便器の下に線路が見えた!!!」と云っていたが本当!?)、シートピッチは狭い(1,100mm対960mm)のだが、これらは然したる問題ではない。むしろ我々の世代には、ノスタルジーを感じさせてくれるという点で、スペーシアには無い、味があるとも云える。しかし東武としては、来春に新型特急電車500系が導入されるとのこと、この300系を見られる機会も、残り僅かかも知れない。
臨時列車だけあって下今市から乗車するときはガラガラだったが、途中駅に停まる度に乗客は増え、春日部を発車する頃にはほぼ満席となった。
席に着いたら、リュックサックの中から、尾瀬~日光沢を旅してきた「フモトヰ・夏純吟」を取り出す。その名の通り夏の暑い頃に呑む、清涼感があるタイプの酒だが、何となく呑むのが勿体なくて、ついこの時期になるまで呑みそびれてしまった。
備え付けの片持ちテーブルをセットし、酒ボトルとカップとつまみを並べれば、宴の再開。終わってみればあっという間の3日間。今年は天候にも紅葉にも恵まれなかったが、味わい深い山旅となった。日光沢温泉は良い宿だが、ここばかりだと他の温泉宿に行く機会が減ってしまうので、また来年も、という訳にはいかないかもしれない。それでも、次回はやはり紅葉の頃を狙って、群馬側の丸沼温泉から湯沢峠越えで、温泉のハシゴでもしようかと、プランを考え始めている。

DSC03544

DSC03545

DSC03546

DSC03547

DSC03548
 

「大吉庵」を出た後の鬼怒川温泉駅前。まだ電車の出発時刻には間があったので、さっき呑んだ燗酒の口直し(?)に、もう一軒入ることにした。駅前のロータリーに面したところには、何軒か土産物屋兼食事処が並んでいるが、そのなかで、客の呼び込みが熱心だった「いっぷく味処 つるや」に入る。
食事処は2階。上がってみると、かなり賑わっていて、我々はまとめて座ることが出来ず、2ヶ所のテーブルに分かれることになった。今日は三連休の最後の祝日(国民の祝日)なので、さもありなん。内装は意外とモダンで、食事処というよりはCaféという感じである。
皆、思い思いの飲み物や食べ物を注文する。小生は湯葉刺しに冷酒(鬼笑い純米生貯蔵酒)にしたが、鬼怒川温泉麦酒や、クリームあんみつを頼んだ者もいた。場所柄、女性が多いような気がするのは、気のせいか。なんとなく、一杯やる感じとは違う。目の前であんみつを喰っている者がいると尚更だ。この頃は、職場旅行なんてないだろうから、かつてとはだいぶ様子が違う。
職場旅行で鬼怒川へ来た時は、2日目にいったい何処で呑んでいただろうかと思い返してみるが、場所が浮かんでこない。よくよく考えてみるに、鬼怒川温泉に限らず、どこの温泉場へ行っても、2日目は朝に解散することが普通だった。なかに朝食でもビールを呑む豪の者もいたが、大抵はもう酒はたくさん、と軽く朝食をすますか、二日酔いで朝食どころではないものが殆どだった。
鬼怒川温泉の場合、酔い覚ましに観光するような、気の利いた場所が見当たらないせいもある。最寄りは龍王峡か日光江戸村ぐらいが相場だが、しらふの男同士で渓谷見物しても始まらない。さっさと朝に解散して、特急「きぬ」に乗って浅草へ戻るのが妥当な選択だ。浅草に戻るころには胃の具合も正常になり、ではちょっと「神谷バー」にでも寄っていこうか、という方がありそうな成り行きである。

DSC03538

DSC03539

DSC03540

DSC03541

DSC03542

DSC03543

いっぷく味処 つるやのHP: こちら 

女夫渕から鬼怒川温泉行のバスに乗る。約1時間半も乗るのでエコノミー症候群になりそうだが、途中、川俣の土産物屋前でトイレ休憩が入るのが有難い。別にトイレに行きたくなくても、身体を伸ばしたい感じ。その後、通過する瀬戸合峡は、紅葉が盛りだったら良い眺めの筈だが、今年は今一つの様子。
鬼怒川温泉駅に着いたら先ず、帰りの特急指定席を確保し、さて昼食だ。正直云って、温泉街の食事処というと、大した店が無いと云うのが世間の通り相場だが、果たして鬼怒川温泉は如何なものか。
皆の意見を集約すると「蕎麦」ということになるので、事前に調査済みだった「大吉庵」に入ってみることにした。丁度昼どきなので開いているかどうかの心配はいらない。暖簾を潜ると、先客はひと組のみ。テーブル席も座敷もあって店内はそれなりに広いが、なにしろ9人という大所帯なので、座敷に上がらせていただく。応対してくれるお年を召した女性店員は、客が入っても何だか迷惑そうな顔をしているが、それが地顔なのか(のりちゃんが、トイレのスリッパのこと(?)で、年配女性店員から注意されていたようだが、詳細は不明)。
とにかく席を確保し、生ビール(600円)で乾杯の後は、茸おろしあえ(500円)、板わさ二人前(1,000円)、舞茸天ぷら(1,200円)、漬物盛り合わせ二人前(1,000円)を注文。温泉街相場かも知れないが、少々割高である。それに、板わさと漬物は、注文の単位が二人前となっているところが何と云うか、変わっているというか、あえて敷居を高くしている感じだ。こちらとしては一人前にしてほしい、などと云うニーズは無いので、それが可能なのかどうかは訊きそびれた。
ビールの後は日本酒にする。熱燗(600円)を3本頼むと、忽ち出て来た。予め湯煎されていたのだろう。銘柄は会津の酒「末廣」。一杯目を呷ってみると、何やら変わったお味。これは明らかに普通の日本酒ではない。古酒の味に近い。たしかに、色もやや琥珀がかって見える。他の2本はどうか見てみると、それぞれ色が違う。さっき呑んだものが一番色が濃く、他の2本はほぼ無色とその中間。1年物と2年物と3年物の古酒が出て来た感じがする(実際、1年物はかなり尖った印象)。どのような経緯で、このようなシロモノが出来上がったのか、店に訊いてみたい気もしたが、事を荒立ててもしょうがない(たぶん、もう来ることは無さそうだけど、次回、また熱燗を注文してみたい気持ちもある)ので止めた(Woodyさんは訊きたがっていたが・・・)。
ポジティブに解釈すれば、思いがけず、「古酒」をいただくこととなった訳だ。店で意図していた筈も無いが、損したと云うよりも、なんとなく得した気分がしないでもない。
ともあれ、最後に蕎麦をいただこう。普通のもりそばと、ちたけ(乳茸)が入った付け汁のもりそばを注文。蕎麦そのものはまあ普通だが、なるほど「ちたけ」のつゆは、茸の香りが強くてなかなかだ。この店は突っ込みどころ満載だが、良い点もあるので、今後の改善を見守りたい。

DSC03524

DSC03525

DSC03526

DSC03527

DSC03528

DSC03529

DSC03530

DSC03532

DSC03533

DSC03531

DSC03534

DSC03535

DSC03536

DSC03537

 

丁度1年ぶりの日光沢温泉。毎度感じることだが、ここには何度来ても、また次の機会が待ち遠しくなる。昔から、接客そのものは山小屋的にそっけないが、別に求めていることはそんなものではなく、この宿の存在自体、というかここへ泊るだけで満足できることなので、その点では三斗小屋温泉大黒屋や、安達太良山のくろがね小屋と並んで、自分にとっては稀有な存在である。
今回は、尾瀬から鬼怒沼湿原を経てやってきた(山の記録はこちら)。随分以前から温めていたこのコースは、距離は長いが、尾根の途中にある何れのピークも巻いているため、それほどのアップダウンはない。考えてみれば、ひとつもピークを踏まずに、一日歩き続けたのは、かなり珍しい。もしかすると個人的には、ネパールのトレッキング以来かも知れない。
それにしても、昨年に引き続き、尾瀬から鬼怒沼まで終始、雨。元々眺望が利かないところなので、晴でも雨でもたいした違いは無いと思うが、段々冷えて来たのには参った。なにか重ね着しないと耐えられない程ではなかったので結局、日光沢まで歩き通してしまったが、着くなり、何をさておいても風呂に浸かりたくなった。内湯の湯船に身体を沈めると、強張った筋肉がみるみるうちに弛緩してゆくのを感じ、実に心地良かった。こんな経験も久しく無かったと思う。いちおう温まったところで、折角なのでついでに2つの露天風呂にも行ってみる。我乍ら、こんなことも珍しい。
今回、我々尾瀬組7人衆以外に、二つの単独行パーティが日光沢温泉にやってくることになっていた。合計で9人という、かなりの大所帯である。女夫渕組のくまちゃんは、我々の到着後、ほどなく宿に現れたが、もうひとりの単独パーティである大清水組のWoodyさんは、夕食の時間になっても現れない。鬼怒沼湿原を越えてやって来るので、到着は日没後になりそう。
段々気が気では無くなってきたので、夕食後、玄関が目の前にある談話室で待っていると、やがてヘッドランプを点けたWoodyさんが、この宿に住む柴犬の出迎えを受けながら無事到着、女性陣総出のねぎらいを受けた。宿の若旦那は、脚付膳を談話室まで持って来てくれたので、皆に囲まれ質問攻めに遭いながら、Woodyさんは美味そうにビールを呑み、夕食をとっていた。

DSC03461

DSC03462

DSC03463

DSC03464

DSC03465

DSC03466

DSC03467

DSC03468

DSC03469

DSC03470

20161009-DSC03473

DSC03471

DSC03472

DSC03475

DSC03478

DSC03479

DSC03480

20161009-DSC03481

DSC03482

DSC03486

DSC03487

DSC03488

DSC03489

DSC03490

DSC03492

DSC03493

DSC03494

DSC03495

PA100944

PA100949

PA100950

DSC03497

DSC03498

 

別館2Fにて、炬燵に入りながら少々部屋呑みしていた後、夕食は、長蔵小屋(本館)の食堂なので、サンダルを履いて移動。メインの登山道までのエントランス道には、フットライトが設置されているので、ヘッドランプ無しでも歩ける。山小屋とは思えぬ心遣い。
本館の造りは昔の小学校の校舎の様な風貌、昔から変わっていない感じで、この地味さが尾瀬の景観に良く合っているような気がする。
まだ夕食の時間には早かったので、談話室を覗いてみる。ここには囲炉裏はないが、真ん中に薪ストーブがあって囲炉裏端の雰囲気。登山客は思い思いに、酒を呑んだり、山の本を読んだりしながら寛いでいる。
そのうちに夕食の支度が出来たとの声が掛かり、食堂へ。既に、グループ毎に席が割り当てられている。我々7名はほぼ真ん中の席へ。小生はお誕生日席。メインディッシュはハンバーグ(手造りのようだ)。付け合わせにはキャベツやトマト、ブロッコリにかぼちゃサラダと、野菜豊富。小鉢には、がんもどきの煮物。テーブルには、他に切干大根の煮付けや高菜炒めもあって、育ち盛りでなくても、おかわりが何杯でも出来そうな感じだ。
小生は、ご飯をかる~く一杯喰っただけだが、それでも満腹。腹ごなしに、サンダルを履いて大江湿原を散策。空が厚い雲に覆われていて、やや暗くなって来たが、まだ足元は十分見える。誰もいない木道を、ぶらぶら歩くのは気持ちが良い。明日はきっと一日雨なので、今のこの時を楽しもう。

DSC03417

DSC03423

DSC03429

DSC03430

DSC03431

DSC03446

DSC03447

DSC03438

DSC03439

DSC03440

DSC03442

DSC03443

DSC03444

DSC03445

20161008-DSC03449

20161008-DSC03450

20161008-DSC03451

20161008-DSC03452

DSC03448

DSC03460



 

今回は、尾瀬から奥鬼怒までのロングトレールを歩くプラン。先ず第1日目は、大清水から三平峠を越えて、長蔵小屋に到着。今日は曇一時雨の天気予報だったが、降られずに済んだ。しかし、低く垂れ込めた雲が、燧ケ岳の山頂を隠していて、眺めはいまひとつ。この天気では仕方がない。長蔵小屋に泊まるのは、隊長と二人で燧ケ岳に登った2005年の5月以来だから、いつのまにか11年も経ってしまった。長蔵小屋本館の外観は、以前と変わらぬ風情だった。 
さて着いたら、ともかく汗が引かないうちのビールを呑みたいところ。途中の、尾瀬沼山荘や、尾瀬沼休憩所で見掛けた「生ビール600円」の貼紙に、こころが揺さぶられたが、なんとか長蔵小屋まで我慢できた。本館で呑むのも悪くないが、ちょっと洒落た別館の1階で呑んでみることにした。
別館は、1階がカフェテリア、2階が客室という構成。カフェテリアはログハウス調で、ここ尾瀬の雰囲気によく合う設えとなっているが、これでも山小屋?と思う程、立派な内装。グランドピアノだってある。先客は、ソファーを陣取っているラブラブな若いカップルのみ。カウンター内の、バンダナを被った女性店員に「ビール下さい」というと、缶ビールが冷蔵庫に入っているので、ご自由に取り出して下さい、とのこと。そっか、てっきり生ビールが出そうな雰囲気だったが、違った。なんで生ビールにしないのかね、ま、いいけど。いくつかの種類があるので、キリン一番搾りのロング缶にする。リュックサックからマイカップを取り出し、慌ただしく注いで乾杯。は~、沁みる~。今日は天気が悪い割には気温が高く、2時間程度の登りでもたっぷり汗をかいたので、ひと際、ビールがうまく感じる。
ちょっとリラックスしたところで、本館へ受付に行くと、泊まる部屋はやはり別館とのこと。再び戻って、カフェテリアの中を抜け、靴を脱いで階段を上がる。2階の感じはもう、どこぞのプチホテル。尾瀬の山小屋は、ここまで進化しているのかと驚く。我々の部屋は角部屋、中には2段ベッドが並んでいて、炬燵もある。コンセントもあるので、スマホの充電にも有り難い。こんな山小屋に慣れてしまうと、南アルプスや中央アルプスにはまだ多い、古式ゆかしい山小屋にはもう泊まれなくなりそうだ。
荷物を整理したら、風呂の時間までしばし部屋呑み。晴れていれば、燧ケ岳を望みながらの酒になったのだろうが、それでも山頂の姿を思い描きながら呑むのも、それはそれで乙なものである。
(山の記録はこちら)

20161008-DSC03411

DSC03416

DSC03424

DSC03425

DSC03426

DSC03427

DSC03428

DSC03432

DSC03433

DSC03434

DSC03435

DSC03436

DSC03437

DSC03459

PA080872

PA080874

PA080876

PA080885


月いち居酒屋ツアー。今日は、7月の「新竹」以来の中華料理屋にしてみた。湯島にある「萬華」は、2時間食べ放題呑み放題でなんと2,980円(税別)という店。ここの料理の系統は、香港料理の様である。皆さん、基礎代謝はすっかり落ちていて、食べ放題なぞ全く無用の筈だが、何故か、好きなだけ喰えるという、幼少期から刷り込まれた魔法の力には、なかなか抗し難いようである。食べ放題と云っても、ビュッフェ形式ではなく、都度注文するスタイル。メリットは出来たてを喰えるところだが、勿論デメリットもある訳だ。
千代田線の湯島駅から至近なので、それほど遅れずに到着。小生以外の5人は既にがんがん呑んでいるが、料理がなかなか出て来ない、とぼやいている。この店は、テーブル席が壁で仕切られて、個室の様になっているためどれだけの客が入っているのか、良く判らないが、調理が滞るほど客が入っているのは間違いなさそうで、「料理はまだか」のつぶやきが壁の向こうからも聞こえて来る。
それにしても、なかなか出て来ないのは確かのようである。もしかすると、時間制なので、ゆっくり作る作戦に出ているのかも・・・、と邪推したくなる。給仕は、チャイナドレス姿の若い中国人女性がひとりだけだが、料理のペースを見れば、それでも何とかなるのかも知れない。
漸く出て来たのは、海老チリと豆苗炒め。海老チリはごく普通だが、豆苗はシャキシャキで味付けも程良い。とりあえず、なんとか落ち着いたが、その後がまた滞ることになり、酒を呑みつつ、じりじりするうちに残り時間半分が経過。
するとそれ以降、とたんに流れ始め、次々に料理が到着。牛肉ときのこ炒め、ピータン、クラゲの冷菜、小籠包、焼き餃子、豚角煮、海老マヨ、炒飯と、怒涛の料理攻撃。なかなか料理が来ないので、これでもかと頼んだものが一気にやってきて、頼み過ぎたのでは、と後悔先に立たず。喰うのに精一杯で、呑んでいる場合ではない。2時間の期限が来る頃には、もう満腹で何もする気が起きない。料理を残したら罰金、と脅されていたので、何とか平らげることができ、ほっとする。この店の戦略に、まんまと嵌ったのかも知れない。

20161005_184436

20161005_184656

20161005_184706

20161005_184811

20161005_185231

20161005_185321

20161005_191217

20161005_192517

20161005_192745

20161005_193812

20161005_194101

20161005_194620

20161005_203633

20161005_203701
 

勝沼ぶどう郷からの帰り道、寄り道は何処でも良かったが、高尾駅北口の再開発事業が遅れている、という話を先日、耳にしたので、ならば立退きエリアにあるという「あさかわ」も、まだそのまま残っているかも知れないと思い、確認しに行くことにした。
果たして、「あさかわ」は以前とちっとも変わらぬ姿で営業していた。よく見ると、店の前はちょっと小奇麗になっていて、バスのターンテーブルが無くなっていた。これまで、駅前広場が狭いことから、バスがUターン(又は切り返しが)出来ないために設置されていたもの。この手のものは、時々、見掛けることがある。JR上越線の後閑駅前のターンテーブルは、乗客が乗ったまま廻るので、なかなか面白い。同じような停留所は、南善福寺にもあるらしく、バスマニアの間では有名とのこと。
そんなことはともかく、高尾駅北口は、ターンテーブルの代わりに、奥が広く整備されていて、バスが向きを変えられるようになっていた。ってことは、これ以上のスペースはいらないので、「あさかわ」も立ち退く必要が無くなったのでは? という気もする。
入口に掛かった暖簾は、どうやったらこんなにボロボロになるだろう、と思う程、味がある。中に入ると、まだ時間が早かったせいか、客はカウンター席のみで、左側のテーブル席も、奥の小上がりも空いていた。一番奥のテーブル席に着地し、やっぱりビール(大瓶600円税込、以下同様)を注文。今日は陽気の加減か、喉が渇く。
ひと息ついていると、7人ぐらいの中高年ハイカー集団がやってきた。忽ち、テーブル席は満席状態。その後も次々と高尾山帰りのハイカーが現れ、小上がりも一杯になり、その後の客を断るようになる。さすが、相変わらず人気の店である。結局、ほぼオヤジばかりで占拠された。女性は2~3人か。
つまみには、摺差の豆腐を使った冷奴(300円)、ポテトサラダ(400円)、サバ魚醤漬け焼き(600円)、もつ煮(450円)、サンマ塩焼き(700円だったっけ?)を注文。どれも美味い。大まかな価格体系が、この店らしい感じ。
女将さんが云うには、年内はやっています、とのこと。このセリフは去年の今頃も聞いた。年が明けたらまた確かめに来るとしよう。

DSC_1440

DSC_1441

DSC_1442

DSC_1443

DSC_1444

DSC_1445

DSC_1446

DSC_1447

DSC_1448

DSC_1449

DSC_1450
 

今日が「勝沼ぶどう祭り」であることは心得ていたものの、以前、馴染みの勝沼観光タクシーの運転手から「当日は朝から、勝沼ぶどう郷駅前にタクシー待ちの長蛇の列ができる」と脅されていたので、直前まで二の足を踏んでいた。しかし、実際に駅前に来てみると、直通バス(片道300円のシャトルバス)のバス停に多少客が居たくらいで、「長蛇の列」は出来ていない。
「天空の湯」でタクシーを呼んでも、さして待たされることなく、10分ほどでやってきた。これならば大丈夫だろうと、会場の勝沼中央公園広場へ向かう。やはり今日は、天気予報が「一日中雨」と云っていたせいで、客足が鈍ったようだ。
それでも会場の近くでタクシーを降り、歩いて行くと、道の脇にはレジャーシートを敷いて座り込んでいる客がいっぱい。いったい中はどうなっているんだろうと、やや不安になる。わざわざ勝沼に来てまで、人ごみに揉まれたくない。
しかし、会場内は押し合い圧し合いという程ではなかったのでほっとした。かなり盛り上がっている。先ずは、受付で1,000円を支払ってワイングラスを受け取る。これがあれば、あとは呑み放題だ。祭りに欠かせない露店は、公園広場の奥、立木が植わっている散策路に沿って並んでいる。
さっそく、広場に並んだ、ワイナリーが出店しているブースを巡る。全部で20軒ぐらいだろうか。ほぼ有名どころが軒を連ねている。個人的には丸藤葡萄酒工業の「ルバイヤートルージュ」がお気に入りだ。しかし、どのワイナリー・ブースでも、置いてあるのは1,000円台のテーブルワイン的なものばかり。フラグシップ的な(≒高い)ワインは呑ませてくれない。そりゃそうだ、入場料(1,000円)で3,000円台のワインをカパカパ呑まれたら堪らない。
どのブースも、そんなに順番待ちの列は出来ていないが、唯一の長い列は、無料ジュースを飲ませるところ。子供連れやドライバー(たぶん、家族連れの亭主)が並んでいるようだ。
空を見上げると晴れ間も見えて来た。この頃の天気予報は、だいだい良い方に外れる気がする。ちびちびと何杯か立ち呑みしたが、ずっと立ちっ放しは段々しんどくなる。腰の具合もまだまだなので、1時間は無理。かなり良い調子にもなったので、そろそろ退散、シャトルバスの発着所へ向かうことにした。道路に出ると、神輿がやってきた。この辺りの秋まつりと一緒になっているようだ。神輿の先導が、葡萄踏み娘のコスプレというところが勝沼らしい。

DSC_1430

DSC_1431

DSC_1434

DSC_1435

DSC_1436

DSC_1437

DSC_1438

DSC_1439

 

勝沼ぶどう郷駅前の食堂「銀月」から、ぶどうの丘にある「天空の湯」までは、ほんの1km少々なので大した距離ではないのだが、アップダウンが結構あるので、酒が入ってしまうと途轍もなく遠く感じる。駅前から「天空の湯」まで、水平の歩道橋が架かっていれば、何とかなるかも知れない。甲州市の英断を待ちたい。而して、今のところはタクシーのお世話になるしかない。このあたりの運転手は皆、ワンメータ(普通車730円)でも嫌な顔はせず乗せて呉れる。
今回も、「銀月」で少々いい気持になったので、やはり駅前からタクシー乗車。「天空の湯」に着き、フロントで入浴料(610円)を払う段になると、係の人は、我々の身なりを見てすかさず「脱衣所が狭いので、荷物は預かります」と云う。
他の日帰り温泉と較べて、そんなに違いは無いと思うのだが、要は他の客に対する迷惑さを、施設側でどれだけ神経を使っているのか、ということだと思われる。確かに、ロッカーの高さがもう少し低ければ、その上にリュックサックを置くことが出来るのだが、少々高過ぎて届かない。従って、仰せに従い、着替えだけを取り出し、リュックサックの一時保管を頼んだら2階へ。
先ほどのタクシーの運転手は、今日はぶどうまつりがあるので、呑み疲れた客がそろそろ大挙してやってくる筈だ、と我々を脅かしたが、それほど普段との違いは感じられない。露天風呂にいる客が多少多いかな、という程度だった。
さっぱりしたところで、再びフロントに戻ってリュックサックを受け取り、そのまま1Fのラウンジ(軽食コーナー)へ移動。ここは、晴れれば南アルプス・白根三山の大展望が得られる場所なのだが、たとえどんな天気であっても、それなりに佳い眺めなので、湯上りビールを呑みながらぼーっとするには申し分ない。自然に、頭が思考停止状態(=エポケー、epokhế)に陥る稀有な場所である。

20161001-DSC_1429

20161001_133407

20161001-DSC_1418
 

勝沼ぶどう郷駅に、「銀月」という駅前食堂があることは以前から知っていたが、これまでなかなか入る機会がなかった。山から下りて、勝沼ぶどう郷にやって来る場合は、ほぼ必然的に「天空の湯」で汗を流すと云うことになり、その流れで湯上りビールもそこで呷り、電車の時間に合わせてゆっくりするということになるので、駅前にある「銀月」は結果的にスルー。「銀月」に入る上での必要条件は、どうしても山からここへ、直接下りて来ることしかない。
勝沼ぶどう郷駅へ直接下りて来る山は、意外に少ない。一つは、今回登ったように、恩若峰から南西尾根を下りてくるケース。このコースを辿ると、尾根の末端にある青苔寺から「銀月」までは約1km。タクシーを呼ぼうと云う気にはならない距離なので、すんなり「銀月」に行ける。
二つ目は、棚横手&甲州高尾山。この場合も、手近な大滝不動へ下ってしまうと、そこから先は舗装道路となるため、ついタクシーを呼びたくなり、そのまま「天空の湯へ行って下さい」と云ってしまうことになる。従って、甲州高尾山に登っても、下りを大善寺方面にとり、かつ880m圏ピークから尾根を外れて、勝沼ぶどう郷駅へ真っ直ぐ下るしかない。尾根を末端まで辿り、大善寺まで行ってしまうと、やっぱり駅までの舗装道路歩きが鬱陶しくて、タクシーの登場を願うことになりかねない。
もう一つは、徳並山から勝沼尾根を西進し、車道に下りたら、大日影トンネル遊歩道を経由して勝沼ぶどう郷駅へ向かうコース。今回も候補に挙げていたのだが、勝沼ぶどう郷駅前での情報によると、今日は偶々なのか通行不可とのこと。危ないところだった(後に甲州市のHPを調べてみると、当分の間、通行止めの様である)。そう考えると、やはり「銀月」へ寄るのは、かなりレアなケースなのだ。
今日は一日中雨の予報だったので、蒸し暑くてもレインウェアを着っ放しだったが、結果的に雨は落ちて来なかった(山の記録はこちら)。おかげですっかり喉が渇いた。倒れこむように入店し、先ずビールを注文(残念ながら、生ビールは置いていない)。お通しは、ゴーヤの煮物の様だが、持ってきたおばちゃんは「あたしが作ったんじゃないので判らない」と正直。
つまみには、タコの唐揚げを注文。ここは基本、食堂なので、ほうとうとか、ラーメン、炒飯、ソース焼きそばなどがメインだが、他に馬刺しなど、つまみも多少ある。なおちゃんは、グラスワイン(赤)を追加注文。駅前食堂でワインを出すところは、さすが勝沼である。窓の外、目の前に「ぶどうの丘」が見える。さて、呑み終わってひと心地ついたので、そろそろ「天空の湯」へ行くとしよう。次回は、大日影トンネル遊歩道が通行可能となるまで待つか、思案のしどころである。

DSC_1423

DSC_1424

DSC_1425

DSC_1426

DSC_1427

20161001_123316

DSC_1428

 

銀座3丁目の「板前バル」へ行くその途中、直ぐ近くで気になった立ち呑みの店を見掛けたので、「板前バル」で散々呑んで喰って満腹になったにもかかわらず、覗いてみることになった。その店は「銀座酒蔵検校」。検校と云えば、室町時代から江戸時代における、盲官(盲人の役職)の最高位の名称だが、何故そんな名前が付いているのだろうか。とても気になる。
ここは銀座3丁目だが、三原通りと昭和通りに挟まれているこの辺りは、意外と人通りは少なく、ひっそりとしている。そんな一角に、控えめながら存在感を示している「銀座酒蔵検校」。いちおう角打ちらしいが、銀座に似つかわしく、かなりおしゃれ。これでも角打ちと呼んでいいのか、と思ってしまうが、その名の通りここは酒屋なので、瓶ごと購入できるし、配達だってやるそうだ。 
日本酒はずらりと数10種類。どれにしようかと迷う。値段は5勺(0.5合)で300~400円程度と、酒販店直営と云えども、角打ちにしては高めだが、銀座だからこんなものか。銀座に来て、1軒目が高い店であまり呑めなかったので、帰る前にもう一杯だけ呑みたい、という時や、どうせ紋切り型の宴会でたいした酒が出て来ないので、その前にここで美味い酒を味わいたい、などという時には便利な店だと思う。

20160929_172444

20160929_201541

20160929_201659
 

会社帰りに、こんな店はどうだ?と云われて、銀座まで繰り出してみた。店の名前は「板前バル」だと。この頃、何かと「バル」や「バール」が付いた店が流行りだが、この店もそんなノリなのか、しかし「板前」とくっつけるのは随分と大胆だな。Web紹介サイトを覗いてみると、やっぱり和食。どの辺りが「バル」なのか、確かめてみようと、興味津々で店に入った。
まだ、時間が早かったせいで、まだ客は誰もいない。店員に案内されて一番奥のテーブルに着く。店内はかなり明るい。店の名前から、寿司屋のようなカウンター席を想像していたが、どれもテーブル席だった。ちょっと喉が渇いたのでやっぱりビール。スーパードライ・エクストラコールド(550円税別、以下同様)をいただく。
料理メニューを見ると、なかなか美味そうな料理が並んでいる。そのなかから、板前箱盛り刺身ミニ(1,100円)、鶏レバーの雲丹パテ(680円)、炙りへしこ鯖(480円)、新さんま塩焼き(780円)、秘伝豆(480円)、酒盗クリームチーズ(580円)、漬物盛り合わせ(450円)を注文。
板前箱盛り刺身は、「ミニ」で無ければ3~4人前なので、2人だけではちょっと大変と思い「ミニ」にしたが、正解。なかなか新鮮。鶏レバーの雲丹パテは、その名の通り、レバーパテの上に雲丹が乗っていて、これを一緒にカリカリブレッドの上に乗せて喰う。雲丹はそのままで喰いたい感じもあるが、鶏レバーとの相性は悪くない。
秘伝豆は、店員の実家(山形)から取り寄せた自慢の品とのこと(そんなことが出来るのは店長?)で、ならばと頼んでみると、出て来るなりテーブルに置かれた小鉢から、だだ茶豆のような香りが強烈に漂ってくる。口に含んでみると、味そのものはそれほど個性が強くない。
こんな料理だと、やはりビールじゃ物足りない。次は白ワインにしようと、バロン・ド・ロートシルト(3,500円)を注文。その後は日本酒に移行。店長(?)曰く、ここのお勧めは「初孫」とのこと。やはりこの店のカラーは、山形のようだ。ならばと、「初孫秋あがり」(700円)、「初孫もみじ浪漫」(600円)をいただく。最後には日高見(700円)、百十郎・黒面(800円)も賞味。
かなり呑んで喰って大満足。居酒屋ほど泥臭くないが、日本料理屋ほど気取った感じでも無い「板前バル」は、和食を存分に楽しめる店だった。

20160929_172341

20160929_172612

20160929_172719

20160929_173029

20160929_173104

20160929_173141

20160929_173922

20160929_174054

20160929_175101

20160929_175319

20160929_175523

20160929_175748

20160929_180349

20160929_181018

20160929_194748
 

会社帰りに「ちょっと寄って行かない?」と声が掛かった。勿論、金曜日以外は断らないことにしている(金曜日は、翌日の山のため、基本的に断る)。折角のお声掛りなので、ならば毎度、海浜幕張ではなく、偶には門前仲町に寄り道しようかということになった。
海浜幕張は、街自体が新しいせいで、在り来たりの店しか無く、味がある店は皆無。常日頃から、門前仲町界隈のように、昔から呑んべえに愛されてきた、手作り感たっぷりの店が並んでいる街が、つくづく羨ましいと思っている。門前仲町駅までは、電車を乗り継ぎ小1時間かかるが、そんな面倒を掛けてでも、偶には寄ってみたくなるのだ。
今回、オヤジ3人で入った店は、地下鉄門前仲町駅から歩いてすぐの「富岡水産」という魚屋が経営している店で、その名も「富水」。だいぶ前に入ったことがあったが、店の名前は失念していた。今回、暖簾を潜り店内を見回してみて、そう云えば来たことがある、と思い出した。どうやら、近所にある「魚三酒場」と、記憶がごちゃごちゃになっていたようだ。
ここは、居酒屋というよりも、海鮮食堂という感じ。それが証拠に、隣りのテーブルでは、近所の(勝手な妄想)おばちゃん同士で、魚を喰いに来ている。うな重もあるので、それだけを目当てにやってくる客もいるはずだ。
席に着いたら、先ずは駆け付けエビス生ビール(700円税別、以下同様)。その後は日本酒をいただく。料理は、コハダ酢(700円、だったっけ?)、クジラベーコン(900円)、穴子白焼き(900円)、アジフライ(1,000円)、大根煮(400円)、サバ味噌煮(500円)、漬物盛り合わせ(300円)を注文。どれもこれも100円単位という大雑把さがこの店らしいところか。一見、ちょっと高めに感じるが、量もそれなりなのでCPは悪くない。特にアジフライは後悔するほど巨大、一人で一匹を喰うとかなり腹に堪える。サバ味噌煮は味噌味が良い。しかもかなり肉厚、脂ものっているので食べ応え十分である。
「富水」には別館もあって、 そちらの方はちょっと小粋な店構え。オヤジ同士で入るには勿体ない雰囲気である。門前仲町には魅力的な店が多いが、わざわざ行かなくてはならない場所にあるのが、少々悩みのタネである。

20160926_183639

20160926_184002

20160926_184141

20160926_184220

20160926_184448

20160926_184709

20160926_190558

20160926_191852

20160926_195309

 

三ツ峠山の帰り道。今日の反省会は7人で、さて何処にしようかと相談、やっぱりアクセスが一番良い(今日は京王線族が4人)高尾駅で途中下車、いつもの「たまの里」にした。ほぼ1年ぶり(前回のレポはこちら)の入店である。今日も呑んべえオヤジハイカーでかなり賑わっているが、上手い具合に7人が丁度入れる、一番奥のテーブル席に着陸。
高尾駅が、高尾山から陣場山に至るハイキングコースの玄関口であるため、この界隈の店に、オヤジハイカーが多いのは判るが、高尾山にはそれこそ老若男女がやってくるはず。若者は、こんなところには引っ掛からないようだ。いったい、どこへ行くのだろう。ビヤマウントには行きそうだが・・・。
そんなことはともかく、さて飲み物は「とりあえずビール」はもう止めにして、日本酒からスタート。20種類ほど置いてある中から、「出羽桜」(740円)や「初孫」(630円)、「澤乃井」(630円)など、各々思い思いの銘柄をチョイス。小生は「七田」(740円)にしてみた。回し飲みしてみて、其々の味の違いを確認。皆さん、ひとくちに日本酒と云っても、随分と違いがあることを改めて実感。その後も、王禄や緑川なども味わった。
料理は、タコの唐揚げ(470円)、海鮮サラダ(720円)、じゃこと豆腐サラダ(640円)、ごぼう天(360円)、厚揚げ焼き(370円)、自家製だし巻き玉子(470 円)と、如何にも蕎麦屋らしいものを注文。サラダはどちらもボリューム満点。だし巻き玉子、厚焼き玉子はいわゆる定番だが、店によって味わいは千差万別。個人的には、もうちょっと塩味が利いている方が好みである。
料理はどれもボリュームがあったせいか、かなり満腹になった。そして前回のレポでも危惧した通り、またしても今回、蕎麦を喰うことを失念した、というか誰も蕎麦を喰いたいと云い出さなかった。もはや、この店が蕎麦屋だったかどうかさえ、皆さんは覚えていないと思われる。
この次は、できれば新蕎麦の頃に、忘れずに蕎麦で締めることとしよう。

DSC03376

DSC03378

DSC03380
 
DSC03381

DSC03382

DSC03383

DSC03384

DSC03385

DSC03386

DSC03387

DSC03388

DSC03390
 

「天下茶屋」でほうとう鍋を喰って温まった後、やはり汗を流すのは早い方が良かろうと、タクシーで「河口湖ステーション・イン」へ直行。今年の1月以来の訪問(その時のレポはこちら)である。
河口湖駅周辺には、他にもいくつか立ち寄り湯があるが、何れも駅から歩いて行けるような場所ではないし、料金も観光地相場になっていて、たいてい1,000円以上するので、ちょっと二の足を踏む感じ。一方、ここ「河口湖ステーション・イン」は、河口湖駅の目の前で、料金は600円。勿論、ボディソープやシャンプー、ヘヤドライヤーも常備。しかも富士山も眺めることができる展望風呂である。残念ながら、温泉ではないのだが、我々の様に、山から下りてさっぱりする上では全く申し分がない。登山に限らず、身体を動かして汗をかいたような客が河口湖界隈にいる限り、これで来ない訳が無い、と思うのだが、今日もほぼ貸切状態(男風呂に先客1名のみ)。日帰りなんてせわしいことはせず、優雅にお泊りする客か、日帰り客であってもマイカー移動なのだろう。ともかく、我々にとってはまこと好都合である。
この頃、河口湖駅界隈には外国人観光客が目立つが、「河口湖ステーション・イン」でも同様。我々の到着時、フロントでは、若主人が外国人相手に観光スポットの説明をしていた。こんな小さなインでも、英語でコンシェルジュ的接客をしないとやっていけない時代なのだと感じ入る。
外国人が納得顔でホテルを出て行ったあと、ようやく我々も受け付け。入浴料を支払って4階へ。今日は生憎の天気で、目の前に見える筈の富士山はガスの中。それでもここの風呂場は2方向が窓なので、明るくて気持ちが良い。
さっぱりしたら、待ち合わせ場所の1Fのコーヒー&レストラン「Buffet」へ。いつも我々が乗る「ホリデー快速富士山2号」までまだ時間があるので、風呂上がりビールを呑んで時間調整。三々五々皆が風呂場から戻り、1本、また1本とビールを追加注文。全員が揃って喉を潤した頃、そろそろ電車の時間、駅に移動しよう。
「河口湖ステーション・イン」は、インバウンド需要はそれなりにありそうなので、潰れる心配は無い。従って、これからも展望風呂が混み合うことが無いよう祈りたい。

DSC03375

DSC03374

DSC03373

DSC03370

DSC03371

たいていの方々と同様、「天下茶屋」の存在は、太宰治の「富岳百景」を通じて知っていたが、これまで実際にそこで酒を呑んだことはおろか、店に入ったことすら無かった。何故か。それはひとえに、ここを山登りの出発点としたプランばかりだったことに因る、と、ふと気が付いた。ならば、「天下茶屋」に下りて来ることを先に決め、その目的に適った近くの山に登るプランを捻り出してみたいと思い立ち、このところチャンスを狙っていた。
今回たまたま、兄から三ツ峠山に登るプランについて打診を受けたので、そのついでに天下茶屋までつなげるコースにした次第。生憎の天気予報だが、どんな雨が降ろうが天下茶屋には行けるだろうと踏んで、安心して当日を迎えた。 
結果的には、昼近くになって雨が本降りになったことから、清八峠まで行くことはせず、大幡八丁峠から林道を下ることになった。基本的に林道歩きは好まないものの、傘を差しながら無心に歩くのはそれほど悪くは無い。少なくとも林道の下りは、雨に合うと思う。
「天下茶屋」に辿り着くと、富士山が全く見えないこんな天気でも、意外と車やらバイクが停まっていて、店内も賑わっている。ぐるっと見回しても、登山客は我々だけ。要するに、ここは下界なのだ。ここは昭和9年創業。この茶屋を有名にしたのは勿論、太宰だろうが、「天下茶屋」という名前は徳富蘇峰が世間に広めたらしい。井伏鱒二もそうだし、何れにしても文人に愛された茶屋だったようで、そのおかげで今も、こんな雨降りでも客がやってくる訳だ。
雨具を整理してから、店の南側の部屋に案内される。部屋と云っても、西側が開け放たれていてなかなか良い雰囲気。晴れていれば、富士山や河口湖も見える場所だろう。落ち着いたところでビールで乾杯。ここで酒を呑むのは、歩いてやって来た我々だけの特権だ。つまみには、木の実みそ田楽(580円)と、きのこほうとう鍋(1,410円)を注文。コンニャクにかかった田楽味噌は、サンショが効いていてなかなか美味い。ほうとう鍋は、あっさりした味付け。あっという間に無くなった。
やはり次は、天気が良い時に来てみたい。そのためにはどのルートで来ようかと、今からプランを練っているところである。
(山の記録はこちら)

DSC03354

DSC03356

P9240791

P9240792

P9240795

P9240794

20160924-DSC03360

DSC03359
DSC03361

DSC03362

20160924-DSC03365

DSC03363

DSC03366

DSC03367

DSC03368

DSC03369

アユラシが帰京する機会に合わせて、呑み会をすることにした。前回は池袋だったので、今回は新宿。この頃、新宿へ行くことはだいぶ減って来た。以前であれば、気の利いた店のひとつやふたつ、直ぐに思い付いたが、この頃は記憶もぼやけるし、新しい店の情報を仕入れることもしていないので、益々行き難くなってきている。
山の帰りだと「思い出横丁でも行ってみるか・・・」、となるが、予め予約を入れておこうとなると、少々調べてみたくなる。その結果、魚が美味そうな「タマル商店」が眼に入った。祝日でもやっているようなので、予約してみた。
朝霞台で時間調整したにもかかわらず、新宿到着がだいぶ早かったので、ちょっと西口をぶらぶら。小田急ハルクのB1Fにあるアウトドアショップ街にも寄ってみる。ここにはアークテリクスのショップもある。機能性とデザインは良いが、ちょっと高過ぎて手が出ない・・・。
うろうろするのも飽きてきたので、まだ早いが店に行ってみる。やっぱり1番乗り。じっとしているのも手持無沙汰なので、ビール(スーパードライ・エクストラコールド)を注文し、ちびちび呑んでいると、やがて順次、参加者が現れる。現れる度に乾杯。この頃、鳥見に専念している凸さんも久しぶりに登場。ゲストの(といってもタダではない)アユラシも程なく到着。最後にこのちゃんも現れ、何回目かの乾杯をする頃にはすっかりビールは無くなった。
ここのお通しは、じゃがいも+イカの塩辛という、北海道スタイル。ここはそういう店だったのか。いきなりじゃがいもは重たいな、と手が出ず。先ずは刺身をいってみよう、と六点盛り(1,980円税込、以下同様)を注文。なおちゃんが、抜かりなく10%offのクーポンを持参しているので、他に、セロリ浅漬け(420円)、たこ唐揚げ(480円)、海鮮漁師サラダ(880円)、さんま塩焼き(480円)、さつま揚げ(480円)、鮭ハラス焼き(580円)、真鯛かぶと煮(780円)、ぬか漬け盛り合わせ(480円)をどどどっと頼む。特に安い訳でもないが、どれもまずまず。やっぱ、さんまは美味いな。
ビールの後は日本酒。かなり有名どころが揃っているが、だいたいどれも400円(0.5合ぐらい?)。この頃、有名な地酒を出す場合には、1合単位ではなく、勺単位で出す店が増えて来たように思う。こちらとしても色々な種類の酒を呑んでみたい場合もある訳だから、少々割高かもしれないが、そのようなニーズに合わせていると云える。がぶがぶ呑みたいオヤジ達が好む、場末居酒屋とはまた別の世界が出来つつあるようだ。

DSC03324

DSC03325

DSC03326

DSC03328

DSC03329

DSC03330

DSC03331

DSC03332

DSC03333

DSC03334
DSC03335

DSC03336

DSC03337

DSC03338

DSC03339

DSC03340

DSC03341
DSC03342

20160922-DSC03343
 

寄居で鮎に舌鼓を打ったあと、今日はこれから新宿へ向かうことになっている。そのままだとちょっと早過ぎるので、東武東上線の朝霞台で途中下車。カミさんが何度か入ったことがあると云う、Caféに入ってみることにした。朝霞台駅(武蔵野線、北朝霞駅)の北口にあるその店は「セガフレード・ザネッティ・エスプレッソ(Segafredo Zanetti Espresso)」という名前。如何にもイタリアからやって来た感じの店名である。
基本はエスプレッソを飲ませる店らしいが、アルコールも出すので(でないと入らない)、いわゆるバールのたぐいだろう。店の装飾は赤と黒が基本で、オシャレではあるが決して落ち着いた感じではない。通常のファストフード店と同様、レジで支払ってから品物を受け取るしくみ。飲み物以外に、パニーニやパスタを出すところがいかにもイタリア資本の店という感じだ。
いちおうビールを注文。小腹が空いていれば何かアンティパストでも頼みたいところだが、残念ながら今日はそれどころではない。土日は朝8時からやっているようなので、今度もし、東武東上線沿線で、遅出の山登りの機会でもあれば、朝食に寄っていくのも良さそうだ。

20160922_153348

DSC03322

20160922_151454

DSC03321

DSC03320
 

今シーズンは、例年になく鮎を喰う機会が多かった(先日の「那須観光やな」は想定外)が、締めくくりの鮎は、寄居の「京亭」でいただくことになった。勿論、随分前から予約は入れておいた。家から電車を乗り継ぎ2時間掛かるが、それだけのことは十分ある。
建物はいわゆる数寄屋造り。大正から昭和にかけて活躍した作曲家、佐々紅華の別宅だったとのこと。その後、料理旅館を始めたようである。これまで3回ほど鮎を食べにやってきたが(前回の訪問はこちら)、何れも洋室だった。今回は、庭の正面に位置する和室。庭に出ないと荒川の川面は見えないが、対岸の鉢形城跡の、こんもりとした森が望める。今日は生憎の天気だが、むしろそのおかげで緑が瑞々しい。
先ずビール。料理の始めは鮎の甘露煮でスタート。上手に煮てあって、頭も骨もきれいに食べられる。その後、様々な仲居さんが代わる代わる、料理を出していく。結局5人、いただろうか。一番の年功者がここの大女将(ということは、佐々紅華の奥方か娘か)、次が若女将のようだが、他は良く判らない。もしかしたら全て親類かも知れぬ。客が来ている部屋は4つくらいしかなさそうだから、仲居が5人もいたら持て余しそう。ひょっとすると、料理人も女性なのか、などと想像してしまう。
最後に、大女将と思しき女性が、鉄鍋に入った鮎飯をもってくる。蓋を開けると、炊いたご飯の上に鮎が3尾。分葱と大葉が入った小皿。「入れない方がいいですか?」と訊かれるが、全部入れて下さいと答える。それにしても、やはり天然鮎の苦味は、養殖ものとはちょっと違う。それを最も顕著に感じるのは鮎飯だと思う。鮎飯はたっぷり出て来るので、とても2人では食べ切れない。残りは持ち帰らせてもらった。
大女将に訊いたところによると、ここで出される天然鮎は、予め契約した釣師(と云ってもプロという訳ではなさそうで、想像するに、仕事をリタイアした熟年が小遣い稼ぎでやっているようだ)から入手するとのことで、釣る川は荒川に限らないらしい。荒川が大水で濁ったときは、わざわざ富山とか岐阜の鮎も取って来たとか。
前回はひとり6.5尾を喰ったのだが、何故か今回は4.5尾(除、うるか)しか喰えなかった。天然鮎が手に入れにくくなっているせいかどうかは判らない。とは云え、十分堪能することが出来た。また来年も、来る機会が得られることを祈りたい。

DSC03284

DSC03285

DSC03286

DSC03318

DSC03317

DSC03287

DSC03288

DSC03289

DSC03290

DSC03291

DSC03292

DSC03297

DSC03293

DSC03294

DSC03299

DSC03300

DSC03301

DSC03303

DSC03304

DSC03305

DSC03306

DSC03307

DSC03308

DSC03309

DSC03310

DSC03312

DSC03313

DSC03314

DSC03315

DSC03316
 
京亭のFB: こちら 

↑このページのトップヘ