4日目の朝、ゆっくり朝食を喰って、ゆっくりと「ペンションてんとう虫」を出るがそれでも未だ午前8時。今日も宿のご主人の車で、「吹割の滝」まで連れて行ってくれることになった。ところが「吹割の滝」に着いても、我々が戻るまで待ってくれ、その後、沼田駅まで連れて行ってくれるという。「それは申し訳ないですねぇ」と云いつつ、誰かが囁いていた「外で羽を伸ばしたいのかも」という言葉が現実味を帯びてきた気がした。
このちゃん曰く「溶結凝灰岩」がひと固まりになっているところに、川の水が長い年月をかけて穿った僅か落差7mの滝が「吹割の滝」。Woodyさんは、ナイアガラの滝と較べたのかも知れないが、吹割の滝は「大したこと無い」滝だと素気無く云うが、少なくとも日本ではこのようなタイプの滝は類を見ない。もう何度か来たが、やはり唯一無二の独特の景観だと思う。「東洋のナイアガラ」などと呼ぶから皆、勘違いするのだ、そんな無粋な形容は止めた方がよろしい。
ひと通り巡ってもまだ9時過ぎ。そこで折角なので沼田城址公園にも行くことにした。もう、当然のように宿のご主人は送って呉れて、しかも公園内の散策に付いてきて呉れる。真田が築いた沼田城を一度見てみたいと思っていたので満足。天守閣が無いので、小生以外はいまいち盛り上がらないようだった。暫くしてから沼田駅まで向かい、そこで漸く宿のご主人と、大変お世話になりましたとお別れ。
それでもまだ11時前。ランチの予約を入れた店に向かうにはやや早過ぎるので、何処か時間を潰すところが無いかと駅前を見渡すと、土産物屋の2階に「ハイマート」という喫茶店があり、開いていた。ビールが無いので、やむを得ずアイスコーヒーを飲んだ。

244 4日目は観光。

245 ここは吹割の滝。

246 全国でも類を見ないタイプの滝だ。

247 ナイヤガラの滝と比べてはいけない。

248 次に沼田城址公園へいってみた。

249 下に駅が見える。

250 向こうの山は子持山。

251 御殿桜。

252 北側の眺め。

253 上州三峰山。

254 戸神山。

255 時の鐘。

DSC05486

DSC05487