3日目も同様、朝5時半に朝食をいただいた後、またまた「ペンションてんとう虫」のご主人の運転するマイクロバスに乗り6時出発。今日目指す山は四郎岳と燕巣山(山行記録はこちら)。それぞれ前者はぐんま百名山(平成15年選定)、後者は栃木百名山(平成11年選定)に挙げられている山で、そんな対象になった昨今はそれなりに注目を浴びるようになったのだろう、丸沼からの四郎沢沿いの径は思いの外しっかりしていた。
小生は、四郎岳が「続静かなる山」(昭和55年、茗渓堂刊、四郎岳の項の執筆者は横山厚夫氏)に載った頃から、登る機会を窺っていたのでもう足掛け40年越しの山だ。両方の山を登るにはどうしても前後泊まる必要があったので、なかなか踏ん切りがつかなかったのだった。
四郎岳も燕巣山も、四郎峠から一気の登りで無駄がない。とてもスッキリした登路だ。これで晴れて雪が付いたら、さぞかし気持ちが良いだろうと妄想する(恐らくピッケルが必要だろうが)。何方の山頂もまさしく「静かなる山」で、これはなんたら百名山になっても変わらないようだ。生憎の天気でガスに包まれていたものの、いい気分で丸沼へ下りた。
丸沼にある温泉ホテル(環湖荘)で立ち寄り湯をしようと目論んでいたが、今日は日帰りは受け付けていないとの表示。泊り客が多いということだろう。当てが外れたが、すぐ傍にある「丸沼湖畔亭」が開いていたのでビール(生ビール640円)を呑むことが出来た(Woodyさんはソフトクリーム)。
メニューを眺めると、つまみになりそうなものが無いため(試しに「天ぷらそばの天ぷらだけ、もらえませんかね?」と訊いてみたが、丁重に拒否された)、やむを得ずリュックサックから乾き物を取り出して摘まんでいると、男性店員が「持ち込み禁止なんですが・・・」と。
すかさず、なおちゃんとこのちゃんが「あら、ごめんなさいねー」で済ませてしまい、かといって食べるのを止める訳ではない。さすが。こういうところにオヤジ男子は首を突っ込まない方が、ややこしいことにならずによろしい。

DSC05384

DSCF2246

DSC05386

DSC05387

DSCF2247

162 いくつか堰堤を越える。

163 背丈を超える笹をかき分ける。

168 滑床をちょっとだけ歩く。

173 中間尾根の末端。

186 気持ちがいい一直線な登り。

200 一時的に復元。

209 傾斜が緩んできた。

211 燕巣山に到着。

227 滑床に沿って下る。

DSC05454

231 今日は日帰り温泉がやっていない。残念!

DSC05450

DSC05451

DSC05455

DSCF2282