「八島山荘」でタクシーを待ちながら、しかしそれがなかなかやってこないので、生ビールだけでなく日本酒まで呑んでいい気分になってしまったあと、漸くやって来たタクシーに乗り上諏訪へ移動。道すがら、上諏訪でお勧めの日帰り温泉は何処ですかとタクシー運転手に訊くが、なかなか返事が返ってこない。
(上諏訪は県内有数の温泉街の筈なのに)そもそもそんなことを訊く客は少ないのか、それとも(上諏訪で仕事をしている運転手のくせに)温泉には全く興味が無い運転手だったのかは良くはわからない。それでもそのうちに返ってきた答えは、「浜の湯はどうですか?」だった。そんな日帰り温泉、あったっけかな?と思ったが、地元のタクシー運転手だから大丈夫だろうと向かう。
「浜の湯」に着いてみると、そこは超立派な温泉ホテル。タクシーのドアが開くと途端にホテルのドアマンが二人やって来て「お泊りでしょうか、お名前を頂戴できますか」ときた。いやいやそうじゃない、日帰り入浴できたのだと告げると、ドアマン曰く、うちは生憎、日帰り入浴をやっていません、と。タクシー運転手と一緒に、あれれ、という感じ。仕方がない、それではということで、すぐ裏にある「片倉館」へ向かう。結果的に、初めからタクシー運転手には訊かず、真っ直ぐここへ来れば良かった訳で、地元のタクシー運転手が必ずしも当てにならないということを再認識した。
一年半ぶりの「片倉館」(前回はこちら)。前回とは異なり、やや遅い時間(午後三時半過ぎ)の入館だったが、それでも千人風呂には先客が6人だけで、とてもゆったりとできた。
サッパリした後は、いつものように二階へ上がって湯上りビール。そもそも広い休憩スペースだが、COVID-19対応でテーブルの間隔がやたらに広い。寂しいほど空虚でレトロな部屋で、今回も「諏訪浪漫・しらかば」をグビッとやった。そのあとテラスへ出てみると諏訪湖の湖面が輝き、それに照らされた片倉館の煉瓦壁が映えて、イタリア・コモ湖畔もかくや、と思わせる風景だった。

DSCF2091

DSCF2101

DSCF2092

DSC_0640

DSCF2093

DSC05265

DSC05266

DSC05267

DSCF2094

IMG_3790

DSCF2100

IMG_3792

IMG_3793

DSC05268