「石川啄木記念館」で明治時代の生活に触れた後は、再びタクシーに乗って渋民駅へ向かう。運転手は一見、無口のようだが喋り出すと止まらない。頼みもしないのに色々な話を聞かせてくれる。その中で、この辺りは水が豊富で、渇水には無縁だという話を披露してくれた。
その水源は川の水ではなく地下水だという。富士山のように広大な岩手山の裾野に降った雨が伏流水となるらしい。地図を見ると、確かに岩手山の東側斜面は北上川までの間には大して大きな川は見られない。一方、いくつかの小さな川が岩手山の裾野から急に現れ、北上川に注いでいる。まさしく富士山の御殿場や富士宮辺りで見られる感じとよく似ている。御殿場市の水源も地下水(富士山と箱根山の伏流水)だと聞いたことがある。
渋民駅の手前でもコンビニに寄ってもらい、また缶ビールを手に入れた。渋民駅は、今でこそ第3セクター、IGRいわて銀河鉄道の駅だが、かつてはJR東日本の幹線、東北本線の駅だった。上野駅から青森駅まで日本最長の営業キロを持つ路線だったが、東北新幹線の八戸および新青森延伸に伴って盛岡駅から先が「IGRいわて銀河鉄道」と「青い森鉄道」に移ったため、最長ではなくなった(現在の最長は山陰本線)。
ちなみにIGRいわて銀河鉄道は、第3セクターとしては珍しく営業収益が黒字である。昨年度の決算を見てみると旅客運輸収入が約12億円であるのに対して、鉄道線路使用料収入が27億円もある。これは恐らくJR貨物からの貨物列車運行料金だと思われ、旧東北本線であったことの恩恵が大きい。
JR時代の渋民駅を知らないが、駅の雰囲気はきっとそのままなのだろう。無人駅だが、味わい深い建物である。待っていると、IGR7000系100番台がやってきた。JR東日本の701系と同じ車体だが、外装のカラーリングが違うとまた別の車両のように感じる。中は姫神山側がロングシートで岩手山側はクロスシートという、面白い配置になっていた。

072 渋民駅に到着。

073 今はいわて銀河鉄道線のローカル駅。

074 これで盛岡へ移動。

075 山から下りたら車内で。