今回は岩手山を目指すため盛岡までやって来た。岩手山は早朝から登らないと下りてこられないので、前夜泊が必要。でも時間が勿体ないので、1日目は軽い山に登ってみようと選んでみたのが姫神山だった。タクシーの運転手から姫神山の伝説を聞いたところによると、岩手山をめぐって早池峰山と三角関係だったとのこと(何方が正妻で妾かは忘れた)。
城内コースから登って一本杉コースを下ることにした(山行記録はこちら)。姫神山は小さいながらも裾野が広がっている独立峰のせいで、登り始めは緩やか。奥多摩や丹沢辺りと違って植林帯が無く、一歩目から自然林だからか、明るくてとてもいい雰囲気だ。それと、やや時期外れながらも、ヤマジノホトトギスやソバナ、ウツボグサをはじめ色々な花が咲いていた。「新・花の百名山」(田中澄江著、文藝春秋社)では、ガンコウランが取り上げられていたが、気が付かなかった。
山頂付近になると巨石が積み重なったような状態となり、急に展望が開ける。すぐ西の岩手山はガスの中。その手前から爆裂音が聞こえてくるが、たぶん自衛隊の演習場からだろう(「陸上自衛隊岩手山中演習場」がそれ。以前は「滝沢演習場」と呼んでいたような記憶がある)。南に目を向けると、巨大な風力発電機が9本並んで見えている。風が心地良い。2時間弱で山頂に到着。手頃な山だ。
一本杉登山口に下りたら、タクシーに乗って石川啄木記念館に寄ってみた。でもその前にコンビニに寄ってもらい、缶ビールをゲット。タクシーには待ってもらっているので、缶ビールを呑みながら運転手とちょっとだけ世間話。
石川啄木記念館よりも、その隣に渋民尋常小学校と石川啄木が暮らしていた家が移設、復元されていて、こちらの方に惹かれた。建物の中に入ると、窓があっても中は随分と暗い。電灯の発明は偉大だと感じた。

011 段々と勾配が上がってきた。

012 とても歩き易い登り。

015 ミヤマウツボグサのようだ。

016 この山はヤマジノホトトギスと・・・

018 またクルマユリ。

024 ツリガネニンジンかと思ったら・・・

027 調べてみるとジャコウソウかな。

029 山頂直下は巨石が積み重なっている。

032 山頂は目の前。

036 もう一枚。

037 ヤマハハコ。

038 風が心地良い。

043 クガイソウかな。

047 ガクアジサイ。

051 忽ち六合目。

056 ヌスビトハギ。

062 こっちのほうが短い。

064 旧渋民尋常小学校校舎から見た記念館。

065 旧渋民尋常小学校校舎。

066 校舎の2階の廊下。

067 教室。

068 用務員室。

069 こんな建物もあった。

070 旧齋藤家の方がずっと奥に長い。

071 灯りが無いとかなり暗い。

063 石川啄木記念館に到着の前に缶ビールをゲット。