危うく熱中症になりそうな状態で、ヨタヨタとなんとか「田野の湯」に転がり込んで事なきを得た後のこと。アルコール除菌し、検温し、氏名・年齢・住所・入館時間を記帳し、入浴料を払ってからようやく地下階にある風呂場へ行くと、全て照明が消えていた。でも風呂はちゃんと沸いているようだ。小生が一番風呂なのか、それともここへ来る客は、省エネ意識が徹底しているのかどうか分からない。ともかく、脱衣所と風呂場の照明を全て点けてから入湯。
ここは一般的な立ち寄り湯としてはカランの数は少ないものの、内湯は銭湯並みの大きさだし露天風呂だってあるし、何れにしてもたった独りで入るには贅沢過ぎる。外は相変わらずクソ暑いのに、露天風呂に浸かっているとそう感じないのは不思議だ。
山の上は暑さを感じなかったのでそれなりに涼しかったのだろう、わざわざやって来ただけのことはあった。さっきまで居たくせに、もう破魔射場丸が恋しい。ともかくさっぱりしたら、なるべく汗をかかないよう木陰を拾いつつ、そろりそろりと砥草庵へと向かう(後になって退館時間を記入し忘れたことに気が付いた)。
暖簾を潜ると、店内には客も店員もいない。エアコンもあまり効いていない。奥に声を掛けたら、店主と思しき人が出てきた。何処でも座って良さそうだが、ソーシャルディスタンス的には囲炉裏の周りが良さそうだ。花番さんは居ないようで、店主自らお茶を持って来たので、直ぐに生ビールを注文する。
ビールを呷りひと息ついたところで、後続メンバーが次々と到着し、その度に五月雨的に生ビールが注文されていく。ここには一般的な蕎麦屋にしては一品料理が豊富。馬もつ煮、なす焼き、大根サラダ、こんにゃく田楽を頼んだ。折角の蕎麦屋なのに蕎麦を手繰らないのは申し訳ないが、この後を予定しているので勘弁してもらった。きっと、次回は蕎麦を頂こうと思う。

DSCF1694

DSC04784

DSC04785

DSC_0573

DSC04786

DSC04787

DSC04788

DSC04789