今日の打ち上げは、17時に予約を入れてある「一福食堂」。その時間に合わせ、「秋山温泉」16時30分発の無料送迎バスに乗るため、「秋山温泉」に1時間半も滞在した。そんなに長くいたことは珍しい。
上野原駅に着いたら、17時にはちょっと間があるので寄り道。最近、「ハヤリテラス」という店が出来たので覗いてみた。あわよくばソーセージを買おうと思ったのだが、売り切れとのこと。こんな時間じゃ全然無理、という雰囲気が醸し出されている。この次はもうちょっと早い時間に再トライするか。
ウィズコロナ時代になって、これまでお邪魔した店がどうなっているのかは大層気になっていて、それを直接確認したい店のかなり上位にこの「一福食堂」があった。勇んで行ってみると、先ずは靴を洗ってくださいと、外にあるバケツと柄杓とブラシを指し示される。以前には無かった仕来りだが、これはウィズコロナとは関係ないかも知れない。
通された部屋は前回と同じ、2階の一番手前だった。4人なので6畳間ぐらいがまあ妥当なところだ。先ずは駆け付けビール(大瓶580円)。続いて、牡蠣のソテーに牡蠣の柳川、牡蠣のカレー焼きめしと、怒涛の牡蠣料理三連発。一気に牡蠣ワールドに突入。
それにしてもRが付く季節じゃないと牡蠣は喰うなと教えられてきた。ってことはこの牡蠣、北半球じゃないよね、どこ産だろうかと思いググってみると、何と今は産卵能力が無い三倍体の牡蠣が出回っているとのこと。だったら季節は関係ない、いい時代になった。
その後は牡蠣だけじゃなく、アジフライ、野菜炒め、いか刺も注文。ビールの後はシャトールミエールの甲州シュールリー。これがまた牡蠣に良く合うのだ。窓の外はいつの間にか陽が傾いてきた。景色も良い感じの色合い。巷のコロナをふと忘れさせる眺めだ。
結局そんなこんなで大いに喰って呑んだ。気が付けばなんと我々が最後の客になっていた。店の外で、店の大将に写真を撮っていただく。大満足でした、また来ます。

DSC_0373

DSC_0374

DSC_0375

DSC_0381

DSCPDC_0003_BURST20200704165618012_COVER

DSC_0386

DSC_0387

DSC_0388

DSC_0389

DSC_0390

DSC_0391

DSC_0392

DSC_0394

DSC_0395

DSC_0393

DSC_0396

DSC_0000_BURST20200704194644712