コロナ禍による何とも云えない閉塞感と運動不足を解消するため、週末、カミさんと近所を散歩することにした。と云っても三郷には、散歩に相応しいようなところはそれほどない。最寄りで云えば江戸川の堤防ぐらいなので、とりあえず行ってみた。
限りなく平坦な三郷市にあって、江戸川堤防は最も標高が高いため、大抵の場合そこそこの風が吹いていて気持ちがいい。今日はいい天気。丁度、菜の花が咲いていて春本番な風情。眺めていると、巷のコロナ禍など夢幻のごとく思えてくる。
堤防の上は、我々と同じように考えてやってくる輩はそれなりに多い。散歩だけでなくジョギングする者、サイクリングをする者などもかなりいて、お互いマスクをしていてもすれ違う時にはちょっとだけ気になるし、マスクをしていないランナーやサイクリストがやって来ると、思わず息を止めたくなる。
江戸川はゆったりと音もなく流れている。八王子に住んでいた頃のこと、近所には多摩川の支流、浅川が流れていて、堤防に上がってみると川の流れの音が聞こえた。物心ついた頃からそれが当たり前だったから、江戸川や隅田川など、音もなく流れる川は何となく不思議だった。三郷市の標高はわずか海抜7mなのに、ここから河口まではまだ30㎞ほどあるから、音を立てて流れる筈もないが。
小1時間程歩いた後、そろそろ昼飯時なので最寄りの蕎麦屋「谷中藪蕎麦」に入ってみた。ここは以前から場所は知っていたが入るのは初めて。テーブル間隔がゆったりしているように見えるのは、コロナ対策かも知れない。先客はいなかったが、あとから2組やってきた。
先ずはビール。多少なりとも体を動かした後のビールは美味い。つまみには豚の角煮を注文。蕎麦屋で見るのは初めてかも知れない。蕎麦は天もりにしてみた。麺は仄かに緑色。中華の翡翠麺のようだ。果たして茶入りかクロレラ入りか?そう云えば、「かんだやぶ」もクロレラだった。手繰った限り、緑色の正体は分からなかった。

DSC_0210(1)

DSC_0211

DSC_0212

DSC_0213

DSC_0214(1)

DSC_0217

DSC_0218

DSC_0226(1)

DSC_0221

DSC_0222

DSC_0223

DSC_0224

DSC_0225